研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  人見東明 >  『人見東明全集』全6巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『人見東明全集』全6巻・別巻1巻

『人見東明全集』全6巻・別巻1巻(昭和女子大学光葉同窓会、1979.10~1982.3)



第1巻 1979.10.30
 
夜の舞踏……………………………………… 1
夜の舞踏序詩……………………………… 3
例言………………………………………… 4
映像………………………………………… 5
楽屋の薄ら明り………………………… 6
微光……………………………………… 7
春の心と吾がこころ…………………… 8
幕間の静けさ…………………………… 9
さりげなく………………………………11
微温湯と花弁と…………………………12
あはれ夢なりし…………………………14
休憩室にて………………………………15
林間のはてより…………………………17
雛祭の暮れがた…………………………18
盲唖院にて………………………………19
瑪瑙の女…………………………………21
よろこびの領……………………………22
湯屋の画…………………………………24
待合室のしばし…………………………26
無花果の果………………………………27
邪淫の台…………………………………28
珠乗り……………………………………31
窓の悲しみ………………………………32
秋のよこ顔………………………………33
人形と朝と………………………………34
長唄の家…………………………………35
蟲篭………………………………………37
朝の歌……………………………………38
雪洞と花あかり…………………………40
渚とゆふべ………………………………41
眼ぞ悲し…………………………………42
沈丁花……………………………………43
空より……………………………………44
もの思ひ…………………………………45
温室の花…………………………………46
煙草のけむり……………………………47
庭のベンチ………………………………48
黄のなげき………………………………50
銀笛の一くさり…………………………51
雲雀………………………………………52
美しき花束………………………………53
つまらないから…………………………55
篭の鳥……………………………………56
玩具店にて………………………………57
春の夜の夢…………………………………59
塀より……………………………………60
金糸鳥……………………………………61
相合傘の歌………………………………63
ヰ゛オロンの少女………………………65
湖畔の一夜………………………………67
恋の歌とランプの煤……………………69
佗しき郊外の家…………………………70
丘と海……………………………………73
消えぬ間に………………………………75
あとの疵…………………………………76
埠頭の一日………………………………78
青褪めし女………………………………80
祭壇………………………………………82
トマトオ…………………………………83
公園の夜…………………………………84
吾が小鳥…………………………………85
Yに与ふる歌 ……………………………88
別れの夜…………………………………90
おとづれ来る女…………………………91
舞楽…………………………………………93
寺院のひととき…………………………94
冬の歌……………………………………95
墓畔のおとづれ…………………………97
乳屋の二階………………………………99
眠れる冬……………………………… 100
谷間の花……………………………… 102
雨の夜………………………………… 103
赤き唇………………………………… 104
蜻蛉…………………………………… 106
山より来る春………………………… 107
接吻…………………………………… 108
記憶の恋……………………………… 109
たえまなき夜の歌…………………… 111
髪のひとすぢ………………………… 114
白壁……………………………………… 117
……雨……音……点………………… 118
底……………………………………… 120
患者室の夜…………………………… 122
嬰児…………………………………… 124
敗残の跡……………………………… 126
飾り窓………………………………… 127
赤き蟲と薔薇の花…………………… 129
帆を巻きゆく生の海………………… 130
日は白々と…………………………… 132
沈黙…………………………………… 133
果実店………………………………… 135
落伍…………………………………… 136
墓地の白日…………………………… 138
われひとり…………………………… 140
小さな巡礼…………………………… 141
片へをめぐる衰頽の歌……………… 142
酒場の一夜…………………………… 144
泉のほとり……………………………… 151
夢のあと……………………………… 152
青き鳥のゆくへ……………………… 153
海のほとり…………………………… 155
山麓の哀歌…………………………… 156
眼……………………………………… 157
黒い風………………………………… 159
闇夜の堂上…………………………… 160
空な感………………………………… 161
「春」よお前を……………………… 162
葉蔭…………………………………… 163
山麓の沼……………………………… 166
紫色の匂袋…………………………… 167
哀愁の刻印…………………………… 168
深夜…………………………………… 170
あまき悲しみ………………………… 171
汽車の窓より………………………… 172
丘の上の路…………………………… 174
少女と薔薇…………………………… 176
城の赤い旗…………………………… 177
森……………………………………… 178
花園と寝室…………………………… 180
跡なきもの……………………………… 185
廊下にて……………………………… 186
「悲しめる者」……………………… 187
丸薬…………………………………… 189
銅像のほとり………………………… 190
扉にふれて…………………………… 191
風のおとづれ………………………… 192
青き花………………………………… 193
仏師の家……………………………… 195
福聚香………………………………… 196
心のほとり…………………………… 197
初七日………………………………… 198
箪笥の抽匣…………………………… 199
しづかなる厨………………………… 201
西瓜のにほひ………………………… 202
悲みの映像…………………………… 203
恋ごころ…………………………………… 205
予が詩の読者に呈する書……………… 207
芽生え…………………………………… 221
尼僧の涙……………………………… 222
古城のほとり………………………… 223
灯の眼………………………………… 224
水死あり……………………………… 225
恋ごころ……………………………… 227
月夜の宴……………………………… 228
いぢらしと思はずや………………… 229
静かなれ……………………………… 230
ヨハネの首…………………………… 231
瞼の憂愁……………………………… 232
夢に入り来よ………………………… 233
淋しければ…………………………… 235
夢のかげにも………………………… 236
しのぶ恋……………………………… 237
峠へ…………………………………… 237
春とカナリヤ………………………… 239
哀傷の歌……………………………… 239
芽生え………………………………… 243
わが寝室の暗より…………………… 244
火薬のにほひ………………………… 245
氷嚢の下……………………………… 247
霧島の花……………………………… 248
鼬の足あと…………………………… 250
夢……………………………………… 251
鱗の反映……………………………… 251
あやしき憂愁………………………… 252
心の一室……………………………… 253
暮るる窓……………………………… 254
古城と狂女…………………………… 255
爪を切るとき………………………… 257
死魚の眼………………………………… 259
死魚の眼……………………………… 260
赤い壁と夕陽………………………… 261
鷺の群………………………………… 262
鴉と蟲と……………………………… 263
朝の微動……………………………… 264
酔後…………………………………… 265
まぼろしの影………………………… 266
見えぬ鐘……………………………… 267
鑢の音………………………………… 269
小鳥の悲しみ………………………… 270
あはさひ……………………………… 271
夢の停車場…………………………… 272
Kに予ふる歌 ………………………… 273
再びKに与ふる歌 …………………… 278
映る影………………………………… 283
何を思ふや…………………………… 284
キスの朝……………………………… 285
かへらぬ恋…………………………… 286
恋ひそめし…………………………… 287
恋の指跡……………………………… 288
愛人よ………………………………… 289
笛と靄………………………………… 290
雨の降る日…………………………… 291
かへれる歓び………………………… 292
その後………………………………… 293
湯帰り………………………………… 294
陰影…………………………………… 295
あるならば…………………………… 295
針の尖………………………………… 296
後朝…………………………………… 297
笛を吹く……………………………… 297
渚にて………………………………… 298
心の疵…………………………………… 299
心の疵………………………………… 300
水あさぎ……………………………… 301
天窓の下にて………………………… 302
寂しさ………………………………… 303
海の伝説……………………………… 304
マスト………………………………… 306
インキ壷……………………………… 307
並木路………………………………… 308
わかき旅人…………………………… 309
なぎさの砂…………………………… 310
煙突…………………………………… 312
朽ちた船……………………………… 313
病床の夢……………………………… 314
曳く影………………………………… 315
しづ心なく…………………………… 316
こころの錆…………………………… 317
病後…………………………………… 318
お通夜………………………………… 319
停車場………………………………… 320
あんまの笛…………………………… 321
金魚の心……………………………… 322
うはきもの…………………………… 323
舞ひ姿………………………………… 324
剃刀…………………………………… 325
おいらん草…………………………… 326
蔭に…………………………………… 327
夏のひる……………………………… 328
こぼるるとなく……………………… 329
微風と夜光…………………………… 330
夜会草………………………………… 331
楓と雨………………………………… 332
寄席の広間…………………………… 333
淡い心………………………………… 334
小さき姪……………………………… 335
夢なりしか…………………………… 336
ささ音………………………………… 336
夢の花…………………………………… 339
夢の花………………………………… 340
秋のサロン…………………………… 340
シトロンの果………………………… 341
湯どの………………………………… 341
秋雨の朝……………………………… 342
淋しさ………………………………… 343
秋の画………………………………… 344
おしろいの匂ひ……………………… 345
月の夜………………………………… 345
やもめ………………………………… 346
何とはなしに………………………… 347
夜の散歩……………………………… 347
水すまし……………………………… 348
芙蓉と女……………………………… 349
もののなやみ………………………… 349
まやかし……………………………… 350
床より………………………………… 351
木の葉………………………………… 351
あひびき……………………………… 352
噴水…………………………………… 352
思はせ振りか………………………… 353
窓より………………………………… 354
カフエーにて………………………… 355
ある少女のために…………………… 356
からことづて………………………… 359
無為……………………………………… 361
無為…………………………………… 362
うたたね……………………………… 362
水油…………………………………… 363
雨の朝………………………………… 364
瓦草…………………………………… 365
しやぼん珠…………………………… 366
霙ふる朝……………………………… 367
二人の夜……………………………… 367
恋と暖炉……………………………… 369
もの労れ……………………………… 370
その時々……………………………… 371
うすなさけ…………………………… 372
山椒と雛妓…………………………… 373
さる所にて…………………………… 374
ある日ある夜………………………… 375
おぼこめきたる……………………… 377
影と思ひ出…………………………… 379
朝がへり……………………………… 379
恋の顔………………………………… 380
ねたみ………………………………… 381
期待…………………………………… 382
ひとりゐ……………………………… 383
愛のゆくへ………………………………… 385
例言……………………………………… 387
夜の草木………………………………… 389
若草…………………………………… 390
春の画………………………………… 391
春の夕………………………………… 393
春の朝………………………………… 394
こほろぎ……………………………… 396
池……………………………………… 397
月と蟲………………………………… 399
野の一部……………………………… 400
もう秋が……………………………… 401
こども………………………………… 403
夏の一夜……………………………… 404
一本杉………………………………… 405
青いともしび…………………………… 409
夜の海………………………………… 410
山の湯………………………………… 411
女よ…………………………………… 412
谷ぞこ………………………………… 413
夏のまひる…………………………… 415
白い花………………………………… 417
雨が降る……………………………… 418
船が来る……………………………… 419
悩みごころ……………………………… 423
雨……………………………………… 424
眼……………………………………… 425
空しさ………………………………… 426
おもひで……………………………… 428
花びら………………………………… 430
ものなやみ…………………………… 431
青い花………………………………… 432
ひなげし……………………………… 433
木の葉………………………………… 434
手……………………………………… 434
浮雲…………………………………… 435
通り雨………………………………… 436
花ばかり……………………………… 438
金糸鳥の唄……………………………… 441
淋しさ………………………………… 442
病後…………………………………… 443
旅の朝………………………………… 444
秋雨…………………………………… 445
ささ音………………………………… 446
秋のサロン…………………………… 447
夢……………………………………… 448
夕方…………………………………… 448
しろ壁………………………………… 449
金糸鳥………………………………… 450
水油…………………………………… 451
病室にて……………………………… 452
ひとりゐ……………………………… 453
やもめ………………………………… 454
月夜…………………………………… 454
ものなやみ…………………………… 455
わけもなく…………………………… 456
夢のにほひ……………………………… 457
恋ごころ……………………………… 458
鑢の音………………………………… 459
夜あるき……………………………… 460
幻想…………………………………… 461
朝雨…………………………………… 462
夢の花………………………………… 463
かをり………………………………… 464
ほのかに……………………………… 465
夢のあと……………………………… 466
湯がへり……………………………… 467
恋ひそめて…………………………… 467
なにとなく…………………………… 468
水すまし……………………………… 469
庭にて………………………………… 470
*人としての東明氏(本間久雄)……… 473
*『夜の舞踏』再読(矢野峰人)……… 479
*解説(乙骨明夫)……………………… 482
*編注……………………………………… 487
*著者紹介(人見楠郎)………………… 577
 

