研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  平出修 >  『平出修集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『平出修集』全3巻

『平出修集』全3巻(春秋社、1965.6~1981.7)



正 1965.6.15
 
『定本平出修集』刊行に当たって……… 1
凡例
新派和歌評論………………………………… 1
短歌………………………………………61
評論
『迦具土』を読む……………………………77
古調派の謂ゆる革新…………………………82
叙景詩とは何ぞや―歌集『叙景詩』を読む……85
〈余材〉欄に…………………………………91
謂ゆる「嫌味」とは何ぞ……………………93
翻訳権の制限…………………………………96
反道徳主義の文学の価値……………………99
三十六年の明星紙上に於る短歌………… 101
所謂戦争文学を排す……………………… 103
「詩歌の骨髄」とは何ぞや……………… 106
昨年の文芸界……………………………… 115
新刊雑誌の評論…………………………… 119
与幸田露伴氏書…………………………… 122
登美子と雅子―『恋衣』を読みて……… 125
剣南氏の国民文学論……………………… 130
無用の争なるか…………………………… 132
佐佐木信綱氏の答弁……………………… 133
詩人の責任………………………………… 134
韻文と技巧………………………………… 135
女優の養成………………………………… 136
競技製作の歌……………………………… 137
田山花袋氏の『蒲団』…………………… 143
所謂自然主義派の態度…………………… 145
短歌界消息………………………………… 148
吉井君の歌………………………………… 156
発売禁止論………………………………… 168
『空穂歌集』を手にして………………… 176
紹介(抄)………………………………… 177
ルッソオの懺悔録………………………… 177
事務室より………………………………… 179
現代の批評家……………………………… 181
伯林にある平野君へ……………………… 183
紹介………………………………………… 185
『旅愁』の作者に………………………… 188
硬生活と軟生活―島村抱月氏の態度を疑ふ―…… 192
自我の確立と実生活……………………… 194
平塚明子の共同生活を評す……………… 196
小説
二黒の巳…………………………………… 209
公判………………………………………… 226
絶交………………………………………… 237
瘢痕………………………………………… 248
夜烏………………………………………… 269
大逆事件
畜生道……………………………………… 287
計画………………………………………… 293
逆徒………………………………………… 307
大逆事件意見書…………………………… 327
断片六編(雑記帳から)………………… 344
幸徳事件弁論手控……………………… 344
遭逢と別離と…………………………… 347
常識裁判………………………………… 348
文芸対道徳……………………………… 349
思想圧抑の時代………………………… 351
生と生活………………………………… 352
無政府主義の誤謬………………………… 352
近代思潮小観……………………………… 364
思想発表の自由を論ず…………………… 368
発売禁止に就て…………………………… 375
ある不敬事件の弁護……………………… 383
〔資料〕獄中書翰・手記抄……………… 388
幸徳秋水………………………………… 388
管野須賀子(三通)…………………… 389
岡林寅松(二通)……………………… 391
大石誠之助……………………………… 392
新村忠雄………………………………… 393
管野すが子……………………………… 394
成石平四郎……………………………… 394
新村善兵衛……………………………… 395
新村忠雄………………………………… 396
*付録……………………………………… 397
平出修年譜…………………………… 399
平出修作品目録……………………… 405
平出修主要参考文献目録(付、大逆事件文献目録抄)…… 420
平出修・人と作品(古川清彦)…… 425
大逆事件をめぐって(平出禾)…… 438
あとがき……………………………… 443
*索引(1~8)……………………………… 1
 

