研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  長谷川四郎 >  『長谷川四郎全集』全16巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『長谷川四郎全集』全16巻

『長谷川四郎全集』全16巻(晶文社、1976.1~1978.9)



第1巻 1976.1.10
 
1 初期作品
回郷偶書……………………………………11
詩三篇………………………………………13
霓…………………………………………13
燕…………………………………………14
花…………………………………………14
湖……………………………………………15
断章…………………………………………16
海の書(2) ………………………………18
室内…………………………………………19
二章…………………………………………20
墓……………………………………………21
春……………………………………………22
帆船…………………………………………25
玄冬寺………………………………………27
断章…………………………………………41
砂丘…………………………………………43
燈台…………………………………………61
白鳥…………………………………………62
庭……………………………………………63
落葉…………………………………………64
冬……………………………………………65
西の海………………………………………66
海に落ちた話………………………………67
ROMANCE ……………………………………76
三つの島……………………………………77
薔薇…………………………………………78
未知の本……………………………………79
歌……………………………………………83
海の書その他………………………………84
老家行(A Fairy Tale)…………………85
続老家行……………………………………91
町……………………………………………98
流星…………………………………………99
ロオヂエ・マルタン・デユ・ガアル… 102
北平だより……………………………… 105
北京で 宛名のない手紙のやうに…… 106
狂人日記………………………………… 112
唄………………………………………… 123
唄………………………………………… 124
童話……………………………………… 125
旅の手帖から…………………………… 127
晩夏……………………………………… 132
『デルスウ・ウザーラ』訳者のことば…… 133
2
炭坑ビス ソ連俘虜記………………… 137
二人の若いソ連人 クーバレフとパーシャ…… 144
3 シベリヤ物語…………………………… 151
シルカ…………………………………… 153
馬の微笑………………………………… 165
小さな礼拝堂…………………………… 179
舞踏会…………………………………… 190
人さまざま……………………………… 202
掃除人…………………………………… 217
アンナ・ガールキナ…………………… 230
ラドシュキン…………………………… 242
ナスンボ………………………………… 254
勲章……………………………………… 264
犬殺し…………………………………… 292
*作者のノート・1 ガンガン寺の鐘…… 307
*解題(福島紀幸)……………………… 317
 

第2巻 1976.3.10
 
1 鶴…………………………………………… 9
張徳義………………………………………11
鶴……………………………………………26
ガラ・ブルセンツォワ……………………47
脱走兵………………………………………69
可小農園主人………………………………99
選択の自由……………………………… 122
赤い岩…………………………………… 135
2
白鳥湖…………………………………… 145
古い手紙より…………………………… 151
客………………………………………… 163
大雪……………………………………… 178
二つの姿………………………………… 181
3
『パスキエ家の記録』訳者のあとがき…… 199
ロマン・ロラン『革命によって平和を』 アルベール・カミュ『異邦人』…… 206
『ソヴェト文学入門』はしがき……… 208
『グラン・モーヌ ある青年の愛と冒険』あとがき…… 209
詩集・絵画・その他…………………… 213
アンナ・ゼーガース『死者はいつまでも若い』…… 216
新人発言………………………………… 218
フランツ・カフカ『審判・アメリカ』…… 220
アンドレ・スチール『最初の衝突』 第1部「基地の人々」…… 223
『師に寄せる手紙―彫刻家ロダンへの手紙』序・あとがき…… 224
凶作基地………………………………… 231
『ウスリー紀行』解説………………… 241
チャールス・モーガン『脱出路』 ヴェルコール『六つの声』…… 245
カザケーヴィチ『オーデルの春』…… 246
リルケとロシヤ………………………… 247
『飢餓術師』あとがき………………… 251
P・クローデル A・ジード 往復書簡『愛と信仰について』…… 253
Alma Mater……………………………… 255
4
北海道旅の思い出……………………… 259
私のふるさと・北海道………………… 261
かたぎ…………………………………… 266
二人の西洋人…………………………… 267
徒歩旅行………………………………… 269
函館随筆………………………………… 272
北の家族………………………………… 276
コリンズとエルベ神父………………… 278
わが故郷函館…………………………… 280
三尺船頭さんのこと…………………… 282
虹………………………………………… 284
5
随筆丹下左膳…………………………… 289
『探偵文芸』…………………………… 292
思い出すまま…………………………… 293
海太郎兄さん…………………………… 295
兄の思い出……………………………… 298
6
〈わが著書を語る〉『鶴』…………… 303
飲酒のいましめ………………………… 303
シベリヤから還って…………………… 304
わたしのモデルたち…………………… 306
シベリヤの思い出……………………… 308
鶴………………………………………… 310
『シベリヤ物語』作者のことば……… 312
〈私の処女作〉『シベリヤ物語』…… 313
シベリヤの春…………………………… 314
共に働き共に歌う日を………………… 316
*作者のノート・2  と 何女士……… 319
*解題(福島紀幸)……………………… 330
 

