研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  夏目漱石 >  『漱石全集』(第2刷)全17巻・附録1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『漱石全集』(第2刷)全17巻・附録1巻

『漱石全集』(第2刷)全17巻・附録1巻(岩波書店、1974.12~1976.4)
※初刷(1965~1966)は全16巻。第2刷で第16巻が増補され、新資料として第17巻と附録が追加。



第1巻 1974.12.9
 
吾輩は猫である……………………………… 3
*解説(小宮豊隆)……………………… 539
*注解……………………………………… 561
 


第2巻 短篇小説集 1975.1.9
 
倫敦塔………………………………………… 3
カーライル博物館……………………………31
幻影の盾………………………………………45
琴のそら音……………………………………83
一夜………………………………………… 125
薤露行……………………………………… 139
趣味の遺伝………………………………… 177
坊つちやん………………………………… 239
草枕………………………………………… 385
二百十日…………………………………… 549
野分………………………………………… 631
*解説(小宮豊隆)……………………… 823
*注解……………………………………… 891
 


第3巻 1975.2.10
 
虞美人草……………………………………… 3
坑夫………………………………………… 433
*解説(小宮豊隆)……………………… 675
*注解……………………………………… 699
 


第4巻 1975.3.10
 
三四郎………………………………………… 3
それから…………………………………… 311
門…………………………………………… 623
*解説(小宮豊隆)……………………… 865
*注解……………………………………… 905
 


第5巻 1975.4.9
 
彼岸過迄……………………………………… 3
行人………………………………………… 335
*解説(小宮豊隆)……………………… 761
*注解……………………………………… 805
 


第6巻 1975.5.9
 
こゝろ………………………………………… 3
道草………………………………………… 289
*解説(小宮豊隆)……………………… 593
*注解……………………………………… 621
 


第7巻 1975.6.9
 
明暗…………………………………………… 3
*解説(小宮豊隆)……………………… 663
*注解……………………………………… 695
 


第8巻 小品集 1975.7.9
 
京に着ける夕………………………………… 7
文鳥……………………………………………14
夢十夜…………………………………………32
永日小品………………………………………63
元日…………………………………………63
蛇……………………………………………66
泥棒…………………………………………69
柿……………………………………………74
火鉢…………………………………………78
下宿…………………………………………81
過去の匂ひ…………………………………85
猫の墓………………………………………88
暖かい夢……………………………………92
印象…………………………………………96
人間…………………………………………98
山鳥……………………………………… 102
モナリサ………………………………… 106
火事……………………………………… 109
霧………………………………………… 111
懸物……………………………………… 114
紀元節…………………………………… 117
儲口……………………………………… 118
行列……………………………………… 120
昔………………………………………… 123
声………………………………………… 125
金………………………………………… 127
心………………………………………… 130
変化……………………………………… 133
クレイグ先生…………………………… 136
長谷川君と余……………………………… 145
満韓ところどころ………………………… 153
思ひ出す事など…………………………… 271
子規の画…………………………………… 365
ケーベル先生……………………………… 368
変な音……………………………………… 374
手紙………………………………………… 381
三山居士…………………………………… 401
初秋の一日………………………………… 405
ケーベル先生の告別……………………… 409
戦争から来た行違ひ……………………… 412
硝子戸の中………………………………… 414
*解説(小宮豊隆)……………………… 511
*注解……………………………………… 537
 


