研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  平林たい子 >  『平林たい子全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『平林たい子全集』全12巻

『平林たい子全集』全12巻(潮出版社、1976.9~1979.9)



第1巻 1979.4.25
 
或る夜………………………………………… 9
桐の花…………………………………………10
気持のよい学校………………………………11
冷たい笑………………………………………13
スパイ事件……………………………………15
愚なる女の日記………………………………20
古戸棚…………………………………………27
刺青事件の真相………………………………32
嘲る……………………………………………40
足………………………………………………60
投げすてよ!…………………………………66
蛹と一緒に……………………………………79
巡査と春………………………………………87
西向の監房……………………………………91
施療室にて……………………………………93
目…………………………………………… 106
堪えがたい幽霊…………………………… 109
感謝週間…………………………………… 112
夜風………………………………………… 124
私の友人…………………………………… 140
出札口……………………………………… 142
荷車………………………………………… 146
生活………………………………………… 165
新婚………………………………………… 172
足音………………………………………… 176
母の誇……………………………………… 181
殴る………………………………………… 184
非幹部派の日記…………………………… 198
労働………………………………………… 215
痣のある紙幣……………………………… 229
労働者の妻………………………………… 241
壁新聞……………………………………… 248
森の中……………………………………… 253
M病院の幽霊 ……………………………… 268
醤油工場…………………………………… 273
朝鮮人……………………………………… 276
ルーフガーデンの上の月………………… 280
敷設列車…………………………………… 282
石鹸工場の同志…………………………… 301
袋を貼る女房……………………………… 310
糸価補償法………………………………… 312
女学生……………………………………… 324
笑っている老闘士………………………… 327
耕地………………………………………… 333
高塀の中…………………………………… 349
活花と虱…………………………………… 353
家庭生活の喜び…………………………… 359
女店員の不平……………………………… 363
プロレタリヤの星………………………… 373
プロレタリヤの女………………………… 395
*解説(瀬沼茂樹)……………………… 411
 

第2巻 1976.9.25
 
妻君展覧会…………………………………… 9
植林主義………………………………………19
ある日の丸の内………………………………30
彼女たち………………………………………37
監督の好意……………………………………43
未だ生きていた男……………………………46
装身具の番人…………………………………48
股眼鏡…………………………………………52
露店記…………………………………………54
転落……………………………………………57
不幸と幸福……………………………………72
賢夫人……………………………………… 106
舎監………………………………………… 110
救農工事…………………………………… 117
没落の系図………………………………… 136
煉瓦の破片………………………………… 148
二階の姉妹………………………………… 167
春…………………………………………… 178
繭…………………………………………… 189
貧乏噺……………………………………… 195
桜…………………………………………… 203
知識階級論の一素材……………………… 211
愚な人……………………………………… 224
章魚………………………………………… 226
『レヴィンソン』………………………… 238
土曜日の夜………………………………… 242
ある朝鮮人………………………………… 252
女の問題…………………………………… 254
アンテナの下……………………………… 266
女の街道…………………………………… 268
その人と妻………………………………… 275
青い畳……………………………………… 290
フリジヤの花……………………………… 300
羽織………………………………………… 304
エルドラド明るし………………………… 309
人の棲家…………………………………… 348
自動車と貞操……………………………… 356
燕の都……………………………………… 364
三人………………………………………… 374
*解説(和田芳恵)……………………… 387
 

