研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  野間宏 >  『野間宏全集』全22巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『野間宏全集』全22巻・別巻1巻

『野間宏全集』全22巻・別巻1巻(筑摩書房、1969.10~1976.3)



第1巻 1969.10.5
 
暗い絵………………………………………… 3
二つの肉体……………………………………61
肉体は濡れて…………………………………74
顔の中の赤い月…………………………… 115
地獄篇第二十八歌………………………… 138
残像………………………………………… 154
崩解感覚…………………………………… 175
第三十六号………………………………… 219
哀れな歓楽………………………………… 240
夜の脱柵…………………………………… 252
眼…………………………………………… 273
時計の眼…………………………………… 279

小さな熔炉………………………………… 317
象徴詩と革命運動の間…………………… 325
「暗い絵」の背景………………………… 332
*「暗い絵」の時代的背景(平野謙)… 341
*「暗い絵」と転向(本多秋五)……… 348
*野間宏小論(埴谷雄高)……………… 353
*解説(大江健三郎)…………………… 361
 

第2巻 1970.2.10
 
バターン白昼の戦…………………………… 3
南十字星下の戦………………………………22
砲車追撃………………………………………88
コレヒドールへ…………………………… 104
わが無花果の実…………………………… 127
悲しい錘…………………………………… 132
小さい空の下……………………………… 163
硝子………………………………………… 188
風と炎……………………………………… 214
奪い取られて……………………………… 233
夜学………………………………………… 252
雪の下の声が……………………………… 271
志津子の行方……………………………… 300
一夜………………………………………… 318
別れ………………………………………… 330
急流………………………………………… 337
逃走………………………………………… 356
昭子とたき子……………………………… 374
一日………………………………………… 384
立つ男たち………………………………… 397
二つの花…………………………………… 404
胎児………………………………………… 407
車の夜……………………………………… 421

軍隊教育について………………………… 435
戦場でのノートを開いて………………… 442
長い間喘ぎながらようやく……………… 445
*“人民闘争”と“回心”(本多秋五)…… 453
*野間宏(日沼倫太郎)………………… 457
*解説(中薗英助)……………………… 475
 

第3巻 1970.4.10
 
手首・足首…………………………………… 3
動物図鑑………………………………………19
君の地獄………………………………………38
わが稲妻………………………………………73
青、黄、黒………………………………… 119
原隊復帰…………………………………… 159
兜町推理…………………………………… 167
手…………………………………………… 197
山道の座席の左に………………………… 208
二人の男…………………………………… 221
白い部屋…………………………………… 236
怨霊対談…………………………………… 249
夏の花虫…………………………………… 261
牛先生……………………………………… 290
ヘチマ顔と石頭と………………………… 299
干潮のなかで……………………………… 317

私の小説作法……………………………… 405
文章を書くこと…………………………… 407
*野間宏について(木下順二)………… 411
*解説(竹内泰宏)……………………… 418
 

第4巻 1970.6.10
 
真空地帯……………………………………… 1

兵隊について……………………………… 321
“真空地帯”について…………………… 325
『真空地帯』の意味……………………… 328
『真空地帯』と民衆の芸術の力………… 330
日本の軍隊について……………………… 331
私の戦争文学……………………………… 342
*俗情との結託(大西巨人)…………… 350
*野間宏『真空地帯』(多田道太郎)… 373
*『真空地帯』について(杉浦明平)… 388
*解説(兵藤正之助)…………………… 393
 

第5巻 1969.12.10
 
さいころの空………………………………… 1
注釈……………………………………… 598

『さいころの空』創作ノートから……… 601
兜町………………………………………… 608
*『さいころの空』の時代的背景(久保田正文)…… 610
*コスミックな世界(篠田一士)……… 618
*解説(小久保実)……………………… 623
 

第6巻 1969.11.5
 
わが塔はそこに立つ………………………… 1

京大事件の頃……………………………… 465
わが〈心〉の日記………………………… 467
真如堂の辺り……………………………… 476
*自己の絶対性と歴史の相対性(針生一郎)…… 481
*塔はここに(寺田透)………………… 497
*解説(篠田一士)……………………… 507
 

第7巻 1974.2.25
 
青年の環1 …………………………………… 3
華やかな色彩……………………………… 5
「青年の環」について…………………… 409
作者の言葉………………………………… 410
未来の光にてらして……………………… 411
私の近況…………………………………… 414
*解説(高史明)………………………… 417
 

第8巻 1974.3.30
 
青年の環2 …………………………………… 3
舞台の顔…………………………………… 5
『青年の環』の環………………………… 501
 

第9巻 1974.4.30
 
青年の環3 …………………………………… 3
表と裏と表………………………………… 5
『青年の環』と私………………………… 577
 

第10巻 1974.5.30
 
青年の環4 …………………………………… 3
影の領域…………………………………… 5
『青年の環』について…………………… 415
「青年の環」と私………………………… 420
 

第11巻 1974.7.15
 
青年の環5 …………………………………… 3
炎の場所…………………………………… 5
小説の全体とは何か……………………… 701
やむにやまれぬ八千枚…………………… 705
『青年の環』を書き上げて……………… 707
 