第2巻 1980.4.1
 
未刊詩編
明治の詩
帰僧…………………………………………… 4
猟夫…………………………………………… 5
蹴鞠…………………………………………… 8
窃盗来…………………………………………10
山火……………………………………………12
霊樟物語………………………………………14
姫が恋…………………………………………16
草苅少女………………………………………19
断琴……………………………………………21
樹蔭の恋………………………………………24
古井筒…………………………………………26
野提灯…………………………………………29
白水仙…………………………………………32
追はれし詩人が………………………………33
少林寺畔に立ちて……………………………40
新年の街頭に立ちて…………………………47
糸ざくら………………………………………50
春の湖上を望みて……………………………51
たかじほ………………………………………56
愁人…………………………………………56
笛の音………………………………………60
うづしほ………………………………………64
燈台の歌………………………………………67
女神の巻……………………………………67
神将の巻……………………………………74
怪象の歌………………………………………81
唐琴の瀬戸……………………………………90
発意の歌……………………………………90
唐琴の歌……………………………………96
鳴戸の歌………………………………… 102
四つの声…………………………………… 108
若人……………………………………… 108
老人……………………………………… 113
海人……………………………………… 119
詩人……………………………………… 124
永劫の命…………………………………… 130
心のかたち………………………………… 135
人は永久なり……………………………… 138
深きさびしみ……………………………… 141
身は古墟…………………………………… 144
紫光………………………………………… 148
胸なる花…………………………………… 151
雨ふる夕…………………………………… 156
橋のほとりに……………………………… 158
壁のにほひ………………………………… 161
乞食女……………………………………… 165
花は零れぬ………………………………… 169
古き憂ひ…………………………………… 170
霊のくゆり………………………………… 173
古瓶賦……………………………………… 177
白鳥………………………………………… 182
海の塔……………………………………… 184
紅は………………………………………… 186
夕…………………………………………… 188
鏡…………………………………………… 190
漂浪………………………………………… 198
老爺………………………………………… 207
脱獄………………………………………… 213
声…………………………………………… 224
狂女………………………………………… 229
湖上………………………………………… 233
女…………………………………………… 235
犢…………………………………………… 240
姉…………………………………………… 242
友の家……………………………………… 245
母と子……………………………………… 248
街…………………………………………… 251
焼場………………………………………… 253
涙…………………………………………… 261
緑のかげ…………………………………… 264
佗びしさ…………………………………… 268
焼跡………………………………………… 268
古塚………………………………………… 271
白日………………………………………… 272
楡の花……………………………………… 275
青嵐集……………………………………… 278
古き都の片ほとり……………………… 278
帰途……………………………………… 282
友の骨…………………………………… 283
僧…………………………………………… 285
笑顔………………………………………… 288
水の音……………………………………… 291
矜…………………………………………… 292
困憊………………………………………… 294
風の音……………………………………… 297
声と影……………………………………… 299
馬の鈴……………………………………… 301
一夜………………………………………… 302
栞…………………………………………… 304
暗涙………………………………………… 305
寝息………………………………………… 309
薬餌………………………………………… 311
車窓……………………………………… 311
ただひとり……………………………… 315
女の眼…………………………………… 317
ひたぶるに……………………………… 319
刑余……………………………………… 320
産室………………………………………… 322
生児………………………………………… 329
古書………………………………………… 333
憔悴………………………………………… 334
財布………………………………………… 341
青き夜……………………………………… 347
悲憂………………………………………… 351
昏睡……………………………………… 351
煙………………………………………… 353
悪夢……………………………………… 354
前夜………………………………………… 356
薬瓶………………………………………… 357
血のいろ…………………………………… 359
淋しき音…………………………………… 362
深夜………………………………………… 364
蟲の背……………………………………… 365
嘴の音……………………………………… 367
煙を見よ…………………………………… 373
緑のひかり………………………………… 375
はるかに一人……………………………… 378
沈める愁ひ………………………………… 381
疲れ………………………………………… 382
旅のひと夜………………………………… 383
夜が更ける………………………………… 386
あの家だ…………………………………… 389
何故だらう………………………………… 392
――よ……………………………………… 394
黒き影……………………………………… 397
命のゆくへ………………………………… 399
波の音……………………………………… 403
小兎………………………………………… 406
誰れか知ら………………………………… 409
生きてゐる………………………………… 410
脉の音……………………………………… 412
智の迷ひ…………………………………… 414
あの中に…………………………………… 416
暴風前……………………………………… 418
病める音…………………………………… 421
闇の底……………………………………… 423
行方………………………………………… 424
消滅………………………………………… 427
黒い風……………………………………… 430
震へる声…………………………………… 431
咽ぶやうな歌……………………………… 435
廃れ果てた感……………………………… 440
空しき恋の情緒…………………………… 444
若き日の寂寥…………………………… 444
ある夜、寂しげに……………………… 447
大川端の薄暮…………………………… 448
病める月………………………………… 451
静かに暮るる春の夕……………………… 454
入江の朝…………………………………… 457
破船………………………………………… 460
晴れ間……………………………………… 462
梢上に懸れる生首………………………… 463
森より野へ………………………………… 466
渡り鳥…………………………………… 466
時雨の日………………………………… 468
夢みる女…………………………………… 469
無題………………………………………… 470
夜…………………………………………… 472
こころのひる……………………………… 473
二人の影…………………………………… 474
そぞろごと………………………………… 475
歓びのまへ………………………………… 476
楡の花……………………………………… 477
柳の芽……………………………………… 478
壁のみどり………………………………… 480
のびる茎…………………………………… 481
螢…………………………………………… 482
柿の花……………………………………… 483
あらぬ思ひ………………………………… 484
知りしより………………………………… 484
笛…………………………………………… 485
風のあと…………………………………… 486
行水………………………………………… 487
手 のにほひ……………………………… 488
雨後………………………………………… 489
月見草……………………………………… 490
灯のかげ…………………………………… 491
ながし……………………………………… 492
靄のうち…………………………………… 493
黴の花……………………………………… 494
反射………………………………………… 495
ほのかに青い……………………………… 496
そのときに………………………………… 497
この花の咲く間…………………………… 498
