研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  日夏耿之介 >  『日夏耿之介全集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『日夏耿之介全集』全8巻

『日夏耿之介全集』全8巻(河出書房新社、1973.6~1978.6)



第1巻 詩集 1973.6.30
 
転身の頌……………………………………… 3
詩集転身の頌序…………………………… 5
再刻本の序…………………………………17
転身…………………………………………21
宗教………………………………………21
かかるとき我生く………………………23
Une Jouissance…………………………23
喜悦は神に………………………………25
非力は褻涜也……………………………26
快活なVILLA ……………………………27
双手は神の聖膝の上に…………………29
空気上層…………………………………30
海の市民…………………………………30
ある刹那に諷へる歌……………………33
白き雪の上の大反射……………………33
心を析け渙らすなかれ…………………35
黙祷…………………………………………36
黙祷………………………………………36
吐息せよ…………………………………37
ある宵の祈願の一齣……………………38
魂は音楽の上に…………………………39
心望………………………………………40
愛は照る日のごとし……………………41
怕しき夜の電光体………………………43
痴者をして………………………………44
死と愛と…………………………………44
晶光詩篇……………………………………46
(霄は悲しび)…………………………46
(地平は紫に暮れ)……………………46
(秋の日 黄にただれ墜ちて)………47
(こころの重錘落ちたり)……………47
(薄暮の街路 銀にひかり)…………47
(小さき鳩の叫びごゑ!)……………48
(たましひは夜の月にやどる)………48
(かぎりもなき悲哀を汲み収り)……48
(大気はあけぼのに酔ひて)…………49
(やはらかき双つの手 半霄をすべり来て)……49
(市民の跫音は恆にもの悲しくまろび)……49
(青く哭しめる)………………………50
AB INTRA……………………………………51
AB INTRA…………………………………51
汚点………………………………………52
塵…………………………………………53
青き隕石…………………………………53
白馬の歌…………………………………54
洞穴を穿て………………………………55
夜の思想…………………………………56
紅宵………………………………………57
王領のめざめ……………………………58
驕慢………………………………………60
夏落葉……………………………………61
少人に予ふる歌…………………………62
騒擾………………………………………63
雲…………………………………………64
真珠母の夢………………………………65
羞明…………………………………………67
悲哀………………………………………67
羞明………………………………………68
訪問………………………………………69
崖上沙門…………………………………70
無言礼拝…………………………………71
血…………………………………………73
嬉戯と横臥………………………………75
ある跪拝のときに………………………76
畏怖………………………………………76
軽舸の歌…………………………………78
心虚しき街頭の散策者…………………79
海光………………………………………80
災殃は日輪にかがやく…………………81
死あらむのみ……………………………82
花の中の死………………………………82
抒情即興…………………………………83
かげ………………………………………84
さかしき星………………………………85
闇の化怪…………………………………86
海底世界…………………………………87
憤怒………………………………………89
墜ちきたる女性…………………………90
野心ある咳………………………………91
寂寥………………………………………91
神領追憶記………………………………92
黒瞳………………………………………94
照る日の下に……………………………95
伶人の朝…………………………………96
青き神……………………………………97
漂泊………………………………………99
遊民序歌……………………………… 100
坂路に於ける感触…………………… 101
白き足………………………………… 102
うるはしき傀儡なれど……………… 103
翫賞…………………………………… 104
涙を喰ふ者…………………………… 105
火の寵人……………………………… 106
古風な月………………………………… 109
古風な月……………………………… 109
聖痕…………………………………… 111
園囿閑春……………………………… 112
悲劇役者の春の夜…………………… 113
伝説の朝……………………………… 114
痴情小曲……………………………… 115
神学教授……………………………… 117
哀憐……………………………………… 118
挨拶…………………………………… 118
春娃と万象…………………………… 119
愛の王者……………………………… 120
三鞭酒………………………………… 121
房星…………………………………… 122
金色のエロス………………………… 123
太陽は世界を牽く…………………… 126
黒衣聖母…………………………………… 129
詩集黒衣聖母の序……………………… 131
煉金秘義………………………………… 141
道士月夜の旅………………………… 141
蠱惑の人形…………………………… 145
青面美童……………………………… 149
悲哀…………………………………… 153
浴船…………………………………… 160
夜の誦………………………………… 169
旧約風の世界…………………………… 178
神前に在りて………………………… 178
尸解…………………………………… 180
黒色…………………………………… 182
心の一夜……………………………… 184
骨丘の鬼……………………………… 187
しかし笛の音はない夜の事………… 190
庚申宵宮……………………………… 192
虚空護摩壇…………………………… 194
黒衣聖母………………………………… 197