第12巻 1970.10.10
 
詩集・星座の痛み…………………………… 3
雲雀………………………………………… 5
火の縛め…………………………………… 7
幸福は滝の形をなして…………………… 8
北国………………………………………… 9
葡萄のように………………………………10
魂の天体……………………………………11
黄櫨…………………………………………13
鉱炉の河……………………………………15
落日仮面……………………………………16
光りの顔……………………………………17
眼果…………………………………………18
君の肉眼の上の一噴きの涙は……………19
瞬きの外の眼………………………………21
弾みもつ露…………………………………22
空の眼………………………………………24
別離…………………………………………25
紫陽花………………………………………27
花瞳…………………………………………30
菜の花………………………………………31
陶酔の歌……………………………………33
手紙のなか…………………………………35
祝声…………………………………………37
星座の痛み…………………………………39
眩暈しい悲しみ……………………………41
海……………………………………………42
氷花…………………………………………45
歴史の蜘蛛…………………………………46
壷を渡す……………………………………50
火刑…………………………………………52
蜜蜂…………………………………………55
火鶏…………………………………………57
青空(4月) ………………………………58
夏……………………………………………61
海の笑い……………………………………65
傘……………………………………………67
鋪道に………………………………………68
馴鹿…………………………………………69
頭蓋…………………………………………70
鹿……………………………………………73
マニラ………………………………………75
無題…………………………………………77
戦場…………………………………………78
詩篇 および訳詩
詩篇
燕………………………………………………85
熔鉱炉…………………………………………86
東京……………………………………………89
信号……………………………………………91
紙片……………………………………………93
おうむのようないまわしい鳥が……………95
数知れぬ葉っぱをみがけ……………………97
おお、にわとりはいま………………………99
植民地は炭坑の坑道よりも暗い………… 102
この「解除」の意味を…………………… 104
夜空の星の数よりも多い眼が…………… 106
雪はおおう………………………………… 108
荒々しく人民の風を吹こう……………… 110
白・黒・黄色……………………………… 112
友は集る…………………………………… 114
朝…………………………………………… 117
訳詩
悲歌(ラマルチーヌ)…………………… 119
自由(アルヌー)………………………… 122
ジャック(ベランジェ)………………… 124
告知(エリュアール)…………………… 129
ガブリエル・ペリ(エリュアール)…… 131
アテナ(エリュアール)………………… 135
ポール・ヴァイヤン・フーチュリエーの記念に(エリュアール)…… 136
赤い土(ルー キ キー)……………… 138
とり入れ(カングラティの農民)……… 140
ヴェトナムの春(クジエアン ジエウ)…… 142
人類の春(トフー)……………………… 144
同人雑誌『三人』の頃…………………… 146
詩に於ける自然と社会…………………… 148
気で病む狼………………………………… 159
狼は消えた………………………………… 169
詩「白・黒・黄色」について…………… 175
戯曲
黄金の夜明ける…………………………… 181
ミュージカルス 冷凍時代……………… 272
放送劇
ラジオ・ドラマ オオム社長の誕生日を祝う…… 341
ラジオ・ドラマ 約束の場所…………… 355
ラジオ・ドラマ 包囲…………………… 377
ラジオ・ドラマ 手形…………………… 396
ラジオ・ドラマ 夜の街………………… 411
ラジオ・ドラマ 石の顔………………… 423
ドラマについて…………………………… 455
「手形」について………………………… 456
*野間宏の詩について(安東次男)…… 458
*解説 野間宏の詩(菅原克己)……… 461
*解説 ドラマと野間宏(高山図南雄)…… 471
 

第13巻 1970.8.10
 
新文化創造の旅……………………………… 1
I
被差別部落は変ったか…………………… 5
大阪市と松田喜一さん……………………50
浪速区の広場の集りの“松本治一郎”…53
部落解放の問題……………………………55
自然への旅 社会への旅…………………57
恐山…………………………………………65
十三湖………………………………………72
川内…………………………………………79
山村のなかの当主と次代の青年…………86
山間地の人々………………………………90
七夕、狐……………………………………97
農村の女性をとりまくもの…………… 102
新しい意識の内容……………………… 106
顔だち…………………………………… 110
富士山麓の農民の声…………………… 113
基地農村………………………………… 119
ある父と子……………………………… 121
永田町界隈……………………………… 123
東京の貧民窟…………………………… 136
蟻の町を訪ねて………………………… 140
ぼくの東京見物………………………… 142
色どりの中の女子工員………………… 149
落ちついた情熱………………………… 155
孤立せる肉体からの解放……………… 157
日本の水………………………………… 158
谷川の宿………………………………… 161
塩原のみどりをたのしむ……………… 164
II
新文化創造の旅………………………… 171
モスクワを去る日……………………… 269
新・ソ連人の記………………………… 274
ソ連の若い世代の文学をめぐって…… 282
ソ連に於ける日本文学研究…………… 303
ソ連に於ける日本文学………………… 305
ヨーロッパ旅行………………………… 307
ルネッサンスの地から帰って………… 312
バロセロナのホテルの食堂で………… 318
さまざまな秋…………………………… 320
III
訪中の出発にあたって………………… 325
中国訪問旅行…………………………… 327
六・四の成果が私のペンをささえた… 347
新しい中国の印象……………………… 350
私の会った中国の政治家たち………… 360
毛沢東主席に会って…………………… 365
農村の人民公社について……………… 367
人民公社をたずねて…………………… 375
上海の馬橋人民公社を尋ねて………… 379
上海の民族資本家について…………… 382
今日の中国文学について……………… 391
中国文学の現状………………………… 404
中国で見た映画………………………… 408
鳳凰花鼠鬚草鉄樹……………………… 410
「私と中国」を読んで………………… 413
IV
アジア・アフリカの作家たち………… 425
タシケント会議より…………………… 438
タシケントの風呂屋…………………… 443
ウズベックのザクロの汁……………… 447
第二回アジア・アフリカ作家会議の報告…… 449
国際緊張の作家に及ぼした影響……… 463
少ない日本の参加……………………… 476
A・A作家会議第一回理事国会議について…… 477
セイロンにあって……………………… 482
アジア・アフリカ作家会議第一回理事国会議の報告…… 498
A・A作家会議東京大会について……… 509
A・A作家会議東京大会を終って……… 517

