研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  橋本多佳子 >  『橋本多佳子全集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『橋本多佳子全集』全2巻

『橋本多佳子全集』全2巻(立風書房、1989)



第1巻 俳句篇 1989.11.15
 
海燕…………………………………………… 7
「海燕」序(山口誓子)………………… 9
昭和十年以前………………………………11
春日神社蹴鞠祭…………………………11
昭和十年……………………………………12
春日若宮御祭……………………………12
志摩………………………………………13
昭和十一年…………………………………24
凩…………………………………………24
六甲山上…………………………………25
葬…………………………………………38
昭和十二年…………………………………39
蒼光………………………………………39
荒るゝ関門………………………………48
昭和十三年…………………………………49
果樹園……………………………………49
昭和十四年…………………………………56
大浦天主堂………………………………56
雲仙………………………………………57
昭和十五年…………………………………72
回想の壁炉………………………………72
枯るる墓地………………………………73
南紀………………………………………73
強羅………………………………………80
後記…………………………………………81
信濃……………………………………………83
昭和十六年…………………………………85
信濃抄一…………………………………85
昭和十七年…………………………………90
紀州白浜…………………………………90
明比ゆき子夫人に………………………91
奈良春日神社節分宵宮…………………91
一茶終焉の土蔵にて……………………96
昭和十八年…………………………………96
八十二歳の母を郷土に葬る 二句……97
昭和十九年……………………………… 102
名古屋に加藤かけい氏を訪ふ かすみ女様に初めておめにかゝる,そしてこれが最後となりし 三句…… 102
鈴鹿に堀内三郎を送る 二句……… 102
夫の墓地阿倍野にあり……………… 103
祖母の雛上野の戦火のがれて今も吾と在り…… 103
菅原抄…………………………………… 103
昭和二十年……………………………… 106
啓子男子をあげる…………………… 106
奈良飛火野…………………………… 107
病みて………………………………… 107
下関…………………………………… 110
貨車の旅……………………………… 110
昭和二十一年…………………………… 111
再び筑紫へ…………………………… 111
四日市………………………………… 120
山口波津女夫人に…………………… 120
紅絲………………………………………… 123
「紅絲」序(山口誓子)……………… 125
凍蝶抄…………………………………… 129
「紅絲」跋(神田秀夫)……………… 187
後記……………………………………… 189
海彦………………………………………… 191
「海彦」序(山口誓子)……………… 193
夏………………………………………… 197
青蘆原…………………………………… 197
後記……………………………………… 273
命終………………………………………… 275
「命終」序(山口誓子)……………… 277
昭和三十一年…………………………… 283
信濃の旅……………………………… 283
昭和三十二年…………………………… 299
薪能…………………………………… 299
昭和三十三年…………………………… 313
梅渓…………………………………… 313
春日奥山……………………………… 326
昭和三十四年…………………………… 327
紀南…………………………………… 327
昭和三十五年…………………………… 340
薬師寺………………………………… 340
昭和三十六年…………………………… 351
崖……………………………………… 351
昭和三十七年…………………………… 364
障子貼る……………………………… 364
角伐り………………………………… 378
昭和三十八年…………………………… 379
大和美し……………………………… 379
あとがき………………………………… 387
補遺(句集未収録作品)………………… 389
大正十五年……………………………… 391
「天の川」より……………………… 391
昭和二年………………………………… 391
「ホトトギス」より………………… 391
「天の川」より……………………… 391
昭和三年………………………………… 392
「ホトトギス」より………………… 392
「天の川」より……………………… 393
昭和四年………………………………… 394
「ホトトギス」より………………… 394
「天の川」より……………………… 395
昭和五年………………………………… 397
「ホトトギス」より………………… 397
「天の川」より……………………… 397
昭和六年………………………………… 399
「ホトトギス」より………………… 399
「天の川」より……………………… 399
昭和七年………………………………… 400
「ホトトギス」より………………… 400
