研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  葉山嘉樹 >  『葉山嘉樹全集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『葉山嘉樹全集』全6巻

『葉山嘉樹全集』全6巻(筑摩書房、1975.4~1976.6)
※他に『葉山嘉樹日記』全1巻(筑摩書房、1971)がある。



第1巻 1975.4.25
 
小説
海に生くる人々……………………………… 3
誰が殺したか……………………………… 145
牢獄の半日………………………………… 228
淫売婦……………………………………… 236
セメント樽の中の手紙…………………… 249
出しやうのない手紙……………………… 251
そりや何だ………………………………… 256
追跡………………………………………… 259
住むべき処を求めて……………………… 266
労働者の居ない船………………………… 270
赤い荷札…………………………………… 280
春の悩み…………………………………… 284
正札つき貴婦人…………………………… 289
支那人の糞………………………………… 291
眼…………………………………………… 297
山抜け……………………………………… 300
どこも冷たい……………………………… 308
むごたらしい出来事……………………… 315
遺書………………………………………… 319
馬鹿を見たけりやこいつ等を見ろ……… 324
糒…………………………………………… 326
港町の女…………………………………… 329
校正係……………………………………… 340
浚渫船……………………………………… 346
刺された男………………………………… 351
乳色の靄…………………………………… 352
プロレタリアの乳………………………… 363
生爪を剥ぐ………………………………… 373
マドロスと鼠……………………………… 378
焼けた金で払ふ…………………………… 384
印度の靴…………………………………… 389
狂人………………………………………… 397
被害者……………………………………… 399
躄の話……………………………………… 402
散歩………………………………………… 409
田舎者が都会を見る……………………… 410
死屍を食ふ男……………………………… 411
首を売つた話……………………………… 419
桜の咲く頃………………………………… 423
戯曲
どつちへ行くか?………………………… 444
降つて来た人……………………………… 449
*解説(小田切秀雄)…………………… 459
*解題(浦西和彦)……………………… 472
 


第2巻 1975.8.29
 
小説
移動する村落………………………………… 3
坑夫の子………………………………………63
苦闘……………………………………………69
仁丹を追つかける……………………………80
鼻を覘ふ男……………………………………84
天の怒声…………………………………… 108
別離………………………………………… 122
火夫の顔と水夫の足……………………… 125
無風帯を行く船…………………………… 134
船の犬「カイン」………………………… 141
電燈の油…………………………………… 156
鴨猟………………………………………… 162
ハンケチ泥棒……………………………… 171
暗い顔……………………………………… 180
独房語……………………………………… 184
小作人の犬と地主の犬…………………… 192
海底に眠るマドロスの群………………… 198
恋と無産者………………………………… 218
悪夢………………………………………… 268
人間肥料…………………………………… 277
迷へる親…………………………………… 282
歪みくねつた道…………………………… 295
波止場の一日……………………………… 313
冬の労働一景……………………………… 319
暗い出生…………………………………… 323
無銭飲食者同盟…………………………… 329
床屋………………………………………… 332
けだものの尻尾…………………………… 336
サンパンの難破…………………………… 349
優秀船「狸」丸…………………………… 358
便器の溢れた囚人………………………… 398
泡になる犠牲……………………………… 412
借家探し奇譚……………………………… 418
猫の踊り…………………………………… 425
夢中時代…………………………………… 436
口が重くなる……………………………… 443
地下水……………………………………… 450
萌芽………………………………………… 463
*解説(小田切秀雄)…………………… 467
*解題(浦西和彦)……………………… 478
 


第3巻 1975.6.25
 
小説
海と山と……………………………………… 3
空腹と胃散………………………………… 128
今日様……………………………………… 135
鳥屋の一夜………………………………… 155
屋根のないバラック……………………… 163
敷居を盗まれる…………………………… 168
山谿に生くる人々………………………… 175
二重に搾られる一景……………………… 207
水路………………………………………… 210
人間の値段………………………………… 225
小盗不成…………………………………… 238
窮鳥………………………………………… 248
泥棒の上前を撥ねた話…………………… 258
負けた……………………………………… 260
赴任命令…………………………………… 266
結婚式……………………………………… 272
紐のついた命……………………………… 290
濁流………………………………………… 300
跫音………………………………………… 317
裸の命……………………………………… 328
窮鼠………………………………………… 359
出発………………………………………… 375
馬鹿気た話………………………………… 385
氷雨………………………………………… 398
万福追想…………………………………… 405
峡底………………………………………… 416
*解説(小田切秀雄)…………………… 433
*解題(浦西和彦)……………………… 443
 