雲の上の聖母像……………………… 197
黒衣聖母……………………………… 200
生神母画像の前……………………… 202
殉情捨離……………………………… 205
賢こき風……………………………… 206
古賢石文……………………………… 208
翔空引………………………………… 209
箴言体………………………………… 210
痛悔の経………………………………… 212
灰の巒………………………………… 212
人生倦怠……………………………… 215
青き偶像……………………………… 216
儂が身の夜半………………………… 217
夏の午後……………………………… 218
薄暮の旅人…………………………… 220
儂を制作つた神さまよ……………… 222
儂は疑惑の幺微体…………………… 223
儂が病院……………………………… 225
疾む鳥………………………………… 227
枯坐…………………………………… 230
索迷…………………………………… 231
吐息するもの影……………………… 233
左道の末徒…………………………… 235
午後の心……………………………… 237
観想…………………………………… 239
入山…………………………………… 243
崇物教徒………………………………… 245
書斎に於ける詩人…………………… 245
懇ろなる神威………………………… 248
丘の上の忍黙………………………… 250
八月のミンストレル………………… 251
古ながらの鴬………………………… 253
上代伽藍……………………………… 255
稚狗…………………………………… 257
重要の夜……………………………… 259
 樹及子供…………………………… 260
日曜日………………………………… 261
地に蠢く公孫樹……………………… 263
炎……………………………………… 264
驛遞夫………………………………… 265
光おびただしき異族………………… 267
記憶の舌………………………………… 270
葬列…………………………………… 270
単音の神の言葉……………………… 273
安易…………………………………… 273
咳……………………………………… 274
古簡新声……………………………… 275
詩感…………………………………… 277
記憶の舌……………………………… 279
一夜…………………………………… 280
光塵…………………………………… 281
断橋…………………………………… 283
Imagination ………………………… 286
愁夜戯楽第七番……………………… 288
心の郷土………………………………… 289
久遠偶像……………………………… 289
黄眠帖……………………………………… 297
意匠……………………………………… 299
夜のこころ…………………………… 299
道人跪拝録…………………………… 304
夜闌経………………………………… 314
夜の法会……………………………… 318
月光愁夜……………………………… 324
山院秋晩図…………………………… 330
慾界…………………………………… 334
夜半…………………………………… 341
密房沙門……………………………… 343
閑情……………………………………… 350
一枚の黄色い紙の上に……………… 350
 かなるこの黄昏…………………… 352
 の樹………………………………… 355
非時代的古詩…………………………… 359
民主詩人を咏ず……………………… 359
東方腐儒の言葉……………………… 363
農園瞥景を吟ず……………………… 368
自動車を咏ず………………………… 370
古代盲僧経…………………………… 372
玉蟲…………………………………… 373
咒文………………………………………… 375
詩集咒文序……………………………… 377
咒文乃周囲……………………………… 379
薄志弱行ノ歌…………………………… 382
塵………………………………………… 386
蛮賓歌…………………………………… 391
咒文乃周囲自註………………………… 396
拾遺篇
たそがれの寝室…………………………… 399
洛陽遊民歌………………………………… 400
密会………………………………………… 402
光の音楽…………………………………… 402
落ちゆく人々……………………………… 403
痴人………………………………………… 404
篭城最後の夜に…………………………… 405
春宵秘戯…………………………………… 406
わが愛人…………………………………… 407
化粧………………………………………… 408
ひびき……………………………………… 408
写像………………………………………… 409
歩みゆく世界……………………………… 409
星辰讃美…………………………………… 410
ある夜の恋人等…………………………… 411
恋人等の散歩……………………………… 411
悲しき歌…………………………………… 411
鏡を持てる恋人…………………………… 412
聖性交……………………………………… 413
緑柱石ある金冠…………………………… 413
他界消息…………………………………… 414
新しき恋人に就て………………………… 414
紅き弾丸…………………………………… 415
日の晩祷…………………………………… 415
鈴…………………………………………… 416
こころの歌………………………………… 416
王の輦……………………………………… 417
黒き夜半の月……………………………… 418
人生れむ…………………………………… 418
街頭の人気なき昧爽……………………… 418
遍光………………………………………… 419
足長蜂……………………………………… 419
腐蝕する者………………………………… 420
囚人………………………………………… 421
思想………………………………………… 421
病春浴泉歌………………………………… 421
近代茶寮歌………………………………… 422
*初出及び校異…………………………… 425
*初出及び校異凡例……………………… 426
*校異付…………………………………… 573
*賢者の石………………………………… 573
*詩、詩人、文献………………………… 580
*創元社板詩集敍………………………… 585
*詩作品一覧……………………………… 586
*解題……………………………………… 597
 

