研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  萩原恭次郎 >  『萩原恭次郎全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『萩原恭次郎全集』全3巻

『萩原恭次郎全集』全3巻(静地社、1980.2~1982.10)



第1巻 1980.2.5
 
凡例…………………………………………25
死刑宣告………………………………………33
序……………………………………………37
詩集例言……………………………………49
装甲弾機……………………………………53
装甲弾機…………………………………54
凸凹の皺…………………………………56
街上の歓声………………………………58
愛は終了され……………………………61
群衆の中に………………………………62
恐怖に変色せし魂………………………66
鮭と人間の定価50銭也……………………71
夏の日の恋………………………………72
踏切り番の薔薇の花……………………73
真面目は乾物屋の乾魚…………………74
心臓をアルコールに漬けて……………75
鮭と人間の価五十銭也…………………76
レールの下の生活………………………77
パンになるのかしら?…………………78
卑怯者……………………………………79
何が何やら―復讐です…………………80
豚は一匹居ます…………………………83
自責は三行でも多すぎる………………83
ある男に対する軽蔑……………………84
ドテツパラ………………………………85
東京通信…………………………………86
千九百二十三年…………………………87
葱と爆弾と女の足………………………88
ヲンナを讃美する………………………89
静物は欠伸をする…………………………91
静物は欠伸をする………………………92
女の唇は嘘偽に割れてゐる……………93
コーヒー一杯で午前は終つた…………94
通過する一瞬時の酔ひ…………………95
幽霊………………………………………96
深夜………………………………………98
午前…………………………………… 101
食事…………………………………… 102
自らの額を割る日…………………… 103
土鼠…………………………………… 104
煤ケタ部屋ノ自画像………………… 105
愛は悲哀の薔薇なり…………………… 107
○●…………………………………… 108
愛は悲哀の薔薇なり………………… 110
屋根裏の鴨…………………………… 112
縊死…………………………………… 115
日比谷のベンチで…………………… 116
カルタの札をかき廻してゐると…… 119
夜……………………………………… 120
管と裂口とサナダ蟲め!…………… 121
首のない男……………………………… 123
首のない男…………………………… 124
闇の夜の記憶………………………… 126
無題…………………………………… 127
ある男と道を歩き乍ら……………… 128
墓場だ 墓場だ……………………… 130
おつ母さんと兄弟…………………… 134
長い髪によごれたリボンを結んであそぶ彼の女…… 136
父上の苦しみ給ひし事を苦しまむ… 138
悪夢を噛んでゐる自殺者……………… 141
俺は泥靴で泥の道を歩つてゆく…… 142
悪夢を噛んでゐる自殺者…………… 143
孤独は夢我夢中に遁走する………… 144
壁の中につつ立つてゐる男………… 145
歪んだ不具な醜婦…………………… 147
泥濘中の太陽を胸に燃やさない限り…… 148
プラタヌナの葉のやうに…………… 149
秋……………………………………… 150
離れてゆく秋………………………… 151
日比谷…………………………………… 153
日比谷………………………………… 154
無題…………………………………… 156
廻転する生命………………………… 158
死は奴隷と主人に無関心である…… 160
自刻…………………………………… 162
沈着と無口の秋……………………… 163
地震の日に…………………………… 164
祈祷はマツチの棒一本で足りる!…… 167
祈祷はマツチの棒一本で足りる…… 168
恋愛の一音信………………………… 172
空は告知板に数字を明滅させる…… 174
地底の鉄管から朝は手を上げる…… 176
朝・昼・夜・ロボツト……………… 178
ポールを胸に掛けて走れ!………… 180
何百の眼球がつぶれ歪んだのだ!… 182
何物も無し!進むのみ!…………… 184
人間の断層…………………………… 186
ラスコーリニコフ……………………… 189
ラスコーリニコフ…………………… 190
広告灯!……………………………… 194
秋は隔離と番号とビラをまいてゐる…… 200
食用蛙………………………………… 202
煤煙…………………………………… 206
生活…………………………………… 212
アルハベツトに対する宣言………… 218
露台より初夏街上を見る…………… 220
