研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  萩原朔太郎 >  『萩原朔太郎全集』全15巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『萩原朔太郎全集』全15巻

『萩原朔太郎全集』全15巻(筑摩書房、1975.5~1978.4)



第1巻 詩集 1 1975.5.25
 
凡例
月に吠える…………………………………… 3
序(北原白秋)…………………………… 5
序……………………………………………10
詩集例言……………………………………15
竹とその哀傷………………………………17
地面の底の病気の顔……………………18
草の茎……………………………………19
竹…………………………………………20
竹…………………………………………21
すえたる菊………………………………23
亀…………………………………………24
笛…………………………………………25
冬…………………………………………26
天上縊死…………………………………27
卵…………………………………………27
雲雀料理……………………………………29
感傷の手…………………………………31
山居………………………………………32
苗…………………………………………32
殺人事件…………………………………33
盆景………………………………………34
雲雀料理…………………………………35
掌上の種…………………………………36
天景………………………………………37
焦心………………………………………37
悲しい月夜…………………………………39
かなしい遠景……………………………40
悲しい月夜………………………………41
死…………………………………………42
危険な散歩………………………………43
酒精中毒者の死…………………………44
干からびた犯罪…………………………45
蛙の死……………………………………46
くさつた蛤…………………………………47
内部に居る人が畸形な病人に見える理由……49
椅子………………………………………50
春夜………………………………………51
ばくてりやの世界………………………52
およぐひと………………………………54
ありあけ…………………………………55
猫…………………………………………56
貝…………………………………………56
麦畑の一隅にて…………………………57
陽春………………………………………58
くさつた蛤………………………………59
春の実体…………………………………60
贈物にそへて……………………………61
さびしい情慾………………………………63
愛憐………………………………………64
恋を恋する人……………………………65
五月の貴公子……………………………66
白い月……………………………………67
肖像………………………………………68
さびしい人格……………………………69
見知らぬ犬…………………………………73
見しらぬ犬………………………………74
青樹の梢をあふぎて……………………75
蛙よ………………………………………77
山に登る…………………………………78
海水旅館…………………………………79
孤独………………………………………80
白い共同椅子……………………………81
田舎を恐る………………………………81
長詩二篇……………………………………83
雲雀の巣…………………………………84
笛…………………………………………91
跋 健康の都市(室生犀星)……………95
挿画附言(田中恭吉,恩地孝四郎) … 103
故田中恭吉氏の芸術に就いて………… 108
月に吠える 再版……………………… 113
再版の序……………………………… 115
挿画附言 第二版附記(恩地孝四郎)…… 119
青猫………………………………………… 121
序………………………………………… 123
凡例……………………………………… 127
幻の寝台………………………………… 129
薄暮の部屋…………………………… 130
寝台を求む…………………………… 133
沖を眺望する………………………… 135
強い腕に抱かる……………………… 136
群集の中を求めて歩く……………… 138
その手は菓子である………………… 140
青猫…………………………………… 143
月夜…………………………………… 144
春の感情……………………………… 145
野原に寝る…………………………… 146
蝿の唱歌……………………………… 147
恐ろしく憂鬱なる…………………… 149
憂鬱なる桜……………………………… 153
憂鬱なる花見………………………… 155
夢にみる空家の庭の秘密…………… 157
黒い風琴……………………………… 159
憂鬱の川辺…………………………… 161
仏の見たる幻想の世界……………… 162
鶏……………………………………… 164
さびしい青猫…………………………… 167
みじめな街燈………………………… 169
恐ろしい山…………………………… 170
題のない歌…………………………… 171
艶めかしい墓場……………………… 172
くづれる肉体………………………… 173
鴉毛の婦人…………………………… 174
緑色の笛……………………………… 175
寄生蟹のうた………………………… 176
かなしい囚人………………………… 178
猫柳…………………………………… 179
憂鬱な風景…………………………… 180
野鼠…………………………………… 181
五月の死びと………………………… 182
輪廻と転生…………………………… 183
さびしい来歴………………………… 184
閑雅な食慾……………………………… 187
怠惰の暦……………………………… 188
閑雅な食慾…………………………… 189
馬車の中で…………………………… 190
青空…………………………………… 191
最も原始的な情緒…………………… 191
天候と思想…………………………… 192
笛の音のする里へ行かうよ………… 194
意志と無明……………………………… 195
蒼ざめた馬…………………………… 197
思想は一つの意匠であるか………… 198
厭やらしい景物……………………… 199
囀鳥…………………………………… 200
悪い季節……………………………… 201
遺伝…………………………………… 203
顔……………………………………… 205
白い牡鶏……………………………… 206
自然の背後に隠れて居る…………… 207
艶めける霊魂…………………………… 211
艶めける霊魂………………………… 212
花やかなる情緒……………………… 214
片恋…………………………………… 216
夢……………………………………… 218
春宵…………………………………… 220
 …………………… 222
軍隊…………………………………… 224
附録 自由詩のリズムに就て………… 229
蝶を夢む…………………………………… 257
詩集の始に……………………………… 259
蝶を夢む(詩集前篇)………………… 261
蝶を夢む……………………………… 263
腕のある寝台………………………… 264
青空に飛び行く……………………… 266
冬の海の光を感ず…………………… 267
騒擾…………………………………… 268
群集の中を求めて歩く……………… 269
内部への月影………………………… 271
陸橋…………………………………… 273
灰色の道……………………………… 273
その手は菓子である………………… 276
その襟足は魚である………………… 278
春の芽生……………………………… 279
黒い蝙蝠……………………………… 280
石竹と青猫…………………………… 281
海鳥…………………………………… 283
眺望…………………………………… 284
蟾蜍…………………………………… 285
家畜…………………………………… 286
夢……………………………………… 286
寄生蟹のうた………………………… 288
野鼠…………………………………… 289
閑雅な食慾…………………………… 290
馬車の中で…………………………… 291
野景…………………………………… 292
絶望の逃走…………………………… 292
僕等の親分…………………………… 295
涅槃…………………………………… 298
かつて信仰は地上にあつた………… 300
商業…………………………………… 302
まづしき展望………………………… 304
農夫…………………………………… 305
波止場の烟…………………………… 306
松葉に光る(詩集後篇)……………… 309
狼……………………………………… 311
松葉に光る…………………………… 312
輝やける手…………………………… 313
酢えたる菊…………………………… 314
悲しい月夜…………………………… 315
かなしい薄暮………………………… 316
天路巡歴……………………………… 317
亀……………………………………… 319
白夜…………………………………… 320
巣……………………………………… 321
懺悔…………………………………… 322
夜の酒場……………………………… 322
月夜…………………………………… 324
見えない兇賊………………………… 324
有害なる動物………………………… 326
さびしい人格………………………… 326
恋を恋する人………………………… 329
贈物にそへて………………………… 331
遊泳…………………………………… 331
瞳孔のある海辺……………………… 332
空に光る……………………………… 333
緑蔭倶楽部…………………………… 334
榛名富士……………………………… 335
くさつた蛤…………………………… 336
散文詩(四篇)………………………… 339
吠える犬……………………………… 341
柳……………………………………… 342
Omegaの瞳 …………………………… 343
極光…………………………………… 344
草稿詩篇…………………………………… 345
草稿詩篇凡例…………………………… 346
月に吠える……………………………… 347
青猫……………………………………… 402
蝶を夢む………………………………… 413
*校異……………………………………… 431
校異凡例……………………………… 432
月に吠える…………………………… 433
青猫…………………………………… 473
蝶を夢む……………………………… 503
*解題……………………………………… 519
 

第2巻 詩集 2 1976.3.25
 
凡例
純情小曲集…………………………………… 3
珍らしいものをかくしてゐる人への序文(室生犀星)…… 5
自序………………………………………… 6
出版に際して……………………………… 8
愛憐詩篇……………………………………11
夜汽車……………………………………12
こころ……………………………………13
女よ………………………………………14
桜…………………………………………15
旅上………………………………………16
金魚………………………………………17
静物………………………………………17
涙…………………………………………18
蟻地獄……………………………………19
利根川のほとり…………………………20
浜辺………………………………………21
緑蔭………………………………………22
再会………………………………………23
地上………………………………………24
花鳥………………………………………25
初夏の印象………………………………26
洋銀の皿…………………………………27
月光と海月………………………………28
郷土望景詩…………………………………31
中学の校庭………………………………32
波宜亭……………………………………32
二子山附近………………………………33
才川町……………………………………34
小出新道…………………………………35
新前橋駅…………………………………36
大渡橋……………………………………37
広瀬川……………………………………39
利根の松原………………………………39
公園の椅子………………………………40
郷土望景詩の後に…………………………43
I 前橋公園………………………………44
II 大渡橋 ………………………………44
III 新前橋駅……………………………45
IV 小出松林 ……………………………45
V 波宜亭…………………………………46
VI 前橋中学 ……………………………46
跋(萩原恭次郎)…………………………49
第一書房版萩原朔太郎詩集…………………53
序……………………………………………55
凡例…………………………………………58
青猫(以後)………………………………59
桃李の道…………………………………60
風船乗りの夢……………………………61
古風な博覧会……………………………63
まどろすの歌……………………………64
荒寥地方…………………………………66
仏陀………………………………………67
ある風景の内殼から……………………68
輪廻と樹木………………………………70
暦の亡魂…………………………………72
沿海地方…………………………………73
大砲を撃つ………………………………75
海豹………………………………………76
猫の死骸…………………………………78
沼沢地方…………………………………79
鴉…………………………………………81
駱駝………………………………………82
大井町……………………………………83
吉原………………………………………84
大工の弟子………………………………85
空家の晩食………………………………87
郷土望景詩…………………………………89
監獄裏の林………………………………90
新潮社版現代詩人全集萩原朔太郎集………93
萩原朔太郎自伝……………………………94
郵便局の窓口で…………………………95
時計………………………………………96
我れの持たざるものは一切なり………98
虚無の鴉…………………………………99
氷島………………………………………… 101
自序……………………………………… 103
漂泊者の歌……………………………… 106
遊園地にて……………………………… 108
乃木坂倶楽部…………………………… 110
殺せかし!殺せかし!………………… 111
帰郷……………………………………… 113
波宜亭…………………………………… 114
家庭……………………………………… 115
珈琲店 酔月…………………………… 116
新年……………………………………… 117
晩秋……………………………………… 118
品川沖観艦式…………………………… 119
火………………………………………… 120
地下鉄道にて…………………………… 122
小出新道………………………………… 123
告別……………………………………… 124
動物園にて……………………………… 125
中学の校庭……………………………… 126
国定忠治の墓…………………………… 127
広瀬川…………………………………… 128
虎………………………………………… 129
無用の書物……………………………… 131
虚無の鴉………………………………… 132
我れの持たざるものは一切なり……… 133
監獄裏の林……………………………… 134
昨日にまさる恋しさの………………… 135
詩篇小解………………………………… 137
定本青猫…………………………………… 141
自序……………………………………… 143
蝶を夢む………………………………… 150
黒い蝙蝠………………………………… 151
石竹と青猫……………………………… 152
海鳥……………………………………… 153
陸橋……………………………………… 154
家畜……………………………………… 155
農夫……………………………………… 157
波止場の煙……………………………… 158
その手は菓子である…………………… 159
群集の中を求めて歩く………………… 161
青猫……………………………………… 165
月夜……………………………………… 166
春の感情………………………………… 167
蝿の唱歌………………………………… 168
恐ろしく憂鬱なる……………………… 170
憂鬱なる花見…………………………… 172
怠惰の暦………………………………… 174
閑雅な食慾……………………………… 175
馬車の中で……………………………… 176
最も原始的な情緒……………………… 177
天候と思想……………………………… 178
笛の音のする里へ行かうよ…………… 179
蒼ざめた馬……………………………… 180
思想は一つの意匠であるか…………… 181
顔………………………………………… 182
白い雄鶏………………………………… 183
囀鳥……………………………………… 184
悪い季節………………………………… 185
桃李の道………………………………… 187
風船乗りの夢…………………………… 190
古風な博覧会…………………………… 191
まどろすの歌…………………………… 192
荒寥地方………………………………… 194
仏陀……………………………………… 195
ある風景の内殼から…………………… 196
輪廻と樹木……………………………… 198
暦の亡魂………………………………… 200
夢にみる空家の庭の秘密……………… 201
黒い風琴………………………………… 203
憂鬱の川辺……………………………… 206
仏の見たる幻想の世界………………… 207
鶏………………………………………… 209
みじめな街燈…………………………… 211
恐ろしい山……………………………… 212
題のない歌……………………………… 213
艶めかしい墓場………………………… 214
くづれる肉体…………………………… 217
鴉毛の婦人……………………………… 218
緑色の笛………………………………… 219
寄生蟹のうた…………………………… 220
かなしい囚人…………………………… 221
猫柳……………………………………… 222
憂鬱な風景……………………………… 223
野鼠……………………………………… 224
輪廻と転生……………………………… 225
厭やらしい景物………………………… 227
さびしい来歴…………………………… 228
沿海地方………………………………… 229
大砲を撃つ……………………………… 231
海豹……………………………………… 232
猫の死骸………………………………… 234
沼沢地方………………………………… 235
鴉………………………………………… 237
駱駝……………………………………… 238
大井町…………………………………… 239
吉原……………………………………… 242
郵便局の窓口で………………………… 243
大工の弟子……………………………… 245
時計……………………………………… 246
附録 猫。青猫。萩原朔太郎。(蔵原伸二郎)…… 248
巻尾に…………………………………… 254
宿命………………………………………… 255
散文詩について………………………… 257
散文詩…………………………………… 259
ああ固い氷を破つて………………… 260
婦人と雨……………………………… 260
芝生の上で…………………………… 261
舌のない真理………………………… 262
慈悲…………………………………… 263
秋晴…………………………………… 263
浪と無明……………………………… 264
陸橋を渡る…………………………… 265
恐怖への予感………………………… 266
涙ぐましい夕暮……………………… 266
地球を跳躍して……………………… 267
宿酔の朝に…………………………… 267
夜汽車の窓で………………………… 269
荒寥たる地方での会話……………… 270
パノラマ館にて……………………… 271
喘ぐ馬を駆る………………………… 274
春のくる時…………………………… 275
AULD LANG SYNE!…………………… 275
木偶芝居……………………………… 277
極光地方から………………………… 278
断橋…………………………………… 278
運命への忍辱………………………… 279
寂寥の川辺…………………………… 279
船室から……………………………… 280
田舎の時計…………………………… 281
球転がし……………………………… 284
鯉幟を見て…………………………… 286
記憶を捨てる………………………… 288
情緒よ!君は帰らざるか…………… 288
港の雑貨店で………………………… 289
死なない蛸…………………………… 290
鏡……………………………………… 292
狐……………………………………… 292
吹雪の中で…………………………… 293
銃器店の前で………………………… 293
虚数の虎……………………………… 293
自然の中で…………………………… 294
触手ある空間………………………… 294
大仏…………………………………… 295
家……………………………………… 295
黒い洋傘……………………………… 295
国境にて……………………………… 296
恐ろしき人形芝居…………………… 296
歯をもてる意志……………………… 297
墓……………………………………… 297
神神の生活…………………………… 299
郵便局………………………………… 301
航海の歌……………………………… 303
海……………………………………… 304
建築のNostalgia …………………… 306
初夏の歌……………………………… 307
女のいぢらしさ……………………… 308
父……………………………………… 311
敵……………………………………… 311
物質の感情…………………………… 311
物体…………………………………… 312
自殺の恐ろしさ……………………… 312
龍……………………………………… 314
時計を見る狂人……………………… 314
群集の中に居て……………………… 315
橋……………………………………… 319
詩人の死ぬや悲し…………………… 319
主よ。休息をあたへ給へ!………… 322
父と子供……………………………… 323
戸……………………………………… 325
山上の祈……………………………… 326
戦場での幻想………………………… 326
蟲……………………………………… 327
虚無の歌……………………………… 333
貸家札………………………………… 336
この手に限るよ……………………… 338
臥床の中で…………………………… 341
物みなは歳日と共に亡び行く……… 345
附録 散文詩自註……………………… 353
習作集(愛憐詩篇ノート)……………… 371
習作集凡例……………………………… 372
習作集第八巻(1913、4) …………… 373
ある日………………………………… 373
放蕩の蟲……………………………… 374
歌集「空いろの花」の序に………… 375
女よ…………………………………… 376
五月…………………………………… 377
こころ………………………………… 378
みちゆき……………………………… 379
さくら………………………………… 380
(無題)………………………… 381
ひかげをとこ………………………… 381
ほほづき……………………………… 382
五月…………………………………… 383
歌……………………………………… 384
(無題)………………………… 385
(無題)………………………… 386
ありぢごく…………………………… 387
(無題)………………………… 388
涙……………………………………… 388
(無題)………………………… 389
羽蟲の羽……………………………… 390
鬼ごと………………………………… 396
白き顔………………………………… 401
うまごやし…………………………… 403
別れ路………………………………… 405
成長…………………………………… 407
ゆく春のありや……………………… 408
ふるさと……………………………… 410
題しらず……………………………… 412
いろはがるた………………………… 413
題しらず……………………………… 417
雨の降る日…………………………… 418
一宮川旅情の歌……………………… 419
緑蔭…………………………………… 420
公園の夏……………………………… 421
慕郷黄昏曲…………………………… 422
林檎の核……………………………… 423
五月の歌……………………………… 427
月見草………………………………… 428
一群の鳥……………………………… 429
麦……………………………………… 434
ふぶき………………………………… 435
ひとりみ……………………………… 436
題しらず……………………………… 436
ものごころ…………………………… 437
稚子 外二篇………………………… 439
(無題)……………………… 439
(無題)……………………… 440
浜辺…………………………………… 440
秋……………………………………… 442
目無し魚……………………………… 443
歌……………………………………… 444
恋魚夜曲……………………………… 446
白日夢………………………………… 447
我をいとほしむ歌…………………… 448
習作集第九巻(1913、9) …………… 451
うすやみ……………………………… 451
あきらめ……………………………… 452
小曲集………………………………… 453
神に捧ぐる歌………………………… 456
九月上旬の午後……………………… 457
工人の群……………………………… 458
少女よ………………………………… 459
偶成…………………………………… 460
少年…………………………………… 461
秋……………………………………… 461
秋晴…………………………………… 463
秋思…………………………………… 464
ドン・キホーテ……………………… 465
郊外…………………………………… 466
青空…………………………………… 467
秋日行語……………………………… 469
中秋雑詠……………………………… 470
晩秋…………………………………… 473
からたちの垣根……………………… 474
偶成…………………………………… 474
晩秋…………………………………… 475
雪解けの朝…………………………… 478
○(無題)…………………………… 479
春の来る頃…………………………… 479
初冬…………………………………… 480
遠望…………………………………… 481
浮名…………………………………… 482
春日…………………………………… 483
利根川の岸辺より…………………… 484
冬日哀語……………………………… 486
くもり日……………………………… 487
月光と海月…………………………… 488
夢みるひと…………………………… 489
器物…………………………………… 491
上京当日……………………………… 493
街道…………………………………… 494
殺生…………………………………… 495
春愁…………………………………… 496
五月上旬……………………………… 497
光る齲歯……………………………… 498
地上…………………………………… 499
みちゆき後篇………………………… 500
断章…………………………………… 502
緑蔭倶楽部…………………………… 504
花鳥…………………………………… 505
くちづけ……………………………… 506
立秋…………………………………… 508
詠嘆余情……………………………… 509
幼魚…………………………………… 510
遠き背景……………………………… 511
自画像………………………………… 511
九月の市街…………………………… 512
遊泳…………………………………… 513
おもひで……………………………… 514
春子に………………………………… 515
遍路道心……………………………… 515
水尾…………………………………… 517
こころ………………………………… 517
銀……………………………………… 518
釣……………………………………… 518
命……………………………………… 519
雀……………………………………… 519
×(無題)…………………………… 520
おもひで……………………………… 520
写真…………………………………… 521
もみぢ………………………………… 521
冬をまつひと………………………… 522
狼殺し………………………………… 523
顔……………………………………… 524
○(無題)…………………………… 524
病気の探偵…………………………… 526
病児と青い紐………………………… 527
九月の外光…………………………… 529
土地を掘るひと……………………… 530
つみびと……………………………… 531
草稿詩篇…………………………………… 533
草稿詩篇凡例…………………………… 534
純情小曲集……………………………… 535
氷島……………………………………… 537
宿命……………………………………… 548
*校異……………………………………… 553
校異凡例……………………………… 554
純情小曲集…………………………… 555
第一書房版萩原朔太郎詩集………… 562
新潮社版現代詩人全集萩原朔太郎集…… 575
氷島…………………………………… 576
定本青猫……………………………… 582
宿命…………………………………… 595
*解題……………………………………… 617
 

