研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  野上弥生子 >  『野上弥生子全集』第II期 全29巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『野上弥生子全集』第II期 全29巻

『野上弥生子全集』第II期 全29巻(岩波書店、1986.11~1991.8)



第1巻 日記1(大正十二年七月―大正十五年・昭和元年) 1986.11.6
 
〔手帖〕……………………………………… 1
大正十二年(七月より)……………………45
大正十三年………………………………… 102
大正十四年………………………………… 166
大正十五年・昭和元年…………………… 352
*後記……………………………………… 483
 

第2巻 日記2(昭和二―四年) 1986.12.8
 
昭和二年……………………………………… 1
昭和三年…………………………………… 206
昭和四年…………………………………… 326
*後記……………………………………… 521
 

第3巻 日記3(昭和五―七年) 1987.1.8
 
昭和五年……………………………………… 1
昭和六年…………………………………… 164
昭和七年…………………………………… 417
*後記……………………………………… 565
 

第4巻 日記4(昭和八―十年) 1987.3.6
 
昭和八年……………………………………… 1
昭和九年…………………………………… 246
昭和十年…………………………………… 443
*後記……………………………………… 653
 

第5巻 日記5(昭和十一―十三年) 1987.5.8
 
昭和十一年…………………………………… 1
昭和十二年………………………………… 255
昭和十三年………………………………… 496
*後記……………………………………… 645
 

第6巻 日記6(昭和十三年九月―十四年) 1987.6.8
 
昭和十三年九月……………………………… 1
昭和十四年………………………………… 177
*後記……………………………………… 607
 

第7巻 日記7(昭和十四年八月二十八日―十七年) 1987.8.3
 
昭和十四年八月二十八日…………………… 1
昭和十五年………………………………… 113
昭和十六年………………………………… 274
昭和十七年………………………………… 418
*後記……………………………………… 595
 

第8巻 日記8(昭和十八―二十年) 1987.10.6
 
昭和十八年…………………………………… 1
昭和十九年………………………………… 185
昭和二十年………………………………… 494
*後記……………………………………… 589
 

第9巻 日記9(昭和二十年三月二十八日―二十二年) 1987.11.6
 
昭和二十年三月二十八日…………………… 1
昭和二十一年……………………………… 178
昭和二十二年……………………………… 389
*後記……………………………………… 599
 

第10巻 日記10(昭和二十三―二十五年) 1988.1.8
 
昭和二十三年………………………………… 1
昭和二十四年……………………………… 186
昭和二十五年……………………………… 297
*後記……………………………………… 467
 

第11巻 日記11(昭和二十六―二十八年) 1988.5.11
 
昭和二十六年………………………………… 1
昭和二十七年……………………………… 192
昭和二十八年……………………………… 355
*後記……………………………………… 563
 

第12巻 日記12(昭和二十九―三十一年) 1988.7.6
 
昭和二十九年………………………………… 1
昭和三十年………………………………… 204
昭和三十一年……………………………… 372
*後記……………………………………… 549
 

第13巻 日記13(昭和三十二―三十五年) 1988.11.7
 
昭和三十二年………………………………… 1
昭和三十三年……………………………… 222
昭和三十四年……………………………… 406
昭和三十五年……………………………… 573
*後記……………………………………… 721
 

第14巻 日記14(昭和三十六―三十九年) 1989.3.22
 
昭和三十六年………………………………… 1
昭和三十七年……………………………… 160
昭和三十八年……………………………… 323
昭和三十九年……………………………… 479
*後記……………………………………… 709
 

第15巻 日記15(昭和四十―四十一年) 1989.7.27
 
昭和四十年…………………………………… 1
昭和四十一年……………………………… 250
*後記……………………………………… 579
 

第16巻 日記16(昭和四十二―四十四年) 1989.10.24
 
昭和四十二年………………………………… 1
昭和四十三年……………………………… 261
昭和四十四年……………………………… 512
*後記……………………………………… 783
 

17-1 日記17(昭和四十五―四十七年) 1990.1.30
 
昭和四十五年………………………………… 1
昭和四十六年……………………………… 228
昭和四十七年……………………………… 463
*後記……………………………………… 679
 

17-2 日記18(昭和四十八―五十一年) 1990.4.27
 
昭和四十八年………………………………… 1
昭和四十九年……………………………… 202
昭和五十年………………………………… 379
昭和五十一年……………………………… 546
*後記……………………………………… 711
 

