研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  長谷川伸 >  『長谷川伸全集』全16巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『長谷川伸全集』全16巻

『長谷川伸全集』全16巻(朝日新聞社、1971.3~1972.6)



第1巻 1971.7.15
 
紅蝙蝠………………………………………… 5
戸並長八郎………………………………… 259
*解説(村上元三)……………………… 515
 

第2巻 1971.11.15
 
蹴手繰り音頭………………………………… 5
馬頭の銭…………………………………… 257
*解説(村上元三)……………………… 425
 

第3巻 1971.3.15
 
股旅新八景…………………………………… 5
続股旅新八景……………………………… 185
殴られた石松……………………………… 335
人斬り伊太郎……………………………… 429
飛び吉道中………………………………… 463
引返し百太郎……………………………… 475
*解説(村上元三)……………………… 491
 

第4巻 1971.4.15
 
荒木又右衛門………………………………… 5
源太左衛門兄弟…………………………… 339
*解説(村上元三)……………………… 477
 

第5巻 1972.2.15
 
日本敵討ち異相……………………………… 5
石井源蔵兄弟……………………………… 195
*解説(村上元三)……………………… 469
 

第6巻 1972.3.15
 
上杉太平記…………………………………… 5
国姓爺 飛黄大船主……………………… 135
*解説(村上元三)……………………… 425
 

第7巻 1971.12.15
 
相楽総三とその同志………………………… 5
相馬大作と津軽頼母……………………… 319
*解説(村上元三)……………………… 527
 

第8巻 1971.9.15
 
足尾九兵衛の懺悔…………………………… 5
江戸と上総の男…………………………… 211
明治の探偵………………………………… 413
*解説(村上元三)……………………… 515
 