第2巻 訳詩 翻訳 1977.6.27
 
英国神秘詩鈔………………………………… 3
小引………………………………………… 5
アマージン(無名氏)…………………… 7
生きながらに死す(ロバアト・サウスウェル)…… 7
父(ジョシュア・シルヱ゛スタ)……… 8
作者等最後に独逸に赴く時の基督頌(ジョン・ドン)…… 9
永遠(ロバアト・ヘリック)……………10
対話(ジョオジ・ハアバアト)…………10
復活祭の歌(ジョオジ・ハアバアト)…11
うた(リチャアド・クラショウ)………12
探索(ヘンリ・ボオン)…………………12
驚異(トマス・トレハアン)……………13
無辜の徴(ヰリアム・ブレイク)………15
虎(ヰリアム・ブレイク)………………15
疾める薔薇(ヰリアム・ブレイク)……16
稚き時を憶ひ出でて永生を識る頌(ヰリヤム・ウァヅウァス)……17
墻の罅隙の花(アレフレッド・テニスン)……22
サウル 第17章(ロバアト・ブラウニング)……22
サウル 第18章(ロバアト・ブラウニング)……24
幻想する人(エミリ・ブロンテ)………25
哀祈(アン・ブロンテ)…………………25
こゝろの美(ゲブリエル・チャールズ・ダンテ・ロゼッティ)……26
降来節(クリスティナ・ジョージナ・ロゼッティ)……26
臨終衰祈(フレデリック・ヰリヤム・ヘンリ・マイヤズ)……28
白き平和(ヰリヤム・シャアブ)………28
のぞみ(ヰリヤム・シャアブ)…………29
パンテア(オスカア・ワイルド)………29
天の猟狗(フランシス・トムスン)……34
龍動に於けるプラトーン(ライオネル・ジョニスン)……39
ふたつの樹(ヰリヤム・バトラア・イエエツ)……40
魔法(エイ・イイ)………………………41
隠者(エイ・イイ)………………………41
祈祷(エイ・イイ)………………………42
解題―英国神秘詩謠の鳥瞰景……………45
解説…………………………………………54
海表集…………………………………………59
訳詩海表集敍………………………………61
凡例…………………………………………63
〔今古詩〕…………………………………65
希臘古甌賦(ジョン・キイツ)………65
霊性美(ゲブリエル・ロゼッティ)…66
肉性美(ゲブリエル・ロゼッティ)…67
マグダラの瑪利亜さま(クリスティナ・ロゼッティ)……67
アッシシュ(アアサァ・シモンズ)…68
永貞童女生神母瑪利亜讃歌(セルヰン・イメイヂ)……69
うた(アアサァ・クロオスエイト)…69
夢御堂(ライオネル・ジョンスン)…70
夢幻時代(ライオネル・ジョンスン)……71
酒ほがひ(ヰリヤム・バトラァ・イエイツ)……71
睿智は時と偕に来る(ヰリヤム・バトラァ・イエイツ)……71
恋のあはれ(ヰリヤム・バトラァ・イエイツ)……72
落葉のうた(ヰリヤム・バトラァ・イエイツ)……72
皓禽歌(ヰリヤム・バトラァ・イエイツ)……72
アンダルシヤの月かげ(アアサァ・オウショネシ)……73
昔のなじみ顔(チャアルズ・ラム)…73
わが星(ロバァト・ブラウニング)…74
海表望郷歌(ロバァト・ブラウニング)……74
至高汎神教(アルフリッド・テニスン)……75
愛(サミュエル・テイラァ・コオリッヂ)……76
皐月の朝のうた(ジョン・ミルトン)……79
銘文(ダンテ・アリギェリ)…………79
批評家(リヒャルト・デェメル)……80
顔の上(マキシミリヤン・ダウンテンダイ)……80
疇昔の美姫の歌(フランソワ・ヰ゛ヨン)……80
レスボスの島乙女(サッポオ)………81
緑銀の月かげ(サッポオ)……………82
銀笛(サッポオ)………………………82
後園(サッポオ)………………………82
枸杞の樹(サッポオ)…………………82
美童(サッポオ)………………………83
金髪(サッポオ)………………………83
憂鉢羅の葉(サッポオ)………………83
愛の伊吹(サッポオ)…………………84
人の世をゆく(サッポオ)……………84
幸あるひと(サッポオ)………………84
死と恋と(サッポオ)…………………85
〔散文詩〕…………………………………86
水上白宵記(ルヰ・ベルトラン)……86
鐘樓輪舞(ルヰ・ベルトラン)………86
ドゥ・モンバゾン夫人(ルヰ・ベルトラン)……87
椰子樹(ポォル・クロオデル)………88
海のおもひ(ポォル・クロオデル)…89
榕樹(ポォル・クロオデル)…………90
鬱悒の水(ポォル・クロオデル)……91
三人童子の話(マルセル・シュオブ)……91
〔大鴉〕……………………………………94
大鴉(エドガァ・アラン・ポオ)……94
〔唐代詩〕…………………………………98
樹を種ゑてはいけない(李賀)………98
小夜の貴公子のうた(李賀)…………98
むかしむかし(李賀)…………………98
招隠(李賀)……………………………98
秋の夜にひとり坐して(王維)………99
山居(王維)……………………………99
なが雨(王維)…………………………99
寒食の日(王維)………………………99
秋のとのゐ(王維)………………… 100
嵩山にかへりて(王維)…………… 100
人にこたへて(王維)……………… 100
終南山別業(王維)………………… 100
渭川風物詩(王維)………………… 101
秋の夜(王維)……………………… 101
わかれ(王維)……………………… 101
人をおくる(王維)………………… 101
ポオ詩集…………………………………… 103
小引……………………………………… 105
凡例……………………………………… 106
陪蓮に餽るうた………………………… 107
えふ―エスえす、おう―でぃいにおくる…… 107
鈴鐸歌…………………………………… 107
ユウラリイの歌………………………… 110
イズラフェル…………………………… 111
アナベル・リイ………………………… 113
エフなにかしに似す…………………… 114
幽鬼宮…………………………………… 114
頌………………………………………… 116
く・れ・が・しに似す………………… 116
睡美人…………………………………… 117
幽谷不安………………………………… 118
捷利の屍蛆……………………………… 119
黄金郷…………………………………… 120
うきゆひのうた………………………… 121
海中都府………………………………… 122
沈黙小曲………………………………… 124
リノア…………………………………… 124
湖………………………………………… 125
夢幻境…………………………………… 126
夢の夢…………………………………… 127
アニイがため…………………………… 128
ヘレンにあたふ………………………… 131
ツァンテ島の曲………………………… 133
死霊……………………………………… 133
えむ・える・えすの君にまゐらす…… 134
羅馬渾円扮戯場………………………… 135
なにかしに寄す………………………… 136
夢………………………………………… 136
大鴉……………………………………… 137
ユウラリウム…………………………… 140
ポオ作詩発表年月表…………………… 145
しりへかき……………………………… 148
マンフレッド……………………………… 151
ワイルド全詩……………………………… 195
ワイルド全詩敍………………………… 197