第4巻 1975.10.31
 
小説
流旅の人々…………………………………… 3
暗い朝……………………………………… 130
多角形経営の緒言………………………… 148
子狐………………………………………… 152
影…………………………………………… 164
慰問文……………………………………… 171
山の幸……………………………………… 189
雹害………………………………………… 200
稲…………………………………………… 207
部落の顔…………………………………… 210
還元記……………………………………… 222
墓掘り当番………………………………… 235
安ホテルの一日…………………………… 242
食ひ気と色気……………………………… 259
話の華……………………………………… 264
最後の聖餐………………………………… 274
凡父子……………………………………… 280
潔斎………………………………………… 285
子を護る…………………………………… 287
寄生虫……………………………………… 303
義侠………………………………………… 308
不思議な村………………………………… 328
屏風………………………………………… 335
海に行く…………………………………… 348
海の家へ…………………………………… 359
朋あり……………………………………… 369
多産系子孫分布図………………………… 378
懸垂………………………………………… 388
深井農事指導員…………………………… 395
ある日の開拓村…………………………… 401
開拓団に於ける生活……………………… 410
*解説(小田切秀雄)…………………… 419
*解題(浦西和彦)……………………… 430
 


第5巻 1976.2.10
 
作家以前の文章
小林橘川氏に………………………………… 3
工場の窓より………………………………… 5
労働者としての立場…………………………11
二つの道………………………………………12
街路に立ちて…………………………………19
神戸労働争議のエピソート…………………26
偉大なる顎と其臨終の苦悶…………………32
無産労働階級の宗教的特質…………………35
労働階級は何を作るか………………………37
反動新戦術に拮抗する対策…………………40
文学・芸術論
プロレタリア芸術運動の位置と任務………43
反抗心について………………………………45
実行期に入つた無産者文芸運動……………47
闘ひの芸術……………………………………48
絵のない絵本…………………………………49
今様ドン・キホーテ…………………………50
『悲しきインテリゲンチヤ』………………55
私の創作の気持………………………………55
時々雑感………………………………………58
ソーニヤ………………………………………59
私の描き求めてゐる女性……………………62
『苦力頭の表情』……………………………63
漫読……………………………………………64
郷利基(ゴーリキー)氏へ…………………66
無思索時代……………………………………67
遺言文学………………………………………70
断腸寸語………………………………………74
麦は雪の下に…………………………………75
インチキ左翼文士を辻切る…………………78
堺利彦氏を惜しむ……………………………79
堺利彦氏を弔ふ………………………………81
もう一度やつつける…………………………81
創作の対象……………………………………82
読者諸兄へのお願ひ…………………………86
再会を歓ぶ……………………………………87
表現の不安……………………………………88
つゆ空の文学を語る…………………………90
荒畑氏の『戦争論』を読む…………………95
八月の苦熱下にて……………………………96
前垂れを除れ…………………………………98
逆境は傑作を生む………………………… 100
藤森成吉に与ふ…………………………… 102
自戒………………………………………… 103
藤森成吉に………………………………… 103
理屈にならぬか…………………………… 105
寒々とした自語…………………………… 107
文学の対象………………………………… 112
文学漫語…………………………………… 114
時代を思ふ………………………………… 115
私の場合…………………………………… 116
喚き続けて………………………………… 120
浮いてゐる文学…………………………… 121
実利的芸術………………………………… 121
訳文への切なる願ひ……………………… 123
巻頭言……………………………………… 124
報告と提唱………………………………… 125
アメリカからの反響……………………… 128
たい子女史について……………………… 129
中野重治の印象批評……………………… 130
底に沈む…………………………………… 134
真実とは「儲け」ではない……………… 137
春日靄想…………………………………… 138
ゴリキイを追慕する……………………… 141
未知のわが師……………………………… 145
文学問答…………………………………… 145
感じた事…………………………………… 151
顕かな精神………………………………… 152
私への註文………………………………… 153
炭焼き小屋にて…………………………… 154
「淫売婦」を書いた時の思ひ出………… 157
代表作について…………………………… 159
「淫売婦」の思ひ出……………………… 161
作者の言分………………………………… 161
作者の言分………………………………… 161
作者の言分………………………………… 162
「海に生くる人々」……………………… 162
流旅の人々………………………………… 162
一つのリベット…………………………… 163
びつくりし続ける………………………… 165
文学的自伝………………………………… 166
随筆
獄中抜書…………………………………… 173
今年の正月………………………………… 174
新聞紙……………………………………… 175
子供について……………………………… 177
