研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  花田清輝 >  『花田清輝全集』全15巻・別巻2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『花田清輝全集』全15巻・別巻2巻

『花田清輝全集』全15巻・別巻2巻(講談社、1977.9~1980.3)



第1巻 1979.3.16
 
I
アプリオリズムスと宗教の本質に就いて… 9
ひとつの習作とそのはかないひとりごとの話……25
窓………………………………………………47
七………………………………………………69
作者の言葉……………………………………98
詩学……………………………………………99
II
心理と論理………………………………… 115
日本的人間………………………………… 123
イプセンの『幽霊』……………………… 134
サンチョー・パンザ論…………………… 144
二つのコロニー…………………………… 153
戦時下に於ける文化問題………………… 164
ぱとろぎい・です・めるへん…………… 174
婦人について……………………………… 182
『キュリー夫人伝』……………………… 193
聖アウガスチンの感傷―伝記作者・小林秀雄…… 197
浦島太郎…………………………………… 207
モナコの旗は赤と白……………………… 209
III
朝鮮民族の史的変遷……………………… 213
銀価の動きと支那の諸階級……………… 236
非常時局と中産階級の行方……………… 246
日支事変と列国の帰趨…………………… 257
本年度経済の基本的特質―十二年度の総決算…… 268
支那事変と中産階級の苦悩……………… 278
「不死身」の支那………………………… 288
対支経済政策の方向―藤枝丈夫氏の批判の批判…… 298
産業国営の歴史的意義…………………… 308
国民体位の向上…………………………… 320
農業統制と協同組合……………………… 330
戦時下の食糧問題………………………… 340
民族政策の理想と現実―「内鮮一体化」問題を中心に…… 351
リンク制論………………………………… 362
東亜協同体論と国家主義………………… 381
弁証法的低物価政策……………………… 390
*解題・校訂……………………………… 403
解題(久保覚)……………………… 405
校訂(森本昭三郎)………………… 417
*編集について(花田清輝全集編集委員会)…… 426
 

第2巻 1977.9.16
 
I 自明の理…………………………… 9
旗………………………………………………11
錯乱の論理……………………………………15
欠乏の美学……………………………………28
赤ずきん―杉山平助の肖像画………………41
笑の仮面………………………………………52
童話考…………………………………………65
探偵小説論……………………………………76
黄金分割………………………………………84
悲劇について…………………………………95
II
新しい文化と古い文化…………………… 131
飢譜………………………………………… 144
最後の頁が最初の頁……………………… 150
現代のアポロ……………………………… 157
粉挽場で…………………………………… 172
生の流線形………………………………… 176
ロビンソンの幸福………………………… 179
賢人………………………………………… 185
果物・家畜・恋愛………………………… 186
修養………………………………………… 188
総合雑誌評………………………………… 189
『文化組織』編集後記…………………… 193
科学振興と人間錬成―レオナルドについて…… 201
バルトロオの歌…………………………… 203
虚実いりみだれて………………………… 211
太刀先の見切り…………………………… 218
III 復興期の精神………………… 223
女の論理―ダンテ………………………… 225
鏡のなかの言葉―レオナルド…………… 233
政談―マキャヴェリ……………………… 249
アンギアリの戦―レオナルドとマキャヴェリ…… 258
天体図―コペルニクス…………………… 262
歌―ジョット・ゴッホ・ゴーガン……… 272
架空の世界―コロンブス………………… 290
終末観―ポー……………………………… 294
球面三角―ポー…………………………… 299
群論―ガロア……………………………… 309
極大・極小―スウィフト………………… 317
肖像画―ルター…………………………… 326
汝の欲するところをなせ―アンデルセン…… 337
ユートピアの誕生―モーア……………… 347
素朴と純粋―カルヴィン………………… 357
ブリダンの驢馬―スピノザ……………… 367
『ドン・キホーテ』註釈―セルバンテス…… 376
晩年の思想―ソフォクレス……………… 381
動物記―ルイ十一世……………………… 386
楕円幻想―ヴィヨン……………………… 392
変形譚―ゲーテ…………………………… 400
笑う男―アリストファネス……………… 410
『復興期の精神』初版跋……………… 420
『復興期の精神』1959年版跋………… 422
『復興期の精神』新版あとがき……… 424
*資料……………………………………… 427
*解題・校訂……………………………… 431
解題(久保覚)……………………… 433
校訂…………………………………… 457
 

第3巻 1977.10.16
 
I
ロビンソン・クルウソオ……………………15
眼の鱗…………………………………………18
俗物論…………………………………………24
指導者の素描―コラージュ…………………29
偽書簡集………………………………………35
アルス・アマトリア………………………35
実験報告……………………………………36
蒙昧なる男…………………………………38
ジーキルとハイド…………………………41
傍観者の抗議………………………………43
イワンの馬鹿…………………………………46
テレザ・パンザの手紙………………………54
二十世紀における芸術家の宿命―太宰治論……59
『錯乱の論理』真善美社版跋………………74
II
類人猿の知恵試験……………………………77
本当のアルティスト…………………………83
戦犯の弁護……………………………………85
二つの焦点……………………………………87
砂の悪魔………………………………………91
再生……………………………………………94
葉がくれ………………………………………96
犬も喰わない話………………………………98
忠告………………………………………… 102
批評ということ…………………………… 105
アルチストの偉大さ―藤沢・小野・織田論…… 107
わたし……………………………………… 111
『八犬伝』をめぐって…………………… 114
革命的芸術の道…………………………… 129
清教徒の末流……………………………… 131
アルチスト・アルチザン………………… 133
器用な職人………………………………… 136
道具と機械………………………………… 138
裸の王様…………………………………… 140
執筆禁止無用……………………………… 147
アルチザンの没落………………………… 149
死と太宰治………………………………… 152
戦後世代の特徴…………………………… 154
マダムと女房……………………………… 156
形式への冒険……………………………… 159
改良主義とファシズム…………………… 160
美しい山水画……………………………… 162
カストリ文学の終止符…………………… 165
手きびしい似顔絵………………………… 168
理知と本能の対立………………………… 170
二十世紀のコロンブス…………………… 173
岡本太郎の『群像』……………………… 174
リアリズム序説…………………………… 175
「戦前派」批判…………………………… 189
戦前派と戦後派…………………………… 191
アプレゲール盛衰記……………………… 196
戦後派の自己批判………………………… 200
獅子の皮をかぶった驢馬………………… 204
空論・虚談………………………………… 207
反語的に…………………………………… 216
観念的であるということ………………… 223
残るべき戦後文学作品は何か…………… 225
からっぽの袋……………………………… 226
日本的孤独………………………………… 228
田中英光…………………………………… 230
散りゆく命に……………………………… 233
勝利の記録………………………………… 235
抵抗の底流………………………………… 240
編集委員のことば……………………… 242
III
法界坊……………………………………… 245
肉体主義批判……………………………… 247
国際人の眼………………………………… 249
理知の堕落………………………………… 251
健康のイロニー…………………………… 253
アルバイトについて……………………… 255
真の批評精神……………………………… 257
お助け坊やの説…………………………… 259
卵…………………………………………… 261
座談会とサロン…………………………… 263
デモクラシーと複眼……………………… 265
日本の附け鼻……………………………… 267
物体主義…………………………………… 269
悪魔との握手……………………………… 273
革命のプリズム…………………………… 276
新聞紙……………………………………… 283
猛獣から人間へ…………………………… 285
千円札と超現実主義……………………… 287
メエルストルムの渦……………………… 289
IV 二つの世界 …………………… 293
二つの世界………………………………… 295
作家と予言者……………………………… 305
絶望の論理………………………………… 320
沙漠について……………………………… 330
地獄の周辺………………………………… 346
サンチョ・パンザの旗…………………… 351
灰色についての考察……………………… 361
逆行論……………………………………… 366
罪と罰……………………………………… 374
驢馬の耳…………………………………… 384
手袋の裏…………………………………… 393
青・白・赤………………………………… 397
カタルシス………………………………… 400
廃墟の美…………………………………… 404
『桜桃』について………………………… 408
チン・ピン・メイ………………………… 411
匿名の精神………………………………… 414
荷風の横顔………………………………… 419
椎名麟三…………………………………… 429
愛と憎しみとの戯れ……………………… 438
花びらと棘と……………………………… 447
動物・植物・鉱物―坂口安吾について… 451
V カフカ小品集…………………… 481
橋…………………………………………… 483
プロメトイス……………………………… 485
人魚の沈黙………………………………… 486
バケツ乗り………………………………… 489
町の紋章…………………………………… 493
寓話について……………………………… 496
*解題・校訂……………………………… 499
解題(久保覚)……………………… 501
校訂…………………………………… 524
 

