研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  広津和郎 >  『広津和郎全集』全13巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『広津和郎全集』全13巻

『広津和郎全集』全13巻(中央公論社、1973.10~1974.11)



第1巻 小説 1 1973.12.20
 
雪の夜…………………………………………11
珈琲……………………………………………13
かえり路………………………………………18
不安……………………………………………20
お志摩…………………………………………24
暗い壁…………………………………………28
病める姉と優しき弟…………………………31
其日の印象……………………………………34
眼の印象………………………………………36
平凡な死………………………………………39
町の出水………………………………………42
小胆女…………………………………………47
汽車の音………………………………………49
梅雨晴…………………………………………54
若葉の香………………………………………57
出獄の前夜……………………………………60
創立記念日……………………………………63
破れ風船………………………………………66
少年の夢………………………………………69
朝の影…………………………………………82
朝………………………………………………98
ある夜……………………………………… 102
神経病時代………………………………… 104
本村町の家………………………………… 154
崖…………………………………………… 168
師崎行……………………………………… 172
静かな春…………………………………… 187
清水港の午後……………………………… 196
線路………………………………………… 202
やもり……………………………………… 206
小さな残虐………………………………… 227
ある馬の話………………………………… 233
金魚………………………………………… 239
波の上……………………………………… 242
横田の恋…………………………………… 262
死児を抱いて……………………………… 282
お光………………………………………… 329
猟犬………………………………………… 364
針…………………………………………… 370
水溜………………………………………… 396
父と子……………………………………… 400
叩く鹿……………………………………… 415
神風連……………………………………… 422
呉宗援……………………………………… 438
遊戯場……………………………………… 449
隠れ家……………………………………… 456
生き残れる者……………………………… 468
小さい自転車……………………………… 481
*あとがき(渋川驍)…………………… 513
 

第2巻 小説 2 1974.6.10
 
月光の下で…………………………………… 9
盗心……………………………………………19
首………………………………………………34
車掌の復讐……………………………………41
競争者…………………………………………44
狗が疲れている………………………………57
さまよえる琉球人……………………………72
秋の一夜………………………………………97
黄昏………………………………………… 108
世は事もなし……………………………… 115
哀れな女…………………………………… 125
別離………………………………………… 131
探海燈の下を……………………………… 143
昭和初年のインテリ作家………………… 162
手に霜焼のした女………………………… 196
父の死……………………………………… 209
白壁のある風景…………………………… 225
頬打ち……………………………………… 252
過去………………………………………… 259
訓練されたる人情………………………… 289
或エンゼルの死…………………………… 304
一時期……………………………………… 330
心臓の問題………………………………… 356
巷の歴史…………………………………… 368
流るる時代………………………………… 392
歴史と歴史との間………………………… 422
*あとがき(渋川驍)…………………… 455
 

第3巻 小説 3 1974.10.10
 
若い人達……………………………………… 9
ひさとその女友達……………………………66
あの時代…………………………………… 103
直木三十五の笑い………………………… 149
傷痕………………………………………… 173
少年とブローチ…………………………… 186
途中下車…………………………………… 199
秋…………………………………………… 210
兄…………………………………………… 226
兄弟………………………………………… 244
鶴巻町……………………………………… 277
眼をそらさぬ娘…………………………… 288
夾竹桃……………………………………… 296
海の色……………………………………… 311
総長の温情………………………………… 322
堤防と少年………………………………… 336
あさみどり………………………………… 356
腕の噛みあと……………………………… 371
春の落葉…………………………………… 387
戯曲
八月の夜…………………………………… 409
生きて行く………………………………… 424
妻…………………………………………… 468
男装の女…………………………………… 480
童話
太助の薄馬鹿……………………………… 503
王様になった狐…………………………… 507
蜘蛛と蚰蜒………………………………… 512
三吉の鳶口………………………………… 520
鼻…………………………………………… 527
*あとがき(渋川驍)…………………… 535
 

第4巻 小説 4 1973.11.20
 
二人の不幸者………………………………… 7
若き日……………………………………… 100
青桐………………………………………… 180
薄暮の都会………………………………… 316
*あとがき(渋川驍)…………………… 501
 