ラヱ゛ンナ……………………………… 199
ラヱ゛ンナ…………………………… 200
詩集……………………………………… 211
嗟乎!………………………………… 212
〔自由女神〕…………………………… 213
自由に付へる小曲…………………… 213
女帝王福哉…………………………… 213
ミルトンに…………………………… 217
ルヰ・ナポレオン…………………… 218
小曲…………………………………… 218
転変多趣……………………………… 219
自由の聖餓…………………………… 219
理論体………………………………… 219
エロオスの花園………………………… 220
〔奇しき 瑰花〕……………………… 229
魂鎮めの祈り………………………… 229
伊太利亜に近づく歌………………… 230
歌聖ミニアト………………………… 230
聖寵満せ給ふ瑪利亜よ、御身に御礼を成し奉る…… 231
伊太利亜……………………………… 231
小曲…………………………………… 232
訪はざりし羅馬……………………… 232
聖久遠城……………………………… 234
小曲…………………………………… 235
復活祭………………………………… 235
復活祭前の歌………………………… 236
新生…………………………………… 236
わが聖母像…………………………… 237
新らしきヘレン……………………… 237
イティスの歌…………………………… 240
〔莵 〕………………………………… 251
朝の印象……………………………… 251
モウダリン ……………………… 251
不滅…………………………………… 253
恋慕夜曲……………………………… 255
エンデュミオォン…………………… 256
心の美女……………………………… 257
うた…………………………………… 259
ハルミデエス…………………………… 259
〔黄金の華〕…………………………… 281
印象…………………………………… 281
キイツの墓…………………………… 282
テオクリツス………………………… 282
黄金の室のなか……………………… 283
マルグリイトの唄…………………… 283
王女の愁ひ…………………………… 285
睿智愛………………………………… 286
聖デッカ……………………………… 287
幻想…………………………………… 287
航海の印象…………………………… 288
シェリイの墓………………………… 288
アルノ河のほとり…………………… 289
〔劇場の印象〕………………………… 290
フランクのファビヤン……………… 290
フェエルド…………………………… 290
ライシウム戯場にて作る…………… 291
カムマ………………………………… 292
パンテア………………………………… 292
〔第四楽章〕…………………………… 298
印象…………………………………… 298
ヱ゛ロォナにて……………………… 298
弁疏…………………………………… 299
われ多く愛せし故に………………… 300
緘黙愛………………………………… 301
きみの声……………………………… 301
わが声………………………………… 302
人生倦怠……………………………… 303
人性の歌……………………………… 303
愛の華………………………………… 317
集外詩篇………………………………… 321
春より冬へ…………………………… 322
悲しみをうたヘ! 悲しみをうたへ! されど善に栄えよ!…… 322
真知識………………………………… 323
忘れ草の葉…………………………… 323
単調時代……………………………… 325
印象…………………………………… 325
露台のもと…………………………… 326
娼家…………………………………… 327
トゥヰールリ宮苑…………………… 329
キイツが恋文競売に附せらる……… 329
新らしい悔恨………………………… 330
美飾の幻想…………………………… 330
小唄…………………………………… 332
花交響楽……………………………… 333
森林の中……………………………… 333
わが妻に……………………………… 334
『柘榴の家』の冊子にそへて……… 334
未刊の詩………………………………… 335
エル・エルに………………………… 336
訳詩……………………………………… 339
雲の乙女らの合唱…………………… 340
薤露…………………………………… 341
エスキロスがアガメムノンよりの断章…… 343
芸術家の夢…………………………… 345
スフィンクス…………………………… 349
スフィンクス………………………… 350
レディング牢獄の歌…………………… 361
レディング牢獄の歌………………… 362
散文詩…………………………………… 383
芸術家………………………………… 384
善を行ふ者…………………………… 384
使徒…………………………………… 385
主……………………………………… 386
審判の廷……………………………… 386
智慧の教師…………………………… 388
訳者註…………………………………… 393
解題……………………………………… 399
唐山感情集………………………………… 405
敍(黄眠酔人)………………………… 407
二十四女花品…………………………… 411
蘭 水際立つた女です……………… 411
水僊 すぐれた女です……………… 411
蓮 しとやかな女です……………… 412
梅 をんな仙人ぢや………………… 412
桃 はすはをんなさ………………… 412
杏 やしよ女だ……………………… 413
梨 いろじろ女だ…………………… 413
牡丹 金満の貴族の女である……… 413
菊 ものしづかな女です…………… 414
勺薬 ゆさんの女だ………………… 414
桂 学ある女です…………………… 414
薔薇 たをやかな女です…………… 415
夜合 あそび女さ…………………… 415
茉莉 ちつちやい女の子です……… 415
蝋梅 みさをある女です…………… 416
海棠 酔うた女だ…………………… 416
山茶 なまめく女だ………………… 416
 瑰 なさけ知る女です…………… 417
李 たにがはの女だ………………… 417
秋葵 風雅な女ぢや………………… 417
玉蘭 きよらかな女です…………… 418
芙蓉 わらふ女だ…………………… 418
楊花 まひひめだ…………………… 418
朱蓼 むらむすめだ………………… 419
わが庭こそわびしけれ………………… 419
尋め来れど……………………………… 420
かへり舟………………………………… 421
春のあけぼの…………………………… 421
酔花陰…………………………………… 422
武陵春…………………………………… 422
つひのわかれ…………………………… 423
劉十九に………………………………… 423
金縷衣…………………………………… 424
酒ほがひ………………………………… 424
盆荷……………………………………… 425
むかしの月……………………………… 426
銅駝かなしむ…………………………… 426
川の雪…………………………………… 427
その月かげ……………………………… 427
