研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  中村光夫 >  『中村光夫全集』全16巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『中村光夫全集』全16巻

『中村光夫全集』全16巻(筑摩書房、1971.11~1973.8)



第1巻 二葉亭四迷 1 1971.11.15
 
二葉亭四迷論………………………………… 3
生涯と芸術………………………………… 5
浮雲…………………………………………48
其面影………………………………………85
茶筅髪…………………………………… 113
平凡……………………………………… 120
片恋……………………………………… 132
後記……………………………………… 144
あとがき………………………………… 145
二葉亭四迷評伝…………………………… 147
序………………………………………… 149
幼年時代………………………………… 159
父と子…………………………………… 172
名古屋と松江…………………………… 184
儒学と洋学……………………………… 194
開国の精神……………………………… 206
自我と献身……………………………… 217
征韓論とロシア………………………… 227
内村友輔………………………………… 238
高谷塾と兆民…………………………… 249
青春と友情……………………………… 266
外国語学校……………………………… 276
明治の学生……………………………… 293
詩人の誕生……………………………… 309
文学の肉声……………………………… 328
逍遥と二葉亭…………………………… 344
浮雲の作者……………………………… 356

二葉亭の問題…………………………… 369
魯迅と二葉亭…………………………… 380
二葉亭とコント………………………… 389
二葉亭の遺友…………………………… 395
二葉亭の未発表書簡…………………… 398
未亡人と人道問題……………………… 420
二葉亭と女郎屋………………………… 425
朝日新聞と二葉亭……………………… 433
二葉亭四迷全集の新資料について…… 438
松江をたづねて………………………… 441
団子坂…………………………………… 449
二葉亭四迷と現代……………………… 451

二葉亭の不幸…………………………… 454
ひっこみのつかぬこと………………… 455
出雲往来………………………………… 457
一冊の本―「平凡」…………………… 458
二葉亭四迷伝と私……………………… 460

「二葉亭四迷集」解説(「三代名作全集」)…… 467
「二葉亭四迷集」解説(「現代文豪名作全集」)…… 471
「二葉亭四迷作品集」解説(創元社版)…… 480
「二葉亭四迷集」解説(「日本文学全集」版)…… 488
「二葉亭四迷集」解説(「現代日本文学館」)…… 496
「浮雲」解説(「岩波文庫」版)…… 504
「浮雲」解説(「日本文学選」)…… 507
「浮雲」………………………………… 510
「其面影」解説(「新潮文庫」版)… 518
「平凡」解説(「新潮文庫」版)…… 522
「平凡ノオト」解説…………………… 527
「あひゞき、めぐりあひ」解説(「新潮文庫」版)…… 529
「うき草」解説(「小山文庫」版)… 534

二葉亭四迷……………………………… 537
二葉亭四迷……………………………… 541
二葉亭四迷小伝………………………… 546
二葉亭四迷―生涯と作品……………… 562
二葉亭四迷年譜………………………… 589
*解説(河上徹太郎)…………………… 609
*解題……………………………………… 619
 

第2巻 二葉亭四迷 2 1972.1.15
 
二葉亭四迷伝………………………………… 3
序…………………………………………… 5
名古屋と松江………………………………16
ロシア語とロシア文学……………………29
二つの偶然…………………………………42
浮雲の制作…………………………………52
浮雲の矛盾…………………………………64
浮雲の中絶…………………………………77
文学抛棄……………………………………90
官報局…………………………………… 105
結婚……………………………………… 116
片恋の出版……………………………… 131
外国語学校教授………………………… 146
ハルビンから北京へ…………………… 158
日露戦争………………………………… 172
其面影…………………………………… 186
平凡……………………………………… 203
戦後のロシアへ………………………… 221
ペテルスブルグ………………………… 237
あとがき………………………………… 254
フロオベルとモウパッサン……………… 255
I ギイ・ド・モウパッサン…………… 257
II ギュスタフ・フロオベル ………… 307
後記……………………………………… 432
新版序…………………………………… 437
あとがき………………………………… 441
モウパッサンの道………………………… 443
モウパッサン・作家と作品……………… 452
「女の一生」……………………………… 487
「死の如く強し」………………………… 504
「ベラミ」………………………………… 511
「男ごころ」……………………………… 517
モウパッサンと日本……………………… 520

フロオベル………………………………… 523
「フロオベル集」解説…………………… 528
フロオベル・ベスト・スリー…………… 538
「ボヴァリイ夫人」I …………………… 540
「ボヴァリイ夫人」II…………………… 545
「三つの物語」…………………………… 553
「ジョルジュ・サンドへの書簡」……… 555
「フロオベル書簡集」…………………… 571
フロオベルの住居………………………… 574
「ボヴァリイ夫人」の翻訳……………… 577
*解説(小田切秀雄)…………………… 581
*解題……………………………………… 593
 