第3巻 1977.4.25
 
一人行く……………………………………… 9
野の歌…………………………………………26
盲中国兵………………………………………36
うた日記………………………………………40
桜の下にて……………………………………45
良人・妹………………………………………53
ある女についてのメモ………………………59
美人……………………………………………65
彼女の履歴……………………………………73
お手々つないで………………………………83
こういう女……………………………………93
鬼子母神…………………………………… 126
冬の物語…………………………………… 132
この結婚…………………………………… 145
あこがれ…………………………………… 158
彼女の訪問………………………………… 166
下婢………………………………………… 176
黒札………………………………………… 186
私は生きる………………………………… 208
涙…………………………………………… 219
春悲しく…………………………………… 222
台所の歌…………………………………… 234
堕ちた人…………………………………… 240
母…………………………………………… 245
人生実験…………………………………… 251
青空の下で………………………………… 273
キヨ子像…………………………………… 281
牝鶏………………………………………… 294
白髪………………………………………… 300
女の悲しみ………………………………… 305
地底の歌…………………………………… 313
女の生き方………………………………… 413
ばくち場…………………………………… 424
女親分……………………………………… 431
愛情というもの…………………………… 446
女掏摸……………………………………… 452
*解説(円地文子)……………………… 462
 

第4巻 1977.3.5
 
情熱紀行……………………………………… 7
結婚……………………………………………83
露のいのち………………………………… 107
いが栗頭の女……………………………… 132
肖た男……………………………………… 142
貞女………………………………………… 151
赤と黒……………………………………… 161
インテリの妻……………………………… 174
お君さんとお光さん……………………… 182
萌黄………………………………………… 190
三十歳代…………………………………… 210
春のめざめ………………………………… 218
女が涙を流す時…………………………… 261
恋愛結婚…………………………………… 397
空蝉………………………………………… 417
妻の夜……………………………………… 426
エロ小説…………………………………… 438
夢みる唇…………………………………… 447
*解説(大原富枝)……………………… 465
 

第5巻 1977.7.25
 
妻という女…………………………………… 9
黒の時代………………………………………18
二月の雪………………………………………43
人の命…………………………………………50
復讐……………………………………………62
炎の愛…………………………………………67
婦人代議士………………………………… 205
栄誉夫人…………………………………… 213
この民かの民……………………………… 227
妻は悲しい………………………………… 233
刀…………………………………………… 241
ネッカチーフの女………………………… 250
群盗………………………………………… 267
霧笛………………………………………… 275
石中夫妻…………………………………… 283
事務のようなもの………………………… 292
マッカーサー夫人………………………… 302
結婚行路…………………………………… 313
高橋お伝…………………………………… 321
紅薔薇夫人………………………………… 340
女の一生…………………………………… 351
中年女……………………………………… 365
妻と友人…………………………………… 371
飛行機の上で……………………………… 383
妻の安穏…………………………………… 395
四人目の良人……………………………… 401
現代の英雄………………………………… 411
ある細君…………………………………… 419
北海道千歳の女…………………………… 427
お風呂……………………………………… 437
国際女優…………………………………… 444
*解説(丹羽文雄)……………………… 477
 

第6巻 1977.5.25
 
愛情旅行……………………………………… 7
殴られるあいつ…………………………… 175
*解説(奥野健男)……………………… 511
 

第7巻 1977.1.25
 
女泥棒………………………………………… 7
額田女王………………………………………23
トウ・シューズ………………………………37
女房と畳………………………………………52
怪美人…………………………………………67
砂漠の花………………………………………80
*解説(山本健吉)……………………… 445
 

第8巻 1977.9.25
 
うつむく女…………………………………… 7
男のような女……………………………… 150
女二人……………………………………… 159
苦痛という快楽…………………………… 177
娘の母……………………………………… 187
パリ祭……………………………………… 196
遺伝………………………………………… 207
妲妃のお百………………………………… 215
真昼の妻…………………………………… 286
花井お梅…………………………………… 305
女声合唱…………………………………… 351
見合結婚…………………………………… 367
死の商人…………………………………… 376
犬をつれた女……………………………… 383
透明人間…………………………………… 394
匿名氏……………………………………… 400
*解説(河野多恵子)…………………… 411
 