私の考え…………………………………… 521
現在の問題………………………………… 524
*〈対談〉日本社会の底辺と疎外内田義彦〔対談者〕…… 527
*解説(竹内実)………………………… 552
 

第14巻 1970.3.10
 
文学の探求…………………………………… 1
I
解放の文学………………………………… 5
小説論(I) ………………………………28
小説論(II)………………………………32
小説論(III) ……………………………35
実験小説論…………………………………43
世界文学の課題……………………………48
世界文学に通ずる道………………………53
個人主義的人間像と社会主義的人間像…55
独創…………………………………………66
人間の要素の分析と綜合…………………73
行動の文学(I) …………………………81
行動の文学(II)…………………………88
行動文学の方向……………………………91
現代文学一問一答…………………………93
II
ヴァレリーの『シャルム』について……99
詩に於けるドラマツルギー…………… 111
たたかいの詩…………………………… 118
詩と革命………………………………… 127
虎の斑…………………………………… 131
構成のある詩…………………………… 136
竹内勝太郎の『明日』………………… 139
安東次男の詩について………………… 140
高安国世の『真実』…………………… 143
凝血にふるえる葉先…………………… 148
前進感覚………………………………… 151
詩精神の確立…………………………… 158
詩人は動きはじめた…………………… 159
詩壇時評………………………………… 163
一九五二年版『荒地詩集』…………… 165
フランス解放詩について……………… 166
『詩とは何か』………………………… 169
堀口大学・吉田精一・中野重治監修 『現代詩辞典』…… 170
III
ジイドへの手紙………………………… 173
ジイドのラフカディオ………………… 176
ジイドの問題…………………………… 183
ジイド論(I) ………………………… 191
ジイド論(II)………………………… 195
ジイド論(III) ……………………… 196
ジイド化………………………………… 200
『マダム・ボヴァリー』論…………… 201
フローベールの文体…………………… 213
モオパッサン…………………………… 215
魂と肉体と社会との結合……………… 218
私の主題の一つ………………………… 220
物質と芸術……………………………… 221
サルトル否定…………………………… 223
状況について…………………………… 225
『ペスト』と『デカメロン』………… 227
『ペスト』について…………………… 229
アラゴンへの期待……………………… 234
空間的な展開…………………………… 235
コールドウエル著『汚れた土地』…… 237
アラゴン著『血ぬられしフランス』… 238
キュルチス著『夜の森』……………… 240
クロード・モルガン『人間のしるし』…… 241
クロード・モルガン『世界の重み』… 243
アンドレ・スチール『社会主義リアリズムのために』…… 245
IV
自分の作品について(I) …………… 251
自分の作品について(II)…………… 256
戦争小説について……………………… 260
どう人間をとらえるか………………… 264
戦後文学についての反省……………… 267
私の創作体験…………………………… 269
『真空地帯』を完成して……………… 276
私の小説観……………………………… 279
実験小説からの脱出…………………… 284
無題……………………………………… 285
小さい報告……………………………… 286
狭い場所………………………………… 287
切り開くということ…………………… 288
言葉の水脈……………………………… 292
伝統からの脱出………………………… 293
文体・顔 その他……………………… 294
公開質問………………………………… 298
科学と文学……………………………… 299
革命期の文学…………………………… 302
「プロレタリア文学」覚書…………… 305
人間内容の変革から…………………… 309
小ムイシュキン・小スタヴローギン… 310
青春の書『地の糧』…………………… 313
読書とものをみる力…………………… 316
私の読書遍歴…………………………… 319
ノート…………………………………… 321
V
島崎藤村の『破戒』…………………… 327
『破戒』における人間自然…………… 335
島崎藤村の『春』……………………… 337
田山花袋のこと………………………… 339
田山花袋の『小説の作法』…………… 342
椎名麟三論(I) ……………………… 345
椎名麟三論(II)……………………… 347
椎名麟三論(III) …………………… 349
花田清輝………………………………… 350
堀田善衛論……………………………… 352
大阪出身の作家………………………… 354
三島由紀夫の耽美……………………… 358
新しい疑問……………………………… 362
森田草平さんの思い出………………… 366
田中英光について……………………… 367
宮本百合子のこと……………………… 368
書評……………………………………… 370
『自由を索めて』 椎名麟三著…… 370
『故旧忘れ得べき』 高見順著…… 371
『死の影の下に』 中村真一郎著… 372
『ルネサンス文学の研究』 杉浦明平著…… 373
『虚無と実存の超克』 梯明秀著… 375
『猟銃』『闘牛』『通夜の客』 井上靖著…… 381
『鳴海仙吉』 伊藤整著…………… 382
『中村真一郎詩集』………………… 385
『風にそよぐ葦』 石川達三著…… 385
『近代日本文学史研究』 猪野謙二著…… 387
『丹羽文雄論』 寺田透著………… 388
『静かなる山々』 徳永直著……… 390
『日本および日本人』 三好十郎著…… 391
『冬の宿』 阿部知二著…………… 393
『夜の森』 堀田善衛著…………… 394
VI
新しい文学の出発……………………… 399
文化時評………………………………… 401
スティルについて……………………… 406
新人論…………………………………… 409
一九四七年の小説……………………… 411
文芸時評(I) ………………………… 414
文芸時評(II)………………………… 415
文芸時評(III) ……………………… 417
自主独往の文学………………………… 419
明確な人間像の確立…………………… 421
歪められた日本の小説………………… 423
雑誌小説と労働者の小説……………… 425
近代文学確立への模索………………… 428
人間性の奪還へ………………………… 431
戦争と文学……………………………… 434
日本近代文学への評価………………… 438
*〈対談〉文学創造の秘密森川達也,渡辺広士〔対談者〕…… 441
*解説(小林祥一郎)…………………… 485
 