印刷術の立体的断面………………… 222
死刑宣告 再版の序…………………… 227
断片………………………………………… 233
序詩(無言が胸の中を)……………… 235
第1部 …………………………………… 237
1 (乳は石のやうに)……………… 239
2 (旗は風に)……………………… 241
3 (子を負ひ)……………………… 241
4 (明るい空も)…………………… 242
5 (空に心臓の肉片)……………… 242
6 (精悍にして)…………………… 243
7 (厳冬の地は)…………………… 243
8 (大地には鉄の)………………… 244
9 (大きな力強い)………………… 245
10 (最後まで残すところ) ……… 246
11 (無言は重砲の) ……………… 247
第2部 …………………………………… 249
12 (昨日の友も) ………………… 251
13 (今日我々は) ………………… 251
14 (懼れることなく) …………… 252
15 (凡て勇気ある) ……………… 252
16 (百の言葉を) ………………… 252
17 (一瞬間 僅かな) …………… 253
18 (立ち上がつて) ……………… 254
19 (欲望が彼の) ………………… 254
20 (海のやうな) ………………… 255
21 (深淵が自分を) ……………… 255
22 (擽られる文字や) …………… 255
23 (おひやらかしは) …………… 256
24 (彼等は俺達を) ……………… 257
25 (最後まで打ちこぼたれない)…… 257
26 (俺達は強権者に) …………… 258
27 (一切の感傷と) ……………… 259
28 (自分の心臓を) ……………… 259
29 (自己を合理化すな) ………… 260
30 (言葉なき行動を) …………… 260
31 (かきさばけ) ………………… 261
32 (大道のやうに) ……………… 261
33 (俺達の生活は) ……………… 262
34 (血は無駄を嫌ひ) …………… 262
第3部 …………………………………… 265
35 (君は君の道を) ……………… 267
36 (君は昨日より) ……………… 267
37 (朗らかで行かう) …………… 268
38 (俺達は明日が) ……………… 269
39 (彼は黙りこくつて) ………… 270
40 (我等は打たれて) …………… 270
41 (お前はどんな) ……………… 271
42 (どんなかたり屋も) ………… 272
43 (搾り粕のパンと) …………… 273
44 (これはスパイに) …………… 274
45 (党の委員とか) ……………… 274
46 (すべすべした顔に) ………… 275
47 (物事は単刀直入に) ………… 276
第4部 …………………………………… 277
48 (コロンブスの船より) ……… 279
49 (その部屋には) ……………… 280
50 (お前は何んでも) …………… 281
51 (演壇には光つた) …………… 282
52 (その男には生きて) ………… 282
53 (俺は何時か) ………………… 283
54 (鎌を持つてゐた) …………… 283
55 (俺達は俺自身の) …………… 284
56 (お母さんは泣いて) ………… 285
57 (俺はその夜外の) …………… 286
58 (子供よ) ……………………… 286
59 (俺は君が生れた) …………… 287
断片に対するメモ……………………… 290
『断片』前後詩篇
冬…………………………………………… 295
TOBACCOの袋に書いて山本勘助に送る詩…… 296
赤と黒……………………………………… 297
肺臓に刷られたるビラ三枚……………… 300
君にも君にも君にも 君にも君にも君にも…… 303
南京蟲の一杯つまつた袋の詩…………… 305
林の中の会合……………………………… 308
多数者と我等!…………………………… 310
ブルジヨアのお嬢さんに薔薇の花と尊敬とをもつて贈る…… 313
トラツク…………………………………… 315
昨日の部屋の入口に立つて戸を閉めろ!…… 318
決議………………………………………… 326
霧の中を急ぐ足音………………………… 329
プロレタリア物語………………………… 334
合言葉……………………………………… 336
メーデーの列に翻るわが黒旗…………… 347
春…………………………………………… 350
新聞を買ひに……………………………… 354
何物も存在する…………………………… 355
小さなお母さん…………………………… 357
痩せた腕と蒼ざめた神経をなほしませう…… 359
断片(ただ一直線の道だ)……………… 361
ノートよりの一節………………………… 362
煽動家 それなら君は殺されろ!!…… 366
一分間の空想……………………………… 373
汚れた服が合図の旗になる時…………… 375
日曜日的な奴等…………………………… 377