第3巻 詩集 3 1977.5.30
 
凡例
拾遺詩篇
拾遺詩篇……………………………………… 5
感謝………………………………………… 6
古盃………………………………………… 7
君が家……………………………………… 8
煤掃…………………………………………10
ゆく春………………………………………14
蛇苺…………………………………………15
絶句四章……………………………………17
秋の日………………………………………18
宿酔…………………………………………22
なにか知らねど……………………………25
秋……………………………………………25
ものごころ…………………………………27
ふぶき………………………………………28
鳥……………………………………………29
小曲集………………………………………29
小曲集………………………………………31
放蕩の蟲……………………………………32
暮春詠嘆調…………………………………33
ありや二曲…………………………………34
ふるさと……………………………………35
秋日行語……………………………………36
蟲……………………………………………37
便なき幼児のうたへる歌…………………38
くさばな……………………………………38
うすやみ……………………………………39
神に捧ぐる歌………………………………39
爪……………………………………………40
歓魚夜曲……………………………………41
秋日行語……………………………………42
郊外…………………………………………43
麦……………………………………………44
雨の降る日…………………………………45
晩秋哀語……………………………………46
からたちの垣根……………………………47
街道…………………………………………47
春の来る頃…………………………………48
早春…………………………………………49
鉄橋橋下……………………………………50
春日…………………………………………51
黎明と樹木…………………………………52
遠望…………………………………………53
浮名…………………………………………54
利根川の岸辺より…………………………55
幼き妹に……………………………………57
初夏の祈祷…………………………………58
交歓記誌……………………………………59
供養…………………………………………60
受難日………………………………………61
滝……………………………………………63
立秋…………………………………………64
偏狂…………………………………………65
若き尼たちの歩む路………………………66
螢……………………………………………67
立秋…………………………………………68
岩魚…………………………………………69
旅上…………………………………………70
畑……………………………………………71
決闘…………………………………………71
感傷の塔……………………………………73
光る風景……………………………………74
純銀の賽……………………………………76
鉱夫の歌……………………………………78
厩……………………………………………79
感傷品………………………………………81
真如…………………………………………81
和讃類纂……………………………………82
情慾…………………………………………85
月蝕皆既……………………………………86
磨かれたる金属の手………………………87
青いゆき……………………………………89
蒼天…………………………………………89
霊智…………………………………………90
秘仏…………………………………………91
永日和讃……………………………………91
ぎたる弾くひと……………………………92
巡礼紀行……………………………………93
螢狩…………………………………………95
孝子実伝……………………………………96
玩具箱………………………………………97
冬を待つひと………………………………98
疾患光路……………………………………99
合唱……………………………………… 100
岩清水…………………………………… 101
山頂……………………………………… 102
南の海へ行きます……………………… 103
竹………………………………………… 105
竹の根の先を掘るひと………………… 106
夜景……………………………………… 107
たびよりかへれる巡礼のうた………… 108
祈祷……………………………………… 108
小春……………………………………… 109
芽………………………………………… 109
三人目の患者…………………………… 110
叙情小曲………………………………… 111
もみぢ…………………………………… 112
春日詠嘆調……………………………… 113
吹雪……………………………………… 114
諷詩……………………………………… 115
絶望の足………………………………… 116
都会と田舎……………………………… 117
酒場にあつまる………………………… 123
よき祖母上に…………………………… 124
紫色の感情にて………………………… 127
我れ何所へ行かん……………………… 128
眺望する………………………………… 129
別れ……………………………………… 131
春昼……………………………………… 132
祈祷……………………………………… 133
記憶……………………………………… 134
敵………………………………………… 135
近日所感………………………………… 136
クリスマス……………………………… 136
南京陥落の日に………………………… 137
広瀬河畔を逍遥しつつ………………… 139
父の墓に詣でて………………………… 139
昔の小出新道にて……………………… 140
散文詩・詩的散文………………………… 141
SENTIMENTALISM………………………… 142
遊泳……………………………………… 147
秋日帰郷………………………………… 149
感傷詩論………………………………… 157
聖餐余録………………………………… 166
光の説…………………………………… 171
手の幻影………………………………… 176
危険なる新光線………………………… 177
懺悔者の姿……………………………… 178
鼠と病人の巣…………………………… 179
言はなければならない事……………… 182
握つた手の感覚………………………… 191
新人の祈祷……………………………… 205
なつかしい微笑………………………… 207
青ざめた良心…………………………… 210
生えざる苗……………………………… 213
ADVENTURE OF THE MYSTERY…………… 216
二つの手紙……………………………… 224
坂………………………………………… 233
大井町…………………………………… 238
未発表詩篇
未発表詩篇………………………………… 247
○(悲しみにたへざる夕べである)… 248
○(さびしくてさびしくて町に出で)…… 248
○(いのりをあげてわれはゆく)…… 249
○(TANGOをどれ) …………………… 249
空中楼閣………………………………… 251
月光……………………………………… 252
センチメンタリズムの黎明…………… 253
○(さはつねに哀しく)……………… 255
○(菊のにほひをかぎなれし)……… 256
枝の印象………………………………… 256
静夜……………………………………… 257
松………………………………………… 258
涙………………………………………… 259
○(ぽつくりふくらんだケシの珠根)…… 259
○(しんねんたる柳の木立道ばたの)…… 260
行路……………………………………… 260
くろんぼ踊り…………………………… 261
○(元始、人が魚になる)…………… 263
みなそこの都会………………………… 264
銀座の菊………………………………… 265
晩景……………………………………… 266
蝕金光路………………………………… 268
顔………………………………………… 269
室生犀星に……………………………… 270
○(きみと居るとき)………………… 272
穴をもとむ……………………………… 272
祈祷……………………………………… 273
月夜……………………………………… 274
○(わたしどもの風俗は)…………… 275
○(恋人よ)…………………………… 277
群盗……………………………………… 277
○(われの故郷にあるときは)……… 278
○(散りすぎし山茶花の)…………… 279
○(よるに至りて哀しきことあり)… 279
○(くいくやみ)……………………… 280
手の肖像………………………………… 281
○(心霊意識のための絶息する手淫がある)…… 282
家………………………………………… 282
道心……………………………………… 283
○(にはとり鳴くと思ひきや)……… 284
○(遠夜の空にかがやける)………… 285
頌………………………………………… 285
われの犯せる罪………………………… 286
○(きのふけふ)……………………… 286
○(そのありさまをみてあれば)…… 287
○(このなんて納まり返つた人たちだ)…… 288
○(わたしは凍え)…………………… 290
先祖……………………………………… 290
生活……………………………………… 291
○(黒塗の光れる俥)………………… 291
○(日もうららかにはれわたる)…… 292
憔悴せるひとのあるく路 夕やけの路…… 292
疾病……………………………………… 294
○(懺悔するもののまへに月がある)…… 295
○(光る銀の鉄砲だ)………………… 295
庭………………………………………… 296
○(はかりかねたる汝の罪だ)……… 296
金庫破り………………………………… 297
都市の進行……………………………… 297
○(いみじきみたまよ)……………… 300
偉大なる懐疑…………………………… 301
○(青火がもえる)…………………… 302
○(私ガ疾患スルトキ)……………… 303
穴………………………………………… 304
夜………………………………………… 305
信仰……………………………………… 306
○(いまは日のくれかた)…………… 307
○(ああ石をとばせ おんみに)…… 308
梢………………………………………… 310
鳥の巣の内部…………………………… 310
○(太陽)……………………………… 311
われのみひとり立ちて………………… 313
○(わが肱かけ椅子は木製にして)… 314
窓………………………………………… 315
○(指と指とをくみあはせ)………… 316
罪の巡礼………………………………… 316
踊の印象………………………………… 317
○(のるうゑいの海のいはほに)…… 318
○( だらけの両手をふつて)……… 319
○(ふくらめうぐひすのこゑごゑ)… 319
春の夜の会話…………………………… 320
恋を恋するひと………………………… 322
○(をとめの色は白かつた)………… 324
○(わたしはよだれをたらして)…… 324
○(あたらしい旅がはじまつた)…… 325
歩行して居る人の印象………………… 326
○(窓をひらけばいつぱいのさくらだ)…… 327
一の真理………………………………… 328
○(ほんとにさびしいこのへんの森の中では)…… 329
森の中から……………………………… 329
○(快活なる女学生の群は)………… 330
○(ああ烏、烏、空をすぎて)……… 332
○(樹のうへのあやかしをみよ)…… 333
○(わがみしところのものは聖なる柱なりき)…… 334
筍………………………………………… 334
蛇つかひ………………………………… 336
馬の眼の印象…………………………… 337
月光の夜に見たる家屋の印象………… 337
病気した{海底 魚介}……………… 338
草の神経………………………………… 339
晩景……………………………………… 340
○(頭痛の原因をしらべるために)… 341
○(しらが太夫の卵)………………… 342
瓶………………………………………… 343
夜………………………………………… 344
○(なやましいみどりの中に)……… 345
遠き風景………………………………… 346
○(ちつぽけな)……………………… 347
玻璃製の案山子………………………… 348
○(君とはあの緑の樹の下で別れた)…… 349
最後の奇蹟……………………………… 351
炎天……………………………………… 353
手の感触………………………………… 354
○(浪路を越えて行くわるつの浪浪悲しげ)…… 355
○(夢みる)…………………………… 355
○(さてなやましさと寂しさが彼を狂気せしめた)…… 356
○(つめたい藻ぐさのながれが)…… 356
○(せつないかわき切つた森の空気だ)…… 357
○(わたしはわたしの罪をおぼえてゐる)…… 358
硝子製煉場……………………………… 359
烏………………………………………… 361
あいんざあむ…………………………… 362
毛の哀傷………………………………… 363
○(けしきがあかるくなるにつれ)… 363
○(ひとのこころがつめたくなる)… 364
○(だれもがわたくしを忘れてくれ)…… 364
○(ぬすびとといへども)…………… 365
植木……………………………………… 366
春………………………………………… 366
○(『みんなはどこを歩いてるのだ、そしてどんな……)…… 367
さくらのにほひ………………………… 368
田舎に住みてゐる男の言葉…………… 370
三人づれ………………………………… 372
子供の死………………………………… 374
○(しづかに我は椅子をはなれ)…… 376
○(ああ 私は愛を求めてゐる)…… 377
女に近づくな…………………………… 378
○(みんなは手をつないで山路を散歩した)…… 380
消息……………………………………… 381
○(おれの旅をする心は)…………… 382
○(おれは美しい風景なんかみたくもない)…… 383
○(さびしい丘の上には空家がある)…… 384
さびしい松林…………………………… 385
○(ふかい山みちを歩いてゐると)… 385
○(とある高い山のいただきに)…… 386
○(牧場の方へ)……………………… 386
○(まつすぐに生えたる樹木のてんぺんで ちつぽけな蝉……)…… 387
○(竹篭をかついだ男たちが)……… 388
○(この海岸の別荘に来て病を養ふ人人の父親も)…… 390
○(この景色のよい海岸の別荘はだれの家か)…… 390
幸福な晩………………………………… 391
○(ゆめの中ではやさしい愛憐のこころをうしなはない)…… 393
蛙料理…………………………………… 394
○(かなしい遠景の中に)…………… 397
○(わたしは)………………………… 397
○(私たちは舟を浮べる)…………… 398
○(憂鬱のながい柄から)…………… 399
洋燈の下で……………………………… 400
○(笊や味噌こしの類ではない)…… 402
散文詩・詩的散文………………………… 405
浅草公園の夜…………………………… 406
螢狩……………………………………… 408
―宣言―………………………………… 409
異端信条………………………………… 412
○(遊泳、舞踏、賭博、あらゆる遊戯には霊性がある、……)…… 414
○(屍体を汚すの邪淫、煉獄の夜にのむハシツシユの幻惑)…… 416
○(放散する電光のやうに、あめいばの触掌のやうに、……)…… 417
○(新らしい生活がある)…………… 418
遊獵手記………………………………… 419
感情のために…………………………… 421
○(放火者は逃げた、鳥のやうに逃げた、町のはづれの……)…… 422
○(このごろ私はいそがしいことである。郵便脚夫のやうである)…… 423
○(みなさんは女の子を可愛いとおもひませんか)…… 424