第9巻 文学論 1975.8.11
 
文学論………………………………………… 3
序(夏目金之助)………………………… 5
序(中川芳太郎)…………………………19
第1編 文学的内容の分類 ………………27
第1章 文学的内容の形式 ……………27
第2章 文学的内容の基本成分 ………34
第3章 文学的内容の分類及び其価値的等級…… 103
第2編 文学的内容の数量的変化 …… 133
第1章 Fの変化……………………… 134
第2章 fの変化……………………… 136
第3章 fに伴なふ幻惑……………… 144
第4章 悲劇に対する場合 ………… 200
第3編 文学的内容の特質 …………… 215
第1章 文学的Fと科学的Fとの比較一汎…… 219
第2章 文芸上の真と科学上の真 … 251
第4編 文学的内容の相互関係 ……… 256
第1章 投出語法 …………………… 257
第2章 投入語法 …………………… 268
第3章 自己と隔離せる聯想 ……… 275
第4章 滑稽的聯想 ………………… 290
第1節 口合 ……………………… 291
第2節 頓才 ……………………… 300
第5章 調和法 ……………………… 305
第6章 対置法 ……………………… 325
第1節 緩勢法 …………………… 326
第2節 強勢法 …………………… 329
[附]仮対法…………………… 338
第3節 不対法 …………………… 347
第7章 写実法 ……………………… 353
第8章 間隔論 ……………………… 381
第5編 集合的F………………………… 407
第1章 一代に於る三種の集合的F… 409
第2章 意識推移の原則 …………… 425
第3章 原則の応用(1)…………… 435
第4章 原則の応用(2)…………… 446
第5章 原則の応用(3)…………… 453
第6章 原則の応用(4)…………… 478
第7章 補遺 ………………………… 504
1 文界に及ぼす暗示の種類……… 504
2 新旧精粗に関して暗示の種類… 510
3 暗示の方向と其生命…………… 514
*解説(小宮豊隆)……………………… 521
*注解角野喜六〔編集〕………………… 547
 


第10巻 文学評論 1975.9.9
 
文学評論……………………………………… 3
序(夏目漱石)…………………………… 5
第1編 序言 ………………………………19
第2編 十八世紀の状況一般 ……………55
第3編 アヂソン及びスチールと常識文学…… 168
第4編 スヰフトと厭世文学 ………… 227
第5編 ポープと所謂人工派の詩 …… 327
第6編 ダニエル、デフオーと小説の組立…… 406
*解説(小宮豊隆)……………………… 461
*注解……………………………………… 481
 


第11巻 評論 雑篇 1975.10.9
 
評論
作物の批評……………………………………11
写生文…………………………………………21
文芸の哲学的基礎……………………………30
創作家の態度…………………………………97
田山花袋君に答ふ………………………… 184
文壇の趨勢………………………………… 187
コンラツドの描きたる自然に就て……… 192
明治座の所感を虚子君に問れて………… 195
虚子君へ…………………………………… 199
太陽雑誌募集名家投票に就て…………… 205
「額の男」を読む………………………… 214
「夢の如し」を読む……………………… 220
日英博覧会の美術品……………………… 223
東洋美術図譜……………………………… 227
客観描写と印象描写……………………… 231
草平氏の論文に就て……………………… 234
長塚節氏の小説「土」…………………… 237
文芸とヒロイツク………………………… 240
艇長の遺書と中佐の詩…………………… 243
鑑賞の統一と独立………………………… 246
イズムの功過……………………………… 250
好悪と優劣………………………………… 253
博士問題とマードツク先生と余………… 258
マードツク先生の日本歴史……………… 266
博士問題の成行…………………………… 271
文芸委員は何をするか…………………… 274
田中王堂氏の「書斎より街頭へ」……… 283
坪内博士とハムレット…………………… 286
学者と名誉………………………………… 292
道楽と職業………………………………… 295
現代日本の開化…………………………… 319
中味と形式………………………………… 344
文芸と道徳………………………………… 366
文展と芸術………………………………… 389
素人と黒人………………………………… 421
私の個人主義……………………………… 431
津田青楓君の画…………………………… 464
点頭録……………………………………… 467
雑篇
〔イギリスの絵本の巻頭に〕…………… 491
〔小宮豊隆に贈りたる扇に〕…………… 492
入社の辞…………………………………… 493
『虞美人草』予告………………………… 497
〔自著を贈る言葉〕……………………… 498
『三四郎』予告…………………………… 499
『それから』予告………………………… 500
元日………………………………………… 501
霞宝会設立主旨…………………………… 504
稟告………………………………………… 505
〔子規書幅添書〕………………………… 506
〔学位問題に就いて〕…………………… 507
余と万年筆………………………………… 509
明治天皇奉悼之辞………………………… 514
『彼岸過迄』献辞………………………… 515
行人続稿に就て…………………………… 516
『心』広告文……………………………… 517
序文
小羊物語に題す十句―小松武治訳『沙翁物語集』序―…… 521
浦瀬白雨訳 『ウォルヅヲォスの詩』序…… 525
『吾輩は猫である』上篇自序…………… 526
『漾虚集』自序…………………………… 528
『吾輩は猫である』中篇自序…………… 529
『鶉篭』自序……………………………… 533
鈴木三重吉作 『千代紙』序…………… 535
平井晩村著 『野葡萄』序……………… 536
『吾輩は猫である』下篇自序…………… 538
薮野椋十著 『東京見物』序…………… 540
本間久四郎訳 『名著新訳』序………… 542
森田草平 川下江村 生田長江共著 『草雲雀』序…… 544
生田長江著 『文学入門』序…………… 547
高浜虚子著 『鶏頭』序………………… 550
松根東洋城選 『新春夏秋冬』春之部序…… 561
沼波瓊音 天生目杜南共編 『古今名流俳句談』序…… 562
松根東洋城選 『新春夏秋冬』夏之部序…… 563
松根東洋城選 『新春夏秋冬』秋之部序…… 565
樋口銅牛著 『俳諧新研究』序………… 566
森田草平著 『煤煙』第一巻序………… 568
〔川井田藤助著『英語会話』序〕……… 572
中村不折画 『不折俳画』上序………… 574
自然を離れんとする芸術―『新日本画譜』の序―…… 577
池辺君の史論に就て―『明治維新三大政治家』再版序―…… 582
『土』に就て―長塚節著『土』序―…… 588
秋元梧樓編 『三愚集』序……………… 595
秋元梧樓編 『明治百俳家短冊帖』天之巻序…… 596
高原蟹堂著 『極北日本』序…………… 597
『社会と自分』自序……………………… 600
ふぢ子作 『相模の埃』紹介…………… 601
野上八重子訳 『伝説の時代』序……… 602
想田秋暁編 『高岳』題言……………… 606
米窪太刀雄著 『海のロマンス』序…… 607
保坂帰一著 『吾輩の見たる亜米利加』下篇序…… 610
岡本一平著並画 『探訪画趣』序……… 612
『心』自序………………………………… 615
木村恒訳 『南国へ』再版序…………… 617
木下杢太郎著 『唐草表紙』序………… 619
『硝子戸の中』自序……………………… 625
植松安訳 『文芸批評論』序…………… 626
縮刷に際して―縮刷『社会と自分』自序―…… 629
『金剛草』自序…………………………… 630
題丙辰溌墨―不折山人著『丙辰溌墨』第一集序―…… 633
*解説(小宮豊隆)……………………… 635
*注解……………………………………… 661
 