病気をするな……………………………… 379
黒旗は進む………………………………… 381
鷲の歌……………………………………… 383
頑張る……………………………………… 403
兵卒………………………………………… 405
汽罐車と汽笛……………………………… 407
飛躍する姿勢……………………………… 409
断片(お前は空気へ)…………………… 410
雑(俺はぎゆつと)……………………… 411
雑(政府の許して)……………………… 412
雑(パンと水を)………………………… 413
雑(ある男女に)………………………… 414
雑(うちこぼたれし)…………………… 415
無題的断片………………………………… 416
普通な手紙………………………………… 417
断片(おれ達は黙つて)………………… 419
断片(生活は女でも)…………………… 420
子守歌嫌ひ………………………………… 421
妻に送られて来たハガキ………………… 422
野田の争議に……………………………… 424
同志黄一甫………………………………… 426
南葛を唄ふ………………………………… 430
一族………………………………………… 434
小さな仲間と共に………………………… 437
日常茶飯事………………………………… 440
ぬくもり…………………………………… 443
市ケ谷風景………………………………… 446
春浅き日の死……………………………… 449
たより……………………………………… 452
我等………………………………………… 455
桑株にしばりつけろ……………………… 458
「もうろくづきん」以後詩篇
もうろくづきん…………………………… 463
帰郷日記…………………………………… 465
山を越えて谷を縫つて…………………… 468
通信………………………………………… 471
最後の形態………………………………… 472
冬来りなば………………………………… 473
復讐………………………………………… 477
ある日の或る日記………………………… 479
あんまり考へるな………………………… 481
夜の線路にて……………………………… 484
沈黙の兵士………………………………… 486
歴史の車輪………………………………… 487
己れを愛する歌…………………………… 488
十二月……………………………………… 489
愛する愛するもの………………………… 490
夜だけがすべてを見てゐた……………… 493
一つの話…………………………………… 495
私達の呼吸は静かに……………………… 496
夢…………………………………………… 497
彼方………………………………………… 498
山猿娘……………………………………… 500
ある女の仕事……………………………… 502
春の流れ…………………………………… 503
秋…………………………………………… 504
神聖なる蝶………………………………… 505
空家で……………………………………… 506
木…………………………………………… 507
谷…………………………………………… 508
睡眠期……………………………………… 509
言葉………………………………………… 511
太陽は食糧を与へないのだ……………… 512
春風に吹かれるもの……………………… 514
北支方面…………………………………… 517
亜細亜に巨人あり………………………… 519
わがのべる手を噛みちぎれ……………… 521
臆病な猟師とは誰か?…………………… 525
共有地の手入れ…………………………… 527
野にて……………………………………… 530
福音書を読む人…………………………… 531
私の麦笛…………………………………… 533
春の糸挽歌………………………………… 535
初出形・校訂・異文
『死刑宣告』初出形・校訂・異文……… 545
装甲弾機………………………………… 547
街上の歓声……………………………… 549
恐怖に変色せし魂……………………… 550
球体は泣く(ある男に対する軽蔑)… 553
ドテツパラ……………………………… 554
東京通信………………………………… 555
千九百二十三年………………………… 556
ヲンナ(ヲンナを讃美する)………… 557
一瞬の酔ひ(通過する一瞬時の酔ひ)…… 558
●●(○●)…………………………… 559
愛は悲哀の薔薇なり…………………… 561
憂欝狂患者の描き切れない風景(縊死)…… 563
蒼ざめた嘆き(カルタの札をかき廻してゐると)…… 564
墓場だ 墓場だ………………………… 565
おつ母さんと兄弟……………………… 567
長い髪によごれたリボンを結んであそぶ彼の女…… 568
父上の苦しみ給ひし事を苦しまむ…… 569
秋………………………………………… 571
無題……………………………………… 572
自画自刻(自刻)……………………… 574
無題(地震の日に)…………………… 575