第9巻 1978.1.25
 
開票…………………………………………… 7
さしも草………………………………………12
痩せた女………………………………………24
不毛……………………………………………32
黒い夫……………………………………… 100
ローザの愛情……………………………… 110
他人の幸福………………………………… 123
妻の世界…………………………………… 129
たたずむ女………………………………… 135
黒い年齢…………………………………… 231
イルミネーションの島…………………… 244
犬と人々…………………………………… 252
熊…………………………………………… 262
黒髪の秘密………………………………… 276
早春雨後…………………………………… 282
リンデン樹の下で………………………… 295
貴族………………………………………… 301
宇品ちかく………………………………… 312
母という女………………………………… 320
行く雲……………………………………… 330
良人の求婚………………………………… 339
秘密………………………………………… 344
足のわるい男……………………………… 362
鉄の嘆き…………………………………… 372
エルダよ…………………………………… 444
美人………………………………………… 452
明治の廓…………………………………… 460
*解説(瀬戸内晴美)…………………… 472
 

第10巻 1979.5.25
 
林芙美子……………………………………… 9
宮本百合子……………………………………89
自伝的交友録・実感的作家論
自伝的交友録……………………………… 149
二人の里村欣三………………………… 149
真杉静枝さんと私……………………… 157
林房雄さんと私………………………… 165
葉山嘉樹の想い出……………………… 175
前田河広一郎氏と私…………………… 181
大田洋子さんと私……………………… 186
鈴木茂三郎さんと私…………………… 193
神近市子さんと私……………………… 198
伊藤好道さんと私……………………… 206
波多野勤子さんと私…………………… 210
実感的作家論……………………………… 216
青野季吉論……………………………… 216
宮本百合子論…………………………… 220
宇野千代論……………………………… 225
中島健蔵論……………………………… 229
幸田文論………………………………… 233
三島由紀夫論…………………………… 237
高見順論………………………………… 240
石川達三論……………………………… 244
広津和郎論……………………………… 247
文芸時評・書評
女流文士について、その他……………… 253
女流文士について……………………… 253
山田順子氏について…………………… 255
プロレタリヤ文学運動の一年間………… 256
文芸方面における婦人最近の活躍……… 262
九月のプロ小説…………………………… 267
文芸時評…………………………………… 271
文芸時感…………………………………… 275
文芸時評…………………………………… 279
「魔子」そのほか………………………… 286
「魔子」………………………………… 286
生活とプロレタリア作家……………… 288
文芸時評―四ツの小説―………………… 291
コロンタイ女史の『赤い恋』について… 292
今野氏の『汽笛』………………………… 294
『巷の断層』鈴木清次郎作……………… 295
婦人と戦争………………………………… 296
文学雑感
婦人作家よ、娼婦よ……………………… 303
悪口種々…………………………………… 304
同性作家への警告その他………………… 305
「動く玩具」の出現…………………… 305
同性作家への警告……………………… 305
無題……………………………………… 307
探偵小説漫談……………………………… 308
林房雄氏の「転形」……………………… 310
女流作家月旦……………………………… 312
プロレタリヤリアリズムと関連して…… 314
常に用意せよ!…………………………… 317
三四の女流作家について………………… 320
作家の覚え書(1) ……………………… 323
作家の覚え書(2) ……………………… 325
葉山嘉樹論………………………………… 328
世評と彼女………………………………… 329
小説の中の論理的要素…………………… 331
林房雄氏…………………………………… 333
樋口一葉論………………………………… 334
今東光……………………………………… 350
女性のプロレタリヤ作家の分野………… 351
断想………………………………………… 352
文芸戦線脱退について…………………… 353
プロレタリヤ作品の類型化について…… 356
エロチック文学について………………… 364
中条さんのこと…………………………… 365
ブル文学の焦躁と動揺とプロ文学の自己批判…… 367
「唯物弁証法的方法」という言葉……… 368
戦争文学に就て…………………………… 370
ゾラ・ゴーゴリ…………………………… 372
プロレタリヤ文学こそ…………………… 373
反動期の作品……………………………… 374
メリメの小説……………………………… 376
題材断片…………………………………… 378
処女作の頃………………………………… 381
ジョルジュ・サンドについて…………… 382
林さんの提唱について…………………… 384
葉山さんの人と小説……………………… 385
傍観者の愚痴……………………………… 387
自由主義作家に対する感想……………… 388
現代の英雄………………………………… 391
長篇小説二つ……………………………… 392
芸術と風俗………………………………… 393
長篇と短篇………………………………… 395
性格の森…………………………………… 396
短歌雑感…………………………………… 398
*解説(佐伯彰一)……………………… 400
 