第3巻 作家論 1 1972.7.25
 
柳北・兆民…………………………………… 3
福沢諭吉……………………………………… 7
坪内逍遥
坪内逍遥と二葉亭四迷……………………24
逍遥・四迷…………………………………36
逍遥・四迷・透谷…………………………46
北村透谷………………………………………63
幸田露伴
露伴の死……………………………………74
「連環記」…………………………………82
尾崎紅葉………………………………………87
夏目漱石
漱石私感……………………………………98
文学者の旅行記………………………… 111
漱石の思想……………………………… 116
文明開化と漱石………………………… 126
漱石の青春……………………………… 137
鴎外と漱石……………………………… 156
文学と俗物性…………………………… 167
文明批評家としての漱石……………… 177
人物再発見―夏目漱石………………… 181
夏目漱石の作品………………………… 191
「吾輩は猫である」…………………… 209
「三四郎」……………………………… 214
森鴎外
鴎外とその周囲………………………… 224
田山花袋
田山花袋小伝…………………………… 238
田山花袋論……………………………… 253
蒲団と浮雲……………………………… 291
田山花袋の文学………………………… 301
「百夜」………………………………… 310
「蒲団」と「百夜」…………………… 312
国木田独歩
俗人独歩………………………………… 322
独歩の短篇小説………………………… 324
「酒中日記」…………………………… 329
「空知川の岸辺」……………………… 333
近松秋江…………………………………… 339
岩野泡鳴
岩野泡鳴小伝…………………………… 346
岩野泡鳴の作品………………………… 361
真山青果…………………………………… 369
徳田秋声
「足迹」など…………………………… 376
「黴」…………………………………… 379
「元の枝へ」…………………………… 383
「縮図」………………………………… 384
島崎藤村
藤村の文学……………………………… 390
「破戒」………………………………… 397
「春」…………………………………… 400
「海へ」………………………………… 405
「飯倉だより」と「春を待ちつつ」… 408
「嵐」…………………………………… 411
「街道」の精神………………………… 414
正宗白鳥
正宗白鳥………………………………… 420
正宗白鳥の文学………………………… 431
人と文学………………………………… 435
正宗白鳥の作品………………………… 450
「微光」………………………………… 476
「ある日本宿」………………………… 484
「異境と故郷」………………………… 487
「根無し草」…………………………… 489
「作家論」……………………………… 492
「自然主義文学盛衰史」……………… 497
「日本脱出」…………………………… 500
「流浪の人」…………………………… 508
自然主義文学概説………………………… 513
自然主義文学以後………………………… 541
明治末年と大正初期……………………… 579
漱石・鴎外と漢文学……………………… 590
明治・大正の作家………………………… 601
*解題……………………………………… 615
 

第4巻 作家論 2 1971.12.15
 
永井荷風……………………………………… 3
序…………………………………………… 5
「ひかげの花」……………………………22
荷風の青春…………………………………41
I 荷風の青春……………………………41
II アメリカを中心に …………………59
III フランスを中心に…………………82
IV 肉化と再生 …………………………94
「新橋夜話」…………………………… 102
近作について…………………………… 105
「来訪者」……………………………… 108
荷風と潤一郎…………………………… 114
荷風と白鳥……………………………… 125
狂気の文学者…………………………… 134
人と文学………………………………… 146
荷風の思想と生涯……………………… 169
永井荷風………………………………… 178
荷風とフランス………………………… 180
谷崎潤一郎
谷崎潤一郎論…………………………… 189
第1部 神童・異端者の悲しみ …… 189
第2部 捨てられる迄・饒太郎 …… 232
第3部 痴人の愛・春琴抄 ………… 274
あとがき……………………………… 319
佐藤春夫
佐藤春夫論……………………………… 323
田園の憂鬱…………………………… 323
都会の憂鬱…………………………… 349
この三つのもの……………………… 371
青白い熱情…………………………… 405
「うぬぼれかがみ」に答へる……… 428
あとがき……………………………… 451
佐藤春夫小論…………………………… 452
志賀直哉
志賀直哉論……………………………… 463
祖父直道……………………………… 463
内村鑑三……………………………… 490
暗夜行路……………………………… 512
山科の記憶…………………………… 557
邦子…………………………………… 582
あとがき……………………………… 599
志賀直哉小論…………………………… 602
感想……………………………………… 609
志賀直哉に学ぶもの…………………… 613
志賀直哉の文学と思想………………… 615
*解説(三好行雄)……………………… 619
*解題……………………………………… 627
 

