研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  針生一郎 >  『針生一郎評論』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『針生一郎評論』全6巻

『針生一郎評論』全6巻(田畑書店、1969.6~1970.5)



第1巻 1969.6.25
 
芸術の叛乱
1 ……………………………………………… 5
直接民主主義の底流……………………… 7
コンミューンの思想 1962………………18
「参加」と「占拠」の思想 1968………34
バリケードからの告発……………………48
2 ………………………………………………63
もうひとつのソヴェト美術………………65
アルメニアの過去と現在…………………73
社会主義の苦悩と新生……………………78
スターリン批判と東欧文学………………97
そのとき、チェコでは………………… 104
「灰とダイヤモンド」以後…………… 123
芸術家にとって抵抗とはなにか……… 138
3 …………………………………………… 149
噫無情夜嵐お百 暴力と恍惚………… 151
権力と暴力の輪………………………… 170
抗議から抵抗へ………………………… 186
ブラック・パワーと反戦運動………… 201
ヤコブソンとの対話…………………… 218
自己崩壊の神話………………………… 229
4 …………………………………………… 243
ヴェネチア 夏の嵐…………………… 245
ドクメンタ「国境なき」美術展……… 261
西ドイツの若い画家たち……………… 278
芸術の自由と体制の変革……………… 291
インターナショナルとは……………… 304
万国博 国民不在の祭典……………… 316
*あとがき………………………………… 335
 

第2巻 1969.8.25
 
リアリズム異説
1 ……………………………………………… 5
マルクス主義の芸術論…………………… 7
ルカーチの芸術理論………………………30
ルカーチ・ノート…………………………54
「革命運動の革命的批判」の問題………68
「文学の自律性」とは何か………………79
「文学の自律性」再論……………………94
「文芸復興」期と現代文学…………… 113
2 …………………………………………… 121
近代日本文学のヒーロー……………… 123
「実行と芸術」論争への一視点……… 138
現代小説の構造と文体………………… 157
組織と人間異説………………………… 178
庶民意識への照明……………………… 195
そこに脱出路はあるか………………… 210
文学理論の変革………………………… 224
現代文学の思想的状況………………… 237
文学運動の転回点……………………… 246
垂直体の結合…………………………… 272
3 …………………………………………… 285
田中英光………………………………… 287
椎名麟三………………………………… 314
野間宏…………………………………… 329
島尾敏雄………………………………… 354
吉本隆明………………………………… 369
江藤淳…………………………………… 379
*あとがき………………………………… 389
 

第3巻 1969.11.25
 
超デザイン・ノート
1 ……………………………………………… 5
芸術の変貌とその意味…………………… 7
芸術の人間化と非人間化…………………31
気ばらしとしての芸術と職業としての芸術……44
建築評論を斬る……………………………60
超デザイン・ノート………………………75
2 ………………………………………………95
現代芸術の主体……………………………97
中井正一………………………………… 113
滝口修造………………………………… 131
白井晟一………………………………… 145
3 …………………………………………… 163
無関係の芸術…………………………… 165
機械時代の人間………………………… 181
芸術運動のために……………………… 191
眼と手の衝突…………………………… 203
映像論争………………………………… 213
現代芸術の記号の冒険………………… 223
見る者の運命 現代美術の九人の冒険者たち…… 234
4 …………………………………………… 277
イタリアン・リアリズム以後………… 279
リアリズム写真の新しい展開………… 289
生活記録と文学………………………… 296
大衆文化の二つの顔…………………… 312
労働者像の転換………………………… 329
*あとがき………………………………… 355
 