第15巻 1970.9.10
 
思想と方法…………………………………… 1
I
第二次大戦後の文学……………………… 5
II
現代文学の基礎……………………………31
1 人間の考え方…………………………31
2 人間の追求の仕方……………………42
3 日本近代小説の人間追求……………51
4 日本プロレタリア文学理論の問題…61
5 質問にこたえて………………………72
新しい太陽を求めて………………………81
1 一人一人の魂の問題…………………81
2 文学とは何か?………………………87
3 典型とは何か?………………………91
4 創造……………………………………95
III
日本の小説の問題……………………… 105
なにをいかに描くか…………………… 125
典型について…………………………… 142
日本における社会主義リアリズムの問題…… 175
第二次大戦前…………………………… 181
プロレタリア文学運動の一つの時期… 198
IV
日本資本主義と文学…………………… 241
近代文学における技巧………………… 253
生活の表現……………………………… 259
質問に答える…………………………… 270
V
小説の文章……………………………… 283
私の言葉………………………………… 292
像と構想………………………………… 295
動くもののなかへ……………………… 311
日本文学のもっとも大きな問題の一つ…… 317
新感覚派文学の言葉…………………… 320
綜合的文体……………………………… 329
文体について…………………………… 339
現代における詩と散文………………… 343
*〈対談〉小説の方法久保田正文〔対談者〕…… 360
*解説(羽山英作)……………………… 380
 

第16巻 1970.11.14
 
国民の文学…………………………………… 1
I
国民文学について………………………… 5
日本人の文学要求…………………………20
文学における普遍性と具体性……………38
新しい文学の方向…………………………44
国民文学の問題にふれつつ………………47
各階層の自覚の仕方のちがい……………48
民族文学・文化について…………………50
竹内好著『国民文学論』について………52
モラル企業…………………………………54
社会変革と文学……………………………60
日本における「抵抗」……………………62
政治と文学…………………………………64
真実追求の文学……………………………70
政治と文化について………………………76
大衆文学について…………………………79
出版と文学…………………………………81
II
実践と創作の環……………………………87
労働者の文学意識……………………… 101
労働者文学の問題……………………… 126
言葉に対する愛を……………………… 134
書斎をもたぬ人たち…………………… 138
労働者の文学の問題…………………… 140
欲望とレアリズム……………………… 142
働くものの文学………………………… 146
文学創造の条件………………………… 147
趣味的サークルからの脱皮…………… 149
部落解放運動のなかの文学の前進…… 151
部落における文化運動………………… 161
底からわき上ってくる………………… 168
部落解放運動と『破戒』……………… 173
未解放部落の人々……………………… 177
部落の表現力…………………………… 185
すさまじい真実………………………… 187
趙基天著『白頭山』…………………… 191
III
文学サークルの詩……………………… 195
民衆詩人の誕生………………………… 200
詩人集団について……………………… 205
詩の体験の質…………………………… 214
日本の抵抗文学………………………… 217
雑誌『列島』発刊について…………… 218
新しい詩論……………………………… 219
文学要求………………………………… 220
詩を読む運動…………………………… 222
労働者の詩について…………………… 223
「いくつかの疑問」を読んで………… 228
無名詩集『京浜の虹』と『祖国の砂』…… 233
銀行員の詩集…………………………… 235
新しいたたかいの詩…………………… 240
日本学生詩集…………………………… 241
日本抵抗詩集…………………………… 246
『石ころの歌える』…………………… 249
IV
小説を書く作業………………………… 257
小説を書く技法と態度………………… 259
『革命工場』を読んで………………… 267
新しい通俗文芸について……………… 272
労働者文学の構想力…………………… 276
『鉄路のひびき』について…………… 280
人物の創造……………………………… 282
『生きる』の誕生……………………… 286
「ささやかなる抵抗」について……… 292
「ゾーッとする話」をめぐる論争…… 295
「歪められた原色」について………… 298
すべての美しさと醜さをおおいかくすことなく…… 301
「教師の文学」について……………… 304
「御璽」の問題と教師の文芸について…… 313
労働者文学への期待…………………… 320
広島とエスポワール…………………… 322
組織者と創造者の統一………………… 324
『アマゾン』について………………… 325
創作批評(I)―『新人文学』の作品…… 327
創作批評(II)―『新日本文学』誌上文学学校…… 366
V
小説と生活記録………………………… 395
日記文学と私たちの日記……………… 399
「ありのままにかく」ということについて…… 407
新しい記録運動………………………… 412
文学のひろがり………………………… 413
日本人の真実追求の力………………… 416
『傷は癒えたか』を読んで…………… 418
『喜びも苦しみも』…………………… 424
生活記録運動の新しい前進の時期…… 426
「生活記録」選評―『新潟日報』所載…… 428
VI
人類意識の発生………………………… 583
人類の立場……………………………… 586
一条の光線……………………………… 594
荒正人の問いの前に立って…………… 598
照りかがやく光………………………… 608
一九五一年以後の統一の問題………… 612
人間回復の条件としての変革………… 619
近代主義批判以後……………………… 630
*〈対談〉日本共産党の中の二十年臼井吉見〔ききて〕…… 637
*解説(玉井五一)……………………… 661
 

