研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  原民喜 >  『定本原民喜全集』全3巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『定本原民喜全集』全3巻・別巻1巻

『定本原民喜全集』全3巻・別巻1巻(青土社、1978.8~1979.3)



第1巻 1978.8.1
 
焔……………………………………………… 9
椅子と電車…………………………………10
移動…………………………………………12
絵にそへて…………………………………14
五月…………………………………………15
青空の梯子…………………………………17
霧……………………………………………18
透明な輪……………………………………21
夜……………………………………………24
焚いてしまふ………………………………25
少年…………………………………………27
川……………………………………………29
飯田橋駅……………………………………30
冬晴れ………………………………………32
稲妻…………………………………………33
四月五日……………………………………36
溺死・火事・スプーン……………………38
三人…………………………………………40
針……………………………………………42
遍歴…………………………………………44
比喩…………………………………………46
曇天…………………………………………48
牛を調弄ふ男………………………………49
温度…………………………………………52
出発…………………………………………54
真夏日の散歩………………………………56
街の断片……………………………………58
淡雪…………………………………………61
縁起に就いて………………………………65
夢……………………………………………67
舌……………………………………………68
藤の花………………………………………70
雀……………………………………………72
地獄の門……………………………………74
玩具…………………………………………76
滑走…………………………………………77
渚……………………………………………81
難船…………………………………………82
蝿……………………………………………83
アトモス……………………………………87
酸漿…………………………………………88
残雪…………………………………………89
おふくろ……………………………………91
童話…………………………………………93
夏の日のちぎれ雲…………………………97
背後…………………………………………98
忘れもの………………………………… 101
夕凪……………………………………… 103
鳩………………………………………… 105
父が生んだ赤ん坊……………………… 107
棉の花…………………………………… 110
コレラ…………………………………… 111
恐怖教育………………………………… 113
秋旻……………………………………… 115
白い呼吸………………………………… 116
顔の椿事………………………………… 118
閑人……………………………………… 119
よみがへる父…………………………… 122
虹………………………………………… 123
丹那トンネル開通祝ひ………………… 126
風景……………………………………… 127
奇蹟……………………………………… 128
馬頭観世音……………………………… 130
四五ニズム述懐………………………… 133
焔………………………………………… 137
死と夢……………………………………… 147
幻燈……………………………………… 148
玻璃……………………………………… 162
行列……………………………………… 178
暗室……………………………………… 191
迷路……………………………………… 214
曠野……………………………………… 223
湖水……………………………………… 234
溺没……………………………………… 245
冬草……………………………………… 251
魔女……………………………………… 258
幼年画……………………………………… 267
貂………………………………………… 268
蝦獲り…………………………………… 278
小地獄…………………………………… 282
不思議…………………………………… 288
鳳仙花…………………………………… 304
招魂祭…………………………………… 313
青写真…………………………………… 324
白い鯉…………………………………… 332
朝の礫…………………………………… 342
拾遺作品集I ……………………………… 361
狼狽……………………………………… 362
動物園…………………………………… 375
夢の器…………………………………… 378
夜景……………………………………… 389
華燭……………………………………… 402
沈丁花…………………………………… 413
雲雀病院………………………………… 421
夢時計…………………………………… 432
旅空……………………………………… 438
面影……………………………………… 445
淡章……………………………………… 453
独白……………………………………… 458
望郷……………………………………… 469
眩暈……………………………………… 477
鴬………………………………………… 482
潮干狩…………………………………… 485
弟へ……………………………………… 494
手紙……………………………………… 498
夏の花……………………………………… 507
夏の花…………………………………… 509
廃墟から………………………………… 526
壊滅の序曲……………………………… 545
拾遺作品集II……………………………… 585
雑音帳…………………………………… 586
淡章……………………………………… 603
ある時刻………………………………… 611
二つの死………………………………… 617
星のわななき…………………………… 629
昔の店…………………………………… 636
翳………………………………………… 653
曲者……………………………………… 664
西南北東………………………………… 669
拾遺集……………………………………… 677
「ポギー」1号 ………………………… 679
思ひ付き……………………………… 679
イツク島旅行日記…………………… 679
思ひがけぬ御ちそう………………… 680
ひようたん…………………………… 680
古日記………………………………… 681
会員募集……………………………… 681
「ポギー」3集 ………………………… 682
ポギーの復活を祝す………………… 682
創作沢庵……………………………… 683
楓……………………………………… 687
ある晩………………………………… 687
秋。来る。夏去りて。……………… 688
サボタージユの歌…………………… 688
もだえ………………………………… 689
キリスト……………………………… 689
町……………………………………… 690
ある人………………………………… 690
裏の秋………………………………… 690
楓……………………………………… 690
日廻り………………………………… 692
雨……………………………………… 692
「ポギー」4号 ………………………… 693
槌の音………………………………… 693
「沈丁花」1号 ………………………… 696
杞憂亭雑記…………………………… 696
旅の雨………………………………… 697
なぜ怖いか…………………………… 697
うんてらがん………………………… 697
「沈丁花」2号 ………………………… 698
近什…………………………………… 698
一瞥千金……………………………… 698
よくみる夢…………………………… 699
「沈丁花」3号 ………………………… 700
杞憂亭日記鈔………………………… 701
小説のタネ…………………………… 702
「霹靂」1巻 …………………………… 703
雑興…………………………………… 704
「霹靂」2巻 …………………………… 706
チクシルス サクサクソ…………… 706
「少年詩人」創刊号…………………… 706
ためいきの壷………………………… 706
樹木…………………………………… 707
葉がくれに…………………………… 707
幸福…………………………………… 708
「少年詩人」6月号 …………………… 708
石を運ぶ船…………………………… 708
列車…………………………………… 709
なき人の微笑………………………… 709
「少年詩人」7月号 …………………… 710
車の響………………………………… 710
詩評…………………………………… 711
「少年詩人」4号 ……………………… 711
蟻……………………………………… 711
白百合………………………………… 712
山のなかにて………………………… 712
雨と葉………………………………… 712
*解説 三十年・折り折りのこと(長光太)…… 713
*初出誌紙一覧…………………………… 729
 

