研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  平林初之輔 >  『平林初之輔文芸評論全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『平林初之輔文芸評論全集』全3巻

『平林初之輔文芸評論全集』全3巻(文泉堂書店、1975.5)
※中巻は『平林初之輔遺稿集』(平凡社、1932)の復刻。



上 1975.5.1
 
無産階級の文化……………………………… 1
第1篇 無産階級の立場から見た芸術及び文化問題…… 5
無産階級の独立文化へ………………… 7
民衆芸術の理論と実際…………………15
無産階級の芸術…………………………29
第四階級の文学…………………………35
唯物史観と文学…………………………42
死の文学から生の文学へ………………50
ジヤアナリズムと文学…………………60
ブルジヨア文化主義者に与ふ…………64
武者小路実篤氏の非戦思想……………72
ソレルの階級文化論……………………78
第2篇 無産階級の立場から見た政治及び社会問題…… 103
政府、議会及び民衆………………… 105
ラツセルと社会主義革命…………… 111
カウツキーを駁す…………………… 125
文芸運動と労働運動(附中西氏に答ふ)…… 131
都市問題と無産階級………………… 138
社会思潮の新傾向…………………… 144
婦人運動の目標……………………… 151
無産婦人の運動へ…………………… 158
婦人の享楽的傾向に就いて………… 163
青年団の社会的任務………………… 170
第3篇 労農ロシヤの文化(翻訳) … 179
労農ロシヤのオペラ(アーサー・ランソム)…… 181
ロシヤ文学と革命(オーネイル)… 185
労農ロシヤの教育事業(ルナチヤルスキー)…… 189
労働者の自主教育(ルナチヤルスキー)…… 191
文学理論の諸問題………………………… 195
第1篇 文学の本質の問題 …………… 199
文学の本質について(1) ………… 201
文学の本質について(2) ………… 212
第2篇 文学方法論の問題 …………… 225
文学方法論…………………………… 227
エミイル・ゾラの文学方法論……… 249
第3篇 芸術価値の問題 ……………… 261
政治的価値と芸術的価値…………… 263
諸家の芸術価値理論の批判………… 275
商品としての近代小説……………… 302
第4篇 技術及び形式の問題 ………… 311
文学及び芸術の技術的革命………… 313
文学に於ける新形式の要望………… 331
第5篇 文芸批評の問題 ……………… 343
文芸批評論…………………………… 345
文芸批評家の任務について………… 357
文芸批評と文芸政策………………… 364
第6篇 現代小説の問題 ……………… 375
吾が国小説界の現状を論ず………… 377
即興的小説を排す…………………… 387
心理描写の小説を論ず……………… 394
プロレタリア文学綱領…………………… 409
第1篇 無産者文学のプログラム …… 413
第2篇 文学とは何ぞや ……………… 427
第3篇 ソヴイエツト治下の文化ウイリアム・テイ・グード,平林初之輔〔訳補〕…… 447
 