朝・昼・夜(朝・昼・夜・ロボツト)…… 577
ポールを胸に掛けて走れ!…………… 578
旅行(秋は隔離と番号をまいてゐる)…… 580
食用蛙…………………………………… 582
生活……………………………………… 584
『断片』初出形・校訂・異文…………… 593
母よ!(断片1) ……………………… 595
断片(断片2) ………………………… 596
断片(断片5) ………………………… 596
同志よ(断片6) ……………………… 597
冬(断片7) …………………………… 597
断片(断片12)………………………… 598
断片(断片13)………………………… 598
断片(断片15)………………………… 599
断片(断片17)………………………… 599
雑(断片19)…………………………… 600
雑(断片20)…………………………… 600
断片(断片22)………………………… 601
断片(断片23)………………………… 602
断片(断片24)………………………… 603
断片(断片25)………………………… 603
断片(断片26)………………………… 604
雑(断片28)…………………………… 604
断片(断片29)………………………… 605
断片(断片34)………………………… 606
断片(断片35)………………………… 607
断片(断片36)………………………… 608
断片(断片39)………………………… 609
断片(断片40)………………………… 610
断片(断片41)………………………… 611
断片(断片42)………………………… 612
断片(断片43)………………………… 613
断片(断片44)………………………… 614
断片(断片46)………………………… 615
トンネルの中を動いてゐる汽罐車(断片48)…… 616
エルリコ・マラテスタの部屋(断片49)…… 617
断片(断片52)………………………… 618
俺の工場(断片55)…………………… 619
断片(断片58)………………………… 620
君は生れ出た(断片59)……………… 621
『断片』前後詩篇 「もうろくづきん」以後詩篇校訂…… 624
もうろくづきん………………………… 634
*初出誌紙一覧…………………………… 637
*解題……………………………………… 647
*編集後記(秋山清)…………………… 649
 

第2巻 1980.10.25
 
凡例…………………………………………17
初期歌篇………………………………26
初期詩篇
三国峠の旅の人………………………………43
秋の日…………………………………………43
病室より………………………………………44
明るい麦穂……………………………………45
丘をめぐれる秋………………………………56
おなじく………………………………………57
おなじく………………………………………57
君と会ひし日…………………………………58
夜の蛙…………………………………………59
無花果…………………………………………60
閉ぢよ…………………………………………61
初夏の夕………………………………………62
夏の夜と犬……………………………………63
愁夜哀曲………………………………………63
たんぽぽ………………………………………65
小曲二篇………………………………………65
爛熟……………………………………………67
あるお母さんと子供の話……………………69
収穫の歓喜……………………………………69
処女の美に嘆く………………………………71
七月の晩………………………………………73
流れは寂しい私である………………………74
黎明へ悩める子の歌ふ………………………76
種子まく人に…………………………………79
土臭き抱擁に…………………………………83
乳房……………………………………………84
朝の一景………………………………………85
芽生え…………………………………………86
若くさ萠ゆ……………………………………87
私は求める……………………………………90
群がる、烏!烏!……………………………91
花の咲いた夜…………………………………94
春がくる………………………………………95
来春喜曲………………………………………98
燕によせたる詩…………………………… 101
カリンによせて歌へる詩………………… 103
晩秋の街に歌ひて………………………… 105
酒場の詩…………………………………… 109
父上に捧ぐる……………………………… 112
風と語る言葉……………………………… 116
掌上の噴水………………………………… 119
梢にかかり眠る…………………………… 122
梢にかかり眠るもの……………………… 122
螢と処女…………………………………… 125
さみしさを感ず…………………………… 127
水滴のたるる裸身………………………… 131
降誕祭と処女と私………………………… 133
門を歩む…………………………………… 136
美しき礼譲………………………………… 138
