研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  西脇順三郎 >  『西脇順三郎全集』全11巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『西脇順三郎全集』全11巻・別巻1巻

『西脇順三郎全集』全11巻・別巻1巻(筑摩書房、1971.3~1983.7)



第1巻 1971.3.5
 
Ambarvalia…………………………………… 3
LE MONDE ANCIEN ………………………… 5
コリコスの歌…………………………… 6
ギリシア的抒情詩……………………… 7
天気…………………………………… 7
カプリの牧人………………………… 7
雨……………………………………… 8
菫……………………………………… 9
太陽…………………………………… 9
手………………………………………10
眼………………………………………11
皿………………………………………12
栗の葉…………………………………12
ガラス杯………………………………13
カリマコスの頭とVoyage Pittoresque……15
拉典哀歌…………………………………19
Catullus………………………………19
Ambarvalia……………………………21
ヴィーナス祭の前晩…………………23
哀歌……………………………………26
LE MONDE MODERNE…………………………31
馥郁タル火夫……………………………33
紙芝居Shylockiade ……………………35
恋歌………………………………………42
失楽園……………………………………55
世界開闢説……………………………55
内面的に深き日記……………………58
林檎と蛇………………………………63
風のバラ………………………………67
薔薇物語………………………………74
五月……………………………………76
旅人……………………………………77
コツプの原始性………………………78
理髪……………………………………78
セーロン………………………………79
歯医者…………………………………80
ホメロスを読む男……………………80
あむばるわりあ………………………………83
LE MONDE ANCIEN …………………………85
毒李………………………………………87
天気……………………………………88
カプリの牧人…………………………88
雨………………………………………89
菫………………………………………90
太陽……………………………………90
手………………………………………91
眼………………………………………92
皿………………………………………96
栗の葉…………………………………97
コツプ…………………………………98
カリマコスの頭とVOYAGE PITTORESQUE…… 100
あむばるわりあ……………………… 103
罌子粟……………………………… 104
AMBARVALIA(穀物祭)…………… 109
ヴィーナスの宵祭………………… 114
哀歌………………………………… 117
LE MONDE MODERNE……………………… 121
透影…………………………………… 123
馥郁たる火夫(生命の破裂)…… 124
幻像と明暗の世界………………… 134
あとの日の物語…………………… 137
恋歌………………………………… 147
春…………………………………… 159
廃園の情……………………………… 161
独活の影…………………………… 162
内面の日記………………………… 167
林檎と蛇…………………………… 174
旅……………………………………… 185
巻雲………………………………… 186
肩車………………………………… 194
詩情(あとがき)……………………… 201
旅人かへらず……………………………… 207
はしがき 幻影の人と女……………… 209
1 旅人は待てよ………………………… 211
2 窓に…………………………………… 212
3 自然の世の淋しき…………………… 212
4 かたい庭……………………………… 213
5 やぶがらし…………………………… 213
6 梅の樹脂……………………………… 213
7 りんどうの咲く家の………………… 214
8 あのささやき………………………… 214
9 十二月になつてしまつた…………… 215
10 十二月の末頃 ……………………… 216
11 ばらといふ字はどうしても ……… 217
12 浮草に ……………………………… 217
13 梨の花が散る時分 ………………… 218
14 暮れるともなく暮れる …………… 218
15 行く道のかすかなる ……………… 219
16 ひすいの情念 ……………………… 219
17 珊瑚の玉に ………………………… 219
18 白妙の唐衣きる松が枝に ………… 219
19 桜の夜は明けて …………………… 220
20 薮に花が咲く頃 …………………… 220
21 昔の日 ……………………………… 220
22 あの頃桜狩りに …………………… 221
23 三寸程の土のパイプをくはえた … 222
24 雨のしづくを含むはぼたん ……… 222
25 「通つて来た田舎路は大分」 …… 222
26 菫は ………………………………… 223
27 古のちぎり ………………………… 223
28 学問もやれず ……………………… 224
29 蒼白なるもの ……………………… 225
30 春には ……………………………… 225
31 犬のをかしく戯れる ……………… 226
32 落ちくぼむ岩 ……………………… 227
33 櫟のまがり立つ …………………… 227
34 思ひはふるへる …………………… 227
35 青いどんぐりの先が ……………… 228
36 はしばみの眼 ……………………… 228
37 暮るるともなき日の ……………… 229
38 窓に欅の枯葉が溜る頃 …………… 229
39 九月の始め ………………………… 229
40 窓口にたほれるやうに曲つた幹を…… 231
41 高等師範の先生と一緒に ………… 231
42 のぼりとから調布の方へ ………… 232
43 或る秋の午後 ……………………… 233
44 小平村を横ぎる街道 ……………… 234
45 あけてある窓の淋しき …………… 234
46 武蔵野を歩いてゐたあの頃 ……… 235
47 百草園の馬之助さんは …………… 236
48 あの頃のこと ……………………… 236
49 きりぎりすの声 …………………… 237
50 どんぐりの実のやさしき ………… 237
51 青銅がほしい ……………………… 237
52 炎天に花咲く ……………………… 238
53 岩石の淋しさ ……………………… 238
54 女郎花の咲く晩 …………………… 239
55 くもの巣のはる薮をのぞく ……… 239
56 楢の木の青いどんぐりの淋しさ … 239
57 さいかちの花咲く小路に迷ふ …… 240
58 土の幻影 …………………………… 240
59 とびの鳴く ………………………… 240
60 女の笑ふ寝顔 ……………………… 241
61 九月の一日 ………………………… 241
62 心は乱れ …………………………… 242
63 地獄の業をなす男の ……………… 242
64 坂道で雉の声をきく ……………… 243
65 よせから …………………………… 243
66 野辺に出てみると ………………… 243
67 こほろぎも鳴きやみ ……………… 244
68 岩の上に曲つてゐる樹に ………… 244
69 夕顔のうすみどりの ……………… 244
70 都の街を歩いてゐた朝 …………… 245
71 河柳の葉に ………………………… 245
72 昔法師の書いた本に ……………… 246
73 河原の砂地に幾千といふ ………… 246
74 秋の日も昔のこと ………………… 247
75 誰が忘れて行つたのか …………… 248
76 木のぼりして ……………………… 248
77 むさし野を行く旅者よ …………… 248
78 こま駅で夏の末 …………………… 249
79 九月になると ……………………… 249
80 秋の日ひとり ……………………… 250
81 昔の日の悲しき …………………… 250
82 鬼百合の咲く ……………………… 251
83 雲の水に映る頃 …………………… 251
84 耳に銀貨をはさみ ………………… 252
85 よもぎの薮に ……………………… 252
86 腐つた橋のまがりに ……………… 253
87 古木のうつろに …………………… 253
88 女郎観音の唐画 …………………… 254
89 竹が道にしたたる ………………… 254
90 渡し場に …………………………… 255
91 或る女がゴーガンの絵と ………… 255
92 あの頃の秋の日 …………………… 256
93 暗いはたごやの二階で …………… 256
94 「失はれた浄土」は盲人の書いた地獄…… 257
95 ロココの女 ………………………… 258
96 春はまだ浅い ……………………… 258
97 風は庭をめぐり …………………… 260
98 露にしめる ………………………… 260
99 ゴブラン織の淋しさ ……………… 260
100 垣根の……………………………… 261
101 水色の葫蘆のさがる町…………… 261
102 草の実の…………………………… 262
103 庭の………………………………… 262
104 八月の末にはもう………………… 263
105 虫の鳴く声………………………… 263
106 さびれ行く穀物の上……………… 264
107 なでしこの花の模様のついた…… 265
108 むくの実が坂に降る頃…………… 265
109 ゐろりに…………………………… 266
110 八月の末頃………………………… 267
111 橡に………………………………… 269
112 とき色の幻影……………………… 269
113 あかのまんまの咲いてゐる……… 270
114 くぬぎの葉二三枚………………… 270
115 西国の温泉にしようか…………… 271
116 旅につかれて……………………… 271
117 雨の降る天をみながら…………… 272
118 偉大な小説には…………………… 273
119 人間の声の中へ…………………… 273
120 色彩の世界の淋しき……………… 273
121 何事か想ふ………………………… 274
122 十二月の初め……………………… 275
123 山の椿は…………………………… 275
124 影のない曼陀羅の………………… 276
125 向ふから…………………………… 277
126 或る日のこと……………………… 277
127 恋人の暮色の中に………………… 278
128 何者かの投げた…………………… 278
129 むらさき水晶……………………… 278
130 桃の木に彫む……………………… 279
131 衣裳哲学こそ……………………… 279
132 茶碗のまろき……………………… 279
133 錦の織物…………………………… 280
134 榎の古木くちる…………………… 280
135 花咲くいばらの垣根……………… 280
136 名の知れぬ石の幻像に…………… 281
137 秋のきりん草の中へ……………… 281
138 野に咲く…………………………… 281
139 しやくやくの咲く………………… 282
140 秋の夜の悲しき手を……………… 282
141 野に摘む花に……………………… 283
142 たそがれの色に…………………… 283
143 何者か……………………………… 284
144 秋の日のよろめきに……………… 284
145 村の狂人まるはだかで…………… 285
146 茄子に穴をあけ…………………… 285
147 庭の隅人知れず…………………… 285
148 風になびく金髪の少年…………… 286
149 夏の日は…………………………… 287
150 斑猫の出る街道を………………… 288
151 折にふれ人知れず………………… 289
152 杉菜を摘む………………………… 289
153 うららかな情念のまがり………… 290
154 座敷の廊下を行くと……………… 290
155 何事をか語る……………………… 290
156 ふところにパン粉を入れ………… 291
157 旅に出る時は……………………… 292
158 旅から旅へもどる………………… 293
159 山のくぼみに溜る木の実に……… 294
160 草の色……………………………… 294
161 秋の夜は…………………………… 295
162 秋の夜の雨………………………… 298
163 世の中に奇蹟の現れをみるため… 298
164 めざめる夢をみる男の如く……… 300
165 心の根の互にからまる…………… 303
166 若葉の里…………………………… 305
167 山から下り………………………… 306
168 永劫の根に触れ…………………… 307
近代の寓話………………………………… 309
序………………………………………… 311
近代の寓話……………………………… 312
キャサリン……………………………… 314
アン・ヴァロニカ……………………… 318
冬の日…………………………………… 320
秋………………………………………… 322
秋の写真………………………………… 324
梅のにがさ……………………………… 326
南画の人間……………………………… 328
☆(マチスのデッサンに)…………… 330
桃の国…………………………………… 333
無常……………………………………… 334
冬の日…………………………………… 337
梨………………………………………… 338
山 の実………………………………… 340
人間の記念として……………………… 342
磁器……………………………………… 343
午後の訪問……………………………… 345
甲州街道を……………………………… 347
夏(失われたりんぼくの実)………… 348
山の酒…………………………………… 352
アタランタのカリドン………………… 354
かなしみ………………………………… 359
粘土……………………………………… 362
ナラ……………………………………… 366
一月……………………………………… 368
枇杷……………………………………… 369
庭に菫が咲くのも……………………… 370
道路……………………………………… 374
五月……………………………………… 376
冬の会話………………………………… 379
夏から秋へ……………………………… 380
詩………………………………………… 384
地獄の旱魃……………………………… 385
フェト・シャンペエトル……………… 390
呼びとめられて………………………… 397
草の葉(鍛冶屋のために)…………… 404
夏の日…………………………………… 408
花や毛虫………………………………… 412
燈台へ行く道…………………………… 414
山の暦(イン・メモーリアム)……… 416
イフィヂェネアの剥脱………………… 422
生命の祭祀……………………………… 425
野の会話………………………………… 430
留守……………………………………… 436
プロサラミヨン………………………… 438
たおやめ………………………………… 440
かざり…………………………………… 445
紀行……………………………………… 447
修辞学…………………………………… 453
自然詩人ドルベンの悲しみ…………… 455
体裁のいゝ景色(人間時代の遺留品)…… 459
ESTHETIQUE FORAINE…………………… 475
トリトンの噴水…………………………… 477
ANDROMEDA ………………………………… 533
*後記(鍵谷幸信)……………………… 575
 