草稿詩篇…………………………………… 427
草稿詩篇凡例…………………………… 428
拾遺詩篇………………………………… 429
未発表詩篇……………………………… 458
習作集第八巻・第九巻………………… 496
原稿散逸詩篇…………………………… 503
補遺……………………………………… 525
短歌・俳句・美文
短歌………………………………………… 535
明治35年………………………………… 535
明治36年………………………………… 536
明治37年………………………………… 549
明治38年………………………………… 557
明治39年………………………………… 564
明治41年………………………………… 567
明治42年………………………………… 569
明治43年………………………………… 570
明治44年………………………………… 573
大正2年 ………………………………… 575
『草稿ノート』『書簡』より………… 589
俳句………………………………………… 591
美文………………………………………… 595
花あやめ………………………………… 596
断調……………………………………… 601
二十三夜………………………………… 603
*解題……………………………………… 613
 

第4巻 アフォリズム 1 1975.7.25
 
凡例
新しき欲情…………………………………… 3
概説………………………………………… 5
この書の重版に際して…………………… 9
第一放射線…………………………………11
読者への挨拶……………………………12
新しき欲情………………………………13
指導者と追従者…………………………15
危険人物!………………………………16
ミネルバの梟……………………………17
輝やかしい心像…………………………18
熱風の後に………………………………19
天邪鬼……………………………………19
どんな天気の日に追憶すべきか………19
思想と肉情………………………………21
男としての義務…………………………22
空想家としての男性……………………22
何が健全であるか………………………23
智慧の明暗………………………………25
小心者への同情として…………………25
思想家に就いて誤解するな……………26
求婚広告の秘訣…………………………26
週間説教…………………………………27
芸術に於ける実感の必然性……………28
意志のための飲酒………………………28
師に帰れ詩に帰れ………………………29
二人の旅人………………………………30
趣味と実益 美の起原に就いて………30
この点を差別せよ………………………33
どこに美が見出される?………………33
宮殿を拝して……………………………34
武士道的精神……………………………35
調子に慣れる……………………………36
円球の中心から…………………………37
驚異………………………………………37
終幕の感情………………………………38
改訳された言葉…………………………38
慰められない孤独………………………39
ああ固い氷を破つて……………………39
◎性的趣味に関する疑問………………39
◎色情は芸術であり得るか……………42
第二放射線…………………………………55
道徳か。恋愛か。詩か。でなければ?……56
露台に立ちて……………………………57
何が自然的であるか……………………57
月光を踏んで松影を斬る………………58
悪魔に憑かれた良心……………………58
正義はどこにあるか……………………58
疾風を突いて……………………………59
無職業者の悲哀…………………………59
気位の高い人々…………………………60
探偵術の原理……………………………61
ある哲学者の墓銘に……………………62
自由職業に対する悪しき世評…………62
対色と混色………………………………63
レオナルド・ダ・ヰンチ………………64
婦人と雨…………………………………65
数学………………………………………65
文献学者風な生活………………………66
シヤルル・ボドレエル…………………66
歪力のある人物…………………………68
婦人と演劇………………………………68
お家柄風の趣味…………………………68
国柄風の権力感情………………………69
流行を追ふ人々へ………………………70
真理は風景の中にある…………………70
どこに自然があるか……………………71
酒場の隅から……………………………71
乾からびた菌……………………………72
余色としての友人………………………72
芝生の上で………………………………74
朦朧の明 ………………………………74
粋な風俗と野暮の風俗…………………74
あまりに独逸的な感情…………………76
触手ある思想……………………………77
天界旅行への幻想と錯覚………………78
舌のない真理……………………………80
理性の病気………………………………80
慈悲………………………………………81
浪と無明…………………………………81
予感としての幸福………………………81
目的は結論にない………………………82
秋晴………………………………………82
月を眺めて………………………………83
非文明への感情…………………………83
芸術家の娯楽はどこにあるか…………84
◎主観と客観……………………………85
第三放射線…………………………………95
思想の敵へ………………………………96
真面目すぎる……………………………96
我れは諧謔に非ざれども………………96
どこに詩があるか………………………97
芸術家への有罪判決……………………97
温健派……………………………………98
自然主義前派と自然主義後派…………99
陸橋を渡る………………………………99
運動会情調…………………………… 100
趣味としてすらこの幻想は………… 100
天国の生活に就いて………………… 101
体操学校の庭で……………………… 103
ユダ宗派の耶蘇教徒へ……………… 103
実感で描いた芸術?………………… 104
芸術家の啀み合ひ…………………… 105
芸術 あまりに功利的な芸術……… 106
図書館情調…………………………… 108
田園居住者から……………………… 110
思想家の焦燥………………………… 111
恐怖への予感………………………… 111
涙ぐましい夕暮……………………… 111
水かけ論の意義……………………… 112
良心がありすぎる…………………… 113
宿酔の朝に…………………………… 114
地平線を越えて……………………… 115
現実主義者の幻想…………………… 115
奇怪なる三段論法…………………… 116
幻像の都会…………………………… 117
だれが娘たちの情人であり得るか… 119
大和魂の説…………………………… 120
装幀の意義…………………………… 121
古風な社会主義……………………… 123
学究趣味……………………………… 123
形式論の問答………………………… 123
荒寥たる地方での会話……………… 124
月夜の森を逍遥して………………… 124
むしろ認識の偏見にあれ…………… 124
良心への懐疑………………………… 125
良心! いみじき意匠……………… 125
我等何を勉強すべきか……………… 125
技芸家………………………………… 126
悪人と醜劣漢………………………… 126
未来派の先入見……………………… 127
芸術に関する二つの悪しき観察…… 128
宗教的情操とその功利性…………… 128
青色のさびしい光線………………… 129
遁世思想……………………………… 130
有色人種と白色人種………………… 130
浪漫美感の本質……………………… 131
新純粋理性批判……………………… 131
情調の本質…………………………… 132
窓からの透景………………………… 132
概念で批評するな…………………… 133
◎芸術の二大系統…………………… 133
第四放射線……………………………… 141
予感としての思想…………………… 142
ある自殺者の幻想…………………… 142
音楽としての芸術…………………… 143
いつ平和が来るか…………………… 143
素人の批評…………………………… 144
いかに私がしばしば抽象的でさへもあるか…… 146
進歩とは何ぞや……………………… 146
倦き易い人間………………………… 146
賎民根性の人々……………………… 147
希臘的風光の美学にあれ…………… 147
乞食もまた芸術家であるか………… 147
しけ時の文学………………………… 148
素人写真展覧会で…………………… 149
拾はれない宝石……………………… 149
太田道潅……………………………… 150
ヂレツタントへの書物……………… 150
ヂレツタントの悲哀………………… 150
地球を跳躍して……………………… 151
何が人道主義であるか……………… 151
意志を信じない者の意志…………… 153
何が夢幻的であり得るか…………… 153
劇場の廊下から……………………… 155
癪に障る……………………………… 155
静物…………………………………… 155
喘ぐ馬を駆る………………………… 156
いつ私が没理性であるか…………… 156
演習の講評…………………………… 156
矛盾し得る人物……………………… 157
何が写実であるか…………………… 157
エピクロスの楽園…………………… 158
AULD LANG SYNE!…………………… 159
舞蹈の思想…………………………… 159
詩と論文……………………………… 160
けなげなる人格は叛逆する………… 160
汝自身を穢涜するな………………… 162
芸術家の倫理学……………………… 162
◎芸術的淫猥………………………… 162
但し書を忘れた宣言………………… 165
無為自然の説………………………… 165
俗衆の良心は何を憎むか…………… 166
現実的な人物と現実主義者………… 169
象徴主義の非難……………………… 169
認識の薄暮に………………………… 169
反対の反対…………………………… 170
唯物主義の貴族的精神……………… 170
悪漢と悪魔主義者…………………… 170
みたされない愛……………………… 171
海の見えるVISION…………………… 171
季節遅れの出版……………………… 171
弟子の悲哀…………………………… 172
散歩の必要…………………………… 172
没常識なる国民……………………… 172
◎野蛮人の音楽……………………… 173
◎叙情詩の本流はどこにあるか…… 176
第五放射線……………………………… 179
幸福論への反感……………………… 180
沈澱する文化………………………… 181
日本人の生命はどこにあるか……… 181
環境を破つて轟く砲声……………… 182
夜汽車の窓で………………………… 182
楽天的自然主義と悲観的自然主義… 183
検事の良心…………………………… 183
野蛮時代の刑法……………………… 184
洒落の必要…………………………… 185
一つの冒涜…………………………… 185
木偶芝居……………………………… 185
思想家への供養にあれ……………… 186
苦蓬酒の盃をあげて………………… 186
トルストイとニイチエ……………… 187
能楽と歌劇…………………………… 187
肉体の寂寥…………………………… 187
松並木の街道にて…………………… 188
宗教の病鬱的妄想…………………… 188
春のくる時…………………………… 188
極光地方から………………………… 189
怠惰への弁明………………………… 189
だれが原告であり得るか…………… 189
有神論のヂレンマ…………………… 190
宗教のトリツク……………………… 190
資本家の倫理学……………………… 190
もはやこの上人間的な者を讃美するな…… 190
芸術的社会主義者の自家撞着……… 191
嘔吐すべき思想……………………… 192
断橋!………………………………… 193
運命への忍辱………………………… 193
汝自身を知れ………………………… 193
寂寥の川辺…………………………… 193
啓蒙思想の彼岸へ…………………… 194
日本の自然派文学…………………… 195
失楽園への情想……………………… 197
愛への理由…………………………… 197
親父ぶる……………………………… 198
救済のない宗教……………………… 198
船室から……………………………… 200
袖珍辞典……………………………… 201
意地の悪い真理……………………… 201
友人と表現…………………………… 201
真剣すぎる人々……………………… 202
日本に於ての社会主義的国家……… 202
別離の感情…………………………… 204
愛の真空圏内………………………… 205
あり得べからざる夢の空想………… 205
風流生活の意義……………………… 206
時代に媚びる………………………… 209
禽獣への愛…………………………… 210
俗悪なる平和論……………………… 210
模倣者によつて腹立たしくされる… 210
敵としての愛惜……………………… 211
西洋人と東洋人……………………… 211
統一された人格でないことの希望… 215
原理は始めにある…………………… 215
職業的迷信…………………………… 215
主戦論の原理………………………… 216
警燈!………………………………… 216
野蛮への若返り……………………… 216
ルナパークと酒場…………………… 218
何が真に人間的であるか…………… 221
幽暗…………………………………… 222
私! 嫉妬深き人間………………… 222
無意義なる人生……………………… 222
七の属和弦に於て…………………… 222
虚妄の正義………………………………… 225
序(萩原朔太郎)……………………… 227
装幀について…………………………… 230
第四刷重版に際して(萩原朔太郎)… 231
緒言……………………………………… 233
結婚と女性……………………………… 239
結婚の時期…………………………… 240
結婚の浪漫思想……………………… 240
何が人々を卑屈にするか…………… 240
漠然たる情熱………………………… 240
帽子と求婚…………………………… 241
偕老同穴蟲…………………………… 242
媒介者の算術………………………… 244
盲獣…………………………………… 244
家庭の痛恨…………………………… 244
一夫一妻制度について……………… 246
童貞マリア…………………………… 247
久遠の女性…………………………… 247
蜂巣電燈の下での思想……………… 247
美しき野獣…………………………… 248
柔和な陰謀…………………………… 248
猫の郷愁……………………………… 249
女子教育の新発見…………………… 249
嫉妬の本性…………………………… 251
婦人を虐待する者への教訓として… 251
賢者の石……………………………… 251
未来への鍵…………………………… 252
新世紀の初めに……………………… 252
浅く考へる…………………………… 252
ヱランダに坐つて…………………… 253
婦人解放論の原理1 ………………… 253
婦人解放論の原理2 ………………… 257
女性の敵?…………………………… 259
無智の寛容…………………………… 260
女嫌ひ………………………………… 260
愛の一形式…………………………… 261
愛―あまりに功利的な!…………… 261
家庭的になる………………………… 262
家庭人………………………………… 262
婦人と安時計………………………… 262
愛の記念としてNevermore! ……… 263
武士道の正義………………………… 263
動物の貞操観………………………… 264
早すぎる理想………………………… 264
プラトニズム………………………… 265
或る味覚への聯想…………………… 265
顛倒された趣味……………………… 265
婦人を愛するには…………………… 266
社会と文明……………………………… 269
医者の正義…………………………… 270
唯物主義者の道徳観………………… 272
君主と人民…………………………… 273
文章がちがふ故に…………………… 274
戦争に於ける政府と民衆…………… 275
宗教の本質…………………………… 276
誤謬からも文明は向上する………… 277
雅号の由来…………………………… 278
民衆の正義とは?…………………… 281
文化における忙しきもの…………… 282
東方の幻想…………………………… 282
科学はその夢を無くしてしまつた… 284
田舎と都会…………………………… 285
教科書………………………………… 286
だれが自然への愛を妨げたか……… 286
試験の意義…………………………… 286
教育?………………………………… 287
宗教の残骸…………………………… 287
革命とその忘恩……………………… 288
文明は進歩しない…………………… 289
浪と文明……………………………… 293
義人と卑陋漢………………………… 293
或る野戦病院における美談………… 294
この陰鬱の景色を消し去れ!……… 294
義賊の哲学…………………………… 296
透視せよ?…………………………… 298
日本の残夢…………………………… 298
詩的すぎた修身教科書……………… 299
大邸宅の門を出でて………………… 301
芸術家と金満家……………………… 302
感覚と精神…………………………… 303
卑怯の正義…………………………… 303
間諜の心理…………………………… 305
テロリストの原理…………………… 306
人間の退化について………………… 306
商業…………………………………… 308
意志と忍従もしくは自由と宿命……… 311
永世輪廻……………………………… 312
夢と子供……………………………… 313
恐ろしい刑罰思想…………………… 314
富の計算における虚数と実数……… 315
貧民の思想…………………………… 316
賭博の哲学…………………………… 316
田舎の時計…………………………… 317
事情の神秘性………………………… 319
球転がし……………………………… 319
門……………………………………… 320
鯉幟を見て…………………………… 321
記憶を捨てる………………………… 322
情緒よ! 君は帰らざるか………… 322
港の雑貨店で………………………… 322
不死の自殺…………………………… 322
猿……………………………………… 323
傷ましき風景………………………… 324
復讐としての自殺…………………… 325
悪魔の書……………………………… 326
新約全書……………………………… 327
悪魔の良心…………………………… 329
仏陀の敵……………………………… 329
迷信としての人生…………………… 329
都合の好い理窟……………………… 330
死なない蛸…………………………… 331
鏡……………………………………… 332
自由とその幻滅……………………… 332
平等思想の復讐感…………………… 332
沸点への自覚………………………… 334
狐……………………………………… 334
老Rau ………………………………… 334
忍従…………………………………… 335
吹雪の中で…………………………… 335
銃器店の前で………………………… 335
虚数の虎……………………………… 336
自然の中で…………………………… 336
触手ある空間………………………… 336
大仏…………………………………… 336
家……………………………………… 336
黒い洋傘……………………………… 336
国境にて……………………………… 337
寒烈に耐へて………………………… 337
傾斜に立ちて………………………… 337
恐ろしき人形芝居…………………… 337
人間の腹立たしさ…………………… 338
悲しい情熱家………………………… 338
王者の悲哀…………………………… 338
歯をもてる意志……………………… 339
墓……………………………………… 339
神々の生活…………………………… 340
空家を訪うて………………………… 341
郵便局………………………………… 342
春画…………………………………… 342
芸術に就いて…………………………… 345
新世紀の初めに……………………… 346
汝自身を知れ!……………………… 346
稚態を脱せよ………………………… 347
十八世紀の終に……………………… 348
文学的虫介類………………………… 348
理性的の者は現実的である………… 348
過渡期の芸術家への慰めとして…… 349
文学者とジヤーナリスト…………… 350
百貨店での警告……………………… 351
党人的文学者………………………… 351
汝一層の傲慢をもて!……………… 352
芸術家の風俗とその変転…………… 352
新時代?……………………………… 354
建築のNostalgia …………………… 354
美術家の先入見……………………… 354
裸体美の原理………………………… 356
文明開化?…………………………… 357
虚飾といふべきものは無い………… 358
奇妙な理窟…………………………… 358
小説家の推理力……………………… 359
古いことの正義……………………… 361
芸術には上達がない………………… 361
芸術には進歩がない1 ……………… 362
芸術には進歩がない2 ……………… 364
民衆は原理を知つてる……………… 365
文学的蠕虫類………………………… 365
輿論…………………………………… 366
趣味の熱情…………………………… 366
生活と芸術…………………………… 367
生物学的に観察して………………… 367
古典主義……………………………… 368
悲劇の意向…………………………… 369
通人文学―悪趣味なる……………… 369
詩人と外国語………………………… 370
芸術的神秘思想……………………… 371
如何にして大家は技巧に熟達するか…… 372
無用の情熱…………………………… 372
真実から離れて……………………… 372
春眠情調……………………………… 373
大家等の意見………………………… 374
功利のための芸術…………………… 374
方便としての欺瞞…………………… 375
芸術のエルサレムへ!……………… 376
欧羅巴の郷愁………………………… 378
反性格と自然性格…………………… 379
新時代への反動として……………… 382
一つの空虚…………………………… 384
断崖に立ちて………………………… 384
詭弁家―好意的に解釈して………… 384
夢景人物……………………………… 385
引力圏外の人々……………………… 386
迷信教徒への鏡として……………… 386
酔漢の市場に立ちて………………… 386
プロレタリア芸術…………………… 387
地球の地軸に近く居るもの………… 388
日本の文学…………………………… 390
閑人倶楽部…………………………… 390
王者の沈黙…………………………… 391
床ずれのした文学…………………… 391
里程表の前に立ちて………………… 392
心配無用……………………………… 392
新宮廷詩人…………………………… 393
西と東………………………………… 394
教師の教師…………………………… 394
ポオの明言…………………………… 394
早すぎる写実主義…………………… 394
美を生まうとする意志……………… 395
文学の本質問題……………………… 396
詩人風の作家………………………… 397
種とその分散………………………… 397
不遇に忍びて!……………………… 398
孤独と社交……………………………… 399
内部への瞳孔………………………… 400
病気の利益…………………………… 400
反芻獣………………………………… 400
浅間山に登りて……………………… 400
退屈を知らないもの………………… 401
退屈の療法としての病気…………… 401
退屈と革命…………………………… 402
太々しさの本源……………………… 403
精神的な人物?……………………… 403
平凡の真理…………………………… 403
無職の職業…………………………… 404
酒神…………………………………… 404
調節油としてのアルコール………… 405
雅趣あるもの………………………… 405
思想と摂生…………………………… 406
観念的過激論者……………………… 406
情熱の源泉として…………………… 407
孤独の原因…………………………… 407
旅行…………………………………… 407
知人の著作…………………………… 408
謙遜の危険…………………………… 408
尊大な者の偽善……………………… 408
如才なさ……………………………… 409
社交の形式化に就いて……………… 409
人品の薫育としての礼節…………… 410
エピクロスの失楽園で……………… 411
功利的な思考でなく………………… 412
航海の歌……………………………… 412
海……………………………………… 413
友情の侵害区域……………………… 414
友情の本質…………………………… 414
親友Auld lang syne!……………… 415
神と人との友誼について…………… 415
著述と天才……………………………… 419
非ユークリツドの空間……………… 420
読者のために………………………… 420
空洞の中で…………………………… 420
私が此所に居る……………………… 421
著者…………………………………… 421
歪像鏡………………………………… 421
著者の苦手…………………………… 422
煙霧の景……………………………… 422
習慣的読者…………………………… 422
経験の恩物…………………………… 422
無尽数への希望……………………… 423
名声…………………………………… 423
ちがつた方面での努力……………… 424
作家の寿命…………………………… 424
著述の教訓…………………………… 425
恩給としての名声…………………… 425
弟子の忘恩…………………………… 425
文章に於ける通がつたもの………… 426
諧謔の笛……………………………… 427
衒学の心理…………………………… 428
衆愚の中に一人立ちて!…………… 428
情熱への忍耐………………………… 429
鉄槌の下で…………………………… 429
初夏の歌……………………………… 429
天才と郷党…………………………… 430
気味あしき幻想……………………… 431
天才の努力…………………………… 432
天才の利率…………………………… 432
天才の鬼哭…………………………… 432
偉大さの要素………………………… 433
英雄の孤独…………………………… 433
ロムブロゾオ的に診察して………… 433
欠乏からの名誉……………………… 434
虚言への情熱家……………………… 434
思想と争闘……………………………… 435
ソフイスト…………………………… 436
思想以前のもの……………………… 436
覚醒の前に…………………………… 437
思想家の散歩区域…………………… 438
自然からの思想……………………… 438
説明と省略…………………………… 438
思想と感情1 ………………………… 438
思想と感情2 ………………………… 439
思想を嗅覚するもの………………… 439
漠然たる敵…………………………… 439
論戦に於ける矛盾…………………… 440
資格の欠乏…………………………… 440
私敵と公敵…………………………… 441
思想家と小説家……………………… 441
パノラマ風の意匠として1 ………… 442
パノラマ風の意匠として2 ………… 444
あまりに没理性的なる……………… 445
ブルタスの歎き……………………… 446
強者の弱さ…………………………… 446
我々は尚あまりに感傷的でありすぎる…… 446
汝の敵を愛する勿れ!……………… 447
悪の定義……………………………… 447
敵の実体……………………………… 447
弁証論の詭弁………………………… 448
或る敵国の人へ……………………… 448
東洋の悔恨…………………………… 448
虹を追ふひと……………………………… 453
天に怒る…………………………………… 487
*校異……………………………………… 531
校異凡例……………………………… 532
新しき欲情…………………………… 533
虚妄の正義…………………………… 553
虹を追ふひと………………………… 569
天に怒る……………………………… 572
*解題……………………………………… 575
 

