研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  平野謙 >  『平野謙全集』全13巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『平野謙全集』全13巻

『平野謙全集』全13巻(新潮社、1974.11~1975.12)



第1巻 1975.1.25
 
プティ・ブルジョア・インテリゲンツィアの道……11
プティ・ブルジョア・インテリゲンツィアの道……12
断想・有島武郎……………………………25
中野重治に関する覚え書…………………29
島木健作の評価について…………………39
久板栄二郎『断層』の性格………………44
知識人の文学…………………………………57
自然主義的人間観…………………………58
人間修業と文学修業………………………61
車善六と得能五郎…………………………67
自己革新について…………………………71
作家の個性…………………………………80
リアリズムの頽廃…………………………85
『虐げられし人々』覚え書………………88
世代の喪失…………………………………94
知識人の文学………………………………97
私小説の問題…………………………… 102
散文芸術論の一齣……………………… 109
政治と文学……………………………… 115
文学者的思考について………………… 121
文壇の表情……………………………… 129
作家論の性格…………………………… 131
婦人のための時評……………………… 136
犠牲の手柄…………………………… 136
新人について………………………… 137
女流作家について…………………… 139
再び女流作家について……………… 141
私小説の問題………………………… 142
文学と生活…………………………… 145
作品評………………………………… 146
時局と芸術…………………………… 149
回顧と展望…………………………… 150
『夕焼』の作者……………………… 152
二人の女流作家……………………… 154
最近の小説……………………………… 157
長篇小説時評…………………………… 161
随筆文学について……………………… 167
戦争と文学……………………………… 171
専門家とディレッタント……………… 174
文学の近代性…………………………… 176
遺著ふたつ……………………………… 179
女房的文学論……………………………… 181
ひとつの反措定………………………… 182
基準の確立……………………………… 186
政治と文学(1) ……………………… 189
否定の肯定……………………………… 194
ふたりの作家…………………………… 196
戯作者文学……………………………… 201
客観的現実とはなにか………………… 204
政治と文学(2) ……………………… 208
「政治の優位性」とはなにか………… 216
民主主義文学の問題…………………… 226
インテリはインテリゲンツィアに非ず…… 230
女房的文学論…………………………… 232
社会革命と人間革命…………………… 243
現代文学鳥瞰…………………………… 247
善意のひとびと………………………… 250
宮本百合子断片………………………… 253
私は中途半端がすきだ………………… 258
わたくしごと………………………… 258
私は中途半端がすきだ……………… 258
中途半端再説………………………… 260
人生の俳優……………………………… 262
ふたつの作品…………………………… 265
断章……………………………………… 271
民衆の敵……………………………… 271
青年の希求…………………………… 272
最初の作品…………………………… 273
共通の地盤…………………………… 275
政治と文学の間…………………………… 277
労働者作家の問題……………………… 278
軌道的文学論…………………………… 284
職業革命家の問題……………………… 293
消えぬ痣………………………………… 301
民主主義文学の新風…………………… 308
文学者の社会的発言…………………… 313
革命家の道……………………………… 316
仮構性と事実性………………………… 321
反マルクス主義文学理論の進展……… 326
世代の対立……………………………… 334
初期プロレタリア文学…………………… 341
《種蒔く人》以前……………………… 342
《種蒔く人》の時代…………………… 349
初期《文芸戦線》の時代……………… 367
「ナップ」結成前後…………………… 386
大正末期の文学論争…………………… 404
平林初之輔のこと……………………… 414
「組織と人間」論覚え書………………… 421
戦後文学の一結論……………………… 422
組織のなかの人間……………………… 426
組織と指導者…………………………… 431
組織悪か個人悪か……………………… 436
問題の発端……………………………… 439
粛清とはなにか………………………… 445
秩序と生命……………………………… 461
組織と人間性…………………………… 467
文学理念の喪失………………………… 470
*後記(平野謙)………………………… 476
 