続 1969.6.1
 
『定本平出修集〈続〉』刊行に当たって…… 1
凡例
法律上の結婚………………………………… 1
序(岸本辰雄,山根正次) ……………… 3
緒言………………………………………… 5
第1章 婚姻の意義 ……………………… 7
第2章 婚姻の種類 ……………………… 9
第3章 婚姻の成立 ………………………12
第4章 婚姻の効力 ………………………25
第5章 離婚 ………………………………42
短歌
短歌……………………………………………61
短歌添削……………………………………62
小説
未定稿…………………………………………69
静岡ゆき………………………………………80
長者町…………………………………………92
塩ばな……………………………………… 102
小半日……………………………………… 116
中の島より………………………………… 123
仮題〔あさ子〕…………………………… 128
仮題〔文身〕……………………………… 134
仮題〔小枝子〕…………………………… 137
草市の夜…………………………………… 139
未亡人……………………………………… 150
金策………………………………………… 164
杓子山……………………………………… 179
金持の心配………………………………… 192
選挙運動…………………………………… 204
評論I
「明星」5号までの和歌 ………………… 213
「明星」にあらはれたる恋歌…………… 213
「明星」12号の短歌……………………… 216
「明星」第13号略評……………………… 216
光明小説…………………………………… 218
光明小説(再び)………………………… 220
平凡文学を排す…………………………… 221
長詩「源九郎義経」……………………… 223
「籔椿」を読む…………………………… 228
人工的善美一致論………………………… 230
短歌互評…………………………………… 230
「武射止野」(三の巻)編輯記………… 231
四月の短歌………………………………… 231
余材………………………………………… 235
叙事長詩「源九郎義経」合評…………… 236
趣味の実用………………………………… 244
最近の短歌………………………………… 247
二月の評論………………………………… 254
詩集『悲恋悲歌』其他…………………… 259
「帝国文学記者」足下…………………… 266
俳優の人格………………………………… 269
新聞記者の無識…………………………… 271
韻文と技巧(再び)……………………… 274
物知らぬ人………………………………… 275
吾人の努力………………………………… 277
修養と文芸………………………………… 278
くさぐさ…………………………………… 279
旧臘の新聞雑誌…………………………… 281
蒲鞭―金子薫園の歌集『伶人』を笑ふ… 283
文芸彙報…………………………………… 377
藤岡博士の「国文学の特性」に就きて… 381
孰れか謬れる……………………………… 382
官設美術展覧会…………………………… 382
消息〔1〕 ………………………………… 383
社告………………………………………… 383
名古屋より………………………………… 384
文壇結党論………………………………… 385
紹介〔1〕 ………………………………… 387
紹介〔2〕 ………………………………… 388
事務室より………………………………… 389
編輯室より………………………………… 391
紹介〔3〕 ………………………………… 391
紹介〔4〕 ………………………………… 392
紹介〔5〕 ………………………………… 394
紹介〔6〕 ………………………………… 396
消息〔2〕 ………………………………… 397
黄蝋の灯の花……………………………… 398
病床より…………………………………… 401
新派和歌私見(一節)…………………… 404
短歌界消息………………………………… 407
新刊紹介…………………………………… 408
『畜生道』・自薦………………………… 408
評論II
法界漫言…………………………………… 411
嘲罵の範囲………………………………… 412
選挙と刑事法……………………………… 414
取締役の辞任―重役会議の権限に就て… 416
七博士の行動を難ず……………………… 418