第2巻 1971.5.6
 
第三の神話…………………………………… 3
I
猪…………………………………………… 6
十月………………………………………… 7
正月三田…………………………………… 9
デッサン……………………………………10
雪の日………………………………………23
六月の朝……………………………………27
旅の一日……………………………………29
二人は歩いた………………………………30
元旦…………………………………………33
春の日………………………………………35
自伝…………………………………………37
しゆんらん…………………………………40
あかざ………………………………………44
茶色の旅行…………………………………46
夏の日………………………………………48
内海…………………………………………49
はるののげし………………………………51
プレリュード………………………………52
呪文…………………………………………58
人間の没落について………………………58
より巧みなる者へ…………………………61
II
弓……………………………………………66
神話…………………………………………68
阿修羅王のために…………………………72
蘭……………………………………………75
スカーフ……………………………………77
ジューピテル………………………………78
第三の神話…………………………………83
失われた時……………………………………97
豊饒の女神………………………………… 193
どこかで………………………………… 195
大和路…………………………………… 196
女の野原………………………………… 198
季節の言葉……………………………… 199
二月……………………………………… 201
豊饒の女神……………………………… 207
薔薇……………………………………… 210
この庭へ………………………………… 211
鴬………………………………………… 212
黄金の毛抜き…………………………… 214
あざみの衣……………………………… 216
桃………………………………………… 217
九月……………………………………… 219
最終講義………………………………… 227
えてるにたす……………………………… 237
菜園の妖術……………………………… 239
音………………………………………… 276
えてるにたす…………………………… 286
宝石の眠り………………………………… 313
コップの黄昏…………………………… 315
イタリア………………………………… 320
イタリア紀行…………………………… 323
ローマの休日…………………………… 325
写真……………………………………… 334
くるみの木……………………………… 335
椀………………………………………… 336
きこり…………………………………… 339
茄子……………………………………… 341
坂………………………………………… 342
まさかり………………………………… 343
記憶のために…………………………… 344
すもも…………………………………… 346
エピック………………………………… 349
崖の午後………………………………… 356
バーの瞑想……………………………… 360
雲のふるさと…………………………… 361
宝石の眠り……………………………… 362
礼記………………………………………… 365
数学……………………………………… 368
タランボウ……………………………… 372
羅馬……………………………………… 374
炎天……………………………………… 376
たそがれのまなこ……………………… 380
水仙……………………………………… 382
坂の夕暮………………………………… 384
元………………………………………… 385
秋………………………………………… 386
カミングズ……………………………… 388
田楽……………………………………… 389
田園の憂欝……………………………… 392
礼記……………………………………… 395
オリュンポスの秋……………………… 399
野原の夢………………………………… 401
きじ……………………………………… 416
雉………………………………………… 417
故園の情………………………………… 418
ななくさ………………………………… 420
天国の夏………………………………… 421
愛人の夏………………………………… 435
鉛筆……………………………………… 444
梵………………………………………… 445
哀………………………………………… 450
手紙……………………………………… 452
神々の黄昏……………………………… 453
ティモーテオスの肖像………………… 468
フォークナーの署名…………………… 472
《秋の歌》……………………………… 475
生物の夏………………………………… 476
壌歌………………………………………… 497
鹿門………………………………………… 623
クラマ…………………………………… 626
復活……………………………………… 628
屑屋の神秘……………………………… 630
レカミエ夫人………………………… 630
イソップ物語………………………… 631
回顧的物体…………………………… 631
宿命…………………………………… 631
ペトラルカ…………………………… 632
象徴消滅……………………………… 633
ブルトン……………………………… 633
ダウィンチ…………………………… 634
アンドレ・マルロー………………… 634
崇高な諧謔…………………………… 635
ロートレアモン……………………… 635
日記の秋………………………………… 635
アポカリプス…………………………… 636
元………………………………………… 638
風景の失墜……………………………… 640
風景……………………………………… 642
旅人の話I ……………………………… 644
旅人の話II……………………………… 645
原罪《旅人の話》……………………… 649
旅………………………………………… 653
恩寵……………………………………… 655
ガラント………………………………… 656
遠足……………………………………… 658
乾杯の辞………………………………… 659
ヴァリエーション……………………… 661
北海の旅………………………………… 668
海の微風………………………………… 673
テンゲンジ物語………………………… 675
五月のトックリ………………………… 677
月………………………………………… 681
正月のことば…………………………… 682
元旦……………………………………… 683
多摩人…………………………………… 685
春………………………………………… 688
I ひばり……………………………… 688
II 梨 ………………………………… 689
III 桃………………………………… 690
IV アブラナ ………………………… 691
絶壁……………………………………… 693
カボチャの切断………………………… 694
ヨシキリ………………………………… 696
シルクハットのたそがれ……………… 697
オンブル………………………………… 699
ウンブリア……………………………… 700
イーコロジストの夜半………………… 702
望遠鏡のふるさと……………………… 703
ロクモン………………………………… 705
奇蹟……………………………………… 706
秋の歌…………………………………… 708
 ………………………………………… 709
*後記(鍵谷幸信)……………………… 735
 