第9巻 1971.6.15
 
日本捕虜志…………………………………… 5
印度洋の常陸丸…………………………… 301
*解説(村上元三)……………………… 443
 

第10巻 1971.8.15
 
ある市井の徒―越しかたは悲しくもの記録…… 9
新コ半代記………………………………… 151
我が「足許提灯」の記…………………… 189
第1話 娘観音の話 …………………… 191
第2話 捕虜と首と島 ………………… 196
第3話 柏のお婆さん ………………… 202
第4話 役者小勘子 …………………… 209
第5話 明治のお医者 ………………… 217
第6話 お使者の口 …………………… 226
第7話 畑俊六中隊長 ………………… 234
第8話 女と男の巾着切 ……………… 242
第9話 新五郎ばなし ………………… 249
第10話 いかさま文句………………… 257
第11話 渡り職人と芸と芸…………… 266
第12話 交通地獄の門口……………… 274
第13話 地震・爆弾・焼夷弾………… 282
第14話 芸の“上”と“下”………… 290
第15話 母と再会の年………………… 298
第16話 あの時この時の賊…………… 306
第17話 或る婆さん爺さん…………… 314
第18話 ある舌ある顔………………… 323
第19話 その時の米兵………………… 331
私眼抄……………………………………… 339
歴史篇…………………………………… 341
新田相模守について………………… 341
坂西次郎長国と遊女玉菊…………… 342
一色義清……………………………… 343
本多正純の弟あばれ者(倉橋長五郎)…… 344
美濃傘金右衛門……………………… 345
徳川頼房、肘で小突かる…………… 345
楠木多聞兵衛と申す………………… 346
板屋兵四郎(金沢辰巳用水)……… 346
内藤義概騒動………………………… 347
さすらい塚(保科正興)…………… 350
安財数馬の狙撃……………………… 352
青山忠高と田沼……………………… 353
今城硯山のこと……………………… 353
草苅勇右衛門の組留………………… 353
莅戸九郎兵衛、黒井半四郎………… 354
星野房吉騒動記……………………… 354
矢部駿州(藤田東湖ノ観タル)…… 356
波浮の港と秋広平六………………… 359
辻元為春院の詩……………………… 360
町田鉄次郎の思慕…………………… 362
河田左久馬の討入…………………… 365
千葉周作門人等の奇策……………… 366
佐渡ヶ島の薩艦……………………… 367
華の峰善吉…………………………… 368
土佐の兵・沢本盛弥………………… 369
高田年之助と侠徒…………………… 369
幕士佐藤桃太郎……………………… 370
西川吉輔(善六)資料……………… 372
横浜開港と佐藤政養………………… 374
人足頭・源左衛門…………………… 375
清水次郎長の談片―次郎長は甘い物好き…… 375
森陳明翁の最期……………………… 376
木村中将談話の概要………………… 378
法刑・犯科篇…………………………… 380
石巻の栄存…………………………… 380
仙台領流刑地江ノ島………………… 381
林藤蔵罪状抄………………………… 382
明治初期の警察……………………… 388
市ヶ谷監獄の初期…………………… 389
明治探偵雑話………………………… 389
布施いとの哀話……………………… 391
北垣国道と京都……………………… 393
宗哲・小垣生訓……………………… 394
難波大助死刑秘談…………………… 394
出歯亀寃罪…………………………… 396
引廻しと罪犯文……………………… 397
死刑囚の晴着………………………… 398
捕縄、十手、死骨料………………… 398
刑罰(会津藩)……………………… 399
風俗・芸能篇…………………………… 401
大井川の川越人足…………………… 401
越後ごぜ頭おごい…………………… 401
伊勢ヶ浜萩右衛門…………………… 402
京都府と槙村正直…………………… 403
車屋おらくの刺青…………………… 404
静岡青楼と名泥工…………………… 404
新橋の成駒の数奇…………………… 405
女のほりもの………………………… 405
大正震災後の吉原…………………… 406
大正震災後の花街…………………… 406
大正年間の手ぬぐい………………… 407
市中徘徊の坊主屋…………………… 407
紀州白浜の老女のこと……………… 408
小原節起源…………………………… 409
銀行破綻悲喜劇……………………… 409
不良児新橋の十郎と十万両………… 410
情死…………………………………… 411
児島高徳の浄瑠璃本………………… 412
11代目 片岡仁左衛門……………… 412
市川シャン六………………………… 413
歌舞伎の明治前後…………………… 413
川上音二郎の借金…………………… 416
女形か女優かの説…………………… 417
大正年間のお浚い…………………… 417
阪東要次郎のこと…………………… 418
山路芳子の遁世……………………… 418
女優パウリン・ルッカ……………… 419
初代 宮川香山……………………… 419
野村無名庵逸事……………………… 420
奇聞・奇談篇…………………………… 422
文政大火奇聞………………………… 422
“待った”奇聞……………………… 423
鮭はフグという字也………………… 423
短き手紙の例………………………… 423
今泉雄作の奇談……………………… 424
売女花の烈志………………………… 424
医師奇聞……………………………… 426
海難者の霊、寺に出ず……………… 427
汝は弟なり、弟の妻は妹…………… 427
ジャンカー博士奇談………………… 428
五人の日本兵と四人の捕虜兵……… 429
林田雲梯の幽霊退治………………… 430
かむろの幽霊………………………… 432
犬の意趣返し………………………… 432
日本犬いろいろ……………………… 433
雑感・その他…………………………… 435
浅田宗伯先生一子相伝の妙薬……… 435
笛の望月長之助……………………… 435
宮城内のバンド演奏………………… 436
三門博と日系米国人………………… 436
銀座の靴磨き兄弟…………………… 437
雑感1 ………………………………… 438
雑感2 ………………………………… 439
雑感3 ………………………………… 440
唐人お吉出生地……………………… 441
米国人の武士道(山形師範学生と三人の米兵)…… 441
ラバウルの刑死者…………………… 441
布哇より帰れる俘虜………………… 442
日本武人大熊………………………… 443
岩畔元陸軍少将談片………………… 443
白夜低唱…………………………………… 449
*解説(村上元三)……………………… 461
 