強からず弱からず………………………… 179
自分を見る――…………………………… 182
悪い癖……………………………………… 184
九州の友へ………………………………… 186
片目の仏…………………………………… 190
ロシア人は大きいね……………………… 192
朝は来るのだ……………………………… 193
東北地方講演旅行記……………………… 194
プロレタリヤの経済随想………………… 195
新潟地方行………………………………… 199
足場に足の甲でブラ下る………………… 201
蟻の反抗…………………………………… 202
到着するのだ……………………………… 203
ビスマルク………………………………… 205
荒れた手万歳……………………………… 206
私のヒポコンデリー……………………… 208
ピアノが怖い……………………………… 210
死について………………………………… 212
私の顔……………………………………… 213
酒…………………………………………… 213
一九五〇年の売笑婦……………………… 214
労働内閣の可能性………………………… 216
メーデーの集合まで……………………… 218
市電争議雑感……………………………… 220
千島の寒村………………………………… 221
「竜ケ鼻」と「原」……………………… 223
五月―変なメーデー……………………… 223
自己短評…………………………………… 224
集金人教育………………………………… 225
経済学士の空腹…………………………… 226
鮑(木曽川流域にて)…………………… 227
急テムポ時代……………………………… 229
階級は高い塀を越えて…………………… 230
裏長屋風景………………………………… 232
コースの変遷……………………………… 235
高物とロハ物……………………………… 236
労働農民学校……………………………… 239
酒と煙草の害について…………………… 240
空地のある風景…………………………… 243
鬼門について……………………………… 247
山の町より………………………………… 248
山・川・湖………………………………… 250
暇のない人々……………………………… 252
狂つてる時代……………………………… 258
調停委員会室……………………………… 261
暑い秋から冬……………………………… 262
選挙………………………………………… 263
天災、地異、人変………………………… 265
思ふこと二つ……………………………… 267
北洋の冬…………………………………… 269
天竜河畔より……………………………… 277
仔山羊と仔犬……………………………… 281
工事雑景…………………………………… 284
脳中低気圧………………………………… 293
「考へる」こと…………………………… 294
大連・旅順………………………………… 297
食ひしん坊の話…………………………… 299
山村に住みて……………………………… 304
僕のユートピア…………………………… 308
銀行地主・家主…………………………… 308
信濃に来り住みて………………………… 309
暗くて寒い初夏…………………………… 311
「民意」…………………………………… 313
山間の峡流地帯…………………………… 317
鈴蘭の庭…………………………………… 321
原始に近く………………………………… 322
土竜を捕る………………………………… 325
責めふさぎ………………………………… 329
やり切れぬ………………………………… 330
山の中より………………………………… 332
高原を出でて……………………………… 333
猫の奪還…………………………………… 337
どつちが馬鹿か?………………………… 341
平和な村…………………………………… 343
選挙風景…………………………………… 345
続選挙漫景………………………………… 346
神経病特効薬……………………………… 348
儲けぬ商売………………………………… 349
焚付けの値………………………………… 353
日本絶佳…………………………………… 354
首、魚、どつちをつるか………………… 355
僕は………………………………………… 359
打ち明けられぬ病因……………………… 360
農村通信…………………………………… 363
萌芽を探る………………………………… 366
無粘髯の体面……………………………… 369
釣り三昧…………………………………… 371
村の白痴の思ひ…………………………… 376
平均点的国民の考へ……………………… 380
忘却の手段………………………………… 384
無邪気な泥棒……………………………… 388
信州通信…………………………………… 390
歌が出来たよ……………………………… 393
飯炊きの記………………………………… 397
幸か不幸か………………………………… 398
一寸待て…………………………………… 400
食ひ気……………………………………… 406
百姓の第一課……………………………… 409
土塊………………………………………… 411
駆出し農夫………………………………… 412
釣り期来…………………………………… 414
水の価値…………………………………… 418
藻の花……………………………………… 422
馬力計算法について……………………… 423
黙々と働く………………………………… 425
魚を拾ふ話………………………………… 427
百姓の手記………………………………… 429
天意………………………………………… 434
葉書随筆…………………………………… 434
本能………………………………………… 435
鳥屋ぐらし………………………………… 438
米の草……………………………………… 440
時局偶感…………………………………… 446
略伝………………………………………… 447
呪はしき自伝……………………………… 449
年譜………………………………………… 450
*解説(小田切秀雄)…………………… 455
*解題(浦西和彦)……………………… 466
 