第4巻 1977.11.16
 
I アヴァンギャルド芸術……………11
ユーモレスク…………………………………13
芸術家の制服…………………………………23
仮面の表情……………………………………30
ドン・ファン論………………………………44
サルトビ・レゲンデ…………………………58
奴隷の言葉……………………………………68
魔法の馬………………………………………76
境界線の移動について………………………86
マザー・グース・メロディー…………… 103
林檎に関する一考察……………………… 119
鏡の国の風景……………………………… 129
機械と薔薇………………………………… 163
回帰運動…………………………………… 173
レオナルドの本職………………………… 178
ビィヴァ…………………………………… 183
ギルブレスの方法序説…………………… 187
ジャーナリスト…………………………… 194
文体変革についての試案………………… 201
二〇年代の「アヴァンギャルド」……… 213
鉄斎の挫折………………………………… 223
笑い猫……………………………………… 232
レトリックの精神………………………… 247
空間人間…………………………………… 257
『アヴァンギャルド芸術』未来社版あとがき…… 270
II
聖セバスチャンの顔……………………… 275
魂の平和を求めて………………………… 284
蝶を夢みる………………………………… 294
植民地的コムプレックス………………… 301
阿部の『夢』・島尾の『夢』…………… 303
文壇に歌笑ありや………………………… 305
ヒューマニズムと反ヒューマニズム…… 307
ナンセンス………………………………… 310
新浦島……………………………………… 311
悪玉………………………………………… 314
絶望の弁証法……………………………… 316
ゴタムの三賢者…………………………… 319
レアリテについて………………………… 325
退屈きわまる良書………………………… 329
戦後作家の一瞥…………………………… 332
選後所感―第2回戦後文学賞 …………… 336
アプレ・ゲールの課題…………………… 337
市民と俗物―林房雄……………………… 340
椎名麟三へ………………………………… 351
三つの話…………………………………… 354
氷山の頭…………………………………… 358
「鋳掛松」考……………………………… 362
武田泰淳…………………………………… 366
生き残ったは唯一人……………………… 369
豪傑と牛若丸……………………………… 370
すくたれ…………………………………… 374
二流の人…………………………………… 376
原始人の懐疑……………………………… 381
わが読書…………………………………… 383
関根弘……………………………………… 385
汚れた手…………………………………… 387
すら笑い…………………………………… 391
深淵の上の橋……………………………… 393
「色情狂時代」…………………………… 395
探偵論……………………………………… 397
あざむかれの倫理………………………… 401
巨人国の犬………………………………… 403
弱点と勇気………………………………… 407
有島武郎…………………………………… 409
ママー人形の涙…………………………… 412
ペンは剣よりも強し……………………… 414
さまざまな媚態…………………………… 418
達人の文学………………………………… 422
III
「人民」の画家…………………………… 427
ゴーゴリ…………………………………… 428
今村太平…………………………………… 431
レオーノフ………………………………… 432
アンリ・ルソーの素朴さ………………… 435
外国文学紹介の現状……………………… 439
雑文家と魯迅……………………………… 442
カフカ大兄へ……………………………… 445
マリリン・モンロウ論…………………… 447
アメリカの喜劇…………………………… 452
自然との闘争……………………………… 458
さまざまな発見…………………………… 464
シチェドリンの諷刺……………………… 467
ドストエフスキー………………………… 470
岡本太郎へ―『今日の芸術』をめぐって…… 474
映画批評家裁断…………………………… 477
二十世紀文学論…………………………… 482
二十世紀的孤独―フィアリングの小説… 508
舌をさすはげしさ………………………… 510
IV
ダイヤの奇蹟……………………………… 515
エランとフラン…………………………… 530
デラシネ…………………………………… 539
海について………………………………… 544
*解題・校訂……………………………… 559
解題(久保覚)……………………… 561
校訂…………………………………… 581
 