風鈴の音…………………………………… 500
左様なら…………………………………… 502
底に………………………………………… 503
博多人形…………………………………… 504
詩(大正)
まねき猫…………………………………… 508
黄金蟲……………………………………… 509
しらせ……………………………………… 510
蟲のこころ………………………………… 511
月かげ……………………………………… 512
鷺と梟……………………………………… 513
京の一夜…………………………………… 514
絵のはしに………………………………… 515
浜の館……………………………………… 517
Mizore huru Yoru. ……………………… 518
情死前の歌………………………………… 520
いぢらしき恋……………………………… 521
暮れがた…………………………………… 522
心の棺……………………………………… 523
死の祝福…………………………………… 524
あやしき運命……………………………… 525
城趾をのぞみて…………………………… 526
錆のごとし………………………………… 527
復活祭の朝………………………………… 528
舟がかり…………………………………… 529
わが憂愁…………………………………… 531
眩惑………………………………………… 532
夏来らば…………………………………… 533
生の躍進…………………………………… 534
暴ける恋…………………………………… 535
瀑布の上…………………………………… 536
命の赤児…………………………………… 537
ものつかれ………………………………… 538
その刹那…………………………………… 539
蛇と雨……………………………………… 540
信濃にて…………………………………… 541
朝の海……………………………………… 542
その夜……………………………………… 544
冬夜所見…………………………………… 545
窓前の冬…………………………………… 547
明らぬ窓…………………………………… 548
垂死の微笑………………………………… 549
創作の悦び………………………………… 550
林間にて…………………………………… 552
旧敵………………………………………… 553
テロリストと夕陽………………………… 554
梅の実……………………………………… 556
別れて後…………………………………… 557
恐怖と悦楽………………………………… 558
さりゆく秋………………………………… 560
促進………………………………………… 561
一塊の石…………………………………… 562
山上にて…………………………………… 564
早朝………………………………………… 565
停車場にて………………………………… 567
握手………………………………………… 568
地震の朝…………………………………… 570
共鳴………………………………………… 571
途上所見…………………………………… 572
湖上悲歌…………………………………… 574
感激に……………………………………… 575
池畔にて…………………………………… 577
悲しき女…………………………………… 579
失望………………………………………… 581
坂に立ちて………………………………… 583
散歩………………………………………… 584
夜明まで…………………………………… 586
朝の祝福…………………………………… 587
ストオヴの前……………………………… 588
動かぬ雲…………………………………… 590
夜行列車…………………………………… 591
回復するまで……………………………… 593
罪人の如し………………………………… 594
K青年と対坐して ………………………… 595
生きるまで………………………………… 597
やがて後…………………………………… 598
生の朝……………………………………… 599
彼れは昏倒せり…………………………… 601
甦へる樹木………………………………… 603
砂の上に…………………………………… 604
恋の芽……………………………………… 606
微温………………………………………… 607
倒される杉………………………………… 608
室を出る…………………………………… 610
木に凭りて………………………………… 612
小景………………………………………… 613
月見草……………………………………… 614
藁の香……………………………………… 616
まことに静かなり………………………… 619
わが道あまりにとほし…………………… 621
雑司ヶ谷の墓地にて……………………… 624
午後一時すぎ……………………………… 628
風の見る世界……………………………… 629
寂心経……………………………………… 631
海の誘惑………………………………… 631
深山にて思ふ…………………………… 633
死よ来れ………………………………… 636
風に寄す………………………………… 638
夜の散歩…………………………………… 639
野に寝む…………………………………… 640
月夜の別れ………………………………… 642
朝虹か……………………………………… 644
朝の歌……………………………………… 645
港の夕……………………………………… 646
うしろ影…………………………………… 647
夜の鐘……………………………………… 649
空望………………………………………… 651
早春………………………………………… 652
霙の夕……………………………………… 653
赤い旗……………………………………… 654
待つ身……………………………………… 655
思ひばかりに……………………………… 656
春が来る前に……………………………… 657
うすら悲しさ……………………………… 660
雨…………………………………………… 661
子供ごころ………………………………… 662
その夕……………………………………… 664
かくてあるなし…………………………… 666
童謡
ある夜……………………………………… 672
鈴の音……………………………………… 672
鈴蟲………………………………………… 674
草の音……………………………………… 675
短歌
短歌 六十五首…………………………… 678
*解説(原子朗)………………………… 687
*掲載誌(紙)一覧……………………… 697
 

第3巻 1980.5.1
 
学園の歌……………………………………… 1
はしがき…………………………………… 3
再版序……………………………………… 5
敗戦………………………………………… 7
一月一日……………………………………10
白い雲………………………………………15
戦災…………………………………………17
十五夜………………………………………20
朝まだき……………………………………24
願い…………………………………………27
小石を拾う…………………………………28
ばらの花……………………………………31
眼ざし………………………………………33
卒業…………………………………………35
T氏の名刺 …………………………………38
先輩…………………………………………41
マドンナ……………………………………45
騒音…………………………………………48
震災…………………………………………49
母……………………………………………51
丘の上………………………………………53
火災…………………………………………54
わが学生……………………………………55
友情…………………………………………57
決勝点………………………………………59
体育祭………………………………………61
親友…………………………………………64
個と全………………………………………66
文化祭………………………………………68
鐘……………………………………………70
木かげ………………………………………71
湘南寮………………………………………73
朝あけ………………………………………74
いざさらば…………………………………76
点描…………………………………………77
逸題…………………………………………79
祈り…………………………………………80
あと三つき…………………………………82
前途…………………………………………83
わが世………………………………………85
朝礼だ………………………………………86
回復を祈る…………………………………88
夏の夜のスケッチ…………………………90
黙然として…………………………………92
旧友…………………………………………93
岩……………………………………………95
塩原…………………………………………96
寮の朝………………………………………98
青い岩…………………………………… 100
未亡人…………………………………… 102
寄贈の予約……………………………… 103
I・U氏…………………………………… 105
なやみ…………………………………… 108
営々として……………………………… 110
エミーに代って………………………… 112
試験がすきだ…………………………… 115
寂寥……………………………………… 118
親日家…………………………………… 120
卒業生におくる歌……………………… 122
万感……………………………………… 128
志士の家………………………………… 130
女性文化………………………………… 132