17-3 日記19(昭和五十二―六十年) 1990.8.30
 
昭和五十二年………………………………… 1
昭和五十三年……………………………… 152
昭和五十四年……………………………… 269
昭和五十五年……………………………… 363
昭和五十六年……………………………… 490
昭和五十七年……………………………… 563
昭和五十八年……………………………… 643
昭和五十九年……………………………… 680
昭和六十年………………………………… 736
*後記(宇田健)………………………… 747
 

第18巻 翻訳1 1987.2.6
 
人形(コロレンコー)……………………… 1
鳥の讃美(レオバルディ)…………………13
近代人の告白(ミュッセエ)………………25
婦人記者の下婢生活(バンクス)…………49
ソーニャ・ゴヴァレフスカヤ………………61
ラエフスキ家の姉妹(ロシアでの生活)(ソーニャ・コヴァレフスカヤ)……69
ソーニャ・コヴァレフスカヤ(レフラー)…… 185
ゲスタ・ベルリング(ラアゲルレエフ)…… 311
*後記……………………………………… 593
 

第19巻 翻訳2 1987.4.6
 
月桂樹と唐水仙(ヒヤシンス)…………… 1
伝説の時代―神と英雄の物語(トマス・バルフィンチ)……11
アキリーズの話…………………………… 495
*後記……………………………………… 511
 

第20巻 翻訳3 1987.7.6
 
最初の舞踏会(マンスフイールド)……… 1
かなしき翼……………………………………15
2匹の犬(ルブラン) ………………………25
沙翁物語(チャールズ・ラム,メアリ・ラム)……41
人間が花や樹木や鳥になつた話………… 447
冬ものがたり……………………………… 467
シーザーとクレオパトラ(バーナード・ショウ)…… 475
*後記……………………………………… 495
 

第21巻 翻訳4 1987.9.7
 
アルプスの山の娘(ハイヂ)(ヨハンナ・スピリ)…… 1
虹の花(ヂェイン・オーステン)……… 301
*後記……………………………………… 637
 

第22巻 翻訳5 1987.12.7
 
美しき世界(エリナ・ポーター)………… 1
中世騎士物語(トマス・バルフィンチ)…… 295
*後記……………………………………… 655
 

第23巻 翻訳6 1988.3.7
 
コルネリの幸福(ヨハンナ・スピリ)…… 1
うさぎのラバット(ロバート・ローソン)…… 219
うさぎの丘(ロバート・ローソン)…… 271
お能・狂言物語…………………………… 361
お能物語………………………………… 365
西王母………………………………… 365
小鍛冶………………………………… 369
実盛…………………………………… 375
羽衣…………………………………… 381
雲雀山………………………………… 386
隅田川………………………………… 393
邯鄲…………………………………… 398
壇風…………………………………… 404
鉢の木………………………………… 415
安宅…………………………………… 425
接待…………………………………… 438
望月…………………………………… 449
大会…………………………………… 457
鷺……………………………………… 467
猩猩…………………………………… 470
狂言物語………………………………… 473
ぶす…………………………………… 473
伯母が酒……………………………… 480
かくし狸……………………………… 485
千鳥…………………………………… 491
靫猿…………………………………… 499
竹の子………………………………… 506
釣狐…………………………………… 511
二人大名……………………………… 517
末広がり……………………………… 524
あとがき………………………………… 533
*後記……………………………………… 537
 

第24巻 書簡集1(明治三十六―昭和二十一年) 1991.1.31
 
明治三十六年………………………………… 1
明治三十八年………………………………… 3
明治三十九年…………………………………11
明治四十一年…………………………………15
大正三年………………………………………16
大正四年………………………………………19
大正五年………………………………………27
大正六年………………………………………30
大正七年………………………………………34
大正八年………………………………………36
大正九年………………………………………38
大正十年………………………………………47
大正十一年……………………………………61
大正十二年……………………………………83
大正十三年……………………………………98
大正十四年………………………………… 113
大正十五年………………………………… 119
昭和二年…………………………………… 142
昭和三年…………………………………… 162
昭和四年…………………………………… 173
昭和五年…………………………………… 177
昭和六年…………………………………… 181
昭和七年…………………………………… 191
昭和八年…………………………………… 208
昭和九年…………………………………… 227
昭和十年…………………………………… 254
昭和十一年………………………………… 265
昭和十二年………………………………… 283
昭和十三年………………………………… 312
昭和十四年………………………………… 344
昭和十五年………………………………… 348
昭和十六年………………………………… 354
昭和十七年………………………………… 360
昭和十八年………………………………… 364
昭和十九年………………………………… 368
昭和二十年………………………………… 413
昭和二十一年……………………………… 540
*後記(宇田健)………………………… 617
*書簡索引………………………………… 643
 

