研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  長谷川如是閑 >  『長谷川如是閑集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『長谷川如是閑集』全8巻

『長谷川如是閑集』全8巻(岩波書店、1989.10~1990.9、飯田泰三,三谷太一郎,山領健二)



第1巻 1989.10.20
 
*凡例
同時代人の肖像……………………………… 1
呪はれた天才青木繁〔青木繁〕………… 3
初めて逢つた漱石君〔夏目漱石〕……… 7
天文学から宇宙哲学へ―一戸博士の理想〔一戸直蔵〕……17
空想政治家としての大隈侯〔大隈重信〕……23
有島武郎君の死―自己肯定による否定〔有島武郎〕……34
「永遠の叛逆者」有島君〔有島武郎〕…40
水島爾保布著「愚談」序〔水島爾保布〕……45
日本新聞と「陸さん」の印象〔陸羯南〕……48
「人類の為めに―ワシリー・エロシエンコ創作集第三」はしがき〔エロシェンコ〕……54
大庭柯公のこと〔大庭柯公〕……………56
エツセイストとしての田口鼎軒〔田口卯吉〕……64
ある哲学者の死〔田中王堂〕……………79
堺利彦〔堺利彦〕…………………………84
吉野博士と私〔吉野作造〕………………96
吉野博士の思ひ出〔吉野作造〕……… 100
吉野作造博士と彼れの時代〔吉野作造〕…… 104
井口孝親著「自殺の社会学的研究」序〔井口孝親〕…… 112
櫛田君と新聞記者〔櫛田民蔵〕……… 116
櫛田民蔵君の殉職〔櫛田民蔵〕……… 120
逍遥先生のある一面〔坪内逍遥〕…… 123
青 翁の書〔国分青 〕……………… 131
森戸事件前後の研究室の人たち〔森戸辰男ほか〕…… 134
三宅雪嶺の人と哲学〔三宅雪嶺〕…… 140
淡として水の如し〔高嶋米峰〕……… 151
柳瀬正夢を想ふ〔柳瀬正夢〕………… 157
丸山幹治君のこと〔丸山幹治〕……… 163
付 丸山幹治著「硯滴・余録」〔丸山幹治〕…… 166
鉄腸と私―記者時代の安藤君〔安藤正純〕…… 167
徳富蘇峰〔徳富蘇峰〕………………… 173
狄嶺の語ることば―「江渡狄嶺著作集」第一巻 序〔江渡狄嶺〕…… 180
「造化精妙」〔上野理一〕…………… 183
追憶〔三淵忠彦〕……………………… 188
無名人逝く〔土井彦一郎〕…………… 191
身辺随筆…………………………………… 193
種を蒔いた日の連想…………………… 197
門………………………………………… 211
六根清浄………………………………… 222
純日本式………………………………… 230
余技界のギルドに対する叛逆者……… 237
アンチ・ミリタリストの孫…………… 249
権力の外に在る世界―砂山をめぐる子供の共同の享楽…… 263
アンチ・ヒロイヅム断片―私の有史以前の記録の数節…… 275
軍人の進化……………………………… 290
或る日の連想…………………………… 297
アルゲマインギユルチヒ……………… 300
群的被害者としてのスポーツ大衆…… 306
「美しい馬鹿」………………………… 312
私の書斎と読書法……………………… 314
愛犬トチの死を語る…………………… 318
スタイルは踊る………………………… 326
書物七癖………………………………… 332
 は語る(抄)………………………… 339
支那のある小景……………………… 339
「リツトル・クリテイツクス」…… 342
嘘の道徳性…………………………… 345
敗けに乗じる…………………………… 350
発言の自由……………………………… 356
クツみがき……………………………… 358
行易不行難……………………………… 361
無言の教訓―日本の「家」…………… 365
*初出及び再録一覧……………………… 369
*如是閑の見かた(鶴見俊輔)………… 375
 