第4巻 1970.1.25
 
歴史の辺境
1 ……………………………………………… 5
外から見た日本と内なる日本…………… 7
芸術と教育の草の根………………………19
「地方」コンプレックスを壊せ…………32
戦後日本における伝統と近代化…………46
2 ………………………………………………57
八月十五日前後……………………………59
千利休………………………………………63
浮世絵………………………………………67
西鶴…………………………………………91
つむじ曲りの古都巡礼……………………99
日光再見………………………………… 114
『楢山節考』の周辺…………………… 126
3 近代日本美術史の構想………………… 133
1 近代の日本画………………………… 135
2 大正期をどうみるか………………… 152
3 竹久夢二とその時代………………… 161
4 日本のダダおぼえ書き……………… 175
5 昭和期のリアリズムの問題………… 188
6 戦争下の美術………………………… 199
7 戦後美術の一帰結…………………… 212
8 新人の三つの世代…………………… 223
9 危機のなかの前衛群………………… 239
10 実体と虚像 ………………………… 248
4 …………………………………………… 257
靉光……………………………………… 259
福沢一郎………………………………… 271
斎藤義重………………………………… 283
曹良奎…………………………………… 291
鶴岡政男………………………………… 303
小山田二郎……………………………… 315
池田満寿夫……………………………… 322
*あとがき………………………………… 333
 

第5巻 1970.3.31
 
サドの眼
1 ……………………………………………… 5
サドの眼…………………………………… 7
アヴァンギャルド探偵……………………22
ヴィルヘルム・テルの林檎………………40
もうひとつの芸術…………………………51
オブジェの思想……………………………63
物質と空間と行為の総合…………………81
芸術の堕落…………………………………93
現代美術のフロンティア……………… 100
2 …………………………………………… 109
ダダと現代……………………………… 111
ハンス・リヒターとダダの思想……… 137
表現主義………………………………… 147
カンディンスキー 現代絵画のプロメテウス…… 172
ダリ スキャンダル年代記…………… 181
ヨーゼフ・ボイス 関係の形而上学… 190
3 危機の芸術家たち 1933―45………… 211
1 プロイセン芸術アカデミー事件…… 213
2 亡命者の悲惨と栄光………………… 229
3 頽廃芸術展をめぐって1 …………… 243
4 頽廃芸術展をめぐって2 …………… 254
5 独裁者とその旗手たち……………… 268
6 ロンドンからの反撃………………… 281
4 …………………………………………… 293
ピカソ…………………………………… 295
モナリザの謎はつきない……………… 333
*あとがき………………………………… 355
 

第6巻 1970.5.25
 
遊撃クロニクル
1 ……………………………………………… 5
1969
文化権力と芸術…………………………… 7
バリケードのなかの芸術…………………16
日本映画の転機はくるか…………………37
大西巨人『神聖喜劇』……………………52
寺山修司論…………………………………57
反博=反戦運動の転機……………………63
1970
ポスト万博のデザイン状況………………81
多摩美術大学告発の原点…………………87
2 …………………………………………… 107
1958―59
戦後文学をどうみるか………………… 109
滝口修造『幻想画家論』……………… 119
江藤淳の作家論………………………… 121
1960
若い日本の会『発言』をめぐって…… 125
三池に生れた思想……………………… 128
倉橋由美子『パルタイ』……………… 137
1961
新島の前衛……………………………… 140
上野英信『日本陥没期』……………… 161
安保闘争一年後の思想と芸術………… 164
二つの儀式……………………………… 171
1962
『死の棘』遠望………………………… 175
不在の国民を求めて…………………… 179
埴谷雄高の評論集……………………… 186
吉本隆明『擬制の終焉』……………… 189
前衛芸術の終焉………………………… 194
1963
破産宣告者の破産……………………… 207
「家」は崩壊したか…………………… 212
「原体験」は存在するか……………… 217
未完のスターリン批判………………… 225
1964
「反」と「自立」のあいだ…………… 230
坑夫の生と死…………………………… 237
X氏への手紙 …………………………… 256
十九年めの過去と現在………………… 263
ルポ創価学会…………………………… 269
ああオリンピック……………………… 284
1965
大江健三郎『厳粛な綱渡り』………… 292
夜と霧はまだつづく…………………… 298
ボディ・アートの誕生………………… 305
1966
長谷川四郎の不随意筋………………… 310
真継伸彦『光る声』…………………… 314
日本ポップの試み……………………… 317
どこへ行く日宣美展…………………… 323
サルトルとデ・シーカ………………… 336
1967
中国文化大革命に関する四作家の声明…… 341
モニュメントの思想…………………… 345
基底への蒸発…………………………… 350
1968
文壇とはなにか………………………… 357
*あとがき………………………………… 369
[ 2011/03/14 23:19 ] 針生一郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。