第17巻 1970.12.15
 
芸術の総合…………………………………… 1
I
芸術の新しい担い手……………………… 5
芸術大衆化について………………………56
新しい情況と新しい問題…………………74
文化人の抵抗とその進路…………………81
大衆化の問題………………………………83
『機械時代』………………………………85
井村恒郎『現代病』………………………88
II
戦後文学の新しい出発……………………93
平野謙の所論に答える……………………96
感覚と欲望と物について…………………99
方法の問題……………………………… 108
批評の問題……………………………… 114
綜合の問題……………………………… 119
現代を探究する新人たち……………… 125
経済小説を……………………………… 127
日本文学に於ける粋の問題…………… 128
西鶴と近代小説………………………… 137
二葉亭の想像力………………………… 140
二葉亭四迷の「私と社会」…………… 143
有島武郎………………………………… 146
新感覚派の文学………………………… 159
現実主義と反逆の魂…………………… 168
『氷壁』の人…………………………… 172
結晶の世界……………………………… 183
堀田善衛『記念碑』の問題…………… 186
アジア・アフリカと堀田善衛………… 195
青野季吉さん…………………………… 197
本多秋五著『転向文学論』について… 199
外国文学にとりまかれて……………… 202
魯迅『阿Q正伝』 ……………………… 203
トルストイとドストイエフスキー…… 216
象徴詩…………………………………… 220
新村猛著『ロマン・ロラン』………… 227
『デカメロン』について……………… 230
サルトルの人間………………………… 232
C・モルガン作『羅針盤のない旅行者』…… 235
C・E・マニイ『小説と映画』………… 237
ポエジイ………………………………… 239
現代日本文学の問題…………………… 239
現代の文学……………………………… 249
文学運動の組織について……………… 262
文学をする心…………………………… 266
私の大建築、私の小説………………… 272
「調べた」文学とドキュメンタリー… 273
人間の記録……………………………… 277
『さいころの空』の旅………………… 278
株式・相場の世界……………………… 284
勝負と声………………………………… 286
鏡に挾まれて…………………………… 287
詩人の死………………………………… 294
京都時代………………………………… 297
京都の青春……………………………… 301
東京の言葉……………………………… 303
III
大衆映画論……………………………… 309
独立プロに期待する…………………… 319
「壁あつき部屋」……………………… 326
現代の危機と映画……………………… 330
「怒りの孤島」について……………… 334
映画における記録の問題……………… 339
記録について…………………………… 345
新しい戦争映画の方向………………… 350
戦争映画における記録………………… 353
戦争と革命と…………………………… 360
新しい記録の意味……………………… 365
「野火」の問題………………………… 368
「夜と霧」と「二十四時間の情事」… 374
私を見つめる冷たい目………………… 378
現代のテーマの設定について………… 380
アメリカ戦争映画の構造……………… 382
映画「日の果て」……………………… 386
「夕焼けの戦場」……………………… 387
誤まれるミュージカル………………… 388
わが大型万物照応映画………………… 394
シナリオについて……………………… 397
文学・映画・演劇……………………… 400
シナリオに於ける描写………………… 401
学生の真実の姿を……………………… 402
不思議な環……………………………… 403
山本薩夫………………………………… 405
映画館のなかの自分…………………… 407
佐々木基一著『現代の映画』………… 409
行き詰ったテレビ・ドラマ…………… 410
思想の結晶化…………………………… 414
視覚、聴覚の世界……………………… 419
強烈なイメージの追求者・和田勉…… 420
二人の演出家について………………… 422
IV
劇作法と小説作法……………………… 427
新しいドラマ…………………………… 430
奇妙な“創作”待望の声……………… 432
「創作劇」前進への課題……………… 434
“未来の新劇”論争に………………… 437
ユシエット座のイオネスコ…………… 439
ブレヒト劇の新しさ…………………… 450
ドラマの創造の問題…………………… 453
舞台の上にあるドラマについて……… 455
今日の狂言……………………………… 460
「火山灰地」創造をめぐる状況……… 463
宇宙的自覚に向かって………………… 473
『久保栄研究』発刊にあたって……… 476
久保栄の日本の空と土………………… 480
リアリズムの導き手…………………… 486
木下順二論……………………………… 487
木下順二の世界………………………… 489
木下順二について……………………… 494
木下順二作「山脈」…………………… 496
リアリスティックな追求をもとに…… 500
「風浪」の木下順二…………………… 501
「蛙昇天」について…………………… 502
木下順二著『ドラマの世界』………… 503
『木下順二作品集』…………………… 505
はさみ撃ちの方法……………………… 507
現代をゆるがす演劇…………………… 509
死者と生者の場所……………………… 511
安部公房について……………………… 512
「親和力」……………………………… 513
劇作家夏堀正元………………………… 515
夏堀正元の追求するもの……………… 516
わが土方鉄の歩み……………………… 519
小林勝の「檻」………………………… 520
羽ばたく翼……………………………… 521
新しい演技……………………………… 523
「真空地帯」大阪公演によせて……… 524
大きな期待……………………………… 526
「ぶどう座」秋の公演によせて……… 528
スタニスラフスキー著『俳優と劇場の倫理』…… 529
千田是也著『近代俳優術』…………… 530
ミュージカルについて………………… 531
現代の芸術・ミュージカル…………… 538
『ミュージカルは夜つくられる』…… 539
うたごえ運動の問題点………………… 540
日音協への期待………………………… 547
草苗光子………………………………… 548
宮城まり子のなかにあるもの………… 550
冒険の出来る俳優……………………… 551
ボリショイ・サーカスをみて………… 552
V
ブリューゲルの絵……………………… 557
ブラックの「海岸」…………………… 560
岡本太郎の芸術………………………… 561
岡本太郎著『今日の芸術』…………… 563
壁画ただいま完成……………………… 564
新人の絵について……………………… 573
ドキュメンタリーと具象……………… 574
「地獄草紙」について………………… 577
すさまじい御霊の運動………………… 578
無限の解放……………………………… 579
日本の黒い山の問題の前に立つ土門拳…… 581
怒りと悲しみの記録…………………… 584
土方定一著『ブリューゲル』………… 585
*〈対談〉明日へのドラマ祖父江昭二〔ききて〕…… 586
*解説(木島始)………………………… 605
 