第5巻 1977.12.16
 
I さちゅりこん………………………15
ホセの告白……………………………………17
カザノヴァ論…………………………………34
姦通のモラル…………………………………47
ノスタルジア…………………………………56
ソクラテス……………………………………60
猫と胡弓………………………………………66
立体映画時代…………………………………77
チャップリン…………………………………81
ロミオとジュリエット………………………86
悲劇・喜劇・活劇……………………………95
シラミつぶしに…………………………… 101
中性に関する一章………………………… 114
別れの曲…………………………………… 126
コロンブスのタマゴ……………………… 138
ホイッスルについて……………………… 149
英雄色を好むということ………………… 159
二重人格…………………………………… 167
鼻説法……………………………………… 177
二つのスクリーン………………………… 185
日本の知識人……………………………… 192
マンガ家寸評……………………………… 198
百物語……………………………………… 203
芸術のいやったらしさ…………………… 211
ゴロツキの弁……………………………… 220
反俗的俗物………………………………… 225
ドン・カミロとペポネの抵抗…………… 232
こんにゃく問答…………………………… 247
『さちゅりこん』未来社版あとがき… 261
II
原子時代の芸術…………………………… 265
現代の典型………………………………… 279
III
抹殺………………………………………… 311
美点の発見………………………………… 313
自分ひとりの部屋………………………… 316
ガラスの動物園…………………………… 318
銀座で餓える……………………………… 321
女の暴力…………………………………… 324
フロンティア・ライン―日本・朝鮮・世界…… 332
天使の羽ばたき…………………………… 334
狆の眼……………………………………… 344
サラリーマン訓…………………………… 348
ユートピアンのむれ……………………… 351
警察官……………………………………… 355
歌いりイソップ…………………………… 358
殿様精神…………………………………… 367
スターリンとの架空対談………………… 374
知識人の優越感…………………………… 376
第三のアプレ族…………………………… 378
IV 宝島の教訓 …………………… 381
一流の人…………………………………… 383
煙幕をはる………………………………… 384
大岡昇平のレジスタンス………………… 385
ワンマン必見の映画……………………… 386
反自然的…………………………………… 387
当世三バカ………………………………… 388
職業としての批評………………………… 389
三島由紀夫の盲点………………………… 390
小悪党の説………………………………… 391
実名小説…………………………………… 392
文壇人の運命……………………………… 393
アメリカ論………………………………… 394
昆虫記……………………………………… 395
点睛を欠く………………………………… 396
善意の人…………………………………… 397
ドロを吐く………………………………… 398
時節はずれ………………………………… 399
小心翼々…………………………………… 400
怪談の流行………………………………… 401
マレンコフと金魚………………………… 402
ハード・ボイルド派……………………… 403
生理と道徳………………………………… 404
革命か反抗か……………………………… 405
編集者の資格……………………………… 407
実存主義と人情主義……………………… 408
保守批評家………………………………… 409
通人とホーカン…………………………… 410
日本のバック・ボーン…………………… 411
罪と罰……………………………………… 412
受賞作家…………………………………… 413
文学の友…………………………………… 415
ネコとサディズム………………………… 416
犬に関する推理…………………………… 417
平林の愛情旅行…………………………… 418
バルザックの世界………………………… 419
文壇の用心棒……………………………… 420
チャップリンの評伝……………………… 421
『或る女』………………………………… 422
善悪の基準………………………………… 423
大根役者…………………………………… 425
流行語……………………………………… 426
芸術至上主義者…………………………… 427
職業の秘密………………………………… 428
スターの消滅……………………………… 429
推理小説と私小説………………………… 430
愚作のリスト……………………………… 431
『芸者秀駒』……………………………… 432
多数決の是非……………………………… 434
小人立像…………………………………… 435
レトリックとはなにか…………………… 436
海賊の民主主義…………………………… 437
事実の面白さ……………………………… 438
ダイジェスト・バエ……………………… 439
軽さということ…………………………… 440
海のうつくしさ…………………………… 442
中野の『広重』…………………………… 443
『宝島』の教訓…………………………… 444
目次に苦心………………………………… 445
植民地的人間……………………………… 446
会議ボケ…………………………………… 447
ハックスリーのユーモア………………… 449
評論の随筆化……………………………… 450
立ちおくれた進歩派……………………… 451
おそるべき子供たち……………………… 452
作家と青春………………………………… 454
批評家とは何か…………………………… 455
バクロ戦術………………………………… 456
少年・少女小説特集……………………… 457
新版「鋳掛松」…………………………… 458
小人と仙人………………………………… 459
コロンブスの卵…………………………… 460
モンテーニュのように…………………… 462
アプレ娘・晶子…………………………… 463
犀星の近作………………………………… 464
シェイクスピア映画……………………… 465
怪談………………………………………… 466
ブーメラング……………………………… 467
講座ばやり………………………………… 468
新人に与う………………………………… 469
空想科学映画……………………………… 470
涙と恐怖…………………………………… 471
ヴァレリーの抵抗………………………… 472
カフカの教訓……………………………… 474
ニヒリズムの克服………………………… 475
現実からのズレ…………………………… 476
『野性の男』……………………………… 477
「ピース」のデザイナー………………… 478
安吾と捕物帳……………………………… 480
イキな人びと……………………………… 481
事実と真実………………………………… 482
批評家の不安……………………………… 483
ハムレットばやり………………………… 484
平和的共存とシャハト…………………… 485
匿名批評家の性格………………………… 486
メフィスト………………………………… 487
『ドン・カミロ』のおもしろさ………… 488
文化人とは?……………………………… 490
小説家の宿命……………………………… 491
*解題・校訂……………………………… 493
解題(久保覚)……………………… 495
校訂…………………………………… 519
 

第6巻 1978.1.16
 
I 政治的動物について………………11
政治的動物について…………………………13
日本における知識人の役割…………………19
モラリスト批判………………………………33
胆大小心録……………………………………53
空想と事実……………………………………71
世の中に歎きあり……………………………85
『政治的動物について』青木書店版あとがき……96
II
政治用語の基礎知識……………………… 101
中共と中国………………………………… 103
暴君の寿命………………………………… 106
闘争と統一………………………………… 109
治国平天下………………………………… 112
政談怪談…………………………………… 114
虚構の真実………………………………… 116
論争ということ…………………………… 127
保守反動とは何か………………………… 129
今様助六談義……………………………… 133
雲の中を歩まなければならない………… 137
「先生」政治……………………………… 141
暴力教室…………………………………… 145
日本の暴力………………………………… 149
人生論の流行の意味……………………… 154
現代の英雄………………………………… 157
パチンコ・ルネッサンス………………… 163
ロマン主義者―北一輝…………………… 166
同志愛の悲劇……………………………… 176
政治家の衣裳―吉田茂・徳田球一……… 183
使徒パウロの教え………………………… 193
三寸の舌…………………………………… 197
大衆の一人………………………………… 199
不毛の思想………………………………… 200
フルシチョフ演説とデモクラシー……… 202
ジョセフィン・ティ……………………… 206
戦争か革命か……………………………… 209
賢問愚答…………………………………… 216
すべてを疑え……………………………… 226
「人間料理法」…………………………… 229
III
外柔内剛…………………………………… 233
坂口安吾…………………………………… 235
よく売れる本……………………………… 237
典型的な若ダンナ―高橋義孝氏の思想と意見…… 238
文体の秘密………………………………… 241
二十世紀の幽霊…………………………… 249
アプレ族の最初の者……………………… 252
批評家商売………………………………… 255
草創期の産物……………………………… 259
社会主義社会の白鳥……………………… 262
現代のカラマーゾフ……………………… 264
ハイネ……………………………………… 267
魯迅………………………………………… 271
読書的自叙伝……………………………… 278
私の読書遍歴……………………………… 281
手れん手くだ―政治の毒、文学の毒…… 284
思い出―花田清輝………………………… 290
ただ一人の読者―私の処女出版………… 295
規格に合わぬ商品―処女論文のこと…… 296
人相について……………………………… 298
『乱世をいかに生きるか』山内書店版あとがき…… 301
IV
ピランデルロ……………………………… 305
相馬の金さん……………………………… 309
スター意識について……………………… 310
『黒田騒動』と栗山大膳………………… 316
アクチュアリティとリアリティ………… 319
剣豪の没落………………………………… 322
仮装したアプレ…………………………… 329
危機と批評精神…………………………… 332
大暴れチャッチャ息子…………………… 335
V 大衆のエネルギー……………… 337
歌の誕生…………………………………… 339
落書精神…………………………………… 349
偶然の問題………………………………… 359
ファルスはどこへいったか……………… 383
勝った者がみな貰う……………………… 394
いじるということ………………………… 404
男の首……………………………………… 414
透明人間…………………………………… 423
再出発という思想………………………… 433
スカラベ・サクレ………………………… 443
捕物帳を愛するゆえん…………………… 470
砂のような大衆…………………………… 476
市井のファウスト………………………… 486
車輪について……………………………… 496
ふにくり・ふにくら……………………… 506
ドン・キホーテの秘密…………………… 516
非情と感傷………………………………… 527
青服のイメージ…………………………… 537
『大衆のエネルギー』講談社版あとがき…… 547
*解題・校訂……………………………… 549
解題(久保覚)……………………… 551
校訂…………………………………… 572
 

