研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  福沢諭吉 >  『福沢諭吉全集』全21巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『福沢諭吉全集』全21巻・別巻1巻

『福沢諭吉全集』全21巻・別巻1巻(岩波書店、1969.10~1971.12)



第1巻 1969.10.13
 
序(奥井復太郎)………………………… 1
再版序(佐藤朔)………………………… 3
監修者のことば(小泉信三)…………… 6
凡例…………………………………………10
再版凡例……………………………………12
福沢全集緒言………………………………… 1
(増訂)華英通語……………………………67
西洋事情 初編…………………………… 275
西洋事情 外編…………………………… 383
西洋事情 二編…………………………… 483
*後記(富田正文)……………………… 609
 


第2巻 1969.11.13
 
雷銃操法福沢諭吉〔訳〕…………………… 1
西洋旅案内………………………………… 113
条約十一国記……………………………… 169
西洋衣食住………………………………… 187
兵士懐中便覧福沢諭吉〔訳〕…………… 211
訓蒙 窮理図解…………………………… 233
洋兵明鑑慶応義塾同社,福沢諭吉,小幡篤次郎,小幡甚三郎〔合訳〕…… 281
掌中 万国一覧福沢諭吉〔訳〕………… 453
英国 議事院談福沢諭吉〔訳述〕……… 485
清英交際始末慶応義塾同社,福沢諭吉〔閲〕,松田晋斎〔訳〕…… 537
世界国尽福沢諭吉〔訳述〕……………… 579
*後記(富田正文)……………………… 669
 


第3巻 1969.12.13
 
増補 啓蒙手習之文福沢諭吉〔編〕,内田晋斎〔書〕…… 1
学問のすゝめ福沢諭吉,小幡篤次郎〔同著〕……21
童蒙教草福沢諭吉〔訳〕………………… 145
かたわ娘福沢諭吉〔寓言〕……………… 315
改暦弁……………………………………… 321
帳合之法福沢諭吉〔訳〕………………… 331
日本地図草紙……………………………… 551
文字之教…………………………………… 553
会議弁福沢諭吉,小幡篤次郎,小泉信吉〔合著〕…… 613
*後記(富田正文)……………………… 639
 


第4巻 1970.1.13
 
文明論之概略………………………………… 1
学者安心論………………………………… 213
分権論……………………………………… 231
民間経済録………………………………… 299
福沢文集…………………………………… 387
通貨論……………………………………… 537
通俗民権論………………………………… 567
通俗国権論………………………………… 599
*後記(富田正文)……………………… 675
 


第5巻 1970.2.13
 
民情一新……………………………………… 1
国会論…………………………………………63
時事小言………………………………………95
時事大勢論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 233
帝室論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 257
兵論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 293
徳育如何福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 349
学問之独立福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 365
全国徴兵論 附改正徴兵令 福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 391
通俗外交論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 421
日本婦人論………………………………… 445
日本婦人論後編福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 475
士人処世論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 509
品行論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 545
男女交際論福沢諭吉〔立案〕,中上川彦次郎〔筆記〕…… 579
日本男子論福沢諭吉〔立案〕,手塚源太郎〔筆記〕…… 607
*後記(富田正文)……………………… 641
 


第6巻 1970.3.13
 
尊王論 福沢諭吉〔立案〕,石川半次郎〔筆記〕…… 1
国会の前途福沢諭吉〔立案〕,男 一太郎,男 捨次郎〔筆記〕……31
国会難局の由来………………………………71
治安小言………………………………………97
地租論……………………………………… 113
実業論福沢諭吉〔立案〕,男 一太郎,男 捨次郎〔筆記〕…… 143
福翁百話…………………………………… 195
福翁百余話………………………………… 385
福沢先生浮世談福沢諭吉〔口述〕,矢野由次郎〔速記〕…… 437
女大学評論 新女大学…………………… 461
明治十年 丁丑公論……………………… 527
瘠我慢の説………………………………… 555
*後記(富田正文)……………………… 593
 


第7巻 1970.4.13
 
福翁自伝福沢諭吉〔口述〕,矢野由次郎〔速記〕…… 1
旧藩情……………………………………… 261
ペル築城書………………………………… 281
外国諸書翻訳草稿………………………… 433
海岸防禦論マジョルバルナルト〔著述〕,福沢諭吉〔訳〕…… 475
幕末英字新聞訳稿………………………… 495
窮理全書訳稿……………………………… 619
覚書………………………………………… 655
*後記(富田正文)……………………… 691
 