校歌……………………………………… 139
祝歌……………………………………… 140
寮歌……………………………………… 142
追悼の歌………………………………… 143
東明詩集…………………………………… 145
まえがき………………………………… 147
昭和編
王と王妃……………………………… 151
バラ…………………………………… 152
患者室………………………………… 153
雨……………………………………… 155
春来る………………………………… 156
雑司ヶ谷の墓地……………………… 158
杉……………………………………… 161
雲……………………………………… 163
冬から春へ…………………………… 164
石……………………………………… 167
老教師………………………………… 169
白い雲………………………………… 175
丘の上………………………………… 178
騒音…………………………………… 179
母……………………………………… 181
十五夜………………………………… 183
朝まだき……………………………… 186
岩……………………………………… 189
夏の夜のスケッチ…………………… 190
営々として…………………………… 192
寂寥…………………………………… 194
大正編
ランプのかさに……………………… 199
心の棺………………………………… 200
運命…………………………………… 201
山の生命……………………………… 202
今……………………………………… 204
やがて後……………………………… 206
春……………………………………… 207
悲曲…………………………………… 208
緑陰…………………………………… 210
憂い…………………………………… 212
鐘が鳴る……………………………… 214
寂しき春……………………………… 216
月見草………………………………… 219
安息…………………………………… 221
静かなり……………………………… 223
風……………………………………… 225
旧居…………………………………… 227
海上にて……………………………… 229
汝は偉大なり………………………… 231
ある夜………………………………… 234
秋の夕べ……………………………… 235
夕日…………………………………… 236
春が来た……………………………… 238
海辺…………………………………… 239
思い…………………………………… 241
旗……………………………………… 242
村の朝………………………………… 243
おるすい……………………………… 245
鈴虫…………………………………… 246
震災…………………………………… 248
白い花………………………………… 251
明治編
森……………………………………… 255
湖上…………………………………… 257
牧場…………………………………… 259
友の家………………………………… 260
病院…………………………………… 262
壷……………………………………… 263
鈴……………………………………… 264
風の音………………………………… 266
車窓…………………………………… 267
旅路…………………………………… 268
憂い…………………………………… 270
ゆく春………………………………… 272
Aよ …………………………………… 273
やみの底……………………………… 275
あわれ………………………………… 276
西へ…………………………………… 278
渚のほとり…………………………… 281
静かに………………………………… 283
夢……………………………………… 286
十月…………………………………… 287
工廠の爆発…………………………… 288
夢みる………………………………… 291
夜……………………………………… 292
音楽堂の夕べ………………………… 293
白壁…………………………………… 295
楡の花………………………………… 296
悲喜…………………………………… 297
知りしより…………………………… 299
笛……………………………………… 300
諷刺画………………………………… 301
風鈴…………………………………… 302
さようなら…………………………… 305
堀割…………………………………… 306
黴の花………………………………… 307
虫の声………………………………… 308
行水…………………………………… 309
雨後…………………………………… 310
台風…………………………………… 311
匂い…………………………………… 312
ながし………………………………… 313
川岸…………………………………… 314
シグナル……………………………… 315
無題編〔29篇〕………………………… 319
その他の詩………………………………… 341
(無題)………………………………… 343
受難の春………………………………… 344
偶感二篇………………………………… 345
六月危機………………………………… 347
温情……………………………………… 349
代詠……………………………………… 353
森の少女………………………………… 357
敗戦……………………………………… 359
経験……………………………………… 362
それから五十四年……………………… 365
関東大震災……………………………… 368
拍子木の音……………………………… 373
DAMS LA CLAIRI RE …………………… 377
篭のなかの鈴虫………………………… 378
短歌 二首……………………………… 379
*解説(原子朗)………………………… 382
*編注……………………………………… 389
 

第4巻 1980.12.20
 
小説
運命の力……………………………………… 3
愛の収穫…………………………………… 3
兄妹の如く…………………………………18
床上の祈り…………………………………37
死か生か……………………………………65
死せるが如く………………………………76
一場の光景…………………………………93
朝………………………………………… 105
早暁の密使……………………………… 121
巫女の顔………………………………… 141
如月……………………………………… 157
力のにほひ……………………………… 161
はらから………………………………… 168
乗車前…………………………………… 173
地震の夜………………………………… 192
黄昏……………………………………… 206
墓畔のおもひで………………………… 213
月夜の歩み……………………………… 221
時雨の音………………………………… 232
堤防……………………………………… 240
風の日…………………………………… 251
貿易港の一夜…………………………… 259
ある夜の心持…………………………… 263
月見草と旅の女………………………… 266
停車場にて……………………………… 274
魔酔と蛞蝓……………………………… 278
生の慈母と赤児………………………… 282
遊離……………………………………… 290
栄光を求めて…………………………… 296
人間の心を……………………………… 319
彼女は遂に死せり……………………… 347
或る女の運命…………………………… 361
恋の亡霊………………………………… 370
その光の下に…………………………… 385
気分詩劇 紅き悲哀の点……………… 392
童話 剣の王様………………………… 400
随想
秋のにほひ………………………………… 411
漂零日記…………………………………… 413
夜の色……………………………………… 419
朝の音……………………………………… 422
果敢なき努力……………………………… 424
秋宵記……………………………………… 428
落葉林……………………………………… 434
静思録……………………………………… 438
雑木林……………………………………… 442
村居小品…………………………………… 450
机上静思…………………………………… 452
矛盾の興味………………………………… 460
感想の折り折り…………………………… 461
自分の経験上より………………………… 465
三期の淋しみ……………………………… 469
感想の十字形……………………………… 471
所在なさ…………………………………… 473
机上雑感…………………………………… 475
二階の窓…………………………………… 477
美と感覚と恐怖的観念…………………… 498
「真理」と「鼠」………………………… 502
扉に凭りて………………………………… 502
わが橘の下にて…………………………… 527
私は篭の中に生きて居る小鳥…………… 529
フユウザン会の解散に就て……………… 530
思想上の浮浪者へ………………………… 534
火薬運搬者か―黒岩周六先生の所論を読む―…… 537
鈴ヶ森にて………………………………… 541
内在的生活の躍進………………………… 542
海の脅迫観念……………………………… 545
生活リズムと創作………………………… 546
独創的生活とドグマ……………………… 550
躍動的生活………………………………… 555
改題に至るまで…………………………… 563
廃疾者との対話…………………………… 568
信仰ある生活……………………………… 576
偉大なる現実……………………………… 579
精神的決闘………………………………… 584
二三の雑感………………………………… 592
潮流と個性………………………………… 595
内生活と運命……………………………… 598
外部より内面へ…………………………… 600
生の営みと詩作と………………………… 603
感想の断片………………………………… 610
主張と批判………………………………… 611
逝く春の一夜……………………………… 613
張り詰めた心……………………………… 616
未完稿三篇………………………………… 623
厳粛な本能………………………………… 628
自殺者の心理……………………………… 639
雑感………………………………………… 649
苦痛の刺激………………………………… 651
悩める精霊に……………………………… 660
芸術本能と芸術生活……………………… 670
自分は尚幼木である……………………… 680
創作前後の感想…………………………… 692
詩は霊である……………………………… 697
暗中に炬火を発見したよりも…………… 702
一日の生活記録…………………………… 706
悪罵、其の他……………………………… 707
秋窓雑筆…………………………………… 712
今朝………………………………………… 717
感想と対話………………………………… 723
良心の罪…………………………………… 733
思ふ事ども………………………………… 738
新緑の武蔵野……………………………… 740
土を見詰めて……………………………… 744
眼に見えぬ波……………………………… 749
緑蔭静思…………………………………… 754
海浜にて…………………………………… 760
釣を垂れて………………………………… 765
美しき道の魅力…………………………… 767
一瞬間の前後……………………………… 769
*解説(岡保生)………………………… 777
*掲載誌(紙)一覧……………………… 785
 

第5巻 1981.5.30
 
論文
長詩発達史…………………………………… 3
真間の手児奈………………………………… 8
人麿・赤人・憶良の短歌八首………………26
万葉集偲ぶ草…………………………………48
万葉集と八代集の富士山………………… 166
作者の真実と成長………………………… 178
早稲田詩社の成立………………………… 184
天遊の『心の山川』……………………… 189
明治の紀行文……………………………… 195
尾崎紅葉の処女文集……………………… 202
「我楽多文庫」と新体詩、劇詩、自由詩…… 214
明治詩壇の一角…………………………… 278
新体詩の誕生……………………………… 295
明治の長歌と新体詩……………………… 310
自由詩社について………………………… 328
批評
『シルレル詩集』と『ゆく雲』………… 335
近刊の二詩集……………………………… 338
『有明集』合評…………………………… 342
詩界断観…………………………………… 345
最近の小説壇……………………………… 356
自由詩の哲学的味量……………………… 358
新しい内容と様式………………………… 362
LA BONNE CHANSONの作者に……………… 367
二月の雑誌………………………………… 368
第四回自由劇場試演評…………………… 373
六月の雑誌………………………………… 375
七月の雑誌………………………………… 382
文芸週間彙報……………………………… 390
八月の雑誌………………………………… 394
文芸週間彙報……………………………… 401
九月の雑誌………………………………… 403
文芸週間彙報……………………………… 408
本郷座合評………………………………… 410
詩集『春の夢』について………………… 411
『運命の人』……………………………… 414
全体批評と局部批評……………………… 416
帝劇の一夜………………………………… 417
有楽座の第一回女優劇を見て…………… 418
好きな役者………………………………… 420
舞台美術、劇場音楽……………………… 421
上場せられたる『ファウスト』………… 424
芸の創作と舞台監督……………………… 425
文芸協会の解散について………………… 430
『シーザー』の雑感……………………… 437
ワ゛ンナ等が三つの恋愛………………… 443
カタログの序……………………………… 448
『内部』と『モンナ・ワ゛ンナ』に就いて…… 450
新劇社劇合評……………………………… 452
今秋の新劇壇……………………………… 455
ピアニイの死……………………………… 458
深き根を愛す……………………………… 460
サブライムな感激………………………… 462
批難と反感………………………………… 465
最近の詩壇………………………………… 468
墓畔に立ちて……………………………… 471
*解説(岡保生)………………………… 475
*掲載誌(紙)一覧……………………… 483
 

