研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  野見山朱鳥 >  『野見山朱鳥全集』全4巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『野見山朱鳥全集』全4巻

『野見山朱鳥全集』全4巻(梅里書房、1990.12~1992.2)



第1巻 俳句篇 1990.12.5
 
曼珠沙華―第一句集………………………… 7
序(高浜虚子)…………………………… 9
昭和二十年以前……………………………10
昭和二十年…………………………………12
昭和二十一年………………………………14
昭和二十二年………………………………17
昭和二十三年………………………………23
昭和二十四年………………………………33
後記…………………………………………41
天馬―第二句集………………………………43
序(高浜虚子)……………………………46
昭和二十五年………………………………47
昭和二十六年………………………………53
昭和二十七年………………………………63
昭和二十八年………………………………74
解説(岩田潔)…………………………78
後記………………………………………79
荊冠―第三句集………………………………83
昭和二十八年………………………………85
昭和二十九年………………………………94
昭和三十年……………………………… 106
昭和三十一年…………………………… 120
昭和三十二年…………………………… 135
後記……………………………………… 147
運命―第四句集…………………………… 149
昭和三十二年…………………………… 151
昭和三十三年…………………………… 157
幻想ピエロ……………………………… 173
昭和三十四年…………………………… 176
昭和三十五年…………………………… 189
昭和三十六年…………………………… 205
後記……………………………………… 211
幻日―第五句集…………………………… 213
昭和三十六年…………………………… 215
昭和三十七年…………………………… 219
昭和三十八年…………………………… 238
昭和三十九年…………………………… 258
昭和四十年……………………………… 284
昭和四十一年…………………………… 307
後記(野見山ひふみ)………………… 314
愁絶―第六句集…………………………… 315
昭和四十一年…………………………… 317
昭和四十二年…………………………… 330
昭和四十三年…………………………… 348
昭和四十四年…………………………… 365
昭和四十五年…………………………… 381
後記(野見山ひふみ)………………… 396
補遺(野見山ひふみ選)………………… 397
*解説(浅原尚嗣)……………………… 421
 

第2巻 評論篇I 1991.9.25
 
純粋俳句―評論集…………………………… 7
随筆
随想……………………………………… 9
踏絵………………………………………14
高浜年尾…………………………………18
瞼と髭……………………………………22
雲雀………………………………………24
山鶯………………………………………26
花瓶………………………………………29
菜殻火……………………………………31
茅舎の画…………………………………33
梅原龍三郎のこと………………………35
揺籃の歌…………………………………38
野菊咲く道………………………………40
山小屋の月………………………………43
秋簾………………………………………48
響灘の冬浪………………………………50
筑前大島…………………………………58
作家論
高野素十…………………………………69
阿波野青畝………………………………99
京極杞陽……………………………… 106
橋本鶏二……………………………… 112
友二郎の音楽俳句…………………… 120
草田男の音韻律……………………… 130
後記……………………………………… 139
忘れ得ぬ俳句―評論集…………………… 141
自序……………………………………… 143
川端茅舎………………………………… 144
小野房子………………………………… 147
松本たかし……………………………… 150
京極杞陽………………………………… 152
池内友次郎……………………………… 155
上野泰…………………………………… 157
福田蓼汀………………………………… 160
下村槐太………………………………… 163
吉田忠一………………………………… 166
桂信子…………………………………… 168
牧野美津穂……………………………… 171
三宅清三郎……………………………… 173
日野草城………………………………… 175
後藤夜半………………………………… 177
水原秋桜子……………………………… 180
山口誓子………………………………… 183
西東三鬼………………………………… 185
北垣一柿………………………………… 188
村上鬼城………………………………… 190
桜井土音………………………………… 192
山口燕青………………………………… 194
長谷川素逝……………………………… 197
長谷川ふみ子…………………………… 199
橋本鶏二………………………………… 201
阿波野青畝……………………………… 204
山口青邨………………………………… 207
富安風生………………………………… 210
秋元不死男……………………………… 213
臼田亜浪………………………………… 215
大野林火………………………………… 218
岩田潔…………………………………… 220
緒方句狂………………………………… 223
安積素顔………………………………… 226
中村草田男……………………………… 228
福西正幸………………………………… 230
小山良一………………………………… 233
高浜年尾………………………………… 235
星野立子………………………………… 238
中村汀女………………………………… 240
橋本多佳子……………………………… 243
室生犀星………………………………… 245
久保田万太郎…………………………… 247
加藤楸邨………………………………… 250
石田波郷………………………………… 253
飯田蛇笏………………………………… 255
渡辺水巴………………………………… 258
池内たけし……………………………… 260
河野静雲………………………………… 263
高野素十………………………………… 265
高浜虚子………………………………… 268
続忘れ得ぬ俳句―評論集………………… 273
川端茅舎………………………………… 275
中村草田男……………………………… 277
皆吉爽雨………………………………… 280
伊藤柏翠………………………………… 282
上村占魚………………………………… 285
木村蕪城………………………………… 287
波多野爽波……………………………… 290
西本一都………………………………… 293
細谷源二………………………………… 296
飯田龍太………………………………… 298
西島麦南………………………………… 301
福島小蕾………………………………… 304
中田みづほ……………………………… 306
古田中久二雄…………………………… 309
中川欣一………………………………… 312
杉田久女………………………………… 314
竹下しづの女…………………………… 317
清原枴童………………………………… 320
横井迦南………………………………… 322
吉岡禅寺洞……………………………… 325
芝不器男………………………………… 328
横山白虹………………………………… 331
平畑静塔………………………………… 334
久米正雄………………………………… 337
芥川龍之介……………………………… 339
横光利一………………………………… 342
石塚友二………………………………… 345
石橋秀野………………………………… 348
石川桂郎………………………………… 351
コンラッド・メイリ…………………… 353
小川芋銭………………………………… 357
西山泊雲………………………………… 359
野村泊月………………………………… 362
中島斌雄………………………………… 364
篠原梵…………………………………… 367
安住敦…………………………………… 370
富沢赤黄男……………………………… 373
高屋窓秋………………………………… 376
阿部みどり女…………………………… 379
高橋淡路女……………………………… 382
五十嵐播水……………………………… 385
佐藤念腹………………………………… 388
田村木国………………………………… 390
中村吉右衛門…………………………… 393
前田普羅………………………………… 395
原石鼎…………………………………… 398
山口誓子………………………………… 401
高野素十………………………………… 404
高浜虚子………………………………… 407
正岡子規………………………………… 410
あとがき………………………………… 413
*解説(庄中健吉)……………………… 415
 