中 1975.5.1
 
第1篇 プロレタリア文学論 ……………… 1
マルクス主義文学の本質………………… 3
プロレタリア的傾向文学………………… 8
プロ文学に於ける似而非プロレタリア性……20
プロレタリア文学の最近の転換…………25
プロレタリア・レアリスムに就いて……35
プロレタリア文学かマルクス主義文学か……51
プロレタリア文学の過去・現在・未来…59
第2篇 文学理論及び文学批評論 …………73
所謂科学的批評の限界……………………75
科学的批評の領域について大森氏に答へる……87
芸術論に於ける未解決の根本的諸問題…94
芸術の形式としての小説と映画……… 107
芸術に於けるRealityについて ……… 127
芸術のトランスフオルマシオン……… 143
文学の時代性…………………………… 158
過渡期の文学に附随する諸問題……… 163
文学の反功利性………………………… 169
芸術の闘争性に就いて………………… 173
農民文学私見…………………………… 178
大衆文学について……………………… 180
文芸批評論……………………………… 190
第3篇 現代文芸批評 附社会批評 …… 201
文壇の現状を論ず……………………… 203
日本の文学は何処へ行く……………… 223
芸術派、プロレタリア派及び近代派… 239
文芸時評集……………………………… 253
鉄兵と成吉…………………………… 253
大仏と江戸川………………………… 255
無風地帯の小説……………………… 258
夫婦を描いた小説…………………… 260
山本有三氏の「波」………………… 262
柳氏の工芸美論……………………… 264
「改造」3月号 ……………………… 266
新潮と中央公論……………………… 268
戦旗と文戦…………………………… 270
近事二つ……………………………… 272
トーキー時代来る…………………… 274
小酒井不木氏………………………… 276
「夜明け前」と「陳述」…………… 278
創刊再刊の四雑誌…………………… 280
日本のシンクレーア………………… 282
東郷青児氏の手記…………………… 284
中村氏の大津事件…………………… 286
水上氏の藤村論……………………… 288
二人の思想家の死…………………… 290
観客と読者…………………………… 292
階級社会の算術……………………… 294
三つの作品の対比…………………… 296
外国文学の紹介……………………… 298
情熱家と理性家……………………… 300
作品と生活…………………………… 302
モダン派排撃………………………… 304
短歌革命は可能か…………………… 307
中村氏の批評について……………… 309
広津氏の小説について……………… 311
浜口内閣の検閲方針について……… 313
インテリゲンチヤの立場…………… 322
文学とフイルム……………………… 327
最近の二傾向………………………… 332
探偵小説雑感…………………………… 340
探偵小説壇の諸傾向………………… 340
私の要求する探偵小説……………… 348
現下文壇と探偵小説………………… 351
ヴアン・ダインの作風……………… 357
ヂユパンの癖とヴアンスの癖……… 361
陰獣その他…………………………… 363
陰獣評……………………………… 363
探偵小説の批評について………… 366
探偵小説は芸術…………………… 367
文芸と国家……………………………… 369
現代暴力論……………………………… 374
権威崩壊期の婦人……………………… 383
結婚社会学……………………………… 390
大学の煩悶……………………………… 397
ジヤーナリズムの勝利………………… 404
米国化の機関としての映画…………… 411
第4篇 社会科学論 ……………………… 417
社会科学方法論序説…………………… 419
文化科学問題…………………………… 434
資本主義文化と社会主義文化………… 451
唯物論の最近における発展…………… 482
発生的思想とは何か…………………… 493
第5篇 文学研究 ………………………… 499
自然主義文学の理論的体系…………… 501
十七世紀末に於ける新旧文学両派の論争…… 556
浪漫派及び自然派の評論……………… 567
日本浪漫派思想興亡の跡……………… 594
日本に於ける浪漫派の先駆者としての北村透谷…… 611
現代文学の背景及び前景……………… 631
社会史的観点より見たる明治文学…… 654
プロレタリア文学運動の理論的及び実践的展開の過程…… 680
第6篇 海外通信 ………………………… 699
仏蘭西までの旅………………………… 701
チヤツプリン巴里に来る……………… 713
世界恐慌は安定しつゝあるか激化しつゝあるか…… 724
国際文芸家協会大会の印象(絶筆)… 735
 