第6巻 1982.3.25
 
随想(昭和期)
窓に凭りて…………………………………… 3
旧友……………………………………………10
メイソン氏のこと……………………………11
追憶……………………………………………14
島崎藤村と島村抱月…………………………15
高雅な気品と高潔な人格……………………18
招待券…………………………………………20
二月の言葉……………………………………22
三月の言葉……………………………………23
四月の言葉……………………………………24
五月の言葉……………………………………25
六月の言葉……………………………………27
七月の言葉……………………………………28
八月の言葉……………………………………29
九月の言葉……………………………………30
十月の言葉……………………………………31
十一月の言葉…………………………………32
十二月の言葉…………………………………33
一月の言葉……………………………………34
二月の言葉……………………………………35
三月の言葉……………………………………36
五月の言葉……………………………………38
六月の言葉……………………………………39
七月の言葉……………………………………40
八月の言葉……………………………………41
九月の言葉……………………………………42
十一月の言葉…………………………………43
十二月の言葉…………………………………44
一月の言葉……………………………………45
二月の言葉……………………………………47
三月の言葉……………………………………48
四月の言葉……………………………………49
五・六月の言葉………………………………51
七月の言葉……………………………………52
八月の言葉……………………………………53
九月の言葉……………………………………55
一月の言葉……………………………………56
二月の言葉……………………………………57
四月の言葉……………………………………59
十月の言葉……………………………………60
二月の言葉……………………………………61
四月の言葉……………………………………62
六月の言葉……………………………………63
ゝ山先生と尚今先生…………………………64
詩祖五十年忌追頌祭…………………………65
「勅撰集の女流歌人」について……………66
「遺跡巡礼」について………………………68
河辺先生と成田先生…………………………75
浦島太郎の想い出の記「四十余年の詩壇追憶」……77
片桐先生の温情………………………………83
教職三十五年…………………………………85
有明先生…………………………………… 128
『日本新詩史』他………………………… 130
独歩碑と涙痕の碑………………………… 135
安藤正次先生の臨終……………………… 138
ひとのなさけ……………………………… 143
心機一転…………………………………… 145
科学者で詩人……………………………… 147
『近代文学研究叢書』について………… 150
雅号の選考………………………………… 161
明治の声…………………………………… 163
師事五十七年……………………………… 166
早稲田詩社と自由詩社…………………… 167
私学の自主性……………………………… 170
坐り込みの顛末…………………………… 171
感激………………………………………… 173
学風の維持と高揚………………………… 175
校難の克服………………………………… 178
春宵歓談…………………………………… 181
旧友の死…………………………………… 182
所感………………………………………… 186
「明星」の功績…………………………… 186
辻村鑑先生………………………………… 188
感謝………………………………………… 191
誇り高き学風……………………………… 192
「新天地」と啄木の関係………………… 195
三富さんの思い出………………………… 203
山宮允先生の隠徳………………………… 206
名講演……………………………………… 209
小説改良論………………………………… 210
上井磯吉教授……………………………… 212
河鰭学長…………………………………… 214
玉井先生…………………………………… 215
「新天地」のころ………………………… 217
若き日の西条八十氏……………………… 218
共鳴奉仕=芸術座のころ=……………… 221
辻村監事を偲ぶ…………………………… 226
善生監事を惜しむ………………………… 228
野口雨情…………………………………… 229
意欲的な昭和女子大学…………………… 235
佐藤先生…………………………………… 237
豊田実先生………………………………… 239
雑纂
開講の詞…………………………………… 243
史実に稽へ………………………………… 245
泣いて悦ぶ父母…………………………… 246
愛の図書館………………………………… 250
暁の鐘の音………………………………… 252
待望の体育館……………………………… 257
藍綬褒章受章記念祝賀会謝辞…………… 259
開式之辞…………………………………… 260
御協力に感謝する………………………… 261
今日懐しの母校を巣立ちゆく…………… 262
先哲の偉業偲ぶ…………………………… 264
国歌について……………………………… 265
巣立ち行くみなさんに…………………… 269
感恩会の記………………………………… 271
あいさつ…………………………………… 272
父母会への期待…………………………… 273
予祝………………………………………… 275
愛と理解と調和を………………………… 276
山彦のゆくえ……………………………… 278
苦難に負けず励んで行こう……………… 280
四十年の歩みをふり返って……………… 284
卒業生よ大望をいだけ…………………… 288
日常生活を健やかに……………………… 291
一歩一歩充実の母校……………………… 292
“実力第一・実行第一”を目標に……… 295
女子の特性をみがく……………………… 296
卒業を祝う………………………………… 299
不断の精進と創立精神…………………… 300
高三めでたく卒業………………………… 303
卒業生に贈る……………………………… 304
入学のよろこび…………………………… 305
叙勲のよろこび…………………………… 311
ああ四十五周年…………………………… 315
総合能力の公開…………………………… 317
受章を記念して…………………………… 319
附属中学校高等学校長退任挨拶………… 321
おめでとうございます…………………… 322
先輩と後輩のむすび……………………… 326
祝辞………………………………………… 329
正しき日本女性…………………………… 333
学生の母の手紙…………………………… 336
墓参………………………………………… 339
復興のよろこび…………………………… 341
卒業式・理事長祝辞……………………… 345
創立四十九年……………………………… 346
式辞………………………………………… 348
わが学園の創立と建学の精神…………… 351
祝辞………………………………………… 353
一粒の種…………………………………… 355
金、篠原両先生歓迎座談会……………… 357
学園の変遷………………………………… 366
話の散歩…………………………………… 367
座談会……………………………………… 370
談話………………………………………… 379
近代文庫について………………………… 381
卒業生と母校……………………………… 383
悲しかったこと嬉しかったこと………… 385
母校はきょうも真剣な意欲にもえて歩んでおります…… 388
復興記念日によせて……………………… 390
題言………………………………………… 401
『近代名詩選』第一編序………………… 402
跋…………………………………………… 403
跋…………………………………………… 405
跋…………………………………………… 410
跋…………………………………………… 414
巻頭言……………………………………… 418
巻頭言……………………………………… 419
『近代文学』序…………………………… 420
光葉号の言葉……………………………… 421
『校訂 女大学』序……………………… 422
世に出るまで……………………………… 424
『福田夕咲全集』序……………………… 429
『加藤介春全詩集』序…………………… 433
『学園の半世紀』序……………………… 439
『三富朽葉詩集補遺』序………………… 442
『日本近代詩論の研究』序……………… 444
『昭和詩論の研究』序…………………… 454
雁の便り…………………………………… 457
一日一信…………………………………… 459
学園日記抄………………………………… 473
東西名婦伝………………………………… 483
ブラウニング夫人……………………… 483
ドロセア嬢……………………………… 484
アンネンスカヤ女史…………………… 486
ロジナ夫人……………………………… 487
早稲田詩社時代…………………………… 489
東京に落ちついた雨情…………………… 491
編輯余録…………………………………… 496
編輯の後…………………………………… 498
編輯の後…………………………………… 501
編輯の後…………………………………… 503
編輯の後…………………………………… 508
編輯の後…………………………………… 513
編輯の後…………………………………… 521
編輯の後…………………………………… 528
編輯の後…………………………………… 533
編輯の後…………………………………… 541
編輯の後…………………………………… 544
編輯の後…………………………………… 545
編輯の後…………………………………… 547
編輯雑記…………………………………… 548
編集雑記…………………………………… 550
神経衰弱撲滅会…………………………… 552
旅…………………………………………… 552
今日の民族問題…………………………… 553
感じの好い女……………………………… 554
教会存立の意義及価値…………………… 554
本年の読書………………………………… 556
百人一首のうちで何の歌が一番お好きですか…… 556
近頃のこと………………………………… 557
拾遺