船舶所有者がなす委付に就て…………… 421
文芸の取締に就いて……………………… 423
我子の前途に就ての疑問………………… 426
南北朝正閏論私見………………………… 428
クロポトキン著『法律と強権』を評す… 432
土下座……………………………………… 444
マグダ興行禁止問題……………………… 446
自由法説に就て…………………………… 449
弁護士は社会改良の首唱者たるべし…… 452
刑事略式手続法を論ず…………………… 454
司法制度の情弊に就いて………………… 458
家庭よりの通信…………………………… 459
大逆事件
大逆事件特別法廷覚書…………………… 465
第1 松室検事総長公訴事実の陳述…… 465
第2 公判審理(その1) ……………… 468
第3 公判審理(その2) ……………… 478
第4 平沼検事論告……………………… 484
第5 弁護士の弁論……………………… 489
附 予審調書抄 メモ 手帖走り書き…… 490
〔資料〕…………………………………… 495
書翰……………………………………… 495
崎久保静江(二通)………………… 495
沖野岩三郎…………………………… 497
諸費支払帳……………………………… 499
書翰……………………………………… 502
崎久保誓一…………………………… 502
高木顕明……………………………… 503
大石誠之助…………………………… 503
書翰
平出修(発)書翰………………………… 507
高橋 太郎宛(二通)………………… 507
平出いし子宛(三通)………………… 510
石川啄木宛……………………………… 510
平出禾宛(六通)……………………… 511
森鴎外宛(五通)……………………… 511
管野すが子宛…………………………… 515
平出いし子宛…………………………… 516
北原白秋宛……………………………… 517
平出修(宛)書翰………………………… 518
高村光太郎……………………………… 518
上田敏…………………………………… 518
茅野蕭々………………………………… 518
石川啄木………………………………… 521
与謝野晶子(三通)…………………… 523
与謝野寛(七通)……………………… 525
小宮豊隆………………………………… 531
相馬御風………………………………… 533
終焉前後
終焉日誌…………………………………… 543
見舞書翰…………………………………… 545
与謝野寛………………………………… 545
上田敏…………………………………… 545
長田幹彦………………………………… 545
久保田万太郎…………………………… 546
生方敏郎………………………………… 546
江南文三・秋子………………………… 547
弔問書翰…………………………………… 548
江南文三・秋子………………………… 548
高浜清…………………………………… 548
大杉栄…………………………………… 549
上山草人・山川浦路…………………… 549
賀古鶴所………………………………… 550
茅野蕭々・雅子………………………… 550
原田鎗三・琴子………………………… 551
長田幹彦………………………………… 551
与謝野晶子……………………………… 552
平野万里………………………………… 552
中川十全………………………………… 553
弔詞………………………………………… 553
名川侃市………………………………… 553
竹内平吉………………………………… 554
相馬御風………………………………… 554
日本弁護士協会………………………… 555
弔詩歌……………………………………… 555
追悼録……………………………………… 557
平出修君の遺業(阿部次郎)………… 557
故平出修君を追懐す(木下杢太郎)… 561
平出修君を悼む(生方敏郎)………… 563
故平出修君の遺稿の後に(与謝野寛)…… 568
平出修氏の夢(与謝野晶子)………… 569
*付録
平出修著作総目録…………………… 575
平出修年譜―補遺…………………… 584
平出修参考文献目録―追補………… 586
図書目録……………………………… 588
父・平出修のこと(平出彬)……… 593
あとがき……………………………… 607
*索引(1~11) …………………………… 1
 