第18巻 1971.1.20
 
創造と批評…………………………………… 1
I
芸術論……………………………………… 5
II
現代日本文学の問題………………………35
平野謙の批判に答える……………………63
芸術と実行…………………………………66
プロレタリア文学批判と松本清張論……87
日本の戦争文学……………………………95
部落の問題を取り扱った最近の小説……99
「文芸時評」を否定する……………… 103
III
『厳粛な綱渡り』における大江健三郎…… 115
新しい境界……………………………… 120
大江健三郎―人と思想―……………… 122
新しい二つの破滅物語………………… 124
『井上光晴作品集』…………………… 135
梅崎春生の文学………………………… 137
最近の武田泰淳………………………… 139
二人の友、中村真一郎・武田泰淳…… 141
安部公房の存在………………………… 143
わが友 長谷川四郎…………………… 145
二葉亭四迷の散文の創造……………… 147
島崎藤村の『夜明け前』……………… 149
『破戒』を乗り越えて………………… 165
夏目漱石の『明暗』…………………… 168
『草枕』と『三四郎』………………… 174
四人の詩人……………………………… 179
竹内勝太郎の詩の世界………………… 193
詩人 竹内勝太郎……………………… 208
竹内勝太郎について…………………… 210
竹内勝太郎の「贋造の空」…………… 212
開高健著『過去と未来の国々』……… 214
中谷孝雄著『梶井基次郎』…………… 215
松本清張著『黒い手帖』……………… 216
泉大八著『アクチュアルな女』……… 218
花田清輝著『鳥獣戯話』……………… 219
大岡昇平著『現代小説作法』………… 220
藤枝静男著『ヤゴの分際』…………… 222
小田実著『大地と星輝く天の子』…… 223
堀田善衛著『審判』…………………… 225
堀田善衛著『美しきもの見し人は』… 227
伊波南哲著『オヤケ・アカハチ』…… 229
IV
社会主義と現代文学の問題…………… 233
ベドナールの『時間と分』…………… 255
ソ連にあった「ラーゲル」…………… 263
ソルジェニツィンの『イワン・デニソビッチの一日』…… 264
ルスティク夫妻との一夜……………… 266
来日するショーロホフ………………… 271
ボールドウィンと『もう一つの国』… 273
W・フォークナーの『寓話』 ………… 282
ジョイス………………………………… 284
トルストイの『懺悔』『人生の道』など…… 291
トルストイの年譜……………………… 294
わたしのゴーリキイ…………………… 297
バルザック像…………………………… 299
『ボヴァリー夫人』…………………… 302
二つのアンチ・ロマン………………… 304
マルセル・エーメの『他人の首』『月の小鳥たち』…… 305
アーピッツ著『裸で狼の群のなかに』…… 306
『マラルメ詩集』……………………… 307
寺田透『バルザック』………………… 309
V
創造と連帯……………………………… 315
創造のための組織と文学の主体……… 326
今日の創造行為と批評行為…………… 346
危機における芸術運動の綜合的展開… 352
VI
気のすすまぬ旅………………………… 369
わが小説―『さいころの空』………… 372
『さいころの空』の大垣元男………… 374
『暗い絵』について…………………… 377
文学を志す人々へ……………………… 379
私の昭和史……………………………… 384
一九六一年をどう生きてゆくか……… 386
“一外交官”と島津左仲……………… 388
哲学に求めるもの……………………… 391
中井正一から受けた批評……………… 394
教育について…………………………… 396
文学者の老年…………………………… 399
入院、検査、わが胎児たち…………… 401
手の上の蝶……………………………… 404
羽仁進著『カメラとマイク』………… 407
丸山真男著『日本の思想』…………… 409
メルロ=ポンティ『行動の構造』…… 411
大島清『高野岩三郎伝』……………… 413
阿部知二新議長………………………… 415
*〈対談〉現代文学の起点高橋和巳〔対談者〕…… 417
*解説(高良留美子)…………………… 461
 