第8巻 1970.5.13
 
時事新報論集1 ………………………… 1
明治15年(3月~12月)
本紙発兌之趣旨……………………………… 5
伊藤参議を餞す………………………………10
政府何ぞ奮て大に進まざるや………………13
妾の功能〔漫言〕……………………………15
一種変則の讒言………………………………17
一利一害〔漫言〕……………………………19
条約改正………………………………………20
社会の秘密〔寄書〕…………………………22
英国女皇の変報………………………………24
朝鮮の交際を論ず……………………………28
僧侶論福沢諭吉〔演説〕……………………31
通貨論…………………………………………34
公開の劇場〔漫言〕(八面山人)…………44
孰れか貴し孰れか賎し〔漫言〕……………45
異類同居亦難からず〔漫言〕………………47
物理学之要用福沢諭吉〔演説〕……………49
経世の学亦講究す可し福沢諭吉〔演説昨日の続〕……52
遺伝之能力……………………………………56
故社員の一言今尚精神〔寄書〕……………62
圧制も亦愉快なる哉…………………………64
白頭朱圏〔漫言〕……………………………67
立憲帝政党を論ず……………………………68
茶番新聞〔漫言〕……………………………73
逆櫓之船〔漫言〕……………………………75
不老不死の神丹〔漫言〕……………………77
南無妙法蓮陀仏党〔漫言〕…………………78
惑溺は酒色のみに非ず〔漫言〕……………79
神官の職務……………………………………80
朝鮮元山津の変報……………………………83
兄弟喧嘩〔漫言〕……………………………85
日本極る〔漫言〕……………………………87
言はう歟言ふまい歟〔漫言〕………………88
国会の佳境は半開の時に在り〔漫言〕……89
空砲論〔漫言〕………………………………91
弁士の秘伝〔漫言〕…………………………92
扨々大変〔漫言〕……………………………93
朝鮮政府へ要求す可し………………………94
脳病は稀にして胃病は多し〔漫言〕………96
馳せ登りたり〔漫言〕………………………98
四問会〔漫言〕………………………………99
騎犬の勢〔漫言〕………………………… 100
三伏の日寒中見舞〔漫言〕……………… 102
新刀流と一刀流〔漫言〕………………… 103
〔孟子の訴状〕〔漫言〕………………… 104
演説遣ひ〔漫言〕………………………… 107
治安新策〔漫言〕(痴嚢老人)………… 108
何れも困る〔漫言〕……………………… 110
藩閥寡人政府論…………………………… 111
時事新報発行解停………………………… 160
連類はなきや〔漫言〕…………………… 163
神下し〔漫言〕…………………………… 165
親を売るは朋友を売るに若かず〔漫言〕…… 166
学校停止〔漫言〕………………………… 167
金の世の中〔漫言〕……………………… 169
天険論一策以て漫言翁に質す〔漫言〕(窮志田作太)…… 170
官の為に鳴き私の為に鳴く〔漫言〕…… 172
復古の御代〔漫言〕……………………… 173
読書のくちなをし〔漫言〕……………… 174
皇居御造営に就き太政官の建築を望む… 176
握り詰る勿れ〔漫言〕…………………… 178
交情妨げられて愈密なり〔漫言〕……… 179
時勢問答…………………………………… 180
新聞紙の撮食〔漫言〕…………………… 200
裏を掻く〔漫言〕………………………… 201
鼠に告ぐ〔漫言〕………………………… 202
力瘤願下之事〔漫言〕…………………… 203
何処迄行てもペイペイだ〔漫言〕(無閥小史)…… 204
今一年の気根競らべ〔漫言〕…………… 206
神授の妙策〔漫言〕(古風老人)……… 207
泣く子と地頭〔漫言〕…………………… 208
焼くか焼かぬか〔漫言〕………………… 209
天機漏らす可らず〔漫言〕……………… 211
コレラ祭り〔漫言〕……………………… 212
県令に男子なし〔漫言〕………………… 214
局外窺見…………………………………… 216
篭鳥尚羨むに堪えたり〔漫言〕………… 237
太平の民草〔漫言〕(古風老人)……… 239
監視官の食料夜具蒲団〔漫言〕(安房の冠者)…… 240
さう旨くはだまされないぞ〔漫言〕…… 241
石地蔵〔漫言〕(古風翁)……………… 242
朝鮮の変事………………………………… 243
異物同称のコレラ病〔漫言〕…………… 250
朝鮮政略…………………………………… 251
喉笛に喰付け〔漫言〕…………………… 259
コレラ除の御祈祷〔漫言〕加茂国麿〔投寄〕…… 260
奥様の下紐拝借〔漫言〕………………… 262
豚が怖くて行かれませぬ〔漫言〕……… 263
朝鮮事変続報余論………………………… 264
油断大敵〔漫言〕………………………… 273
朝鮮政略備考……………………………… 275
飼犬も亦時としては〔漫言〕…………… 284
大院君の政略……………………………… 285
出兵の要…………………………………… 290
千松新聞〔漫言〕………………………… 293
朝鮮の事に関して新聞紙を論ず………… 294
日支韓三国の関係………………………… 296
脳弱病〔漫言〕…………………………… 305
旨ひ物喰って油断をするな〔漫言〕…… 307
蹇に踏まるゝ勿れ〔漫言〕(奈賀代次生)…… 308
敵を見て矢を作ぐべし〔漫言〕………… 309
芝罘より出たる軍艦はチャーフーなり〔漫言〕…… 311
ならぬ堪忍〔漫言〕……………………… 312
支那国論に質問す………………………… 313