第3巻 1981.7.30
 
凡例
I 作品篇
短歌…………………………………… 3
評論I
伊勢物語評話(2) ………………………… 4
鬼面録………………………………………… 8
『つゆ草』を読む……………………………12
歌壇漫言(1) ………………………………15
大同団結………………………………………16
新派和歌とは何ぞ……………………………16
絶対主義………………………………………23
歌界漫言………………………………………24
二題言…………………………………………25
『夕潮』の作者に寄す………………………27
反自然主義大同団結問題メモ………………28
文芸院の設立を望む…………………………29
今日の小説について…………………………31
評論II
動産ニ関スル完全ナル権利ノ取得ハ占有ノ効力ナル乎……33
法律上の婚姻…………………………………34
民法百二十二条ノ解釈………………………39
公益法人の総会………………………………41
一ヶ月を下らざる期間内の意義……………45
法曹の片影……………………………………47
生活の方針……………………………………48
司法権独立の新意義…………………………51
裁判と常識……………………………………52
思想の自由討究………………………………57
博士辞退論……………………………………59
今風の家庭と婦人の機転……………………62
(追補)出版月評……………………………64
書翰
児玉鴻一郎宛…………………………………68
二百号記念催能について……………………69
大国民社宛……………………………………71
万造寺斉宛……………………………………72
II 資料篇(修をめぐって)
同時代評
余材(抄)(与謝野鉄幹)…………………75
「短歌研究」(抄)(アララギ同人)……75
〈慨嘆すべき歌壇〉(抄)(伊藤左千夫)……77
所謂スバル派の歌を評す(抄)(若山牧水)……78
彼の一巻、この一巻(抄)(牧水)………78
八月の小説評(抄)(太田水穂)…………79
気紛れ日記(抄)(内田魯庵)……………79
『畜生道』(相馬御風)……………………80
『畜生道』を読む(長谷川涛涯)…………81
『畜生道』(荒畑寒村)……………………86
再び「硬軟生活」に就て(島村抱月)……86
新刊批評(平出修遺稿)……………………89
平出修氏を懐ふ(豊岡美代坪)……………90
稚言痴語(荒川義英)………………………92
交友録
短歌 平出修氏に(寛)……………………95
千葉紀行(抄)(与謝野晶子)……………95
明るみへ(抄)(晶子)……………………96
明るみへ(補遺)(抄)(晶子)…………98
書翰(晶子)…………………………………98
礼儀小言(抄)(森鴎外)……………… 102
日記(抄)(鴎外)……………………… 102
日記(抄)明治35―40年(石川啄木)… 104
日記(抄)明治41―43年(啄木)……… 105
日記(抄)明治44年―(啄木)………… 110
書翰(抄)(啄木)……………………… 112
詩 古びたる鞄をあけて(啄木)……… 113
詩 瀕死の人に与ふ(高村光太郎)…… 114
大逆事件
大逆事件を憶ふ(抄)(鵜沢総明)…… 116
EDITOR'S NOTES(抄)(啄木)………… 116
書いても差支なさそうな事(抄)(江南文三)…… 117
反自然主義会合
日記(抄)(志賀直哉)………………… 119
白樺派とその時代(抄)高見順,直哉〔対談〕…… 119
或る男(抄)(武者小路実篤)………… 121
反自然主義の会合(抄)(実篤)……… 123
青春回顧(抄)(里見 )……………… 124
回想
刻苦勉励(一松定吉)…………………… 126
「スバル」の盛衰とその功績(茅野蕭々)…… 128
私の履歴書(吉井勇)…………………… 130
平出修と石川啄木(土岐善麿)………… 131
与謝野寛大人(抄)(斎藤茂吉)……… 135
師恩の記(抄)(堀口大学)…………… 136
書翰(生方敏郎)………………………… 137
「新思潮」創刊前後のこと(抄)(谷崎潤一郎)…… 139
『戦争と平和』の翻訳と平出修君(馬場孤蝶)…… 139
書翰(抄)(夏目金之助)……………… 140
遺族文集
“嬢や”(平出ライ)…………………… 141
父修(平出ひさ子)……………………… 144
想い出(児玉イシ)……………………… 147
生家と叔父修のことなど(玉井けふ)… 152
お馬出の記憶(浅香さく)……………… 160
平出の家(高田)の変遷(樋口清)…… 161
鴎外先生と修と(平出禾)……………… 161
白い風呂敷包み(平出彬)……………… 165
終焉前後資料
当時の新聞より…………………………… 171
“ゆく雲”(抄)(小沢嘉一)………… 172
故平出修追悼晩餐会出席諸君自署……… 173
III 研究篇
研究
平出修と幸徳秋水(岩城之徳)………… 177
大逆事件と平出修(神崎清)…………… 180
平出修のこと(中野菊夫)……………… 182
平出修(『日本文壇史』より)(瀬沼茂樹)…… 189
「明星」「スバル」と歌人平出修(新間進一)…… 196
平出修の短歌(大塚雅彦)……………… 203
平出修の評論活動(古川清彦)………… 213
明治法律学校と平出修(八角真)……… 224
関西文壇と平出修(明石利代)………… 233
平出修の文学と深層風景(志村士郎)… 243
平出修と農民小説(市村玖一)………… 254
平出修随想(児玉甲七)………………… 256
解説―「逆徒」(吉田健一)…………… 258
平出修の法律論について(平出禾)…… 259
サンフランシスコからの手紙(平出彬)…… 267
書評
思想家としての平出修(伊豆公夫)…… 270
『定本平出修集』(杉浦明平)………… 284
平出修雑記(森長英三郎)……………… 289
「定本・平出修集」(小田切秀雄)…… 293
大逆事件の弁論に活躍(戒能通孝)…… 300
時代に先んじて(落合京太郎)………… 302
今日の問題・平出修(朝日新聞)……… 308
再評価される平出修(産経新聞)……… 309
『定本・平出修集』(毎日新聞)……… 310
合評
修短歌選(平出修研究会有志)………… 312
修の小説(第1・2回)(平出修研究会)…… 331
参考・小説評一覧……………………… 352
修の文芸評論(第1~3回)(平出修研究会)…… 356
建碑経過
ふるさとに建てた修の“いしぶみ”二基(児玉甲七)…… 383
*付録
平出修略年譜………………………… 391
『平出修研究』目次一覧…………… 412
平出修主要参考文献………………… 425
大逆事件関係文献目録抄…………… 431
関係地図と見取図…………………… 433
あとがき……………………………… 437
*索引(1~3)……………………………… 1
[ 2011/03/14 23:31 ] 平出修 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。