第7巻 1978.2.16
 
I
ヤンガー・ゼネレーションへ………………13
記録芸術運動の方向…………………………25
記録芸術論―『嵐の中の青春』その他……28
仕事のプラン…………………………………47
首輪のある犬…………………………………48
ライオンの分け前……………………………49
十九世紀的センス……………………………50
宇宙バカの出現………………………………52
無償のたわむれ………………………………55
芸術形式の綜合………………………………58
「私」の消去法………………………………61
マス・コミ・バカ……………………………64
現代のアレゴリー……………………………67
事実と虚構……………………………………70
悪い種子………………………………………73
前衛とは何か…………………………………76
モダニストの時代錯誤………………………78
ケ・セラ・セラ………………………………83
時代の子………………………………………87
穴の底…………………………………………89
バクダン考……………………………………91
菊花の約………………………………………95
佐多稲子…………………………………… 100
土方与志…………………………………… 103
佐々木基一………………………………… 105
安部公房…………………………………… 107
林達夫……………………………………… 109
桑原武夫…………………………………… 112
II
ルンペンからプロレタリアートへ……… 117
アンチ・ドン・ジュアン………………… 119
内部世界の典型…………………………… 121
ロカビリーの哲学………………………… 123
的盧………………………………………… 126
奴隷の系譜………………………………… 128
創造者と被造物…………………………… 130
オペラとミュージカル…………………… 133
転形期の性格……………………………… 136
戦争責任の問題…………………………… 138
女の愛……………………………………… 140
アメリカの運命…………………………… 142
III 映画的思考…………………… 145
コンモン・センス論……………………… 147
シュル・ドキュメンタリズムに関する一考察…… 156
『宿命』をめぐって……………………… 161
六ペンスの歌……………………………… 167
革命と抵抗………………………………… 174
反抗的人間………………………………… 179
大衆とはなにか…………………………… 184
映画論壇の新人たち……………………… 193
映画批評について………………………… 202
ダマスクスへ……………………………… 216
漫画映画の方法…………………………… 221
『誇りと情熱』の思想と背景…………… 225
追っかけの魅力…………………………… 230
西部劇と戦争映画………………………… 235
天才の秘密………………………………… 240
悪党の今日的な在りかた………………… 244
二頭の猛獣………………………………… 251
ミュージカルスとアヴァンギャルド…… 256
雪どけ……………………………………… 262
クルウゾオと『四谷怪談』……………… 265
諷刺とユーモア…………………………… 268
伝統の問題………………………………… 273
『満員電車』と市川崑…………………… 277
巷談と講談の間…………………………… 283
十代の夢…………………………………… 288
映画監督への疑問―各界交流…………… 296
マス・コミの問題点……………………… 302
『映画的思考』未来社版あとがき…… 314
IV 泥棒論語 ……………………… 317
泥棒論語…………………………………… 317
作者のことば…………………………… 405
『泥棒論語』について一言…………… 406
『泥棒論語』未来社版あとがき……… 408
*解題・校訂……………………………… 413
解題(久保覚)……………………… 415
校訂…………………………………… 433
 

第8巻 1978.3.16
 
I
論争の予定……………………………………11
夏炉冬扇………………………………………13
吉本隆明に……………………………………19
ノーチラス号応答あり………………………26
日記というもの………………………………40
青春のエネルギーと解釈病…………………43
『大菩薩峠』と戦争責任……………………46
ブルジョア唯物論の限界……………………49
芸術綜合化への道……………………………52
政治小話………………………………………55
ミイラとりの告白……………………………58
ショウベン譚…………………………………68
探偵小説日本の傑作九篇……………………72
無限の皮肉……………………………………73
救済と採算……………………………………74
推理小説のモデル……………………………76
推理小説の余分………………………………80
転形期の芸術論のために……………………84
近代の擁護と超克……………………………91
ライネッケ・フックスの変貌………………94
反時代性………………………………………97
「常民」の論理…………………………… 100
組織の中にみた佐多稲子………………… 103
日録………………………………………… 105
アヴァンギャルド読書法十五年………… 112
II
ミュージカル……………………………… 121
未来への可能性―1958年度映画ベスト・テン…… 122
往復運動…………………………………… 125
橋蔵の歩むべき道………………………… 129
男は女より自由だという説にたいするある回答…… 132
決定的瞬間………………………………… 136
典型的ロマン主義者……………………… 137
あふれる…………………………………… 139
演劇と政治………………………………… 141
テレビ・ドラマのおもしろさ…………… 147
III 近代の超克…………………… 151
スウィッチ・オフ………………………… 153
検事側の証人……………………………… 163
ロカビリーと諸葛孔明…………………… 188
ミッツイ・ゲイナー論…………………… 197
「実践信仰」からの解放………………… 204
もしもあのとき…………………………… 214
芸術の綜合化とは何か…………………… 239
二つの絵―戦後文学大批判……………… 246
プロレタリア文学批判をめぐって……… 262
贋造宝石のきらめき……………………… 272
ライネッケ・フックス…………………… 276
笑って騙せ………………………………… 282
ファースへのノスタルジア……………… 295
ヒッチコックの張扇……………………… 301
科学小説…………………………………… 307
第三の一対の目…………………………… 318
テレビと小説……………………………… 322
柳田国男について………………………… 337
マス・コミ芸術の性格…………………… 361
無邪気な絶望者たちへ…………………… 373
魔法の鏡…………………………………… 382
IV
私は貝になった…………………………… 393
就職試験…………………………………… 408
*解題・校訂……………………………… 445
解題(久保覚)……………………… 447
校訂…………………………………… 465
 