文王武王の争論〔漫言〕………………… 323
朝鮮事件談判の結果……………………… 326
朝鮮新約の実行…………………………… 330
虱が移る〔漫言〕………………………… 332
朝鮮の償金五十万円……………………… 334
聾者疑念深し〔漫言〕…………………… 337
鴉片戒〔漫言〕…………………………… 338
災難の原因〔漫言〕……………………… 339
いろは加留多も御存じないか〔漫言〕… 341
倦まざらしむべし〔漫言〕……………… 342
鉄道論……………………………………… 343
一ト思案すべし〔漫言〕………………… 349
其小なること小指の如し〔漫言〕……… 350
極端主義…………………………………… 352
妻妾区別の説〔漫言〕…………………… 357
仁義礼智孝悌忠信〔漫言〕……………… 360
政治の名分………………………………… 362
太政官第五十一号布告…………………… 368
守成は創業に異なり……………………… 371
道理で〔漫言〕…………………………… 376
新聞新聞〔漫言〕………………………… 377
天下憂ふ可きもの二あり………………… 378
学と不学との分析〔漫言〕……………… 384
真言秘密は以て夫婦喧嘩を和するに足らず〔漫言〕…… 385
胎内の孝行は難し〔漫言〕(慶応義塾生)…… 387
太郎の大酒〔漫言〕……………………… 389
極端論……………………………………… 390
狡兎死して良狗は何とするや〔漫言〕… 393
廃県論……………………………………… 394
天下自省す可きものあり………………… 402
差料の刀を以て自殺する者は誰ぞ〔漫言〕…… 418
北海道の遺利惜しむべし………………… 419
去年の夢旧連官〔漫言〕………………… 422
弁才天女の前身〔漫言〕………………… 423
尚自省せざる者あり……………………… 424
東洋の政略果して如何せん……………… 427
営業毀損〔漫言〕………………………… 443
若殿様の御相撲〔漫言〕………………… 445
主義の食傷〔漫言〕……………………… 446
造船の事業奨励せざる可らず…………… 447
大精進は難ひ哉〔漫言〕………………… 451
肉食せざるべからず……………………… 452
潔癖の主義達するに難し〔漫言〕……… 457
急変論……………………………………… 458
医者の不養生〔漫言〕…………………… 464
徳育余論…………………………………… 465
私塾誤り証文之事〔漫言〕(板勘兵衛)…… 470
時事新報の本色…………………………… 472
明治16年(1月~5月)
明治十六年前途之望……………………… 479
空念仏講〔漫言〕………………………… 496
牛場卓造君朝鮮に行く…………………… 497
牛にひかれて善光寺参り〔漫言〕……… 506
支那朝鮮の関係…………………………… 507
儒教豈唯道徳のみならんや〔漫言〕…… 516
主義の伝染は病の伝染に異なり〔漫言〕…… 517
米国我馬関償金を返す…………………… 519
つがもない〔漫言〕……………………… 522
売薬論……………………………………… 523
売薬論……………………………………… 530
投機必ずしも空米のみならず〔漫言〕… 534
新聞記者の敗北〔漫言〕………………… 535
雪之説……………………………………… 536
又も喧嘩の買出しに来たり〔漫言〕…… 539
開国論……………………………………… 541
朝鮮来状〔漫言〕………………………… 554
府県会の小歴史〔漫言〕(黙々黙人)… 555
養子養子たらず〔漫言〕………………… 557
正直は芸にあらず………………………… 558
時事新報の一周年日……………………… 561
日本亦富国たるを得べし………………… 564
漢学の主義其無効なるを知らざる乎…… 570
富豪の進歩を妨る勿れ…………………… 573
朝鮮国を如何すべきや…………………… 579
時候の挨拶亦其由縁あり〔漫言〕……… 582
儒教の主義は私の著書に及ばず〔漫言〕(文化老人)…… 584
堂に昇て室に入る勿れ〔漫言〕………… 585
御儀式の生捕〔漫言〕…………………… 587
米国政府下の関償金の元金を返す……… 588
ソリャ又来たぞ〔漫言〕………………… 591
三田の女髪結〔漫言〕…………………… 593
探訪通信も亦難い哉〔漫言〕…………… 594
西洋諸国の文明は其実物に就て之を見よ…… 596
文明開化の進歩は次第に其速力を増す… 599
人事は有形の文明に由て左右す可し…… 602
文明の利器果して廃す可きや…………… 605
政治の熱心を誘導する其法なきに非ず… 608
漢学の中日和〔漫言〕(文化老人)…… 611
世話の種類も亦多し〔漫言〕…………… 612
日本には船なかるべからず……………… 614
人為の法則は万古不易たるの約束なし… 616
年齢の平均は難い哉〔漫言〕…………… 620
攻防論……………………………………… 622
農業を論ず………………………………… 640
ワイヨミン砲台を築くべし〔漫言〕…… 646
人間の権力は一、二人の専有にあらず… 648
道徳の議論は軽躁に判断す可らず……… 652
支那人の挙動益怪しむ可し……………… 655
パークス公使北京に往かんとす〔寄書〕…… 658
買物に法あり〔漫言〕…………………… 660
儒教主義の成跡甚だ恐る可し…………… 662
変はるに困る〔漫言〕(文化老人)…… 665
社会の秩序は紊乱の中に却て燦然たるものを見る可し…… 666
*後記(富田正文)……………………… 671
 