第2巻 1975.2.25
 
島崎藤村……………………………………… 9
藤村の生涯…………………………………10
破戒…………………………………………17
春……………………………………………36
家……………………………………………39
新生…………………………………………45
晩年の藤村……………………………… 108

ふたりのすがた………………………… 121
わたくしごと…………………………… 125
藤村の新資料…………………………… 128
藤村の文体……………………………… 130
芸術と実生活……………………………… 137
I
問題の発端……………………………… 138
私小説の二律背反……………………… 143
II
森鴎外…………………………………… 164
田山花袋………………………………… 185
島崎藤村………………………………… 207
徳田秋声………………………………… 223
永井荷風………………………………… 247
志賀直哉………………………………… 263
夏目漱石………………………………… 275
III
演技説修正……………………………… 323
被害者と加害者………………………… 333
芸術家の自由…………………………… 339
日常性の恢復…………………………… 343
愛とエゴイズム………………………… 346
疵は癒されるか………………………… 351
於母影……………………………………… 357
小熊秀雄………………………………… 358
菊池寛…………………………………… 361
太宰治…………………………………… 363
宮本百合子……………………………… 365
永井荷風………………………………… 368
外村繁…………………………………… 370
宇野浩二………………………………… 372
秋田雨雀………………………………… 374
正宗白鳥………………………………… 375
十返肇…………………………………… 385
高見順…………………………………… 393
亀井勝一郎……………………………… 409
山本周五郎……………………………… 412
勝本清一郎……………………………… 414
壷井栄…………………………………… 417
広津和郎………………………………… 418
日沼倫太郎……………………………… 427
中山義秀………………………………… 429
伊藤整…………………………………… 436
三島由紀夫……………………………… 444
志賀直哉………………………………… 449
平林たい子……………………………… 452
火野葦平………………………………… 457
川端康成………………………………… 460
作家の自殺……………………………… 467
椎名麟三………………………………… 473
阿部知二………………………………… 474
浅見淵…………………………………… 476
貴司山治………………………………… 482
*後記(平野謙)………………………… 484
 

第3巻 1975.6.25
 
昭和文学史論覚え書………………………… 9
昭和文学の特徴……………………………10
昭和文学の概観……………………………15
新感覚派の生誕……………………………21
マルクス主義文学の成立…………………26
新感覚派の崩壊……………………………33
作家同盟の解散……………………………40
戦時下の文学………………………………43
戦後文学の達成……………………………50
プロレタリア文学史論覚え書………………57
プロレタリア文学序説……………………58
運動史に関する一視点……………………68
形式主義文学論争…………………………76
ふたつの論争………………………………86
昭和文学の一帰結…………………………98
太平洋戦争下の国民文学論…………… 110
昭和文学史………………………………… 119
昭和文学の可能性………………………… 317
序章……………………………………… 318
第1章 芥川龍之介と広津和郎 ……… 325
第2章 中野重治とプロレタリア文学…… 340
第3章 政治的価値と芸術的価値 …… 355
第4章 マルクス主義文学の波紋 …… 369
第5章 横光利一と小林秀雄 ………… 389
第6章 自我の社会化 ………………… 412
終章……………………………………… 438
*後記(平野謙)………………………… 446
 

