研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  野口冨士男 >  『野口冨士男自選小説全集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『野口冨士男自選小説全集』全2巻

『野口冨士男自選小説全集』全2巻(河出書房新社、1991.7)



上 1991.7.31
 
*自序……………………………………… 1
なぎの葉考…………………………………… 9
石の墓…………………………………………29
火の煙…………………………………………33
白鷺……………………………………………40
露きえず………………………………………70
影法師…………………………………………87
池ノ端七軒町……………………………… 102
川のある平野……………………………… 121
押花………………………………………… 136
耳のなかの風の声………………………… 144
夜の鏡……………………………………… 169
死んだ川…………………………………… 174
白い小さな紙片…………………………… 196
彼と………………………………………… 207
流星抄……………………………………… 218
石蹴り……………………………………… 256
その日私は………………………………… 267
ほとりの私………………………………… 278
暗い夜の私………………………………… 297
深い海の底で……………………………… 317
真暗な朝…………………………………… 338
雲のちぎれ………………………………… 364
習志野……………………………………… 375
船が出るとき……………………………… 384
夜の烏……………………………………… 393
散るを別れと……………………………… 417
 

下 1991.7.31
 
風のない日々………………………………… 7
冬の逃げ水―鶯谷……………………………98
熱海糸川柳橋……………………………… 118
手暗がり…………………………………… 136
狐―大塚…………………………………… 148
誄歌………………………………………… 164
ぶっちぎり………………………………… 245
返り花……………………………………… 253
三田三丁目………………………………… 268
少女………………………………………… 279
薬物の夜…………………………………… 302
残花のなかを……………………………… 318
妖狐年表…………………………………… 337
他人の春…………………………………… 362
紙の箱……………………………………… 377
坂の履歴…………………………………… 388
横顔………………………………………… 404
しあわせ…………………………………… 418
*自作年譜………………………………… 435
*解説(保昌正夫)……………………… 443
[ 2011/03/13 22:50 ] 野口冨士男 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。