第3巻 1976.5.10
 
1 無名氏の手記……………………………… 7
2 阿久正の話…………………………………95
辻馬車………………………………………97
阿久正の話……………………………… 108
チフス…………………………………… 127
ガングレン……………………………… 137
足柄山…………………………………… 151
ホタル商会……………………………… 168
林の中の空地…………………………… 185
3
メイド…………………………………… 201
帰郷者の憂鬱…………………………… 211
アラビアンナイト……………………… 222
4
サークル誌めぐり……………………… 233
『新日本文学』の小説にかんする一会員の感想…… 254
*作者のノート・3 海坊主の歌………… 263
*解題(福島紀幸)……………………… 275
 

第4巻 1976.7.10
 
1 遠近法……………………………………… 9
炭坑にて……………………………………11
古本屋………………………………………50
小旅行………………………………………81
ある画工の話…………………………… 108
2
港の釣り………………………………… 145
函館の魚石……………………………… 150
雑役夫…………………………………… 156
コマ太郎………………………………… 164
隣人……………………………………… 176
車中三分間の対話……………………… 178
子どもたち……………………………… 181
クボクヒヤン選挙記…………………… 188
3
シベリヤの日本軍……………………… 193
『オルフォイスに捧げるソネット』の翻訳について…… 194
柳田国男編『日本人』………………… 195
黒島伝治遺稿・壷井繁治編『軍隊日記』…… 197
『現代詩』四月号を読んで…………… 199
猫………………………………………… 200
梅崎春生『ボロ家の春秋』…………… 202
サークル誌展望………………………… 203
三島由紀夫『ラディゲの死』ほか…… 220
ドンは静かに流れる…………………… 222
LETTRE DU JAPON ……………………… 227
サークルからの意見によせて………… 231
『鋳造』解説…………………………… 234
井上孝『東京0番地』 ………………… 235
小説の仕事……………………………… 236
エルザ・トリオレ『チェーホフ』…… 239
トリスタンとイズー…………………… 240
昇曙夢『留守家族』…………………… 242
女流の作品集から……………………… 243
国木田独歩……………………………… 245
ジョルジュ・デュアメル『希望号の人々』…… 249
『愛』について………………………… 250
野間宏『文学の方法と典型』………… 251
七つの罪の一つ………………………… 253
〈母校を訪ねて〉法政大学…………… 255
第二十七回メーデーに参加して……… 256
井伏鱒二『漂民宇三郎』……………… 259
塙英夫『自由の樹』…………………… 260
ショーロホフ『静かなドン』………… 261
民芸『最後の人々』…………………… 262
芥川也寸志『私の音楽談義』………… 265
荒正人『戦後文学の展望』…………… 266
ジャンヌ・モンテュペ『紅い泉のほとり』…… 267
『リルケ読本』読者に・編者あとがき…… 269
*作者のノート・4 日本からの手紙…… 283
*解題(福島紀幸)……………………… 294
 