「天の川」より……………………… 401
昭和八年………………………………… 402
「ホトトギス」より………………… 402
昭和九年………………………………… 402
「ホトトギス」より………………… 402
昭和十年………………………………… 403
「ホトトギス」より………………… 403
「馬酔木」より……………………… 404
昭和十一年……………………………… 405
「馬酔木」より……………………… 405
昭和十二年……………………………… 406
「ホトトギス」より………………… 406
「馬酔木」より……………………… 406
昭和十三年……………………………… 407
「馬酔木」より……………………… 407
昭和十四年……………………………… 408
「馬酔木」より……………………… 408
昭和十五年……………………………… 409
「馬酔木」より……………………… 409
昭和十六年……………………………… 409
「馬酔木」より……………………… 409
昭和十七年……………………………… 410
「馬酔木」より……………………… 410
昭和十八年……………………………… 410
「馬酔木」より……………………… 410
昭和十九年……………………………… 411
「馬酔木」より……………………… 411
昭和二十年……………………………… 411
「馬酔木」より……………………… 411
昭和二十一年…………………………… 411
「馬酔木」より……………………… 411
「現代俳句」より…………………… 412
昭和二十二年…………………………… 412
「馬酔木」より……………………… 412
「俳句研究」より…………………… 414
「現代俳句」より…………………… 414
昭和二十三年…………………………… 415
「天狼」より………………………… 415
「七曜」より………………………… 417
「俳句研究」より…………………… 420
「現代俳句」より…………………… 420
昭和二十四年…………………………… 421
「天狼」より………………………… 421
「七曜」より………………………… 422
「現代俳句」より…………………… 424
「短冊」より………………………… 425
昭和二十五年…………………………… 425
「天狼」より………………………… 425
「七曜」より………………………… 426
「俳句研究」より…………………… 428
「現代俳句」より…………………… 428
昭和二十六年…………………………… 429
「天狼」より………………………… 429
「七曜」より………………………… 432
「現代俳句」より…………………… 434
文庫版「海彦」より………………… 434
昭和二十七年…………………………… 435
「天狼」より………………………… 435
「七曜」より………………………… 436
「俳句」より………………………… 439
文庫版「海彦」より………………… 439
昭和二十八年…………………………… 440
「天狼」より………………………… 440
「七曜」より………………………… 442
「俳句研究」より…………………… 444
「俳句」より………………………… 444
文庫版「海彦」より………………… 445
昭和二十九年…………………………… 446
「天狼」より………………………… 446
「七曜」より………………………… 447
「俳句研究」より…………………… 449
「俳句」より………………………… 450
文庫版「海彦」より………………… 451
昭和三十年……………………………… 452
「天狼」より………………………… 452
「七曜」より………………………… 453
「俳句研究」より…………………… 456
「俳句」より………………………… 456
文庫版「海彦」より………………… 457
昭和三十一年…………………………… 458
「天狼」より………………………… 458
「七曜」より………………………… 458
「俳句研究」より…………………… 459
「俳句」より………………………… 459
文庫版「海彦」より………………… 460
昭和三十二年…………………………… 460
「天狼」より………………………… 460
「七曜」より………………………… 460
昭和三十三年…………………………… 461
「天狼」より………………………… 461
「七曜」より………………………… 462
「俳句研究」より…………………… 463
「俳句」より………………………… 463
昭和三十四年…………………………… 463
「天狼」より………………………… 463
「七曜」より………………………… 464
「俳句研究」より…………………… 465
昭和三十五年…………………………… 465
「天狼」より………………………… 465
「七曜」より………………………… 466
昭和三十六年…………………………… 467
「天狼」より………………………… 467
「七曜」より………………………… 467
「俳句」より………………………… 468
昭和三十七年…………………………… 468
「七曜」より………………………… 468
昭和三十八年…………………………… 469
「俳句研究」より…………………… 469
「天狼」より………………………… 469
凩の巻(連句)………………………… 470
*解説・書誌
*ヴァイタルな世界<解説>(神田秀夫)…… 475
*書誌解題(橋本美代子)…………… 493
 