第2巻 1978.9.20
 
原爆以後……………………………………… 9
小さな村……………………………………10
氷花…………………………………………29
飢ゑ…………………………………………47
火の踵………………………………………62
災厄の日……………………………………75
火の唇………………………………………92
鎮魂歌…………………………………… 107
火の子供………………………………… 145
永遠のみどり…………………………… 160
美しき死の岸に…………………………… 177
忘れがたみ……………………………… 178
小さな庭………………………………… 193
吾亦紅…………………………………… 200
冬日記…………………………………… 213
秋日記…………………………………… 225
画集……………………………………… 238
雲の裂け目……………………………… 242
魔のひととき…………………………… 252
苦しく美しき夏………………………… 268
夢と人生………………………………… 279
遥かな旅………………………………… 291
美しき死の岸に………………………… 301
死のなかの風景………………………… 315
心願の国………………………………… 328
ガリバー旅行記…………………………… 337
第1 小人国(リリパット)…………… 338
第2 大人国(プロブディンナグ)…… 387
第3 飛島(ラピユタ)………………… 436
第4 馬の国(フウイヌム)…………… 470
童話作品集………………………………… 503
山へ登つた毬…………………………… 504
気絶人形………………………………… 505
うぐいす………………………………… 507
二つの頭………………………………… 509
屋根の上………………………………… 511
もぐらとコスモス……………………… 513
誕生日…………………………………… 516
エッセイ集………………………………… 519
千葉寒川………………………………… 520
旅信……………………………………… 521
自由画…………………………………… 523
炬燵随筆………………………………… 526
睡蓮……………………………………… 528
猿………………………………………… 530
風景・人物……………………………… 533
愛を大空に……………………………… 538
愛について……………………………… 540
女の顔…………………………………… 542
母親について…………………………… 544
女性と手紙……………………………… 548
死と愛と孤独…………………………… 550
胸の疼き………………………………… 552
アルプスの真昼………………………… 554
沙漠の花………………………………… 556
二つの手紙……………………………… 558
惨めな文学的環境……………………… 567
ガリヴア旅行記………………………… 569
「狂気について」など………………… 572
「冬の旅」と「印度リンゴ」………… 574
抵抗から生れる作品世界……………… 576
ラーゲルレーヴの魅力………………… 578
「屍の街」……………………………… 580
悪夢……………………………………… 582
一匹の馬………………………………… 584
長崎の鐘………………………………… 586
ヒロシマの声…………………………… 590
五年後…………………………………… 592
原爆回想………………………………… 594
戦争について…………………………… 597
平和への意志…………………………… 599
死について……………………………… 601
拾遺集……………………………………… 605
「芸備日々新聞」……………………… 607
ダダはぽかんとして居ないです 糸川旅夫詩選…… 607
鶴…………………………………… 607
ピストル…………………………… 607
ムーン・ライト・ソナタ………… 607
月夜………………………………… 608
アルキメデス……………………… 608