第5巻 1976.9.10
 
1 通り過ぎる者……………………………… 9
上陸した火夫………………………………11
時計物語……………………………………44
下宿人………………………………………85
2
登山帽の男……………………………… 121
細部の拡大……………………………… 170
尋ね人…………………………………… 197
3
菅生事件ノート………………………… 211
菅生事件現地調査に参加して………… 241
椅子の上のビールビン………………… 245
4
平山三郎『夜の周辺』………………… 253
多田裕計『アジアの砂』……………… 254
ぼくの好きな文章……………………… 255
ヴォートカの周囲……………………… 257
きだ・みのる『日本文化の根底に潜むもの』…… 259
野間宏『地の翼』(上)……………… 260
楽泉園のロシヤ人……………………… 262
一つの感想……………………………… 264
金達寿への手紙 金達寿『日本の冬』…… 265
夏休みに読みたい本(アンケート)… 268
SOPHISTICATED ………………………… 268
『記録芸術の会月報』から…………… 270
「記録芸術の会」成立までの経過報告…… 270
芸術運動をはばむガンはなにか(アンケート)…… 272
オールド・ボーイとヤンガー・ジェネレーション(アンケート)…… 272
わたし記録…………………………… 272
事実と解釈…………………………… 273
報告と意見…………………………… 274
ナンセンス・バレエ………………… 275
ドゥヂーンツェフ『パンのみによるにあらず』…… 276
秘境ものをさぐる……………………… 277
『生活と文学』その後………………… 280
白夜を見る……………………………… 281
花田清輝『大衆のエネルギー』……… 284
『尋問』解説…………………………… 287
バカさわぎの中で……………………… 293
〈一頁作家論〉安部公房……………… 295
アンリ・アレッグ……………………… 296
佐々木基一『革命と芸術』『現代の映画』…… 300
日の丸と君が代………………………… 301
コラム〈青赤黄〉……………………… 303
国葬…………………………………… 303
ファン………………………………… 304
李珍宇………………………………… 304
発砲…………………………………… 305
〈わたしの古典〉ロシヤとドイツと… 306
「警職法改正」について(アンケート)…… 308
未知数のカクテル……………………… 308
『サレムの魔女』……………………… 311
佐藤一『被告』………………………… 315
未だ“事”起きず……………………… 316
国民文化集会に参加して……………… 317
菅原克己について……………………… 322
*作者のノート・5 失われた時計……… 325
*解題(福島紀幸)……………………… 335
 

第6巻 1976.11.10
 
1 三つの話…………………………………… 9
程富山………………………………………11
大頭…………………………………………56
背信湾の人質………………………………87
2
ハーリヒという男……………………… 123
窓ぎわの男……………………………… 134
3
シュロ、風にざわめく………………… 147
4
伊藤整『氾濫』………………………… 179
動物記…………………………………… 183
『随筆丹下左膳』序…………………… 185
佐多稲子………………………………… 186
井上光晴『ガダルカナル戦詩集』…… 188
『ぼくの伯父さん』…………………… 190
新日本文学会国際部より……………… 196
気がかりな人物………………………… 197
永井荷風が死んだ……………………… 199
ヨセフ・カリニコフ『大いなる河』… 200
阿部知二『日月の窓』………………… 201
住宅問題………………………………… 202
『図説世界文化史大系11 アメリカ大陸』…… 204
解散論と『新日本文学』……………… 205
泉靖一『インカ帝国』………………… 207
罪と罰…………………………………… 208
本多顕彰『文章作法』………………… 210
デモクラシーの成果…………………… 211
試写会のあとで………………………… 212
『エロシェンコ全集』………………… 214
『貴族の階段』『硫黄島』…………… 215
クルト・リュートゲン『オオカミに冬なし』(上)…… 220
怒らない若者たち……………………… 221
今昔物語今昔…………………………… 223
城山三郎『黄金峡』…………………… 225
映画のあとさき………………………… 226
「川はあそぶ」解説…………………… 228
『ローマで夜だった』………………… 229
『ゼロ地帯』…………………………… 231
北杜夫『遥かな国遠い国』…………… 233
天来の声………………………………… 234
アジア・アフリカ作家会議東京大会… 236
開高健『過去と未来の国々』………… 242
リチャード・ライト『アメリカの息子』…… 244
『大海原をゆく渡り鳥』『用心棒稼業』…… 246
若者よ頭を冷しておけ………………… 251
アルチーデ・チェルヴィ『七人の息子たち』…… 254
ありなしの風に吹かれて 記録芸術の会のこと…… 255
『太陽の誘惑』………………………… 257
忘れものについて……………………… 261
〈読者の書評〉選評…………………… 263
片山敏彦を偲ぶ………………………… 264
トーマス・マン『ある詐欺師の回想』…… 268
『世界ノンフィクション全集25』解説…… 269
「ローランの歌」解説………………… 280
文芸大作………………………………… 282
アイスピッケル………………………… 287
新満州所見……………………………… 290
〈わが小説〉『背信湾の人質』……… 292
〈じんぶつ・すけっち〉大西巨人…… 294
わたしのドイツ語……………………… 295
テレビ映像論断想……………………… 298
鳥獣戯話をめぐる断片………………… 302
石見江津………………………………… 308
荒正人『ヴァイキングの末裔』……… 313
*作者のノート・6 トロワ・コント…… 317
*解題(福島紀幸)……………………… 327
 