棲み家をさがす…………………………… 143
葬礼の鐘…………………………………… 145
公園にうくまぼろし……………………… 146
ころがり出た胸…………………………… 148
記憶の墓…………………………………… 150
寂しき夜の人格…………………………… 153
死と月光…………………………………… 154
我らがもとを去らむとする少女達に…… 156
地によごれ這ふもの……………………… 158
愛する者へ………………………………… 162
虹…………………………………………… 172
天国の一部分に見る縮図………………… 174
蒼ざめたる肉体と情緒…………………… 177
数人の彼等と我等………………………… 179
ある種の会合……………………………… 181
ある記念祭の朝…………………………… 184
都会上に輝くSignal……………………… 186
空をゆく汽笛……………………………… 187
我等の集団………………………………… 189
交叉点附近人事…………………………… 193
欠伸、哄笑、憤怒………………………… 195
白き指よ 強き瞳よ……………………… 196
青年に与ふ………………………………… 197
抒情詩時代………………………………… 200
Yと云ふ男 ………………………………… 202
向うから警察官が走つて来る…………… 203
生そば長岡屋……………………………… 203
桑摘み……………………………………… 204
富士見村…………………………………… 206
利根川辺り………………………………… 207
無題………………………………………… 208
攣れた夕暮………………………………… 210
短銃でも放て……………………………… 214
炎える……………………………………… 216
反抗………………………………………… 217
青い桃……………………………………… 219
繭売りに来る農夫………………………… 221
三人………………………………………… 222
夜業の詩…………………………………… 223
畑と人間…………………………………… 225
寒村を巡る畑……………………………… 227
狼…………………………………………… 229
噴き上れ新事実の血……………………… 232
無題………………………………………… 233
女中部屋…………………………………… 234
ボウラア…………………………………… 235
ニヒリステイツクな速記………………… 236
訳詩篇
洗濯女……………………………………… 241
反逆の娘…………………………………… 243
ジヨウ・ヒルの遺言……………………… 244
重大な疑問………………………………… 245
大将の背からふり下すもの……………… 246
フランク・エイチ・リトルへ…………… 248
ヴアルトロメオ・ヴアンゼツチへ……… 250
散文篇
思ひ出……………………………………… 255
葡萄色の紫の星が………………………… 255
畝傍より奈良迄…………………………… 256
法事の晩…………………………………… 259
静寂中に生きゆく者あり………………… 260
市街の一隅より…………………………… 261
就職者の手記……………………………… 262
ヤナギの花と雨…………………………… 263
高原の朝…………………………………… 264
桃の花が散つた頃………………………… 264
青い鳥……………………………………… 266
曇り空の下にて…………………………… 267
小さい葉つぱの歌………………………… 268
深夜………………………………………… 269
八重草衣…………………………………… 270
愛の詩集について犀星氏に……………… 271
断片手記…………………………………… 274
春の思ひ出………………………………… 276
春宵独語…………………………………… 277
本然なれ人々よ…………………………… 279
「葦茂る」に付いて……………………… 281
赤いペン軸にて…………………………… 283
無題にて…………………………………… 286
相川俊孝君の「壷」に対して…………… 288
無題にて…………………………………… 290
秋をひかへて……………………………… 298
『母子像』に就いて……………………… 301
前月の詩壇………………………………… 303
文壇への発矢……………………………… 305
寸語………………………………………… 307
日夏耿之介氏論…………………………… 309
断片………………………………………… 314
藁一本……………………………………… 316
平戸廉吉君を憶ふ………………………… 319
村の事……………………………………… 322
赤と黒運動第一宣言……………………… 324
産業革命後の農村………………………… 327
日本詩集批判……………………………… 332
デカタニズム文学の位置及び道程……… 336
詩を軽蔑する詩論………………………… 340
バラツク街に対する芸術的考察………… 343