第5巻 アフォリズム 2 1976.1.25
 
凡例
絶望の逃走…………………………………… 3
自序………………………………………… 5
再版に際して……………………………… 8
第1章 女性・結婚・恋愛 など ……… 9
監視付の結婚……………………………10
夢としての結婚…………………………10
奴隷の結婚………………………………11
官立結婚への公案………………………12
結婚と神の摂理…………………………12
職業婦人…………………………………14
女性の讐敵役……………………………14
青鞜女はかく戦へり……………………16
恋愛の偶然数……………………………17
薬としての結婚…………………………18
露出狂時代………………………………18
男の貞操…………………………………19
だらしなさ………………………………19
女と厭世哲学……………………………19
街の祈り…………………………………20
妻の教訓I ………………………………20
妻の教訓II………………………………20
女は永遠に貞淑である…………………21
女嫌ひの虚言……………………………21
最善の結婚………………………………22
ゲーテの誤謬……………………………22
女の必要さ………………………………23
家庭………………………………………23
逆は何故成立しないか…………………23
精神的な愛………………………………24
恋愛の形而上学…………………………24
老年の恋…………………………………24
近代の結婚………………………………25
恋愛の閑雅さに就いて…………………25
今日の問題………………………………26
結婚と文学………………………………26
恐るべき女たち…………………………26
ヴィーナス………………………………27
女のいぢらしさ…………………………27
第2章 意志・宿命・自殺・復讐・sex など……29
禽獣のsexについて ……………………30
記憶と人生………………………………30
艶めかしき厭世哲学……………………31
或る哲学の誕生…………………………31
物臭すぎる人生…………………………32
裸体と性慾………………………………32
衣装の襞…………………………………33
支那の幻想………………………………34
蘆原将軍を訪ねて………………………34
敗戦記……………………………………34
自殺の朗らかさ…………………………34
青年と議論………………………………35
チャップリンと知識人種………………36
偶然への祈り……………………………37
ニイチェの偶然論………………………38
悔恨としての人生………………………39
富者の腹立たしさ………………………39
貧乏の余産………………………………40
病気の必要………………………………40
ドンキホーテの近代性…………………40
復讐としての放蕩………………………41
章魚………………………………………42
宿命論の根本原理………………………42
悲劇の出生………………………………44
父…………………………………………44
敵…………………………………………44
物質の感情………………………………44
物体………………………………………44
自殺の恐ろしさ…………………………45
自殺の方法………………………………46
自殺と意識………………………………46
自殺の喜劇………………………………46
自殺と厭世家……………………………47
自殺は復讐されねばならない…………47
仏教の二律反則…………………………47
賭博の秘訣………………………………48
悲壮劇の本質……………………………49
浪費の哲学………………………………49
基督の模倣………………………………50
時計を見る狂人…………………………51
人生の贅沢さ……………………………52
金持ちと放蕩息子………………………52
空想家……………………………………53
カントの悲哀……………………………53
龍…………………………………………54
余生………………………………………54
忙がしさの得……………………………54
友情と沈黙………………………………54
巌窟王を読みて…………………………55
都会の忘却………………………………56
群集の中に居て…………………………56
絶望の復讐………………………………58
ショーペンハウエルと仏陀……………59
易者の哲理………………………………60
生きてる耶蘇……………………………61
情慾は長く人生は短かし………………62
老人の交際………………………………62
橋…………………………………………62
戸…………………………………………63
兵隊の哲学………………………………63
独逸的吝嗇について……………………63
詩人の死ぬや悲し………………………64
主よ。休息をあたへ給へ!……………65
父と子供…………………………………66
忘却の川…………………………………67
成功者の談話……………………………68
生命の不変律……………………………69
第3章 歴史・社会・文明 など ………71
軍隊主義の勝利…………………………72
日本の成功………………………………72
平等論の不合理性………………………73
錯覚した国自慢…………………………73
汚辱された武士道………………………74
明智光秀…………………………………75
正義は常に古風である…………………75
等持院を訪ひて…………………………77
足利尊氏…………………………………78
歴史の嘆息………………………………79
戦術の神秘………………………………79
歴史の生理学……………………………80
鏡の映像…………………………………80
浪花節を聴きて…………………………81
大和魂……………………………………81
文化と武士道……………………………82
神風連……………………………………82
芸術家の幸福……………………………83
草食獣の残忍性…………………………83
捕手………………………………………84
第4章 詩・文学・芸術・天才・著述 など……87
芸術と仮面………………………………88
天才と怠惰………………………………88
忘却への熱意……………………………88
文学者の生活……………………………89
ポオの詭計………………………………89
美学………………………………………90
珊瑚を見て………………………………91
日本の回顧………………………………91
文明開化之図……………………………92
世界の鏡?………………………………92
山上の祈…………………………………93
文学の憂鬱性……………………………93
文学と生理………………………………94
芸術至上主義者…………………………95
詩人への忠告……………………………95
詩人と音楽………………………………96
詩と民衆…………………………………96
詩人の遺産………………………………96
セザンヌの逆定義………………………96
ロマンチストとレアリスト……………97
野卑と典雅………………………………98
詩の二律反則……………………………98
芸術と主義………………………………99
無への究明………………………………99
芸術と進歩………………………………99
サラセン人の原理…………………… 100
喜劇役者の悲哀……………………… 101
浪漫主義の実証……………………… 101
芸人と芸術家………………………… 101
芸人の朗らかさ……………………… 103
通俗の価値…………………………… 103
現代の詩人…………………………… 103
詩人の潔癖…………………………… 104
詩人の概念…………………………… 104
詩と進化……………………………… 104
風韻のない詩作……………………… 105
文学と技術…………………………… 105
詩人の寝台…………………………… 107
情緒と胃袋…………………………… 108
射的場での教訓……………………… 108
しらばつくれる……………………… 108
作詩と剣法…………………………… 109
錯覚としての自信…………………… 109
不死の欲情…………………………… 110
書架の秘密…………………………… 110
美……………………………………… 110
新しさの古典………………………… 110
戦場での幻想………………………… 111
天才の不遇について………………… 111
詩人の悲哀…………………………… 111
矛盾のない著者……………………… 112
天才の自己否定……………………… 112
アナアキズム………………………… 112
弱者の正義…………………………… 113
弟子と亜流…………………………… 113
詩人の思想…………………………… 113
詩人の智慧…………………………… 114
感傷家………………………………… 114
趣味…………………………………… 114
文学の真実…………………………… 114
文学の愛嬌…………………………… 114
美術の勝利…………………………… 115
子規の幸運…………………………… 115
芸術の需要価値……………………… 115
文壇付文士…………………………… 116
詩人と観察…………………………… 117
小説家との交際……………………… 117
次期の詩壇…………………………… 118
文学的クロスワード………………… 118
文学的党人…………………………… 118
常識人と芸術家……………………… 119
常識の水平線………………………… 120
単純な人間…………………………… 120
先輩との競争について……………… 121
美とその楽器………………………… 122
不易流行……………………………… 122
文学の未来…………………………… 122
詩の空虚……………………………… 123
誹謗者に答へて……………………… 124
偉大なる教師たち…………………… 124
詩人の子供らしさ…………………… 124
批評家………………………………… 125
遅すぎた悔恨………………………… 125
港にて……………………………………… 127
自序……………………………………… 129
詩と文学………………………………… 133
著者と読者…………………………… 134
著者の孤独…………………………… 134
詩人の航海…………………………… 135
詩人の時計…………………………… 135
復讐としての文学…………………… 136
行動主義……………………………… 136
抽象観念としての詩………………… 136
詩と散文……………………………… 137
芸術家の原罪………………………… 137
文学者と読者………………………… 137
文学者の悲哀………………………… 138
醜は凡庸に優る……………………… 138
詩人と詩作家………………………… 139
詩人の称呼…………………………… 140
詩壇の不在証明表…………………… 140
文学の技巧…………………………… 140
文学の倫理性………………………… 141
無能者のエゴイズム………………… 141
人工による霊感……………………… 141
昂奮と潅漑…………………………… 142
詩と激情性…………………………… 142
リリシズムの悲哀…………………… 143
抒情詩と叙事詩……………………… 143
液体化した文学……………………… 143
詩人の苦労…………………………… 144
若い詩人の老成……………………… 145
大家への軽蔑………………………… 145
理知と島国根性……………………… 146
詩人と随想…………………………… 147
詩人と政治…………………………… 147
詩人と酒……………………………… 147
詩人が酒場に居る風景……………… 148
詩人の今昔…………………………… 148
パツシヨンとリリシズム…………… 149
抒情詩の種…………………………… 149
常識…………………………………… 149
詩と先験的記憶……………………… 150
天才の奇術…………………………… 150
詩の形式と内容……………………… 151
詩と音楽……………………………… 151
和歌と純粋詩………………………… 152
光栄ある没落………………………… 152
詩と年少者…………………………… 153
既製品としての詩人………………… 154
青臭いことの魅力…………………… 154
幽閉されてる詩人…………………… 154
萱草の詩人…………………………… 155
価値の吟味…………………………… 155
詩人の知性…………………………… 156
詩の楽しさ…………………………… 156
それ故に……………………………… 157
遊びへの熱意………………………… 157
詩と散文精神………………………… 157
詩壇と文壇…………………………… 158
詩を殺戮した詩人…………………… 158
詩の独立戦争へ……………………… 159
詩の新しい地図……………………… 159
詩と散文の隷属関係………………… 159
詩の体裁で書いた散文……………… 160
奇怪なる韻文………………………… 160
詩とダンヂイズム…………………… 161
ゼスチユアと詩……………………… 161
詩の哀傷性…………………………… 161
詩の郷愁性…………………………… 162
詩人と経験…………………………… 163
詩人と感傷性………………………… 163
詩人の野性…………………………… 164
詩人と猫……………………………… 164
純粋なる詩人………………………… 164
芸術至上主義者……………………… 165
贅沢…………………………………… 165
欠乏からの欲求……………………… 165
不器用の得…………………………… 166
明治文学の稚拙……………………… 166
全集…………………………………… 166
文章と格調…………………………… 167
詩の形式……………………………… 167
批評のモラル………………………… 168
中傷…………………………………… 168
作家と批評家………………………… 169
評論家の剣法………………………… 169
酔はない酒…………………………… 169
儒教的文学観………………………… 170
変種された輸入文学………………… 170
残酷の一方法………………………… 171
自分への嫉妬………………………… 171
民衆の鑑賞眼………………………… 171
話術家としての小説家……………… 172
玄人の誤謬…………………………… 172
下馬批評家…………………………… 172
文学者と主義者……………………… 173
特殊的なる文壇……………………… 173
プロ文学の罪過……………………… 174
日本の詩人…………………………… 174
愛すべき人物………………………… 174
詩人の転向…………………………… 175
教師の文章…………………………… 175
著者の処世術………………………… 175
進歩といふ考の妄想………………… 176
会話と文章…………………………… 176
写真と絵画…………………………… 177
燧石の物理…………………………… 177
文学に於ける聡明性………………… 177
詩人の桂冠…………………………… 178
若い読者の為に……………………… 178
浪漫主義者…………………………… 179
センチメンタリスト………………… 179
誤られた浪漫詩人…………………… 180
再登場の浪漫主義…………………… 180
個人と社会……………………………… 183
夢と人生……………………………… 184
夢を支配する自由…………………… 185
夢と情緒……………………………… 185
夢と動物愛…………………………… 186
夢の起源……………………………… 187
心理学者の誤謬……………………… 188
幼児の夢……………………………… 188
「思ひ出」と幼年心理……………… 189
女の悲しさ…………………………… 189
男の功徳……………………………… 190
女の泣声……………………………… 190
犬と寝台……………………………… 191
ハムレツトの懐疑…………………… 191
父……………………………………… 192
子供…………………………………… 192
母……………………………………… 192
公娼と私娼…………………………… 193
趣味の問題として…………………… 193
廃娼論の公理………………………… 194
妓楼の郷愁…………………………… 194
異性は永遠に理解しない…………… 194
近代女性の出発根拠………………… 195
ギリシア的イデーとしての中性…… 195
直接肉体に触れることは…………… 196
いかにして野獣を慣らすべきか…… 196
新婚者への教訓……………………… 197
恋愛と忍耐…………………………… 198
愛すべき悪人………………………… 198
良妻と悪妻…………………………… 198
結婚による社会的自覚……………… 200
結婚の合理性………………………… 200
進化の過程にある女性……………… 201