第3巻 1971.7.6
 
訳詩集
ヂォイス
ヂオイス詩集……………………………… 7
室内楽…………………………………… 9
一個一片の林檎…………………………29
土………………………………………30
サンサバで針舟をながめて…………30
我が娘に与へられた花………………31
ラアフーンに泣く女…………………31
粉砕されて……………………………32
フオンターナの海岸に立ちて………32
薬草……………………………………33
海潮……………………………………34
夜景……………………………………34
孤独で…………………………………35
真夜中に鏡に映る旅役者の記憶……35
バーンホフシュトラーセ……………36
一祈祷…………………………………37
この少年を見よ(補遺)……………38
アナ・リヴィア抄………………………39
エリオット
荒地…………………………………………49
I 埋葬……………………………………51
II 将棋 …………………………………54
III 火の説教……………………………59
IV 水死 …………………………………64
V 雷神の言葉……………………………65
原註………………………………………69
訳註………………………………………76
四つの四重奏曲……………………………87
バーント・ノートン……………………89
イースト・コウカー……………………96
ザ・ドライ・サルヴェイジィズ…… 104
リトル・ギディング………………… 113
シェイクスピア
ソネット詩集…………………………… 127
詩篇……………………………………… 219
愛人の嘆……………………………… 221
悲しむ巡礼者………………………… 234
雑曲ソネット歌……………………… 242
不死鳥と山鳩………………………… 247
挽歌…………………………………… 249
マラルメ
詩集……………………………………… 253
乾杯の辞……………………………… 255
初期の詩……………………………… 256
不運………………………………… 256
幻…………………………………… 259
無駄な請願………………………… 259
罰せられた道化役者……………… 260
『パルナス・サティリク』から…… 261
黒人女……………………………… 261
『現代パルナス』から……………… 262
窓…………………………………… 262
花…………………………………… 263
復活………………………………… 264
苦悩………………………………… 265
あの苦い休息に厭き……………… 266
鐘撞き人…………………………… 267
夏の悲しみ………………………… 267
蒼天………………………………… 268
海の微風…………………………… 270
溜息………………………………… 270
施物………………………………… 271
詩の贈物…………………………… 272
他の詩篇……………………………… 273
エロディヤード…………………… 273
牧神の午後―牧歌―……………… 285
髪…………………………………… 290
聖女………………………………… 290
葬礼の乾杯………………………… 291
讃美歌(プローズ)……………… 293
扇…………………………………… 296
他の扇……………………………… 297
扇…………………………………… 298
アルバムの数葉……………………… 299
アルバムの一葉…………………… 299
ベルギーの友人達の思い出……… 299
ソネット「夫人よ……」………… 300
ソネット「おお遠くから親しい……」…… 301
ロンデル…………………………… 301
俗謡………………………………… 303
I 靴直し………………………… 303
II 芳香草を売る女 …………… 303
III 道路工夫…………………… 304
IV にんにくとねぎの商人 …… 304
V 労働者の細君………………… 304
VI ガラス工 …………………… 304
VII 刊行物の売り子…………… 305
VIII 古着屋の女 ……………… 305
ホイスラーへの手紙……………… 305
小曲………………………………… 306
小曲(好戦的な)………………… 307
数篇のソネット〔4篇〕 …………… 308
礼讃と墳墓…………………………… 311
ソネット…………………………… 311
エドガー・ポウの碑……………… 312
シャルル・ボオドレールの碑…… 313
碑…………………………………… 313
礼讃………………………………… 314
礼讃………………………………… 315
「旅人の唯一の関心に対して……」…… 316
すべて要約された精神は………… 316
他の詩とソネット…………………… 317
I …………………………………… 317
II…………………………………… 318
III ………………………………… 319
どんな絹の………………………… 319
君の話の中へ……………………… 320
圧倒するような雲の……………… 321
パフォスという名に……………… 321
ロレンス…………………………………… 323
詩篇……………………………………… 325
最後の時間…………………………… 327
週日の夜の祈祷……………………… 328
町からの手紙・三月の灰色の朝…… 329
町からの手紙・アメンドウの木…… 330
疲れきって…………………………… 331
幼年時代の不調和…………………… 332
もう一つ別な帰郷の休暇の終り…… 333
裸足でかける赤ん坊………………… 336
注意…………………………………… 337
コロー………………………………… 338
オペラの後…………………………… 339
朝の仕事……………………………… 340
午後の最後の授業…………………… 340
冬物語………………………………… 342
悲しみ………………………………… 343
きんぎょ草…………………………… 343
火明かりと薄明……………………… 349
弔いの鐘……………………………… 350
ピアノ………………………………… 351
バルコニー…………………………… 352
伊太利の日曜の午後………………… 352
麦刈りの青年………………………… 354
万霊節………………………………… 355
めがさめると………………………… 356
平和…………………………………… 356
「ヒビスカスとサルビアの花」から…… 357
蚊……………………………………… 361
こうもり……………………………… 365
蛇……………………………………… 367
かめのこ……………………………… 371
蜂鳥…………………………………… 375
青かけす……………………………… 376
カンガルー…………………………… 378
サーカスの象………………………… 381
生活…………………………………… 382
人間が作ったもの…………………… 382
人間になりましょう………………… 383
泡だつ波……………………………… 383
多くの大邸宅………………………… 384
貧困…………………………………… 384
話……………………………………… 385
楽観主義者…………………………… 386
とかげ………………………………… 386
アルゴ船一行の英雄たち…………… 386
海はつれないという………………… 387
ババリアの竜胆……………………… 388
親友…………………………………… 389
神秘…………………………………… 390
死の舟………………………………… 391
イタリアの薄明………………………… 399
山越えのキリスト磔像……………… 401
ガルダ湖畔…………………………… 418
紡ぐ人と修道僧…………………… 418
レモン園…………………………… 437
欧文詩集
UNE MONTRE SENTIMENTALE ………………… 1
JEUNESSE…………………………………… 3
DEGITALE…………………………………… 3
OCTOBRE …………………………………… 4
UN FAUBOURIEN …………………………… 4
PROMONTOIRE ……………………………… 5
TRISTESSE ………………………………… 5
GLOXINIE…………………………………… 6
HYMNES HOM RIQUES ……………………… 6
MONTRE SENTIMENTALE …………………… 7
PAIX………………………………………… 7
MULET ……………………………………… 8
L'AUTO……………………………………… 8
G NUFLEXION ……………………………… 9
PEINTRE …………………………………… 9
CIVILISATION………………………………10
AURORE………………………………………10
JOUR DE NAISSANCE ………………………11
BONNE CONCLUSION…………………………11
VOYAGEUR……………………………………12
AMOUR DE TRAIN……………………………12
NATURE………………………………………13
 L GIE………………………………………13
PASSAGE DE L' TERNIT …………………14
PHILOSOPHIE ………………………………15
D M TER ……………………………………15
CIC RON ……………………………………16
TROP BEAU! ………………………………16
UN AMI………………………………………17
MINE DE ZINC………………………………17
D SESPOIR …………………………………18
UNE NUIT EN  GYPTE………………………19
DOULEUR ……………………………………19
PALETTE ……………………………………20
PAN …………………………………………20
FATIGUE DE ROUTE…………………………21
VACANCES……………………………………21
M LODIE D' T ……………………………22
LA MORT ……………………………………23
NIMBE ………………………………………23
PATERNIT …………………………………24
MUSIQUE DES ENFANTS ……………………24
ALOUETTE……………………………………25
CYTISE………………………………………25
CHANSON D'OR………………………………26
HAMPTON COURT ……………………………26
MA JOURN E…………………………………27
MENTALIT  INCONNUE………………………27
GRAVITATION ………………………………28
SOT CR PUSCULE……………………………28
SOLITUDE……………………………………29
DE PROFUNDIS………………………………29
APR S LE TH TRE…………………………30
  W.W.………………………………………30
STATUE………………………………………31
VILLE RIVERAINE …………………………32
REMARQUABLE DESTINATION ………………32
MA PIPE ……………………………………33
MON COEUR …………………………………33
INDEX ………………………………………34
DISCOURS   LA MER ………………………34
ABSOLUMENT!………………………………34
LES MIS RABLES……………………………35
ART FAMILIAL………………………………35
IRONIE………………………………………36
CHANSON A BOIRE …………………………37
PARC DE BUSHY ……………………………37
PRINTEMPS …………………………………38
BOUTIQUE……………………………………38
B ILLEMENT…………………………………39
PLUIE ………………………………………39
RETOUR AU FOYER …………………………40
TRISTESSE DU P TROLE……………………40
TR S CHAUD…………………………………41
MA TRE FORAIN ……………………………41
COURAGE ……………………………………42
LA MAISON …………………………………42
RIEN…………………………………………43
SPECTRUM………………………………………45
THE APRICOT TEACHER ……………………49
UMBRELLAS …………………………………50
“WINE‐DARK” ……………………………52
EXPULSION …………………………………54
JOHN…………………………………………56
NIGHT SONGS ………………………………58
CACTUS DREAMS ……………………………60
COVENT GARDEN ELEGY ……………………63
TWO CHRISTMAS SONGS ……………………64
THE TORTOISE‐SELLER ……………………67
BUTTERCUP DREAM …………………………68
LE BON DIEU ………………………………70
GOAT‐SONG …………………………………71
PALMY SUMMER………………………………72
A HYMN………………………………………74
MONOCOTYLEDON ……………………………75
THE GOLDEN HIPPODROME …………………77
THE GOD‐FISH SEA…………………………80
CHESTNUT TWILIGHT ………………………82
A HAIR‐DRESSER……………………………83
SAD BELLS …………………………………84
THE PANTHEIST ……………………………86
AUTUMN………………………………………87
NORTHERN SPRING …………………………90
IN THE TRAIN………………………………93
CLEANING……………………………………94
NIGHT ………………………………………95
SUNDAY………………………………………95
DOGS…………………………………………96
FINE DAY……………………………………97
SUN BATH……………………………………98
AFTERNOON …………………………………98
EVENING ……………………………………99
MEMORIES………………………………… 100
DAWN……………………………………… 101
THE CAT ………………………………… 102
AT RICHMOND …………………………… 102
THE SICK HANDS………………………… 103
MORNING ………………………………… 103
THE SADNESS OF BOTTLES……………… 104
A SUNDAY WALK ………………………… 105
MARSH‐MALLOW…………………………… 105
A VALLEY………………………………… 106
SYCAMORE………………………………… 107
A HYMN TO THE SUN …………………… 107
POEMS BARBAROUS ………………………… 108
THE NARCISSUS AT NAPLES …………… 111
NEAR HAMPTON COURT…………………… 111
CANO SHUZENJI ………………………… 112
GREEK SCULPTURE ……………………… 113
AEGEAN SEA……………………………… 113
ODE TO THE VASE ……………………… 114
SUMMER AFTERNOON……………………… 114
ON A PRIMITIVE‐PAINTER……………… 115
THE BIRTH OF VENUS…………………… 115
CEYLON…………………………………… 116
BY THE FOUNTAIN ……………………… 116
SUICIDE IN A GALLERY………………… 117
A GRAECO‐ROMAN RIDDLE ……………… 117
A DORIAN LYRE (OR LIAR) ………… 118
RITUAL…………………………………… 118
*後記(鍵谷幸信)……………………… 593
 


