研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  原田種夫 >  『原田種夫全集』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『原田種夫全集』全5巻

『原田種夫全集』全5巻(国書刊行会、1983)



第1巻 1983.6.30
 
帽子の話―餓鬼種秀の為に―……………… 3
風塵……………………………………………23
ひまわりの章…………………………………99
ある画師の話……………………………… 137
闘銭記……………………………………… 145
玩具祭……………………………………… 175
夢の浮橋…………………………………… 207
家系………………………………………… 283
ふるさとの歌……………………………… 343
*解説(星加輝光)……………………… 363
*初出誌一覧……………………………… 371
 

第2巻 1983.6.30
 
狐の話………………………………………… 3
葦平菩薩………………………………………27
鴬………………………………………………65
リチャード一世………………………………81
リチャード一世(続)…………………… 107
リチャード二世…………………………… 171
銀婚飛行…………………………………… 235
竹ん芸……………………………………… 269
かけす……………………………………… 297
肩…………………………………………… 325
冬の日……………………………………… 351
*解説(田中艸太郎)…………………… 375
*初出誌一覧……………………………… 383
 

第3巻 1983.6.30
 
つくし野抄…………………………………… 3
煙霞の記………………………………………23
蘆荻……………………………………………35
南蛮絵師………………………………………57
天命………………………………………… 193
竹槍騒動異聞……………………………… 209
勝敗………………………………………… 249
戦争商人…………………………………… 269
敗走記……………………………………… 329
*解説(吉村貞司)……………………… 357
*初出誌一覧……………………………… 365
 