第5巻 作家論 3 1972.4.20
 
柳田国男
「新国学談」……………………………… 4
歌はぬ詩人………………………………… 8
芥川龍之介
芥川龍之介の晩年…………………………12
「河童」……………………………………14
「薮の中」から……………………………22
再び「薮の中」をめぐつて………………33
菊池寛
新現実主義―主として芥川・菊池について……52
菊池寛の短篇小説…………………………61
菊池寛の残した問題………………………73
里見 
里見 論……………………………………78
里見 小伝…………………………………97
「父親」………………………………… 101
広津和郎
広津和郎………………………………… 106
宇野浩二
宇野浩二小論…………………………… 112
宇野浩二………………………………… 116
室生犀星
室生犀星論……………………………… 122
初期の作品……………………………… 141
滝井孝作
「無限抱擁」…………………………… 148
青野季吉
青野季吉小論…………………………… 154
「経堂襍記」…………………………… 158
横光利一
横光利一論……………………………… 164
横光氏の意味…………………………… 177
横光利一氏を思ふ……………………… 183
井伏鱒二
井伏鱒二論……………………………… 190
井伏鱒二の作品………………………… 219
「黒い壷」……………………………… 228
伊藤整
伊藤整論I ……………………………… 236
伊藤整論II……………………………… 246
「海の見える町」……………………… 267
武田麟太郎
武田麟太郎と織田作之助……………… 274
武田麟太郎と島木健作………………… 290
林芙美子
林芙美子とその文学…………………… 302
林芙美子とその世界…………………… 308
林芙美子………………………………… 319
阿部知二
阿部知二………………………………… 322
島木健作
島木健作………………………………… 330
人と文学………………………………… 332
「獄」と「黎明」……………………… 342
「生活の探求」について……………… 356
「満洲紀行」…………………………… 364
「赤蛙」について……………………… 371
「獄」…………………………………… 384
「生活の探求」………………………… 388
「煙」…………………………………… 392
「生活の探求」………………………… 396
石川達三
石川達三………………………………… 400
太宰治
太宰治論………………………………… 418
田畑修一郎
田畑修一郎……………………………… 434
北条民雄
北条民雄論……………………………… 442
人と文学………………………………… 454
中山義秀
中山義秀………………………………… 464
「露命」………………………………… 473
田中英光
田中英光………………………………… 480
中島敦
中島敦論………………………………… 486
旧知……………………………………… 498
子供と芸術家と夢……………………… 501
中島敦小伝……………………………… 503
新しさと古さ…………………………… 506
中島敦小論……………………………… 507
中村真一郎
「一九四六・文学的考察」…………… 514
椎名麟三
椎名麟三………………………………… 524
井上靖
井上靖論………………………………… 542
「末裔」………………………………… 562
「月の光」……………………………… 567
*解題……………………………………… 573
 

第6巻 作家論 4 1972.12.10
 
川端康成
川端康成論I ……………………………… 4
川端康成論II………………………………15
川端康成の文学……………………………60
川端康成の特質……………………………72
作品解説……………………………………83
「伊豆の踊子」…………………………91
「伊豆の踊子」と「雪国」……………98
「少年」と「舞姫」………………… 107
「名人」と「日も月も」…………… 110
「千羽鶴」と「山の音」…………… 114
「山の音」…………………………… 117
「みづうみ」と「眠れる美女」…… 121
批評家川端さん……………………… 125
古典に通ずる現代性………………… 128
敗戦のころ……………………………… 130
文士の死………………………………… 131
小林秀雄
「様々なる意匠」……………………… 136
「私小説論」…………………………… 143
「小林秀雄文学読本」………………… 149
「モオツァルト」……………………… 151
「『罪と罰』について」……………… 157
「感想」………………………………… 177
小林秀雄小論I ………………………… 179
小林秀雄小論II………………………… 184
「近代絵画」…………………………… 195
小林秀雄論……………………………… 197
「考へるヒント」……………………… 233
小林秀雄論の流行……………………… 234
小林秀雄の作品………………………… 238
人と文学………………………………… 242
河上徹太郎
河上徹太郎……………………………… 266
「日本のアウトサイダー」…………… 272
「批評の自由」………………………… 277
神西清
「散文の運命」………………………… 280
大岡昇平
「俘虜記」について…………………… 284
大岡昇平論……………………………… 292
大岡昇平小論…………………………… 299
二人の知性作家………………………… 301
「大岡昇平集」………………………… 311
「武蔵野夫人」………………………… 314
三島由紀夫
三島由紀夫小論………………………… 318
三島由紀夫氏に望む…………………… 325
人と文学………………………………… 327
「鍵のかかる部屋」…………………… 350
「金閣寺」……………………………… 355
文芸時評…………………………………… 359
昭和10年………………………………… 361
昭和12年………………………………… 366
昭和15年………………………………… 377
昭和17年………………………………… 385
昭和24年………………………………… 393
昭和25年………………………………… 398
昭和26年………………………………… 403
昭和27年………………………………… 420
昭和28年………………………………… 424
昭和29年………………………………… 467
昭和31年………………………………… 489
昭和32年………………………………… 497
昭和35年………………………………… 513
昭和44年………………………………… 572
*解説(江藤淳)………………………… 649
*解題……………………………………… 655
 