暗礁………………………………………… 561
寂しさに…………………………………… 562
帰る前……………………………………… 562
風のごとく………………………………… 563
船…………………………………………… 565
小猫………………………………………… 566
母のない児に―童謠―…………………… 567
無題………………………………………… 570
随想
旧友に与ふるY言Z議……………………… 571
六月二十四日……………………………… 575
西へ、西より……………………………… 584
小さき言葉………………………………… 589
箱根めぐり………………………………… 591
半島の二日………………………………… 598
清潔な生涯………………………………… 604
作曲された詩
おぼろ月夜………………………………… 609
恋ごころ…………………………………… 611
若草………………………………………… 613
しろ壁……………………………………… 615
幻想………………………………………… 617
校歌………………………………………… 619
祝歌(第二校歌)………………………… 621
昭和女子大学寮歌………………………… 623
追悼の歌…………………………………… 624
朝あけ……………………………………… 625
収穫祭の歌………………………………… 627
姉妹の合唱………………………………… 628
風に寄す…………………………………… 629
牧場………………………………………… 633
*掲載誌(紙)一覧……………………… 637
*著作年表………………………………… 655
*あとがき(和田艶子)………………… 787
 

別巻 1980.5.1
 
師弟の交流…………………………………… 1
遠い憶い出(坂本やえ)………………… 3
卒業式に招かれて(坂本やえ)………… 4
晩年に近く(坂本やえ)………………… 5
東北・北海道の旅(菅谷久江)………… 6
御叱言もまた楽し(菅谷久江)………… 8
小さな入口の仁王様(和田艶子)……… 9
竹箒と倫理学(和田艶子)………………11
愛について(和田艶子)…………………12
屋根瓦が上がらない(和田艶子)………14
各学科の研究会のこと(和田艶子)……15
恩師人見円吉・緑両先生にお仕えして(保坂都)……18
利根川事件に思う(高橋節)……………37
押せば通る(高橋節)……………………39
お山は晴天(南八重子)…………………40
北海道・東北方面の講演旅行(南八重子)……40
大正十五年という年(南八重子)………41
久しぶりの対面(南八重子)……………42
東条さんからの手紙(南八重子)………42
恩師人見円吉先生の映像(新垣輝子)…43
脱線を待っていた私(斉藤なほ)………46
ひとりひとりを大切に(斉藤なほ)……47
校庭を箒く先生をみて(斉藤なほ)……48
忘れられない面影(深谷たか)…………49
心のふるさと(田中いそゑ)……………50
文字通りの実践倫理(小川まつ)………52
魅力の講義時間(小川まつ)……………54
春風と秋霜と(小川まつ)………………55
万葉集の名講義(橋立ミサオ)…………57
古りし写真(重見文子)…………………58
あの励ましの声(後藤ウメ)……………60
入学の思い出(山北浜子)………………62
読んで字の如し(山北浜子)……………62
慰めの言葉(山北浜子)…………………63
大火災の朝(山北浜子)…………………64
病気のおかげで(内田松枝)……………64
無から有をつくる(倉本千代子)………66
「与那国蚕」を提げて(石野君子)……67
温かなお心(山口トミ)…………………68
若き日の人見先生(関琴)………………70
追憶(古屋久香)…………………………71
板書(古屋久香)…………………………73
演劇(古屋久香)…………………………74
文検受験(古谷久香)……………………75
よろこび(古屋久香)……………………76
私学のよさを(古屋久香)………………77
遥かなる慈父(中村春江)………………78
理想に向かって(石塚克)………………82
夏休みの或る日(千賀綾子)……………86
忘れえぬお言葉(田中雅)………………87
隅の親石(尾辻鞆)………………………88
女子教育につくされた先生(田熊多嘉子)……90
やさしいお父さま(田熊多嘉子)………91
記念写真を撮る時(伏見トモエ)………92
生徒募集のポスター(伏見トモエ)……93
新校庭の整地作業(伏見トモエ)………93
叱り方のテクニック(伏見トモエ)……93
専門外の勉強を(伏見トモエ)…………94
無言のおしえ(和田幸代)………………95
心の雑草(長尾京子)……………………99
不世出の教師(桜井ちよの)………… 100
一人の生徒のためにさえ(鵜沢幸代)…… 102
これぞ真の躾け糸(鵜沢幸代)……… 103
巨象の姿(小串敏)…………………… 105
最初の授業(小串敏)………………… 105
中等教育資格試験のこと(小串敏)… 106
わが子のように(小串敏)…………… 108
北海道支部会に御来札(小串敏)…… 109
魅力あるスピーチ(国友芳江)……… 110
野暮な制服(菊地マサ)……………… 111
上品な歌を(菊地マサ)……………… 112
幻の修学旅行(菊地マサ)…………… 113
遥かなり上高田(広瀬房子)………… 115
舞台稽古(広瀬房子)………………… 116
“人見さん”(広瀬房子)…………… 117
戦火(広瀬房子)……………………… 119
御手紙(広瀬房子)…………………… 121
「脚下照顧」の教訓(山本幸子)…… 123
いつも身近な先生(相沢百)………… 124
思ひつくままに(木下和子)………… 127
夏の日に思う(荒井富美子)………… 128
開戦の日に(浜中貞子)……………… 130
終戦の日に(浜中貞子)……………… 131
新校舎の建築(浜中貞子)…………… 132
にんじんに寄せて(森登志子)……… 134
告白(森登志子)……………………… 136
師はお見通しでした(森登志子)…… 138
よい子ができる(尾木敦子)………… 139
川原の石ころ(尾木敦子)…………… 140
人見先生の学校づくり(脇田たづ)… 141
これぞ善き師(野上柳子)…………… 147
あの日あの時(伊達道)……………… 149
信念と慈愛の父(荒井千恵子)……… 151
文明の利器(甘利昌代)……………… 153
大いなる愛(押山規恵)……………… 154
先生の笑顔(大橋千代子)…………… 155
借金(大橋千代子)…………………… 157
卒業後も育てていただく(大橋千代子)…… 158
近代文庫の灯(川崎志げ)…………… 159
永遠の慈父(高亀千津子)…………… 160
十五周年の頃(山本早苗)…………… 162
蕭洒な学校と埋もれた岩と(鈴木愛子)…… 164
詩人教育者の横顔(鈴木愛子)……… 166
人見先生の目(今井園子)…………… 169
演技を大切に(星出為子)…………… 171
無駄の戒め(星出為子)……………… 172
ある雪の日に(下田志津)…………… 173
お嬢様でしょ(小沢マサ子)………… 175
えびで鯛を釣る(山村ムツコ)……… 177
遅刻常習犯(丸山こう)……………… 178
温湯のわき出る学園(柴珠子)……… 179
本ものを求めて(露木恭子)………… 182
恵み(露木恭子)……………………… 183
深い御縁(矢冨峰子)………………… 184
慈父(矢冨峰子)……………………… 184
芸術の心(矢冨峰子)………………… 186
感涙(矢冨峰子)……………………… 188
忘れえぬお講義(松野富美代)……… 190
闘病の日に(松野富美代)…………… 191
生(なま)の教育(秋山うた)……… 192
細かい言葉遣い(秋山うた)………… 194
朝礼のとき(中島千鶴)……………… 195
恩師人見先生の思い出(金子春枝)… 196
或る日の授業(長谷川はつ)………… 199
独特の親心(長谷川はつ)…………… 201
貴重な想い出(飯田利子)…………… 202
消えぬ想い出(小林登喜子)………… 203
偉大なる校祖を称えて(牛田月乃)… 205
ほとばしり出る力(星山キヨ)……… 207
戦争と平和(近藤房子)……………… 208
啄木とわたしと(近藤房子)………… 209
運命を造るものは誰?(肥田和子)… 211
静かな祈りの時を(肥田和子)……… 212
恩師人見円吉先生に捧ぐ(肥田和子)…… 213
おはぎに想う(多田貞子)…………… 215
大きな掌(多田貞子)………………… 216
この不心得者!!(多田貞子)……… 217
飴(桑名ミヱ)………………………… 219
永遠なもの(桑名ミヱ)……………… 220
慈愛の先生(高橋千鶴)……………… 221
女よ 利口になれ(高橋千鶴)……… 223
きめ細やかな生活の道づくり(宇都至寿江)…… 224
与えることの御生涯(辻本美加子)… 225