第9巻 1970.6.13
 
時事新報論集2 ………………………… 1
明治16年(6月~12月)
朝鮮政略の急は我資金を彼に移用するに在り…… 5
日本の資本を朝鮮に移用するも危険あることなし…… 7
朝鮮国に資本を移用すれば我を利すること大なり……10
首府改造と皇居御造営と……………………13
安南の風雨我日本に影響すること如何……19
誠に目出度し〔漫言〕………………………21
支那人民の前途甚だ多事なり………………23
調和の急は正に今日に在り…………………28
紙幣引換を急ぐべし…………………………31
不虞に備予するの大義忘る可らず…………36
国財論…………………………………………39
敵の勝つべきを恃まず〔漫言〕(曇床頓子)……60
外債を起して急に紙幣を兌換するの可否に付東京日々新聞の惑を解く……61
腰の物検査〔漫言〕(文政老士)…………75
国財余論………………………………………77
〔青年輩の失敗〕渡辺治〔筆記〕…………82
原被連帯片造の詞訟〔漫言〕………………86
外交の思想養成せざる可らず………………88
支那行を奨励すべし…………………………91
文明の風を導くには取捨する所あるを要す……94
朝野新聞に答ふ………………………………96
世態論時事新報に呈す五九楼仙蛮〔寄送〕…… 100
チョン髻ばかりは〔漫言〕……………… 108
日本人は今の日本に満足せんとするか… 110
伊藤参議の帰朝近きに在り……………… 115
高等法院の福島事件公判………………… 118
天下大に急にすべきものあり…………… 121
金満家奮へよや…………………………… 125
沖縄想像論………………………………… 129
人事停滞の毒恐るべし…………………… 131
我文明は退歩するものには非ずや……… 137
政談の熱畏るゝに足らず………………… 142
保守の文字は復古の義に解す可らず…… 148
英国公使「パークス」氏の答詞………… 151
支那との交際に処するの法如何………… 154
文明の主義を知らんと欲する者は洋書を読む可し…… 161
洋学の地位高尚なるを要す……………… 163
通俗医術論………………………………… 166
士族の授産は養蚕製糸を第一とす……… 172
政治家の秘訣……………………………… 184
時事新報の敗訴天下の為に賀す………… 186
外交論……………………………………… 192
学者の議論………………………………… 204
婦女孝行論………………………………… 207
思想精密にして鄙事に多能なる可し…… 210
憂世家の手段……………………………… 212
百に三升賀す可きや弔す可きや〔漫言〕…… 215
商人に告るの文…………………………… 216
婦女孝行余論……………………………… 219
安南朝鮮地を換へば如何なりし歟……… 222
医師規則の布告を読む…………………… 225
一挙して日本の商権を握るの伝授〔漫言〕…… 234
国債の抵当乏しからず〔漫言〕………… 236
日本の用終れり…………………………… 237
西洋人の日本を疎外するは内外両因あり…… 241
時事新報解停……………………………… 244
学者と政治家との区分…………………… 248
日耳曼の東洋政略………………………… 252
大演説〔漫言〕…………………………… 258
身体を大切にすべし……………………… 259
古書画流行〔寄書〕……………………… 262
文明進歩の速力は思議すべからず……… 264
氷の刃を懐にして〔漫言〕……………… 267
儒教主義…………………………………… 268
徳教之説…………………………………… 277
武家奉公御構ひ〔漫言〕(文化老人)… 294
誠に面白し〔漫言〕……………………… 295
大に鉄道を布設するの好時節…………… 297
時運逆行株式取引所の衰盛〔漫言〕…… 306
政事と教育と分離す可し………………… 308
大儲け大儲け〔漫言〕…………………… 312
文部省直轄の学校をして独立せしめんことを祈る…… 314
饑饉の用意………………………………… 322
学生処世の方向…………………………… 328
挽いて転ぶも弾いて転ぶ勿れ〔漫言〕… 333
我国普通の洋学は英語に帰す可し……… 334
短気は損気なり鉄道は気長に布設すべし〔漫言〕…… 343
年始の御祝儀〔漫言〕…………………… 345
明治17年(1月~7月)
又金儲けの新工風〔漫言〕……………… 349
国を富強するは貿易を盛大にするに在り…… 351
日本の貿易を助け長ずるの工風を為すべし…… 353
大日本帝国内外貿易の中心市場………… 356
東京に築港すべし………………………… 359
東京に新港を築くの方法………………… 361
紙幣兌換遅疑するに及ばず……………… 364
〔衛生上の注意〕………………………… 370
新港成就して東京内外貿易の中心市場と為る…… 375
海外御巡幸………………………………… 377
雪中の談話〔漫言〕……………………… 390
私立学校廃す可らず……………………… 391
一ト雪三十万円〔漫言〕………………… 398
夜鷹相場〔漫言〕………………………… 400
内地雑居の喜憂…………………………… 401
新訳白骨の御文章〔漫言〕……………… 408
仏国は支那の恩人なり…………………… 409
日本は支那の為に蔽はれざるを期すべし…… 412
都会の花〔漫言〕………………………… 416
蒸気機関の事を記して併せて三菱共同運輸両会社に論及す…… 417
日本と米国との貿易の偏重ならざるを望む…… 439
米国は志士の棲処なり…………………… 442
血統論……………………………………… 445
東洋にビスマークなしと云ふこと勿れ〔漫言〕…… 448
新発明の未だ起らざるに先ちて旧工夫の恩に浴す可し…… 450
男児志を立てゝ郷関を出づべし………… 455
移住論の弁………………………………… 458
人を容るゝこと甚だ易し………………… 460
富を作るの地を択む可し………………… 463
眼を朝鮮に注ぐべし……………………… 466
経世に高尚論は無用なり………………… 469
日本東京万国大博覧会…………………… 472
商売を以て我国特有の所長と為す可し… 478
日本人民は馬鹿なり〔漫言〕…………… 482
名を以て実を誤る勿れ…………………… 483
英米の外道〔漫言〕……………………… 488
開鎖論……………………………………… 489
条約改正論………………………………… 503
奮て故郷を去れ…………………………… 525
全国の富を専有すること甚だ易し〔漫言〕…… 528
宗教も亦西洋風に従はざるを得ず……… 529
日耳曼風万々歳〔漫言〕………………… 537
三菱郵便汽船香港の航路を止む………… 538
尚早し既に晩し…………………………… 541
富貴功名は親譲りの国に限らず〔漫言〕…… 545
泥の海〔漫言〕…………………………… 547
支那政府の失敗支那人民の幸福………… 548
西洋人と支那人と射利の勝敗如何……… 551
不幸長命にして死せず〔漫言〕………… 557
法律のみに依頼して外国人を制す可らず…… 558
氏素姓は拙者存ぜず〔漫言〕(お玉杓子)…… 561
隣国の戦争〔寄書〕(炯々市隠)……… 563
華族の資格如何…………………………… 564
華族の資産如何す可きや………………… 567
兵役遁れしむ可らず……………………… 570
*後記(富田正文)……………………… 575
 