第7巻 1977.1.10
 
1 ベルリン一九六○………………………… 7
ポートサイドにて………………………… 9
家具の年齢…………………………………24
夜中から朝まで……………………………45
反共主義……………………………………65
土曜日の夜の鐘……………………………89
ハンス・ガイツケ……………………… 116
ベルリン一九六〇補遺………………… 131
ベルリンのNHKシンフォニー ……… 131
ポンド族……………………………… 136
2 ベルリン通信…………………………… 147
ベルリンの映画………………………… 149
ヤポノロギーとシノロギー…………… 152
壁抜けの名人…………………………… 154
柵の中…………………………………… 157
記録映画『わが闘争』を見る………… 176
カウフマン会見記……………………… 178
ヴィリー・クレスマン………………… 181
パリへの団体旅行……………………… 184
あざみはたわむれに咲く……………… 188
物を書く労働者………………………… 191
アドルフ・アイヒマン………………… 194
ウンタ・デン・リンデン……………… 196
3
史上最大の土木工事…………………… 209
海員手帳………………………………… 214
4
二つに割れば倍になる………………… 231
十円オペラ……………………………… 249
*作者のノート・7 架空会話…………… 281
*解題(福島紀幸)……………………… 290
 

第8巻 1977.3.10
 
1 目下旧聞篇………………………………… 9
2
水先人…………………………………… 117
船客……………………………………… 134
音楽会…………………………………… 145
3
「三銃士」解説………………………… 163
開高健『声の狩人』大江健三郎『ヨーロッパの声・僕自身の声』…… 165
テレンス・プリティ『これがドイツ人だ』…… 166
タイム・バス―文学風土記…………… 168
柳田国男………………………………… 174
長浜……………………………………… 176
美しい星の光…………………………… 181
現代美術について……………………… 192
カンパ財政からの脱却………………… 193
ジョルジュ・デュアメル『わが庭の寓話 動物譚と植物誌』…… 194
ベルトルト・ブレヒト『亡命者の対話』…… 195
『審判』卒読ノート…………………… 196
『太平洋ひとりぼっち』『彼女と彼』ほか…… 203
ものみな歌でおわらない……………… 206
『三文オペラ』………………………… 208
『裸で狼の群のなかに』……………… 210
〈文壇人物論〉花田清輝……………… 212
針生一郎『われらのなかのコンミューン』…… 213
岩田宏『グアンタナモ』……………… 216
『喜びの琴』雑感……………………… 217
久而聞其香……………………………… 219
第四回新日本文学賞短編小説部門選評…… 221
富士正晴『帝国軍隊に於ける学習・序』…… 222
出獄したシケイロス…………………… 224
有吉佐和子『ぷえるとりこ日記』…… 227
キューバ紀行…………………………… 228
キューバの詩人………………………… 251
キューバの文学………………………… 260
『カストロ演説集』…………………… 262
『ああ結婚』『柔らかい肌』………… 265
安部公房『おまえにも罪がある』…… 269
メドウェーデフ『バランキン君のふしぎな一日』…… 270
私の小説作法…………………………… 271
第五回新日本文学賞短編小説部門選評…… 273
花田清輝『仮面の顔 胆大小心録』… 274
『デルスウ・ウザーラ』解説………… 276
トーベ=ヤンソン『たのしいムーミン一家』…… 282
日ソ文学シンポジウム………………… 283
堀田善衛『キューバ紀行』…………… 294
〈私の人生を決めた一冊の本〉ゴーリキー『どん底』…… 296
『小島信夫文学論集』………………… 297
新事務局長の弁………………………… 299
ペーター・ヴァイス『追究』………… 301
内村剛介『呪縛の構造』……………… 302
レニングラード文学散策……………… 304
ヘルダーリン全集推薦文……………… 306
『アンナ・カレーニナ』の歌………… 306
ハンス・リヒター『ダダ 芸術と反芸術』…… 309
『肝っ玉おっ母とその子供たち』…… 311
*作者のノート・8 テレビ虫と屈斜路… 315
*解題(福島紀幸)……………………… 322
 