第9巻 1978.4.16
 
I
役割の遊戯……………………………………11
アジア・インターナショナル………………16
プロメトイス伝説……………………………20
誤解する権利…………………………………25
革命のほてり…………………………………29
革命中心のものの見方………………………34
穴の底に落ちる話……………………………37
インターナショナルな視点…………………40
最後の喜劇……………………………………43
平行線の公準…………………………………46
「修身斉家」という発想……………………52
武略とモラル…………………………………57
映画と政治……………………………………59
ラスト・シーンのさまざま…………………62
顔と集団………………………………………68
三人のチャップリン…………………………73
チャップリンのインターナショナリズム…77
鹿の巻筆………………………………………80
風の方向………………………………………84
昨日の続き……………………………………86
歳月……………………………………………88
II
前人未踏の領域………………………………93
豪傑論…………………………………………95
ロンリー・モンキー……………………… 105
永井荷風…………………………………… 108
白眉の一篇………………………………… 110
冷静なバイ・プレーヤー………………… 112
おかわいそうに…………………………… 114
ブラームスはお好き……………………… 121
III
アンチ・メロドラマの精神―1959年度映画ベスト・テン…… 135
ベルモンドよ!…………………………… 138
映画ジャーナリズム論…………………… 141
IV もう一つの修羅 ……………… 199
「慷慨談」の流行………………………… 201
公家的なものと武家的なもの…………… 215
維新の暗殺者……………………………… 224
ユーモリストの眼………………………… 227
幕末太陽族………………………………… 230
日本人の感情表現………………………… 240
怒りとはにかみ…………………………… 249
スパイ礼讃………………………………… 253
現代史の時代区分………………………… 256
風景について……………………………… 266
為朝図……………………………………… 275
犬夷評判記………………………………… 283
『廿四孝』をめぐって…………………… 293
もう一つの修羅…………………………… 297
『平家物語』の思想……………………… 306
ものぐさ太郎……………………………… 318
御伽草子…………………………………… 332
役の行者…………………………………… 342
モラリストとはなにか…………………… 361
『もう一つの修羅』筑摩書房版あとがき…… 371
V 佐倉明君伝……………………… 373
佐倉明君伝………………………………… 373
*解題・校訂……………………………… 419
解題(久保覚)……………………… 421
校訂…………………………………… 437
 

第10巻 1978.5.16
 
I
運動者の批評…………………………………17
小人の鼻助……………………………………20
ペンは折れない………………………………23
時代に対する責任感ということ……………24
腹話術師とその人形…………………………26
『喜寿童女』について………………………37
眼と手と………………………………………40
海のなかの道…………………………………43
執筆予定………………………………………45
戦後の幻影……………………………………46
討論したくなるような小説…………………53
柳田民俗学と文学……………………………56
童話への回帰…………………………………60
大衆路線の問題………………………………65
『当世書生気質』の系譜……………………67
実践者の歴史…………………………………80
「書生」の魅力………………………………84
欲求不満の問題………………………………95
南柯夢記…………………………………… 106
早替りの哲学……………………………… 117
実践者の眼………………………………… 128
ウソから出たマコト……………………… 139
言論の力…………………………………… 142
荷風文学とユーモア……………………… 144
「脱出の文学」からの飛躍……………… 147
匿名批評の変質…………………………… 149
無法人論…………………………………… 153
何でも書いてやろう……………………… 157
歌と逆に歌に……………………………… 158
天使のむれと悪魔のむれ………………… 161
「三文」考………………………………… 163
『鹿鳴館』をみて………………………… 167
月のもの…………………………………… 170
現代のイメージ………………………… 170
「別の世界」と「純粋観客」………… 173
書くことと考えること………………… 177
大衆化の要望…………………………… 180
「自己を失う」………………………… 183
自責の念と被害者意識………………… 187
「洋行」今昔…………………………… 190
脱出行…………………………………… 194
歴史の曲り角…………………………… 197
II
やぶにらみ二丁拳銃……………………… 203
うんざりした映画……………………… 203
批評らしい批評とは…………………… 204
とんでもない『地下鉄のザジ』……… 205
知性と痴性の岐路……………………… 206
義歯に関する疑問……………………… 207
仇役ののさばるドラマ………………… 209
『スパルタカス』の道………………… 210
同志愛と慈善…………………………… 211
プロローグとエピローグ……………… 212
ストーリーと即興性…………………… 213
理論の実践……………………………… 214
筋金入りの感傷………………………… 215
ドタバタ復活…………………………… 216
「戦後」を経験―1960年度映画ベスト・テン…… 218
ガンディーの教訓………………………… 220
ヌーベル・バーグ作家とバルザック…… 223
庶民の眼と非暴力………………………… 226
私と非暴力………………………………… 229
きんちゃくときんちゃく切りと………… 234
「他人」の肖像…………………………… 240
旧態依然たるハンラン―1961年度映画ベスト・テン…… 243
出会いの静力学…………………………… 245
価値ある女………………………………… 247
インテリの系図…………………………… 250
西洋的なものと日本的なもの…………… 253
『新編映画的思考』未来社版あとがき…… 256
III
「二宮金次郎」の解釈…………………… 259
ペトロニウス……………………………… 262
顔のガス化………………………………… 265
柳田国男との類似点……………………… 266
故郷を失わぬ人々………………………… 268
建武中興と戦後…………………………… 270
狼が隊を組んでのし歩く………………… 273
誰がコマドリを殺したか………………… 281
共産主義的人間…………………………… 284
職業人の自伝……………………………… 301
あざやかな世界革命のヴィジョン……… 303
カラスの悲劇……………………………… 306
岡本太郎論………………………………… 310
レコード・ホルダー……………………… 313
新日本文学会……………………………… 315
IV いろはにほへと ……………… 319
犬も歩けば棒に当る……………………… 321
論より証拠………………………………… 322
花より団子………………………………… 323
憎まれ子世にはばかる…………………… 324
骨折り損のくたびれ儲け………………… 326
屁をひって尻つぼめ……………………… 327
年寄りの冷や水…………………………… 328
塵もつもれば山となる…………………… 329
律義者の子沢山…………………………… 330
盗人の昼寝………………………………… 331
瑠璃も玻璃も照らせば光る……………… 333
老いては子に従う………………………… 334
われ鍋にとじ蓋…………………………… 335
カッタイのカサうらみ…………………… 336
葦の髄から天井のぞく…………………… 337
旅は道づれ世はなさけ…………………… 338
良薬は口に苦し…………………………… 340
総領の甚六………………………………… 341
月夜に釜を抜く…………………………… 342
念には念を入れ…………………………… 343
泣き面に蜂………………………………… 344
楽あれば苦あり…………………………… 345
無理が通れば道理引っこむ……………… 347
ウソから出たマコト……………………… 348
芋の煮えたも御存じない………………… 349
咽元過ぎれば熱さを忘れる……………… 350
鬼に金棒…………………………………… 351
臭いものに蓋……………………………… 353
安物買いの銭失い………………………… 354
負けるが勝………………………………… 355
芸は身を助く……………………………… 356
文はやりたし書く手はもたず…………… 357
子は三界の首枷…………………………… 358
えてに帆をあげる………………………… 360
亭主の好きな赤烏帽子…………………… 361
頭かくして尻かくさず…………………… 362
三遍回って煙草にしょ…………………… 364
聞いて極楽見て地獄……………………… 365
油断大敵…………………………………… 366
目の上の瘤………………………………… 367
身から出た錆……………………………… 368
知らぬが仏………………………………… 369
縁は異なもの味なもの…………………… 371
貧乏暇なし………………………………… 372
門前の小僧習わぬ経を読む……………… 373
背に腹はかえられぬ……………………… 374
粋は身を食う……………………………… 376
京の夢 大阪の夢………………………… 377
V 鳥獣戯話………………………… 379
第1章 群猿図 …………………………… 381
第2章 狐草紙 …………………………… 414
第3章 みみずく大名 …………………… 450
*解題・校訂……………………………… 487
解題(久保覚)……………………… 489
校訂…………………………………… 509
 