第11巻 1972.1.15
 
股旅の跡……………………………………… 9
『沓掛時次郎』雑考………………………11
殿木春次郎の建碑…………………………17
『掃部と新兵衛』の材料…………………19
函館…………………………………………23
大阪界隈……………………………………30
摂津から筑前へ……………………………39
「総穏寺仇撃」の旅………………………49
某日の記録…………………………………62
日記の端から………………………………63
木版の色…………………………………63
箸…………………………………………64
馬子唄……………………………………65
記者の借家………………………………66
喧嘩………………………………………68
品川………………………………………68
時間………………………………………69
絵看板……………………………………69
愚痴………………………………………70
紹介状……………………………………70
背骨………………………………………71
Y老人 ……………………………………71
敵の効能…………………………………74
友情………………………………………75
恩…………………………………………75
無心状……………………………………76
自分の顔…………………………………76
或る事その他……………………………77
馘首案……………………………………77
不採用……………………………………77
禁酒………………………………………78
嫁と娘……………………………………78
老親………………………………………78
馬力の男…………………………………79
ひと泣き…………………………………79
ゆばりの事………………………………80
餞別………………………………………82
カン………………………………………83
身の上や…………………………………84
母…………………………………………85
俳句背景…………………………………85
残桜遺墨…………………………………86
片鱗………………………………………87
躍る白……………………………………87
飛騨………………………………………88
挨拶………………………………………89
怒…………………………………………89
仕事着……………………………………90
元へ………………………………………90
友達………………………………………90
秋の後悔…………………………………91
私の観た菊五郎……………………………92
続・私の観た菊五郎…………………… 106
黙阿弥と脚色物………………………… 114
近松門左衛門羨仰……………………… 121
銀幕劇と感覚緩和……………………… 123
髷物小説の話…………………………… 127
耳を掻きつつ……………………………… 139
耳を掻きつつ…………………………… 141
幻滅…………………………………… 141
再び…………………………………… 141
偶然…………………………………… 142
生地…………………………………… 143
同じ名………………………………… 144
姓名…………………………………… 144
材料…………………………………… 145
人物…………………………………… 146
生死…………………………………… 147
師弟…………………………………… 148
手……………………………………… 148
頭……………………………………… 149
最悪…………………………………… 149
AB……………………………………… 150
兄弟…………………………………… 150
年齢…………………………………… 151
現役兵………………………………… 151
金一銭………………………………… 152
三悪筆………………………………… 152
佃煮…………………………………… 153
ちくわ………………………………… 154
空腹…………………………………… 154
鼻くそ………………………………… 154
天ぷら………………………………… 155
孫……………………………………… 155
ええ人………………………………… 155
艶種集………………………………… 156
物真似………………………………… 156
ぼろ円たく…………………………… 157
原稿料………………………………… 157
天丼小説……………………………… 158
死者の声……………………………… 159
昨事・今事……………………………… 161
函館の児……………………………… 161
芝居の客……………………………… 162
同人異名……………………………… 164
脚本の業……………………………… 165
スケッチ……………………………… 167
屋根…………………………………… 169
悪作…………………………………… 170
桟敷演説……………………………… 171
湯の島山……………………………… 172
惜別の霙……………………………… 173
遊女鐘の桜…………………………… 174
討死凱旋……………………………… 175
史実…………………………………… 176
顔を見らる…………………………… 177
処女上演以来…………………………… 179
処女作戯曲…………………………… 179
『世に出ぬ豪傑』…………………… 181
処女上演……………………………… 182
『八百蔵吉五郎』…………………… 184
『掏摸の家』始末…………………… 185
合作の失敗…………………………… 187
『沓掛時次郎』……………………… 188
『中山七里』………………………… 191
『股旅草鞋』………………………… 192
馬鹿囃子……………………………… 195
宿無し官員…………………………… 197
お富与三郎…………………………… 199
この頃雑事……………………………… 201
直木三十五伝………………………… 201
試作…………………………………… 201
不答…………………………………… 201
スワラジ……………………………… 202
伝法ざむらいに就いて………………… 203
雨の和傘………………………………… 205
岩五郎の死……………………………… 206
後記(『岩五郎の死』)…………… 209
中井哲氏の死…………………………… 211
大衆の詩・都々逸……………………… 214
俗体の詩……………………………… 217
巷の舌…………………………………… 219