結婚の錯覚…………………………… 201
不協和音の結婚……………………… 202
女と公明正大………………………… 202
お囲ひもの…………………………… 202
妾と家族主義………………………… 203
西洋と東洋の結婚観………………… 204
妾宅での宴会………………………… 205
不定の妾……………………………… 206
女と教養……………………………… 206
いかにして人は俗化するか………… 207
男の勝利感…………………………… 207
男性的な愛の形式…………………… 207
女性的な愛の形式…………………… 208
女の名誉心…………………………… 208
襟足の美……………………………… 208
知性美と白痴美……………………… 209
女の伴侶としての資格……………… 209
ナイーヴにすぎる母性愛…………… 209
女を幻想する人々…………………… 210
人形の魅力…………………………… 210
性の発育不全者……………………… 211
恋と色事……………………………… 211
不如帰の悲劇………………………… 212
自殺の神恩…………………………… 212
自殺の神秘性………………………… 213
自殺と宿命…………………………… 213
自殺の倫理学………………………… 213
自殺と流行…………………………… 213
蛇足の自殺…………………………… 214
信仰と自殺…………………………… 214
雑音の必要…………………………… 214
希望の新生…………………………… 215
オブロモフ的人生…………………… 215
汽車の中で…………………………… 215
床の中での思想……………………… 216
風化と圭角…………………………… 216
社交の秘訣…………………………… 217
処世に於ける情緒の利用価値……… 217
歯痛…………………………………… 219
遅かりし、遅かりし!……………… 220
酒と人間性…………………………… 220
酔漢と猫……………………………… 220
酒と宗教……………………………… 221
酒と宗教裁判………………………… 221
基督教の恐怖観念…………………… 221
酒と風紀……………………………… 222
酔漢の今昔…………………………… 222
酩酊と夢中飛行……………………… 223
飲酒のヂレンマ……………………… 224
酒飲みの哀愁感……………………… 224
真の贅沢……………………………… 224
動物の会話…………………………… 224
恐人病者……………………………… 225
嫉妬と義侠心………………………… 225
三重の卑怯者………………………… 226
図々しい人間………………………… 226
真面目の羞恥心……………………… 226
笑ひ本の原理………………………… 227
失はれた青春………………………… 227
人は何故に老いるか………………… 227
仙人と不老長寿……………………… 228
老人への礼節………………………… 228
恐怖症の治療………………………… 229
生の無間地獄………………………… 229
ヘルンへの思慕……………………… 229
悪性の正直…………………………… 230
青年と読書…………………………… 230
一つの処世術………………………… 231
悪意の智慧…………………………… 231
リズムと教育………………………… 231
少年の基礎教育……………………… 232
虚脱者の文学………………………… 232
文学の健康性………………………… 232
韻文と全体性………………………… 232
基本練習としての韻文教育………… 233
韻文と武士道………………………… 233
自由詩と児童教育…………………… 234
自然性に反した教育………………… 234
自由詩と韻文………………………… 235
支那人の政治学……………………… 235
敵意のない戦争……………………… 235
文明と戦争…………………………… 236
群集の裁判…………………………… 237
過激派の強味………………………… 237
政治の詐術…………………………… 237
民衆の常識…………………………… 238
新時代の勤王党……………………… 238
ヒトラアの逆説……………………… 238
二派の国粋主義者…………………… 238
芸術と政治…………………………… 239
趣味と政治…………………………… 239
驚くべき発見………………………… 239
歴史を知らない愛国者……………… 240
政治家の悲哀………………………… 240
説教と演説…………………………… 240
伝統と本能…………………………… 241
日本人………………………………… 241
知性の橋……………………………… 242
桃山時代か江戸幕末か……………… 242
制度と道徳の矛盾…………………… 244
不可解なる道徳……………………… 244
道徳への敵意………………………… 245
風俗の喜劇化………………………… 245
老女の化粧…………………………… 246
科学の潔癖症………………………… 246
科学と詩美…………………………… 247
科学を俗化するもの………………… 248
宗教の逆説…………………………… 248
宗教の幻想性………………………… 250
火星の謎……………………………… 250
太鼓の神秘性………………………… 251
幻燈の日本…………………………… 252
日本の甲胄…………………………… 252
アフォリズム拾遺………………………… 255
怠惰なる農夫に(無題)……………… 257
散文詩…………………………………… 257
宿命と死……………………………… 257
恐ろしい冥想………………………… 257
社会主義の悪徳……………………… 258
月影ある人生へ……………………… 259
病気の狼……………………………… 259
美しき涅槃…………………………… 260
孤独者の手記から……………………… 262
宿命論の哀傷的情想………………… 262
創作と労働…………………………… 263
あしき趣味…………………………… 263
退屈を耐へる………………………… 263
黄色い月夜に………………………… 264
孤独と群集…………………………… 264
情緒と想念……………………………… 265
男女同権論よりの根本的疑問……… 265
老人に対する尊敬の起因…………… 265
失はれた欲情………………………… 266
幻影を追うて………………………… 267
いづれが優者か?…………………… 267
美しき武士道………………………… 268
例外として言はれること…………… 268
一つの上品なもの…………………… 268
趣味の変態その他……………………… 268
希臘風のもの………………………… 268
女性は完全に慴服された…………… 269
いづれが奴隷か……………………… 270
美的価値としての孝行……………… 272
何故に人は阿諛者によつて腹立たしくされるか…… 273
永世輪廻その他………………………… 274
平等主義の由来……………………… 274
保護色としての変貌………………… 275
球転がし………………………………… 276
小心な高慢…………………………… 276
私の好きな映画俳優…………………… 276
ばすたあ・きーとん………………… 276
ちやれい・ちやつぷりん…………… 278
はろるど・ろいど…………………… 278
断想……………………………………… 279
ニイチエは貴族主義(無題)……… 279
詩について1 ………………………… 280
詩について2 ………………………… 281
詩について3 ………………………… 281
自由なき結婚…………………………… 282
自由なき結婚………………………… 282
新日本の浪漫情操その他……………… 288
新日本の浪漫情操…………………… 288
詩と商工業時代……………………… 291
雑誌記事的命題………………………… 297
大衆文学の時代的意義……………… 297
だがこの作物は!…………………… 299
自然派文壇の没落…………………… 300
無産派文学?………………………… 302
詭弁論者……………………………… 304
ブルジヨア芸術……………………… 305
稚態を脱せよ………………………… 305
芸術派と非芸術派…………………… 309
若山牧水の死について……………… 310
随筆とは何ぞや……………………… 312
「独逸黒的文章」……………………… 315
帽子…………………………………… 315
人境…………………………………… 315
教育…………………………………… 315
耳……………………………………… 316
科学的風景の中で…………………… 316
詩文風なる……………………………… 318
西と東………………………………… 318
センチメンタルとは………………… 318
芸術至上主義………………………… 318
短章詩文………………………………… 320
賢人の魚……………………………… 320
芸術に関する小論……………………… 321
芸術に於て対立するもの…………… 321
秋風の歌………………………………… 322
老書生………………………………… 322
ニイチエの抒情詩…………………… 323
久遠の人……………………………… 329
剣を抜いて歌ふ……………………… 330
群集に関する小エツセイ……………… 331
群集と都会人………………………… 331
群集と孤独…………………………… 332
詩についての小エツセイ……………… 333
ポスタアとしての意匠……………… 333
超現実派……………………………… 333
恋愛詩………………………………… 334
ポオの恋愛詩………………………… 334
詩を大衆の中に投ぜよ!…………… 334
詩は正に亡びつつある……………… 335
虚妄時代!…………………………… 336
小説家の詩…………………………… 337
思惟の骨片……………………………… 337
芸術の恒久性………………………… 337
窮屈と欠乏…………………………… 338
運命の書……………………………… 338
独逸的善良について………………… 339
女のいぢらしさ………………………… 339
恋愛の意向…………………………… 339
アフオリズム…………………………… 340
機智…………………………………… 340
哲学の子守唄………………………… 340
天才と模倣…………………………… 341
詩人と音楽…………………………… 341
アフオリズムに就いて………………… 341
異性、文明、自殺、社交など………… 344
ターキイは何故に朗らかであるか… 344
詩に関する覚え書……………………… 345
友人と非友人………………………… 345
韻律と教育……………………………… 346
文学の頽廃…………………………… 346
詩と詩人に就いて……………………… 346
詩人の発育不全……………………… 346
猫町………………………………………… 347
対話詩・劇詩 他………………………… 363
魚と人と幼児…………………………… 365
桜の花が咲くころ……………………… 371
魔法使ひ………………………………… 377
ぬけ穴…………………………………… 389
ウオーソン夫人の黒猫………………… 395
日清戦争異聞…………………………… 404
断章………………………………………… 409
『卓上噴水』より……………………… 411
『感情』より…………………………… 413
『日本詩人』より……………………… 434
『生理』より…………………………… 449
『四季』より…………………………… 472
*校異……………………………………… 501
校異凡例……………………………… 502
絶望の逃走…………………………… 503
港にて………………………………… 513
アフォリズム拾遺…………………… 524
猫町…………………………………… 534
対話詩・劇詩 他…………………… 536
断章…………………………………… 541
*引用詩文異同一覧……………………… 551
*アフォリズムIII初出雑誌一覧 ……… 557
*解題中桐雅夫〔校訂・校異〕………… 573
 

第6巻 詩論 1975.11.25
 
凡例
詩の原理……………………………………… 3
序…………………………………………… 5
読者のために………………………………10
新版の序……………………………………11
概論…………………………………………13
詩とは何ぞや……………………………14
内容論………………………………………17
第1章 主観と客観 ……………………18
第2章 音楽と美術 ……………………22
第3章 浪漫主義と現実主義 …………26
第4章 抽象観念と具象観念 …………32
第5章 生活のための芸術・芸術のための芸術……38
第6章 表現と観照 ……………………46
第7章 観照に於ける主観と客観 ……48
第8章 感情の意味と智性の意味 ……52
第9章 詩の本質 ………………………56
第10章 人生に於ける詩の概観………63
第11章 芸術に於ける詩の概観………68
第12章 特殊なる日本の文学…………75
第13章 詩人と芸術家…………………82
第14章 詩と小説………………………88
第15章 詩と民衆………………………95
形式論………………………………………99
第1章 韻文と散文 ………………… 100
第2章 詩と非詩との識域 ………… 106
第3章 描写と情象 ………………… 112
第4章 叙事詩と抒情詩 …………… 115
第5章 象徴 ………………………… 121
第6章 形式主義と自由主義 ……… 128
第7章 情緒と権力感情 …………… 131
第8章 浪漫派から高蹈派へ ……… 135
第9章 象徴派から最近詩派へ …… 140
第10章 詩に於ける主観派と客観派…… 144
第11章 詩に於ける逆説精神……… 150
第12章 日本詩歌の特色…………… 159
第13章 日本詩壇の現状…………… 167
結論……………………………………… 181
島国日本か?世界日本か?………… 182
重版に際して…………………………… 198
詩論I ……………………………………… 200
自由詩の矛盾観念……………………… 201
自弁……………………………………… 221
詩の原理の出版に際して……………… 226
有詩以前の詩壇………………………… 233
詩の原理・解題………………………… 269
詩論II……………………………………… 275
風俗壊乱の詩とは何ぞ………………… 277
日本に於ける未来派の詩とその解説… 279
三木露風一派の詩を放追せよ………… 284
詩と音楽の関係………………………… 290
調子本位の詩からリズム本位の詩へ… 294
現詩壇の神秘主義者と現実主義者と… 298
叙事詩的傾向の詩を排す……………… 305
言葉の問題……………………………… 310
新浪漫派に至るまで…………………… 314
詩の概念………………………………… 319
詩と音楽との関係……………………… 323
リズムの話……………………………… 328
詩歌の形式論者に問ひ并せて詩の本質を論ず…… 344
再度詩の形式論者に問ふ……………… 373
実感の話………………………………… 380
詩の雑感………………………………… 389
詩は文学の母体………………………… 395
詩論III …………………………………… 403
蒲原有明に帰れ………………………… 405
日本詩と日本詩人……………………… 407
象徴について…………………………… 411
詩壇以前の詩人………………………… 414
詩と哲学との比論よりその現在未来を論ず…… 417
詩における口語使用の不満感………… 428
百田君に反問し併せて詩論の概要を説く…… 437
春山行夫君に応ふ……………………… 444
詩人の本分……………………………… 456
詩の翻訳に就いて……………………… 462
詩論家としての自己を語る…………… 463
日本詩歌の真精神……………………… 470
抒情詩とリリシズム…………………… 476
詩批評家出でよ………………………… 481
詩壇の現状……………………………… 491
ポエヂイと民族性……………………… 496
詩の音楽作曲について………………… 499
国民詩について………………………… 506
*校異……………………………………… 515
校異凡例……………………………… 516
詩の原理……………………………… 517
詩論I ………………………………… 526
詩論II………………………………… 533
詩論III ……………………………… 547
*引用詩文異同一覧……………………… 555
*初出雑誌・新聞一覧…………………… 557
*解題……………………………………… 559
 