第4巻 1971.10.15
 
超現実主義詩論……………………………… 3
序…………………………………………… 7
PROFANUS…………………………………… 8
詩の消滅……………………………………27
ESTH TIQUE FORAINE………………………39
超自然主義…………………………………57
超自然詩の価値……………………………79
シユルレアリスム文学論……………………89
序……………………………………………91
文学運動としてのシユルレアリスム……92
一般超現実的思考……………………… 110
超現実文学理論………………………… 119
Saturaの文学…………………………… 121
ナタ豆の現実…………………………… 127
シユルレアリスム批判………………… 135
輪のある世界……………………………… 141
序………………………………………… 143
人形の夢………………………………… 146
牧人の笑ひ……………………………… 159
檳榔子を食ふ者………………………… 171
輪のある世界…………………………… 177
文学青年の世界………………………… 183
文学と人間の発達……………………… 198
詩の歴史………………………………… 214
文学の思想的価値……………………… 217
彫刻……………………………………… 224
テオクリトス…………………………… 227
田園の人生観…………………………… 238
文学批判に於ける〈自然〉の意味…… 243
動物的睡眠から………………………… 247
間接な批評……………………………… 252
文学へ蝋燭を立てる…………………… 255
単純な楽器の世界……………………… 260
小説……………………………………… 264
マリタンに関する会話………………… 266
ゲーテと十八世紀思想………………… 272
ヘーゲルの文学理論…………………… 275
黄色の葡萄樹…………………………… 282
二人のロマン主義者…………………… 287
英国民俗の一面………………………… 294
津軽の若い民俗学者…………………… 303
純粋な鴬…………………………………… 307
詩の感覚性……………………………… 309
詩の内容論……………………………… 322
オーベルジンの偶像…………………… 328
詩人の顔色……………………………… 337
純粋な鴬………………………………… 349
梨の女……………………………………… 357
序………………………………………… 359
詩と眼の世界…………………………… 361
ヴァレリ考……………………………… 367
青年期と文学…………………………… 387
詩の貧困………………………………… 394
三人の男………………………………… 401
詩の幽玄………………………………… 410
ヂョイスの思想と象徴的技巧………… 435
ヂオイスの抒情詩的テーマ…………… 448
MAISTER萩原と僕 ……………………… 455
詩の外面と内面………………………… 457
八月……………………………………… 460
詩論……………………………………… 465
ゴーガンの村…………………………… 472
文学教養主義…………………………… 474
デカダンスの芸術……………………… 489
世界の諷刺文学………………………… 494
斜塔の迷信………………………………… 505
斜塔の迷信……………………………… 507
ヨーロッパ詩の伝統の一面…………… 509
パルナスィアン以後…………………… 512
ロマン主義の歴史的一面……………… 517
文学批判としての中庸説……………… 525
詩の世界について……………………… 532
詩美の問題……………………………… 536
伝統と現代詩の方向…………………… 542
人生派からデコル派まで……………… 551
悪魔学の魅力…………………………… 557
現代詩の意義…………………………… 561
私の詩作について……………………… 581
「詩と詩論」の回想…………………… 590
文学に於けるデフォルマション……… 593
日本人好みの詩………………………… 597
宇宙の神秘を夢見る…………………… 598
「荒地」について……………………… 599
英詩の言葉……………………………… 601
喪服の笑い……………………………… 604
ダンテ「神曲」………………………… 607
永遠への仮説…………………………… 608
詩・雑感………………………………… 613
考えをかくすもの……………………… 615
マチスの挿絵…………………………… 619
ピカソと近代芸術……………………… 621
国際美術展をみる……………………… 629
現代画の悲劇…………………………… 636
風流人…………………………………… 640
タイフーン……………………………… 641
曖昧な意味……………………………… 642
美について……………………………… 644
東方のベレスプリ……………………… 645
詩の言葉………………………………… 646
詩の効用………………………………… 648
芸術崇拝………………………………… 649
水鳥の言葉……………………………… 651
日本絵画………………………………… 652
絶対詩から純粋詩へ…………………… 653
ロマン主義詩…………………………… 655
矛盾と偶然……………………………… 656
日本語の詩の言葉……………………… 657
詩の限界………………………………… 659
追憶の美………………………………… 660
イバラの幽霊…………………………… 662
トランプ………………………………… 663
人間いじめ……………………………… 664
悪文の技術……………………………… 666
ひとりで歩く猫………………………… 667
人間の話………………………………… 668
樵夫と近代芸術………………………… 670
そくず…………………………………… 671
鳳仙花…………………………………… 672
心遠……………………………………… 674
雑草考…………………………………… 675
*後記(鍵谷幸信)……………………… 677
 


第5巻 1971.12.20
 
詩学…………………………………………… 3
I 詩学……………………………………… 5
序………………………………………… 6
1 課題…………………………………… 8
2 新しい関係……………………………11
3 偶然……………………………………26
4 想像……………………………………28
5 象徴……………………………………38
6 思考の自由……………………………46
7 純粋……………………………………49
8 美と夢…………………………………55
9 宗教……………………………………61
10 原始主義 ……………………………79
11 音の世界 ……………………………82
12 不調和の調和 ………………………88
13 曖昧 …………………………………97
14 詩作の材料と目的 ……………… 119
15 「イロニイ」 …………………… 129
16 私の詩論 ………………………… 155
II ボードレールと私―「わが妖術の建築家」…… 173
剃刀と林檎………………………………… 251
I
異神を求めて…………………………… 254
文学のHeiterkeit……………………… 262
詩人の絵画詩論………………………… 272
詩の世界について……………………… 275
「荒地」について……………………… 279
ポイエテス……………………………… 283
英国の詩………………………………… 297
沼地の残り……………………………… 303
モダニズムの文芸―1920―40年のころ…… 307
To Ezra Pound ………………………… 313
エリオットの発展……………………… 315
文人エリオット………………………… 318
ニイチェ………………………………… 321
非個性的芸術…………………………… 324
脳髄の日記……………………………… 328
ポオと近代詩…………………………… 345
近代芸術とコクトー…………………… 348
T・S・エリオットの功績……………… 351
ジョイスとエリオットの時代の終り… 353
エリオットの影響……………………… 359
二人の男………………………………… 362
サルトルの芸術………………………… 366
アンドレ・ブルトン…………………… 374
アンドレ・ブルトンの超現実主義…… 377
詩人と人間の世界……………………… 382
象徴主義の最後………………………… 388
エリオットの詩………………………… 394
ヴァレリーの文学……………………… 406
エリオット……………………………… 410
マラルメ………………………………… 424
剃刀と林檎……………………………… 434
日光菩薩ランボー……………………… 445
II
『時の流に』を読む…………………… 454
「Ambarvalia」について……………… 462
「文芸時評」…………………………… 463
透谷の芸術……………………………… 473
「Spectrum」の思い出………………… 477
嵯峨信之君へ…………………………… 478
詩の効用………………………………… 480
わからない存在………………………… 483
鈴鹿俊子さんへの手紙………………… 487
「詩経」とゲルマンの古詩…………… 491
村野四郎著「亡羊記」………………… 493
日本文学ざっくばらん………………… 494
一つの原則…………………………… 494
ひなのたび…………………………… 499
譬喩と洒落…………………………… 501
詩精神の源泉………………………… 504
俗謡―離俗の解……………………… 507
春のさびしみ………………………… 509
有心と無心と………………………… 511
芭蕉のイマジズム…………………… 514
地蔵に思う…………………………… 518
茶化しと風情と……………………… 520
愁人の君子の詩……………………… 524
反抗する心…………………………… 527
無題…………………………………… 529
シュルレアリスムと私………………… 531
故園情…………………………………… 534
Spectrumと『アムバルワリア』……… 550
室生犀星の思い出……………………… 553
萩原朔太郎……………………………… 555
「アムバルワリア」…………………… 558
佐藤春夫氏を悼む……………………… 560
偉大な詩人の足跡―佐藤春夫先生の死をいたむ…… 562
佐藤春夫………………………………… 565
「田園の憂欝」………………………… 572
三好達治君の詩について……………… 576
室生犀星の世界………………………… 579
先史俳諧………………………………… 583
グロテスク・アート―朔太郎の場合… 591
川路柳虹………………………………… 596
詩人神保光太郎………………………… 602
藤原定詩集「僕はいる 僕はいない」…… 604
窪田空穂の歌道………………………… 605
笑いの文学……………………………… 608
機智文学としての俳諧………………… 617
近代人の憂欝…………………………… 623
佐藤朔訳「ボードレール詩集」……… 628
文人佐藤春夫…………………………… 630
私の一冊―「アムバルワリア」……… 633
佐藤春夫の芸術………………………… 635
私と古典………………………………… 638
永田耕衣君のこと……………………… 640
笑いを求める心………………………… 642
五詩人の肖像…………………………… 645
北川冬彦……………………………… 645
安西冬衛……………………………… 648
北園克衛……………………………… 652
春山行夫……………………………… 655
竹中郁………………………………… 658
芭蕉の一句……………………………… 663
はせをの芸術…………………………… 665
加藤郁乎著「遊牧空間」……………… 697
田園詩の世界…………………………… 699
わが詩作五十年………………………… 708
*後記(鍵谷幸信)……………………… 713
 


第6巻 1972.2.25
 
ヨーロッパ文学……………………………… 3
序…………………………………………… 5
I
二十世紀文学の一面………………………12
文学的無神論………………………………25
二十世紀文学批評の準備…………………41
合理主義……………………………………61
文学と芸術…………………………………73
芸術主義の理論……………………………81
自然主義の発達と衰微……………………92
現実に対する態度……………………… 101
古典主義とロマン主義とのモラル…… 109
古典主義の原則について……………… 132
現代文学のREACTION…………………… 142
外国文学………………………………… 151
文学の新しいといふ意味……………… 168
文学論の喜劇性………………………… 177
文学評論に於るドグマ………………… 207
音響と思考……………………………… 219
OBSCURO ………………………………… 225
不明瞭な表現方法……………………… 228
概念と表現……………………………… 239
DE SERMONE……………………………… 253
感情化…………………………………… 262
思考の使用価値………………………… 266
文学に於るスタイル…………………… 275
文学批評………………………………… 279
文学批評史序説………………………… 298
近世初期文学評論史…………………… 372
中世紀文学成立組織に関する根本問題…… 387
II
二十世紀英国文学評論………………… 474
二十世紀小説家の態度………………… 538
第二十世紀文学思想の一源泉………… 549
ロオランスの世界……………………… 557
ヂェイムズ・ヂォイス………………… 565
《ユリスィズ》の位置………………… 580
ヂォイスの自然主義に対する態度…… 587
詩について……………………………… 593
文学評論と意味の研究………………… 597
Shakespearian Dramatic Charactersの批判について…… 602
ティ・エス・エリオット……………… 627
最近の自然詩…………………………… 651
叢林の背面……………………………… 656
英吉利ロマン主義文学………………… 668
David Humeの文学論…………………… 687
天使と語る……………………………… 696
文学とモラル…………………………… 709
*後記(鍵谷幸信,新倉俊一) ………… 741
 