第19巻 1970.7.10
 
全体小説と想像力…………………………… 1
I
サルトル論 小説論と想像力…………… 5
小説論―『フランソワ・モーリアック氏と自由』をめぐって…… 5
想像力をめぐって―想像力と知覚のたたかい……19
イマージュ、テーマ、結構、構想=構成、構図……33
自由と全体………………………………49
『壁』『部屋』『嘔吐』から『自由への道』へ……63
行為と自由………………………………80
全体の問題………………………………97
慾望の問題…………………………… 112
労働の問題…………………………… 129
慾望と労働の問題…………………… 150
慾望と労働と全体の問題…………… 172
小説の全体…………………………… 202
全体の小説…………………………… 224
II
『サルトル論』批判をめぐって……… 239
知覚意識と想像意識…………………… 307
サルトルをめぐって…………………… 323
作者とフィクションとしての読者…… 326
III
長篇の時代……………………………… 333
創造の問題……………………………… 341
現代の創造行為………………………… 352
*〈対談〉全体小説への志向玉井五一,羽山英作〔対談者〕…… 357
*解説(渡辺広士)……………………… 389
 

第20巻 1970.1.10
 
文学入門……………………………………… 1
第1章 小説とは何か …………………… 3
第2章 日本の小説 ………………………30
第3章 私の小説の方法 …………………80
文章入門………………………………………97
1 文章とは何か……………………………99
2 小説の文章…………………………… 115
3 現実生活の表現としての文章……… 123
4 自然主義文学の文章………………… 147
5 記録の世界と小説の世界…………… 161
6 新感覚派の文章……………………… 171
7 プロレタリア文学の文章…………… 175
8 昭和文学とマス・コミ……………… 203
9 戦後文学の文章……………………… 213
10 言葉と文体と文章 ………………… 233
若き日の文学探求………………………… 251
第1章 生活記録について …………… 253
第2章 小説について ………………… 296
第3章 近代文学について …………… 327
第4章 小説の読み方 ………………… 351
第5章 小説の書き方 ………………… 368
*〈対談〉想像力の解放高橋和巳〔対談者〕…… 379
*解説(小林勝)………………………… 399
 

第21巻 1970.5.10
 
人生の探求…………………………………… 1
I 自己について…………………………… 3
青春放浪………………………………… 5
劣等感からの脱却………………………17
青春喪失…………………………………20
不可解なものの訪れ……………………25
孤立の抵抗………………………………29
軍法会議とその後………………………44
無限を求めて……………………………49
わたしのゼロ時代………………………52
布施杜生のこと…………………………55
一人の絵を描く友………………………58
II 青春について …………………………61
青春の危機感……………………………63
二つの次元………………………………71
心と体を針金でしばられて……………73
現代の青年について……………………77
労働者と青年学生………………………83
人生と文学………………………………91
自我について……………………………94
現代の主体………………………………96
民族の青春………………………………98
明日をになう青年像……………………99
未来に生きる姿勢を………………… 104
歪められた青春……………………… 107
限りなき生命のほとばしり………… 108
秋になると…………………………… 111
新しい力……………………………… 113
社会に出発する心とからだ………… 114
III 愛と幸福について………………… 117
幸福と愛情…………………………… 119
新しい愛の成立……………………… 123
恋愛について………………………… 131
「恋愛論」について………………… 138
それをどう考えるか………………… 139
心とからだと社会…………………… 143
二人の世界・二人の宇宙…………… 148
現在の働く人たちの恋愛…………… 153
性の混乱と人間性…………………… 158
罪人だろうか?……………………… 165
新しい女性像………………………… 169
先頭に立つ女性を…………………… 174
男と格闘できる女性………………… 178
結婚について………………………… 180
大地と大気…………………………… 186
日本の家……………………………… 189
家にぶつかる若い人たち…………… 193
家庭婦人の意識……………………… 201
女性の自覚…………………………… 202
貧乏にまけるな……………………… 204
男性論………………………………… 208
一夫一婦制の問題…………………… 209
新しい家庭…………………………… 213
人間の鏡……………………………… 216
お金と人間と資本主義と…………… 220
働く人の幸福は……………………… 227
共稼ぎ夫婦の愛情のありかた……… 231
その力はそこに生れている………… 234
VI 戦争と平和について ……………… 241
明治百年と戦後二十年……………… 243
若き友へ……………………………… 246
クーデターと天皇制軍隊…………… 250
太平洋戦争全体の把握を…………… 253
インテリゲンチャと平和の運命…… 255
なぜ私は戦争文学を書くか………… 258
戦争に抗して………………………… 265
戦争の破かい………………………… 270
過去・現在…………………………… 272
日本の軍歌について………………… 277
思い出の歌…………………………… 279
軍人の精神…………………………… 280
陸軍刑務所と死……………………… 281
心と肉体のすべてをかけて………… 284
原爆について………………………… 287
学生と就職…………………………… 291
日本人の反米感情…………………… 294
徴兵令状は奴隷買取の書きつけだ… 296
水爆と人間…………………………… 297
自分の問題 ひとの問題…………… 302
忘れ去る日は来てない……………… 305
広中俊雄『炎の日』………………… 307
飯塚浩二著『日本の軍隊』について…… 308
映画「野良犬」の問題……………… 310
映画「きけわだつみの声」………… 314
死者と対話する私…………………… 316
菅季治遺稿『語られざる真実』について…… 320
V 革命と連帯について………………… 325
青春と革命…………………………… 327
知識人と革命………………………… 337
日本の最も深い場所………………… 339
レジスタンス………………………… 347
新しい人間の誕生…………………… 351
虚偽…………………………………… 358
政治に於ける虚偽…………………… 364
集団の眼……………………………… 371
集団と集団主義……………………… 376
万人は一人のために、一人は万人のために…… 383
サークル運動の中の頽廃…………… 390
モラル………………………………… 396
自己と社会…………………………… 399
新しいモラルと古いモラル………… 405
霜降りる十一月の日本から………… 407
華々しき青の時代の君へのメッセージ…… 410
平和と文明の戦闘者………………… 411
開かれた空気………………………… 412
強制送還に反対する………………… 414
外国人学校制度について…………… 415
清水幾太郎著『庶民』について…… 420
斎藤秋男著『新中国教師の父陶行知』…… 422
埋もれていた非合理………………… 423
VI 生活のなかから …………………… 425
わが読書……………………………… 427
読書遍歴……………………………… 431
自分を爆破する書物………………… 439
古本屋歩きは心の鎮静作用を満足させる…… 443
入口なし……………………………… 444
小学校について……………………… 448
子どもの世界にはいったばかり…… 451
戦争のはなし………………………… 455
金魚と花……………………………… 458
花と虫………………………………… 461
着物など……………………………… 463
鎖……………………………………… 464
食卓の豊かさ………………………… 465
かなづかいと当用漢字……………… 467
緑の原稿用紙………………………… 469
化物…………………………………… 472
自転車………………………………… 473
現代人の人間内容…………………… 475
写真に触れて………………………… 478
私の好きなレコード………………… 480
『硝子物語』………………………… 480
作家の記者修業……………………… 483
生きる力……………………………… 485
化粧について………………………… 486
悪路と事故と市民…………………… 488
個人営業タクシーのこと…………… 489
*〈対談〉青年はどこを向いているか真継伸彦〔対談者〕…… 491
*解説(松原新一)……………………… 502
 