下 1975.5.1
 
第1篇 文芸評論 …………………………… 1
ロマンチツク時代………………………… 3
新作家七人論……………………………… 6
批評家の言論に就いて………………… 6
現代文学の背景………………………… 7
旧時代の夕映としての宇野浩二……… 8
南部氏の「知」と中戸川氏の「巧」…10
細田民樹氏に対する期待………………13
室生犀星氏のアビリテイ………………15
舟木重信氏と細田源吉氏………………17
現実と真実…………………………………19
文学革命の意義……………………………23
近松秋江の作に現れた恋愛………………28
反抗的精神と文芸…………………………32
現代文学の正体……………………………42
一兵卒の立場から…………………………48
吉田絃二郎論―文壇新人論………………55
象牙の塔から貉の穴へ……………………69
創世紀と進化論―将来の文学に就て……74
時評…………………………………………77
性慾文学に就いて………………………77
批評原理としての社会的正義…………78
破壊の心理と論理………………………80
時事偶感……………………………………82
1 不名誉なる節操………………………82
2 再び芸術の普遍性に就いて…………85
菊池寛氏―知識階級の代表的作品―……86
武者小路実篤論……………………………88
文学と社会主義と―永遠性は後者にもある……94
人格主義を駁す其他………………………98
武者小路実篤氏―いゝ要素と非常な欠陥…… 107
スピリツトの欠乏した創作…………… 110
自然に帰れといふこと………………… 116
種蒔く人に望む………………………… 120
支配階級の分裂と知識階級…………… 123
細田民樹君に答ふ……………………… 131
行動の理想主義………………………… 138
片上伸と吉江孤雁……………………… 142
学問思想及び芸術と流行……………… 146
中西氏に答ふ…………………………… 153
階級の発見……………………………… 156
文芸作品と人気………………………… 159
私の知り得る範囲……………………… 164
無産者文学のために…………………… 169
玩具の洋刀の『挑戦』―福士幸次郎氏に答へる…… 174
尾崎氏に答へる………………………… 180
釈明、弁駁及び啓蒙…………………… 182
新興文壇の収穫―前田河広一郎氏「赤い馬車」を読む…… 194
有島武郎氏の死について……………… 197
土の芸術其他に就て…………………… 203
芸術の職業化について………………… 207
原始芸術に関する最近の学説………… 213
アナトオル・フランス私見…………… 218
日本の近代的探偵小説―特に江戸川乱歩氏に就て…… 220
芸術家と政治…………………………… 227
無題録…………………………………… 230
大衆文学は天才文学である…………… 234
セルフ・レフレクシヨン……………… 236
『心理試験』を読む…………………… 238
プロレタリアの文学運動……………… 241
文学への刺戟…………………………… 251
新しき類型の創造―芸術観断片―…… 254
探偵小説に現るゝ名探偵―ホオムズの探偵法―…… 256
ロマンチスムの定義に就いて………… 260
プロレタリア文芸家聯盟に就て……… 266
谷崎潤一郎論(1) …………………… 269
谷崎潤一郎論(2) 谷崎氏はリアリストであるか―橋爪健氏の批評について―…… 272
大衆文芸のレーゾンデートル………… 275
複雑と単純 批評の二種類…………… 281
農民文学断想…………………………… 283
プロレタリア文学否定論の一つに就て…… 285
文学と社会科学と……………………… 288
片上氏の「文学評論」………………… 291
愛読作家についての断片……………… 294
黒岩涙香のこと………………………… 297
今後の文学理論………………………… 301
「転換期の文学」のもつ意義………… 305
所謂創作家の批評に就いて…………… 306
無産文芸三派の批判…………………… 309
随筆漫語―現代論壇の人々を評す―… 312
五十年後の文学………………………… 315
スタイルの問題其他…………………… 321
コンラッド・フアイトの変化……… 321
スタイルの問題……………………… 322
映画と子供…………………………… 323
党人と自由人と………………………… 324
文学の職業化と最低原稿料問題……… 328
目的意識の昇華―青野君の批判の批判―…… 334
作家としての小酒井博士……………… 338
プロレタリア文化概論………………… 341
プロレタリア文学の理論……………… 346
江戸川乱歩……………………………… 358
現代文学に於けるエロチシズム……… 360
現代文学の十特色……………………… 366
思想なき文学…………………………… 368
文芸は進化するか、その他…………… 371
1 文芸は進化するか?……………… 371
2 文学作品と広告…………………… 373
3 課題小説…………………………… 375
4 小説の危機………………………… 376
5 ヴアン・ダインの探偵小説論…… 377
6 新作家輩出時代…………………… 379
最近文壇の諸流派と其の人々………… 380
小説の表現力について………………… 387
芸術家の離婚問題批判………………… 391
文学者の社会的地位について………… 396
探偵小説作家に望む―あくまで厳粛な―…… 401
第2篇 文芸時評 ………………………… 405
大正8年 ………………………………… 407
大正9年 ………………………………… 448
大正10年………………………………… 498
大正11年………………………………… 528
大正15年………………………………… 557
昭和3年 ………………………………… 561
昭和4年 ………………………………… 626
昭和5年 ………………………………… 674
第3篇 文化評論 その他 ……………… 687
信濃めぐり……………………………… 689
三つの社会主義雑誌を読みて………… 695
自由恋愛の条件………………………… 697
プロレツトカルトの話………………… 705
知識階級の分解………………………… 710
山川均夫妻の印象……………………… 715
戦線をつくる必要……………………… 718
農民の社会的立場……………………… 723
学問と権力との衝突の解式…………… 725
新聞の社会的機能……………………… 729
自然力と人間力との交渉……………… 734
婦人の世紀……………………………… 741
愛国心の濫用を戒む…………………… 750
近世婦人問題の文化史的考察………… 753
西村真次氏の『文化人類学』を読む… 769
経験……………………………………… 772
文化の女性化…………………………… 776
木崎村農民学校問題所感……………… 786
社会科学………………………………… 791
社会時評………………………………… 801
現代を象徴するもの…………………… 811
思想の混沌……………………………… 816
社会時評………………………………… 829
トーキーを見て………………………… 833
モダニズムの社会的根拠……………… 836
テレヴイジヨン大学…………………… 850
補遺………………………………………… 855
人及び芸術家としての小川未明氏…… 857
作家と人気……………………………… 859
片上先生の人と事業…………………… 862
形式主義理論の自滅その他…………… 865
文芸連盟所感…………………………… 872
*解説(吉田精一)……………………… 873
*平林初之輔年譜………………………… 883
*参考文献………………………………… 907

[ 2011/03/14 23:34 ] 平林初之輔 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。