第11巻 1978.6.16
 
I
桃中軒雲右衛門………………………………11
遊びのこころ…………………………………59
シラノの晩餐…………………………………62
大道商人とサクラ……………………………67
メロドラマの問題……………………………73
婢女行…………………………………………86
馬の不平………………………………………90
ブレヒト………………………………………92
祭りあげるということ………………………95
「有効性の上にあるもの」…………………99
転形期の変貌……………………………… 103
不死身のアカンボ………………………… 105
八方美人について………………………… 107
野間宏……………………………………… 110
佐多稲子の肉眼…………………………… 112
間抜けおち………………………………… 115
ダンテの読みかた………………………… 118
演技について……………………………… 121
批評と未来のイメージ…………………… 124
批評家と小説家…………………………… 126
説話と文学と……………………………… 130
最初の批評―『赤ずきん』……………… 132
はじめての本―『自明の理』…………… 136
強烈な個性………………………………… 138
ウルトラの意味…………………………… 140
『俳優修業』について…………………… 144
II
英雄多病…………………………………… 147
榎本健一…………………………………… 152
「家」と「怒れる若者」………………… 155
中村仲蔵…………………………………… 158
演技の再発見……………………………… 161
悪役の魅力………………………………… 163
余りにも女房的な目……………………… 165
現実変革の意志…………………………… 168
taro okamoto……………………………… 171
桂ユキ子…………………………………… 175
蛇足一言…………………………………… 178
演劇批評というもの……………………… 179
あわれなモダーニストたち……………… 182
III 爆裂弾記……………………… 189
爆裂弾記…………………………………… 189
IV ものみな歌でおわる ………… 313
ものみな歌でおわる……………………… 313
『ものみな歌でおわる』晶文社版あとがき…… 437
*解題・校訂……………………………… 439
解題(久保覚)……………………… 441
校訂…………………………………… 452
 

第12巻 1978.7.16
 
I 恥部の思想………………………… 9
犬もあるけば…………………………………11
隅の隠居………………………………………20
西の国の瓜子姫………………………………30
ボサマの伝統…………………………………40
遊侠伝…………………………………………49
万里の長城……………………………………59
日本製ということ……………………………69
恩知らずの存在理由…………………………77
流行歌の科学性………………………………87
柿の種…………………………………………92
あの日ローマで…………………………… 101
埋没の精神………………………………… 111
女は男よりも優秀か……………………… 121
草原について……………………………… 136
転形期の論理……………………………… 162
昔と今と…………………………………… 173
雪たたき………………………………… 173
ものみな歌でおわる…………………… 179
西部開拓史……………………………… 185
ジャコ万と鉄…………………………… 189
五段目の猪……………………………… 195
鹿の子餅………………………………… 200
浮世風呂………………………………… 205
ロビンソン漂流記……………………… 210
東京音頭………………………………… 215
田舎芝居………………………………… 221
アジアの嵐……………………………… 227
懐往事談………………………………… 233
肉附きの面……………………………… 238
魔法使いの弟子………………………… 243
通俗三国志……………………………… 248
瓶の中…………………………………… 253
蒙古の天幕……………………………… 258
鳥獣戯画………………………………… 263
最後の一葉……………………………… 267
現代美術………………………………… 271
価値論…………………………………… 276
駱駝祥子………………………………… 280
『恥部の思想』講談社版あとがき…… 285
II 俳優修業 ……………………… 287
第1章 芝居絵 …………………………… 289
第2章 申し上げますの役 ……………… 304
第3章 月の道化 ………………………… 319
第4章 刺青談義 ………………………… 333
第5章 舌出し三番 ……………………… 349
第6章 ほうずき屋敷 …………………… 368
第7章 無間の鐘 ………………………… 384
敵役芸談…………………………………… 416
*解説・校訂……………………………… 429
解題(久保覚)……………………… 431
校訂…………………………………… 441
 

第13巻 1978.8.16
 
I
私の小説作法…………………………………13
マテリアリスムス・ミリタンス……………16
傍観者と実行者………………………………20
文芸批評の役割………………………………23
礼儀作法入門…………………………………25
フレンホーフェル先生………………………29
時代物について………………………………33
枯木の館………………………………………37
パーティ族と運動族…………………………41
凌霄の志………………………………………45
セルバンテスにお灯明を……………………49
文学賞について………………………………53
文学者の資格…………………………………56
「批評家」たちの戦術………………………59
「活動家」のセンス…………………………63
著者近影………………………………………66
芸術及び芸術運動……………………………68
捜せ・消せ・バラせ…………………………88
さまざまな「戦後」…………………………92
一宿一飯…………………………………… 110
行動の模倣………………………………… 113
偶像破壊の精神…………………………… 121
書評について……………………………… 124
さァ行こう。出発!……………………… 130
II
視聴覚文化の魅力………………………… 135
転形期の意識……………………………… 137
士魂商才…………………………………… 141
天竺の冠者と後鳥羽院…………………… 145
四三のよみかた…………………………… 150
天草本『平家物語』について…………… 153
芸術家の誕生……………………………… 155
「浩然の気」……………………………… 158
古典と現代………………………………… 162
瓜食めば………………………………… 162
月の光…………………………………… 166
滝の音…………………………………… 171
平安朝の火星人………………………… 175
女房的肉眼……………………………… 180
聖者の絵………………………………… 184
小説の意味……………………………… 189
転形期における伝統芸術………………… 194
「007」における日本的なもの ………… 212
『古典と現代』未来社版後記………… 227
III
諷刺とナンセンス………………………… 231
酢豆腐……………………………………… 236
飯沢匡……………………………………… 240
「蒸発」の論理…………………………… 243
芸能人とはなにか………………………… 246
職業人としての泥棒……………………… 249
裸こそ完全武装…………………………… 252
意外性の問題……………………………… 255
資本家の精神……………………………… 258
メロ映画の戦前と戦後…………………… 261
客体化とメカニズム……………………… 264
野師の見世物……………………………… 267
レジスタンスについて…………………… 270
秋元松代…………………………………… 275
大きさは測るべからず…………………… 281
『リア王』とトルストイ………………… 283
IV
聖女と魔女………………………………… 289
恥部との対決……………………………… 293
統一とはなにか…………………………… 297
俗聖の在りかた…………………………… 301
祈願の意味………………………………… 305
監視と発見………………………………… 309
亡国の思想………………………………… 313
無帽時代…………………………………… 317
タイム・マシン…………………………… 321
シベリア出兵の意味……………………… 323
家具の哲学………………………………… 328
V 小説平家………………………… 331
第1章 冠者伝 …………………………… 333
第2章 霊異記 …………………………… 372
第3章 大秘事 …………………………… 406
第4章 御舎利 …………………………… 461
第5章 聖人絵 …………………………… 500
*解題・校訂……………………………… 521
解題(久保覚)……………………… 523
校訂…………………………………… 539
 