第7巻 1972.4.28
 
古代文学序説………………………………… 3
はしがき…………………………………… 5
上巻 上古人……………………………… 9
序論………………………………………11
第1編 幻術の世界 ……………………21
第1章 神々の世界 …………………21
第2章 幻術の世界 …………………29
第3章 原始的思考 …………………43
第2編 人生観 …………………………54
第1章 神の世 ………………………54
第2章 宿命と破滅 …………………57
第3章 苦痛 …………………………72
第4章 争闘 …………………………74
第5章 放浪人 ………………………82
第3編 衆俗 ……………………………90
第1章 幻術の王 ……………………90
第2章 政治の王 ……………………99
第3章 武人 ……………………… 114
第4章 女 ………………………… 122
第5章 葬儀、酒、遊戯、季節 … 132
第4編 祭祀と芸能 ………………… 138
第1章 祭司の文学 ……………… 138
第2章 巫女の文学 ……………… 147
第3章 賢人の文学 ……………… 149
第4章 詩人の文学 ……………… 167
第5編 芸能の原始的意味 ………… 175
第1章 「話」 …………………… 175
第2章 歌謡 ……………………… 196
第3章 アイスランドの郷土生活…… 203
第4章 詩人の術 ………………… 214
下巻 中世人…………………………… 223
第1編 一般人生観 ………………… 225
第1章 衆俗の人生観 …………… 225
第2章 農民の倫理 ……………… 234
第3章 哲学的人生観 …………… 240
第4章 羅馬文学の人生観 ……… 244
第5章 天文学的運命説 ………… 261
第2編 詩人の人生観 ……………… 270
第1章 喜劇的人生観 …………… 270
第2章 悲劇的人生観 …………… 278
第3章 ロマンス人生観 ………… 282
結語…………………………………… 304
諷刺と喜劇………………………………… 309
村の言葉(Fable) …………………… 311
雑談の夜明け…………………………… 318
学問……………………………………… 329
頭の状態………………………………… 335
混雑した町……………………………… 342
近代人と中世紀人……………………… 351
手………………………………………… 361
シムボルの移動………………………… 366
諷刺と喜劇……………………………… 378
文学と科学……………………………… 383
土………………………………………… 391
シムボルの黄昏………………………… 397
もく・こく……………………………… 409
職業の内面……………………………… 416
イギリスのESSAY文学 ………………… 418
二つの面………………………………… 425
現代文学回顧…………………………… 432
T・S・エリオット………………………… 447
はしがき………………………………… 449
1 エリオットをめぐりて―序論―…… 451
2 文学思想……………………………… 496
3 アルス・ポエティカ………………… 508
1 詩論………………………………… 508
2 形式論……………………………… 522
4 クリティカ…………………………… 528
5 作品研究……………………………… 535
1 詩…………………………………… 535
Prufrock and Other Observations…… 535
Ara Vos Prec, or Poems………… 544
The Waste Land…………………… 550
The Hollow Men…………………… 570
Ash‐Wednesday …………………… 572
Ariel Poems ……………………… 575
Four Quartets …………………… 580
2 劇…………………………………… 606
Murder in the Cathedral ……… 611
The Family Reunion……………… 612
The Cocktail Party……………… 615
The Confidential Clerk………… 617
The Elder Statesman …………… 620
Sweeney Agonistes ……………… 624
結語……………………………………… 628
*後記(鍵谷幸信,新倉俊一) ………… 645
 


第8巻 1972.6.30
 
居酒屋の文学論……………………………… 3
アルバム…………………………………… 5
批評と創作………………………………… 7
主知主義とイギリス文学…………………16
文学の現実性………………………………29
文学の真理性………………………………42
イギリス人と文学…………………………51
シェイクスピア文学………………………60
居酒屋の文学論……………………………73
文学的風習…………………………………84
文学的思考の美……………………………96
文学の人間記録………………………… 105
文学批評の興味………………………… 120
アメリカ文学の世界性と国民性……… 133
未刊文学論………………………………… 139
I
中世英文学に就いて…………………… 142
ルイスに於ける文学と哲学の交流…… 146
英文学に於ける象徴主義……………… 155
原始時代と文学………………………… 191
心理学的文芸論………………………… 211
伊太利文化……………………………… 240
自然論と文学…………………………… 246
戦時の英文芸雑話……………………… 253
二十世紀前半の回顧…………………… 257
落葉の旅………………………………… 260
ルネサンスと自然主義………………… 282
最近のエリオット……………………… 289
文学と世界観…………………………… 296
英文学の人生観とその特質…………… 302
サー・ウォルター・ローリ…………… 310
ワーヅワス論…………………………… 315
英文学の思想…………………………… 324
中世の叙事詩と物語…………………… 331
チョーサー……………………………… 339
チョーサーとその周囲………………… 382
バーナード・ショーの一生…………… 391
ジョイスの文学序……………………… 397
ルネサンスの詩………………………… 401
ジョイス………………………………… 418
「荒地」と「金宝集」………………… 436
Cakes and Aleについて ……………… 438
ヨーロッパ現代文学の背景と日本…… 440
アーサー・シモンズ「詩と散文の研究」…… 457
ジェイムズ崇拝………………………… 459
「フィネガンズ・ウェイク」の鑑賞… 463
ジェイムズ・ジョイスの芸術………… 467
近代人の地獄篇………………………… 471
イプセン劇……………………………… 475
ロレンスの思想と文学………………… 478
フローベールの世界…………………… 491
モームの芸術…………………………… 495
人間の憂欝……………………………… 499
モームの小説について………………… 504
『肖像』の位置………………………… 507
イギリスのロマン主義………………… 512
「芸術と詩の研究」…………………… 517
イェイツとロレンス…………………… 519
II
シェイクスピアとベイコン…………… 524
シェイクスピアの鑑賞について……… 541
シェイクスピアの笑い………………… 558
シェイクスピアの芸術………………… 561
シェイクスピアの言語………………… 569
シェイクスピアのソネット…………… 573
シェイクスピアの芸術………………… 576
シェイクスピア研究について………… 581
「ヴェニスの商人」所感……………… 588
シェイクスピアの喜劇………………… 591
シェイクスピアの演劇………………… 595
「テムペスト」について……………… 599
「ヴェニスの商人」…………………… 604
未刊美術論………………………………… 609
ルソーの絵……………………………… 611
絵画美…………………………………… 615
ゴーガン「市場」について…………… 621
池大雅…………………………………… 624
セザンヌとの再会……………………… 627
イギリス絵画と国民性………………… 630
芸術の冒険……………………………… 638
ロマンな夏の夢………………………… 641
滝口修造「近代芸術」、「点」……… 642
全身を化粧する………………………… 646
ヒッタイトのテラコッタ像…………… 647
藤島武二先生のこと…………………… 649
ニューヨークと近代美術……………… 652
美の女神と私…………………………… 655
飯田善国君とその彫刻………………… 659
「ルーベンスの世紀展」……………… 662
ドラクロワ……………………………… 664
パブロ・ピカソの芸術………………… 666
セザンヌの水彩………………………… 673
近代芸術のグロテスク………………… 677
エル・グレコ…………………………… 680
堀柳女の芸術…………………………… 694
*後記(鍵谷幸信,新倉俊一) ………… 697
 


第9巻 1972.8.30
 
William Langland…………………………… 3
はしがき…………………………………… 5
I 概説……………………………………… 7
II 教会と修道院 …………………………16
III 封建制度………………………………25
IV キリスト教と道徳及び風俗 …………28
V 都市生活…………………………………34
VI 言語と文学 ……………………………38
VII Langlandの思想………………………45
VIII Langlandの伝記 ……………………72
現代英吉利文学………………………………83
はしがき……………………………………85
I
I 一般論…………………………………88
II 詩 ……………………………………92
III Thomas Hardyの世界…………… 107
IV 愛蘭土文学 ……………………… 132
V Mackenzie氏の戦前文学批評 …… 138
II
I 序説………………………………… 166
II 一般論 …………………………… 170
III 小説……………………………… 186
IV 旅行記・伝記 …………………… 225
V 随筆・田園文学…………………… 230
VI 戦争文学 ………………………… 242
VII 作家論…………………………… 244
VIII 詩 ……………………………… 291
IX 劇 ………………………………… 332
X 文学論……………………………… 338
XI 芸術論 …………………………… 362
XII 文化論…………………………… 365
XIII 参考書目 ……………………… 369
英米思想史………………………………… 379
序………………………………………… 381
I 中世紀………………………………… 383
I Anglo Saxon時代 ………………… 383
II Middle English時代 …………… 402
II 近世 ………………………………… 422
I 近世初期一般論…………………… 422
II 十七世紀 ………………………… 449
III 十八世紀………………………… 456
IV 十九世紀前期 …………………… 468
V ヴィクトーリア女王時代………… 481
III 亜米利加…………………………… 515
近世英文学史……………………………… 533
I 十六世紀前半………………………… 535
I ルネサンス概説…………………… 535
II 英国の古典学者の思想 ………… 536
III 宗教制度改革と聖書翻訳……… 538
IV 詩歌の傾向 ……………………… 540
V SATIREの文学流行………………… 541
VI 散文作品 ………………………… 541
VII 一般大衆文学…………………… 542
VIII 劇文学 ………………………… 542
IX ルネサンス思想回想 …………… 543
II エリザベス時代 …………………… 546
I 一般情勢…………………………… 546
II Edmund Spenser ………………… 550
III William Shakespeareと劇文学…… 553
IV 詩歌 ……………………………… 560
V 散文文学…………………………… 561
VI エリザベス朝の文学回想 ……… 563
III 十七世紀…………………………… 566
I 一般情勢…………………………… 566
II James I時代……………………… 567
III Charles I及Commonwealth時代…… 569
IV John Milton……………………… 571
V Restoration時代 ………………… 576
VI John Dryden……………………… 578
VII 清教徒派の文学………………… 579
VIII 演劇 …………………………… 579
IX 散文 ……………………………… 580
X 詩文………………………………… 581
XI 十七世紀回想(1)……………… 581
XII 十七世紀回想(2) …………… 586
XIII 十七世紀回想(3)…………… 590
IV 十八世紀 …………………………… 591
I 一般情勢…………………………… 591
II 詩文 ……………………………… 593
III 散文……………………………… 594
IV 演劇 ……………………………… 595
V 旅行記……………………………… 596
VI 後半期の一般情勢 ……………… 596
VII Samuel Johnson………………… 597
VIII 散文 …………………………… 598
IX 小説の発達 ……………………… 599
X ロマン派の詩文…………………… 601
XI 十八世紀回想(1)……………… 604
XII 十八世紀回想(2) …………… 605
V 十九世紀(1) ……………………… 611
I 一般情勢…………………………… 611
II ロマン主義文学 ………………… 611
III 小説、随筆、批評……………… 617
IV 十九世紀回想(1)……………… 624
VI 十九世紀(2)……………………… 630
V ヴィクトーリア時代一般情勢…… 630
VI 実利主義と自由主義 …………… 634
VII 一般風潮に反対した批評家…… 635
VIII Matthew Arnold ……………… 638
IX 新しい宗教運動 ………………… 639
X 文芸批評…………………………… 639
XI 論説その他 ……………………… 641
XII 詩文……………………………… 641
XIII 小説 …………………………… 649
XIV 世紀末文学……………………… 654
XV 劇文学 …………………………… 655
XVI 十九世紀回想(2) …………… 655
欧文詩篇
APRIL ……………………………………… 667
THE POMEGRANATE ………………………… 668
SONNET OF SUMMER………………………… 669
ST. JULIAN THE PARRICIDE……………… 670
A KENSINGTON IDYLL……………………… 686
PARADIS PERDU …………………………… 688
MH AA……………………………………… 699
LE CERVEAU COMBUSTIBLE………………… 703
In nova fert animus mutatas Dicere formas corpora…… …… 707
JANUARY IN KYOTO………………………… 708
DAPHNE……………………………………… 711
TRAVELLER'S JOY ………………………… 713
HOMAGE TO FAULKNER……………………… 719
CHROMATOPOIEMA…………………………… 721
SPHINX‐IKEDA……………………………… 729
INVERTED GRACES ………………………… 731
欧文エッセー他
THE GENIUS OF JAPANESE ART…………… 737
A PASTORAL………………………………… 742
A SHORT STORY FROM ALFRED DE MUSSET…… 749
THE ART OF THOMAS CARLYLE …………… 756
A NOTE ON THE POEMS OF MR. NOGUCHI… 765
A SLAVE OF MORTIFICATION……………… 770
A NOTE ON ROMANTIC POETRY ROUND ABOUT OX
FORD IN THE 18TH CENTURY…………… 782
AN ESSAY ON ESSAYS……………………… 792
THE VIRTUOSITY OF T.S.ELIOT ………… 795
ON THE APPRECIATION OF SHAKESPEARE… 800
*後記(鍵谷幸信,新倉俊一) ………… 803
 