黄金埋蔵談…………………………… 219
変った女……………………………… 221
散歩幽霊……………………………… 225
吹雪の夜の女………………………… 229
死骸に追われる……………………… 231
女賊お君……………………………… 236
奇術考案業…………………………… 241
海の亡者……………………………… 245
死人送り船…………………………… 249
幽霊を見る人を見る………………… 251
死の怪人……………………………… 254
旦那風景……………………………… 256
浪花節とCOWBOY……………………… 257
潜水夫………………………………… 259
父島の犬……………………………… 260
宝塚歌劇の日本物……………………… 262
玉造めぐり……………………………… 264
三斗小屋討入…………………………… 269
材料ぶくろ………………………………… 289
ある芝居書き語る……………………… 291
ニューギニヤの『瞼の母』と台詞…… 291
知らぬ姑と嫁のための『瞼の母』…… 297
九半十二丁の目と『刺青奇偶』……… 303
『沓掛時次郎』のモデルと三世林家正蔵…… 311
『掏摸の家』と『舶来巾着切』のモデル…… 319
崇る『敵討鎗諸共』崇らぬ『股旅草鞋』…… 331
身辺雑抄(学校という浮浪者その他)…… 338
『一本刀土俵入』雑抄とあの女あの男…… 345
幕あい茶話……………………………… 365
佐藤愛之助と芝居…………………… 365
『刺青奇偶』の夢…………………… 369
『暗闇の丑松』……………………… 370
黙阿弥の“黙”……………………… 373
菊五郎の満洲記……………………… 375
神楽と囃子…………………………… 376
大衆小説の誕生記…………………… 378
永代橋墜落裁判………………………… 380
唐人お吉と四人の女………………… 387
いろいろ抄……………………………… 391
人力車………………………………… 391
荒神山………………………………… 393
鋳掛け松……………………………… 394
奇医…………………………………… 395
辞表文字……………………………… 396
クソ…………………………………… 397
開化の伴内…………………………… 397
力持ち………………………………… 398
柱の怪………………………………… 400
人の常………………………………… 401
木場の川並…………………………… 402
雷火…………………………………… 404
研屋辰次……………………………… 405
助さん格さん………………………… 407
恚……………………………………… 407
机上の駄荷……………………………… 410
桑港の松之助………………………… 410
鷹見十郎左衛門……………………… 411
薬罐の平五郎………………………… 412
大和魂忘るる勿れ…………………… 412
拳銃(1) …………………………… 412
拳銃(2) …………………………… 413
探偵実話の祖………………………… 413
奇術師の詩…………………………… 415
渡り職人の腕………………………… 415
『血写経』素材……………………… 415
女役者国松…………………………… 417
日系伊太利人………………………… 418
年余のツリ銭………………………… 418
お祭り佐七墓………………………… 419
間諜役者梅吉………………………… 419
白衣と石鹸…………………………… 420
女形畸聞……………………………… 421
秋月登之助…………………………… 421
芸能慰問事始め……………………… 422
愛惜の古靴…………………………… 422
薮蕎麦の始り………………………… 423
切られ与三郎………………………… 424
筒袖陣股引…………………………… 426
遅塚麗水の事ども…………………… 426
ニセ物抄……………………………… 428
昔の遊興費…………………………… 429
明治の京都監獄……………………… 430
人相…………………………………… 431
南園と蓮月尼………………………… 431
浜寺の松……………………………… 432
少年吉田茂…………………………… 433
『南部坂』と『忠臣蔵』…………… 433
英国のゼノア………………………… 434
清兵衛ぽん太………………………… 435
恩田木工と高忠……………………… 436
『日本捕虜志』事実………………… 436
大原父子三代………………………… 437
伝記…………………………………… 438
『しぐれ』の歌……………………… 439
博物館の門…………………………… 440
イカサマ……………………………… 440
介山中里弥之助……………………… 440
『大菩薩峠』初刊…………………… 442
大場鎮の殉難碑……………………… 443
主家の娘の名………………………… 443
六代目夫人…………………………… 444
放送後日……………………………… 444
役者将校と妻………………………… 446
『狼(足尾九兵衛)』……………… 447
旅篭代四百文………………………… 448
芝居だより事始め…………………… 448
鶴沢清七の死………………………… 450
昭和二十年の秘談…………………… 451
素材素話…………………………………… 453
荒神山喧嘩考…………………………… 455
「喧嘩考」補遺……………………… 474
「喧嘩考」別事……………………… 477
忠弥・天一坊・大之進………………… 480
某日その年その年……………………… 487
芝居世事噺……………………………… 491
今枝恒吉……………………………… 491
大久保今助…………………………… 495
五世菊五郎の英語…………………… 498
佐羽淡斎と江戸三座………………… 501
犬養木堂とお鉄……………………… 504
佐竹義処主従………………………… 506
ぽん太夫人……………………………… 509
明治の女……………………………… 509
明治の男……………………………… 523
伝馬町入牢実記………………………… 549
与三郎お富の話………………………… 565
別談(与三郎お富に就いて)……… 579
日本最初の徴兵令……………………… 585
*解説(村上元三)……………………… 593
 