第14巻 1978.9.16
 
I
マカロニの意味………………………………13
モンゴル的人間像……………………………19
『故事新編』をめぐって……………………23
雪男について…………………………………35
不老不死………………………………………45
波乗りの話……………………………………48
わが西遊記……………………………………52
縄戯考…………………………………………56
太史の簡………………………………………59
演劇における東洋的なもの…………………62
美味救世………………………………………67
II 随筆三国志 ………………………77
蜀犬、日に吠ゆ………………………………79
怪力乱神を語る………………………………91
二桃、三士を殺す………………………… 103
処士横議…………………………………… 114
良禽は木を選ぶ…………………………… 127
燕人燕語…………………………………… 137
儒生、時務を知らず……………………… 147
説三分……………………………………… 157
飲馬長城窟行……………………………… 168
豆は釜中に在って泣く…………………… 181
烏に反哺の孝あり………………………… 191
撃壌歌……………………………………… 201
III
風と共に…………………………………… 215
説三分…………………………………… 215
月と六ペンス…………………………… 216
一億総小びと化………………………… 217
野球ケンの思想………………………… 219
伝統と創造……………………………… 220
花鳥風詠………………………………… 221
近代の超克……………………………… 222
有名無実………………………………… 223
日記のさまざま………………………… 225
アンマという職業……………………… 226
アマとプロ……………………………… 227
職業の今昔……………………………… 228
目的意識論……………………………… 230
一反木綿考……………………………… 231
本朝二十四孝…………………………… 232
点者の話………………………………… 233
校正恐るべし…………………………… 234
滝について……………………………… 236
冒険と日和見…………………………… 237
二天の鳥の絵…………………………… 238
野ガモの記……………………………… 239
東洋趣味………………………………… 241
乱世の課題……………………………… 242
地の塩…………………………………… 243
老人雑話…………………………………… 245
親不孝の時代……………………………… 254
鑑定家と批評家…………………………… 258
サボナローラとメッテルニヒ…………… 263
原点と原罪………………………………… 268
犬死礼讃…………………………………… 273
かじけ猫…………………………………… 278
非暴力の象徴……………………………… 283
古式ゆたかな死…………………………… 288
蝉噪記……………………………………… 293
被支配階級の武器………………………… 303
天動説……………………………………… 305
天保銭……………………………………… 308
往生者二つのタイプ……………………… 311
やさしさという事………………………… 315
IV
安愚楽鍋…………………………………… 321
北見治一のこと…………………………… 323
第三の性のすすめ………………………… 324
乱世に生きる……………………………… 328
白磁鳳首瓶………………………………… 334
ターザンに告ぐ…………………………… 341
主婦のブルース…………………………… 345
神々の弁証法……………………………… 349
真贋の問題………………………………… 353
三人の放浪者……………………………… 356
他生の縁…………………………………… 371
大衆芸術論………………………………… 375
本の運命…………………………………… 389
芸術としての刺青………………………… 391
反戦的であるということ………………… 404
市場に生きる……………………………… 417
山の鴉……………………………………… 427
虚実をこえた真実………………………… 431
微妙な問題………………………………… 435
古典の眼…………………………………… 445
わが著書を語る―『乱世今昔談』……… 447
わが著書を語る―『東洋的回帰』……… 448
V
クバニ王国考……………………………… 451
かげろう紀行……………………………… 469
*解題・校訂……………………………… 479
解題(久保覚)……………………… 481
校訂…………………………………… 497
 