第4巻 1975.7.25
 
わが戦後文学史……………………………… 9
民主主義革命のはじまり…………………10
「暗い谷間」………………………………22
「政治と文学」論争………………………34
小林多喜二問題……………………………44
敗戦までの私………………………………55
高見順における敗戦………………………70
『高見順日記』……………………………90
亀井勝一郎の戦後…………………………99
戦争下の伊藤整………………………… 116
ソヴィエト・ロシア入国記…………… 124
続・戦争下の伊藤整…………………… 139
「社会化された私」…………………… 147
『鳴海仙吉』…………………………… 160
『小説の方法』………………………… 173
『風俗小説論』………………………… 190
『谷崎潤一郎論』……………………… 198
潤一郎と春夫…………………………… 206
『志賀直哉論』………………………… 215
老年の哀しみ…………………………… 221
続・『志賀直哉論』…………………… 228
『暗夜行路』論………………………… 236
志賀直哉論史ということ……………… 265
ひとつの結び…………………………… 273
文学・昭和十年前後……………………… 277
小林多喜二の死………………………… 278
作家同盟の解散………………………… 286
最大の敵・林房雄……………………… 294
亀井勝一郎の登場……………………… 303
同人雑誌《批評》について…………… 312
《現実》の創刊………………………… 318
『転形期の文学』……………………… 324
シェストフ受容………………………… 336
痴人の夢………………………………… 343
白鳥と秀雄……………………………… 351
『私小説論』以前……………………… 359
人民戦線のこと………………………… 367
独立作家クラブのこと………………… 374
社会主義リアリズム論争……………… 386
《世界文化》のことなど……………… 395
中間の締めくくり……………………… 403
昭和文学の意味………………………… 415
私小説と共産党………………………… 426
行動主義文学論………………………… 434
《人民文庫》の問題…………………… 450
散文精神論の一深化…………………… 460
転向文学論……………………………… 472
続・転向文学論………………………… 479
久保栄と中野重治……………………… 487
『私小説論』の周辺…………………… 497
小林秀雄と中野重治…………………… 504
《文学界》の同人……………………… 522
*後記(平野謙)………………………… 526
 

第5巻 1975.8.25
 
現代小説の問題点……………………………11
昭和十年前後の文芸思潮…………………12
転向と文学…………………………………20
現代小説の問題点…………………………25
日本自然主義文学の位置づけ……………30
政治小説覚え書……………………………40
日本文学報国会の成立……………………46
純文学論争以後………………………………57
文芸雑誌の役割……………………………58
《群像》15年の足跡………………………61
現代文学史の主軸…………………………64
新しい純文学概念の恢復…………………70
再説・純文学変質…………………………73
純文学更生のために………………………85
わがアクチュアリティ説…………………88
認識者の文学………………………………97
アクセントの打ちかた………………… 109
小説の社会性…………………………… 116
文芸時評というもの…………………… 128
文学者の声価…………………………… 137
小説への不信をめぐって……………… 145
政治と文学の関係……………………… 150
明治・大正の社会主義者たち………… 156
ふたつの潮流…………………………… 166
自我絶対化の問題……………………… 169
プライヴァシイ判決に思う…………… 172
昭和文学のこと………………………… 174
わが戦後史……………………………… 178
衰えた文学運動………………………… 182
もうひとつの三派鼎立………………… 185
『汚れた手』雑感……………………… 197
『蒼ざめたる馬』の自然描写………… 200
戦時下の一雑誌のこと………………… 204
純文学論争以後………………………… 209
中条百合子の作品……………………… 218
『詩人』『地霊』解説………………… 221
門田実著『松川裁判の思い出』解説… 236
純文学概念の意味……………………… 253
戦後の私小説……………………………… 263
アンチ「破滅型」ということ………… 264
「破滅型」からの発展………………… 267
破滅せぬ作家のタイプ………………… 272
潤一郎と秋江…………………………… 277
正宗白鳥の意味するもの……………… 284
私小説…………………………………… 291
批評の陥穽……………………………… 298
年譜のおもしろさ……………………… 303
断念と未練の相剋……………………… 306
ふたつの日本的悟達の道……………… 308
「政治の優位性」と「文学の自律性」…… 311
生江健次と木村良夫…………………… 325
川端康成の受賞………………………… 331
作品と作者の実生活…………………… 333
私小説の主人公と作者………………… 335
必要な予備知識………………………… 341
机龍之助の魅力………………………… 344
戦後の私小説…………………………… 351
『暗夜行路』後篇の逸文……………… 362
机上の空論……………………………… 367
宮原昭夫の芥川賞受賞作は果して借物小説か…… 373
題材と作品との関係…………………… 377
文学運動の流れのなかから……………… 383
文学運動の流れのなかから…………… 384
中野重治…………………………………… 427
中野重治序論…………………………… 428
ロシア共産党の文芸政策と中野重治… 448
福本イズムと中野重治………………… 458
コップ結成と中野重治………………… 469
転向文学と中野重治…………………… 479
片口安吉と中野重治…………………… 491
啄木・茂吉と中野重治………………… 506
ナルプ解散と中野重治………………… 517
社会主義リアリズムと中野重治……… 535
*後記(平野謙)………………………… 574
 

