研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  野村英夫 >  『野村英夫全集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『野村英夫全集』

『野村英夫全集』全1巻(国文社、1969)



 1969.12.15
 
第1部 詩篇
司祭館…………………………………………15
I 高い窓から光の…………………………15
II 白く透けた硝戸には…… ……………16
III いつもカナリアの鳴いてゐる………17
IV いつも司祭館の戸口を…… …………19
V テーブルの上には………………………20
VI マリアの祝日は…… …………………21
VII 司祭館の前に…………………………22
VIII 暖い陽の当つてゐる…… …………23
IX 降誕祭がやつて来たら…… …………24
X 聖木曜日は………………………………25
初聖体…………………………………………27
祈祷…………………………………………27
寄宿舎………………………………………28
哀歌…………………………………………29
恋する夜……………………………………31
夕暮れ………………………………………32
孔雀の羽で…………………………………33
庭……………………………………………34
初聖体………………………………………35
初めての蝶…………………………………36
至高なるものへと……………………………38
花嫁の冠は…………………………………38
改心…………………………………………39
アベ・マリアの鐘…………………………40
鶏小屋………………………………………42
音楽会………………………………………43
五月の日……………………………………44
母親に………………………………………45
至高なるものへと…………………………45
夢みる………………………………………46
それとも……………………………………47
さうしてまた………………………………48
私はまた……………………………………49
ただ一度だけ………………………………49
私の幼い繰り言の…………………………50
祈られた幸福が……………………………51
お前の魂を…………………………………52
私の心に……………………………………53
死者と生者の………………………………54
お前は誰れに………………………………55
瞬く星………………………………………56
お前は………………………………………57
マリアのメダイユ…………………………57
私の心のなかで……………………………58
春の雲よ……………………………………59
これが人生の………………………………60
心のなかで…………………………………61
それはお前が………………………………62
それともそれは……………………………63
愛するものの………………………………63
ミサは なぜ………………………………65
鳩時計を……………………………………65
人生の………………………………………66
まだお前は…………………………………67
花の冠を………………………………………69
人形…………………………………………69
眼ざめ………………………………………69
夏休み………………………………………71
秋の歌………………………………………72
風のおと……………………………………75
小道…………………………………………76
母のやうな…………………………………77
露台…………………………………………77
眠り草………………………………………78
枯れ葉………………………………………79
花の冠を……………………………………80
あなたの眼なざしは………………………81
アカシアの花が……………………………82
弥撒は………………………………………83
冬の歌………………………………………83
日暮れて……………………………………84
林の中の……………………………………85
白樺の木を…………………………………86
冬の他国者…………………………………87
自鳴琴………………………………………87
降誕祭の夜だつた…………………………88
歌は…………………………………………90
空の祭………………………………………91
真夜のミサ…………………………………92
お前は思ふだらうか………………………93
死……………………………………………94
眠りの誘ひ…………………………………95
眠りの国……………………………………96
聖母年代記…………………………………97
忘恩…………………………………………98
老司祭は……………………………………99
若しお前が……………………………… 100
死が……………………………………… 101
別離……………………………………… 102
尼僧院の中に…………………………… 103
六月の印象……………………………… 104
雨のあと………………………………… 105
地に落ちた聖体………………………… 106
心のなかの石段を……………………… 107
補遺………………………………………… 108
哀歌……………………………………… 108
私は今思ひ出す………………………… 110
愛するものの…………………………… 110
弥撒は…………………………………… 111
眠りの誘ひ……………………………… 111
訳詩………………………………………… 113
哀歌 第五(フランシス・ジヤム)… 113
第2部 小品・小説
少女と仔犬と……………………………… 117
湖…………………………………………… 122
雲・花・小鳥……………………………… 126
晩春のころ………………………………… 139
栗鼠娘……………………………………… 163
司祭の手帖………………………………… 181
浜辺………………………………………… 197
秋…………………………………………… 201
春は薄緑の服を着て……………………… 208
尼僧院物語………………………………… 231
第3部 エッセイ・書評
立原道造追悼……………………………… 249
雉子日記…………………………………… 251
堀辰雄詩集………………………………… 255
孔雀の羽で………………………………… 258
オルテスの白鳥―フランシス・ジヤム小伝…… 262
第4部 ノート
ノート・I ………………………………… 279
ノート・II………………………………… 287
*校註(小川和佑)……………………… 305
*書誌一覧・参考文献目録総覧・年譜・解題小川和佑〔編〕…… 339
書誌一覧……………………………… 341
参考文献目録総覧…………………… 345
年譜…………………………………… 351
解題…………………………………… 374
*解説 野村英夫・わが偏愛する詩人(小海永二)…… 383
*野村英夫の人と作品をめぐって……… 394
野村英夫氏の思ひ出(遠藤周作)… 397
野村英夫の詩(中村真一郎)……… 400
野村英夫君(小山正孝)……………… 402
*あとがき(小海永二)………………… 410
[ 2011/03/13 22:56 ] 野村英夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。