第9巻 1977.5.20
 
1 模範兵隊小説集…………………………… 9
分遣隊………………………………………11
駐屯軍演芸大会……………………………39
加古一等兵の面影…………………………62
炊事兵………………………………………93
2 兵隊芝居………………………………… 121
3 奇想天外神聖喜歌劇…………………… 173
4
アルブレヒト・ゲース『不安の夜』… 239
ポスイムシ『パサジェルカ〈女船客〉』他…… 240
月末の感想……………………………… 242
知恵の鏡………………………………… 244
ドストエフスキーの深い沼…………… 245
安部さんの芝居………………………… 247
集団的製作の方向……………………… 249
『アンナ・カレーニナ』の再演によせて…… 251
“物”を書くこと……………………… 252
次回公演へキックアウト……………… 254
『ミステリヤ・ブッフ』作者の言葉… 256
アジア・アフリカ作家会議日本代表団の演説…… 257
ゴーリキー通りの散歩………………… 262
歌謡曲…………………………………… 267
二つの戦争画展………………………… 269
エレンブルグ追想……………………… 273
第七回新日本文学賞小説部門選評…… 277
安部公房『燃えつきた地図』………… 278
*作者のノート・9 舎利殿炎上図……… 283
*解題(福島紀幸)……………………… 289
 

第10巻 1977.7.20
 
1 アンナ・カレーニナ……………………… 9
2 シベリヤ・ルポ………………………… 103
ヤクートの詩人………………………… 105
東ドイツの詩人………………………… 111
チタの詩人……………………………… 116
アムールの詩人………………………… 122
ブリャートの詩人……………………… 128
3 シベリヤ再発見………………………… 135
太平洋に開かれた窓…………………… 138
バイカル湖のこちらとむこう………… 158
金とダイヤモンドの国………………… 236
4
万古不易の流行歌……………………… 247
『一目見て憎め』……………………… 249
マクシム・ゴーリキー………………… 251
万延元年のフットボールのボール…… 254
翻訳劇について………………………… 267
ゴーゴリと『検察官』………………… 270
〈作品の背景〉『模範兵隊小説集』… 273
クレンペラーの『LTI』 ……………… 274
『斬られの仙太』……………………… 275
ゴヤとスペイン………………………… 277
兵隊芝居を書いているのだ…………… 279
「長谷川四郎作品集」第四巻まえがき…… 280
『五稜郭血書』雑感…………………… 281
チャペック『ひとつのポケットから出た話』…… 282
アルマン・ガッティ序『ゲリラ戦士の日記』…… 284
歌うソビエト人………………………… 285
ソルジェニツィン『ガン病棟』……… 286
菅原克己………………………………… 288
チェーホフについて…………………… 295
『トロイアの女たち』………………… 297
春の雪考………………………………… 300
『兵隊芝居』作者の言葉……………… 302
徳留徳『どきゅめんと砂川』………… 303
金達寿『太白山脈』…………………… 304
兵隊芝居付録…………………………… 306
かさぶた式部考考……………………… 309
フランツ・ファノン『革命の社会学』…… 312
兵隊芝居の台本について……………… 314
わが友 野間宏………………………… 316
*作者のノート・10 事物の暴動 ……… 321
*解題(福島紀幸)……………………… 326
 

第11巻 1977.9.10
 
1
小鼠屋……………………………………… 9
布世昭元……………………………………42
田舎教師……………………………………55
ねずみの浄土………………………………61
宝船…………………………………………65
ボート屋……………………………………82
ぼくの伯父さん……………………………93
インド洋で…………………………………96
短距離走者の孤独……………………… 102
地名考…………………………………… 105
ムーンライト・ソナタ………………… 109
棺桶屋…………………………………… 112
誰がイカロスを見たか………………… 116
京都……………………………………… 119
配達人の帰宅…………………………… 122
教室……………………………………… 125
2 審判 銀行員Kの罪 …………………… 129
3 恐ろしい本……………………………… 183
ある少年の体験………………………… 185
ロバート・ハーディ…………………… 207
死んだ女の子…………………………… 209
S・O・S ………………………………… 233
答えは沈黙……………………………… 235
爆発したモンプレー…………………… 257
棒にされた人間………………………… 259
つなみ…………………………………… 276
ツェッペリンの墜落…………………… 279
サンフランシスコの地震……………… 298
*作者のノート・11 星落秋風五丈原 … 307
*解題(福島紀幸)……………………… 315
 