第12巻 初期の文章及詩歌俳句 附印譜 1975.11.10
 
小品
倫敦消息……………………………………… 9
倫敦消息………………………………………35
自転車日記……………………………………57
評論
老子の哲学……………………………………71
文壇に於ける平等主義の代表者「ウオルト、ホイツトマン」Walt Whitmanの詩について……93
中学改良策………………………………… 111
英国詩人の天地山川に対する観念……… 149
『トリストラム、シヤンデー』………… 189
英国の文人と新聞雑誌…………………… 205
小説「エイルヰン」の批評……………… 217
マクベスの幽霊に就て…………………… 237
雑篇
『銀世界』評……………………………… 255
愚見数則…………………………………… 259
人生………………………………………… 265
無題………………………………………… 271
祝辞………………………………………… 273
不言之言…………………………………… 275
無題………………………………………… 283
作文
正成論……………………………………… 287
観菊花偶記………………………………… 288
居移気説…………………………………… 289
対月有感…………………………………… 291
山路観楓…………………………………… 293
故人到……………………………………… 296
故人来……………………………………… 298
母の慈 西詩意訳………………………… 300
二人の武士 西詩意訳…………………… 302
Japan and England in the Sixteenth Century.…… 304
翻訳
催眠術(アーネスト、ハート)………… 309
詩伯「テニソン」(オウガスタス、ウード)…… 317
セルマの歌(オシアン)………………… 335
カリツクスウラの詩(オシアン)……… 339
A Translation of Hojio=ki…………… 343
英詩………………………………… 367
漢詩文
漱石詩集…………………………………… 395
木屑録……………………………………… 445
漢詩文拾遺………………………………… 453
和歌………………………………… 461
新体詩
水底の感…………………………………… 467
従軍行……………………………………… 468
鬼哭寺の一夜……………………………… 472
俳体詩
送別………………………………………… 479
無題………………………………………… 480
富寺………………………………………… 482
無題………………………………………… 483
尼…………………………………………… 486
冬夜………………………………………… 496
無題………………………………………… 499
童謡………………………………………… 501
無題………………………………………… 503
ある鴬の鳴くを聴けば…………………… 504
ある女の訴ふるを聴けば………………… 506
無題………………………………………… 508
連句………………………………… 509
俳句………………………………… 517
印譜………………………………… 827
*解説(小宮豊隆)……………………… 837
*注解……………………………………… 867
 