第12巻 1972.5.15
 
よこはま白話………………………………… 9
光村弥兵衛半生の変転……………………11
『国定忠次』の作者宝井馬琴……………19
異人揚屋岩亀楼その他……………………43
高輪泉岳寺無名志士の碑…………………46
木村重友と友衛および若衛………………51
明治初期以来の役者たち…………………56
幕末居留地の奇譚…………………………82
二人の敗残兵と二人の町医者……………95
ある舶来雑貨の商人…………………… 111
人から人の一連の人々………………… 126
二世伯円と仙石左京の娘……………… 135
生きている小説…………………………… 145
日本人義勇兵…………………………… 147
敵討ち余録……………………………… 155
一本刀土俵入…………………………… 171
戦前戦後………………………………… 190
或るお金………………………………… 209
事実残存抄……………………………… 222
人の心ごころ…………………………… 241
元日とドイツ人………………………… 247
春興……………………………………… 248
世の中の人たち………………………… 269
戦塵備忘………………………………… 282
耳めがね………………………………… 293
続・耳めがね…………………………… 310
葬い代りの旅…………………………… 326
悪い奴という人………………………… 337
北の女南の女…………………………… 345
游侠雑抄………………………………… 368
横浜・桑港……………………………… 379
影なき人たち…………………………… 403
手簿の余白……………………………… 415
托鉢の芝居……………………………… 433
終戦とその後…………………………… 442
行余のいろいろ………………………… 457
石瓦混肴…………………………………… 473
身辺語録………………………………… 475
ひょんな話…………………………… 475
処女作の思い出……………………… 478
黒いジョン…………………………… 480
キントン焼魚………………………… 481
親探しの話…………………………… 484
身辺語録……………………………… 489
明治は遠く…………………………… 502
小説・戯曲を勉強する人へ…………… 507
小説・戯曲を勉強する人へ………… 507
劇・俳優・戯曲……………………… 520
収拾録遺……………………………… 521
師匠は八方にいる……………………… 524
故人の筆まめ………………………… 524
伝記の弊害…………………………… 526
両名の義経…………………………… 529
原始日本探偵小説…………………… 531
師匠は八方にいる…………………… 532
芝居の面白さ不足について………… 539
生活の知恵……………………………… 543
乗客の立場…………………………… 543
生活の知恵…………………………… 549
*解説(村上元三)……………………… 557
 