第11巻 1979.6.25
 
戦前の社会時評
思想と生活と………………………………… 9
嘘、嘘、嘘……………………………………10
女性の同志よ…………………………………12
最も新しい恋愛………………………………14
復讐の復讐……………………………………16
ロマンチシズムとリアリズム………………18
左翼婦人運動の衰微について 自己批判的に……24
動揺する婦人の群……………………………27
希望社の真の希望は何であったか?………29
無産婦人と恋愛………………………………33
良人論…………………………………………37
男性罵倒録……………………………………40
日本最初の製糸大争議………………………48
貰子殺しと菊池寛……………………………54
婦人闘士物語…………………………………55
旧き貞操観の崩壊……………………………60
女になぜ生活的迫力がないか………………61
どん底の女……………………………………64
市田松子のこと………………………………74
若き女性のモラル……………………………78
ファッション・ノート………………………81
メーデーの思い出……………………………83
働く妻の浮世…………………………………86
流行歌の衰微…………………………………92
女性時評………………………………………94
世相雑感………………………………………97
新女性点描……………………………………99
ルポルタージュ
トラピストを訪う………………………… 107
女囚と語る………………………………… 116
心境部落…………………………………… 124
女は誰のために生きる
女は誰のために生きる…………………… 137
あのころ・このごろ……………………… 173
激動の中から……………………………… 189
きのう・きょう………………………… 189
家庭か職業か………………………… 189
小学校教員…………………………… 190
五十鈴さんの場合…………………… 190
汚職政治家と夫人…………………… 191
男性の欲情…………………………… 191
女教員への辞職勧告………………… 192
堕落の現れ…………………………… 192
純潔運動……………………………… 193
再び妻の悲劇………………………… 193
恋愛自由……………………………… 194
変態男の温床………………………… 194
風神…………………………………… 195
文化勲章……………………………… 196
百貨店の進出………………………… 196
洗濯物………………………………… 197
日本人の劣等感……………………… 198
家族制度復活………………………… 198
尼になる娘…………………………… 199
ここに無駄あり……………………… 200
混血児の養子………………………… 200
流行と女心…………………………… 201
代議士………………………………… 202
改造争議……………………………… 202
公明選挙……………………………… 203
若い世代の教養……………………… 204
社会党の統一………………………… 204
古谷氏の場合………………………… 205
鷹司誓玉尼…………………………… 206
離婚…………………………………… 207
何とない不満………………………… 207
ある祝辞……………………………… 208
死刑囚の脱獄………………………… 209
修学旅行……………………………… 209
天皇の宿……………………………… 210
赤線の業態…………………………… 211
誰が金を出すか……………………… 211
放送道徳……………………………… 212
熱帯魚の季節………………………… 213
旭川にて……………………………… 214
警視庁の思想………………………… 214
徳田氏の思出話……………………… 215
共産党幹部の出現…………………… 215
新生活運動…………………………… 216
北アフリカの暴動…………………… 217
タクシー運転手……………………… 217
ぐるみ闘争…………………………… 218
アメリカさんに……………………… 219
中共の恋……………………………… 219
農村ブーム…………………………… 220
北の基地……………………………… 221
離合集散……………………………… 222
男子の内助…………………………… 222
翫右衛門の帰国……………………… 223
マーガレット・ブーム……………… 224
二大政党主義………………………… 224
苦節タイプ…………………………… 225
国連の理想…………………………… 226
「うたごえ」運動…………………… 226
人民戦線の功罪……………………… 227
基地への戦術………………………… 228
虚脱された笑い……………………… 228
娘の入学期…………………………… 229
言論表現の自由……………………… 230
植民地的作家………………………… 231
世論というもの……………………… 231
協議離婚……………………………… 232
石筆…………………………………… 233
にくまれ問答……………………… 237
人物論
山川菊栄論………………………………… 351
熱血の女 福田英子伝…………………… 353
下田歌子…………………………………… 357
放恣と驕慢の個性 松井須磨子………… 366
堺利彦……………………………………… 369
エロシェンコ……………………………… 376
*解説(奥野健男)……………………… 403
 