第10巻 1973.1.20
 
メモリとヴィジョン………………………… 3
落葉の綴り………………………………… 5
Memory and Vision(1)……………… 7
Memory and Vision(2)………………13
Memory and Vision(3)………………17
Memory and Vision(4)………………20
Memory and Vision(5)………………24
Memory and Vision(6)………………27
ライム……………………………………31
木版の田園………………………………36
俗人の宗教(上)………………………40
俗人の宗教(下)………………………44
現代イギリス小説遍歴…………………47
George Moore……………………………56
手紙………………………………………60
雑草と記憶………………………………63
椎茸………………………………………70
山歩き……………………………………76
月桂樹の言葉……………………………80
女神と田舎者……………………………86
秋の日……………………………………89
John Collier……………………………92
半島の春…………………………………96
十八世紀の詩………………………… 100
近代の神話…………………………… 106
くこの話……………………………… 110
五月の夜……………………………… 113
箱……………………………………… 116
William Morris……………………… 119
T.F.Powys(田園風景) …………… 123
空白…………………………………… 127
日本の風情…………………………… 130
ビール………………………………… 133
日本人の旅行感覚…………………… 136
英国の田園…………………………… 142
英国の自然…………………………… 148
田園考………………………………… 152
スコットランドの気侭な旅………… 154
人生の友……………………………… 159
福原君の「この世に生きること」… 160
西国巡礼……………………………… 162
四十年前の三田の山………………… 167
あざみの衣………………………………… 171
序詩……………………………………… 172
I
自然の風情……………………………… 174
二つの旅行……………………………… 176
私の愛読書……………………………… 183
月、なす、すすき……………………… 185
言葉の魔法……………………………… 188
某月某日………………………………… 190
私の美術鑑賞…………………………… 191
読書という言葉………………………… 192
生活と文学……………………………… 194
某月某日………………………………… 198
私の好む文章…………………………… 199
竹友藻風君を惜しむ…………………… 201
美しかった慶応義塾のキャンパス…… 202
生花以前………………………………… 204
私の机の上……………………………… 205
わが銷夏法……………………………… 206
私の本だな……………………………… 207
折口先生哀悼の言葉…………………… 208
夏と本…………………………………… 209
ショー翁を悼んで……………………… 211
ふじまめ………………………………… 214
古さの錯覚……………………………… 222
夏から冬へ……………………………… 223
春すぎて………………………………… 227
水上滝太郎氏の思い出………………… 232
詩人ヨネ・ノグチ……………………… 235
角笛を磨く……………………………… 237
『大阪の宿』の裁判所で……………… 240
市村座のメタフィズィク(対話)…… 243
II
土星の苦悩……………………………… 252
1 いらくさ…………………………… 252
2 鉛毒………………………………… 256
3 水晶売り…………………………… 260
4 山栗………………………………… 267
III
日本の英学……………………………… 278
日本の英国……………………………… 285
イギリス精神…………………………… 291
二つの世界から逃げる………………… 301
十九世紀の文学………………………… 307
二十世紀の文学………………………… 314
T・S・エリオットと近代人…………… 325
バタくさい歴史………………………… 337
文学と聖トマスの哲学………………… 348
じゅんさいとすずき……………………… 361
街路の雑草……………………………… 363
カレンダー……………………………… 366
自然の憧れ……………………………… 367
路傍雑考………………………………… 370
春の草…………………………………… 384
書物と人生……………………………… 385
自然と芸術……………………………… 388
北海道の旅……………………………… 390
夏のリズム……………………………… 393
大和の道………………………………… 395
人に見せる日記………………………… 405
茶人礼賛………………………………… 406
偶然……………………………………… 408
新春……………………………………… 411
掘り出しもの…………………………… 415
夏もまた楽し…………………………… 416
野原を行く……………………………… 418
美しい季節……………………………… 421
私の周辺………………………………… 424
われ、素朴を愛す……………………… 425
故園の情………………………………… 427
私のローマの休日……………………… 431
風土の美………………………………… 435
山の露…………………………………… 437
イタリアの野を行く…………………… 438
イタリア紀行…………………………… 441
自然の哀愁……………………………… 444
植物の名………………………………… 447
伊太利紀行……………………………… 449
風鈴……………………………………… 457
むさしの………………………………… 458
雑草の美学……………………………… 460
喜怒哀楽………………………………… 462
十五夜…………………………………… 464
黒部の秋色……………………………… 465
生け垣…………………………………… 468
旅人……………………………………… 471
乞食考…………………………………… 474
読書とわたし…………………………… 475
宝石について…………………………… 478
年の終り………………………………… 479
春………………………………………… 482
白い花…………………………………… 485
薔薇……………………………………… 487
あとがき………………………………… 491
未刊エッセイ
『牧神の午後』…………………………… 497
A.E.Housmanの一生 ……………………… 498
戸川秋骨先生……………………………… 502
戸川先生…………………………………… 504
石川林四郎先生…………………………… 507
No Traveller Returns…………………… 511
神について………………………………… 516
ヴァージニア・ウルフ…………………… 520
イギリス文学の笑い……………………… 522
ほんとうの随筆…………………………… 526
福原麟太郎著『猫』『われ愚人を愛す』…… 534
『大戦回顧録』…………………………… 536
『シェイクスピア全集』………………… 539
『英吉利文学と詩的想像』……………… 540
『英文学の特質』………………………… 541
融け合う詩と絵…………………………… 543
ゲルマンの古詩について………………… 544
上田保著『現代ヨーロッパ文学の系譜』…… 546
スペンダーに会う………………………… 547
古本………………………………………… 549
「ナショナル・リーダー」とアメリカ… 550
ジョン・モリス氏………………………… 555
E.マイナー著『西洋文学の日本発見』… 556
この日このとき…………………………… 558
日本のヨーロッパ文化教育……………… 559
柳田先生の思い出………………………… 562
外人の日本批判に対する感想…………… 565
吉川幸次郎著『漢文の話』……………… 568
素朴なたべもの…………………………… 569
ローマの賢人道徳………………………… 570
私の留学の頃……………………………… 573
雅楽………………………………………… 576
福原麟太郎著『書斎の無い家』………… 577
答える……………………………………… 578
ヨーロッパ古典文学と英文学研究……… 582
福原麟太郎著『文学と文明』…………… 585
古本集め…………………………………… 586
日本の民俗学……………………………… 588
小泉信三…………………………………… 591
『無意識の世界―創造と批評』………… 594
古典主義とロマン主義…………………… 597
自然と詩…………………………………… 598
『小泉八雲作品集』……………………… 599
並河亮・並河万里共著『地中海歴史の旅』…… 602
禅学………………………………………… 607
世界の詩人たち…………………………… 610
野ばらの実………………………………… 614
古代人……………………………………… 615
小泉先生の著作について………………… 616
自然の風情………………………………… 619
私と英語…………………………………… 620
文学………………………………………… 622
丸善の思出………………………………… 623
学問と憂欝………………………………… 625
アンリ・ミショー著『みじめな奇蹟』… 627
日記文学…………………………………… 629
ふるさと…………………………………… 630
書斎のシメナワ…………………………… 633
漢詩………………………………………… 635
文学と病理………………………………… 636
晩秋の偶感………………………………… 637
美の黙想…………………………………… 639
冬の風情…………………………………… 640
古代人と近代人…………………………… 642
優雅な生活………………………………… 643
座右の書…………………………………… 645
『球体感覚』献詩(パラうた)………… 646
美を求めて………………………………… 648
永遠への帰郷……………………………… 651
詩と典拠…………………………………… 654
シェリの自然愛と宗教…………………… 659
萩原朔太郎の魂…………………………… 671
近代美術の機械性………………………… 687
芭蕉の精神………………………………… 690
高橋新吉の詩……………………………… 705
未刊詩篇
I
秋の乾杯…………………………………… 710
橋上………………………………………… 711
愁人………………………………………… 714
草野心平君………………………………… 715
元旦………………………………………… 717
君の名は―嵯峨信之君へ―……………… 719
舌代………………………………………… 720
リムボウ…………………………………… 721
花…………………………………………… 727
ホーラ……………………………………… 728
三田山……………………………………… 729
青写真……………………………………… 731
元旦………………………………………… 734
たで科……………………………………… 735
パイ………………………………………… 735
スフィンクス・イケダ…………………… 739
夏至………………………………………… 743
しほつち…………………………………… 744
地蜂………………………………………… 745
青銅………………………………………… 746
キササゲ…………………………………… 747
ウーズル…………………………………… 768
桂樹切断…………………………………… 769
II
ヒルガホ…………………………………… 782
ドングリ…………………………………… 792
タンポポ…………………………………… 803
ケヤキノキ………………………………… 816
火…………………………………………… 822
空地………………………………………… 824
ウグイス…………………………………… 826
郁李………………………………………… 828
矢…………………………………………… 831
桃…………………………………………… 833
月桂樹……………………………………… 836
アブラゼミ………………………………… 838
茄…………………………………………… 840
モヂズリ…………………………………… 846
スカンポ…………………………………… 855
栄光………………………………………… 856
栗…………………………………………… 856
蛇…………………………………………… 859
あの人……………………………………… 861
エロス……………………………………… 863
茶椀………………………………………… 869
フルート…………………………………… 870
カミキリ…………………………………… 871
河骨………………………………………… 872
祭…………………………………………… 873
訳詩
ホテル広告(シエラド・ヴァインズ)… 881
港のスケッチ(エドマンド・ブランデン)…… 884
シヨンの囚人(バイロン)……………… 885
無風流なお礼の言葉をいう短い詩二つ(スティーヴン・スペンダー)…… 896
日曜の朝(ウォレス・スティーヴンズ)…… 897
山(リルケ)……………………………… 902
*西脇順三郎全集収録作品初出一覧(鍵谷幸信,新倉俊一)…… 903
*西脇順三郎年譜(鍵谷幸信)………… 927
*後記(鍵谷幸信,新倉俊一) ………… 981
 