第5巻 小説 5 1974.9.10
 
女給…………………………………………… 7
風雨強かるべし…………………………… 243
*あとがき(渋川驍)…………………… 515
 

第6巻 小説 6 1974.4.10
 
青麦…………………………………………… 7
狂った季節………………………………… 257
真理の朝…………………………………… 401
*あとがき(渋川驍)…………………… 473
 

第7巻 小説 7 1974.7.10
 
誘蛾燈………………………………………… 7
泉へのみち………………………………… 186
*あとがき(渋川驍)…………………… 447
 

第8巻 評論 1 1974.2.10
 
十二月の創作…………………………………15
ペンと鉛筆……………………………………24
正月の創作……………………………………26
トルストイとツルゲエネフの決闘…………41
思想の誘惑……………………………………43
愚劣な吉右衛門論……………………………44
無責任なる創作批評…………………………45
誘惑との戦い…………………………………47
自己感心の恐ろしさ…………………………49
ペンと鉛筆……………………………………51
眉に八の字の文芸……………………………52
光用穆氏の「人魚」…………………………55
N――君に ……………………………………56
個性と独創……………………………………58
トルストイの写真……………………………59
思想の変化……………………………………63
相馬御風氏の『還元録』を評す……………64
魂の戸まどい…………………………………69
舟木君に………………………………………71
チェエホフの強み……………………………72
大家の無理解…………………………………76
「サーニン」の作者…………………………79
批評家の態度…………………………………80
六月の文壇……………………………………83
芸術家時代と宗教家時代……………………89
武者小路氏の「燃えざる火」………………92
人道主義の定義………………………………96
十一月文壇……………………………………99
個性以上の物……………………………… 106
生田、武者小路両氏に…………………… 110
トルストイとチェーホフ………………… 116
「大家」と「新進作家」の傾向の際立った創作壇…… 128
正宗白鳥小論……………………………… 135
彼等は常に存在す………………………… 139
怒れるトルストイ………………………… 145
鎌倉から…………………………………… 163
存在と説明………………………………… 168
読んだ侭の印象を………………………… 174
生の論理・死の論理(アルツィバアシェフ論)…… 180
自由と責任とについての考察…………… 203
三井甲之氏の態度を評す………………… 207
それは我等の問題だ(如何なる点から杜翁を見るか)…… 211
谷崎精二君と「離合」…………………… 221
岩野泡鳴氏に与う………………………… 225
蚤と鶏……………………………………… 229
女流作家について感想…………………… 232
江馬修氏の「暗礁」を読む……………… 235
性格破産者の為めに……………………… 240
武者小路氏の「処女性」………………… 242
新年の創作を評す………………………… 245
相馬泰三氏の「荊棘の路」……………… 249
再び「荊棘の路」の作者に……………… 251
武郎氏の手紙と実篤氏…………………… 256
二葉亭のリアリズム……………………… 259
「田園の憂鬱」の作者…………………… 262
四、五の作家に就て……………………… 270
或る批評家達に与う……………………… 277
読んだものから…………………………… 284
志賀直哉論………………………………… 292
文芸時評…………………………………… 303
「蔵の中」を読む………………………… 313
『世の中へ』を読む……………………… 315
園池公致氏の「一人角力」……………… 316
菊池寛氏に答う…………………………… 317
私に与えられた公開状を読んで………… 322
鎌倉より…………………………………… 326
江口渙君に………………………………… 330
「言葉」について一寸菊池氏に………… 334
新春文壇の印象…………………………… 337
「おせい」其の他………………………… 345
鎌倉より…………………………………… 349
読んだままに……………………………… 355
二、三の作家について…………………… 363
舟木重信論………………………………… 366
六月の創作評……………………………… 370
二葉亭を想う……………………………… 382
「説明」と「描写」……………………… 389
ブルジョア文学論………………………… 391
有島武郎氏に与う………………………… 395
有島武郎の心中…………………………… 402
非難と弁護………………………………… 406
久米正雄の成長…………………………… 414
五月の創作を読む………………………… 415
散文芸術の位置…………………………… 433
新感覚主義に就て………………………… 438
再び散文芸術の位置について…………… 446
「劇場」を読んで………………………… 454
先輩諸氏の精進…………………………… 460
ペンと鉛筆………………………………… 466
ペンと鉛筆………………………………… 471
作品読んだまゝ…………………………… 474
「愛慾」と「人を殺したが……」……… 479
志賀君に、その他………………………… 485
「白霧」その他…………………………… 488
読んだまゝ………………………………… 497
沖縄青年同盟よりの抗議書……………… 509
文芸上の論戦に就て……………………… 518
二つの気質………………………………… 526
小説の主客問題、其他…………………… 532
*あとがき(橋本迪夫)………………… 539
 

