研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  野尻抱影 >  『野尻抱影の本』全4巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『野尻抱影の本』全4巻

『野尻抱影の本』全4巻(筑摩書房、1989.1~1989.4、石田五郎編)



第1巻 星空のロマンス 1989.1.25
 
I
星は周る…………………………………… 4
星に親しむには……………………………12
II
春の星空……………………………………38
レオニズ……………………………………40
天上の三角関係……………………………41
乙女と牛飼…………………………………42
北斗七星の伝説……………………………43
北の子の星…………………………………54
「北の子の星」説話………………………58
沙漠の北極星………………………………66
蟹座の星団…………………………………72
春の太陽と白羊宮…………………………78
春の獅子座…………………………………86
暮春の海蛇座………………………………94
III
夏の星空………………………………… 104
竜座の姿………………………………… 106
「闇の力」の星………………………… 107
万年の雪とヴェガ……………………… 108
水に映る星……………………………… 109
銀河考証………………………………… 115
「天鼓」と星…………………………… 123
籠かたぎ星・すもとり星……………… 130
夏の象徴―蠍座………………………… 136
IV
秋の星空………………………………… 142
ペガススの正方形……………………… 144
アンドロメダ…………………………… 145
ギリシャの素盞嗚尊…………………… 146
初秋の星のロマンス…………………… 147
「大火」流るる頃……………………… 158
獅子座流星群前記……………………… 174
秋のカシオペヤ座……………………… 181
V
冬の星空………………………………… 188
昴の思い出……………………………… 190
白馬のオリオン………………………… 191
見たカノープス………………………… 192
すばる星の伝説………………………… 193
プレヤデス星団鑑賞…………………… 203
みつ星覚え書…………………………… 213
オリオンをかくも見る………………… 218
日本名によるオリオン………………… 227
「ナイル河の星」シリウス…………… 236
星座の横顔……………………………… 245
ヒヤデス星団のこと…………………… 252
南極老人星見わる……………………… 261
久闊 カノープス……………………… 268
狼星と源五郎星………………………… 272
二月の黄道光…………………………… 277
VI
南十字星を想う………………………… 282
ベツレヘムの星の正体………………… 289
星の音楽………………………………… 300
軍談の星………………………………… 308
西郷星その他…………………………… 314
下田の三ドル星………………………… 321
VII
日食の伝説……………………………… 326
月夜の蟹………………………………… 333
月夜の蟹後記…………………………… 343
三日月物語……………………………… 353
新惑星の邦名について………………… 362
小望遠鏡漫語…………………………… 364
天象儀の星……………………………… 370
星書乱抽………………………………… 374
VIII
古代ギリシャの楯と星………………… 384
忘れられた天の川・星月夜…………… 391
七月流火………………………………… 393
七星剣の星文…………………………… 400
妙見菩薩像と北斗七星………………… 404
寒星……………………………………… 408
IX
「星を語る」はしがき………………… 412
「星」序………………………………… 414
*解説「抱影随筆」の理解のために(石田五郎)…… 416
 

第2巻 星の文学誌 1989.4.25
 
I 古代ギリシャの詩………………………… 3
ホメーロス詩抄…………………………… 4
1 円盾の文学…………………………… 4
2 《イーリアス》の星………………… 7
3 《オデュッセイア》の星……………10
《神神讃歌》抄……………………………14
1 ヘルメース讃歌………………………15
2 パアン讃歌……………………………16
3 アレース讃歌…………………………18
4 ディオスクーロイ讃歌………………19
5 アフロディーテー讃歌………………20
6 アルテミス讃歌………………………21
ヘーシオドス詩抄…………………………23
1 小伝……………………………………23
2 著作……………………………………25
3 《仕事と日日》………………………27
4 《諸神系譜(テオゴニア)》………51
5 《ヘーラクレースの盾》……………58
6 《名婦鑑(カタロゴスギュナイコーン)》……63
7 《アストロノミア》…………………67
8 《キーローンの教訓》………………71
II 古代ローマの詩 …………………………73
オウィディウス詩抄………………………74
1 《祭事暦(ファースティー)の星》……74
2 《変形録(メタモルフォーセース)》抄……89
III イギリスの詩……………………………93
英詩に現れたる星…………………………94
小序………………………………………94
1 大熊座・北斗七星……………………95
2 小熊座・北極星…………………… 107
3 オライオン座……………………… 114
4 犬星シリアス……………………… 118
5 プライアディーズ星団…………… 122
6 ハイアディーズ星団……………… 130
7 カシオピア座・アンドロミダ座… 133
8 牛飼座……………………………… 138
9 双子座……………………………… 141
10 金牛宮・白羊宮その他 ………… 146
英詩に現れたる金星…………………… 149
宵の明星・暁の明星………………… 149
チョーサーの星………………………… 174
1 天文詩人チョーサー……………… 174
2 マーズ神哀歌……………………… 177
3 トロイラスとクリセイデ………… 181
4 百鳥の集い………………………… 185
5 誉れの宮…………………………… 191
6 星辰儀考…………………………… 196
カンタベリー物語(続チョーサーの星)…… 207
序詩…………………………………… 207
1 武家の物語………………………… 216
2 粉屋の物語………………………… 223
3 弁護人の物語……………………… 227
4 バスの女房の物語………………… 233
5 扈従の物語………………………… 236
6 大地主の物語……………………… 238
シェイクスピアの星…………………… 242
IV 古代中国の詩 ………………………… 253
詩経のこと……………………………… 254
1 《国風召南の星》………………… 255
2 大雅・小雅………………………… 281
春秋・国語抄…………………………… 288
1 陳亡国記(周語)………………… 289
2 晋ノ文公放浪記(晋語)………… 296
V 日本古典の星の名……………………… 305
星神の和名……………………………… 306
古事記・日本紀の御統(ミスマル)… 314
丹後風土記の星………………………… 322
宇治拾遺・今昔物語の星……………… 326
平治物語の星…………………………… 329
お伽草子の星…………………………… 335
太平記の星……………………………… 340
安井春海の星名………………………… 344
二十八宿の訳名………………………… 349
*解説「星の文学誌」によせて(原恵)…… 359
*「イギリスの詩」の英語式発音表記一覧表…… vii
*「チョーサーの星」・「カンタベリー物語」引用詩句註…… i
 