神原泰氏の装幀…………………………… 347
詩壇危し…………………………………… 350
当来詩壇への警告………………………… 354
赤い“Juggler”の舌 …………………… 361
機械及び機械化に直面する者の心理…… 366
詩・形式・生活・に対する価値感……… 373
新しい芸術家の鍛練場…………………… 379
カンデインスキーへの握手……………… 381
跋(純情小曲集・第一稿)……………… 384
跋(純情小曲集)………………………… 386
長篇抒事詩への借問……………………… 388
性格への警報!…………………………… 389
主観狂詩人へ警告!……………………… 390
芸術と人格………………………………… 390
感謝………………………………………… 391
会場的屋外的宣伝文学の一考察………… 392
真理の芸術………………………………… 398
上毛綜合芸術協会の性質………………… 400
上毛綜合芸術協会の趣旨と会員募集の事…… 402
芸術祭のひき札…………………………… 405
新広告……………………………………… 406
黎明期……………………………………… 408
構成派研究の著者へ……………………… 410
三角形の太陽の著者へ…………………… 413
詩論にならない詩論……………………… 417
プロ文学の教化宣伝を排す……………… 420
「エセニーン」「ソボリ」「レンキチ」…… 423
*校訂……………………………………… 429
*初出誌紙一覧…………………………… 447
*解題……………………………………… 455
*編集後記(伊藤信吉)………………… 459
 

第3巻 1982.10.1
 
凡例…………………………………………17
散文篇
●………………………………………………27
批評家の態度…………………………………27
不遇作家とは如何なる人物か?……………33
雑………………………………………………36
ある日翌日……………………………………39
雑一束…………………………………………42
1 太平洋詩人のこと………………………42
2 誤植のこと………………………………44
3 松沢保和君へ、その他…………………44
詩壇プロレ派第一警鐘………………………45
一言……………………………………………53
僕のふるさと…………………………………54
プロレ文芸とアナキズムの要素……………58
アナキズム文学の一断面……………………66
前衛闘士に与ふ………………………………69
ダダイズムとアナキズム文学の推移及びその観点……72
ダダは何所へ行つたか………………………78
酒場での一片語………………………………82
詩への漫答……………………………………85
プロレタリアの詩……………………………88
海を恋した三人………………………………89
奪還的生活欲求としての詩…………………92
文芸運動は如何に闘はれゆくか……………94
詩は如何にして時事問題に対するか…… 100
音楽と詩の関係…………………………… 101
辻潤を送る………………………………… 109
未来派・立体派…………………………… 110
表現派・ダダ……………………………… 119
遊離派・構成派…………………………… 126
断片として………………………………… 134
チヤガ・チヤボ…………………………… 135
断片………………………………………… 137
農民、労働者倶楽部劇と人形芝居について…… 138
漫談………………………………………… 142
我等は自由自治の道一つである………… 145
芸術の社会的技術化……………………… 155
マルクス主義芸術の辿りし道…………… 163
寸言………………………………………… 170
緑色の単音………………………………… 171
詩に関する断片…………………………… 172
漫談………………………………………… 181
詩に関する断片…………………………… 183
詩に関する断片…………………………… 192
雑信………………………………………… 198
詩雑感……………………………………… 201
詩に関する断片…………………………… 204
芸術断片…………………………………… 209
短い言葉…………………………………… 211
技術についての問題……………………… 212
文学の「否定説」と我等が文学に就いて…… 218
七月上旬までの学生街…………………… 229
ヂミは強い………………………………… 232
何処へも行かないだらう詩壇…………… 233
貧困の詩の原因…………………………… 239
『ボストン』を読む……………………… 240
直球的批評………………………………… 244
農村舞踊の新興…………………………… 249
我々は如何しようとしてゐるか………… 252
儀礼抜きの手紙…………………………… 258
大胆なる思想 大胆なる形式を………… 264
雑誌『全線』の発行に際して…………… 265
故平戸廉吉のこと………………………… 267
平戸廉吉に対するメモ…………………… 270