第9巻 評論 2 1974.8.10
 
続文芸雑感……………………………………13
文芸雑感………………………………………21
陽春月評………………………………………24
「点鬼簿」と「歯車」………………………34
「放浪時代」と「泥濘」……………………38
返答二つ………………………………………42
文芸時評序論…………………………………47
最近の女流作家………………………………52
わが心を語る…………………………………57
政治的価値と芸術的価値……………………67
独歩と啄木……………………………………70
今年の文壇……………………………………73
芥川の嘘と真実………………………………79
政治的価値あり得るや………………………81
平林たい子の作品……………………………91
芸術派文学考察………………………………93
文芸時評(昭和5年7月)……………………98
文士の生活を嗤う………………………… 106
旅からの文芸批評………………………… 117
文芸時評(昭和6年1月)………………… 123
文芸時評(昭和6年2月)………………… 130
この頃の感想……………………………… 139
嘉村礒多とその時代……………………… 144
文芸時評(昭和7年5月)………………… 147
文芸時評(昭和7年7月)………………… 156
文学の本道を行く………………………… 161
文芸時評(昭和7年12月) ……………… 166
文芸時評(昭和8年3月)………………… 172
作家・生活・社会………………………… 178
秋声の「死に親しむ」…………………… 187
純文学の為に……………………………… 194
直木に答える……………………………… 201
『枯木のある風景』に就て……………… 205
文芸時評(昭和9年5月)………………… 206
チェエホフ私観…………………………… 214
文芸時評(昭和9年6月)………………… 221
虚無からの創造…………………………… 228
小林秀雄君に……………………………… 230
人物のステロタイプ化について………… 232
長篇小説の問題…………………………… 238
売言葉・買言葉…………………………… 242
「純文学余技説」に答う………………… 247
読んだものから…………………………… 252
犀星の暫定的リアリズム………………… 260
「小説は文学ではない」について……… 265
歴史を逆転させるもの…………………… 267
民衆は何故トルストイと袂別したか…… 272
散文精神について(講演メモ)………… 274
散文精神について………………………… 276
何故に遠慮するか………………………… 280
寒夜に想う………………………………… 287
「弱さ」と「強さ」……………………… 291
如何に時局に対処するか………………… 294
全と個……………………………………… 297
毒素と抵抗素……………………………… 302
「麦と兵隊」と「黄塵」………………… 306
徳永直の小説……………………………… 309
批評家の脳の襞…………………………… 311
一本の糸…………………………………… 314
散文芸術諸問題…………………………… 322
国民にも言わせて欲しい………………… 333
神の寵児とその反対の人………………… 343
政治と文学………………………………… 351
感心した作品……………………………… 357
秋声と白鳥………………………………… 359
美しき作家………………………………… 365
現代日本の画家…………………………… 369
中野重治の表現…………………………… 377
藤村と潤一郎……………………………… 380
藤村覚え書………………………………… 382
秋声文学小論……………………………… 389
徳田秋声論………………………………… 395
嘘と嘘の積み重ね………………………… 428
日本人の根性……………………………… 436
日本文学の視野の狭さについて………… 439
公僕か公撲か……………………………… 442
自己の真実とは…………………………… 448
再び散文精神について…………………… 451
多難なれども……………………………… 454
熱海にて…………………………………… 457
「うつりかはり」と「思ひ川」………… 463
カミュの「異邦人」……………………… 471
再び「異邦人」について………………… 476
これからの文学…………………………… 490
まだ納得出来ない………………………… 494
歴史と自由………………………………… 501
「甘さ」を恐れるな……………………… 509
ドライとウェット………………………… 511
「天平の甍」をよむ……………………… 513
日本政治の曖昧さがその温床…………… 515
「細雪」について………………………… 520
正宗さんの「アーメン」について……… 522
*あとがき(橋本迪夫)………………… 525
 