第10巻 1970.7.13
 
時事新報論集3 ………………………… 1
明治17年(8月~12月)
乗馬飼養令…………………………………… 5
朝鮮に在る日本の利害は決して軽少ならず…… 8
雲上人のお行列〔漫言〕……………………11
仏国戦を台湾に開く…………………………12
宗教の熱は二百十二度以下に在るべし〔漫言〕……15
脈既に上れり…………………………………17
条約改正直に兵力に縁なし…………………20
外交には自から順序手続あるものなり……23
御近方まで参りたるに付〔漫言〕(重井槍梨)……26
火事場の銭儲け〔漫言〕……………………28
田舎の因果〔漫言〕…………………………29
輔車唇歯の古諺恃むに足らず………………30
清朝の秦檜胡澹庵……………………………33
嘉言善行の儀に付時事新報社へ御相談〔漫言〕(陳糞子)……37
将門様の御立腹〔漫言〕……………………38
大祭大風〔漫言〕……………………………40
支那を滅ぼして欧洲平なり…………………42
支那風擯斥す可し……………………………49
宗旨宣布の方便………………………………52
気取らッしやるな〔漫言〕…………………58
墓地及埋葬取締規則…………………………60
拷問の説………………………………………63
国の名声に関しては些末の事をも捨つべからず……67
唐嘉言唐善行〔漫言〕(天保山人)………70
東洋の波蘭……………………………………72
貧富論…………………………………………80
巻煙草は必ずしも乗馬に伴ふを要せず〔漫言〕…… 100
米の直段…………………………………… 101
後進生に望む……………………………… 104
偽孝行と偽学問〔漫言〕………………… 108
古記古物保存す可し用ゆ可らず………… 110
通俗道徳論………………………………… 113
虫喰節の出殻〔漫言〕…………………… 133
米国の前途如何ん………………………… 134
朝鮮事変…………………………………… 137
朝鮮国に日本党なし……………………… 141
我日本国に不敬損害を加へたる者あり… 144
朝鮮事変の処分法………………………… 147
支那兵士の事は遁辞を設るに由なし…… 151
軍費支弁の用意大早計ならず…………… 155
戦争となれば必勝の算あり……………… 158
国民の私に軍費を醵集するの説………… 162
疫はらひましょ御疫はらひましょ〔漫言〕…… 168
明治18年(1月~12月)
過去漫に想ふ勿れ現在未来こそ大切なれ…… 173
前途春如海………………………………… 176
お宝お宝〔漫言〕………………………… 179
敵国外患を知る者は国亡びず…………… 181
御親征の準備如何………………………… 184
朝鮮丈けは片付きたり…………………… 187
尚未だ万歳を唱るの日に非ず…………… 189
遣清特派全権大使………………………… 192
国民の利害一処に帰着す………………… 196
仏国と同盟の疎密………………………… 199
非軍備拡張論者今如何…………………… 201
礼儀正しく理屈正し〔漫言〕…………… 204
官報再読す可し…………………………… 206
求る所は唯国権拡張の一点のみ………… 210
我輩の所望空しからざるを知る………… 213
尚ほ恃むべきものあり…………………… 215
我を恃み又人を恃む……………………… 218
朝鮮独立党の処刑………………………… 221
曲彼れに在り直我れに在り……………… 227
人心の集点………………………………… 229
投機商たらざるを得ず…………………… 231
国交際の主義は脩身論に異なり………… 234
脱亜論……………………………………… 238
節情会〔漫言〕…………………………… 240
兵備拡張論の根拠………………………… 242
富国策……………………………………… 248
明治十八年四月四日梅里杉田成卿先生の祭典に付演説…… 250
朝鮮国の始末も亦心配なる哉…………… 253
英露の挙動、掛念なき能はず…………… 256
二大会社の競争…………………………… 259
日本の海運は如何なる可きや…………… 261
天津の談判落着したり…………………… 263
天津条約…………………………………… 265
日本兵去て在朝鮮日本人の安危如何…… 267
西洋の文明開化は銭に在り……………… 269
日本は尚未だ銭の国に非ず……………… 272
日本をして銭の国たらしむるに法あり… 275
政治の思想一方に偏す可らず…………… 278
天下の人心を政治の一方に奔らしむる者は封建士族の遺風なり…… 281
秩序紊乱の中に秩序あり………………… 284
何故に車夫代は慥に請取申し難きや〔漫言〕…… 287
改革と滅亡と択む所を知れ……………… 289
仏清新天津条約…………………………… 295
老壮論……………………………………… 299
支那の貿易望み無きに非ず……………… 304
対馬の事を忘る可らず…………………… 310
巨文島に関する朝鮮政府の処置………… 312
日本の水害は果して不治の病なるべきや…… 316
経世上に宗教の功徳を論じて併せて布教法の意見を述ぶ…… 326
日本帝国の海岸防禦法…………………… 331
慶応義塾暑中休業に付き演説…………… 353
立身論宇宙生〔寄送〕…………………… 357
人間交際の礼……………………………… 372
国民の外交………………………………… 376
朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す…… 379
朝鮮の滅亡は其国の大勢に於て免る可らず…… 382
時事新報解停の命を得たり……………… 388
小銀貨にて紙幣を交換する事…………… 392
支那は果して其大版図を保つ能はざるか…… 395
内商外商…………………………………… 402
コレラの用心……………………………… 415
工商社会に栄誉権力を重んず…………… 418
英語と支那語……………………………… 424
教法の盛衰は世の不景気に係はる筈なし…… 427
英吉利法律学校開校式の演説…………… 434
大院君の帰国……………………………… 436
拝借論……………………………………… 439
紙幣交換の為めには外債も憚るに足らず…… 444
朝鮮の大院君帰国したり………………… 455
封建の時代に取る可きものあり………… 461
錦衣何ぞ必ずしも故郷に限らん………… 464
外債論……………………………………… 470
日本郵船会社の紛紜……………………… 483
兵備拡張…………………………………… 487
報酬なければ事挙らず…………………… 490
尾州知多郡の酒造改良…………………… 492
朝鮮の多事………………………………… 497
朝鮮の事…………………………………… 499
内閣の組織………………………………… 502
伊藤伯の政府……………………………… 506
売薬営業毀損之訴落着…………………… 508
明治19年(1月~3月)
明治十九年一月一日……………………… 513
日本郵船会社の事情如何………………… 516
日本工商の前途如何……………………… 523
責任宰相の和解…………………………… 534
加藤弘之君へ質問〔漫言〕……………… 537
節倹論……………………………………… 538
慶応義塾学生諸氏に告ぐ………………… 549
成学即身実業の説、学生諸氏に告ぐ…… 554
国役は国民平等に負担すべし…………… 557
教育の方向如何…………………………… 567
文明を買ふには銭を要す………………… 569
徳行論……………………………………… 572
*後記(富田正文)……………………… 577
 