第2巻 1989.11.20
 
*凡例
真実はかく佯る(抄)……………………… 1
英雄と民衆と真理………………………… 3
女の優越性………………………………… 4
「現実政治家」の叫び声………………… 5
大世界と小世界…………………………… 6
血のパラドツクス………………………… 8
未来を迎ふる心……………………………11
埴輪以前……………………………………13
名の恋人と画の餅…………………………14
機械の人格化―人格の機械化……………16
ゴリラに返れ………………………………18
欺かれた霊魂と人間………………………20
上から下へ…………………………………22
楚王と漁夫…………………………………24
衣服と肉体…………………………………26
「たつた一人に六百人」…………………28
十返舎一九のロジツク……………………29
「礼儀正しい泥棒」………………………31
酒樽と人間…………………………………33
孟子国字解…………………………………38
「小僧の耳」………………………………38
優越と自然…………………………………40
歳の始め……………………………………43
蜂の子………………………………………45
エスキモー…………………………………47
盗跖の言葉…………………………………49
節約…………………………………………51
聖人の妻……………………………………53
踊り児の独語………………………………56
善良な悪魔の涙……………………………58
猪の聖者……………………………………60
逆賊の作つた法律…………………………62
神が人間を作る時の会議…………………66
鯨の歯………………………………………68
大虎の謎……………………………………70
カント以前とカント以後…………………72
モルモン宗徒に学べ………………………74
物が神を創造する…………………………77
パラドツクス………………………………79
闘争から光へ………………………………82
偽せ首と革嚢………………………………84
豚と豚………………………………………86
羨むべき「ケレケレ」……………………88
嘘のやうなアメリカの話…………………90
猿語の殃ひ…………………………………92
「新経済政策」……………………………94
軍事教育の見本……………………………96
黒い骨と白い骨……………………………97
翻訳の日本……………………………… 100
人間と大根……………………………… 102
支那の車夫……………………………… 105
ツワシトリの子供達…………………… 107
奴隷の世界……………………………… 109
「我輩平民」…………………………… 112
呪はれた白人…………………………… 114
ある気違ひ婆さんの死………………… 116
鉄の鋏と黄金の鋏……………………… 118
外来思想の取締………………………… 121
馬………………………………………… 124
組織の力………………………………… 126
「ラス」と紙片………………………… 128
フランスの泥,日本の泥 ……………… 130
「不戦条約」劇(一幕)……………… 133
船のやうな国…………………………… 135
満洲にて………………………………… 137
戦争絶滅受合法案……………………… 139
暗殺……………………………………… 141
「珈琲は濃く,紅茶は薄く」 ………… 142
裸にされたアメリカ主義……………… 144
汝等の行くべき国……………………… 146
「我等」から「現代批判」へ………… 149
資本主義寺院とソウエート・ロシア… 150
蝗軍蜂起………………………………… 152
歴史と暴力……………………………… 154
政治家登録法案………………………… 156
労資は唱ふ不景気時代………………… 160
「枢」「密」「院」…………………… 161
荒ぶる神………………………………… 164
もしアメリカが「故人」だつたら…… 166
日本の二枚舌…………………………… 168
「村正」資本主義と「丸腰」資本主義…… 170
戦争・平和・楽土……………………… 172
遠征……………………………………… 173
百年前のアンチ・フアシスト………… 175
政党遊戯………………………………… 177
鈴鈴零信………………………………… 180
「転向」………………………………… 182
象の神経衰弱…………………………… 184
「民亦労ス」…………………………… 186
「吾は点に与みせん」………………… 188
倫敦! 倫敦?(抄)…………………… 191
世界の真中チヤーリング・クロツス… 193
御気の毒なる宮城……………………… 206
真っ黒なバツキンガム宮…………… 206
鉄道から見た倫敦……………………… 209
往来から見た倫敦……………………… 224
車のいろいろ…………………………… 243
倫敦女房………………………………… 247
上院瞥見………………………………… 262
街頭で考へる ほか……………………… 269
永代哲学………………………………… 271
続永代哲学……………………………… 275
ロハ台の厭世観………………………… 279
如是閑語………………………………… 294
街頭で考へる…………………………… 307
一 山寨文化………………………… 307
二 巡査と運転手…………………… 309
三 黄金の犁………………………… 312
四 ずるい主人……………………… 320
五 最後に動け……………………… 323
六 偶像の進化……………………… 325
「大陸」から「大島」へ……………… 331
*初出及び再録一覧……………………… 349
*アイロニーの銃眼(飯田泰三)……… 359
*「真実はかく佯る」関連事件 対照表…… 392
 