第7巻 歌論 俳論 1976.10.25
 
凡例
恋愛名歌集…………………………………… 3
序言………………………………………… 5
解題一般…………………………………… 9
万葉集………………………………………13
古今集………………………………………47
六代歌集……………………………………77
新古今集……………………………………91
総論……………………………………… 131
万葉集に就いて……………………… 133
奈良朝歌風と平安朝歌風…………… 138
古今集に就いて……………………… 151
六代集と歌道盛衰史概観…………… 156
新古今集に就いて…………………… 160
郷愁の詩人 与謝蕪村…………………… 167
序………………………………………… 169
蕪村の俳句について…………………… 171
春の部…………………………………… 181
夏の部…………………………………… 195
秋の部…………………………………… 207
冬の部…………………………………… 215
春風馬堤曲……………………………… 225
附録 芭蕉私見………………………… 235
芭蕉私見……………………………… 236
歌論・歌壇論争
現歌壇への公開状………………………… 249
新しき歌壇への曙光……………………… 259
歌壇の一大危機…………………………… 263
山森政一君に答ふ………………………… 272
歌壇の人々に答ふ………………………… 275
再び現歌壇への公開状…………………… 291
歌壇の進展すべき道……………………… 305
歌壇へ最後の論説………………………… 308
歌壇論の総勘定…………………………… 319
尾山篤二郎君に答ふ……………………… 342
歌人の愛誦歌に就いて…………………… 346
歌壇に与ふ………………………………… 351
愛誦歌私感………………………………… 356
長詩と短歌………………………………… 368
歌壇の問題二……………………………… 381
詩の建設と歌壇の新運動………………… 388
北川冬彦君に答ふ………………………… 399
口語歌の韻律に就いて…………………… 405
恋歌鑑賞…………………………………… 416
昭和百人一首妄評………………………… 422
昭和百人一首の誤読について…………… 433
鑑賞 万葉名歌編………………………… 434
歌でないもの……………………………… 436
中世の詩情と久遠の女性………………… 438
俳論
俳句は翻訳できない……………………… 455
蕪村俳句のポエヂイに就いて…………… 457
芭蕉について……………………………… 464
蕪村俳句の一考察………………………… 472
小説家の俳句について…………………… 475
抒情詩としての 俳句の本質…………… 482
俳句に於ける枯淡と閑寂味……………… 490
詩の鑑賞
大正の長詩鑑賞…………………………… 495
新詩評釈…………………………………… 512
北原白秋の詩……………………………… 542
蒲原有明の詩……………………………… 550
室生犀星の詩……………………………… 560
*校異……………………………………… 571
校異凡例……………………………… 572
恋愛名歌集…………………………… 573
郷愁の詩人 与謝蕪村……………… 580
歌論・歌壇論争……………………… 593
俳論…………………………………… 611
*詩の鑑賞………………………………… 614
*引用詩文異同一覧……………………… 620
*初出雑誌・新聞一覧…………………… 670
*解題……………………………………… 673
 

第8巻 エッセイ 1 1976.7.25
 
凡例
詩論と感想…………………………………… 3
読者のために(序にかへて)…………… 5
破壊と創造…………………………………11
青猫スタイルの用意に就いて……………12
象徴の本質…………………………………21
日本詩歌の象徴主義………………………31
仮名と漢字…………………………………40
国詩以前の詩壇……………………………52
印象的散文は詩に非ず……………………59
散文詩の時代を超越する思想……………63
自由詩原理への入門………………………75
自由詩の本道はどこにあるか……………86
詩壇の先入見を排す………………………94
室生犀星君の心境的推移について………99
野口米次郎論…………………………… 109
山村暮鳥のこと………………………… 118
新世界からの感情……………………… 130
文明の情操性…………………………… 136
先駆者と反対のもの…………………… 142
欧洲文明の翻訳誤謬…………………… 144
十九世紀の熱情………………………… 151
僕はソクラテスだ……………………… 154
随筆
所感断片…………………………………… 165
作品と人物………………………………… 167
非論理的性格の悲哀……………………… 169
橋上………………………………………… 174
烈風の中に立ちて………………………… 176
雑誌の編輯者へ望むこと………………… 180
探偵小説に就いて………………………… 184
私の孤独感………………………………… 188
雅号を換へよ……………………………… 191
新時代万歳………………………………… 196
谷神不死…………………………………… 199
或る詩人の生活記録……………………… 204
何を私が詩に要求するか?……………… 208
孤独の旅人………………………………… 212
変物の話…………………………………… 214
チヤツプリンの悲哀……………………… 219
或る孤独者の手記………………………… 225
アツシヤー家の末裔を観る……………… 234
漫談・文明開化…………………………… 239
夏帽子……………………………………… 244
田舎に帰りて……………………………… 249
石段上りの街……………………………… 254
東京が恋しくなつて……………………… 261
浅草………………………………………… 262
身辺雑記…………………………………… 266
夏とその情想……………………………… 270
映画漫談…………………………………… 274
貧弱………………………………………… 279
秋日漫談…………………………………… 282
ラヂオ漫談………………………………… 288
大船駅で…………………………………… 292
天城・下田………………………………… 295
移住日記…………………………………… 298
歳末に近き或る冬の日の日記…………… 304
ラムネ・他四編…………………………… 306
ラムネ…………………………………… 306
アイスクリーム………………………… 306
ソーダ水………………………………… 307
玉露水…………………………………… 307
文明論・社会風俗時評
田舎居住者から…………………………… 311
田舎から都会へ…………………………… 317
芸術の映画化に就いて…………………… 328
都会と田舎………………………………… 333
芸者論……………………………………… 337
風俗壊乱取締り法の原理………………… 340
結合して立て!…………………………… 355
寄席に就いて……………………………… 356
秘密………………………………………… 360
新芸妓論…………………………………… 361
ダンスの弁………………………………… 366
芸術偏重主義を憎む……………………… 371
弁明一件…………………………………… 380
芸術の娯楽化時代………………………… 382
詩壇時評・論争
愛誦詩篇に就いて………………………… 391
最近の詩壇について……………………… 392
昨年の詩壇を論ず………………………… 397
詩壇時言…………………………………… 402
詩壇時感…………………………………… 405
日夏君と福士君に答ふ…………………… 410
詩壇の新年を迎へて……………………… 414
詩壇時言…………………………………… 416
詩壇時評…………………………………… 420
詩壇時言…………………………………… 428
詩壇時評…………………………………… 439
詩壇時言…………………………………… 448
詩聖1月号の月旦子に寄す ……………… 452
詩壇から文壇へ…………………………… 457
一九二五年版 日本詩集の総評………… 464
日本詩人9月号月旦 ……………………… 477
編輯に就て………………………………… 481
クソ虫の話………………………………… 485
詩壇空談…………………………………… 487
中央亭騒動事件(実録)………………… 490
常識なき文壇……………………………… 496
大埜勇次君に……………………………… 500
漫談………………………………………… 501
断橋の嘆…………………………………… 505
僕と詩人協会……………………………… 516
詩人協会について………………………… 521
回想・鑑賞・詩人論
来るべき山村暮鳥兄に…………………… 529
『転身の頌』を論じ併せて自家の態度を表明す…… 532
ふつくりとした人柄……………………… 542
室生犀星の印象…………………………… 544
詩壇の思ひ出……………………………… 546
名詩集「思ひ出」の真価………………… 555
田端に居た頃……………………………… 560
叙情詩物語………………………………… 569
中野重治と岡本潤………………………… 575
叙情詩物語………………………………… 579
仏蘭西趣味と江戸趣味と………………… 585
室生犀星に与ふ…………………………… 586
蒲原有明氏の近況を聞いて……………… 604
尾崎士郎君の印象………………………… 607
常識家の非常識…………………………… 612
室生犀星君の飛躍………………………… 616
芥川龍之介の追憶………………………… 619
追憶………………………………………… 622
傑れた常識家……………………………… 626
堀口大学君の詩について………………… 628
生田春月氏に就いて……………………… 634
室生犀星に就いて………………………… 635
「感情」を出した頃……………………… 638
福士幸次郎君について…………………… 642
室生犀星君の人物について……………… 643
*校異……………………………………… 649
校異凡例……………………………… 650
詩論と感想…………………………… 651
随筆…………………………………… 669
文明論・社会風俗時評……………… 681
詩壇時評・論争……………………… 687
回想・鑑賞・詩人論………………… 700
*引用詩文異同一覧……………………… 712
*初出雑誌・新聞一覧…………………… 714
*解題……………………………………… 719
 

第9巻 エッセイ 2 1976.5.25
 
凡例
純正詩論……………………………………… 3
自序………………………………………… 5
西洋の詩と東洋の詩……………………… 9
和歌の韻律について………………………19
饒舌の詩と沈黙の詩………………………38
詩とは何ぞや………………………………44
現代詩の鑑賞………………………………52
無名詩人への供養…………………………62
純正詩への指南……………………………66
僕の詩論の方式と原理について…………71
詩人とジャーナリズム……………………80
詩と不安の文学……………………………82
詩の翻訳について…………………………88
詩に告別した室生犀星君へ………………98
悲しき決闘……………………………… 104
周作人氏の詩話………………………… 108
文学のインテリ病について…………… 110
イデアなき日本の文壇………………… 114
エッセイのない文壇…………………… 117
さまよへる詩人群……………………… 125
詩の未来………………………………… 132
廊下と室房………………………………… 139
自序……………………………………… 141
幸福について…………………………… 143
東洋の太鼓……………………………… 147
所得人 室生犀星……………………… 148
町の音楽を聴きて……………………… 155
初めてドストイェフスキイを読んだ頃…… 158
秋と漫歩………………………………… 162
ニイチェに就いての雑感……………… 164
ドン・キホーテを見て………………… 173
趣味と文学……………………………… 175
書物の装幀について…………………… 179
詩の作り方……………………………… 185
超文壇の弁……………………………… 192
僕の孤独癖について…………………… 195
永遠の退屈……………………………… 201
ゴム風船………………………………… 209
ゴム長靴………………………………… 211
酒に就いて……………………………… 214
青猫を書いた頃………………………… 220
復活した耶蘇の話……………………… 228
僕の文章道……………………………… 234
詩壇に出た頃…………………………… 237
日本の女………………………………… 247
ダークあやつり人形印象記…………… 252
常識とは何ぞや………………………… 259
音楽について…………………………… 264
悲しい新宿……………………………… 268
休息のない人生………………………… 270
丸山薫と衣巻省三……………………… 271
日本の家………………………………… 276
辻潤と低人教…………………………… 283
芥川龍之介の死………………………… 287
自分の映像を見て……………………… 308
西洋の羨ましさ………………………… 310
和歌と恋愛……………………………… 313
悲恋の歌人 式子内親王……………… 319
随筆
カフエー漫談……………………………… 329
発声映画に就いて………………………… 330
長谷川巳之吉宛返信……………………… 338
「虚妄の正義」のポレミストより……… 340
言葉のない恋愛…………………………… 340
冬の情緒…………………………………… 343
動物園……………………………………… 346
雑誌「生理」の発刊について…………… 350
孤独者の独語……………………………… 352
詩人は何処へ行くべきか………………… 357
寂寥のひと………………………………… 360
若き詩人のために………………………… 362
巡査の話…………………………………… 366
夏の日記…………………………………… 371
蛙と文学…………………………………… 373
「絶望の逃走」に就て…………………… 375
捕手を斬る………………………………… 375
春と抒情詩………………………………… 376
非常時文学について……………………… 378
雲の詩歌…………………………………… 383
郷愁の詩人………………………………… 385
著者の悲哀………………………………… 387
マノン・レスコオ的情熱………………… 393
扇…………………………………………… 395
朗らかの話………………………………… 396
わが生活記………………………………… 398
郷土人の気風……………………………… 400
文明論・社会風俗時評
足利尊氏…………………………………… 405
仏教と現代文芸…………………………… 407
山辺習学氏に答へて……………………… 411
日常口語の批判と目的性………………… 415
インテリ以前の日本文壇………………… 422
野蛮への悦び……………………………… 428
文化勲章と芸術院………………………… 431
帝国芸術院批判…………………………… 439
北支事変について………………………… 442
詩壇時評・論争
詩壇に与ふ………………………………… 447
日本詩の新方向に就いて………………… 453
詩壇随感…………………………………… 458
詩壇時感…………………………………… 467
詩壇時評…………………………………… 471
詩壇時言…………………………………… 475
詩壇時感…………………………………… 477
詩壇時言…………………………………… 478
詩壇時評…………………………………… 482
詩壇時評…………………………………… 484
詩壇時言…………………………………… 487
自由詩について…………………………… 489
文学的といふことと、常識的と言ふことの別…… 495
詩壇時言…………………………………… 502
詩壇時評…………………………………… 505
詩壇時言…………………………………… 506
詩・科学・民衆…………………………… 511
菊池寛氏の反語…………………………… 514
目醒める新人……………………………… 520
青年の文学………………………………… 523
現代詩壇総覧……………………………… 526
菊池氏の反語詩論について 再説……… 540
透谷文学賞の設立について……………… 544
文芸時評…………………………………… 545
回想・鑑賞・詩人論
辻潤と螺旋道……………………………… 553
生田春月君に就いて……………………… 556
室生犀星の小曲詩………………………… 559
この人を見よ……………………………… 561
芥川君との交際について………………… 564
本質的な文学者…………………………… 566
永遠の詩人………………………………… 569
石井直三郎氏の追憶……………………… 571
詩壇の新人………………………………… 573
中原中也君の印象………………………… 576
*校異……………………………………… 579
校異凡例……………………………… 580
純正詩論……………………………… 581
廊下と室房…………………………… 591
随筆…………………………………… 600
文明論・社会風俗時評……………… 607
詩壇時評・論争……………………… 610
回想・鑑賞・詩人論………………… 617
*引用詩文異同一覧……………………… 619
*初出雑誌・新聞一覧…………………… 630
*解題……………………………………… 635
 