第6巻 1974.11.25
 
さまざまな青春……………………………… 7
序章 坪内逍遥・二葉亭四迷・森鴎外… 8
1章 魚住折蘆 ……………………………45
2章 真山青果 ……………………………78
3章 近松秋江 ……………………………97
4章 広津和郎と菊池寛 ……………… 130
5章 竹内仁 …………………………… 183
6章 葛西善蔵と嘉村礒多 …………… 221
7章 古田大次郎 ……………………… 252
8章 尾崎一雄・中野重治・伊藤整 … 266
9章 井上良雄 ………………………… 312
10章 小林多喜二……………………… 340
11章 亀井勝一郎……………………… 370
12章 小林秀雄………………………… 396
終章 伊藤整…………………………… 413
*後記(平野謙)………………………… 438
 

第7巻 1975.3.25
 
作家論I ……………………………………… 7
夏目漱石…………………………………… 8
国木田独歩…………………………………30
田山花袋……………………………………38
徳田秋声……………………………………56
島崎藤村……………………………………94
岩野泡鳴………………………………… 128
近松秋江………………………………… 150
正宗白鳥………………………………… 179
永井荷風………………………………… 195
志賀直哉………………………………… 202
野上弥生子……………………………… 214
石川啄木………………………………… 233
谷崎潤一郎……………………………… 243
宮嶋資夫………………………………… 257
葛西善蔵………………………………… 260
里見 …………………………………… 274
菊池寛…………………………………… 280
室生犀星………………………………… 298
豊島与志雄……………………………… 300
宇野浩二………………………………… 307
広津和郎………………………………… 324
芥川龍之介……………………………… 390
佐藤春夫………………………………… 392
小島政二郎……………………………… 401
葉山嘉樹………………………………… 409
滝井孝作………………………………… 411
牧野信一………………………………… 414
十一谷義三郎…………………………… 431
嘉村礒多………………………………… 434
横光利一………………………………… 439
竹内仁…………………………………… 454
橋本英吉………………………………… 456
黒島伝治………………………………… 459
徳永直…………………………………… 461
宮本百合子……………………………… 471
*後記(平野謙)………………………… 476
 

第8巻 1975.4.25
 
作家論II……………………………………… 7
石川淳……………………………………… 8
尾崎一雄……………………………………20
網野菊………………………………………25
内田巌………………………………………34
石坂洋次郎…………………………………37
中山義秀……………………………………44
久保栄………………………………………62
梶井基次郎…………………………………78
越中谷利一…………………………………90
中野重治……………………………………93
真船豊…………………………………… 144
小林秀雄………………………………… 154
由起しげ子……………………………… 171
山本周五郎……………………………… 176
田畑修一郎……………………………… 189
島木健作………………………………… 192
小林多喜二……………………………… 201
伊藤永之介……………………………… 211
唐木順三………………………………… 215
森山啓…………………………………… 219
武田麟太郎……………………………… 223
佐多稲子………………………………… 228
幸田文…………………………………… 267
丹羽文雄………………………………… 275
舟橋聖一………………………………… 280
伊藤整…………………………………… 291
円地文子………………………………… 384
平林たい子……………………………… 406
原民喜…………………………………… 415
本庄陸男………………………………… 418
池田寿夫………………………………… 422
坂口安吾………………………………… 436
*後記(平野謙)………………………… 448
 