第3巻 1989.12.20
 
*凡例
現代社会批判(抄)………………………… 1
階級戦争の倫理…………………………… 3
民衆化と社会的頽廃―現代文化に対する民衆化の意義……18
「労働の芸術化」か「芸術の労働化」か
……………………………………………31
現代文化の特徴と其の転機………………43
快楽論的労働観を排す……………………57
進化せざる結婚制度………………………74
性的に観た社会……………………………91
社会思想の一考察……………………… 107
財産に関する一考察…………………… 116
生活としての労働……………………… 131
集団意識と協調主義…………………… 144
「現代社会批判」緒言………………… 159
道徳の現実性(抄)……………………… 161
生活の道徳と歴史の虚偽……………… 163
現代的運動の特徴―社会運動の根本的理解…… 171
正統の道徳と生活の道徳―現代道徳生活の進化…… 183
神と人と社会…………………………… 195
優越者の道徳―其道徳の不道徳性…… 203
支配道徳と労働道徳―地主と小作人の道徳…… 215
体験と同情―階級的生活に於ける…… 220
文明と野蛮―それが生活に対する関係…… 228
現実の道徳と非現実の道徳…………… 235
「道徳の現実性」緒言………………… 242
現代社会思潮 ほか……………………… 245
現代運動に於ける分化的傾向………… 247
近代的精神の崩壊……………………… 264
現代運動としての社会的態度………… 280
政治的行動と社会的行動―社会的態度の二方面…… 294
二元社会に於ける文明の成立と崩壊… 308
現代社会思潮…………………………… 345
*初出及び再録一覧……………………… 381
*時代の批判者 長谷川如是閑の世界(松本三之介)…… 387
 