第10巻 エッセイ 3 1975.9.25
 
凡例
詩人の使命…………………………………… 3
自序………………………………………… 5
詩の本質性について………………………10
理性に醒めよ………………………………19
詩の生理学を呼ぶ…………………………25
ロマンチストの二種類……………………26
日本の詩人…………………………………28
「氷島」の詩語について…………………30
最近詩壇の動向……………………………38
インテリ以前の日本詩壇…………………45
詩人とジャーナリスト……………………51
僕は日本語絶望論者ではない……………54
詩と音楽の関係……………………………57
知性と感情…………………………………63
新しさについて……………………………64
政治と芸術…………………………………66
純正詩論の非論理性………………………67
最近の詩壇…………………………………68
認識第一歩の現詩壇………………………69
我れは尚悔いて恨みず……………………70
詩人は散文を書け…………………………72
わがひとに与ふる哀歌……………………74
小説と詩的精神の問題……………………83
詩人の嘆き…………………………………86
日本浪曼派について………………………90
純正詩のイデアを求めて…………………92
詩と批評家…………………………………98
詩の雑感………………………………… 103
詩の建設の前に………………………… 107
難解の詩について……………………… 112
現代と詩精神…………………………… 118
菊池寛氏の詩論………………………… 127
西脇順三郎氏の詩論…………………… 130
春山行夫君に答へて詩の本質を論ず… 138
大宅壮一氏の詩人論…………………… 146
時代を呼ぶ人…………………………… 153
新しい言葉は何処にあるか…………… 156
詩と日本語……………………………… 163
処女の言葉……………………………… 167
日常口語の人代名詞…………………… 170
訳詩について…………………………… 172
日本詩と思想性………………………… 174
女性詩人に望む………………………… 180
純正自由詩論…………………………… 183
仇敵の間に立ちて……………………… 196
詩と散文精神…………………………… 199
詩人の生活……………………………… 204
詭弁を戒む……………………………… 208
文化に先駆するもの…………………… 213
エッセイについて……………………… 217
今日の詩精神…………………………… 220
詩人と大衆……………………………… 224
詩人は何を為すべきか………………… 229
俳句の本質について…………………… 236
純粋詩としての国詩…………………… 243
蕪村に帰れ……………………………… 248
新古今集への歌壇的潮流とその批判… 254
蕪村俳句の再認識……………………… 260
口語詩歌の韻律を論ず………………… 267
俳句の解釈について…………………… 277
芭蕉俳句の音楽性について…………… 286
無からの抗争……………………………… 293
散文の黎明……………………………… 295
私の詩人とツアラトストラ………… 297
インテリとは何ぞや………………… 301
文学の革命…………………………… 307
恋愛のない時代・詩のない時代…… 323
嘘と文学……………………………… 326
彼等は何故に日本的なものを嫌ふか…… 329
漂泊者の文学………………………… 336
日本の橋を読む……………………… 341
歴史教育への一抗議………………… 344
平安朝文学と仏蘭西映画…………… 350
徒然草について……………………… 355
中河与一氏の偶然文学論について… 359
復讐としての文学…………………… 363
青年に告ぐ…………………………… 365
古典と文明開化……………………… 368
英雄と詩人を読みて………………… 371
流行歌曲について…………………… 374
日本文芸の新思潮…………………… 379
悪ニヒリズムを排斥する…………… 386
詩人と評論家の立場………………… 389
進歩思潮の反動性…………………… 390
春琴抄の詩精神……………………… 393
デカダンの行動性…………………… 396
虚無よりの建設……………………… 401
ヒューマニストとしての啄木……… 405
支那と中華民国……………………… 407
韻律の薄暮……………………………… 411
詩歌の鑑賞と解釈…………………… 413
詩人の嘆き…………………………… 421
詩人の位置…………………………… 423
純粋詩と主知主義…………………… 427
叙事詩と抒情詩……………………… 436
日本詩歌の韻律に関する原理……… 445
詩の原理と詩の研究………………… 460
十九世紀的と二十世紀的…………… 462
ハイネの嘆き………………………… 465
詩人の生活…………………………… 469
詩の孤独とその原因………………… 475
日本への回帰……………………………… 481
詩論と文明評論………………………… 483
日本への回帰………………………… 485
日本の軍人…………………………… 490
日本の巡査…………………………… 496
日本の女性…………………………… 503
日本の都市…………………………… 538
日本の使命…………………………… 542
自然主義を離脱せよ………………… 550
梃でも動かぬ歌壇…………………… 561
万葉集と新古今集…………………… 563
詩人の文学…………………………… 565
詩を小説で書く時代………………… 571
政府の文芸関心……………………… 577
詩について1 ………………………… 579
詩について2 ………………………… 583
与謝野鉄幹のこと…………………… 588
詩と性慾……………………………… 591
詩人の稚態…………………………… 593
批判精神のない詩壇………………… 597
異邦人としての郷土詩人…………… 600
日本語の不自由さ…………………… 603
寡作と多作…………………………… 609
随筆と身辺雑記………………………… 615
秋宵記………………………………… 617
我が故郷を語る……………………… 623
隣人への挨拶………………………… 628
自然の公園化………………………… 630
夢について…………………………… 634
学校教師の話………………………… 639
悪文の話……………………………… 641
狂人の文芸…………………………… 643
春の旅………………………………… 646
比例錯誤の話………………………… 648
狼言…………………………………… 651
自転車日記…………………………… 655
病床生活からの一発見……………… 658
ホテルと旅館………………………… 662
喫茶店にて…………………………… 668
ダンヂイズムについて……………… 669
科学への不信………………………… 672
作文の話……………………………… 675
自著の装幀について………………… 678
*校異……………………………………… 683
校異凡例……………………………… 684
詩人の使命…………………………… 685
無からの抗争………………………… 695
日本への回帰………………………… 706
*引用詩文異同一覧……………………… 722
*初出雑誌・新聞一覧…………………… 727
*解題佐藤房儀〔校訂・校異〕………… 733
 

第11巻 エッセイ 4 1977.8.25
 
凡例
帰郷者………………………………………… 3
自序………………………………………… 5
前篇(文化問題について)……………… 7
日本文化の特殊性……………………… 9
文化と政治………………………………21
日本は世界の田舎者か…………………32
歴史の斜視線……………………………40
能と室町幕府……………………………53
政治の心理学……………………………57
童話と教育について……………………62
ローマ字論者への質疑…………………68
太平洋行進曲論…………………………72
宗教と現世利益…………………………83
傭兵気質とやくざ仁義…………………89
英雄と豪傑………………………………94
昭和青年論………………………………99
学者の盲点…………………………… 103
後篇(詩と文学について)…………… 107
農村文学について…………………… 109
文芸に於ける道徳性の本質………… 111
純粋詩としての新古今集…………… 114
日本人の戦争文学…………………… 117
与謝野鉄幹論………………………… 121
ヒユーマニズムについて…………… 150
自作詩の改作について……………… 155
趣味と感傷…………………………… 161
俳句は抒情詩か?…………………… 163
韻文学の興隆………………………… 170
三好達治君への反問………………… 176
詩人の風貌…………………………… 179
阿帯………………………………………… 185
自序……………………………………… 187
蟻と近代戦争…………………………… 189
日本の政党……………………………… 193
月の詩情………………………………… 197
人間と歩行……………………………… 201
老年と人生……………………………… 206
公衆道徳について……………………… 214
住宅について…………………………… 219
暦と四季………………………………… 224
能の上演禁止について………………… 228
名前の話………………………………… 231
日本の宴会……………………………… 236
季節と文学……………………………… 240
能と戦国武士…………………………… 241
新年の辞………………………………… 243
詩人と宿命論…………………………… 246
前欧洲大戦の頃………………………… 250
読書と教育について…………………… 254
演芸随筆………………………………… 258
白秋露風時代の詩壇…………………… 265
思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥…… 271
変り種の文学者と日本の文壇………… 277
日本語の普及と統制について………… 283
日本国技の洋風化について…………… 289
小説家の俳句…………………………… 295
四季同人印象記………………………… 300
水戸小遊記……………………………… 308
交友雑記………………………………… 312
辻野久憲君を悼む……………………… 313
読書随感………………………………… 316
随筆
初放送の記………………………………… 329
早春三日…………………………………… 330
映画随想…………………………………… 332
芸術と教育………………………………… 338
キリスト教の秘密………………………… 339
大衆・演劇・映画………………………… 342
弁明………………………………………… 345
僕の写真機………………………………… 347
東京風景…………………………………… 349
顔…………………………………………… 351
春光………………………………………… 352
角力と電撃戦……………………………… 353
詩歌は悠久………………………………… 353
宿命について……………………………… 355
初夏の詩情………………………………… 356
破壊から建設へ…………………………… 361
松旭斎天一の奇術………………………… 362
頼朝の髑髏………………………………… 365
秋の心境…………………………………… 367
小泉八雲の家庭生活……………………… 368
女と流行…………………………………… 388
危機の芸術………………………………… 390
盆踊唄……………………………………… 395
この頃の思ひ……………………………… 397
我等何をなすべきか……………………… 398
文明論・社会風俗時評
軍歌その他の音楽について……………… 405
「シンニツポン」欄……………………… 410
叙事詩と日本文化………………………… 413
改良日本服のイデー……………………… 418
仏教音楽をきいて………………………… 419
藤井制心氏に……………………………… 423
日本服の将来……………………………… 427
為政者と文化……………………………… 430
現代の青年………………………………… 432
文化の凋落と再建………………………… 438
日本婦人の優秀性………………………… 443
日本人的なる表情………………………… 454
民衆心理考………………………………… 458
民衆娯楽…………………………………… 464
日本の民族性と日本文化の特質………… 469
風俗時評…………………………………… 475
科学と日本人……………………………… 481
回想・詩人論・詩壇時評
文芸汎論と他の詩雑誌…………………… 495
神保光太郎君の詩………………………… 498
青年時代の交友…………………………… 501
詩壇時言…………………………………… 504
岩佐君の詩文学…………………………… 510
芥川龍之介の小断想……………………… 511
文学論
詩人と小説家……………………………… 517
感覚・感覚派とは何ぞや………………… 529
詩人の観たる散文芸術…………………… 542
新時代に望む……………………………… 544
悪魔主義?………………………………… 546
文壇的批評を排す………………………… 550
ポオ、ニイチエ、ドストイエフスキイ… 555
特殊国としての日本文壇………………… 563
文章語以前の詩壇………………………… 567
文学の観念病とその治療………………… 570
随筆の革命………………………………… 574
文学としてのシナリオ…………………… 576
日本の詩人と文学者に…………………… 579
『エッセイI・II』補遺
追憶………………………………………… 587
名詩集「思ひ出」の真価………………… 590
叙情詩物語………………………………… 597
文壇を唾棄す……………………………… 602
兵隊さんの詩……………………………… 608
趣味と文学………………………………… 609
ボノオ博士と定律論者…………………… 612
中野秀人君へ……………………………… 614
大島行……………………………………… 615
夏を讃ふ…………………………………… 617
今年度の文壇思潮………………………… 617
*校異……………………………………… 623
校異凡例……………………………… 624
帰郷者………………………………… 625
阿帯…………………………………… 633
随筆…………………………………… 642
文明論・社会風俗時評……………… 648
回想・詩人論・詩壇時評…………… 654
文学論………………………………… 656
『エッセイI・II』補遺 …………… 662
*引用詩文異同一覧……………………… 665
*初出雑誌・新聞一覧…………………… 681
*解題……………………………………… 687
 

第12巻 未発表ノート篇 1977.10.30
 
凡例
ノート 1 …………………………………… 3
ノート 2 ……………………………………29
ノート 3 ……………………………………55
ノート 4 ………………………………… 101
ノート 5 ………………………………… 147
ノート 6 ………………………………… 173
ノート 7 ………………………………… 223
ノート 8 ………………………………… 273
ノート 9 ………………………………… 303
ノート 10………………………………… 343
ノート 11………………………………… 393
ノート 12………………………………… 421
ノート 13………………………………… 453
ノート 14………………………………… 487
ノート 15………………………………… 527
ノート 16………………………………… 569
ノート 17………………………………… 611
ノート 18………………………………… 649
ノート 19………………………………… 687
ノート 20………………………………… 705
ノート 21………………………………… 735
*解題……………………………………… 753
 

第13巻 書簡 1977.2.25
 
凡例
明治 明治38年―明治45年
明治38年(1905年)………………………… 5
明治40年(1907年)………………………… 6
明治41年(1908年)………………………… 6
明治42年(1909年)………………………… 9
明治43年(1910年)…………………………12
明治44年(1911年)…………………………14
明治45年(1912年)…………………………30
大正 大正2年―大正15年
大正2年(1913年) …………………………47
大正3年(1914年) …………………………48
大正4年(1915年) …………………………73
大正5年(1916年) ……………………… 105
大正6年(1917年) ……………………… 156
大正7年(1918年) ……………………… 203
大正8年(1919年) ……………………… 208
大正9年(1920年) ……………………… 218
大正10年(1921年)……………………… 220
大正11年(1922年)……………………… 228
大正12年(1923年)……………………… 242
大正13年(1924年)……………………… 249
大正14年(1925年)……………………… 252
大正15年(1926年)……………………… 259
昭和 昭和2年―昭和17年
昭和2年(1927年) ……………………… 267
昭和3年(1928年) ……………………… 268
昭和4年(1929年) ……………………… 269
昭和5年(1930年) ……………………… 299
昭和6年(1931年) ……………………… 326
昭和7年(1932年) ……………………… 338
昭和8年(1933年) ……………………… 341
昭和9年(1934年) ……………………… 348
昭和10年(1935年)……………………… 364
昭和11年(1936年)……………………… 379
昭和12年(1937年)……………………… 398
昭和13年(1938年)……………………… 413
昭和14年(1939年)……………………… 422
昭和15年(1940年)……………………… 438
昭和16年(1941年)……………………… 452
昭和17年(1942年)……………………… 461
補遺………………………………… 467
*解説……………………………………… 471
*人名索引…………………………………… 1
 