ちょんのまに…………………………… 427
いくひらひら…………………………… 428
さってもうつくし……………………… 428
花もちる………………………………… 428
からころと……………………………… 429
たたかひに……………………………… 429
たそや…………………………………… 429
をこなれや……………………………… 430
つやめき………………………………… 430
ねてゐると……………………………… 430
君とわかれて…………………………… 431
わがうた………………………………… 431
あきの月………………………………… 431
すずしさよ……………………………… 432
尋ねるは………………………………… 432
身はさむく……………………………… 432
春逝くと………………………………… 433
逝く春は………………………………… 434
わかれて春も…………………………… 434
夏けしき………………………………… 435
秋………………………………………… 435
ねやのはる……………………………… 435
ねやうた………………………………… 436
はつなつ………………………………… 436
旅の夕…………………………………… 437
スケッチ………………………………… 437
はるのこころ…………………………… 437
うたひめ………………………………… 438
おもへる………………………………… 438
うたげのむしろにて美人に…………… 439
大内うた………………………………… 439
辛未大とし晩…………………………… 439
さむい晩………………………………… 440
ねやのおもひ…………………………… 440
あきのおもひ…………………………… 441
春のくれ………………………………… 441
江南はすばらしい……………………… 441
ねやのうらみ…………………………… 442
ねやの夜………………………………… 442
つがひのつばめ………………………… 443
わかもの………………………………… 443
村げしき………………………………… 443
なしの花………………………………… 444
月の夜…………………………………… 444
ねやのあき……………………………… 445
江のみんなみ…………………………… 445
席上にて………………………………… 446
辺土の草………………………………… 446
秋の夜…………………………………… 446
ねやのおもひ…………………………… 447
春をおくる……………………………… 447
ねやのはる……………………………… 447
人をおくる……………………………… 448
ねやの秋………………………………… 448
雨きく夕………………………………… 449
春げしき………………………………… 449
旅けしき………………………………… 449
草………………………………………… 450
ねやのおもひ…………………………… 450
秋の夜の………………………………… 450
春をおくる……………………………… 451
みたまま………………………………… 451
ねやのおもひ…………………………… 451
はるのうらみ…………………………… 452
ねやの春………………………………… 452
句あつめ………………………………… 453
南郷……………………………………… 453
大内うた………………………………… 453
画に題して……………………………… 454
画に題して(異作)…………………… 454
月待ち…………………………………… 454
屋形船…………………………………… 455
大内うた………………………………… 455
春けしき………………………………… 456
風情……………………………………… 456
ねやのおもひ…………………………… 456
江南よけれ……………………………… 457
ねやのうらみ…………………………… 457
夜の思ひ………………………………… 457
琴を聴く………………………………… 458
花ちる里………………………………… 458
春さめ…………………………………… 459
谷間……………………………………… 460
竹と肉と………………………………… 460
草………………………………………… 460
題知らず 二首………………………… 461
月下独酌のうた………………………… 462
茉莉の歌………………………………… 463
暗香……………………………………… 464
疏影……………………………………… 465
鳳凰台に簫声を憶ひいで……………… 466
桃………………………………………… 467
春の夜…………………………………… 469
春のうらみ……………………………… 469
人の東遊を送る………………………… 470
子をしかつて…………………………… 471
むかしむかし…………………………… 471
くろがみ………………………………… 472
水龍吟…………………………………… 472
零葉集……………………………………… 475
客至る…………………………………… 477
旅の夜のおもひ………………………… 477
宿直の歌………………………………… 478
歳の暮れ南山にかへる………………… 478
山房の宴………………………………… 479
友人の別荘にて………………………… 479
馮著に逢つて…………………………… 480
全椒山中道士に寄す…………………… 480
陸羽を尋ねて遇はず…………………… 480
楊君に…………………………………… 481
旅宿……………………………………… 481
春のおもひ……………………………… 481
ねやのあき……………………………… 482
ねやの春………………………………… 482
訳詩拾遺篇
訳詩集拾遺
街上零雨(ポオル・ヱ゛ルレエヌ)…… 487
睿智(ポオル・ヱ゛ルレエヌ)………… 487
万法照応(シャルル・ボオドレエル)… 489
美神(シャルル・ボオドレエル)……… 489
煤はらひ(ウヰリアム・ブレイク)…… 490
花憂鉢羅(ツルゲーネフ)……………… 491
ふたりの天使(ツルゲーネフ)………… 492
麗はしく鮮かなりし花憂鉢羅(ツルゲーネフ)…… 493
モナ・リイザ(ウォルタア・ペイタア)…… 494
こころの声(トマス・ホレイ・チヴァス)…… 494
心まづ快楽を覓む(エミリ・ディキンスン)…… 495
生 八十九(エミリ・ディキンスン)… 495
生 二十一(エミリ・ディキンスン)… 495
時間と永劫と 七十四(エミリ・ディキンスン)…… 495
黒衣騎者(スティイヴン・クレエン)… 496
家蔵本唄(オウスティン・ドブスン)… 496
未収録
麗人ヘレナの歌(ダンテ・ロゼッテイ)…… 498
形と影とたましひ(陶靖節)…………… 501
七月(李賀)……………………………… 503
夢に李白を見る(杜甫)………………… 503
北青蘿(李商隠)………………………… 504
未発表
楽園のうちなる君に(エドガア・アラン・ポオ)…… 505
骸骨の手(エドガア・アラン・ポオ)… 506
魔法使(エドガア・アラン・ポオ)…… 508
陵敲台(李白)…………………………… 509
謝公の宅(李白)………………………… 509
夏日間坐(徐儀)………………………… 510