第4巻 1990.1.19
 
*凡例
傾向及批判(抄)…………………………… 1
一票だけの権利…………………………… 3
芸術から政治へ…………………………… 4
労働組合の障碍…………………………… 7
女子の労働演説…………………………… 8
智的奴隷としての少壮官僚………………10
少壮官僚と市民的良心……………………12
出版物検閲官へ……………………………14
公私生活の合一……………………………15
社会的ブーメラング………………………18
政治的精神療法……………………………20
官吏の道徳的倒錯…………………………23
戦後の国家目的……………………………27
「生産減少」の教訓………………………31
悟らざる政治家……………………………35
西侯と「日本の孤立」……………………39
政府の代表と労働者の代表………………45
政治を悲観する傾向………………………52
所謂「人権問題」…………………………56
賭博と実業…………………………………58
改造と既得権………………………………60
法文科の合併………………………………62
思想の安全性と危険性……………………64
文化貴族と武門貴族と財閥貴族…………72
秘密裁判と社会的公安……………………77
性的よりも社会的…………………………79
政局と政治の虚偽…………………………82
言論に対する境界線………………………88
投機に立脚する政治………………………91
市民と反抗の道徳…………………………97
罷工権褫奪の立法……………………… 101
自由民の虐政…………………………… 104
社会主義同盟の禁止…………………… 110
女子の社会化と女子教育……………… 113
「憂惧」より「安心」へ……………… 117
罵しらるべき私学……………………… 121
満鉄事件の必然性……………………… 124
流行性暴力病…………………………… 129
政党の主権と司法……………………… 132
神棚調査………………………………… 137
労働争議と官憲の態度………………… 140
明大事件と学問の制馭………………… 144
「社会化」の暗殺……………………… 149
商行為としての賄賂…………………… 154
一九二一年から二二年へ……………… 160
革命的立法……………………………… 165
日本の軍国教育と米国………………… 171
過渡の政治と過渡の人………………… 174
民族的感情の濫用……………………… 179
ヨツフエ招ねかる……………………… 183
近代国家と土匪………………………… 188
大学生の軍事研究……………………… 192
宗教的アナーキズム…………………… 197
流言と暴行の社会的性質……………… 201
政党政治の新紀元へ…………………… 211
英国の政局との対照…………………… 215
教育に対する軍国的侵略……………… 220
軍閥政党化の過程……………………… 225
憲政内閣と労働組合法案……………… 231
国家形態と無産者運動の左右系……… 238
反動心理の回顧………………………… 244
支那の軍閥と現代国家………………… 251
教化によるか裁判によるか…………… 259
軍国的反動の空想……………………… 266
政党政治の野蛮性……………………… 272
勝利と敗北の性質……………………… 278
楊宇霆の失言…………………………… 283
南京政府と支那統一…………………… 286
帝国主義と民政党の分裂……………… 292
日本の自治体の変態的性質…………… 303
滑稽な中等教育の要旨………………… 310
すべての政党の分解期………………… 317
スポーツによる曝露…………………… 323
政党政治家の生活根拠―涜職の必然性…… 329
総選挙に於ける無産政党の得票……… 336
斎藤内閣への必然的条件―並にアンチ・フアシズムの合唱…… 343
一日一題(抄)…………………………… 359
何がブラジルを誤らしめたか………… 361
シヤーツ・マニア……………………… 363
交通機関の罷業………………………… 365
議会の再認識…………………………… 367
議会の機能……………………………… 369
学問と人格……………………………… 371
歴史は繰り返す………………………… 372
独裁自由主義…………………………… 374
現代日本の欠乏………………………… 376
沢庵石の斤量…………………………… 377
土匪……………………………………… 379
鼻を啜る音……………………………… 381
議会か政党か…………………………… 383
一元即多元……………………………… 385
国民意志と議会………………………… 387
政治的中枢神経………………………… 389
求心力…………………………………… 390
国家的対立?…………………………… 392
議会の再認識…………………………… 394
国策機関と議会………………………… 397
現実政治の秩序………………………… 399
政治家の喪失…………………………… 401
両成敗…………………………………… 402
反対党と「諍臣」……………………… 404
「屋下屋を架す」……………………… 406
日本の政党……………………………… 407
近衛内閣への餞け……………………… 409
洋式官僚主義…………………………… 411
二つの立場……………………………… 413
時代と教育……………………………… 415
学外と学内……………………………… 418
弛緩の危険……………………………… 419
素人揃ひ………………………………… 421
「独善」の矯正………………………… 423
組織の国民的特性……………………… 426
*初出及び再録一覧……………………… 429
*時代と如是閑(三谷太一郎)………… 441
 

第5巻 1990.2.20
 
*凡例
現代国家批判(抄)………………………… 1
国家意識の社会化………………………… 3
国家と真理との交戦状態…………………24
我が現代政治に於ける世界的傾向………40
生活の現実と超国家の破滅………………59
国家的万能力の不合理性…………………76
政党主義の樹立と其自壊作用……………91
国家悪と産業悪………………………… 106
国家の進化と愛国的精神……………… 124
闘争本能と国家の進化………………… 145
「無政府」と「独裁」―政治思想の両極に対する断片的考察…… 172
実際政治に於ける自由主義と干渉主義…… 186
国家の商人化と政治否定……………… 203
議会政治の存在理由と崩壊…………… 221
「現代国家批判」自序………………… 228
日本ファシズム批判(抄)……………… 231
フアシズムの社会的条件と日本の特殊事情―日本にフアシズムの可能性があるか…… 233
我が国に於けるフアシズムの可能と不可能―フアシズムの社会的条件と日本の特殊事情の続篇…… 247
民族的対立と満鮮事件………………… 269
ブルジヨア国家に於ける「議会主義」及び「独裁主義」…… 286
資本主義・帝国主義・日本主義……… 305
「日本ファシズム批判」はしがき…… 324
政治的概念としての大衆 ほか………… 327
民衆政治を超越して…………………… 329
日本の近代政治に於ける「官僚」…… 334
政治的概念としての大衆……………… 344
近代政治の性質と自治体の堕落……… 351
ブルジヨア国家に於ける軍部の地位… 363
議会政治は復活するか―常識的に考へて…… 383
*初出及び再録一覧……………………… 389
*如是閑を「読む」(田中浩)………… 397
 