馬鹿利巧の効用(上山いね子)……… 227
穴におちた先生(斎藤ミキ)………… 229
人見先生と「ものさし」(愛沢圭子)…… 231
人見先生の雷(片山住代)…………… 232
きびしさの裏にあるもの(岩井公枝)…… 233
赤不動様のような先生(菊田美寿米)…… 234
実家と母校(相馬康子)……………… 236
教生時代のお小言(相馬康子)……… 236
詩人と焼芋(相馬康子)……………… 237
人見先生語録(高田洋子)…………… 238
優しい掌(錦織わか子)……………… 241
いざなぎの命(大島寿満)…………… 243
叱られて(岡部ミキ)………………… 244
「国民道徳」の授業(岡部ミキ)…… 245
茶がゆ(佐藤多美子)………………… 246
与えて下さった檜舞台(佐藤多美子)…… 247
共学か女子大か(草間美佐子)……… 249
しまい風呂(熊野英子)……………… 250
黒い背広(熊野英子)………………… 251
女性の心配り(弘岡節)……………… 252
みだしなみ(高木照子)……………… 253
夜汽車の旅(大橋紀子)……………… 254
尽きぬご縁(市川夏葉子)…………… 257
ご自慢がはじまった(金光佐保子)… 259
恐ろしくて優しい人見先生(金光佐保子)…… 261
人見先生のお顔(井川嘉子)………… 262
三宿の連隊跡と私(大庭泰子)……… 264
橘寮の夏の日(丸山千里)…………… 265
わが父、人見先生(吉田清子)……… 267
三人がけの椅子(堤千代)…………… 269
仏様になられた東明先生(嶋田タケ)…… 271
真実の教育者(三吉節子)…………… 272
第二次世界大戦勃発の日(戸塚和子)
………………………………………… 273
雪見の遠足(戸塚和子)……………… 275
よかったね(河合さと子)…………… 276
思い出のおことば(伊勢春江)……… 278
転入生の記(中田静子)……………… 279
しとやかに(中田静子)……………… 280
土のついた里芋(長谷川米子)……… 281
人の一生(長谷川米子)……………… 283
家政科に無試験検定資格を(金井英)…… 285
家政科の悲願成就(田中幸恵)……… 286
伊勢参宮(安藤和子)………………… 290
伊勢神宮お礼参りの旅(林資子)…… 292
学院生活の断片(小池フミ子)……… 293
上高田から太子堂へ移転(小池フミ子)…… 295
パーマネントの事(等々力悦子)…… 296
学寮生活と実践(宮坂朔子)………… 298
冬期休暇を勤労奉仕に(宮坂朔子)… 299
陸軍戸山学校の想い出(宮坂朔子)… 300
数千人の母(宮坂朔子)……………… 301
印度人の入学(松村ヤヘ子)………… 302
教え子を背負われた先生(田中節子)…… 303
一通の手紙(田中節子)……………… 304
人見先生と万葉相聞歌(柴田久恵)… 305
パーマネント・ウェーブ(柴田久恵)…… 306
人見先生のスタイル(柴田久恵)…… 307
広く学べ(星野佐和子)……………… 309
落葉はき(田村悦子)………………… 310
美しく(田村悦子)…………………… 311
お惣菜(田村悦子)…………………… 312
新美術(田村悦子)…………………… 313
かきフライ(田村悦子)……………… 313
古書展(田村悦子)…………………… 314
おくつき(田村悦子)………………… 315
授業風景(岩田光子)………………… 315
人見先生と“並木路”(岩田光子)… 317
遺跡巡礼を終えて(牛丸綾子)……… 318
寮生活の思い出(山本一江)………… 319
卵の蒔絵(益子南美子)……………… 321
卒業の日(前野香苗)………………… 322
一枚の紙片、一本の古釘(佐藤和子)…… 323
防空壕掘り(井場千代子)…………… 325
教師となって(井場千代子)………… 327
ある日記(鈴木静子)………………… 328
忘れ難いお言葉(須藤英子)………… 331
夜明け(浦江下枝)…………………… 334
花の中で(浦江下枝)………………… 335
力づけられたことば(金沢幸子)…… 336
講義の中から(金沢幸子)…………… 337
学寮の思い出(金沢幸子)…………… 338
武者小路実篤先生の額(松本八千代)…… 339
愛のスルメ(川村テイ)……………… 341
日本女子高等学院に入学して(工藤智子)…… 342
朝礼(木村シズエ)…………………… 346
心の歌(木村シズエ)………………… 347
私の中の人見先生(志賀喜恵子)…… 348
詩の教え 師の教え(卯月磯子)…… 354
慈父のみこころ(渡辺朝)…………… 356
君たちはエリート(天野治子)……… 357
プライドをもて(天野治子)………… 358
君はドストエフスキーだ(天野治子)…… 358
学校屋の真価(天野治子)…………… 359
忘れ得ぬこと(伊東信子)…………… 360
夢を実現された詩人(伊東信子)…… 361
忠恕の心の持ち主(伊東信子)……… 362
最後のみ教え(伊東信子)…………… 364
この柱、切れ(高橋美乃)…………… 365
霙の運動場に立たされて(高橋美乃)…… 367
投げつけられた鉋くず(高橋美乃)… 368
思い出(吉田よ志子)………………… 369
忘れられぬ事ども(服部甲子)……… 371
グフン ペッと黒い服(小沼園美)… 372
二階まで届かないバケツの水(小沼園美)…… 374
笑顔(伊部喜美子)…………………… 375
勉強は社会に出てからも(鈴木愛子)…… 377
学問をすてるな(鈴木愛子)………… 379
人見先生とだめ生徒と(安西朝子)… 380
カルナックの夕(舟橋久子)………… 382
偉大なる慈父人見先生(阿部賀寿)… 383
夕映えの中の先生(川崎澄子)……… 385
修理はすぐに(坂口葉子)…………… 387
早く逃げろ! 逃げろっ!(郡山裕子)…… 388
人見先生の贈りもの(高木郁子)…… 390
終戦と人見先生(高木郁子)………… 391
母校の再建(高木郁子)……………… 393
親愛なる分身たち(志賀敬子)……… 394
思い出(志賀敬子)…………………… 397
焼土の中の先生(三宅温子)………… 398
正しい姿勢(小林美佐子)…………… 401
学徒動員のさ中で(小林美佐子)…… 402
好好爺(小林美佐子)………………… 403
山のあなたの空遠く(山本鳩世)…… 405
作業の中から(山本鳩世)…………… 406
「泣きそうな顔するな!!バカ!!」(中村邦子)…… 408
人間の生き方(林繁子)……………… 409
リヤカーを引く先生(林繁子)……… 411
上高田の思い出(柴山令子)………… 412
兵舎で送った学生時代(堀内みち子)…… 413
終戦直前の学校生活(武井悦子)…… 415
終戦前後(中村薫子)………………… 417
労働の人、人見先生(原口玲子)…… 419
先生と敬語(前川和江)……………… 420
仕事を大切に(山崎和子)…………… 421
梨とうどん(福田和子)……………… 423
偉大なる芸術(内藤美智子)………… 425
教育に徹した人見先生(石塚千恵子)…… 426
働く人見先生(石塚千恵子)………… 427
あの頃の仁王様(日下部和子)……… 429
旗竿の音(伊藤美里)………………… 430
朝礼・終礼の回想(尾見万利子)…… 432
親心(尾見万利子)…………………… 433
木犀の香り(小笠原恒)……………… 434
喜怒哀楽(田坂幸)…………………… 437
精神の土壌に(山田礼子)…………… 438
作業服の人見先生(横手サク)……… 439
図書購入にお供して(横手サク)…… 442
校門の並木路(安芸育子)…………… 442
道玄坂(安芸育子)…………………… 444
夫婦愛(安芸育子)…………………… 445
教育のビジョン(滝沢典子)………… 447
忘れえぬお言葉(滝沢典子)………… 449
月曜会のこと(滝沢典子)…………… 450
勤勉な努力家(滝沢典子)…………… 451
朝礼(大井敬子)……………………… 453
寮生活(大井敬子)…………………… 454
講和条約(鈴木美枝子)……………… 456
マッチ棒(鈴木美枝子)……………… 457
謙虚な先生(鈴木美枝子)…………… 458
先生の笑顔とうどん(若色真智子)… 460
嬉しかった先生のお一言(満尾絹子)…… 461
『朝まだき』の中に(満尾絹子)…… 462
ダンテが欲しいのか(満尾絹子)…… 463
小さな想い出(山名稲子)…………… 465
真の出会い(新田和歌子)…………… 467
私の人見先生(片山節子)…………… 469
一道の光(佐々木満子)……………… 470
ぬいぐるみの犬(佐々木満子)……… 472
詩人教育者(佐々木満子)…………… 473
雪の日の思い出(佐々木満子)……… 476
ほんとうに美しいものを(村上マサ)…… 477
感謝をこめて(横森光子)…………… 479