第15巻 1978.11.16
 
I
絶望型のシャンソン歌手―大庭みな子……17
成熟した眼……………………………………20
ランチとお子さまランチ……………………23
月のいろいろ…………………………………27
ワイワイ天王…………………………………30
ワイワイ天王………………………………30
ご対面………………………………………32
黄粱一炊の夢………………………………34
銀の橋………………………………………36
見果てぬ夢…………………………………38
孤独の在りかた……………………………40
ききみみずきん……………………………42
女とネコ……………………………………44
メダカの教訓………………………………46
尚武のこころ………………………………48
作家と批評家………………………………50
私物化について……………………………52
黄表紙の問題…………………………………54
民の声…………………………………………57
未来はわれらのもの…………………………61
異説・円空……………………………………65
貧乏神礼讃……………………………………69
古書寸言………………………………………77
方法序説………………………………………81
風信……………………………………………88
行きずりの出会い……………………………89
シャモの図……………………………………91
子連れの感想…………………………………95
私の近況………………………………………98
犬も歩けば棒に当る……………………… 100
II こんにゃく閻魔 ……………… 103
米俵のデモ………………………………… 105
出版社とは何か…………………………… 106
戻る………………………………………… 107
ぬけ穴の首………………………………… 108
敬老精神…………………………………… 109
バカと利口………………………………… 110
アカデミック・フール…………………… 111
繰り返しの人生…………………………… 112
ロイの効用………………………………… 113
二人浦島…………………………………… 114
批評家失格………………………………… 115
遠野物語の系譜…………………………… 116
裏切者の全集……………………………… 117
投げ銭の秘密……………………………… 118
煙の如くに………………………………… 119
二足三文の事……………………………… 120
我利我利亡者……………………………… 121
南方熊楠の思想…………………………… 122
ニヒルな塩味……………………………… 123
純文芸誌の衰運…………………………… 124
言論の自由………………………………… 125
赤・黒・青………………………………… 126
十年一変の説……………………………… 127
女嫌い……………………………………… 128
犯科帳のリアリズム……………………… 129
天国の門…………………………………… 130
聞き上手…………………………………… 131
二流の人…………………………………… 132
悪役の魅力………………………………… 133
ライバル…………………………………… 134
正直な追悼文……………………………… 135
まじめな批評家…………………………… 136
俗物の回想………………………………… 137
お客さまは神さま………………………… 138
半可通の文学者…………………………… 139
越境した芸術家…………………………… 140
冠婚葬祭屋………………………………… 141
芸術至上主義……………………………… 142
ボンサイ老人……………………………… 143
文学者の政党支持………………………… 144
こんにゃく閻魔…………………………… 145
風俗の変遷………………………………… 146
コンニャク・エンマ再説………………… 148
千里の馬は常に有れど…………………… 149
出版社の前近代性………………………… 150
典座教訓…………………………………… 151
自然放置と自然保護……………………… 152
質よりも量………………………………… 153
日本人の笑いの源流……………………… 154
声の力……………………………………… 155
永遠の批評家……………………………… 156
高僧伝のハンラン………………………… 157
天才政治家の素質………………………… 158
古典へ帰れ………………………………… 159
人間消滅…………………………………… 161
旧人発見…………………………………… 162
編集者の苦衷……………………………… 163
岩波版の荷風全集………………………… 164
予言的中…………………………………… 165
風俗小説待望論…………………………… 166
家長の心配………………………………… 167
講座・健康道場…………………………… 168
モナ・リザ不信…………………………… 169
棒術復興…………………………………… 170
メダカの孤独……………………………… 171
善意の人々………………………………… 172
下手の長談義……………………………… 173
神の声……………………………………… 174
老人頌……………………………………… 175
抵抗の三十年……………………………… 176
表現の自由………………………………… 177
良心的出版社……………………………… 178
学者と批評家……………………………… 179
詩人の運命………………………………… 180
論争の心得………………………………… 181
モナ・リザ再発見………………………… 182
傑作とは何か……………………………… 183
III
箱の話……………………………………… 187
ダイダラ坊の足跡………………………… 191
恒民無敵…………………………………… 195
淫祠の教訓………………………………… 199
永徳・信長・謙信………………………… 202
楠葉一族…………………………………… 214
サルカニ合戦……………………………… 222
IV 日本のルネッサンス人 ……… 227
眼下の眺め………………………………… 229
本阿弥系図………………………………… 240
琵琶湖の鮒………………………………… 263
カラスとサギ……………………………… 271
小京都……………………………………… 279
悪女伝……………………………………… 287
ナマズ考…………………………………… 300
古沼抄……………………………………… 308
利休好み…………………………………… 314
まま子の問題……………………………… 322
陵王の曲…………………………………… 330
曲玉転々…………………………………… 338
石山怪談…………………………………… 346
舞の本……………………………………… 354
金銭記……………………………………… 362
赤ん坊屋敷………………………………… 370
非人志願…………………………………… 380
金いろの雲………………………………… 390
V 室町小説集……………………… 399
『吉野葛』注……………………………… 401
画人伝……………………………………… 418
開かずの箱………………………………… 469
力婦伝……………………………………… 489
伊勢氏家訓………………………………… 530
VI
首が飛んでも―眉間尺…………………… 549
*解題・校訂……………………………… 567
解題(久保覚)……………………… 569
校訂…………………………………… 589
 

別巻1 1978.12.16
 
I 新劇評判記………………………… 7
1 諷刺と感傷―『女は占領されない』…… 9
2 自然主義の克服―『千鳥』………………27
3 転形期の挫折―『東の国にて』…………43
4 新しいメロドラマ―『ガラスの動物園』……65
5 大衆化と俗流化―『馬五郎一座てんまつ記』……81
6 戦後派の到達点―『蠍を飼う女』………97
7 リアリズムの限界―『島』…………… 115
8 日本の耽美派―『熱帯樹』…………… 127
9 近代劇の古典―『森林』……………… 147
10 絶望と希望―旅から帰って ………… 155
11 主知派の笑い―『塔』 ……………… 179
12 煽動の問題―『石の語る日』 ……… 195
13 愛情の意味―『イルクーツク物語』…… 211
14 芸術綜合化の課題 …………………… 229
『新劇評判記』あとがき……………… 258
II 運動族の意見―映画問答 …… 261
I 戦後を超える思想……………………… 263
II 残酷描写と変革の思想 ……………… 289
III 批評家を批評する…………………… 315
IV 転形期の芸術 ………………………… 337
V 革命と映画・その1 …………………… 361
VI 革命と映画・その2…………………… 385
VII 作家の転向と性の描き方…………… 399
VIII 芸術運動とは何か ………………… 425
『運動族の意見―映画問答』あとがき…… 448
*付 作品案内…………………………… 449
*解題(久保覚)………………………… 501
 

別巻2 1980.3.28
 
補遺
樹下石上………………………………………11
あいろにい……………………………………31
無構成の哲学―エドガア・ポオ瞥見………32
大阪の反逆―藤沢・小野・織田論…………52
『真昼の顔』…………………………………54
原始文学………………………………………55
ものの見方について…………………………60
サドへ、サドへと……………………………66
まごつくスーパーマン………………………70
コロンブスの卵………………………………73
編集委員の言葉………………………………76
座頭市と三四郎………………………………77
文豪の悲劇……………………………………79
総合雑誌の正体………………………………81
自殺賞…………………………………………83
ある全集………………………………………85
我こそは………………………………………87
面従腹背の徒…………………………………89
起死回生の道…………………………………91
愛があるから大丈夫…………………………93
匿名の第一課…………………………………95
講演・談話記録
田中英光の死…………………………………99
芸術家の制服……………………………… 100
政治と芸術………………………………… 103
近代の超克―魯迅友の会懇談会報告…… 107
伝統と現代―著者に聞く………………… 109
集団制作への問題提起…………………… 111
『室町小説集』をめぐって―後南朝のこと…… 117
*年譜……………………………………… 125
*著作年譜………………………………… 193
*書誌……………………………………… 281
*上演・放送記録………………………… 341
*インタビュー目録……………………… 353
*対談・座談年譜………………………… 357
*研究文献目録久保覚〔編〕…………… 379
*資料……………………………………… 431
*付録……………………………………… 457
『東大陸』…………………………… 459
『東大陸』編集後記………………… 470
『文化組織』………………………… 481
『真善美』…………………………… 498
我観社・真善美社刊行目録………… 503
『綜合文化』………………………… 508
『新日本文学』……………………… 516
『季刊現代芸術』…………………… 543
『現代芸術』………………………… 546
*解題・校訂……………………………… 555
解題(久保覚)……………………… 557
校訂…………………………………… 576
*索引………………………………………… 1
[ 2011/03/13 23:04 ] 花田清輝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。