サロメ……………………………………… 511
サロメ…………………………………… 514
院曲撒羅米上演の際に註すべき国訳者の注意…… 543
解説……………………………………… 545
サロメ劇の位置………………………… 546
『サロメ』解題………………………… 548
アラビアンナイト 魔法の馬…………… 555
序………………………………………… 557
魔法の馬………………………………… 558
翻訳拾遺篇
単行本拾遺
椿説 嘛煦陀羅、聖尼瑪利亜伝………… 579
羅馬人事績………………………………… 582
未発表
アッシャア屋形崩るるの記(エドガア・アラン・ポオ)…… 590
「大鴉」初出及び決定訳
「大鴉」初出……………………………… 594
「大鴉」決定訳…………………………… 597
訳詩集前記・後記
東西古今集解説…………………………… 602
「名詩名訳」―後書……………………… 604
「イギリス抒情詩集」―後記…………… 605
「アメリカ抒情詩集」―阿米利加の詩に就て…… 606
「東西詩抄」―はしがき………………… 607
*訳詩作品一覧…………………………… 609
*訳詩集収録作品一覧…………………… 628
*解題(井村君江)……………………… 633
 

第3巻 明治大正詩史 1975.1.20
 
明治大正詩史………………………………… 1
明治大正詩史序…………………………… 3
増訂新刻本敍……………………………… 5
凡例…………………………………………11
緒論…………………………………………13
第1編 草創時代 …………………………17
第2編 浪曼運動 ……………………… 185
第3編 象徴詩潮 ……………………… 347
第4編 大正混沌詩壇 ………………… 573
第5編 大正摂政時代 ………………… 721
外編 明治大正旧詩型の展開と新詩との聯関…… 773
詩史巻後に……………………………… 861
*明治大正新詩書概表…………………… 863
*凡例……………………………………… 864
*新詩書概表補正………………………… 864
*補註(矢野峰人)……………………… 919
*解題(矢野峰人)……………………… 931
*索引……………………………………… 935
 