上を向いて歩こう(石井昶子)……… 480
校名の発芽(小木曽康子)…………… 481
巨木光葉の糧(小木曽康子)………… 483
身をもって語られた恩師(宇都たへを)…… 484
人見先生と腕を組んだノンポリ学生(池野カズミ)…… 486
『女大学』にちなんで(浮須婦紗)… 488
しみじみと憶う(浮須婦紗)………… 489
寮歌の出来た日に(川瀬泰子)……… 490
若者の胸に残ることども(宇都富士子)…… 492
「戦後の今こそ厳しく」と(益子和子)…… 494
心はいつも若く(益子和子)………… 495
先生の胸に どんな理想の女性像が(池田笑子)…… 496
心に宿る先生の真意(吉田淳子)…… 498
仕事に厳しい先生なのに(赤坂久子)…… 500
熱血の師(小林紗智子)……………… 501
巨木の教え(小林紗智子)…………… 503
寮生活の思い出(中西玲子)………… 504
日本のシュバイツァー(堀内歌子)… 505
講義「洗濯物の干し方」(堀内歌子)…… 506
文学座のハムレット(堀内歌子)…… 508
人見先生とオルガン(松永幸子)…… 509
最後の同窓会(松永幸子)…………… 510
洗濯機の渦の中にうつるもの(高橋トキ子)…… 512
夕焼けの空の下で(加藤操)………… 513
すばらしきその教育構想(加藤操)… 514
果てしない教育の道を(加藤操)…… 516
衣がえの季節(石井美恵子)………… 517
先生のお住まい(杉本邦子)………… 518
島村抱月と先生(杉本邦子)………… 520
古書展のこと(角田寿子)…………… 521
先生と叢書(角田寿子)……………… 523
美しい月の夜に(尾沢ふみ)………… 524
不正に目をつぶるな(尾沢ふみ)…… 525
人見先生との出会い(小倉成美子)… 526
手作りの実践教育(小倉成美子)…… 527
輝く目を(小倉成美子)……………… 529
一言の重み(福島タマ)……………… 530
初夏の一とき(安西美津子)………… 532
キスミー(中田敬子)………………… 533
おもかげ(飯田秀代)………………… 535
新人会(生馬しげ)…………………… 536
親子丼(生馬しげ)…………………… 537
朝礼の言葉(生馬しげ)……………… 539
女大学の授業(木嶋幹子)…………… 540
ある日ある時を偲んで(桜沢スミ子)…… 542
人見先生の夢(藤井文子)…………… 546
研究発表会の思い出(加藤澄子)…… 548
指導のテクニック(高須宗子)……… 550
専門学校から大学へ(永井千恵子)… 551
大学第一回生のころ(巳波瑠美)…… 555
紙背に徹する眼光を(日野伊久子)… 560
皇居清掃奉仕(中尾ゆう子)………… 562
面接の思い出(倉橋トキ)…………… 563
或る朝の出来事(中山みち子)……… 565
情操教育に心を(門脇斐子)………… 567
あたたかい手(平桜文子)…………… 568
慈愛と厳しさと(小池フミ)………… 570
人見円吉先生の思い出(山本三千子)…… 571
ある日の出会い(深津富貴子)……… 573
親友との引き合わせ(山本美登子)… 574
僕も仲間に入れてくれ(増田千代子)…… 575
卒論指導を受けて(増田千代子)…… 577
卒業論文口頭試問(石塚昭代)……… 581
昔日(横山小季)……………………… 583
パンの耳(横山小季)………………… 584
寮生の父として(山之内あい子)…… 585
白足袋と別珍の足袋(相川好江)…… 586
よい詩を沢山書いて下さい(越川英子)…… 587
一枚の写真(生駒純子)……………… 589
永遠の燈(松下登美子)……………… 591
人見先生、そのあたたかさ(佐藤文子)…… 592
巨大なるワンマン(中山昌)………… 597
兵士どもの夢の跡(中山昌)………… 598
不思議な先生「円ちゃん」(末広百合子)…… 600
笑顔と最中(贅田ひろ子)…………… 601
健やかな体に健やかな魂(新川紀子)…… 603
親心(新川紀子)……………………… 604
消え去った思いあがり(光森好子)… 605
たった一度の対話から(山口光代)… 606
神様はユーモアがお好き(大津節子)…… 608
神よ あなたは父だった(大津節子)…… 609
神様は教育者だった(大津節子)…… 611
姫様枕が――(相原恵佐子)………… 612
蝋燭の灯を(渡辺礼子)……………… 614
文学遺跡巡礼の思い出(渡辺礼子)… 615
人見先生をしのぶ(佐藤明美)……… 616
花の思い出(中田美佐子)…………… 618
消え去らぬお言葉(椎葉敬子)……… 619
すべての事を愛すべし(椎葉敬子)… 620
心に焼きついた言葉(鈴木文代)…… 621
校風の渕源(山田悦子)……………… 624
磨き屋の人見先生(楠サカエ)……… 626
三女子大バレーボール定期戦(中江訓子)…… 627
忘れもの(木村歌子)………………… 628
家族的な温かさ(長谷沼恵子)……… 630
人見先生の目(宮沢孝)……………… 631
卒業してからの勉強(宮沢孝)……… 632
もったいないよ(佐野麗子)………… 633
幸せそうな後ろ姿(伊藤睦子)……… 634
円吉先生とお風呂(嶌寄方子)……… 636
入学(増田和子)……………………… 637
カルナックの夕べ(増田和子)……… 638
永遠の人(増田和子)………………… 639
「寮の床板」論争(山下美代子)…… 640
努力の跡をひけらかすな(山下美代子)…… 642
十八年目の一言(山下美代子)……… 643
食堂への道(清水久子)……………… 645
プレゼント(清水久子)……………… 646
活きた卒業論文(田原チハヤ)……… 647
小さなのし袋(田原チハヤ)………… 649
あの大火の思い出とともに(森恭子)…… 650
まろやかな年賀状(森恭子)………… 651
大火の想い出(福元織)……………… 652
娘と父親(福元織)…………………… 653
誰がための巨躯(松田倫子)………… 655
身近な先生(熊川洋子)……………… 657
朗読教室の二本の柱(木田道子)…… 659
大きな御掌で(木田道子)…………… 661
近代文学研究の貢献者(木田道子)… 662
女子教育と規律(牧野忍)…………… 663
慈愛深き翼の下に(牧野忍)………… 665
“慈父”人見先生(大河原以子)…… 666
ある日曜日の出来事(河地徳子)…… 667
表現学から設計学へ(島田美恵子)… 670
社会人として拝眉した折に(島田美恵子)…… 671
印象(守神智子)……………………… 672
詩人教育者と讃美歌(長江絢子)…… 673
信念のワンマン(長江絢子)………… 674
身にしみたことども(岩橋里枝)…… 676
あの日、あのとき(赤松昭)………… 677
いきづいている「共鳴奉仕」(福田宏子)…… 679
温かな響き(佐成郁子)……………… 682
近代文庫の手すり(磯貝多恵子)…… 683
愛と理解と調和(品川和子)………… 686
元寮生として(佐藤綾子)…………… 687
恥ずかしいこと(天野寛子)………… 689
貴重な資料(相原由美子)…………… 690
黒いボールペン(柴瑳予子)………… 691
レポートのリボン(横山桜子)……… 693
卒論の指導(横山桜子)……………… 694
さようでございます(横山桜子)…… 695
叢書の指導(横山桜子)……………… 696
衣更えの時節に(山城節子)………… 698
無邪気だね(上山綾子)……………… 699
学ぶことへの飽くなき意欲(土屋幸枝)…… 700
野の花を咲かせるように(土屋幸枝)…… 702
学生への純愛(平井法)……………… 702
オーバーコートの思い出(林長子)… 704
特別製のミルク(山下逸子)………… 705
愛とは(山下逸子)…………………… 706
大きな石(翁蘇倩卿)………………… 707
知友の思い出……………………………… 713
父のことども(人見楠郎)…………… 715
おじいちゃま(中村東子)…………… 717
おじいちゃま(人見林子)…………… 721
人見円吉先生の思い出(河鰭実英)… 722
幻に描く人見東明(服部嘉香)……… 726
人見さんを偲ぶ(久松潜一)………… 736
追憶断片(本間久雄)………………… 738
「口語詩」と「気分詩」(矢野峰人)…… 746
人見先生と近代文庫(吉田精一)…… 750
人見先生哀悼(阿部宙之介)………… 755
詩心そのもの(石森延男)…………… 759
偉大なる詩人教育者(石田吉貞)…… 763
天にありては北斗星(横山青娥)…… 769
人見円吉先生を偲ぶ(原一郎)……… 778
回想人見先生(伊藤直臣)…………… 778
昭和四十九年二月七日(上山義雄)… 783
*あとがき………………………………… 790
[ 2011/03/14 23:23 ] 人見東明 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。