第11巻 1970.8.13
 
時事新報論集4 ………………………… 1
明治19年(4月~12月)
帰京後各地の士人に謝す…………………… 5
今の日本の道路は封建制度の遺物なり…… 7
全国雑居………………………………………10
華族世襲財産法………………………………15
太平洋海底電線………………………………17
今日は無事にあらずして無人なり…………22
立身の道は近きに在り………………………24
文明社会の仕組は一騎打の功名を許さず…27
旧藩主華族は其旧領地に帰住す可し………33
法必ず信………………………………………35
旧藩主華族其旧領地に帰住するの利益……38
米麦作を断念す可し…………………………40
男女交際余論…………………………………45
相場所の一新を望む…………………………56
明治十九年七月十日慶応義塾維持社中の集会にて演説……60
離婚の弊害……………………………………63
離婚の原因……………………………………65
離婚を防ぐの法は男女の交際に在り………68
米価騰貴せざれば国の経済立ち難し………71
米の輸出は農家を利して商売の機を促がすに足る可し……74
米の輸出は永久の策にあらず………………76
金玉均氏………………………………………79
支那軍艦を如何せん…………………………82
九州への往来便利迅速なるを要す…………85
小笠原島の金玉均氏…………………………88
支那艦をして漫に其処を去らしむ可らず…90
英雄功名論……………………………………92
条約改正の愉快は無代価にて得らる可きものに非ず……96
条約改正すれば外国交際も亦一面目を改む可し……99
世界甚だ広し独立の士人不平を鳴らす勿れ…… 102
宮古八重山を如何せん…………………… 106
後進の士人は安心の地位を択ぶ可し…… 110
学問の所得を活用するは何れの地位に於てす可きや…… 112
今の学者は商売に適するものなり……… 115
素町人の地位取て代はる可し…………… 118
外交の要は内外両様の信を重んずるに在り…… 121
日本郵船会社の始末を如何せん………… 125
法律慣行の改革は独立独断を以てす可し…… 133
財産保存増殖の安全法…………………… 136
ノルマントン号沈没事件を如何せん…… 139
ノルマントンの不幸に付き耶蘇宣教師の意見を問ふ…… 142
内地雑居の用意…………………………… 144
婚姻早晩論………………………………… 153
日本の官途は栄誉の源にあらず………… 158
日本の官途は利益の源にあらず………… 161
皇族と人民との関係……………………… 164
歳末の一言学者後進生に呈す…………… 166
明治20年(1月~12月)
明治二十年一月一日……………………… 171
年初の一言学者士君子に呈す…………… 173
朝鮮は日本の藩屏なり…………………… 175
外国との戦争必ずしも危事凶事ならず… 178
内地に学校を設立すると外国に移住するを助ると其利不利如何…… 180
社会の形勢学者の方向、慶応義塾学生に告ぐ…… 183
財政の回復到底望む可らず……………… 209
商売社会の約束は単に法律のみに拠る可らず…… 212
長崎事件平穏に落着す…………………… 215
時是れ黄金………………………………… 218
漫に驚駭慌惶する勿れ…………………… 222
相馬家事件に就ての所感………………… 224
癲狂者取扱法の改良……………………… 226
内外の交際揖譲して対等の義を忘る可らず…… 229
海防費の下賜……………………………… 232
唯節減あるのみ…………………………… 234
献金者へ位階を授くるの説……………… 237
〔交詢社の特色〕………………………… 240
日本人と西洋人と内外表裏の別………… 243
明治二十年四月二十三日慶応義塾演説館にて学生諸氏に告ぐ…… 254
頌徳の祝宴………………………………… 257
官有鉄道を人民に売るの説……………… 259
流言亦以て道徳城を堅くするに足る可し…… 264
日本の華族………………………………… 268
白象人魂を返上す〔漫言〕……………… 270
祭礼の賑ひに商家の気転を促す………… 273
節倹と奢侈………………………………… 275
蛸会社〔漫言〕…………………………… 284
糞車人力車利害を殊にす〔漫言〕……… 285
条約改正は事宜に由り中止するも遺憾なし…… 286
人身の接続法〔漫言〕…………………… 289
〔地方有志者の問に答ふ〕……………… 291
麦藁が丁度よかんべい〔漫言〕………… 293
新聞屋の懲罰……………………………… 295
席順の通用は何処まで〔漫言〕………… 298
国民の教育………………………………… 299
高輪の小便独仏の境界〔漫言〕………… 302
シーレン酒の製造〔漫言〕……………… 304
教育の経済………………………………… 305
子宮病の声は止めにしたい〔漫言〕…… 313
英雄の製造法〔漫言〕…………………… 314
演劇改良比翼舞台の説〔漫言〕………… 316
耶蘇教会女学校の教育法………………… 318
経済の新主義〔漫言〕…………………… 323
条約改正会議延期………………………… 325
日本の蚕糸家は支那の競争を忘るべからず…… 327
衛生論〔漫言〕…………………………… 329
政略………………………………………… 332
衛生論の秘伝漫言子に告ぐ〔漫言〕(妻利溺内)…… 340
節倹論……………………………………… 341
日蝕の思付〔漫言〕……………………… 350
日蝕に懲り懲り〔漫言〕………………… 351
蜜蜂心あるに似たり〔漫言〕…………… 352
洋字にて日本新聞紙を発行すべし……… 353
無暗から無暗〔漫言〕…………………… 356
鉄道の運賃我れは人なり〔漫言〕(南瓜山人)…… 358
温泉場の経済〔漫言〕…………………… 359
内閣員の更迭……………………………… 361
官熱往来〔漫言〕………………………… 363
人民の豪奢は寧ろ之を勧む可し………… 364
府県治は人民の快楽に干渉す可らず…… 366
民間の文明をして却歩せしむる勿れ…… 369
お構ひ下さるな〔漫言〕(慶応義塾一書生)…… 371
売居の広告〔漫言〕……………………… 374
私権論……………………………………… 375
公共墓地の制を廃して之を寺院に托すべし…… 390
御用商人…………………………………… 392
芝居論……………………………………… 395
ブランヂーと糞臭〔漫言〕……………… 398
読ヂャパンメール新聞…………………… 400
経済小言…………………………………… 402
官民調和論………………………………… 413
今後を如何せん…………………………… 416
明治21年(1月~12月)
明治二十一年一月一日の寿……………… 421
施政迩言…………………………………… 423
外務大臣更迭……………………………… 435
徳教の主義は各その独立に任す可し…… 436
徳風の衰えたるは一時の変相たるに過ぎず…… 439
徳教の要は其実施に在り………………… 441
徳風を正に帰せしむるの法は其実例を示すに在り…… 444
私徳固くして楽事多し…………………… 447
紡績所の糸を如何せん…………………… 450
文明の利器に私なきや…………………… 452
欧洲治安策〔漫言〕(陀女団兵衛)…… 460
慶応義塾学生に告ぐ……………………… 461
志士を処するの法………………………… 464
官立公立学校の利害……………………… 466
教育組織の改革を祈る…………………… 469
国会の準備………………………………… 472
内閣総理大臣の更迭……………………… 477
内閣と枢密院と…………………………… 479
後進生に望む……………………………… 481
博士会議…………………………………… 485
公共の教育………………………………… 488
六月二日府下三田慶応義塾演説、慶応義塾学生に告ぐ…… 496
演劇演芸の改良…………………………… 499
医説………………………………………… 502
鋳掛久平地獄極楽廻り〔漫言〕散憂亭変調〔口演〕…… 504
日本米国間の航路………………………… 511
日米貿易前途の望み……………………… 514
大工事の起るや時節あり………………… 518
七月四日…………………………………… 520
金利の説…………………………………… 523
美術と宗教………………………………… 531
井上伯の入閣……………………………… 533
条約改正敢て求めず……………………… 535
芝居改良の説……………………………… 543
内閣責任の有無如何……………………… 554
政府に於て国会の準備は如何…………… 556
官庁下馬下乗の制限……………………… 565
政談………………………………………… 568
現政府の地位……………………………… 570
内閣更迭の先例…………………………… 572
立国の脊骨………………………………… 574
二様の平安策……………………………… 577
明治二十一年十二月三十一日…………… 582
*後記(富田正文)……………………… 585
 