第6巻 1990.5.18
 
*凡例
メディア……………………………………… 1
「大阪朝日」から「我等」へ…………… 3
新聞紙休刊問題―社会的欠陥……………32
我が新聞紙の現在と将来―営業新聞と機関新聞の社会的利害……38
社会的感覚機関としての新聞紙…………49
社会的意識状態としての新聞紙…………59
新聞紙の現代的特徴………………………64
「我等」の第百号と時代の流れ…………72
現代の新聞と新聞記者……………………75
対立的社会感覚の表現としてのヂヤーナリズム……83
ブルジヨア・ヂヤーナリズム―資本主義と「新聞」の変質……96
現代新聞総評―日本の新聞紙の商品的超越性…… 126
「批判」の終刊について……………… 140
野崎左文翁……………………………… 142
ラヂオと統制時代……………………… 144
新聞紙に於ける社会的感覚の欠乏…… 149
ラヂオ文化の根本問題………………… 157
アメリカニズムの跋扈―興味本位・末梢的記事の氾濫…… 168
映画の社会性及び機械性……………… 174
新聞紙の文化的使命…………………… 178
ジャーナリズム論……………………… 184
社会………………………………………… 203
森戸助教授筆禍事件の論理的解剖…… 205
地方の講演に出かけて………………… 220
郊外生活から見た大阪人……………… 224
いかさま都市の滅亡と新帝都………… 237
社会科学研究に対する非科学的圧迫… 246
子規と治安維持法……………………… 253
大正時代を特徴づけた社会的転機…… 255
「左傾」する理由と「右傾」する理由―文部省調査会の学生の「思想左傾原因」は即ち学者の「思想右傾原因」…… 263
自分の縄で自分を縛る者……………… 277
都市生活と自然環境…………………… 281
ケーブルカーイズム…………………… 291
文化………………………………………… 295
私は素人でゐたい……………………… 297
生活の基点としての都会文化と地方文化…… 304
明治維新と国字問題―革命的社会意識の反映としての文化的諸問題…… 323
「笑」の社会的性質とユーモア芸術… 340
原形芸術と複製芸術…………………… 350
漱石と江戸ッ子文学…………………… 360
日本を知らせる―国家主義時代の矛盾…… 371
アカデミズムに就て…………………… 375
国際的文化交通と写真………………… 380
来るべき文明の性格―特に都市文明の清算について…… 390
*初出及び再録一覧……………………… 405
*ジャーナリズムにおける批判精神(掛川トミ子)…… 411
 