第9巻 1975.5.25
 
作家論III …………………………………… 7
高見順……………………………………… 8
井上靖…………………………………… 149
藤枝静男………………………………… 155
本多秋五………………………………… 165
中島敦…………………………………… 175
長谷川四郎……………………………… 177
太宰治…………………………………… 186
松本清張………………………………… 195
埴谷雄高………………………………… 249
中村光夫………………………………… 252
田宮虎彦………………………………… 260
杉山英樹………………………………… 272
武田泰淳………………………………… 276
大原富枝………………………………… 281
田中英光………………………………… 285
杉浦明平………………………………… 289
織田作之助……………………………… 292
北条民雄………………………………… 296
梅崎春生………………………………… 313
野間宏…………………………………… 318
小島信夫………………………………… 337
島尾敏雄………………………………… 349
有馬頼義………………………………… 353
堀田善衛………………………………… 368
水上勉…………………………………… 381
小島直記………………………………… 389
安岡章太郎……………………………… 393
藤原審爾………………………………… 425
瀬戸内晴美……………………………… 429
遠藤周作………………………………… 448
吉本隆明………………………………… 452
井上光晴………………………………… 463
開高健・大江健三郎…………………… 468
石原慎太郎……………………………… 475
江藤淳…………………………………… 483
大江健三郎……………………………… 485
倉橋由美子……………………………… 538
*後記(平野謙)………………………… 542
 

第10巻 1975.9.25
 
文芸時評I …………………………………… 7
昭和21年…………………………………… 8
昭和22年……………………………………13
昭和23年……………………………………16
昭和24年……………………………………34
昭和25年……………………………………41
昭和26年……………………………………52
昭和27年……………………………………56
昭和28年……………………………………65
昭和29年……………………………………86
昭和30年………………………………… 109
昭和31年………………………………… 128
昭和32年………………………………… 159
昭和33年………………………………… 190
昭和34年………………………………… 222
昭和35年………………………………… 270
昭和36年………………………………… 333
*後記(平野謙)………………………… 400
 

第11巻 1975.10.25
 
文芸時評II…………………………………… 5
昭和37年…………………………………… 6
昭和38年……………………………………72
昭和39年………………………………… 135
昭和40年………………………………… 201
昭和41年………………………………… 267
昭和42年………………………………… 332
昭和43年………………………………… 397
*後記(平野謙)………………………… 460
 

第12巻 1975.11.25
 
文壇時評……………………………………… 9
昭和21年……………………………………10
昭和22年……………………………………12
昭和23年……………………………………22
昭和24年……………………………………29
昭和26年……………………………………32
昭和27年……………………………………35
昭和28年……………………………………42
昭和29年……………………………………49
昭和30年……………………………………58
昭和31年……………………………………63
昭和32年……………………………………83
昭和33年………………………………… 103
昭和34年………………………………… 115
昭和35年………………………………… 136
昭和36年………………………………… 143
昭和38年………………………………… 151
昭和39年………………………………… 162
昭和40年………………………………… 166
昭和41年………………………………… 169
昭和42年………………………………… 174
昭和43年………………………………… 179
昭和44年………………………………… 182
昭和45年………………………………… 191
昭和47年………………………………… 207
昭和48年………………………………… 215
新聞小説時評……………………………… 223
昭和32年………………………………… 224
推理小説時評……………………………… 245
昭和33年………………………………… 246
昭和34年………………………………… 253
昭和35年………………………………… 262
昭和36年………………………………… 274
昭和37年………………………………… 290
昭和38年………………………………… 305
文壇クローズアップ……………………… 315
昭和34年………………………………… 316
昭和35年………………………………… 354
起点………………………………………… 395
昭和36年………………………………… 396
昭和37年………………………………… 401
昭和38年………………………………… 426
続文壇クローズアップ…………………… 447
昭和43年………………………………… 448
一頁時評…………………………………… 487
昭和46年………………………………… 488
*後記(平野謙)………………………… 506
 