第2巻 随筆・俳論篇 1989.11.15
 
I
紅と黄………………………………………17
日記…………………………………………22
旅断片………………………………………25
富士薊………………………………………30
湖畔雑記……………………………………31
大阪の新しさ旧さ…………………………36
菅原日記抄…………………………………42
泊つた家……………………………………55
猫のゐる家…………………………………57
闇……………………………………………59
紫の立子……………………………………61
白秋の思ひ出………………………………65
松籟…………………………………………73
菅原やふしみの里…………………………75
久女のこと…………………………………77
菅原の沼……………………………………83
椎の実………………………………………85
祖母の話など………………………………88
母と子の間…………………………………90
波津女さんへ………………………………93
狐……………………………………………97
七草粥………………………………………99
手織の郷愁……………………………… 101
唐招提寺………………………………… 103
納戸の中の母…………………………… 105
切られた桜……………………………… 107
こほろぎ………………………………… 109
琴………………………………………… 111
枯崖……………………………………… 114
生まれかはつたら……………………… 116
小袖……………………………………… 117
濃菫……………………………………… 120
あさがほ………………………………… 123
何を人生の息抜きに…………………… 126
百号を迎へて…………………………… 127
日吉館時代……………………………… 129
落葉の句………………………………… 132
南禅寺…………………………………… 135
大阪弁…………………………………… 139
みをつくしの鐘………………………… 141
川辺の路………………………………… 143
庶民的な親しさ―執金剛神様………… 146
青葉の旅………………………………… 147
奈良に住みて…………………………… 149
足摺岬の舞妓…………………………… 154
俳句への道……………………………… 156
と・こ・ろ・て・ん…………………… 158
秋の味覚………………………………… 160
わが家の虫の音………………………… 162
花野……………………………………… 164
師走の窓………………………………… 166
ほぐされた心―素朴な「伊勢物語」… 167
女人禁制の正体………………………… 170
宿の欠け茶わん………………………… 172
片眼の世界……………………………… 174
毘沙門天………………………………… 176
宝は寡く………………………………… 178
青嵐……………………………………… 180
とつておきの話………………………… 182
故郷の風………………………………… 184
鎌倉記…………………………………… 186
東京の運転手さん……………………… 190
車内の酔どれ…………………………… 192
こんにやく掘り………………………… 194
東京弁…………………………………… 196
法華寺を訪ふ…………………………… 198
淀川の芦刈……………………………… 201
カモとサギ……………………………… 203
新学期の悲しみ………………………… 205
電車の中で……………………………… 207
虚子先生………………………………… 209
麦刈……………………………………… 212
正月の旅………………………………… 214
白鳥行…………………………………… 217
きもの…………………………………… 219
春日神社の万灯籠……………………… 221
吉野早春………………………………… 223
七月の言葉……………………………… 226
私の恋仏………………………………… 227
大病して………………………………… 229
とり戻した「一途の道」病気で知る「随順の道」…… 232
足摺岬…………………………………… 235
三鬼さんの親切………………………… 238
声出すことを禁じられ………………… 240
無縁坂のお玉だった頃………………… 242
母の肖像………………………………… 245
この道…………………………………… 246
寝正月…………………………………… 249
斑鳩法輪寺……………………………… 251
大阪の男・大阪の女…………………… 254
子供と長唄……………………………… 256
おしやれ………………………………… 259
万燈籠…………………………………… 261
往復書翰………………………………… 263
II
「凍港」より…………………………… 269
「塚原夜潮句集」について…………… 278
「良人」の月日………………………… 285
透きとほる虹…………………………… 294
「礼拝」跋……………………………… 297
細見綾子………………………………… 301
藤は濃し―池上不二子句集「織女」の世界…… 303
野道……………………………………… 309
III
私の処女作……………………………… 315
「海彦」の旅…………………………… 317
自句自解………………………………… 320
IV
「七曜」十周年記念大会挨拶………… 331
春の句について………………………… 334
「三つの質問」に対して……………… 340
*解説・年譜・初句索引
*裾野の魅力<解説>(津田清子)… 347
*橋本多佳子年譜(堀内薫)………… 357
*橋本多佳子俳句作品初句索引……… 371
[ 2011/03/13 23:00 ] 橋本多佳子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。