第10巻 評論 3 1973.10.20
 
松川裁判……………………………………… 9
1 事件の概要………………………………11
2 「仮定」と「可能性」の裁判…………16
3 赤間自白の問題…………………………21
4 自白と事実の食違い……………………54
5 謀議に出たのは幽霊か…………………90
6 玉川警視等の証言…………………… 114
7 高橋被告のアリバイ………………… 128
8 高橋被告の身体障碍………………… 152
9 証言を歪曲した判定………………… 176
10 その夜本田被告は酔っていた …… 195
11 本田被告のアリバイ ……………… 219
12 証人木村泰司の供述変更 ………… 231
13 詭弁と歪曲と捏造と ……………… 257
14 証人矢部寛一郎の重要性 ………… 271
15 電話の問題 ………………………… 287
16 謝礼金の問題 ……………………… 318
17 八月十二日の電話連絡 …………… 342
18 国鉄十三日謀議 …………………… 346
19 裁判官の証拠捏造 ………………… 369
20 太田はいかに取調べられたか …… 374
21 弁護依頼の手紙と手記 …………… 391
22 第二審裁判官の刑事訴訟法論 …… 403
23 国鉄十五日謀議 …………………… 418
24 佐藤一被告のアリバイ …………… 436
25 加藤被告の場合 …………………… 461
26 鈴木、二宮、阿部被告の場合 …… 474
27 他人の自白を証拠に仕立てる法律技術…… 496
28 杉浦被告が首謀者である証拠はない…… 508
29 加藤被告の運休貨物列車の連絡 … 519
30 網にかかった魚 …………………… 527
31 バールとスパナ …………………… 546
附記 被疑者以外の者・被告人以外の者…… 586
*あとがき(平野謙)…………………… 593
 

第11巻 評論 4 1974.5.10
 
松川事件と裁判……………………………… 9
1 松川事件と松川裁判…………………… 9
2 赤間は如何に取調べられたか…………19
3 玉川警視という捜査官…………………41
4 他人の自白で罪にされては堪らない…59
5 佐藤一のアリバイ………………………77
6 本田昇のアリバイ…………………… 112
7 高橋晴雄のアリバイ………………… 162
8 バールとスパナ……………………… 198
9 その他の問題………………………… 217
10 結論 ………………………………… 227
附 少数意見について………………… 230
回れ右……………………………………… 252
熱海にて…………………………………… 254
政治というもの…………………………… 258
裁判長よ、勇気を………………………… 265
真実は訴える……………………………… 268
甘さと辛さ………………………………… 284
裁判と国民………………………………… 287
仮定の上に立って裁判…………………… 294
諸氏の協力を望む………………………… 297
石坂長官の書簡…………………………… 302
再び石坂書簡について…………………… 312
熊谷判事に答える………………………… 319
福島行き…………………………………… 326
裁判官の非難に答える…………………… 331
裁判は野球の審判とは違う……………… 341
田中最高裁長官に訊ねる………………… 346
「松川裁判」のこと……………………… 376
諏訪メモの意義について………………… 378
万感あふれる思い………………………… 387
裁判雑感…………………………………… 389
七対五の示す意味………………………… 393
多数意見と少数意見……………………… 404
松川差戻し裁判…………………………… 413
松川判決前後……………………………… 422
裁判と真実………………………………… 425
松川事件・問題の新証拠………………… 436
私はうれしい……………………………… 444
裁判の公正は守られた…………………… 446
斎藤、入江両裁判官に詫びよ…………… 456
広津会長辞任の弁………………………… 457
憲法施行二十年…………………………… 459
青梅事件上告審傍聴記…………………… 470
八海事件について………………………… 496
*あとがき(平野謙)…………………… 565
 