第6巻 1976.6.30
 
随筆
創作上閑期…………………………………… 3
毛が痩せる話………………………………… 4
綿物…………………………………………… 6
禿頭記………………………………………… 8
祖国は進む……………………………………12
山村に生きる人々……………………………14
農民を描く……………………………………19
農村と都市……………………………………21
自然と世間……………………………………24
群れ行く小鳥…………………………………25
ボヤ炭を焼く…………………………………28
百姓生活の中から……………………………30
鶏肉に倦きる…………………………………31
吹雪……………………………………………32
田の畝から……………………………………35
山住ひ…………………………………………37
無心……………………………………………40
半村民…………………………………………42
端境期…………………………………………45
汗と味覚………………………………………52
雑草……………………………………………53
狸………………………………………………55
余寒……………………………………………57
蛾の訪れ………………………………………60
牛がビールを飲んだ話………………………62
わが村の身辺風景……………………………64
海員志願………………………………………67
友情……………………………………………69
馬探し…………………………………………70
運動会の風景…………………………………75
揺ぎなき人たち………………………………77
入植記…………………………………………78
分村報告………………………………………85
分村の話………………………………………88
歌三首…………………………………………88
建艦献金………………………………………88
世相……………………………………………89
時局問答………………………………………90
文化部確定について…………………………91
精神と組織……………………………………92
寂しさと文学…………………………………93
腹の出来る話…………………………………94
文化消息七月三十日…………………………94
分村だより……………………………………95
馬に乗られる話………………………………96
鯉………………………………………………97
満洲開拓体験記…………………………… 101
土の生活を語る…………………………… 103
開拓団と都市……………………………… 107
ありのままの記…………………………… 108
祖国の大地は培ふ………………………… 110
帰客………………………………………… 111
北満の穀倉………………………………… 112
母村と分村………………………………… 112