第7巻 文学論 1 1972.3.25
 
プロレタリア文学当面の諸問題…………… 3
バルザックに関するエンゲルスの手紙……15
須井一のリリシズム…………………………18
作家としての自覚……………………………21
転向作家論……………………………………30
中野重治氏に…………………………………51
プロレタリア文学運動―その文学史的意義……70
純粋小説論について…………………………75
生活と制作と…………………………………98
私小説について…………………………… 116
古雑誌など………………………………… 141
文学の衰弱………………………………… 144
作品より作家へ…………………………… 148
リアリズムについて……………………… 151
一語、曰く混沌…………………………… 173
先輩と新人………………………………… 176
現代文学について………………………… 178
近代文学の借着…………………………… 186
批評についてI …………………………… 197
新しい常識文学…………………………… 200
文学伝統について………………………… 209
文芸時評…………………………………… 217
雑感………………………………………… 225
文芸時評について………………………… 230
東京の文学………………………………… 236
技巧の羞恥………………………………… 248
影響論……………………………………… 261
文壇の沈滞の反省と決意………………… 288
開化の風潮と自然主義…………………… 293
外国文学の鑑賞…………………………… 304
手記と文学………………………………… 313
文芸雑誌について………………………… 318
大東亜戦下・文学の方向………………… 323
熱情を失った文芸雑誌…………………… 328
文学の框…………………………………… 330
私小説の論議について…………………… 341
批評についてII…………………………… 350
作家の文明批評…………………………… 359
文学雑誌と雑誌文学……………………… 366
批評と文壇………………………………… 375
二つの死…………………………………… 378
「生埋」について………………………… 392
戦争の手傷………………………………… 407
近代日本文学……………………………… 414
憂欝な対話………………………………… 448
中間小説…………………………………… 458
精神の速力………………………………… 464
批評の職分………………………………… 471
私小説の末路……………………………… 473
批評家とは何か…………………………… 479
ロマン派文学と日本の近代文学………… 482
モデル小説………………………………… 489
同人雑誌…………………………………… 496
大正文学の性格…………………………… 503
可能性の窓………………………………… 513
小説の二十五時…………………………… 515
風俗小説論………………………………… 525
*解説(本多秋五)……………………… 619
*解題……………………………………… 635
 

第8巻 文学論 2 1972.9.25
 
現代小説の弱点……………………………… 3
翻訳について………………………………… 6
翻訳文学の問題I …………………………… 9
文学の俗化……………………………………12
映画は「実在」か……………………………18
なぜ文学論争は起らぬか……………………23
小説の美学……………………………………28
小説の可能性と限界…………………………63
翻訳文学の問題II……………………………72
魔的なもの……………………………………76
外国文学の影響………………………………80
明治文学の理想………………………………85
半世紀の過去…………………………………94
占領下の文学……………………………… 101
小説家と批評家…………………………… 113
文章について……………………………… 119
告白の問題………………………………… 124
現代小説の欠陥…………………………… 138
作家の青春………………………………… 142
短篇小説の伝統…………………………… 145
口語文と外国文学………………………… 153
読物から見る物へ………………………… 160
外国文学の新しい理解…………………… 162
新聞と小説………………………………… 168
小説の思想性と娯楽性…………………… 176
文芸と文学………………………………… 181
見世物と演技……………………………… 187
現代のユーモア…………………………… 194
近代以前の笑ひ…………………………… 200
日本のリアリズム………………………… 207
小説のイロハ……………………………… 231
「鍵」批評をめぐって…………………… 234
「昭和文学」について…………………… 237
賭博性は文学の敵か……………………… 241
論争の詐術について……………………… 247
小説について……………………………… 251
なぜ作家論を書くか……………………… 259
文学のありかた…………………………… 267
I 芸術は人間に必要か………………… 268
II 志賀直哉と谷崎潤一郎 …………… 280
III 思想と文体………………………… 292
IV 小説は芸術か ……………………… 305
V 「金閣寺」について………………… 316
VI 自己表現について ………………… 327
VII 「鍵」を論ず……………………… 340
VIII 表現の自由 ……………………… 352
IX 文学の復権 ………………………… 363
あとがき………………………………… 375
風俗小説…………………………………… 376
フランス文学の影響……………………… 378
小説の歴史………………………………… 385
言葉と文章………………………………… 456
文学の非情性……………………………… 462
中間小説論………………………………… 465
「日本」を中心に………………………… 474
言葉と人生………………………………… 477
現代文学の可能性………………………… 488
現代の長篇小説…………………………… 491
文学の回帰………………………………… 513
ふたたび「日本」を……………………… 518
悪口………………………………………… 521
ふたたび政治小説を……………………… 528
私小説と作家の「私」…………………… 545
日本の近代化と文学……………………… 548
批評の使命………………………………… 576
「人間」は不在か………………………… 599
器用と凝り性について…………………… 602
「笑ひの喪失」について………………… 609
男性文学と女性文学……………………… 615
想像力について…………………………… 620
*解題……………………………………… 655
 