第13巻 1971.10.15
 
夜もすがら検校……………………………… 9
天正殺人鬼……………………………………20
がてん藤九郎…………………………………26
作手伝五左衛門………………………………32
解手の話………………………………………43
異人屋の女……………………………………55
どろんこの道…………………………………67
田舎小僧新助…………………………………75
入墨者の死……………………………………84
敵討冗の三年…………………………………90
討たせてやらぬ敵討……………………… 102
廻りぞ逢わん物語………………………… 114
淀百人斬…………………………………… 149
敵討たれに………………………………… 157
悪には過ぎる……………………………… 177
敵打邯鄲枕………………………………… 186
稲荷町中蔵………………………………… 205
親分病……………………………………… 213
落首問答…………………………………… 225
勝つが負…………………………………… 235
誓の貼札…………………………………… 245
母を打つ敵討……………………………… 257
関東綱五郎………………………………… 268
仇討の後…………………………………… 297
二本松心中………………………………… 304
戦国行状…………………………………… 312
三梃駕篭…………………………………… 320
生きている鬼……………………………… 333
不入斗の仇討……………………………… 355
笹喜三郎主従……………………………… 361
混血児兵隊………………………………… 375
首切れ弥次郎……………………………… 394
金子市之丞………………………………… 413
胴を惜む物語……………………………… 427
濡れ闇の男………………………………… 455
高まち小屋………………………………… 474
幽霊妻……………………………………… 483
飛騨の了戒………………………………… 495
*解説(村上元三)……………………… 511
 

第14巻 1972.4.15
 
舶来巾着切…………………………………… 9
旅へ行く幽霊…………………………………24
日本巾着切……………………………………36
名人巾着切……………………………………53
松平外記………………………………………57
お化け伊多屋…………………………………77
六車の額太郎…………………………………91
屋根の声…………………………………… 113
臼井十太夫………………………………… 132
射 の喧嘩………………………………… 148
お菊の父…………………………………… 160
玄武館の人々……………………………… 174
鷹匠吉田平三郎…………………………… 190
十三歳の戦士……………………………… 208
明治十二年の雨…………………………… 224
越路の手紙………………………………… 243
名人竿忠…………………………………… 253
幕末美少年録……………………………… 285
渡辺源次番………………………………… 306
ランプ虎…………………………………… 316
狐…………………………………………… 333
涙痕二代…………………………………… 342
日本左衛門三代目………………………… 356
女囚志賀きせ……………………………… 368
金百両如来………………………………… 383
赤鬼青鬼…………………………………… 395
地獄の口…………………………………… 407
満月………………………………………… 419
血写経……………………………………… 434
定九郎仲蔵………………………………… 446
*解説(村上元三)……………………… 455
 

第15巻 1971.5.15
 
瞼の母………………………………………… 7
旅の者心中……………………………………36
世に出ぬ豪傑…………………………………52
蝙蝠安…………………………………………71
町の入墨者………………………………… 100
掏摸の家…………………………………… 121
沓掛時次郎………………………………… 139
舶来巾着切………………………………… 163
飛びッちょ………………………………… 182
股旅草鞋…………………………………… 195
関の弥太ッペ……………………………… 218
中山七里…………………………………… 254
雪の宿場街………………………………… 281
疵高倉……………………………………… 296
子を取ろ子取ろ…………………………… 330
五文叩き…………………………………… 342
駕篭人力車………………………………… 357
江戸の虎退治……………………………… 371
勘太郎月の唄……………………………… 387
旅の風来坊………………………………… 410
白浪財布…………………………………… 432
白鷺往来…………………………………… 461
心中越路の雨……………………………… 487
母親人形…………………………………… 499
*解説(村上元三)……………………… 529
 

第16巻 1972.6.15
 
一本刀土俵入………………………………… 7
雪の渡り鳥……………………………………34
暗闇の丑松……………………………………60
刺青奇偶…………………………………… 100
直八子供旅………………………………… 124
段七しぐれ………………………………… 156
別れ囃子…………………………………… 190
たった一人の女…………………………… 213
長脇差試合………………………………… 237
檻…………………………………………… 262
伝八恋の引窓……………………………… 293
屋根の声…………………………………… 313
総穏寺の仇撃……………………………… 334
百太郎騒ぎ………………………………… 365
越後獅子祭………………………………… 401
小阪七里の鐘……………………………… 427
おふくろ道中……………………………… 443
明日赤飯…………………………………… 465
虎御前……………………………………… 490
九十九両…………………………………… 506
*長谷川伸年譜…………………………… 537
*解説(村上元三)……………………… 561
[ 2011/03/13 23:01 ] 長谷川伸 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。