第4巻 日本文学 1976.6.30
 
古典文学……………………………………… 3
万葉の美学………………………………… 3
能の懸詞冠辞序詞縁語としぐさとの聯関に就て……29
近世文学………………………………………34
松岡青蘿の象徴句風………………………34
徳川恠異談の系譜…………………………75
怪談牡丹燈の源流…………………………94
上田秋成の煎茶………………………… 111
メロドラマの芸術性に就て…………… 119
明治浪曼文学史…………………………… 133
浪曼文学の序説………………………… 133
詩―浪曼派初期………………………… 151
詩―浪曼派中期………………………… 166
詩―浪曼派後期………………………… 192
歌―明星派運動………………………… 230
散文形式の浪曼主義…………………… 242
明治浪曼派の結末……………………… 304
明治文学襍考……………………………… 309
明治煽情文芸概論……………………… 309
家庭文学の変遷及価値………………… 347
三代の象徴詩風………………………… 379
日本芸術学の話…………………………… 411
日本芸術学の話………………………… 411
*収録作品一覧…………………………… 485
*解題(窪田般弥)……………………… 487
 

第5巻 作家論 1973.9.30
 
森鴎外
鴎外その日本的造立………………………… 3
鴎外の日本的思想型態………………………15
永遠の雅文小説………………………………28
青年心理の探求………………………………38
煩悩の厳色……………………………………48
様式及び表現美………………………………56
翻訳文学の師子座……………………………64
鴎外の詩………………………………………69
鴎外創作力の発展と終局……………………78
師承の系譜………………………………… 119
夏目漱石
漱石の小説………………………………… 134
カラマアゾフ兄弟と漱石………………… 148
泉鏡花
名人鏡花芸………………………………… 153
『高野聖』の比較文学的考察…………… 177
幸田露伴
露伴文学襍説……………………………… 209
露伴の学問………………………………… 221
露伴の名人もの…………………………… 245
三人浦島…………………………………… 255
島崎藤村
告白文学としての『新生』……………… 257
「旧主人」に就て………………………… 272
高山樗牛
詩評家としての高山樗牛………………… 276
樋口一葉
一葉の日誌文学…………………………… 295
与謝野晶子
『みだれ髪』の空想的感覚……………… 301
上田敏
上田敏の訳詩に就て……………………… 313
海潮音以後の上田敏氏…………………… 321
芥川龍之介
芥川王朝文学の出生……………………… 323
芥川の遺書文学について………………… 334
歯車読後…………………………………… 348
堀口大学
堀口大学の芸術…………………………… 350
斎藤茂吉
斎藤茂吉君の歌…………………………… 356
永井荷風
永井荷風の芸術…………………………… 360
永井荷風とその時代……………………… 375
荷風の私窩子文学………………………… 401
永井荷風の思想的立場を論ず…………… 410
好色の在り方……………………………… 412
谷崎潤一郎
谷崎文学の民族的性格…………………… 416
荷風の影響と谷崎文学の出発と………… 430
『春琴抄』とその対蹠文学と…………… 448
『細雪』上巻細評………………………… 453
『細雪』中巻細評………………………… 466
『細雪』下巻細評………………………… 477
*収録作品一覧…………………………… 483
*解題(井村君江)……………………… 487
 

第6巻 美の司祭 1975.6.30
 
美の司祭……………………………………… 1
美の司祭敍………………………………… 3
凡例………………………………………… 7
緒説………………………………………… 9
第1章 浪曼的懈怠の心理 ………………17
第2章 自然詩の客観性の問題 …………67
第3章 古陶詩の輓近性 ……………… 139
第4章 神話詩の現実的迫力 ………… 233
第5章 英吉利鬱悒詩情の究竟頂 …… 291
第6章 夜鴬に因る快苦感の誕生 …… 355
第7章 オウド展開史上キイツィヤン・オウドの位相…… 439
結語……………………………………… 450
ジョン・キイツ年譜…………………… 455
*解題(井村君江)……………………… 475
*索引……………………………………… 477
 