第3巻 評論篇II 1991.6.15
 
助言抄―評論集……………………………… 7
俳句への招待―評論集………………………45
日記について………………………………47
私の俳句を語る……………………………52
蝌蚪を見る…………………………………56
高村光太郎の詩……………………………61
雲仙長崎の旅………………………………66
季題について………………………………70
宝石の話……………………………………74
芭蕉の奥の細道……………………………80
療養者の俳句………………………………85
蕪村…………………………………………90
ピカソのゲルニカ…………………………95
年賀状の俳句………………………………99
奈良を訪ねて…………………………… 104
フランス展を見る……………………… 111
星座……………………………………… 118
乗鞍岳…………………………………… 123
エジプト展を見る……………………… 128
一茶……………………………………… 134
炭鉱俳句集……………………………… 140
暑中見舞の俳句………………………… 146
石川啄木の歌…………………………… 150
ベートーヴェン………………………… 156
初暦いろいろ…………………………… 162
あとがき………………………………… 156
川端茅舎―評論集………………………… 169
茅舎巡礼………………………………… 171
九州の旅………………………………… 205
作品の周辺……………………………… 224
茅舎表現考……………………………… 242
北原白秋の影響……………………… 242
比喩「如」について………………… 248
象徴音について……………………… 270
仏典用語……………………………… 274
あとがき………………………………… 281
川端茅舎の俳句―評論集………………… 283
川端茅舎句集(大正十二年―昭和八年)…… 285
句集華厳(昭和八年―昭和十四年)… 314
華厳以後(昭和十四年―昭和十六年)…… 343
あとがき………………………………… 383
*解説(園本穹子)……………………… 385
 

第4巻 小説他 1992.2.26
 
死の湖―小説………………………………… 7
俳句独語―未刊評論…………………………95
わが中に―短歌…………………………… 211
曼珠沙華―第一板画集…………………… 227
天馬―第二板画集………………………… 247
大和―第三板画集………………………… 267
信濃路,大和古寺,神話の国―肉筆俳句帖…… 275
信濃路…………………………………… 277
大和古寺………………………………… 287
神話の国………………………………… 297
*年譜(山田桂三)……………………… 307
[ 2011/03/13 22:55 ] 野見山朱鳥 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。