第4巻 1983.6.30
 
I 詩…………………………………………… 3
原田種夫全詩集…………………………… 5
序詩……………………………………… 7
祈祷…………………………………… 7
I 幼童頌歌……………………………… 9
人間……………………………………11
赤ん坊…………………………………12
花と小供………………………………13
雁来紅…………………………………14
あかんぼ………………………………15
怪談……………………………………16
内省……………………………………17
おにぎり………………………………18
ゆうぐれ………………………………19
くらい日………………………………20
秋の章…………………………………20
眠れる童子図…………………………24
刺青……………………………………25
II 光と影と ……………………………27
夕陽……………………………………29
深秋……………………………………30
梅林寺…………………………………31
浚渫船…………………………………32
黄昏の歌………………………………33
夕景……………………………………34
唖蝉……………………………………35
糸爪の花………………………………36
朝日の中………………………………37
いちご…………………………………38
秋ふかく………………………………39
しじみ蝶………………………………41
小径……………………………………42
晩秋……………………………………43
落日……………………………………44
生ける涼気……………………………45
かめのうた……………………………47
さつき歌………………………………48
ぱぱすとらとす………………………49
III 雪と雀………………………………51
雪と雀…………………………………53
甍………………………………………54
境内……………………………………55
夕暮の歌………………………………56
ひまわりの歌…………………………58
落葉抄…………………………………59
障子の内外……………………………60
あじさい………………………………62
蟋蟀……………………………………63
原城址…………………………………64
火のくにの女によせて………………66
日本の児―種真へ―…………………67
生命の朝………………………………69
水無月の歌……………………………71
師よ、北原白秋!……………………73
IV 思惟の屈折 …………………………75
門………………………………………77
 旅の歌………………………………79
朝餐……………………………………80
立秋の賦………………………………81
秋の歌―種秀の為に―………………83
齲歯記…………………………………85
歯痛記…………………………………87
深夜の章………………………………88
日紀抄(I) …………………………90
日紀抄(II)…………………………92
日紀抄(III) ………………………94
自虐ノ倫理……………………………96
転落の図………………………………99
現実………………………………… 101
始メニ飢餓アリキ………………… 103
夜曲………………………………… 105
V 無明の章…………………………… 107
現世………………………………… 109
寛恕について……………………… 110
無明………………………………… 112
諦念の章…………………………… 114
仮面の章…………………………… 116
重たい頭…………………………… 118
遊離………………………………… 120
愛について………………………… 122
裂けたる翼………………………… 124
光の相貌…………………………… 125
途上………………………………… 127
体温………………………………… 129
蚤の歌……………………………… 130
VI 女態の章 ………………………… 133
みの虫の歌………………………… 135
血…………………………………… 137
氓びの歌…………………………… 139
墜ちたる蛟竜……………………… 140
某重役の独白……………………… 143
赫映姫―姫の歌える―…………… 146
花咲爺……………………………… 149
花咲爺―縛された爺の歌―……… 151
猿蟹合戦―蟹の歌―……………… 153
舌きり雀―婆の歌―……………… 155
兎と亀―亀の唄―………………… 157
雨日………………………………… 160
醜怪………………………………… 162
女体………………………………… 163
虚しき極点………………………… 165
燃える……………………………… 167
女態………………………………… 169
あとがき……………………………… 172
補遺……………………………………… 177
日向葵の歌 童児・種秀の為に…… 179
壱…………………………………… 179
貳…………………………………… 180
参…………………………………… 181
肆…………………………………… 183
伍…………………………………… 185
老いたる詩…………………………… 187
旅情…………………………………… 188
裏庭…………………………………… 189
身辺歌………………………………… 190
万朶の花……………………………… 192
種秀の詩……………………………… 194
雲…………………………………… 194
雀…………………………………… 194
歯朶………………………………… 195
風…………………………………… 195
(註)……………………………… 195
香椎潟―浜男といえる所にて―…… 196
木の葉詩集(1) …………………… 198
I 人間……………………………… 198
II あかんぼ ……………………… 199
III 怪談…………………………… 199
IV ほたる ………………………… 200
V 詩について……………………… 201
木の葉詩集(2) …………………… 203
I とうもろこし…………………… 203
II 病める日 ……………………… 204
III 縄……………………………… 205
返り花 母者へ……………………… 206
無限庵 淵上喬詩兄へ……………… 209
悲戯…………………………………… 211
散華頌三章…………………………… 213
壱 市場…………………………… 213
弐 甃路…………………………… 214
参 紙幣…………………………… 216
蟇……………………………………… 218
身を灼く焔…………………………… 220
神秘なる大塚………………………… 222
蜘蛛…………………………………… 225
豺狼の街区…………………………… 226
翼ある鬼……………………………… 229
久米仙人譚…………………………… 233
仮面舞踏会―人と人は狼になる―ホップス…… 235
耄老記………………………………… 237
貧庭…………………………………… 239
こぶとり爺さん(昔話連作)―頬に二つこぶが出来た爺の唄―…… 241
萩城址にて…………………………… 243
一寸法師原話某大学図書館蔵「小おとこの絵巻」…… 244
非在の短銃…………………………… 246
II 実説・火野葦平 ……………………… 249
色赤き紙………………………………… 251
文学のお祭り…………………………… 266
合同まで………………………………… 277
文学と漂泊……………………………… 288
暗い雲…………………………………… 299
黎明……………………………………… 310
時代との対決…………………………… 321
かわいた日日…………………………… 333
戦火……………………………………… 354
廃墟の中で……………………………… 365
浮沈……………………………………… 376
薄明……………………………………… 400
「寂寥派」のころ……………………… 406
道………………………………………… 414
往く……………………………………… 428
明暗……………………………………… 441
梅散りの風……………………………… 474
「九州文学」小史……………………… 485
あとがき………………………………… 497
*解説(黒木清次)……………………… 499
*初出誌一覧……………………………… 511
 

第5巻 1983.6.30
 
I 西日本文壇史……………………………… 3
黎明期……………………………………… 5
開花期………………………………………27
成熟期………………………………………92
凋落期…………………………………… 147
復興期…………………………………… 197
II その他 ………………………………… 257
加藤介春詩集『獄中哀歌』の背景…… 259
緒方隆士に関する断片………………… 319
矢野朗試論……………………………… 357
渡辺修三への返書……………………… 367
回想の宇野浩二先生…………………… 379
北原白秋先生を哭す…………………… 387
岩下俊作のこと………………………… 397
淵上喬君のこと………………………… 401
*原田種夫年譜…………………………… 405
*解説(志村有弘)……………………… 447
*初出誌一覧……………………………… 455
*全集刊行に寄せて(原田種夫)……… 457
[ 2011/03/14 23:18 ] 原田種夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。