貧乏………………………………… 608
仏さん……………………………… 609
絶体ゼツ命 DADADA………………… 609
戯恋 XX倶楽部……………………… 610
菓子が食べたいです………………… 611
真人間殺しと餅食ふ月夜哉………… 612
故郷のウタを聞きねねね…………… 613
日本に於けるダダの洪水…………… 613
●X―X―X=0………………………… 616
●劇場のシイン……………………… 616
●賊の群は踊る………………… 616
烈しい恋……………………………… 617
ダダのエイガ並びに○○…………… 617
女優いろいろ………………………… 618
新新俳句の又俳句…………………… 619
「春鴬囀」創刊号……………………… 620
春望…………………………………… 621
山…………………………………… 621
梢…………………………………… 621
詩壇に与ふ…………………………… 621
鷲と鴬………………………………… 626
「春鴬囀」2号 ………………………… 627
机……………………………………… 627
冬…………………………………… 627
「春鴬囀」3号 ………………………… 628
偶作…………………………………… 628
冬日………………………………… 628
春雨………………………………… 628
詩誌月評……………………………… 628
日光………………………………… 629
日本詩人…………………………… 630
春 都……………………………… 631
枝ぶり………………………………… 631
「春鴬囀」4号 ………………………… 632
残雪…………………………………… 632
冬晴…………………………………… 633
春の昼………………………………… 633
名誉…………………………………… 633
「四五人会雑誌」1号(万歳号) …… 634
近咏…………………………………… 634
夜寒…………………………………… 635
昔……………………………………… 635
雨の舎貞吉句稿より十五ほど選んで後…… 635
杞憂亭民喜俳句集 『春眠』十五句撰(雨の舎主人撰之)…… 638
編輯後記……………………………… 638
野となれ山となれ(読後感想欄)… 639
「四五人会雑誌」2号 ………………… 640
近咏…………………………………… 640
煙草メモランダム…………………… 640
感想…………………………………… 643
十月二十五日 杞憂亭宅句会(楽只庵記)…… 643
四五人会俳句例会(楽只庵記)…… 644
後の月………………………………… 644
むしろ黙らうかしら―(註、一行宛に読むコト)―…… 648
「四五人会雑誌」3号 ………………… 650
日記鈔………………………………… 650
埋草―長光太に与ふ―……………… 651
末梢随筆……………………………… 651
埋草…………………………………… 652
面白い話……………………………… 652
「四五人会雑誌」十何号……………… 653
提案…………………………………… 653
車中にて……………………………… 654
―大意―……………………………… 655
タアタア民族逃亡の歌(未丁稿)… 656
「四五人会雑誌」12号………………… 656
氓、鶴鳴、亀に就て………………… 657
雑興…………………………………… 658
悩めるもの………………………… 658
十二月十三日雑興の雑興…………… 658
散歩………………………………… 659
無意味の抜粋……………………… 659
長光太を励ますの辞(禁転載)…… 660
埋草「雑興より」…………………… 661
「四五人会雑誌」13号………………… 662
詩……………………………………… 662
三行小説 飛入随意作者不詳……… 662
新一(小品)………………………… 664
四五人会雑誌略史 イロイロの秋(編者の戯れ)…… 665
四五人会雑誌略歴………………… 665
イロイロの秋(編輯者の戯れ)… 666
*解説(佐々木基一)…………………… 669
*初出誌紙一覧…………………………… 681
 