第13巻 日記 及 断片 1975.12.9
 
断片 (明治32年、33年頃)……………… 5
日記 (明治33年9月8日より12月18日まで)…… 7
断片 (明治33年10月)……………………23
日記 (明治34年1月1日より1月13日まで)……29
断片 (明治34年4月頃以降) ……………85
断片 (明治37、8年頃) ……………… 101
断片 (明治38年11月頃より明治39年夏頃まで)…… 149
断片 (明治39年)……………………… 185
日記 (明治40年3月28日より4月10日まで)…… 225
断片 (明治40年頃)…………………… 241
断片 (明治40年、41年頃)…………… 287
断片 (明治41年初夏以降)…………… 325
日記 (明治42年3月2日より8月28日まで)…… 353
断片 (明治42年1月頃より6、7月頃まで)…… 417
日記 (明治42年9月1日より10月17日まで)…… 441
日記 (明治43年6月6日より7月31日まで)…… 481
断片 (明治43年夏胃腸病院入院中頃)…… 515
日記 (明治43年8月6日より明治44年1月21日まで)…… 523
断片 (明治43年仲秋頃より明治44年初夏頃まで)…… 589
日記 (明治44年5月9日より12月15日まで)…… 599
断片 (明治44年5月16日より同12月頃まで)…… 681
日記 (明治45年5月より大正元年10月5日まで)…… 693
日記 及 断片(明治45年5月以降) … 721
断片 (明治末頃)……………………… 737
日記 及 断片(大正3年) …………… 739
断片 (大正3年2月頃)………………… 757
日記 (大正4年3月19日より4月9日まで)……… 759
断片 (大正4年1月頃より11月頃まで)…… 767
日記 (大正4年11月9日より同17日頃まで)…… 789
日記 及 断片(大正4年12月頃より大正5年7月27日まで)…… 799
断片 (大正5年初夏頃) ……………… 847
断片 (大正5年11月) ………………… 853
*解説(小宮豊隆)……………………… 855
*注解……………………………………… 879
 


第14巻 書簡集 1976.1.9
 
明治22年……………………………………… 5
明治23年………………………………………14
明治24年………………………………………25
明治25年………………………………………45
明治26年………………………………………50
明治27年………………………………………55
明治28年………………………………………65
明治29年………………………………………79
明治30年………………………………………96
明治31年…………………………………… 118
明治32年…………………………………… 124
明治33年…………………………………… 142
明治34年…………………………………… 160
明治35年…………………………………… 195
明治36年…………………………………… 212
明治37年…………………………………… 236
明治38年…………………………………… 269
明治39年…………………………………… 349
明治40年…………………………………… 536
明治41年…………………………………… 669
明治42年…………………………………… 734
明治43年 大患以前……………………… 796
書簡番号索引……………………………… 847
*解説(小宮豊隆)……………………… 865
*注解……………………………………… 895
 


第15巻 続書簡集 1976.2.9
 
明治43年 大患以後………………………… 3
明治44年………………………………………20
明治45年 大正元年……………………… 109
大正2年 …………………………………… 219
大正3年 …………………………………… 315
大正4年 …………………………………… 430
大正5年 …………………………………… 530
年次未詳…………………………………… 607
書簡番号総索引…………………………… 613
*解説(小宮豊隆)……………………… 639
*注解……………………………………… 663
 