第9巻 文学論 3 1972.10.25
 
大人と子供…………………………………… 3
批評についてII……………………………… 9
文学と世代……………………………………23
失はれた「人間」……………………………38
同時代を見る眼………………………………42
批評の態度I …………………………………51
「新しい小説」をめぐって…………………57
翻訳についてII………………………………63
文学と年齢……………………………………66
今年の文学の課題……………………………71
百年を単位にして……………………………74
散文芸術の一面………………………………78
文学の回復―平野謙氏への手紙……………83
純文学論争の背景……………………………92
「写実」について………………………… 103
批評の方法について……………………… 108
自分と他人………………………………… 111
制作と発見………………………………… 115
文学に見る戦後十七年…………………… 122
硬文学の復活……………………………… 130
作家と年齢………………………………… 146
批評の精神―谷川徹三氏に……………… 150
文学の回復………………………………… 157
偽悪と偽善………………………………… 163
実社会と文学の虚像……………………… 167
自然について……………………………… 172
文学全集ばやり…………………………… 177
絶望の中からの希望……………………… 180
「新潮」第七百号によせて……………… 187
文学の戦前と戦後………………………… 190
批評の態度II……………………………… 202
「現場主義」への疑問…………………… 207
「昭和」の意識…………………………… 212
近代文学の思想…………………………… 215
言葉の芸術………………………………… 243
序………………………………………… 244
「ある女の遠景」について…………… 258
文語の自覚……………………………… 272
偏見の必要……………………………… 285
「オイディプス王」と「野鴨」……… 299
「ヒポリュトス」と「フェードル」… 311
「モデル」の問題……………………… 333
透谷と独歩……………………………… 350
「自然」の変質………………………… 360
福沢諭吉………………………………… 374
芸術の観念……………………………… 384
あとがき………………………………… 395
自然主義について………………………… 397
文学は老年の事業である………………… 410
文芸と新聞………………………………… 413
劇への誘ひ………………………………… 420
芸術の幻…………………………………… 423
戯作と私小説…………………………… 424
仮構と告白……………………………… 439
「よそ」と「うち」…………………… 457
「桐一葉」について…………………… 476
歴史の蒸発……………………………… 492
文学における外国……………………… 508
非文学的風土…………………………… 523
「文明開化」の亡霊…………………… 539
明治と昭和………………………………… 555
自然主義・写実主義・風俗小説………… 558
遠くて近いもの…………………………… 569
自己と自然………………………………… 573
日記文学について……………………… 574
石田英一郎氏…………………………… 593
「性と虚無」…………………………… 602
「蒲団」の虚実………………………… 612
「役者芸風記」………………………… 622
模倣と創造………………………………… 631
批評の態度III …………………………… 640
現代にとって文学とは何か……………… 646
母胎からの離脱…………………………… 651
むかしの「新潮」………………………… 660
「ボヴァリイ夫人」の草稿……………… 662
芥川賞について…………………………… 665
まとまらぬ感想…………………………… 668
The French Influence in Modern Japanese Literature…… 686
*解説(寺田透)………………………… 687
*解題……………………………………… 699
 

第10巻 二十世紀の小説 1972.6.25
 
二十世紀の小説……………………………… 3
「チボオ家」……………………………… 4
デュ・ガアルとジイド……………………17
「贋金つくり」……………………………49
ボオドレエルとフロオベル………………74
ヴァレリイとフロオベル…………………96
笑ひの喪失……………………………… 107
後記……………………………………… 144
アンドレ・ジイド
「背徳者」……………………………… 146
ジイドへの手紙………………………… 152
ポオル・ヴァレリイ
「ドガに就て」………………………… 160
「女性フェードル」…………………… 169
「作家論」……………………………… 170
ヴァレリイの印象……………………… 174
アルベエル・カミュ
異邦人論………………………………… 178
「カミュ会見記」を読んで…………… 221
アフリカ育ち…………………………… 223
カミュの提出した問題………………… 226
カミュにおける肉体と自然…………… 231
スタンダアル
「パンセ」をよんで…………………… 242
ジュリアン・ソレルと現代…………… 247
「アルマンス」ほか…………………… 275
姦通と文学……………………………… 288

「ヴィヨン全詩集」…………………… 303
「マノン・レスコオ」………………… 310
「アドルフ」…………………………… 313
「カルメン」…………………………… 315
「椿姫」………………………………… 317
小詩人…………………………………… 319
「フランス文化論」…………………… 321
「愛の哲学」…………………………… 325
三つのフランス戯曲―アヌイ、サルトル、イオネスコ…… 333
シャルドンヌの遺著…………………… 356

「アンチゴネー」……………………… 369
「ソクラテスの弁明」………………… 371
「神々の対話」ほか…………………… 374
「ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯」…… 377
「ドン・キホーテ」…………………… 383
「ファウスト」………………………… 397
「桜の園」……………………………… 407

古典主義………………………………… 410
十九世紀後半の芸術思潮……………… 417
フランス批評文学……………………… 428
自然主義………………………………… 450
自然主義の文学運動…………………… 453
写実主義I ……………………………… 487
写実主義II……………………………… 508
*資料……………………………………… 517
*解説(市原豊太)……………………… 535
*解題……………………………………… 547
 

第11巻 文学史 1973.3.30
 
明治・大正・昭和…………………………… 3
1 西洋の圧迫……………………………… 5
2 知識人の生き方…………………………19
3 生活と創造………………………………31
4 小説の前提………………………………46
5 「近代」の結論…………………………60
6 他者の登場………………………………83
7 一つの仮説………………………………99
あとがき………………………………… 112
明治文学史………………………………… 113
後記……………………………………… 304
日本の近代小説…………………………… 307
序………………………………………… 309
開化期の戯作・戯文…………………… 314
政治小説の季節………………………… 320
小説神髄と当世書生気質……………… 329
浮雲……………………………………… 336
硯友社…………………………………… 341
鴎外・透谷・藤村……………………… 349
篁村・緑雨・一葉……………………… 355
観念小説から社会小説へ……………… 362
自然主義の特質と先駆………………… 375
花袋・藤村・泡鳴・秋声……………… 381
大正期の特質…………………………… 397
耽美派の作家…………………………… 401
森鴎外…………………………………… 409
夏目漱石………………………………… 414
白樺派…………………………………… 419
主知派と生活派………………………… 431
あとがき………………………………… 442
日本の現代小説…………………………… 445
序言……………………………………… 447
素地と環境……………………………… 448
新感覚派………………………………… 461
プロレタリア文学……………………… 469
転向と「文芸復興」…………………… 493
昭和十年代……………………………… 506
敗戦前後………………………………… 525
新作家の出現…………………………… 542
戦後文学の展開………………………… 553
風俗小説の隆盛………………………… 561
繁栄と危機……………………………… 569
*解説(佐竹昭広)……………………… 589
*解題……………………………………… 599
*年表……………………………………… 601
*索引………………………………………… 1
 