生産本位の芸術より消費本位の芸術生産へ…… 278
田中恭吉への断片………………………… 285
『赤と黒』の出る頃……………………… 293
「組織の芸術化」に就いて……………… 295
自己への断片……………………………… 299
竹内てるよに就いて……………………… 303
上州より…………………………………… 305
クロポトキンの文学論に関する研究的序説…… 307
クロポトキンを通して観たる詩人研究… 331
クロポトキンを通して観たる詩人研究… 342
ネクラアソフの詩に就いて……………… 353
ツルゲエネフの散文詩…………………… 363
宮沢君に就いての感想…………………… 364
西川勉のこと……………………………… 368
悲哀について……………………………… 370
平戸廉吉に関して………………………… 373
書くことと書かないこと………………… 375
横堀角次郎君への断片…………………… 378
リロ・リンケの顔………………………… 379
詩の建設に向つて………………………… 381
五百年以上でも人類の精神は変らない… 386
新しき本…………………………………… 389
新しき個性について……………………… 393
萩原朔太郎論……………………………… 398
夏の日のよろこび………………………… 410
五月徒然抄………………………………… 412
ハガキ野郎………………………………… 417
詩の欲求…………………………………… 423
拾遺詩篇
立秋………………………………………… 431
凹凸の皺…………………………………… 431
愛は終了され……………………………… 431
群衆の中に………………………………… 432
姉と妹の差………………………………… 432
空色の花…………………………………… 433
きあつへの報告…………………………… 434
ちぢれた煙りを吐き出してゐるお嬢さん…… 435
補遺雑纂篇
小川未明氏の作品………………………… 441
角田蒼穂兄へ……………………………… 441
桐の花の下にて…………………………… 441
人々に……………………………………… 442
大家と新進………………………………… 444
前号の詩評………………………………… 445
文芸座談会の事…………………………… 445
鉄ペンの欠伸……………………………… 446
苦闘の三氏へ……………………………… 446
断想………………………………………… 447
憶ひ出は冷い……………………………… 447
十四年度作品批評………………………… 448
俳句に対する感想………………………… 449
私として…………………………………… 449
詩話会解散に対する感想………………… 450
少年の日から……………………………… 450
最近読まれた詩・詩集及び作者に関する小印象…… 450
端書時評…………………………………… 450
選者の言葉………………………………… 451
修道院志望など…………………………… 451
同人雑誌の俊鋭…………………………… 453
詩集『たんぽぽ』と『水葬』…………… 453
寸言………………………………………… 453
左翼芸術統一戦線の結成について……… 454
寸言………………………………………… 457
自伝………………………………………… 458
私の趣味と娯楽…………………………… 458
鋲を打つ男………………………………… 459
詩神新聞…………………………………… 462
一九二九年度に発表したわが作品に就いて…… 462
芸術と反抗………………………………… 463
「詩壇」千九百三十一年以後の予想…… 463
序…………………………………………… 465
何故詩を書くか…………………………… 466
この人この本……………………………… 466
後書き……………………………………… 466
謄写機を買ひたい!!!………………… 468
後書き……………………………………… 468
序…………………………………………… 469
三号の後記………………………………… 469
四号の後書き……………………………… 470
一枚随筆…………………………………… 471
一輯の終りに……………………………… 471
南柳句集をめぐりて……………………… 473
一、今回の戦争に際して戦争詩は我国に興起するや 二、詩精神と散文精神との簡単なる区別について(アンケート)…… 473
後跋………………………………………… 474
詩集『氷島』を読みて…………………… 474
書簡………………………………… 478
*年譜……………………………………… 487
*校訂……………………………………… 513
*初出誌紙一覧…………………………… 519
*解題……………………………………… 525
*編集後記(川浦三四郎)……………… 527
[ 2011/03/13 22:58 ] 萩原恭次郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。