第12巻 1977.11.10
 
1 ボートの三人……………………………… 9
2
万里の長城……………………………… 111
欄外日記………………………………… 123
石の中の魚……………………………… 135
祝辞と弔辞……………………………… 146
3
自立の人………………………………… 221
海上日出図……………………………… 223
L・ヒューバーマン、P・M・スウィージー『キューバの社会主義』上・下…… 224
生と死の彼方にあるもの……………… 225
木島始『跳ぶもの匍うもの』『列島綺想曲』…… 231
文学とことば…………………………… 233
バフチン『ドストエフスキイ論』について…… 234
第九回新日本文学賞小説部門選評…… 236
ソルジェニーツィンのノーベル賞受賞について…… 237
ソルジェニツィン『鹿とラーゲリの女』…… 239
エリ・ヴィーゼル『死者の歌』……… 242
ベケット作『終盤戦』を翻訳して…… 244
「石の火」について…………………… 247
琴の音色………………………………… 248
断食芸人………………………………… 250
酔いどれ船同乗記……………………… 253
アンネンコフ『同時代人の肖像』上… 256
追悼 小林勝…………………………… 258
ジィドの側から………………………… 259
文章の読み方・読まれ方……………… 260
台本作者の弁…………………………… 262
小林勝…………………………………… 264
近況……………………………………… 266
『吉田健一全短篇集』………………… 266
『ぼくの伯父さん』おくがき………… 267
中野重治「菊の花」について………… 269
安部公房『未必の故意』……………… 273
第十回新日本文学賞小説部門選評…… 275
キム・ジハについて…………………… 276
カミシモ・ワイシャツ・ドラムカン… 278
庄野潤三『屋根』……………………… 280
「片山敏彦著作集」第五巻解説……… 281
ゴーパスト……………………………… 288
吉田健一『文学が文学でなくなる時』…… 289
金達寿編『金史良作品集(全)』…… 290
ロビンソン物語………………………… 291
風信……………………………………… 294
思い出の『アンナ・カレーニナ』…… 295
『時間という汽車』…………………… 298
西脇順三郎『野原をゆく』…………… 300
G・フィオーリ『グラムシの生涯』 … 301
冒険・田中千禾夫の…………………… 302
*作者のノート・12 都会の角笛 ……… 307
*解題(福島紀幸)……………………… 314
 