第16巻 1976.3.9
 
蔵書の余白に記入されたる 短評並に雑感…… 9
カーライル博物館所蔵 カーライル蔵書目録…… 273
講義
英文学形式論……………………………… 301
講演
倫敦のアミユーズメント………………… 369
教育と文芸………………………………… 391
無題………………………………………… 400
模倣と独立………………………………… 404
無題………………………………………… 427
談話
英国現今の劇況…………………………… 437
批評家の立場……………………………… 449
戦後文界の趨勢…………………………… 453
現時の小説及び文章に付て……………… 461
本郷座金色夜叉…………………………… 467
イギリスの園芸…………………………… 480
水まくら…………………………………… 482
無題―巴里の女役者など―……………… 487
昔の話……………………………………… 489
予の愛読書………………………………… 492
「余が文章に裨益せし書籍」…………… 494
文学談片…………………………………… 496
落第―「名士の中学時代」―…………… 499
夏目漱石氏文学談………………………… 505
文章の混乱時代…………………………… 509
文学談……………………………………… 513
余が一家の読書法………………………… 519
「現代読書法」…………………………… 522
女子と文学者……………………………… 524
人工的感興………………………………… 526
作中の人物………………………………… 531
文章一口話………………………………… 533
文学者たる可き青年……………………… 538
「自然を写す文章」……………………… 541
余が『草枕』―「作家と著者」―……… 543
滑稽文学…………………………………… 546
将来の文章………………………………… 552
家庭と文学………………………………… 554
僕の昔……………………………………… 562
漱石一夕話………………………………… 567
無題―桂月の事―………………………… 571
愛読せる外国の小説戯曲………………… 572
夏目漱石氏談……………………………… 577
『坑夫』の作意と自然派伝奇派の交渉… 578
近代小説二三に就て……………………… 584
無題―倫敦といふ処は―………………… 590
「露国に赴かれたる長谷川二葉亭氏」… 592
独歩氏の作に 徊趣味あり……………… 593
文章の変遷………………………………… 597
正岡子規…………………………………… 598
「処女作追懐談」………………………… 603
「何故に小説を書くか」………………… 608
文学雑話…………………………………… 610
無教育な文士と教育ある文士…………… 618
専門的傾向………………………………… 620
「小説中の人名」………………………… 624
無題―文部省の展覧会―………………… 625
「文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎」…… 626
「新年物と文士」………………………… 630
ミルトン雑話……………………………… 631
「私の経過した学生時代」……………… 635
文壇の変移………………………………… 643
私のお正月………………………………… 646
「文士と酒、煙草」……………………… 648
小説に用ふる天然………………………… 649
ポーの想像………………………………… 651
「予の描かんと欲する作品」…………… 654
作家としての女子………………………… 658
『俳諧師』に就て………………………… 660
読書と創作………………………………… 662
メレデイスの訃…………………………… 664
感じのいゝ人―「故二葉亭氏追憶録」―…… 669
「夏」……………………………………… 671
テニソンに就て…………………………… 673
「文士の八月」…………………………… 676
「執筆 時間、時季、用具、場所、希望、経験、感想等」…… 677
汽車の中―国府津より新橋まで―……… 678
「昨日午前の日記」……………………… 680
色気を去れよ……………………………… 681
対話―本間久著『枯木』序―…………… 684
語学養成法………………………………… 688
博士問題…………………………………… 696
博士問題の成行…………………………… 699
西洋にはない……………………………… 701
夏目漱石氏の談片………………………… 702
稽古の歴史………………………………… 703
漱石山房より……………………………… 705
『サアニン』に対する四名家の評……… 707
「文士の生活」…………………………… 708
漱石山房座談……………………………… 713
釣鐘の好きな人…………………………… 719
夏目先生の談片…………………………… 721
文壇のこのごろ…………………………… 723
沙翁当時の舞台…………………………… 727
文体の一長一短…………………………… 731
漱石山房蔵書目録………………… 832
補遺
雑篇………………………………………… 835
自著を贈る言葉………………………… 835
咄哉帖自題……………………………… 836
不知帖自題……………………………… 837
俳句………………………………………… 838
書簡………………………………………… 839
解説(小宮豊隆)……………………… 853
注解……………………………………… 879

補遺(第2)
第11巻「雑篇」…………………………… 913
満韓視察談……………………………… 913
文章座右銘……………………………… 917
第12巻「俳句」…………………………… 918
第14巻「書簡集」………………………… 920
第15巻「続書簡集」……………………… 933
第16巻「談話」…………………………… 950
俳句と外国文学………………………… 950
夏目博士座談…………………………… 957
やつと安心……………………………… 959
*注解古川久〔編〕……………………… 960
 


第17巻 索引 1976.4.9
 
緒言………………………………………… 3
固有名詞索引………………………………… 1
語句・事項索引…………………………… 295
作中人名索引……………………………… 585
作品索引…………………………………… 611
 