第7巻 1990.4.20
 
*凡例
日本文化論…………………………………… 1
批判的見地より観たる我国民性………… 3
日本思想の実在主義的傾向………………22
国民的性格としての日本精神―特に政治形態との関連……40
日本的性格の再検討………………………57
文化の自由性と文化統制の原理…………79
本居学の学問的態度………………………87
日本的進歩主義及保守主義…………… 100
日本歴史の持続的性格―皇紀二千六百年に因みて…… 119
日本芸術の象徴性―「かた」の形と心…… 139
生活と教育……………………………… 150
日本の改造と民族的文化性…………… 158
文化交通の自由………………………… 174
「日本的性格」はしがき……………… 190
「理想と現実」書後に………………… 192
「続日本的性格」書後に―「日本的性格」といふこと…… 195
「封建文化」はしがき………………… 198
「封建文化と近代文化」はしがき…… 200
「日本人気質」はしがき……………… 201
「失はれた日本」序に代へて………… 203
中国論 ほか……………………………… 207
ラツセルの社会思想と支那…………… 209
老子・孔子・支那民族………………… 229
支那的国家形態の特異性……………… 246
政治学の二大典型―西洋政治学と東洋政治学の原始的典型…… 258
私のイギリス観………………………… 284
支那を見て来た男の言葉(抄)……… 300
*初出及び再録一覧……………………… 367
*如是閑の「日本回帰」について(平石直昭)…… 373
 

第8巻 1990.9.7
 
*凡例
書簡…………………………………………… 1
I 「我等」以前…………………………… 3
一九〇〇(明治三三)年……………… 3
一九〇八(明治四一)年……………… 5
一九一一(明治四四)年……………… 6
一九一二(大正一)年………………… 8
一九一三(大正二)年…………………10
一九一七(大正六)年…………………11
一九一八(大正七)年…………………13
年不詳……………………………………20
II 「我等」「批判」時代 ………………23
一九一九(大正八)年…………………23
一九二〇(大正九)年…………………26
一九二一(大正一〇)年………………28
一九二二(大正一一)年………………31
一九二三(大正一二)年………………41
一九二四(大正一三)年………………64
一九二五(大正一四)年………………97
一九二六(大正一五)年…………… 133
一九二七(昭和二)年……………… 136
一九二八(昭和三)年……………… 137
一九二九(昭和四)年……………… 142
一九三一(昭和六)年……………… 143
一九三二(昭和七)年……………… 147
一九三三(昭和八)年……………… 151
III 「批判」以後……………………… 162
一九三四(昭和九)年……………… 162
一九三五(昭和一〇)年…………… 163
一九三六(昭和一一)年…………… 167
一九三七(昭和一二)年…………… 168
一九三八(昭和一三)年…………… 169
一九三九(昭和一四)年…………… 170
一九四〇(昭和一五)年…………… 172
一九四二(昭和一七)年…………… 174
一九四三(昭和一八)年…………… 175
一九四四(昭和一九)年…………… 177
一九四五(昭和二〇)年…………… 178
一九四六(昭和二一)年…………… 179
一九四七(昭和二二)年…………… 184
一九四八(昭和二三)年…………… 189
一九四九(昭和二四)年…………… 203
一九五〇(昭和二五)年…………… 205
一九五一(昭和二六)年…………… 207
一九五二(昭和二七)年…………… 213
一九五三(昭和二八)年…………… 220
一九五四(昭和二九)年…………… 227
一九五五(昭和三〇)年…………… 242
一九五六(昭和三一)年…………… 243
一九五七(昭和三二)年…………… 247
一九五八(昭和三三)年…………… 255
一九五九(昭和三四)年…………… 264
一九六〇(昭和三五)年…………… 267
一九六一(昭和三六)年…………… 268
一九六二(昭和三七)年…………… 270
一九六三(昭和三八)年…………… 273
一九六四(昭和三九)年…………… 275
一九六五(昭和四〇)年…………… 276
一九六六(昭和四一)年…………… 277
一九六七(昭和四二)年…………… 279
一九六八(昭和四三)年…………… 280
一九六九(昭和四四)年…………… 281
*宛名索引……………………………… 283
自伝的著作(より)……………………… 287
幼い心の自叙伝………………………… 289
白紙に映つた心像―幼い心の自叙伝の一節…… 303
「憲法発布」の頃―幼い心の自叙伝の一節…… 313
*年譜(山領健二編)…………………… 325
*「我等」の時代―如是閑をめぐる人々(山領健二)…… 351
[ 2011/03/13 23:21 ] 長谷川如是閑 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。