第11巻 1983.4.25
 
人類…………………………………………… 3
I
秋の乾杯…………………………………… 6
橋上………………………………………… 7
愁人…………………………………………10
草野心平君…………………………………11
元旦…………………………………………13
君の名は……………………………………15
舌代…………………………………………16
リムボウ……………………………………17
花……………………………………………23
ホーラ………………………………………24
三田山………………………………………25
青写真………………………………………27
元旦…………………………………………30
たで科………………………………………31
パイ…………………………………………32
スフィンクス・イケダ……………………36
夏至…………………………………………39
しほつち……………………………………41
地蜂…………………………………………42
青銅…………………………………………43
キササゲ……………………………………44
ウーズル……………………………………64
桂樹切断……………………………………65
II
ヒルガホ……………………………………78
ドングリ……………………………………88
タンポポ……………………………………99
ケヤキノキ……………………………… 112
火………………………………………… 118
空地……………………………………… 120
ウグイス………………………………… 122
郁李……………………………………… 124
矢………………………………………… 127
桃………………………………………… 129
月桂樹…………………………………… 132
アブラゼミ……………………………… 134
茄………………………………………… 136
ドゼウ…………………………………… 140
モヂズリ………………………………… 142
スカンポ………………………………… 152
栄光……………………………………… 152
栗………………………………………… 153
蛇………………………………………… 155
あの人…………………………………… 158
エロス…………………………………… 160
茶碗……………………………………… 166
フルート………………………………… 167
カミキリ………………………………… 168
河骨……………………………………… 169
祭………………………………………… 170
III
冬………………………………………… 176
ある日…………………………………… 178
トゲ……………………………………… 179
風景……………………………………… 182
秋………………………………………… 183
元旦……………………………………… 185
憂酒……………………………………… 186
夏………………………………………… 187
春………………………………………… 188
夏の日…………………………………… 190
元旦……………………………………… 191
秋………………………………………… 192
IV
夏日……………………………………… 196
年始……………………………………… 198
三月の末………………………………… 199
元旦……………………………………… 200
郷愁……………………………………… 201
後記……………………………………… 204
未刊詩篇(「人類」以後)
海潮音……………………………………… 207
春…………………………………………… 211
正月………………………………………… 212
スプレーン………………………………… 213
冬のシャンソン…………………………… 216
自然………………………………………… 217
拾遺詩篇
六月………………………………………… 223
高原………………………………………… 224
ディスュラムボス………………………… 225
秋…………………………………………… 226
喜びの人…………………………………… 227
詩…………………………………………… 228
女神の希望………………………………… 231
シヤン フユネーブル…………………… 232
秘話………………………………………… 237
一月………………………………………… 239
六月の三人の男…………………………… 240
庭の宿命…………………………………… 241
雑篇
新潟県小千谷市立小千谷中学校校歌…… 245
新潟県立小千谷高等学校校歌…………… 245
雪の人……………………………………… 246
結婚歌……………………………………… 247
カワワラワの歌…………………………… 248
新潟県立小千谷西高等学校校歌………… 249
小千谷小学校百周年……………………… 250
新潟県立長岡大手高等学校校歌………… 250
献詩………………………………………… 251
照専寺詩碑碑文…………………………… 251
山の湯……………………………………… 252
舟陵の鐘…………………………………… 252
百田を憶う………………………………… 252
百田夫人へ(1) ………………………… 253
百田夫人へ(2) ………………………… 253
秋の祭り…………………………………… 254
訳詩
ホテル広告(シエラド・ヴァインズ)… 257
港のスケッチ(エドマンド・ブランデン)…… 260
シヨンの囚人(バイロン)……………… 261
無風流なお礼の言葉をいう短い詩二つ(スティーヴン・スペンダー)…… 272
日曜の朝(ウォレス・スティーヴンズ)…… 273
山(リルケ)……………………………… 278
カントーI(エズラ・パウンド) ……… 278
自作詩訳詩
旅人のよろこび…………………………… 282
I アウグストゥスへ…………………… 282
II 崩壊する粘土 ……………………… 282
III 青ざめたパール…………………… 283
IV 枯れたスゲ ………………………… 283
V ザクロ………………………………… 283
VI 春の雷 ……………………………… 284
VII 抛物線……………………………… 284
VIII 胚種 ……………………………… 285
IX 花吹く蘆 …………………………… 285
クロマトポイエマ………………………… 286
1 野原を夢みる人の…………………… 286
2 黎明…………………………………… 286
3 イチハツの根………………………… 286
4 幻影…………………………………… 287
5 錯覚の………………………………… 287
6 メバウキの鉢が……………………… 287
7 欲望…………………………………… 287
8 血液…………………………………… 288
未刊エッセイII
民族史と言語史…………………………… 291
郡虎彦さんのこと………………………… 299
サボテン島風光…………………………… 301
イエイツを回想する……………………… 302
英語………………………………………… 303
ウィンザー公自叙伝……………………… 308
英国文学とヒュームア…………………… 314
石丸重治君と私…………………………… 317
光輪をつけた天使………………………… 320
ザクロ……………………………………… 320
佐藤春夫…………………………………… 323
安藤一郎詩伯……………………………… 327
吉田一穂氏を悼む………………………… 328
吉田一穂を憶う…………………………… 330
田村隆一の詩境…………………………… 332
釈迢空……………………………………… 335
鷲尾雨工…………………………………… 339
近代ヨーロッパ文化の源流……………… 341
鮎川信夫…………………………………… 342
五つの質問に答える……………………… 343
蕉村のとぼけ心…………………………… 348
池田満寿夫著『私自身のアメリカ』…… 349
人間の生命生殖を語る文学……………… 351
人間究明の文学…………………………… 353
木内克のテラコッタの女………………… 354
セザンヌの芸術…………………………… 355
マラルメの曖昧性………………………… 358
象牙の塔のよろこび……………………… 366
滝口修造の芸術…………………………… 370
「パスカル―ナポレオン」……………… 375
戦後最俊英の新しい批評家……………… 377
田園………………………………………… 378
宋元の山水画……………………………… 381
『西脇順三郎 詩と詩論』著者後記…… 388
村野四郎の詩魂…………………………… 399
シェイクスピア劇と思想………………… 412
加藤郁乎の俳句…………………………… 442
オスカー・ワイルド……………………… 444
壷井繁治君の思い出……………………… 445
芭蕉の俳…………………………………… 446
眼つきの神秘……………………………… 449
ボードレール……………………………… 452
優秀のサイレン…………………………… 456
俳句の世界………………………………… 458
版画家・池田満寿夫……………………… 461
飯田善国の『見えない彫刻』…………… 462
日本の詩歌の伝統………………………… 466
ヴォルスの象徴絵画……………………… 467
私の画歴…………………………………… 470
ジョン・コリア『モンキー・ワイフ』序…… 473
シェイクスピアの芸術(序説)………… 476
安西冬衛の単詩…………………………… 495
宇宙的な心細さ…………………………… 497
家持と芭蕉………………………………… 499
草野心平氏について……………………… 501
那珂太郎氏の詩業………………………… 502
天恵的な存在……………………………… 505
詩人和田徹三氏のこと…………………… 506
レアリズムの傑出………………………… 509
『海潮音』から『月下の一群』へ……… 510
「月に吠える」…………………………… 512
ウエイリの能の英訳……………………… 513
滝口修造の詩業(誄)…………………… 514
卓絶した詩人……………………………… 518
天才的な民俗学的興味…………………… 520
芭蕉の世界………………………………… 523
回顧展のための挨拶……………………… 526
英文詩篇(未刊英文詩集・未発表英文詩篇)
EXCLAMATIONS………………………………… 1
A STATUE…………………………………… 3
DEMETER …………………………………… 3
THE GRAPE ………………………………… 4
THE ISLE…………………………………… 4
THE HOUSE ………………………………… 5
ETERNITY…………………………………… 5
THE GLORY ………………………………… 6
THE CREATOR ……………………………… 6
THE PARK DIMENSIONS …………………… 7
THE LONDON TOWER PARK ………………… 8
THE SHOWMEN'S EVENING ………………… 9
THE DRINKING SONG ……………………… 9
APHRODITE …………………………………10
THE BASKING FOOL…………………………10
DOWN WITH THE OLD POETRY!……………10
HAMLET………………………………………11
MOST DANGEROUS!…………………………12
IRONY OF ETERNITY ………………………12
THE YAWN……………………………………13
TO CHARLES BAUDELAIRE …………………13
“I MUST BE IDLE”………………………14
TO MONA LISA………………………………14
THE CONQUEST………………………………14
ABSOLUTELY…………………………………15
THE SEA ……………………………………16
TO W. W.……………………………………16
TO F. N.……………………………………17
GOOD!………………………………………17
SHAKESPEARE ………………………………18
THE SOUL'S LAUGHTER ……………………18
SATAN ………………………………………18
NOWHERE TO GO! …………………………19
MIDNIGHT……………………………………20
MAY AGAIN …………………………………20
DESPAIR ……………………………………21
HEIMATKUNST ………………………………21
A WONDERFUL DESTINATION ………………22
BUSHY PARK…………………………………22
A GOLDEN WAY………………………………23
HAMPTON COURT ……………………………24
THE RIVER WALK……………………………24
SORROWS AGAIN ……………………………25
WHITE! ……………………………………25
ON THE BUS…………………………………26
LABURNUM……………………………………26
THE CHILDREN'S CORNER …………………27
DEATH! ……………………………………27
SUMMER MELODY ……………………………28
AN ODE TO SUMMER…………………………29
A HOMERIC HYMN……………………………29
A FIT! ……………………………………30
CONTINUATIONS ……………………………30
FATIGUE ……………………………………31
A FRIEND……………………………………31
THE SORROWS OF PARAFFIN OIL …………32
TOO BEAUTIFUL! …………………………32
PHILOSOPHY…………………………………33
DIGITALIS …………………………………33
THE PASSAGE OF ETERNITY ………………34
NATURE………………………………………34
PRETTY INDIGNATION………………………34
THE LOVE OF TRAINS………………………35
A CONCLUSION………………………………36
TO PAM………………………………………36
ONE NIGHT IN EGYPT………………………37
THE DAWN……………………………………37
REALISM UNSURPASSED! …………………37
THE REASON OF POETICAL BEING!………38
AN IDLE WALK………………………………38
THE SENTIMENTAL WATCH …………………39
THE VOLUME…………………………………39
ON GLOXINIAS………………………………40
A SKETCH……………………………………40
HIGH STREET KENSINGTON…………………40
SUBURBAN AFTERNOON………………………41
MY POETRY …………………………………41
THE OLD SOUL………………………………41
THE EXCURSION ……………………………42
ODE TO THE MOON …………………………42
THE VACATION………………………………43
ODE TO THE LARKS…………………………43
HELLENISM …………………………………43
ODE TO MUSIC………………………………44
MOST DANGEROUS IDEA! …………………44
THE NEW SOUL………………………………44
THE NIGHTINGALE …………………………45
THE HEADLAND………………………………45
THE PASSION AND EMOTION ………………46
A SUBURBAN ELEGY…………………………46
TWILIGHT THE FOOLISH!…………………46
UNKNOWN MENTALITY ………………………47
THE ZINC MINE ……………………………47
THE FUNERAL OF MY TUTOR ………………48
MY FATHER! ………………………………48
HOME‐COMING ………………………………49
THE CAR ……………………………………49
THE CHILD'S DREAM ………………………50
YOUTH ………………………………………50
TO MR J.T.…………………………………51
OCTOBER ……………………………………51
MY PIPE! …………………………………51
(EXCLAMATIONS異稿)………………………52
A STATUE……………………………………52
DEMETER ……………………………………53
THE GRAPE …………………………………53
APRIL RAIN…………………………………54
THE HOUSE …………………………………54
ETERNITY……………………………………55
THE GLORY …………………………………55
THE CREATOR ………………………………56
SACRED!……………………………………56
THE SHOWMEN'S EVENING …………………57
APHRODITE …………………………………57
TO PAMELA …………………………………58
LARKS ………………………………………58
UNKNOWN MENTALITY ………………………59
(未定稿SENTIMENTAL EXCLAMATIONS!)…59
In my small bath‐room…… ……………59
There is a sea in the lungs …………60
MY EVENING…………………………………60
A STUDY ……………………………………61
A STUDY ……………………………………62
LE BONHEUR DE LIVRE(To H.M.)………62
A SKETCH……………………………………63
SUMMER MORNING, CHELSEA ………………63
A LANDSCAPE ………………………………64
LONELINESS…………………………………64
TEATIME ……………………………………64
ON THE TABLE………………………………65
SUBURBAN SUNDAY TEA ……………………65
UNDER THE SHOWER…………………………66
PROVINCIAL MUSIC…………………………66
NOTHING ……………………………………67
SUMMER AFTERNOON…………………………67
IN THE HOSPITAL GARDEN…………………67
RESTAURANT…………………………………68
A self‐portait……………………………69
PHOTO D'AMOUR ……………………………69
O my dear electricity …………………70
NATURAL POETRY……………………………70
CONFECTIONER'S SHOP ……………………70
Crome‐yellow skirt………………………71
Round the wings…… ……………………71
LILY‐POND …………………………………72
(その他の未定稿)…………………………73
ON THE WORLD………………………………73
I feel sad…………………………………73
SAD! ………………………………………74
HUNGER………………………………………74
Geraniums hang……………………………75
His world ends……………………………75
SHOWER………………………………………76
He runs up…………………………………76
未発表英文詩篇………………………………79
〔Three poems〕 …………………………81
1 How good of the three learned men……81
2 Traveller ……………………………82
3 A roach and a cucumber……………82
〔Five poems〕……………………………83
ZEUS………………………………………83
HORNSEY RISE……………………………83
SUMMER……………………………………84
GOYA………………………………………84
RICARDO …………………………………84
*西脇順三郎全集収録作品初出一覧(鍵谷幸信,新倉俊一)…… 613
*西脇順三郎年譜(鍵谷幸信)………… 641
*校異(新倉俊一)……………………… 707
*後記(鍵谷幸信,新倉俊一) ………… 715
 