第3巻 1978.11.30
 
全詩集………………………………………… 5
画集………………………………………… 7
はつ夏…………………………………… 8
気鬱……………………………………… 9
祈り………………………………………10
夜…………………………………………11
死について………………………………12
冬…………………………………………13
原爆小景……………………………………15
コレガ人間ナノデス……………………16
燃エガラ…………………………………17
火ノナカデ電柱ハ………………………20
日ノ暮レチカク…………………………21
真夏ノ夜ノ河原ノミヅガ………………22
ギラギラノ破片ヤ………………………23
焼ケタ樹木ハ……………………………24
水ヲ下サイ………………………………25
永遠のみどり……………………………28
魔のひととき………………………………29
魔のひととき……………………………30
外食食堂のうた…………………………31
讃歌………………………………………32
感涙………………………………………34
ガリヴァの歌……………………………35
家なき子のクリスマス…………………36
碑銘………………………………………37
風景………………………………………38
悲歌………………………………………39
拾遺詩篇……………………………………41
かげろふ断章………………………………43
昨日の雨…………………………………45
断章………………………………………91
散文詩………………………………… 123
千葉海岸の詩…………………………… 139
全句集……………………………………… 145
杞憂句集 その1 ……………………… 147
杞憂句集 その2 ……………………… 187
歌仙二巻………………………………… 215
書簡集・遺書……………………………… 225
書簡1―家族・親族宛 ………………… 227
書簡2―友人・知人宛 ………………… 265
遺書……………………………………… 329
拾遺集……………………………………… 337
原爆被災時のノート…………………… 338
「三田文学」編集後記………………… 343
「三田文学」6号記 …………………… 367
『夏の花』後記………………………… 367
『ガリバー旅行記』あとがき………… 368
「ルナアル日記、第4冊」に就いて … 371
*解説 原民喜の死と作品(藤島宇内)…… 375
*初出誌紙一覧…………………………… 399
*原民喜年譜……………………………… 403
 

別巻 1979.3.13
 
アルバム 原民喜
I
原民喜断章(勝本清一郎)……………… 8
創作合評(伊藤整,神西清,福田恆存)…11
創作合評(中野好夫,林房雄,北原武夫)……13
原民喜詩集叙文(佐藤春夫)……………16
原民喜詩集を読む(三好達治)…………18
原民喜詩集(山室静)……………………20
文芸時評(平野謙)………………………22
原民喜詩集について(佐々木基一)……24
詩人の死(山本健吉)……………………27
原爆と知識人の死(丸岡明)……………42
鎮魂歌のころ(埴谷雄高)………………58
びいどろ学士(埴谷雄高)………………62
青い針裸身の(長光太)…………………65
原爆と作家の自殺(佐々木基一)………69
原民喜おぼえ書き(藤島宇内)…………80
原民喜(遠藤周作)………………………96
解説(角川書店版作品集)(佐々木基一)…… 118
原民喜(寺田透)……………………… 124
原民喜論(唐川富夫)………………… 137
解説(芳賀書店版全集)(いいだもも)…… 149
広島が言わせる言葉(竹西寛子)…… 167
解説(新潮文庫)(大江健三郎)…… 175
わが原民喜(長田弘)………………… 181
解説(晶文社版『ガリバー旅行記』)(長田弘)…… 197
II 鼎談 原民喜(佐々木基一,大久保房男,遠藤周作)…… 203
III
青春時代の原民喜(山本健吉)……… 234
幻の花を追う人(山本健吉)………… 238
少年原民喜(小海永二)……………… 247
原民喜断想(佐々木基一)…………… 272
死と夢(佐々木基一)………………… 276
原民喜の回想(埴谷雄高)…………… 281
鬼籍(長光太)………………………… 286
死の詩人・原民喜(長光太)………… 290
原民喜の死(丸岡明)………………… 302
原さん居るか(丸岡明)……………… 305
原民喜との奇妙な出会(中村真一郎)…… 310
原民喜と夢の少女(遠藤周作)……… 312
原民喜のいたずら(遠藤周作)……… 316
牡蛎(岩崎良三)……………………… 319
火焔の子(本多秋五)………………… 321
無償の愛(庄司総一)………………… 325
物云わぬ人(堀田善衛)……………… 328
原民喜の文学と現代(堀田善衛)…… 332
追想に寄せて(原健忠)……………… 337
原民喜への憧れ(鈴木重雄)………… 340
死の中の生(龍野咲人)……………… 342
原民喜の思い出(伊藤整)…………… 346
原民喜の死について(大田洋子)…… 349
その文学(平田次三郎)……………… 352
その表情(梅崎春生)………………… 354
忘却への警告(谷田昌平)…………… 356
花幻忌という会(大久保房男)……… 359
孤独な詩人の孤独な石碑(佐々木基一)…… 362
「天邪鬼」のころ(梶山季之)……… 365
原さんは生きているべきでした!(望月優子)…… 393
「原爆小景」とぼく(林光)………… 395
IV 拾遺集 ………………………………… 401
*創作ノート……………………………… 402
*主要参考文献…………………………… 429
[ 2011/03/14 23:17 ] 原民喜 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。