附録 漱石全集月報 1975.3.10
 
昭和3年版月報
漱石を読みて(ゾルフ)…………………… 3
「猫」のおもひ出(夏目鏡子)…………… 4
「猫」の頃(高浜虚子)…………………… 7
夏目先生のおもひで(久保より江)………10
猫の墓(松岡譲)……………………………11
先生の諸作(松岡譲)………………………14
『虞美人草』のこと(森田草平)…………18
『朝日』入社と『虞美人草』『坑夫』の頃(夏目鏡子)……19
『虞美人草』(赤木桁平)…………………22
『坑夫』(森田草平)………………………23
『虞美人草』の頃(野上豊一郎)…………24
小品集について(松岡譲)…………………26
ケーベル先生と夏目先生その他(安倍能成)……27
『思ひ出す事など』の頃(夏目鏡子)……29
グレーマルキンの自白(坂元雪鳥)………32
夏目先生の俳句と漢詩(吉村冬彦)………34
先生と病気と俳句(松根東洋城)…………35
漱石俳句研究(寺田寅彦,松根豊次郎,小宮豊隆)……37
学生時代の夏目君(大塚保治)……………40
『日記及断片』上巻(松岡譲)……………42
夏目君と私(狩野亨吉)……………………43
夏目君の片鱗(藤代素人)…………………44
ロンドン時代の夏目さん(長尾半平)……48
思ひ出二つ(野上弥生子)…………………49
鬼瓦の夏目教官(松岡譲)…………………51
「琴の空音」に就て(野村伝四)…………54
『漾虚集』(赤木桁平)……………………56
漱石先生の書簡(鈴木三重吉)……………57
夏目君の書簡(菅虎雄)……………………59
留学中の書簡(夏目鏡子)…………………61
朝鮮旅行の頃(鈴木穆)……………………62
夏目先生の追憶(真鍋嘉一郎)……………64
初めて逢つた漱石氏(長谷川如是閑)……67
雛子の死(夏目鏡子)………………………69
「雨の降る日」(中村古峡)………………72
「文学論」の頃(松浦一)…………………73
夏目君と大学(大塚保治)…………………75
文学論前後(野間真綱)……………………76
大学講師時代の夏目先生(野上豊一郎)…78
『道草』(小宮豊隆)………………………80
離縁の証書(松岡譲)………………………83
「心」「道草」その他(和辻哲郎)………87
『三四郎』の思出(森田草平)……………88
漱石君を悼む(鳥居素川)…………………91
『三四郎』の性格描写(赤木桁平)………93
夏目先生の画と書(橋口貢)………………94
「朝日」の頃(杉村楚人冠)………………95
漱石先生の顔(松岡譲)……………………99
漱石先生(梅垣きぬ)…………………… 101
所感(大谷繞石)………………………… 107
追憶(笹川臨風)………………………… 108
『漱石小論』より(犬養健)…………… 110
木曜会の思ひ出(松浦嘉一)…………… 112
漱石先生と私(八波則吉)……………… 115
漱石先生の画(西川一草亭)…………… 118
漱石先生の詞(松浦嘉一)……………… 120
贋漱石の話(松岡譲)…………………… 123
漱石先生と謡(野上豊一郎)…………… 126
夏目氏と英文学(戸川秋骨)…………… 131
明石の漱石先生(内田百 )…………… 133
大学の講師時代(二宮行雄)…………… 136
禅の境地(上)(釈宗演)……………… 138
全集の装幀(松岡譲)…………………… 139
「門」の中の呉服屋(野村伝四)……… 141
漱石氏の禅(富沢珪堂)………………… 142
「二百十日」前後(野村伝四)………… 143
南山松竹図(野上豊一郎)……………… 147
父漱石(松岡筆子)……………………… 150
臨終へまで(松根東洋城)……………… 155
『明暗』の頃(松岡譲)………………… 158
創作家としての夏目漱石(鈴木敏也)… 163
昭和10年版月報
漱石入社前後(小宮豊隆)……………… 173
漱石先生 言行録(未定稿)1森田草平〔編〕…… 182
前がき…………………………………… 182
「草枕」の女主人公前田つな子〔談〕…… 182
「腕白時代の夏目君」(小宮豊隆)…… 189