第25巻 書簡集2(昭和二十二―三十三年) 1991.2.28
 
昭和二十二年………………………………… 1
昭和二十三年…………………………………93
昭和二十四年……………………………… 161
昭和二十五年……………………………… 178
昭和二十六年……………………………… 219
昭和二十七年……………………………… 264
昭和二十八年……………………………… 318
昭和二十九年……………………………… 355
昭和三十年………………………………… 401
昭和三十一年……………………………… 437
昭和三十二年……………………………… 481
昭和三十三年……………………………… 529
*後記(宇田健)………………………… 565
*書簡索引………………………………… 595
 

第26巻 書簡集3(昭和三十四―四十五年) 1991.3.27
 
昭和三十四年………………………………… 1
昭和三十五年…………………………………33
昭和三十六年…………………………………85
昭和三十七年……………………………… 119
昭和三十八年……………………………… 144
昭和三十九年……………………………… 176
昭和四十年………………………………… 222
昭和四十一年……………………………… 254
昭和四十二年……………………………… 306
昭和四十三年……………………………… 347
昭和四十四年……………………………… 394
昭和四十五年……………………………… 428
*後記(宇田健)………………………… 459
*書簡索引………………………………… 489
 

第27巻 書簡集4(昭和四十六―六十年) 1991.4.26
 
昭和四十六年………………………………… 1
昭和四十七年…………………………………27
昭和四十八年…………………………………58
昭和四十九年…………………………………88
昭和五十年………………………………… 118
昭和五十一年……………………………… 153
昭和五十二年……………………………… 180
昭和五十三年……………………………… 218
昭和五十四年……………………………… 257
昭和五十五年……………………………… 288
昭和五十六年……………………………… 337
昭和五十七年……………………………… 371
昭和五十八年……………………………… 407
昭和五十九年……………………………… 426
昭和六十年………………………………… 462
年次未詳…………………………………… 478
*後記(宇田健)………………………… 481
*書簡総索引……………………………… 513
 

第28巻 補遺1 1991.6.27
 
明暗…………………………………………… 1
女の心…………………………………………63
森………………………………………………81
*後記(宇田健)………………………… 629
 