第14巻 雑纂 1978.2.25
 
凡例
補遺
幼児と基督…………………………………… 5
巻頭言………………………………………… 7
概念叙情詩 六篇…………………………… 8
賭博の哲学 他………………………………13
詩の本質………………………………………14
芸術に関する小論……………………………14
復讐と怨恨との芸術…………………………15
短歌……………………………………………17
易者の哲理 他………………………………17
断章……………………………………………18
夢について……………………………………19
孟子の出る時…………………………………21
貝………………………………………………22
ぬけ穴(後半)………………………………23
詩論・講座
自由詩のヂレンマ……………………………31
叙事詩的情操と抒情詩的情操………………46
詩人たらんと志す若い人々へ………………48
詩の本質………………………………………52
詩の作り方……………………………………61
素質と教養……………………………………71
雑感……………………………………………81
明治大正文学全集 萩原朔太郎篇…………85
詩の一般的特質…………………………… 105
詩的感動…………………………………… 121
抒情詩……………………………………… 138
詩…………………………………………… 150
音楽
大沼竹太郎氏を送る言葉………………… 162
高崎の音楽会を聴きて…………………… 164
ゴンドラ洋楽会…………………………… 165
マンドリンを知らない人のために……… 167
音楽の解らない国民……………………… 169
管弦音楽会の印象………………………… 170
ゴンドラ洋楽会演奏 洋楽曲目解説…… 173
ゴンドラ・マンドリン倶楽部 第3回試演会曲目…… 176
ゴンドラ・マンドリン倶楽部 第4回合奏試演会曲目…… 178
歌劇の台詞に就いて……………………… 181
マンドリン奏法の要訣…………………… 184
マンドリン練習者へ……………………… 196
コラム
歌人の無生活……………………………… 212
街の子供たち……………………………… 213
クリスマスの悲哀………………………… 214
犀星氏の詩………………………………… 215
軍歌の今昔………………………………… 216
軍装の美学………………………………… 217
二つのタイプ……………………………… 218
大衆の無邪気さ…………………………… 219
愛国行進曲に就て………………………… 220
観念過剰症………………………………… 221
女の洋装…………………………………… 222
インテリと民衆…………………………… 223
文士の従軍行……………………………… 224
「キミ」言葉……………………………… 225
日本の一進歩……………………………… 226
漫画映画の秘密…………………………… 227
詩人の嫉妬心……………………………… 228
詩人協会に就いて………………………… 229
国民再教育………………………………… 230
文学者と当局者…………………………… 231
最後の一滴………………………………… 232
序文・跋文
詩集のはじめに(『抒情小曲集』)…… 234
愛の詩集の終りに………………………… 238
序に代へて(『新らしい詩とその作り方』)…… 245
この詩集の読者のために(『葦茂る』)…… 248
序(『煩悩の春』)……………………… 253
序(『青き魚を釣る人』)……………… 256
序(『天上の砂』)……………………… 258
沙原を歩むに序す………………………… 259
序(『幽棲美学』)……………………… 260
序言(『月の出』)……………………… 261
安井龍に就いて(『風のない樹木』)… 265
加藤介春氏の詩集に序す(『眼と眼』)…… 268
僕はこの種の詩を欲する(『蒼白い窓』)…… 274
序文(『隠沼』)………………………… 279
天野康夫君について(『天野康夫詩集』)…… 280
暮鳥の詩集に序す(『暮鳥詩集』)…… 282
すばらしく斬新なるもの(『こはれた街』)…… 284
序(『風貌』)…………………………… 285
室生犀星詩集の編選について…………… 286
山田牙城君の詩文について(『死と絶望の書』)…… 289
序(『初餐四十四』)…………………… 290
人工楽園のこと…………………………… 291
序(『ランボオ』)……………………… 295
大手拓次君の詩と人物(『藍色の蟇』)…… 298
「萩原朔太郎詩集」序文………………… 310
序言(『村田春海詩集』)……………… 311
鈴木君の詩について(『帝国情緒』)… 312
序に代へて(『北方の詩』)…………… 314
古賀政男と石川啄木(『古賀政男芸術大観』)…… 314
序(『土の唄と民話』)………………… 317
序言(『昭和詩鈔』)…………………… 318
詩形の変遷と昭和詩風概説(『昭和詩鈔』)…… 322
原著者の言葉(『新選萩原朔太郎詩集』)…… 326
序(『詩集華愁園』)…………………… 327
小序(『北溟の歌』)…………………… 328
後記(『樋口一葉全集第5巻』) ……… 328
序(『大陸の秋』)……………………… 335
序(『冬塵』)…………………………… 336
書評・新刊紹介・推薦文
『生くる日に』を読みて………………… 338
明る妙(尾山篤二郎氏著)……………… 341
南京玉(宮川兼次郎氏著)……………… 342
明る妙を読む……………………………… 343
『発生』を読む…………………………… 346
『深林』を読みて感ずる所あり………… 351
現代英詩鈔(山宮允著)………………… 355
「愛の詩集」に就て……………………… 357
○(『室生犀星詩選』)………………… 358
高橋元吉氏と「遠望」…………………… 359
酔茗詩集を読みて………………………… 360
林一郎と其の著書………………………… 362
日本文学の誇るべきシムボル…………… 365
人生情熱…………………………………… 366
詩集「一九二八年の一部」を批評す…… 366
詩人王北原白秋…………………………… 369
○(『現代詩講座』)…………………… 370
○(『海豹と雲』)……………………… 370
詩集十三月を評す………………………… 371
情感の深い言葉と美しい歌……………… 380
尺牘(『ぱいぷの中の家族』)………… 381
詩集 断片を評す………………………… 382
前田夕暮氏と水源地帯…………………… 385
『秘帖』を読みて………………………… 387
シエストフのチエホフ論について……… 389
ボードレエル詩抄を読む………………… 391
西方の人…………………………………… 395
「ゴルフ」にある個性の争闘…………… 396
基督としてのニイチエ…………………… 400
○(『詩学』)…………………………… 400
「島崎藤村の文学」をよむ……………… 401
幼年の郷愁………………………………… 404
野性の叫び………………………………… 404
○(『森鴎外全集』)…………………… 405
○(『全輯百 随筆』)………………… 406
ドストイエフスキイの神秘……………… 407
『美しき家族』をよむ…………………… 407
大手拓次氏著「藍色の蟇」……………… 411
音楽の聴える小説………………………… 412
百田宗治氏著“自由詩以後”…………… 413
林房雄著「壮年」………………………… 414
中河与一氏著「日本の理想」…………… 414
内田百 氏著「丘の橋」………………… 415
巨大なる詩匠……………………………… 416
在りし日の東洋詩人たち………………… 417
戸隠の絵本………………………………… 418
無量の哀傷………………………………… 419
新詩夜話を読む…………………………… 419
立原道造全集第一巻……………………… 423
流俗を超越せる『雲泉』の歌…………… 424
雑纂
詩集「月に吠える」に就て諸名家の言葉…… 427
○(『日本現代名詩集』附記)………… 428
○(「題のない歌」附記)……………… 428
郷土望景詩 前書き……………………… 429
球転がし(他八篇)……………………… 430
新著虚妄の正義について………………… 431
若き詩人諸君に語る……………………… 432
附記………………………………………… 438
著者の言葉………………………………… 439
時局と詩壇………………………………… 440
○(『現代詩集』選集言)……………… 441
○(『坂東太郎』編集後記)…………… 443
写真校正の件……………………………… 444
目次ひさ子嬢の死を悼む………………… 445
夫人と佐藤君は同棲した事もある……… 448
○(RO人形クリスマス誌上プレゼント)…… 448
得体が解らぬ……………………………… 449
蒸汽船に乗せた蕪村……………………… 450
万葉の羈旅歌……………………………… 450
人生は五十から…………………………… 452
その頃を語る……………………………… 453
○(『詩人の使命』広告文)…………… 455
文学(「詩研究講義」広告文)………… 456
若妻と中年の夫の場合…………………… 459
○(「詩研究講義」広告文)…………… 461
現下の欧洲の状勢とわが関心…………… 463
アンケート・質疑応答
創刊号の歌に就て………………………… 465
大正6年文芸界の事業・作品・人 ……… 465
花、土地、人……………………………… 466
夏の旅行地の感想………………………… 466
詩人の好める詩人及び詩風……………… 467
余の文章が始めて活字となりし時……… 467
文壇対歌壇の現状………………………… 467
文壇諸家の標語…………………………… 468
諸家の眼に映じた新唱…………………… 468
予が愛誦歌………………………………… 469
短歌雑誌に対する抱懐…………………… 469
私の詩を作る用意………………………… 469
現歌壇に対する諸家の抱懐……………… 470
短詩形芸術を如何に観るか……………… 470
文学者たらむと志した動機……………… 472
秋から来る哀感及び印象………………… 473
本年文壇の特徴批判……………………… 473
大正十一年の歌壇考察…………………… 474
歌壇現下の中心問題!「口語歌観」…… 474
カフエとその情緒………………………… 474
愛児命名録………………………………… 475
恋愛とは?結婚とは?…………………… 475
十四年度作品批評………………………… 475
十四年度に於て特に注目したる作家或は作品に対する感想…… 476
大正十五年の文壇及び劇壇に就て語る… 476
質疑問答…………………………………… 476
私の一日…………………………………… 480
自分の顔の印象…………………………… 480
質疑応答…………………………………… 480
質疑応答…………………………………… 485
私の嘱望する新作家……………………… 486
余は何新聞を愛読するか及びその理由… 486
詩話会解散に対する感想………………… 487
愛誦する百人一首の歌…………………… 487
私の好きな短歌…………………………… 487
現文壇に対する不満……………………… 489
文壇生活 苦しかつた事、嬉しかつた事…… 489
女性の作家に対する希望………………… 489
名士と食物………………………………… 490
昭和二年を回顧して……………………… 490
現代美男くらべ…………………………… 490
愛誦詩集…………………………………… 492
今年度 推奨・非難……………………… 493
近来資本主義的威力を振ひつつあるジヤーナリズムは文芸に如何なる影響を与へるか…… 493
雛祭・卒業式の思ひ出…………………… 494
来年は何をするか………………………… 494
現代詩の主知的傾向をいかに観るか…… 494
何故詩を書くか…………………………… 495
夢二画伯を送る…………………………… 495
作家・批評家・画家・ジヤーナリスト交友録…… 495
一九三二年に計画する…………………… 495
十歳経ぬ…………………………………… 496
聞いてわかる言葉へ……………………… 496
千九百三拾三年の詩・詩集・詩論……… 497
ドストイエフスキイの作品のうち最も愛読した作品…… 497
教科書俳句として推薦するもの………… 497
最近の詩書………………………………… 498
諸家に訊く………………………………… 498
質問………………………………………… 498
装釘各説…………………………………… 499
将来の芸妓は斯あるべき者……………… 499
歌壇外に聴く……………………………… 500
旅先を讃へる……………………………… 500
媽祖祭を手にして………………………… 500
十年ひと昔………………………………… 500
昭和十年度忘れられない事、詩集等について…… 501
問題にして見たい事……………………… 501
一九三六年に題す………………………… 501
諸家迎春所感……………………………… 501
今年の計画………………………………… 502
地方文芸運動への注文…………………… 502
私の愛誦する金言名句…………………… 502
青春のころわが愛せし作品と主人公…… 502
我れ若し出版者たりせば………………… 503
本年度評論賞を与へるとすれば誰に?… 503
わが国の詩を社会的に発展繁栄せしめる方策…… 503
芸術院を何う見る………………………… 504
嘱望する新人に就いて…………………… 504
アンケート………………………………… 504
時局下学生児童の暑休を如何にすべきか…… 505
選集『倫理御進講草案』感想集………… 505
日常捧持する私の金言…………………… 505
詩の協同製作論について………………… 506
貴下の推薦せらるる書物………………… 506
総てを新らしく見なほすべき時代……… 506
万葉集の好きな歌………………………… 507
温泉郷……………………………………… 507
新緑郷……………………………………… 507
山水郷……………………………………… 508
選詩・選評
『文章倶楽部』より
選後に…………………………………… 509
『日本詩人』より
感想……………………………………… 510
選評……………………………………… 516
第二新詩人号に就いて………………… 517
『近代詩歌』より
選後に…………………………………… 517
『若草』より
萩原朔太郎選…………………………… 518
萩原朔太郎選…………………………… 519
萩原朔太郎選…………………………… 520
萩原朔太郎選…………………………… 521
萩原朔太郎選…………………………… 522
萩原朔太郎選…………………………… 523
『文芸首都』より
選者言…………………………………… 524
選者言…………………………………… 525
選者言…………………………………… 525
選者言…………………………………… 526
選者言…………………………………… 526
選者言…………………………………… 527
選者言…………………………………… 527
選者言…………………………………… 527
選者言…………………………………… 528
選者言…………………………………… 529
『句帖』より
萩原朔太郎選…………………………… 529
『文芸』より
まへがき(「故大手拓次、九月の悲しみ」)…… 530
『四季』より
○(「故大手拓次、第二九月の悲しみ」)…… 531
『文芸汎論』より
○(「第3回文芸汎論詩集賞」) …… 531
○(「第4回文芸汎論詩集賞」) …… 532
○(「第6回文芸汎論詩集賞」) …… 532
寸言(「第7回文芸汎論詩集賞」) … 532
『セルパン』より
満場一致の作品………………………… 533
『文庫』より
選後に…………………………………… 533
選者言…………………………………… 534
選後言…………………………………… 534
選後評…………………………………… 535
選後評…………………………………… 535
選者言…………………………………… 535
選後評…………………………………… 536
選後言…………………………………… 536
選後に…………………………………… 536
『逓信協会雑誌』より
選者となるに際して…………………… 537
選評……………………………………… 537
選評……………………………………… 538
選評……………………………………… 538
選評……………………………………… 538
『新女苑』より
選評……………………………………… 539
選後に…………………………………… 539
選後に…………………………………… 540
選後に…………………………………… 540
選後に…………………………………… 541
*校異……………………………………… 543
校異凡例……………………………… 544
補遺…………………………………… 545
詩論・講座…………………………… 546
音楽…………………………………… 555
コラム………………………………… 559
序文・跋文…………………………… 559
書評・新刊紹介・推薦文…………… 565
雑纂…………………………………… 572
アンケート・質疑応答……………… 574
選詩・選評…………………………… 577
*初出書籍・雑誌・新聞一覧…………… 580
*解題……………………………………… 585
 

第15巻 歌集 日記 未発表原稿 年譜 書誌 索引 他 1978.4.25
 
凡例
ソライロノハナ……………………………… 3
○(この歌集を編むに当り……)……… 4
空いろの花………………………………… 5
○(年ごろ詠み捨てたる歌……)……… 6
自叙伝……………………………………… 7
二月の海……………………………………15
若きウエルテルの煩ひ……………………27
午後…………………………………………49
何処へ行く…………………………………65
うすら日………………………………… 105
短歌補遺…………………………………… 115
日記(大正3年) ………………………… 117
未発表原稿
認識の形成………………………………… 131
認識の発展………………………………… 136
感性と悟性………………………………… 139
反省と判断………………………………… 145
本質と非本質……………………………… 150
○(無題)………………………………… 160
○(無題)………………………………… 166
知るといふことの意味…………………… 172
部分と全体………………………………… 179
○(無題)………………………………… 186
推理の危険………………………………… 193
推理の虚偽………………………………… 194
概念の虚偽………………………………… 198
○(無題)………………………………… 204
○(無題)………………………………… 215
直感と思考………………………………… 216
○(無題)………………………………… 223
○(無題)………………………………… 229
感情と認識………………………………… 232
○(無題)………………………………… 237
○(無題)………………………………… 238
○(無題)………………………………… 242
科学と芸術………………………………… 243
○(無題)………………………………… 246
芸術の普遍性はどこにあるか…………… 251
自由詩の形式を論ず……………………… 259
○(無題)………………………………… 269
○(無題)………………………………… 271
詩に於ける音象表現……………………… 273
悪口雑言に報いる………………………… 280
○(無題)………………………………… 282
○(無題)………………………………… 287
○(無題)………………………………… 289
○(無題)………………………………… 291
○(無題)………………………………… 293
○(無題)………………………………… 294
○(無題)………………………………… 295
現代詩の変転……………………………… 296
○(無題)………………………………… 299
○(無題)………………………………… 300
○(無題)………………………………… 301
○(無題)………………………………… 302
○(無題)………………………………… 303
○(無題)………………………………… 305
○(無題)………………………………… 305
○(無題)………………………………… 306
恐しく憂鬱なる…………………………… 306
熱帯の朝…………………………………… 307
○(無題)………………………………… 308
○(無題)………………………………… 308
支那と中国………………………………… 312
○(無題)………………………………… 314
詩人の生活難……………………………… 315
特殊喫茶店の暴利………………………… 316
○(無題)………………………………… 317
○(無題)………………………………… 321
○(無題)………………………………… 323
○(無題)………………………………… 324
写真の話…………………………………… 325
○(無題)………………………………… 325
○(無題)………………………………… 326
○(無題)………………………………… 327
○(無題)………………………………… 329
*萩原朔太郎年譜(伊藤信吉,佐藤房儀)…… 331
*書誌……………………………………… 455
本文篇………………………………… 457
参考文献篇…………………………… 479
*索引……………………………………… 499
作品索引……………………………… 501
歌俳初句索引………………………… 573
*解題……………………………………… 597
[ 2011/03/13 23:20 ] 萩原朔太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。