第12巻 旅行記 1972.8.25
 
旅行記………………………………… 1
戦争まで……………………………………… 3
パリ通信…………………………………… 5
戦争まで……………………………………27
I トゥルの宿……………………………27
1 避難船………………………………27
2 バルザックの故郷…………………36
3 未知の土地…………………………45
4 初夏の街……………………………59
II ロアルの宮殿 ………………………72
1 ロッシュの城………………………72
2 イタリー戦争………………………83
3 ルネッサンス宮殿…………………89
4 シュノンソーの離宮…………… 105
III 戦争まで………………………… 115
クータンスの街………………………… 237
トルーヴィルの夜……………………… 253
後記……………………………………… 265
旅の話……………………………………… 271
スペインの話…………………………… 272
夏のエジプト…………………………… 299
ドイツ遊覧……………………………… 305
イギリスの秋…………………………… 317
イタリアのひと月……………………… 327
キュプロス島…………………………… 338
トルコの話……………………………… 344
あとがき………………………………… 371
戦禍のフランス…………………………… 373
中国の旅…………………………………… 381
ラナイ島行………………………………… 389
西欧のなかの東洋………………………… 398
ペテルゴフの噴水………………………… 401
レニングラードの二葉亭………………… 404
パリ滞在記………………………………… 407
ボルドーの印象…………………………… 412
ハワイの生活……………………………… 415
文明論(1)
欧洲戦争と知識階級……………………… 427
日本の過去………………………………… 436
西洋に学ぶもの…………………………… 437
現代文化の心理…………………………… 438
海外通信…………………………………… 450
危機の意識………………………………… 461
知識と信念………………………………… 464
軍人の精神………………………………… 474
「近代」への疑惑………………………… 481
文学者の心………………………………… 492
時勢について……………………………… 493
教科書……………………………………… 496
美術と文学………………………………… 503
怠惰の芸術………………………………… 506
自我の拡散………………………………… 513
哲学的自殺について……………………… 518
明治文学と家族制度……………………… 524
文学に現はれた夫婦生活………………… 529
「検閲制度」の亡霊……………………… 538
利口すぎる民族…………………………… 540
東京大学…………………………………… 546
公開された雅楽…………………………… 557
北大路魯山人……………………………… 560
尾道今昔…………………………………… 565
はにかめる栗鼠・日本人………………… 572
葬式について……………………………… 583
失はれた天皇の地図……………………… 593
「移動」の時代…………………………… 606
天皇の名の下に…………………………… 617
青年と自殺………………………………… 626
現代の表情………………………………… 629
*解説(大岡昇平)……………………… 681
*解題……………………………………… 687
 

第13巻 文明論 2 1973.1.25
 
文明論(2)
人ごみのなかで……………………………… 3
チャタレイ判決への疑問……………………12
日本人の知性…………………………………18
忘れられた人たち……………………………31
素人雑誌礼讃…………………………………34
虚像と実像……………………………………37
個性を超えた真実……………………………44
天才の亡霊……………………………………50
芸術家と芸人…………………………………55
知識階級………………………………………58
第二の開国……………………………………96
日本の近代化……………………………… 102
老子の言葉………………………………… 135
四十九年の非……………………………… 137
日本を忘れた芸術家たち………………… 140
明治人の心………………………………… 152
沖縄………………………………………… 170
歴史は繰り返すか………………………… 174
老人用の書物……………………………… 176
教育が奪ふもの…………………………… 178
サド裁判によせて………………………… 179
学校とスポーツ…………………………… 186
死の芸術…………………………………… 190
狂気の変質………………………………… 192
立憲政治…………………………………… 195
オリンピックと戦争……………………… 198
知識人……………………………………… 201
新しい「幻滅時代」……………………… 205
「マクベス」の妖婆……………………… 210
戦争の記憶………………………………… 216
アメリカの友人へ………………………… 223
昭和を昭和とするもの…………………… 230
戦後の二十年……………………………… 236
明治初年のパリ…………………………… 242
鎖国の心情………………………………… 245
我国文化の試金石………………………… 251
富士山の五合目…………………………… 254
活字………………………………………… 261
明治と昭和………………………………… 264
ミシェル・ルヴォンのこと……………… 266
「近代」の借り着………………………… 270
百年前の知識人…………………………… 284
日本の近代………………………………… 287
明治百一年………………………………… 296
この奇妙な観光施設……………………… 299
価値の倒錯………………………………… 301
ほんたうの教育者はと問はれて………… 302
パンと見世物……………………………… 305
猥褻の概念………………………………… 308
「変質する大学」像をもとめて………… 311
木から石への変化………………………… 321
美徳と幸福………………………………… 324
パリと日本人……………………………… 329
六十年の周期……………………………… 336