別巻 1983.7.20
 
主要欧文詩集訳詩…………………………… 3
ケンジントン牧歌新倉俊一〔訳〕……… 5
スペクトラム Spectrum新倉俊一〔訳〕…… 6
感情的な時計 Une Montre Sentimentale窪田般弥〔訳〕……48
感嘆集 Exclamations新倉俊一〔訳〕…78
夷狄詩篇 Poems Barbarous新倉俊一〔訳〕…… 117
主要欧文詩集訳詩解説(新倉俊一)… 124
主要欧文詩集訳詩詳細目次…………… 135
西脇順三郎研究鍵谷幸信,新倉俊一〔編〕…… 138
雑記帳から 西脇氏の詩(滝口修造)…… 141
『超現実主義詩論』を読んで(春山行夫)…… 144
《ヨーロッパ文学》(阿部知二)…… 148
西脇順三郎氏《ヨーロッパ文学》(伊藤整)…… 149
宝石と朝(室生犀星)………………… 150
難解の詩について(萩原朔太郎)…… 152
西脇順三郎小論 Ambarvaliaの精神(阪本越郎)…… 156
J・N氏のピラミッド(春山行夫)…… 159
西脇順三郎氏の詩論(萩原朔太郎)… 167
ボオル箱の祭礼(北園克衛)………… 172
純粋な鴬の変声期に就いて(木原孝一)…… 175
旅人かえりぬ(木下常太郎)………… 185
西脇順三郎(百田宗治)……………… 201
西脇順三郎(上田敏雄)……………… 204
詩集『旅人かへらず』への手紙(北園克衛)…… 211
西脇順三郎氏に就いて(水尾比呂志)…… 213
永遠のクラゲ 西脇順三郎氏の超現実主義(関根弘)…… 224
西脇順三郎―「幻影の人」について(蔵原伸二郎)…… 229
西脇さんと私(滝口修造)…………… 243
西脇順三郎『第三の神話』(佐藤春夫)…… 245
西脇順三郎(三浦孝之助)…………… 246
植物と女と永遠―西脇順三郎の詩について―(中桐雅夫)…… 251
西脇詩の構造(片桐ユズル)………… 258
『西脇順三郎詩集』について(高見順)…… 265
Mearc‐Stapa(吉田一穂) …………… 267
透明なる成熟―西脇順三郎の世界―(村野四郎)…… 269
詩集『Ambarvalia』に関して(近藤東)…… 273
『近代の寓話』(富岡多恵子)……… 275
『失われた時』(黒田三郎)………… 277
西脇順三郎の英文学(福原麟太郎)… 279
『英米思想史』の思考構造(安藤一郎)…… 283
西脇順三郎論ノート(北川透)……… 285
朔太郎・達治・順三郎(篠田一士)… 297
西脇順三郎(鮎川信夫)……………… 328
『馥郁タル火夫ヨ』の頃(佐藤朔)… 332
萩原と西脇(大岡信)………………… 337
西脇順三郎の詩のふるさと(伊藤信吉)…… 349
『鹿門』(石川淳)…………………… 353
西脇順三郎小論(那珂太郎)………… 356
哀愁と諧謔 西脇順三郎『壌歌』(菅野昭正)…… 365
宝石の重み(池田満寿夫)…………… 376
雑感 永遠の旅人の絵(安東次男)… 377
西脇順三郎絵画論序説(飯田善国)… 381
西脇順三郎と象徴詩(窪田般弥)…… 392
西脇順三郎と萩原朔太郎(那珂太郎)…… 401
永遠術(加藤郁乎)…………………… 409
細部(安西均)………………………… 419
不明の光―西脇順三郎に関して(藤富保男)…… 424
脳髄の詩人―西脇順三郎(三好豊一郎)…… 434
夢・すなわち呑まれた椅子(鶴岡善久)…… 442
巨大な円錐―西脇詩の構成―(松田幸雄)…… 453
スペクトラム(福田陸太郎)………… 468
神・その閃光の碑―「近代の寓話」―(関口篤)…… 473
西脇順三郎の『失われた時』(星野徹)…… 479
善なる詩(江森国友)………………… 492
古代の春の復活(由良君美)………… 499
逞ましき時空渉猟者(大岡信)……… 504
旅人の変化と推移について(田村隆一)…… 509
西脇詩の同一性(近藤晴彦)………… 515
雪のイメージと生垣の発見 1946―1960(飯島耕一)…… 518
西脇さんの詩(山本太郎)…………… 559
西脇順三郎と絵画(岡田隆彦)……… 562
西脇順三郎と折口信夫(武田太郎)… 566
J・Nの「永遠」(北村太郎)………… 578
西脇順三郎とボードレール(井上輝夫)…… 586
〈ああ〉―詩集『人類』に寄せて(会田綱雄)…… 597
西脇順三郎アラベスク(吉岡実)…… 599
天地不仁(入沢康夫)………………… 612
西脇順三郎論(伊藤勲)……………… 615
*参考文献(鍵谷幸信)………………… 631
[ 2011/03/12 01:49 ] 西脇順三郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。