第12巻 1979.9.25
 
自伝・回想・日記
日向葵…………………………………………11
文学的自叙伝…………………………………27
思想と男性を遍歴した青春…………………33
私の履歴書……………………………………44
小学校のころ…………………………………81
十五歳のころ…………………………………82
求職珍談………………………………………86
大晦日の夜逃げ………………………………91
金が欲しさに…………………………………94
「施療室にて」の頃……………………… 101
処女作……………………………………… 102
あのころ…………………………………… 104
私の苦境時代……………………………… 105
世に出るまで……………………………… 106
戦後の私の歩み…………………………… 111
素手で三十円儲ける……………………… 113
晩春の日記………………………………… 114
日記断章…………………………………… 115
練馬日記…………………………………… 116
諏訪日記…………………………………… 124
終戦日記…………………………………… 131
千歳日記…………………………………… 138
人生論・家庭論・闘病記
わが人生論………………………………… 143
不美人論…………………………………… 150
愛と憎しみは人間の生命力……………… 154
愛に悔なし………………………………… 157
あわただしい別れ………………………… 163
喧嘩別れした夫の死……………………… 167
母に詫びる流転の半生…………………… 173
水虫との喧嘩……………………………… 179
私の闘病記………………………………… 183
私の乳癌記………………………………… 191
故郷・交友録・旅行記
故郷を語る………………………………… 201
故郷………………………………………… 202
おもいで…………………………………… 205
故郷のこと………………………………… 207
村の温泉…………………………………… 209
信濃路ところどころ……………………… 211
たい子交友録……………………………… 217
ベルリン二面鏡…………………………… 227
ヨーロッパの女…………………………… 231
パリの贅沢街と貧民窟…………………… 236
旅は友情の墓場か………………………… 238
路上の花輪………………………………… 244
ベルリン人………………………………… 245
ダラスという町…………………………… 248
オスロペン大会…………………………… 249
ヨーロッパところどころ………………… 251
ソウル・ペン大会から帰って…………… 253
身辺雑記
新春随筆…………………………………… 259
身辺記……………………………………… 260
移転………………………………………… 262
政談演説…………………………………… 265
古都の逍遥………………………………… 267
黒砂糖の愛情……………………………… 271
この窓……………………………………… 273
開票日……………………………………… 276
三十女について…………………………… 278
生物的に…………………………………… 280
女心………………………………………… 282
ある小さな探偵小説……………………… 284
庭の昆虫その他…………………………… 288
ひとりぐらし……………………………… 291
金色夜叉の私……………………………… 293
愛なお足らず……………………………… 294
倹約………………………………………… 296
生きものの飼育…………………………… 297
第一印象で買う…………………………… 300
なんとか通じる…………………………… 301
作家と外出………………………………… 303
努力家……………………………………… 306
養魚者の悲哀……………………………… 307
鉄バクテリア……………………………… 308
牡蛎………………………………………… 310
街中の畑…………………………………… 312
釣り落としたお金………………………… 314
アメリカ人の家庭………………………… 316
いかに生きるか…………………………… 318
生と死……………………………………… 319
つけもの…………………………………… 321
墓…………………………………………… 322
ひとりぐらし……………………………… 324
*解説(竹西寛子)……………………… 327
*平林たい子年譜阿部浪子〔編〕……… 335
[ 2011/03/14 23:34 ] 平林たい子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。