第13巻 1975.12.25
 
はじめとおわり………………………………19
I
批評家白書…………………………………20
続・批評家白書……………………………34
II
平野探偵の手記……………………………41
イエス・ノウ旅日記………………………45
Q君へ ………………………………………47
伊藤整の『現実と表現』…………………48
わが文学生活………………………………50
文学的リアリティについて………………54
文芸評論家とは……………………………55
花田清輝の笑い……………………………56
私のペンネーム……………………………58
私の処女出版………………………………59
名文について………………………………59
文士の正月…………………………………60
写真と実物…………………………………62
文士の筆蹟…………………………………63
あの頃のこと………………………………65
藉すに歳月をもってせよ…………………66
ひきうつし精神……………………………73
すてた話……………………………………75
みずほ荘殺人事件…………………………77
犯人当て推理小説の条件…………………82
無邪気な話…………………………………88
アンポ反対…………………………………91
社会的と実存的……………………………92
わたくしごと………………………………95
一年に二度のお雑煮………………………98
一市民のおそれ………………………… 100
試験答案の一傑作……………………… 102
事実認識のむずかしさ………………… 105
はじめとおわり………………………… 107
ささやかな訂正………………………… 111
魯迅記念館にて………………………… 116
非文学的な空想………………………… 118
日記……………………………………… 120
三十六年ぶりの旅……………………… 123
老茸のことなど………………………… 126
わたしの母校…………………………… 127
若き日の読書…………………………… 129
文士の細君……………………………… 133
わが地理オンチ………………………… 135
母の記憶………………………………… 137
ソヴィエト・ロシアの旅……………… 138
旧友の死………………………………… 143
ひとつの思い出………………………… 144
ふるさとぎらい………………………… 145
ヘマンギオーム………………………… 147
まちがえられた話……………………… 150
ひとこと………………………………… 152
不愉快な思い出………………………… 153
小さな思い出…………………………… 156
最近の読書……………………………… 157
私の随筆集……………………………… 159
作家論二十五年………………………… 160
一編輯者の死…………………………… 166
因果な関係……………………………… 169
締切り日のこと………………………… 170
電話送稿のこと………………………… 171
雑誌の話………………………………… 172
本の思い出……………………………… 174
ひとつの提灯記事……………………… 176
埋れた名著……………………………… 179
題名の由来……………………………… 180
III
池田寿夫と『地区の人々』…………… 182
ひとつの回想…………………………… 183
明治文学の研究文献…………………… 185
《文学界》沿革記……………………… 189
ちいさな感想…………………………… 192
高見順のこと…………………………… 193
江戸川乱歩のこと……………………… 195
私の近刊………………………………… 197
同人雑誌時代…………………………… 198
高見順にのぞむ………………………… 201
土屋隆夫のこと………………………… 204
岩野泡鳴夫人の日記…………………… 206
小説の毒………………………………… 209
初版本『蟹工船』について…………… 211
文学史研究の一条件…………………… 214
有吉佐和子のこと……………………… 216
ナップ創立三十五周年………………… 218
明治・大正期の《新潮》……………… 221
むかしの同人雑誌……………………… 232
《大学左派》のことなど……………… 234
文字どおりの処女作…………………… 239
独善的な読み方で……………………… 242
本との出逢い…………………………… 244
名著発掘………………………………… 245
一冊の本………………………………… 247
寄贈本のこと…………………………… 249
田口憲一のことなど…………………… 250
読書遍歴………………………………… 252
ひとりの漫画家………………………… 256
私の文章観……………………………… 257
大石誠之助の墓………………………… 261
沖野岩三郎のこと……………………… 263
加田伶太郎のこと……………………… 266
まぼろしの作品………………………… 267
続・まぼろしの作品…………………… 270