獄中記(創作ノート)…………………… 123
獄中記(創作ノート)No2 ……………… 189
未発表作品
山谿に生くる人々………………………… 237
鍬入れ……………………………………… 242
跫音………………………………………… 252
求めよ……………………………………… 257
ザック・バラリズム……………………… 262
ラウド・スピーカー……………………… 264
無茶な鋏…………………………………… 266
鳥羽絵……………………………………… 267
井戸の底に埃の溜つた話………………… 269
早春雑感…………………………………… 271
腰越忠氏へ………………………………… 275
馬鹿な話…………………………………… 276
有力者……………………………………… 280
再び林房雄へ……………………………… 282
尻尾は尻に………………………………… 283
罪悪………………………………………… 285
将棋倒し…………………………………… 286
村役場ののんだくれ……………………… 287
農村より…………………………………… 288
虔ましき正月……………………………… 290
バラックについて………………………… 293
未定稿
未定稿1 …………………………………… 297
未定稿2 …………………………………… 299
未定稿3 …………………………………… 300
未定稿4 …………………………………… 301
未定稿5 …………………………………… 302
未定稿6 …………………………………… 303
未定稿7 …………………………………… 307
未定稿8 小さな柩………………………… 308
未定稿9 …………………………………… 309
未定稿10…………………………………… 311
未定稿11…………………………………… 317
未定稿12…………………………………… 320
未定稿13…………………………………… 321
未定稿14…………………………………… 325
未定稿15…………………………………… 327
未定稿16…………………………………… 328
未定稿17…………………………………… 332
未定稿18…………………………………… 332
未定稿19 労働賃銀と労働時間と ……… 334
未定稿20…………………………………… 335
未定稿21…………………………………… 336
未定稿22…………………………………… 337
未定稿23…………………………………… 337
未定稿24…………………………………… 338
未定稿25…………………………………… 338
未定稿26 追つつかない ………………… 340
未定稿27…………………………………… 340
未定稿28…………………………………… 343
未定稿29…………………………………… 344
未定稿30…………………………………… 346
未定稿31 前田河に答へる ……………… 347
未定稿32…………………………………… 348
未定稿33…………………………………… 348
未定稿34…………………………………… 349
創作構想メモ
創作構想メモ……………………………… 353
雑纂
アンケート
私が本年発表した創作に就いて………… 377
年頭感……………………………………… 378
大正十五年間に現れたる作品のうち、最も記憶に残れるもの…… 378
福本イズム批判…………………………… 378
1、最近面白かつた映画 2、私の好きなキネマ女優…… 378
作品の材料又は構想を得たる 旅の思ひで…… 379
合評新秋文壇印象3 ……………………… 379
現時活躍せる 論客に対する一人一評録…… 379
私が本年発表した創作に就いて………… 379
最近観たもの読んだもの………………… 380
昭和二年を回顧して9 …………………… 381
本年(昭和三年)の計画・希望など…… 381
反動青年の暴力行為に対する方策如何… 382
近頃私が愛読して居るもの……………… 382
私が本年発表した創作に就いて………… 382
一九二九年度に於ける芸術小説と大衆文芸との関係並に発展方向に対する予見…… 383
近来露骨に資本主義的威力を振ひつつあるヂャアナリズムは文芸に如何なる影響を与へる様になるか…… 383
本年度初期の諸家推薦作………………… 383
大衆とは?………………………………… 383
来年は何をするか………………………… 384
昭和四年よさらば1 ……………………… 384
私の見た私………………………………… 384
二十歳の秋………………………………… 384
31年の清算………………………………… 384
ハガキ回答………………………………… 385
32年と33年………………………………… 385
世界からなくしたいもの………………… 385
ナチスの焚書を何う見る………………… 385
創作批評に対する感想…………………… 385
腹にためずに云ひたい事は云ふ可し…… 386
「囚はれた大地」について……………… 386
年頭に際し我が論献に与ふ……………… 386
回答一束=訪問者と文学青年に与へる… 386
吾が企図する 長篇小説の内容と抱負… 387
私の好きな労働者農民…………………… 387
小生の健康法……………………………… 388
文学を志す人のために…………………… 388
私は誰のために物を書くのであるか?… 388
「文芸統制」をどう見る………………… 388
私の最も影響された本…………………… 388
文化擁護国際会議に就ての諸家の感想… 389
今年度の作品と新人……………………… 389
今年の文壇で 最も印象に残った作品 最も活躍した人…… 389
問題にして見たい事……………………… 389
純文学を批判する………………………… 389
メーデー禁止についての感想…………… 390
青年に与ふる書…………………………… 390
最も印象の深かつた今年の作品………… 390
ハガキ回答………………………………… 390
ハガキ回答………………………………… 391
昭和十三年度に於いて最も印象に残つた作品…… 391
もしあなたが孤島に棲むとすればどんな本を持つて行きますか?…… 391
文学者として近衛内閣に要望す………… 391
ハガキ回答………………………………… 391
時局設問 事変四年は貴方の生活を如何に変へたか…… 391
マレー作戦報告を読んで………………… 392
六号雑誌、序、あとがき、童話、日記、その他
文芸戦線…………………………………… 393
文芸戦線…………………………………… 393
同人言……………………………………… 393
序(『現代日本文学全集第50篇』)…… 394
作者より(「移動する村落」)………… 394
葉山嘉樹全集序(改造社版)…………… 394
口上(『山谿に生くる人人』)………… 395
幕の前にて(『海と山と』)…………… 395
あとがき(『流旅の人々』)…………… 396
序(『濁流』)…………………………… 397
改版に際して(『子を護る』)………… 397
弔辞(堺利彦)…………………………… 398
お山のお菓子(童話)…………………… 398
十一月五日の日記(昭和2年) ………… 399
私の一日(昭和4年) …………………… 400
昭和8年 …………………………………… 401
昭和16年…………………………………… 403
昭和17年…………………………………… 404
昭和18年…………………………………… 407
昭和19年…………………………………… 414
ゴリキイと僕……………………………… 415
補遺
文学を思ふ………………………………… 416
医者が来る!……………………………… 417
哀別………………………………………… 419
気になる話………………………………… 419
書簡…………………………………… 421
*葉山嘉樹年譜…………………………… 513
*解説(小田切秀雄)…………………… 557
*解題(浦西和彦)……………………… 567
*索引……………………………………… 583
[ 2011/03/14 23:17 ] 葉山嘉樹 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。