第13巻 1978.2.20
 
1 原住民の歌…………………………………11
猫の歌………………………………………13
白鳥の歌……………………………………13
花火の歌……………………………………14
たままつりの歌……………………………14
海底の時計の歌……………………………15
軍艦マーチの歌……………………………16
ツノの歌……………………………………17
投資家の歌…………………………………18
航海者の歌…………………………………19
未確認戦死者の歌…………………………20
あさのまがりかどの歌……………………20
たまひろいの歌……………………………21
ぐるぐるまわりの歌………………………22
ロデオの歌…………………………………23
三人兄弟の岩の歌…………………………23
手品師の歌…………………………………24
病人の歌……………………………………25
とうとうたらりの歌………………………26
石ころの歌…………………………………27
神々の歌……………………………………27
ジキタリスの歌……………………………28
兵隊の歌……………………………………29
リボンの歌…………………………………31
番人の歌……………………………………31
ランプの歌…………………………………32
露営の夢の歌………………………………33
うたごえの歌………………………………35
パチンカマーチの歌………………………36
竹の子の歌…………………………………37
時刻の歌……………………………………38
兵隊女房の歌………………………………39
ロバの歌……………………………………40
部分品の歌…………………………………41
よいとまけの歌……………………………42
アロハオエの歌……………………………43
パンの歌……………………………………44
さいのかわらの歌…………………………45
余計の歌……………………………………46
本よむ人の歌………………………………47
原住民の歌…………………………………48
むすびの歌…………………………………49
2
いろはうた…………………………………53
新日本文学会第十一回大会の歌…………60
わがオリンピック…………………………63
新日本文学会第十二回大会の歌…………65
逃亡兵の歌…………………………………66
復員列車の終着駅の歌……………………66
おかし男の歌………………………………67
3
『壷井繁治詩集』…………………………71
オルフォイスに捧げるソネット…………72
『伊東静雄詩集』…………………………75
リルケ『オルフォイスに捧げるソネット』訳者序……77
短歌について………………………………80
詩人の綱渡り………………………………82
日本社会における詩人の運命……………84
『現代フランス詩人集』第一冊…………91
ギルヴィク…………………………………92
ロベール・デスノス………………………94
通りすがりの人に…………………………95
エネがディドンに…………………………96
訳詩集『海』自序・解説…………………99
新・椋鳥通信…………………………… 105
ギルヴィク詩集『平和の味』あとがき…… 118
外国の詩と日本の現代詩……………… 119
ミヌー・ドルーエ……………………… 122
ロルカの墓……………………………… 125
タデウシ・ルージェヴィチ三章……… 127
現代ドイツの詩………………………… 130
ニコラス・ギリェン詩集『キューバの歌』訳者あとがき…… 132
石原吉郎詩集『サンチョ・パンサの帰郷』について…… 135
『さまざまな歌』あとがき…………… 136
『小熊秀雄全詩集』…………………… 137
詩のたのしみ…………………………… 139
三木卓詩集『東京午前三時』………… 157
『ロルカ詩集』あとがき……………… 160
侃侃諤諤………………………………… 167
俳句と詩………………………………… 170
ロルカ みずからの言語・大衆の言語…… 172
東海道一と筋も知らぬ人……………… 176
ヨハネス・ボブロウスキ……………… 178
詩人の言語……………………………… 179
戦争のあとがき………………………… 188
反戦の詩………………………………… 190
ロルカとスペイン内乱………………… 203
ボリース・パステルナーク詩集『わが妹人生1917年夏』に寄せる…… 216
〈わが著書のための広告〉『原住民の歌』…… 217
バカは死ななきゃなおらない………… 217
訳詩集『風の神の琴』まえがき・あとがき…… 219
『ジプシー歌集』訳者序・詩人の血―訳者のノート…… 223
エドワード・リア『ノンセンスの贈物』 ジェームス・カーカップ『動物誌』…… 246
詩人の血………………………………… 249
*作者のノート・13 うり二つ ………… 255
*解題(福島紀幸)……………………… 261
 

第14巻 1978.4.15
 
1 ダンダン 海に落ちた話………………… 9
2
ゴタムばなし…………………………… 127
落下の記憶……………………………… 144
3
長谷川四郎「少年」について………… 185
田中千禾夫『八百屋お七牢日記』…… 188
私の好きな花…………………………… 189
私の略歴………………………………… 190
万里の長城……………………………… 191
……襲う寒波かな……………………… 193
知恵の悲しみ…………………………… 194
父の残してくれた豆本………………… 202
俳優座の舞台…………………………… 204
理髪師マヌエル・コルテスの潜伏三十年…… 205
レマルク『リスボンの夜』…………… 206
喜劇について…………………………… 207
ぼくの予言……………………………… 213
北田玲一郎……………………………… 215
思い出の吉田一穂……………………… 217
チャールズ・セルトマン『古代の女たち』…… 219
二つの顔………………………………… 222
私の翻訳論……………………………… 223
言志妄録………………………………… 234
『壁に隠れて』訳者あとがき………… 235
道外的外套の話………………………… 238
回想の中の無声映画…………………… 241
裏話の裏………………………………… 251
島尾敏雄『東北と奄美の昔ばなし』… 254
『知恵の悲しみ』おくがき…………… 257
りこうな人たち………………………… 258
木六会のこと…………………………… 260
江口幹『方位を求めて』……………… 263
文庫にしてほしい本(アンケート)… 265
パブロ・ネルーダ……………………… 266
パブロ・ネルーダの死を悼む………… 268
杉浦明平『田園組曲』………………… 270
猫………………………………………… 271
ロルカの魅力…………………………… 275
大江健三郎『洪水はわが魂に及び』… 277
饗庭孝男『表現者の夢』……………… 282
越後の笹飴……………………………… 285
長璋吉『私の朝鮮語小辞典―ソウル遊学記』…… 290
何を恐れているのか…………………… 292
プーシキン……………………………… 294
わが子の名前・元吉…………………… 297
『画家のことば』を読んで…………… 297
人生一寸さきはヤミ…………………… 301
イワンの馬鹿…………………………… 304
『黒木太郎の愛と冒険』推薦文……… 309
月曜短評………………………………… 309
*作者のノート・14 最後より二つ手前…… 315
*解題(福島紀幸)……………………… 320
 