「漱石入社前後」について(坂元雪鳥)…… 195
「心」の時代(松岡譲)………………… 196
漱石先生 言行録(未定稿)2森田草平〔編〕…… 201
真面目な中に時々剽軽なことを仰しやる方山田房子〔談〕…… 201
五高時代の夏目君(篠本二郎)………… 205
「かな」と「がね」と(小宮豊隆)…… 210
漱石先生 言行録(未定稿)3森田草平〔編〕…… 217
予備門時代の漱石太田達人〔談〕…… 217
寒月の「首縊りの力学」其他(中谷宇吉郎)…… 221
漱石先生 言行録(未定稿)4森田草平〔編〕…… 227
予備門時代の漱石(承前)太田達人〔談〕…… 227
漱石と画(小宮豊隆)…………………… 231
漱石先生 言行録(未定稿)5森田草平〔編〕…… 238
松山と千駄木久保より江〔談〕……… 238
漱石先生と松山(鶴本丑之介)………… 243
巷間の漱石(鎌倉幸光)………………… 250
「坊つちやん」と「吾輩は猫である」の映画化に就て(山本嘉次郎)…… 256
漱石先生 言行録(未定稿)6森田草平〔編…… 259
私の見た漱石先生(上)木部守一〔談〕…… 259
文学論の生れ出る頃(野間真綱)……… 263
お恥づかしい話(森田草平)…………… 265
漱石先生 言行録(未定稿)7森田草平〔編〕…… 267
私の見た漱石先生(下)木部守一〔談〕…… 267
『三四郎』の材料(小宮豊隆)………… 271
漱石先生 言行録(未定稿)8森田草平〔編〕…… 276
義兄としての漱石中根倫〔談〕……… 276
「光線の圧力」の話(中谷宇吉郎)…… 279
漱石先生 言行録(未定稿)9森田草平〔編〕…… 284
熊本時代の漱石と米山天然居士長谷川貞一郎〔談〕…… 284
予備門の生徒試業優劣表(鎌倉幸光)… 287
漱石先生 言行録(未定稿)10森田草平〔編〕…… 293
宗盛の素読と獅子狗(上)神谷豊太郎〔談〕…… 293
印譜を読む(松岡譲)…………………… 297
橋本左五郎先生の談話(田内静三)…… 300
漱石先生 言行録(未定稿)11森田草平〔編〕…… 305
宗盛の素読と獅子狗(下)神谷豊太郎〔談〕…… 305
寅彦の日記に現はれた漱石(矢島祐利)…… 309
漱石先生 言行録(未定稿)12森田草平〔編〕…… 313
庭から見た漱石先生内田辰三郎〔談〕…… 313
中国訳「草枕」の序崔万秋〔撰〕,一戸務〔訳〕…… 317
漱石先生 言行録(未定稿)13森田草平〔編〕…… 325
謡曲の稽古宝生新〔談〕……………… 325
注釈(小宮豊隆)………………………… 329
漱石先生 言行録(未定稿)14森田草平〔編〕…… 332
師匠と前座高原操〔談〕……………… 332
『行人』の材料(小宮豊隆)…………… 335
松山と熊本巡礼記(上)(森田草平)… 343
漱石先生 言行録(未定稿)15森田草平〔編〕…… 348
乞食の詩が縁湯浅廉孫〔談〕…………… 348
漱石の思ひ出(松本文三郎)…………… 351
散歩した事(野村伝四)………………… 354
漱石先生 言行録(未定稿)16森田草平〔編〕…… 359
車上の漱石近藤元晋〔談〕…………… 359
漢詩の添削長尾雨山〔談〕…………… 361
冬彦夜話(中谷宇吉郎)………………… 363
漱石先生 言行録(未定稿)17森田草平〔編〕…… 367
松山座談会(村上霽月,山本義晴,三好森太郎,新野良隆,北尾桂二郎,森河北,森田草平)…… 367
漱石先生二題(安倍能成)……………… 371
三田附近と漱石(夏目孝)……………… 373
神泉(野村伝四)………………………… 376
漱石先生 言行録(未定稿)18森田草平〔編〕…… 378
三重吉夜話丸尾彰三郎〔談〕………… 378
雨月荘談片真鍋嘉一郎〔談〕………… 379
始めて聞いた漱石の講演(長谷川如是閑)…… 383
漱石先生 言行録(未定稿)19森田草平〔編〕…… 385
日記抄(行徳二郎)…………………… 385
[ 2011/03/12 01:40 ] 夏目漱石 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。