第7巻 外国文学 1974.2.28
 
文学思潮・詩論
英吉利浪曼文学概見………………………… 3
デ・マアルの浪曼語義沿革考………………11
英吉利浪曼主義文献小志……………………22
英吉利象徴文学概説…………………………29
ゴシシズム及びゴシック・ロマンス解……48
近英デカダンスの小衆文学…………………50
詩歌の形態学…………………………………57
作家・作品論
『疾める薔薇』に就て………………………69
『マンフリッド』に於ける『ファウスト』……75
『西風賦』の詩想技巧及位相………………92
『閃光』に於ける輪廻思想に就て……… 147
『天上獵狗』の研究……………………… 159
偶成と推敲とその錯綜詩………………… 182
信天翁と大鴉と鳩………………………… 208
イエイツ伝覚書…………………………… 212
ラフカディオ・ヘルンの沙翁論………… 218
ポオ論……………………………… 227
アラン・ポオ小伝………………………… 227
ポオ伝覚書………………………………… 230
ポオの青春時代…………………………… 235
大鴉縁起攷………………………………… 298
大鴉攷余説………………………………… 328
洛陽之酒徒ポオ…………………………… 333
外国文学と日本文学
三代文学欧化の跡………………………… 341
沙翁国訳二題……………………………… 351
本邦に於けるバイロン熱………………… 355
本邦に於けるロゼッティ………………… 361
明治文学に於ける伊太利亜……………… 365
明治文学に於けるゲエテ………………… 373
ヴヰクトオリヤ文学輸入閑話…………… 384
紀季文学輸入閑話………………………… 388
神秘文学論
全神秘思想の鳥瞰景……………………… 393
フランシス・グリーアスン……………… 400
近代神秘詩と詩人エイ・イーの位相…… 403
恠異ぶくろ………………………………… 412
吸血鬼譚…………………………………… 425
焚書考……………………………………… 435
楚囚文学考………………………………… 454
*収録作品一覧…………………………… 481
*解題(関川左木夫)…………………… 483
 

第8巻 随筆 創作 1978.6.30
 
随筆
落日を漁る少年……………………………… 5
私の中学時代…………………………………12
火戯記…………………………………………16
私の受けてきた教育…………………………19
亡父を祭る文…………………………………29
母を偲ぶの記…………………………………31
飯田之記………………………………………37
飯田かたぎ……………………………………40
仲之町随筆……………………………………59
ほととぎすを聴くの記………………………62
白山御殿町……………………………………65
養神亭の浴室…………………………………74
湯ヶ島記………………………………………77
岐蘇の旅………………………………………80
病窓雑誌………………………………………83
鵠沼之記………………………………………86
印矩巷談………………………………………88
水鶏の宿………………………………………91
馬琴の手紙……………………………………93
美しき書籍の話………………………………96
限定本のおもひ出……………………………99
稀本ばなし………………………………… 103
春・季感・女詩人………………………… 105
秋の抒情詩………………………………… 109
俳話詩語…………………………………… 114
紅葉が句の「拵へ」……………………… 123
漱石余裕俳諧……………………………… 132
荷風俳諧の粋……………………………… 140
黄眠草堂随録……………………………… 146
月世界の男………………………………… 153
秋香記……………………………………… 157
文房之記…………………………………… 159
新拾古玩記………………………………… 164
二蓬………………………………………… 167
羅山………………………………………… 168
蘭菊………………………………………… 171
学問的寄与………………………………… 173
学問恋愛モラルその他…………………… 177
鴎外先生の墓に詣づるの記……………… 190
俊髦亡ぶ…………………………………… 192
我鬼窟主人の死…………………………… 197
吉江喬松博士と自分……………………… 204
吉江先生の臨終…………………………… 211
怒る徳冨蘆花……………………………… 214
当流の艶隠者……………………………… 217
センスのある人…………………………… 221
与謝野晶子さんが逝かれた……………… 223
杢太郎情調………………………………… 229
詩集「沙金」……………………………… 233
『愛の詩集』……………………………… 236
三人の少年詩人…………………………… 239
炉辺子の墓に詣るの記…………………… 255
仮面に集つた人々………………………… 258
回想の象徴詩派…………………………… 262
長谷川潔…………………………………… 271
鉄斎学人…………………………………… 274
菱田春草に就て…………………………… 276
日録
病間日記…………………………………… 283
さ月日記…………………………………… 285
朱夏日記…………………………………… 288
香母亭日記………………………………… 290
山荘記……………………………………… 295
山荘日記…………………………………… 299
聴雪廬日記………………………………… 309
聴雪廬日記鈔……………………………… 313
栗里亭記…………………………………… 317
お城下日記………………………………… 320
秋霖日記…………………………………… 322
林を出づるの記…………………………… 326
凝花村舎記………………………………… 328
雪後庵援筆………………………………… 331
文永寺……………………………………… 335
ふづき風流………………………………… 338
市民日記…………………………………… 340
読書日記…………………………………… 343
榴花深処日録……………………………… 346
対話
神経文学遊談……………………………… 357
詩榻茶談…………………………………… 361
小品
源氏伝授…………………………………… 371
古神像……………………………………… 375
魔界頽るるの記…………………………… 378
呉竹さう紙………………………………… 383
戯曲
美の遍路…………………………………… 387
小説
竹枝町巷談………………………………… 403
短歌
病艸子……………………………………… 497
文人画風…………………………………… 505
俳句・俳文
婆羅門俳諧………………………………… 529
我句独註…………………………………… 539
俳諧自我註………………………………… 546
*収録作品一覧…………………………… 549
*解題(松下英麿)……………………… 555
*日夏耿之介著作目録…………………… 557
*日夏耿之介年譜井村君江〔編〕……… 631
[ 2011/03/14 23:23 ] 日夏耿之介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。