青春と知性………………………………… 341
青春の欺瞞……………………………… 343
青春について…………………………… 346
幸福についてI ………………………… 350
幸福についてII………………………… 362
幸福についてIII ……………………… 370
知性と倫理……………………………… 374
生活と思想……………………………… 381
結婚の理想と現実……………………… 386
他家へ嫁いだ娘へ……………………… 393
心に触れる言葉………………………… 397
自分の恢復……………………………… 401
現代と美………………………………… 408
友情について…………………………… 412
青年といふ名の虚像…………………… 415
教養について…………………………… 420
表現の自由について…………………… 434
友への手紙………………………………… 443
フランス通信…………………………… 444
欧米をめぐって………………………… 473
文化のうちそと………………………… 506
読書について……………………………… 513
読書についてI ………………………… 514
読書についてII………………………… 526
読書についてIII ……………………… 536
読書の方法……………………………… 543
私の読書遍歴…………………………… 546
「悪の華」以後………………………… 548
色と徳…………………………………… 555
読書随想………………………………… 557
読書の道………………………………… 561
新読書論………………………………… 566

小説の読みかた………………………… 569
文学の鑑賞……………………………… 587
若い人にすすめる書物………………… 591
日本の短篇小説………………………… 593
現代文学案内…………………………… 610
永井荷風・人と作品……………………… 625
永井荷風………………………………… 625
永井荷風の文学………………………… 632
「あめりか物語」……………………… 641
「ふらんす物語」……………………… 645
「地獄の花」「夢の女」……………… 648
「腕くらべ」…………………………… 652
「すみだ川」その他…………………… 656
「 東綺譚」…………………………… 659
「日記」………………………………… 661
「戦後作品集」………………………… 663
谷崎潤一郎の作品………………………… 666
「小さな王国」………………………… 666
「蓼喰ふ虫」その他…………………… 668
「卍」…………………………………… 673
「細雪」………………………………… 677
「瘋癲老人日記」……………………… 681
*解説(吉田健一)……………………… 683
*解題……………………………………… 693
 

第14巻 雑纂 1973.8.10
 
今はむかし―ある文学的回想……………… 3
新しい本と古い本………………………… 137
「若い人」……………………………… 138
「新科学対話」………………………… 142
「捨身飼虎」…………………………… 144
「信仰について」……………………… 148
「福地桜痴」…………………………… 149
「西洋音楽史」………………………… 150
「惜みなく愛は奪ふ」………………… 152
「小さき者へ」………………………… 157
「二十歳のエチュード」……………… 159
「一九一四年夏」……………………… 166
「秘史朝鮮戦争」……………………… 174
「竹の木戸」…………………………… 175
「ボヴァリイ夫人」…………………… 177
「ベラミ」……………………………… 178
「城下の人」と「曠野の花」………… 180
「明治詩話」…………………………… 183
「人間坪内逍遥」……………………… 188
「旅芸人始末書」……………………… 193
「ビルマの竪琴」……………………… 197
「安曇野」……………………………… 201
「夏目漱石」…………………………… 206
「二葉亭四迷論」……………………… 213
「二葉亭四迷・嵯峨の屋おむろ集」… 214
演劇・音楽・絵画・コラム・選評
三つの新劇………………………………… 222
「ヘッダ・ガブラー」を見て…………… 224
「かぶき者」シラノ……………………… 225
新劇に望む名作の再演…………………… 228
「居酒屋」………………………………… 229
現代性と民族性…………………………… 232
喜劇と現代………………………………… 235
文学的観劇記……………………………… 237
マクベスと福田恆存……………………… 242
演劇と文学の結びつき…………………… 244
芝居の世界………………………………… 246
コメディ・フランセーズに思ふ………… 248
「ハムレット」と「オルフェウス」…… 250
新劇雑感…………………………………… 252
「夜明け前」……………………………… 255
舞台のリズム……………………………… 259
「悪魔と神」を見る……………………… 262
蒲生氏郷と名古屋山三…………………… 265

ヴェルディと現代………………………… 267
二人のカルメン…………………………… 270
読売日響の初演奏をきく………………… 272
批評を主題とする詩劇…………………… 274
詩の世界に遊ぶ四時間…………………… 275

梅原龍三郎展を見て……………………… 277
物と心……………………………………… 278
日本古美術展の印象……………………… 280
古美術礼讃………………………………… 285
ロダン展をみる…………………………… 287
ドラクロワ展を見る……………………… 289
ゴーギャン展から………………………… 291

起点………………………………………… 292
論…………………………………………… 330
大波小波…………………………………… 346

芥川龍之介賞選評………………………… 440
太宰治賞選評……………………………… 474
野間文芸賞選評…………………………… 480
日本文学大賞選評………………………… 483