第15巻 1978.6.15
 
1 中国服のブレヒト………………………… 9
2
「小市民七つの大罪」解説にかえて… 135
『コイナさん談義』訳者の注………… 136
『コイナさん談義』訳者あとがき…… 137
ブレヒト「セチュアンの善人」について…… 142
ベルトルト・ブレヒトの詩…………… 170
詩人ブレヒト…………………………… 173
「胆っ玉おっ母とその子供達」について…… 180
『ギャング=アルトゥロ・ウイ』…… 182
アルトゥロ・ウイ……………………… 185
『ウイ』の翻訳について……………… 187
翻訳劇について………………………… 190
ベルトルト・ブレヒト………………… 192
『ベルトルト・ブレヒトの仕事3 ブレヒトの詩』解説…… 193
ブレヒトの墓…………………………… 195
B・ブレヒト『ユリウス・カエサル氏の商売』『ブレヒトの政治・社会論』…… 197
翻訳もまた日本文学であるべきだ…… 199
チューリヒのブレヒト―その二つの仕事…… 204
3 はなたきよてる………………………… 207
はなたきよてる………………………… 209
芝居に行きますか……………………… 211
“日本のルネッサンス人”の死……… 215
否定によって肯定する人……………… 218
『故事新編』と花田清輝……………… 220
花田清輝のプロフィル………………… 222
先祖しらべ……………………………… 225
花田清輝と芝居………………………… 237
集団に埋没する匿名の精神…………… 241
戯曲『故事新編』まえがき…………… 243
花田清輝一回忌に思う………………… 250
4
佐々木基一・開高健編『わが内と外なるヒトラー』…… 255
アンリ・ルソー………………………… 257
小さな出来事…………………………… 263
佐々木基一『ウィーン・鏡の中の都』…… 265
飛行船…………………………………… 268
笑う人間と落語精神…………………… 270
外洋での日本人………………………… 276
八重樫実『冬の燕』序………………… 278
野川記枝『行旅死亡人』……………… 281
わが町わが本…………………………… 284
桑原甲子雄写真集『満州昭和十五年』に寄せて…… 286
堀田善衛………………………………… 287
おそ牛も淀……………………………… 289
アジアと民族について思うこと……… 295
小沢信男詩集『赤面申告』跋………… 297
『長谷川四郎の自由時間』あとがきの歌…… 299
すきとおって、うらおもてがなく…… 300
『デルスー・ウザーラ』訳者あとがき…… 302
金達寿…………………………………… 309
道化服の海尊さま……………………… 317
小林勝…………………………………… 323
往事茫々………………………………… 330
ロータス賞と金芝河…………………… 332
小野十三郎『自伝空想旅行』………… 336
人間界の帰着点………………………… 337
きみはそこで何を聞く………………… 339
『自由時間』という小さな雑誌……… 340
編集者の独白…………………………… 342
幽霊はどこにでもいる………………… 343
小沢信男『東京の人に送る恋文』…… 345
北海道の地名…………………………… 347
*作者のノート・15 雨がしとしと …… 353
*解題(福島紀幸)……………………… 359
 

第16巻 1978.9.5
 
1 長い長い板塀……………………………… 7
野ざらし抄………………………………… 9
デルスー時代………………………………24
川は流れる…………………………………60
千字文………………………………………79
長い長い板塀………………………………99
時計……………………………………… 116
2
コインさんの話………………………… 135
アラフラの女王………………………… 156
よく似た人……………………………… 179
3
守るも攻めるも―墨子………………… 211
4 北京ベルリン物語……………………… 231
*作者のノート・16 久保田正文 ……… 335
*解題(福島紀幸)……………………… 341
*長谷川四郎書誌福島紀幸〔作製〕…… 359
年譜…………………………………… 361
著作年表……………………………… 388
著書目録……………………………… 421
訳書目録……………………………… 440
共著・編集書一覧…………………… 448
対談・座談会一覧…………………… 450
[ 2011/03/13 23:01 ] 長谷川四郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。