上司小剣の一側面……………………… 273
《奇蹟》と広津和郎…………………… 275
応分の力をつくしたい………………… 278
大江健三郎のことなど………………… 278
IV
むかしばなし…………………………… 281
北村透谷と『罪と罰』………………… 284
発売禁止論……………………………… 288
臨終の言葉……………………………… 294
断章……………………………………… 298
未完了の青春………………………… 298
敗戦体験……………………………… 299
鉱毒事件と大逆事件………………… 300
マルクス主義文学運動の再検討…… 301
中野重治『朝鮮の細菌戦について』について…… 302
野間宏『一夜』について…………… 304
久保田正文『河上肇自叙伝』について…… 305
平沼騏一郎『祖国への遺言』について…… 307
嘉治隆一『佐野学と其時代』について…… 309
記録について………………………… 310
中野重治『評論家の文体』について…… 311
佐多稲子『夜の記憶』について…… 312
森田草平『日記』について………… 313
V
横断歩道橋の意味するもの…………… 316
道路がとおれば道理ひっこむ………… 319
公共の福祉という思想………………… 324
傍観的立場をすてて…………………… 333
厚い壁との対決………………………… 335
ささやかな成功………………………… 338
土地区画整理法のカラクリ…………… 341
わが住民運動始末記…………………… 345
危く町会長に…………………………… 357
美濃部都知事に問う…………………… 359
美濃部都知事に答う…………………… 363
住民運動の一年半……………………… 366
土地区画整理法のこと………………… 366
わが住民運動の一結論………………… 376
VI
アラヒトガミ事件……………………… 387
情報局について………………………… 400
応召十日間……………………………… 403
VII
『わが家の平和』……………………… 406
稚恋……………………………………… 409
回想・北川静男………………………… 420
なすなし………………………………… 434
選評………………………………………… 439
文学界新人賞選評……………………… 440
群像新人文学賞選評…………………… 474
女流文学賞選評………………………… 481
『読者の書評』選評…………………… 492
《東京大学新聞》五月祭賞選評……… 498
推理作家協会賞選評…………………… 501
《時》新人賞選評……………………… 503
新潮社文学賞選評……………………… 506
日本文学大賞選評……………………… 508
野間文芸賞選評………………………… 509
読売ベスト・スリイ…………………… 513
あとがき集………………………………… 521
『島崎藤村』あとがき………………… 522
『現代作家論』あとがき……………… 528
『戦後文芸評論』あとがき…………… 530
『知識人の文学』あとがき…………… 531
『現代日本文学辞典』緒言…………… 533
『現代日本文学辞典』改訂増補版序… 535
『現代日本文学入門』あとがき……… 537
『島崎藤村』市民文庫版あとがき…… 539
『討論・日本プロレタリア文学運動史』あとがき…… 541
『昭和文学入門』あとがき…………… 543
『戦後文芸評論』青木書店版あとがき…… 544
『政治と文学の間』あとがき………… 546
『組織のなかの人間』あとがき……… 548
『芸術と実生活』あとがき…………… 550
『芸術と実生活』ミリオン・ブックス版あとがき…… 552
『文芸時評』あとがき………………… 553
『昭和文学史』あとがき……………… 557
『知識人の文学』名著シリーズ版あとがき…… 558
『わが戦後文学史』あとがき………… 562
『文学運動の流れのなかから』あとがき…… 564
『文芸時評』(上)あとがき………… 567
『文芸時評』(下)あとがき………… 569
『昭和文学覚え書』あとがき………… 574
『作家論』あとがき…………………… 579
『はじめとおわり』あとがき………… 581
『平野謙作家論集』あとがき………… 583
『平野謙対話集』あとがき…………… 586
『文学・昭和十年前後』あとがき…… 589
『昭和文学の可能性』あとがき……… 591
『於母影』あとがき…………………… 593
『わが戦後文学史』名著シリーズ版あとがき…… 596
『純文学論争以後』あとがき………… 597
『文壇時評』(上)あとがき………… 598
『文壇時評』(下)あとがき………… 600
『平野謙全集』内容見本・著者のことば…… 604
*後記(平野謙)………………………… 606
*平野謙書誌青山毅〔編〕………………… 1
[ 2011/03/14 23:33 ] 平野謙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。