「批評」編輯後記………………………… 484
「声」編輯後記…………………………… 488
短文・随筆その他
I
最近の感想………………………………… 496
職業意識の蝉脱…………………………… 498
批評の精神………………………………… 499
新人批評家………………………………… 500
「批評」の立場…………………………… 501
古典の翻訳………………………………… 503
講和に対する意見………………………… 505
伊勢神宮…………………………………… 506
鳴門海峡…………………………………… 508
事実を知らされない国民………………… 510
室戸岬を行く……………………………… 511
飛脚と電信………………………………… 513
お水取りと薪能…………………………… 515
パリと東京………………………………… 516
録音と文字………………………………… 518
石筆………………………………………… 520
文化的自殺……………………………… 520
くりかへし……………………………… 521
富岡の工場……………………………… 521
逆効果…………………………………… 522
亡霊……………………………………… 523
「よろめき」と「これでよいか」…… 523
逓信省…………………………………… 524
人間と犬………………………………… 525
テレビのアンテナ……………………… 526
一周忌…………………………………… 526
秀才と鈍才……………………………… 527
素人、玄人……………………………… 528
踏切の地蔵様…………………………… 529
消えて行く名……………………………… 530
普及と保存………………………………… 532
青春の文学………………………………… 533
悲しみの虚実……………………………… 535
旧い帝劇…………………………………… 536
II
フランス行など…………………………… 539
巴里より…………………………………… 540
悔いなき生活……………………………… 541
一年ぶりの雅楽…………………………… 542
人生の関所………………………………… 543
わが「食物哲学」………………………… 544
死を考へ、死を見る……………………… 546
ある日私は………………………………… 548
昼食難……………………………………… 549
眼鏡………………………………………… 552
縄とび……………………………………… 554
そばを食ふ………………………………… 557
七月下旬の一週間………………………… 559
鳥辺野……………………………………… 562
軽い病気…………………………………… 564
飛行恐怖…………………………………… 566
恩師………………………………………… 568
六十前……………………………………… 570
二冊の本…………………………………… 571
記憶の穴…………………………………… 574
八月下旬の記……………………………… 575
「老」の微笑……………………………… 578
近況………………………………………… 582
私の中の日本人…………………………… 582
III
七里ヶ浜の記……………………………… 587
鎌倉に住んで……………………………… 589
泉ヶ谷近辺………………………………… 595
IV
師と私……………………………………… 600
呉茂一氏のこと…………………………… 602
川端康成氏………………………………… 604
印象………………………………………… 606
唐木順三…………………………………… 609
臼井吉見…………………………………… 611
吉田健一…………………………………… 613
福田恆存…………………………………… 614
V
藤村の顔…………………………………… 621
神西清……………………………………… 624
原田義人…………………………………… 625
越知保夫…………………………………… 629
正宗さん…………………………………… 631
久保田さんを惜しむ……………………… 634
辰野隆先生………………………………… 636
順応と反抗………………………………… 638
亀井勝一郎氏を憶ふ……………………… 644
広津和郎氏を憶ふ………………………… 650
石原寿郎先生を憶ふ……………………… 652
伊藤整氏を悼む…………………………… 653
岩田豊雄氏を憶ふ………………………… 659
空襲のころ………………………………… 660
初対面の印象……………………………… 663
宮田重雄氏を悼む………………………… 664

自作について……………………………… 666
自著序跋…………………………………… 722
「近代への疑惑」後記………………… 722
「作家と作品」後記…………………… 724
「青春と知性」後記…………………… 726
「作家の生死」あとがき……………… 727
「異邦人論」あとがき………………… 728
「知性と青春」あとがき……………… 729
「現代小説の欠陥」あとがき………… 730
「自分で考える」あとがき…………… 731
「現代作家論」あとがき……………… 732
「中村光夫集」序……………………… 734
「文学と青春」あとがき……………… 735
「想像力について」あとがき………… 735
「批評と創作」あとがき……………… 736
「百年を単位にして」あとがき……… 737
「時代の感触」あとがき……………… 739
「芸術の幻」新版・あとがき………… 740
追補
ルネッサンス私観………………………… 742
精神と芸術………………………………… 754
文化の「遺産」…………………………… 760
「無常といふ事」………………………… 769
批評の可能性……………………………… 774
文学者の道徳……………………………… 776
大岡昇平の文学…………………………… 780
文学に接するには………………………… 784
今年の小説ベスト・スリー……………… 788
北欧………………………………………… 791
文学者の生命……………………………… 801
東風西風…………………………………… 821
私小説の体質……………………………… 830
*解説(唐木順三)……………………… 839
*解題……………………………………… 853
 

第15巻 戯曲 1972.5.25
 
人と狼………………………………………… 3
あとがき………………………………… 105
パリ繁昌記………………………………… 107
あとがき………………………………… 204
汽笛一声…………………………………… 207
あとがき………………………………… 321
家庭の幸福………………………………… 325

鉄兜………………………………………… 357
『わが性の白書』………………………… 379
*解説(福田恆存)……………………… 593
*解題……………………………………… 599
 

第16巻 小説 2 1973.6.30
 
贋の偶像……………………………………… 3
虚実………………………………………… 315
小さなキャベツ………………………… 317
パリ・明治五年………………………… 328
サン・グラス…………………………… 350
影………………………………………… 362
アニマル………………………………… 373
出会……………………………………… 385
大の虫…………………………………… 397
あとがき………………………………… 418
平和の死…………………………………… 419
後記……………………………………… 667
*解説(山本健吉)……………………… 669
*解題……………………………………… 677
[ 2011/03/12 01:35 ] 中村光夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。