第22巻 1971.2.20
 
現代と宗教…………………………………… 1
歎異抄……………………………………… 3
現代に生きる仏教……………………… 5
歎異抄……………………………………17
乱世のなかの泰平と『歎異抄』…… 214
仏教のなかの私………………………… 223
自力について…………………………… 228
現代のなかの仏教……………………… 230
親鸞……………………………………… 244
現代と仏教……………………………… 252
仏教書を買いこむ……………………… 258
親鸞について…………………………… 261
『末燈鈔』抄訳………………………… 263
戦争と末法時代の思想………………… 269
日本人の宗教的心情…………………… 271
親鸞の思想……………………………… 274
真継伸彦氏への反論…………………… 275
日本人…………………………………… 281
日本近代文学と仏教…………………… 303
*〈対談〉現代に生きる親鸞増谷文雄〔対談者〕…… 316
*解説(森川達也)……………………… 332
 

別巻 野間宏研究 1976.3.25
 
作家・作品論
野間宏の人と文学(杉浦明平)…………… 5
野間宏入門(篠田一士)……………………22
『暗い絵』のこと(寺田透)………………32
野間宏(平野謙)……………………………39
野間宏(本多秋五)…………………………47
戦後を指さす三本の指(黒井千次)………67
自己執着の文学(宮内豊)…………………77
野間宏(佐々木基一)………………………93
野間宏は発展的に持続する(大江健三郎)…… 104
『真空地帯』(猪野謙二)……………… 111
「さいころの空」について(猪野謙二)…… 114
実存意識と内臓感覚(山田稔)………… 118
野間宏(桶谷秀昭)……………………… 130
現代の地獄(高橋和巳)………………… 139
野間宏の中の〈閉ざされた自己〉(渡辺広士)…… 149
野間宏論(八橋一郎)…………………… 160
野間宏と往生要集(尾末奎司)………… 173
二つの救済思想(森川達也)…………… 197
野間宏『青年の環』(埴谷雄高)……… 202
いくさの影(小田実)…………………… 206
『青年の環』論(真継伸彦)…………… 230
〈全体〉と人間(円谷真護)…………… 257
田口吉喜のイメージ(土方鉄)………… 279
生と歴史の磁場(竹内泰宏)…………… 294
甲虫考(川崎彰彦)……………………… 332
崩解と再生(木村幸雄)………………… 348
戦後文学と野間宏(小久保実)………… 358
野間宏の“全体”(岡庭昇)…………… 368
座談会(野間宏,竹之内静雄,井上光晴,竹内好,平野謙,小田切秀雄,埴谷雄高,堀田善衛,佐々木基一,大西巨人,本多秋五)…… 381
*年譜・研究文献………………………… 421
野間宏年譜…………………………… 423
野間宏研究文献一覧………………… 453
*編集後記(渡辺広士)………………… 459
[ 2011/03/13 22:53 ] 野間宏 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。