第12巻 随筆 1 1974.3.10
 
年月のあしおと……………………………… 7
続年月のあしおと………………………… 292
*あとがき(橋本迪夫)………………… 567
 

第13巻 随筆 2 1974.11.20
 
同人感想………………………………………15
ペンと鉛筆(大正5年1月)…………………19
パイと紅茶……………………………………21
私だけの事……………………………………24
日記……………………………………………26
志賀直哉氏の印象……………………………29
初めて小説を書いて得たいろいろの感想…31
鎌倉日記………………………………………35
『変目伝』の序………………………………38
自分の行くべき道……………………………43
「神経病時代」の不満足から生れた「二人の不幸者」……45
三保の松原にて………………………………47
葛西善蔵君の一面……………………………52
奈良より………………………………………55
谷崎精二君の印象……………………………62
宇野浩二氏の印象……………………………65
芸術についての断片…………………………70
一寸描いて見た絵の事………………………73
雑感……………………………………………78
増田篤夫の椅子と鞄…………………………83
甘粕は複数か?………………………………90
尾崎紅葉の机…………………………………93
ペンと鉛筆(大正13年6月~7月)…………97
正宗白鳥と珈琲…………………………… 103
ペンと鉛筆(大正14年9月) …………… 108
その夜の三人……………………………… 113
帝展西洋画素人評………………………… 117
戯曲を書く私の心持……………………… 124
初秋雑筆…………………………………… 126
出る芽……………………………………… 131
銀座と浅草………………………………… 135
芥川君の事………………………………… 140
自分の遺書―芥川君の遺書……………… 142
葛西と自分と……………………………… 145
先ずペエシェンスから…………………… 149
父柳浪について…………………………… 153
盛夏雑筆…………………………………… 155
カッフェエ漫談…………………………… 161
随感随想(昭和7年3月27日~31日)…… 167
随感随想(昭和7年6月8日~11日) …… 174
奇蹟派の道場主義………………………… 179
文芸随筆…………………………………… 189
東の春・西の春…………………………… 201
無精作家の創作談………………………… 204
「文芸懇話会」の意味…………………… 207
明るさと暗さ……………………………… 209
『随筆わが漂泊』………………………… 215
佐藤君に答う……………………………… 218
名作屏風展の秋月………………………… 223
早稲田派煮豆の弁………………………… 226
河鹿………………………………………… 229
草雲雀……………………………………… 232
心臓の功罪………………………………… 234
八百長的な笑い…………………………… 237
民衆は真相を知りたい…………………… 239
梶井基次郎の手紙………………………… 241
此頃の世の中……………………………… 248
絵と文学…………………………………… 253
教育方針と文学…………………………… 255
ひとりごと………………………………… 261
梅原龍三郎について……………………… 267
或日の感想………………………………… 270
春寒雑筆…………………………………… 273
時代と芸術………………………………… 279
為政者の文学利用………………………… 285
年頭雑感…………………………………… 291
考えることと見ること…………………… 297
自作について……………………………… 302
派閥なし…………………………………… 304
夢殿の救世観音…………………………… 308
豪徳寺雑記………………………………… 313
須菩提……………………………………… 318
幽霊列車…………………………………… 321
戦時日記…………………………………… 328
大和路……………………………………… 367
文学者の真実……………………………… 388
牧野信一…………………………………… 394
田山花袋…………………………………… 402
奈良と小出楢重…………………………… 406
壁画焼失をめぐって……………………… 411
戦争放棄の声……………………………… 413
志賀氏と熱海……………………………… 415
手帳………………………………………… 418
「チャタレー夫人」の問題……………… 432
断片………………………………………… 435
私も脚本を書いた………………………… 438
「神経病時代」を書くまで……………… 441
久米正雄に漂う悲しさ…………………… 448
高田保の死………………………………… 451
本郷の宿…………………………………… 455
私と古陶磁………………………………… 459
熱海雑筆…………………………………… 462
生みの親から離れて行った子供………… 466
私も一言だけ忠告する…………………… 471
「中国名陶百選展」を見て……………… 474
犀星氏の手紙……………………………… 476
宇野浩二の思い出………………………… 478
虚無から楽天へ…………………………… 483
「無」が私のよりどころ………………… 485
正宗白鳥さん追憶………………………… 488
金を拾った話……………………………… 491
戦争は私を変えた………………………… 493
しかし希望はもてる……………………… 495
*年譜(橋本迪夫)……………………… 499
*主要著作年表…………………………… 515
*主要著書目録…………………………… 545
*あとがき(橋本迪夫)………………… 567
[ 2011/03/14 23:36 ] 広津和郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。