第3巻 山で見た星 1989.2.25
 
I
山で見た星………………………………… 4
II
三つ星の頃…………………………………14
自殺した少年のこと………………………23
海恋い………………………………………30
悲しい山椒ノ魚……………………………40
金時計………………………………………52
猿に変った少年の話………………………58
職工の子……………………………………65
天狗の罰……………………………………88
追剥団………………………………………98
山羊の声………………………………… 114
雪の宿…………………………………… 125
(付)「雪の宿」後日談…………… 135
III
浜っ子…………………………………… 140
月明り…………………………………… 148
迷子のしるべ…………………………… 150
さつき晴れ……………………………… 157
鷹匠結び………………………………… 159
旅順開城………………………………… 161
銀座昔むかし…………………………… 165
浜芝居…………………………………… 170
北越暮春………………………………… 176
影………………………………………… 182
IV
この頃の記……………………………… 186
山・雪・星……………………………… 195
星を見るまで…………………………… 201
(付)望遠鏡………………………… 204
土星―空の玩具………………………… 206
白峰山北ケ岳へ登る記………………… 213
山恋……………………………………… 260
最初の白峰左俣下り…………………… 265
千里眼実験……………………………… 274
V
銀紙の星………………………………… 280
伊丹万作君……………………………… 283
“女王豕屋”…………………………… 289
ぼろ市・嫁市…………………………… 291
愛宕山…………………………………… 299
雪見……………………………………… 302
“天災”………………………………… 304
G老人の話 ……………………………… 307
飛鳥仏炎上……………………………… 316
科学列車と星…………………………… 321
三宅坂…………………………………… 328
初対面…………………………………… 331
VI
東京の星………………………………… 336
星下防空………………………………… 340
さかさま望遠鏡………………………… 345
空の祝祭………………………………… 356
「梅花明似星」………………………… 360
汁粉屋奇談……………………………… 365
入定星採訪……………………………… 371
プラネタリウムの星…………………… 380
星占い懺悔……………………………… 385
“七兵ヱ”……………………………… 393
鶴の舞…………………………………… 396
桜新町…………………………………… 399
*解説 星の至る道(宮下啓三)……… 402
 

第4巻 ロンドン怪盗伝 1989.3.25
 
I 英文学裏町話……………………………… 3
はしがき…………………………………… 4
クロード・デューヴァル………………… 6
ニューゲート牢獄…………………………35
ジャック・シェパード……………………42
セント・ジャイルズの鉢…………………67
ジョナサン・ワイルド……………………72
ディック・ターピン………………………83
ジェームス・マクリーン…………………99
クリノリン奇談………………………… 108
ロンドン大火記………………………… 115
英国の占星家…………………………… 129
仮髪と結髪……………………………… 143
「宝島」と海賊の唄…………………… 150
キャプテン・キッド…………………… 159
II ろんどん怪盗伝 ……………………… 173
III 私の好奇心…………………………… 379
旅行書・猟奇書など…………………… 380
バガブー………………………………… 385
繍花鞋杯………………………………… 389
竹夫人…………………………………… 395
龍涎香記………………………………… 397
鰹談義…………………………………… 407
*解説 悪い奴ほどおもしろい(池内紀)…… 410
[ 2011/03/13 22:51 ] 野尻抱影 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。