第12巻 1970.9.14
 
時事新報論集5 ………………………… 1
明治22年(1月~12月)
明治二十二年一月一日……………………… 5
天下何れの処か小錦なからんや〔漫言〕… 7
徳教は目より入りて耳より入らず………… 9
一国の徳風は一身より起る…………………11
内閣更迭の慣例………………………………13
保安条例の廃止………………………………15
憲法発布うはさの区々〔漫言〕(古河の若隠居)……17
日本国会縁起…………………………………20
森文部大臣の死去……………………………47
伊藤伯の演説…………………………………49
文部大臣の後任………………………………52
ドクトル・セメンズを弔す…………………54
世に無形究理の議論多し……………………58
貧富知愚の説…………………………………62
真宗の説教……………………………………66
政党以外の内閣………………………………68
政治上には唯主義あるのみ…………………71
政治の進歩は徐々にす可し急にす可らず…74
政治社会の門閥は今尚ほ存す………………76
旧藩政と英政と………………………………79
後藤伯の入閣…………………………………82
市川団十郎……………………………………84
分財の議論今より講ず可し…………………87
読メール新聞…………………………………90
保安条例………………………………………92
華族と士族……………………………………94
慶応義塾学生に告ぐ…………………………97
明治廿二年四月廿一日交詢社大会に於て演説…… 102
国会準備の実手段………………………… 104
喜多内争談〔漫言〕……………………… 128
一昨五日植半楼に開きし慶応義塾旧友会の席上に於ける福沢先生演説の筆記…… 130
宗旨雑話…………………………………… 134
疑心と惑溺と……………………………… 136
華族の教育………………………………… 139
家庭の遊戯………………………………… 143
日本国の功労……………………………… 145
華族に告ぐ………………………………… 147
関口隆吉氏の遺書………………………… 151
八岐の大蛇〔漫言〕……………………… 154
掘る者あれば埋る者あり〔漫言〕……… 154
二十年来教育の結果如何………………… 156
智と情と…………………………………… 161
田分の字解〔漫言〕……………………… 164
福沢先生名誉職市参事会員辞職の始末… 165
官尊民卑売言葉に買言葉………………… 171
速成医の説………………………………… 173
寺門をして其本色に還らしむ可し……… 176
文覚上人〔漫言〕………………………… 181
厚勝薄敗の時代〔漫言〕………………… 183
漫に大望を抱く勿れ……………………… 185
富豪維持の説……………………………… 188
条約改正、法典編纂……………………… 200
法典編纂の時機…………………………… 207
功臣の離合………………………………… 210
法律の文字………………………………… 212
条約改正の形勢…………………………… 214
文明教育論………………………………… 218
条約改正の困難…………………………… 222
条約改正の困難は公論の裏面に在り…… 224
東京三百年祭会…………………………… 230
坊主の賭は如何〔漫言〕(重城呵郎)… 233
条約改正に対して英国の意向如何……… 235
法典発布の利害…………………………… 238
北海道開放………………………………… 243
横浜正金銀行に所望あり………………… 246
実業家の利害は如何……………………… 249
社稷の臣…………………………………… 251
国会平和の用心怠る可らず……………… 255
私行を責むる如何にして可ならん……… 258
功名手柄を明にす可らず………………… 260
山県伯の帰朝……………………………… 263
日秘鉱山会社……………………………… 266
大隈伯の一身……………………………… 269
伊藤伯の辞職……………………………… 271
政海の事情………………………………… 273
新内閣の方向……………………………… 276
元勲優遇…………………………………… 278
天下太平、策なきにあらず……………… 280
皇族と政治………………………………… 283
日本社会尚ほ若し………………………… 285
情実の病根除く可し……………………… 288
条約改正始末……………………………… 297
官辺の交際法……………………………… 312
功臣崇拝…………………………………… 314
明治二十二年大晦日……………………… 319
明治23年(1月~12月)
明治二十三年一月一日…………………… 325
礼者へ御馳走〔漫言〕…………………… 327
運の説……………………………………… 329
帝国議会…………………………………… 332
政治社会を如何せん……………………… 337
〔実業商売と学問〕……………………… 342
鉄道財産…………………………………… 344
北海道の離宮……………………………… 352
相場所の所望……………………………… 355
違約の徳義〔漫言〕……………………… 358
新島襄氏の卒去…………………………… 359
〔学問に凝る勿れ〕……………………… 361
富籤法の利用……………………………… 364
憲法一週年期……………………………… 369
読東京日々新聞〔漫言〕(片留仁雄鶴)…… 371
少壮生の始末を如何せん………………… 372
法界奇聞…………………………………… 386
実業家の学術思想………………………… 388
金融論……………………………………… 390
読倫理教科書……………………………… 397
救急の一策………………………………… 400
世の中を賑かにする事…………………… 403
行軍遅速の研究…………………………… 406
洋学の先人へ贈位………………………… 409
漫に米価の下落を祈る勿れ……………… 411
米商論……………………………………… 415
明治廿三年四月廿七日交詢社大会……… 424
財政始末…………………………………… 426
多額納税の貴族院議員…………………… 441
貧民救助策………………………………… 443
安寧策……………………………………… 450
議員撰挙の結果…………………………… 470
文部の当局者に望む……………………… 472
〔学林中の松梅〕………………………… 474
米策〔漫言〕(古賀棚才九郎)………… 478
日本は政治に因りて重きを為さず……… 479
コレラ防ぎの寄附………………………… 482
尚商立国論………………………………… 484
神仏を論じて林政に及ぶ………………… 497
当世の金儲け〔漫言〕…………………… 502
第一の功名〔漫言〕……………………… 504
条約改正の風聞…………………………… 506
義声を天下に振ふ可し…………………… 508
官尊民卑、傍聴牌の色〔漫言〕………… 511
民間の政熱退かざるを如何せん………… 512
在東京英国宣教師の決議………………… 515
条約改正の功は多人数に分つ可し……… 517
条約改正の噂……………………………… 520
〔塾政の自治〕…………………………… 522
一週間日曜の続きたる節〔漫言〕……… 524
気球の乗騰条約面を如何せん〔漫言〕(山戸玉四郎)…… 525
伊藤貴族院議長…………………………… 526
十月二十五日慶応義塾演説筆記………… 528
諸株式の下落……………………………… 530
十一月八日慶応義塾演説筆記…………… 532
〔同窓の旧情〕…………………………… 535
外を先にす可し…………………………… 538
十一月二十二日慶応義塾演説…………… 542
地租軽減…………………………………… 545
人望主義…………………………………… 552
賄賂も亦要用なる哉〔漫言〕…………… 554
政府委員の一言…………………………… 556
商法実施の延期…………………………… 557
商法延期の一事にて可なり……………… 559
明治24年(1月~12月)
法典と条約………………………………… 565
国会と国情………………………………… 567
射的の術を奨励す可し…………………… 570
地租軽減と繁文省略……………………… 572
政府の友…………………………………… 576
政治家の愛嬌……………………………… 579
日本鉄道会社命約改正の建議…………… 581
速に議事堂を建築す可し………………… 586
日本郵船会社命達書更正の建議………… 587
新発明貧病治療法〔漫言〕……………… 593
国会開設既に晩し………………………… 595
賄賂を用る〔漫言〕……………………… 598
機械の利用、議事の簡法〔漫言〕……… 599
国会議院中尚ほ上下あり………………… 601
庶人党……………………………………… 604
封建の残夢未だ醒めず…………………… 606
改むるに憚ること勿れ…………………… 609
政費節減論の一奇………………………… 617
士尊商卑…………………………………… 620
ニカラグワ運河…………………………… 627
国会解散請願書〔漫言〕………………… 634
殿様国〔漫言〕…………………………… 636
大儲け大儲け〔漫言〕…………………… 637
*後記(富田正文)……………………… 641
 