第29巻 補遺2 1991.8.30
 
評論・随筆・雑纂
「伝説の時代」例言……………………… 3
職業的婦人と妻…………………………… 6
蓄音機の娘…………………………………12
古きギリシアの恋の歌……………………14
「ホトトギス」四百号……………………17
若い母への手紙……………………………18
象のおはなし・二つ………………………22
どぶりん かちん ぱたん………………24
不思議な旅…………………………………26
秋晴―尾上始太郎先生の思ひ出…………43
娘は母になる………………………………47
桐の花のさくころ…………………………50
さざんか……………………………………52
椎名剛美氏後援 日本画小品頒布画会…53
茶台ずし……………………………………54
ギリシア神話の星…………………………56
「富士太鼓」御難の記……………………59
成長―ある日の日記から…………………65
美はしき結晶………………………………67
大分県立臼杵高等女学校校歌……………68
「美しき世界」あとがき…………………70
大戦の前夜…………………………………71
石田布佐子著「巴里落ちまで」序………75
日本の母親…………………………………77
〔「婦人公論」巻頭言拾遺〕……………80
デヴォルフさん……………………………84
橋……………………………………………87
エジプト旅行の回想………………………91
「木蔭の家」はしがき……………………95
婦道…………………………………………97
母の歌…………………………………… 100
人口疎開と学童の問題………………… 101
更に幅を広く…………………………… 106
〔無題〕………………………………… 108
下掛宝生会演能解説(自然居士他)… 110
〔木田文夫著「弱い子供の育て方」推薦文〕…… 115
下懸宝生会能解説(鳥追他)………… 116
素一へ…………………………………… 119
下懸宝生会能解説(熊野他)………… 121
下懸宝生会能解説(井筒他)………… 124
内田さんのこと………………………… 126
下懸宝生会能解説(百万他)………… 128
下懸宝生会能解説(盛久他)………… 131
〔矢崎夫人の絵画教室を開くにあたつて〕…… 134
二人大名………………………………… 136
下懸宝生会能解説(清経他)………… 139
下掛宝生会能解説(景清他)………… 142
下掛宝生会能解説(桜川他)………… 145
尊敬すべき実力………………………… 148
〔「宮沢賢治全集」推薦文〕………… 151
野上豊一郎著「能百句」あとがき…… 152
春閑雑記………………………………… 154
故宝生新十三回忌追善能番組解説…… 158
ドイツ強制収容所の体験記録………… 163
歯車にもバラを………………………… 164
山荘の書棚……………………………… 167
山ろく清談……………………………… 169
新しいお客さんの鞄…………………… 172
ハラキリと物理学者…………………… 175
刃物は魔物……………………………… 178
奇妙な議員たち………………………… 180
大宮人は暇あれや……………………… 182
安保条約改定と台風…………………… 184
初心を忘るべからず―世阿弥「花伝書」…… 186
賢い認識を……………………………… 188
北軽井沢の新先生……………………… 190
〔第三回プティ児童絵画習作展〕…… 192
在りし日のこと………………………… 193
「花がたみ」序………………………… 195
どんな組織にも囲い…………………… 198
新しい家庭小説………………………… 200
〔「成城町271番地」序〕 …………… 201
筆者のことば…………………………… 205
〔「面影 井本静子追悼録」序〕…… 206
海神丸を「人間」の題名において映画化するにあたって…… 208
「キルケゴール全集」刊行によせて… 209
思ひいで………………………………… 210
不死鳥のような古典…………………… 212
再発行をよろこぶ……………………… 213
学ぶということ………………………… 214
まことの読書…………………………… 220
安倍さんをいたむ……………………… 221
黄金のメスをもつ哲学者……………… 222
藤戸について…………………………… 223
日本文化に打ちこむ独自な鍬………… 226
宮本百合子さんのこと―没後十七周年によせて…… 227
小さなホール…………………………… 231
〔無題〕………………………………… 236
空也……………………………………… 237
観世大夫の面影………………………… 239
森の小鳥のこえ………………………… 242
〔頌 新生 観世能楽堂〕…………… 243
未来の認識へ…………………………… 244
女流作家独自の仕事…………………… 245
本統だと信じられること……………… 246
ギリシア劇との触れあひ……………… 247
日本文学への新鮮で重要な貢献……… 250
今日の悦びの日をあらたな踏み台として…… 251
一粒の真珠のやうな…………………… 253
寧ろこれから…………………………… 255
おもいで………………………………… 256
百合子さんのこと……………………… 258
〔「 改訳 マルクスの娘たち」推薦文〕…… 260
鈴木さんと「赤い鳥」………………… 261
「南山松竹図」のことなど…………… 262
片山敏彦氏への手紙(抄)…………… 266
古いおもひいで………………………… 268
〔「野上弥生子全集」刊行に寄せて〕…… 270
弔辞……………………………………… 271
思ひいつるまま………………………… 272
いよいよ大事な存在であつた彼……… 273
大岡さんのこと………………………… 275
いつの世のちぎりぞや………………… 277
庭前の牡丹花…………………………… 284
昔ばなし………………………………… 290
「夏の花」はしがき…………………… 294
バウム・クーヘンの話………………… 297
天賦の業績……………………………… 303
処女作が二つある話…………………… 304
世界は,その存在を保ち得るか ……… 306
思ひ出すこと…………………………… 308
遠くも来ぬるものかな………………… 311
座談・対談
野上弥生子女史に聞く 懐しい明治の文学体験(野上弥生子,聞く人小堀杏奴,中里恒子,大田洋子)…… 317
西洋と日本〔対談〕(野上弥生子,谷川徹三)…… 328
桜間弓川師を偲ぶ座談会(稲垣平十郎,今井欣三郎,亀井俊雄,桜間竜馬,高瀬寿美之,野上弥生子,野村保,丸岡大二)…… 347
伝統の花咲く未来を〔対談〕(野上弥生子,朝倉摂)…… 376
軽井沢清談〔座談会〕(野上弥生子,谷川徹三,大島清)…… 386
女の生き方―三代百年の歩み〔対談〕(野上弥生子,羽仁説子)…… 409
日本と日本人―次代に伝えるもの…… 421
野上弥生子先生のお話―田辺博士との出会い〔座談会〕(野上弥生子,西谷啓治,大島康正,武内義範)…… 425
ふるさとの歴史と愛〔対談〕(野上弥生子,平松守彦)…… 435
「新しき女」と女性のキリスト像〔対談〕(野上弥生子,ドナルド・キーン)…… 447
思い出すことども〔対談〕(谷川俊太郎,野上弥生子)…… 459
山荘閑談………………………………… 470
書簡補遺…………………………………… 479
*後記(宇田健)………………………… 737
[ 2011/03/13 22:49 ] 野上弥生子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。