第13巻 1970.10.13
 
時事新報論集6 ………………………… 1
明治24年(3月~12月)
予算減額の方法……………………………… 5
国会議院焼失の原因〔漫言〕………………10
乾くか濡れるか〔漫言〕……………………11
貴族院に重きを成さしむる勿れ……………12
掛直もうるさい直切るもうるさい〔漫言〕……15
諸会社救済策〔漫言〕………………………18
歳入全廃〔漫言〕……………………………19
真赤な火を見て火事を知る〔漫言〕………21
航海業…………………………………………23
主客相対して困談頻りなり〔漫言〕………36
神田の八公何の思ふ所ぞ〔漫言〕…………38
払下げは何処から下る〔漫言〕……………40
同情相憐………………………………………42
政党内閣の準備〔漫言〕……………………47
収税法の繁文…………………………………48
須らく新主義を唱ふ可し……………………51
西郷どんの帰来怖くない〔漫言〕…………53
文明の偽筆は無筆者の能くする所に非ず…55
贔負の説………………………………………57
定説の速ならんことを望む…………………60
其組織の強硬有力ならんことを望む………62
寿命の長短に従ふ可し〔漫言〕……………64
勅命を煩はす勿れ……………………………66
貧富論…………………………………………69
松方内閣…………………………………… 104
国会を中止したらば〔漫言〕…………… 106
松方総理に望む…………………………… 107
如何にして其情を慰め奉る可きや……… 110
国家の大事は国家の長老に謀る可し…… 112
天皇陛下の還御…………………………… 115
暴行者の処刑……………………………… 117
政界の若隠居……………………………… 119
人気は去り易し…………………………… 121
社閣保護と富籤興行……………………… 124
請ふ伊藤伯を労せん……………………… 129
大仏の自力自立〔漫言〕………………… 131
外人を歓迎す可し………………………… 132
党名一新…………………………………… 134
今日の策果して戦に在るか……………… 137
人心をして戦を思はしむる勿れ………… 139
富豪の摂生法……………………………… 142
又銭儲け〔漫言〕………………………… 144
松方内閣と伊藤伯………………………… 147
敢て当世の老政治家に望む……………… 150
銀行会社に関する風説…………………… 152
後進生の家を成すは正に今日に在り…… 155
明治二十四年七月十一日慶応義塾演説大意…… 158
世間憐む可きものあり…………………… 161
清国軍艦の来航に就て…………………… 164
明治二十四年七月二十三日慶応義塾の卒業生に告ぐ…… 166
難産と繁文と〔漫言〕…………………… 169
寺門の患は徳に在て財に在らず………… 171
文明男子の生計を如何せん……………… 174
紳士流の漫遊旅行狂するが如し………… 177
旅館の主人も亦狂して窮する者歟……… 180
八卦新聞〔漫言〕………………………… 183
文明士人と新聞紙………………………… 184
子弟教育費………………………………… 186
三菱社……………………………………… 189
又三菱社…………………………………… 191
朝鮮の警報を敏捷ならしむ可し………… 195
余剰金の用法……………………………… 197
支那の交渉事件は我国の好機会なり…… 200
近来一種の出版図書……………………… 203
明治二十四年十月十日慶応義塾演説筆記…… 205
私立銀行始末……………………………… 208
大地震……………………………………… 213
震災の救助法……………………………… 215
地震は建築法の大試験…………………… 218
同胞の感情を表す可し…………………… 220
震災善後の法……………………………… 222
震災の救助は政府の義務にして之を受るは罹災者の権利なり…… 224
煉瓦家の建築は安あがりを貴ぶ〔漫言〕…… 227
救済の勅令………………………………… 228
義捐金及び物品の分配…………………… 230
緊急命令及び予算外支出問題…………… 233
医薬分業行はれ難し……………………… 236
医薬分離後の悪弊亦思ふ可し…………… 241
岐阜人民の請願…………………………… 244
長助の不平談〔漫談〕…………………… 246
消極と消極との撞着……………………… 248
超然主義は政府に利あらず……………… 251
鉄道法案に就て…………………………… 254
賄賂の沙汰………………………………… 258
衆議院いよいよ解散せられたり………… 260
国会解散して政府の方向は如何………… 262
明治25年(1月~12月)
明治二十五年一月一日…………………… 269
賄賂法の通則〔漫言〕…………………… 270
斯民休養〔漫言〕………………………… 272
震災地の手当は遅々す可らず…………… 276
禁酒会員と為ること難し〔漫言〕……… 278
政府の運動手段…………………………… 279
政府は決心を発表す可し………………… 282
政府の決心未だ晩からず………………… 284
震災地の工事……………………………… 287
病家と医者………………………………… 289
医者と病家………………………………… 291
予戒令……………………………………… 294
予戒令に就て……………………………… 295
予戒令と北海道…………………………… 297
自由改進両政社の首領告発せらる……… 300
政治に熱して政治を重んずる勿れ……… 303
明治二十五年二月十三日慶応義塾演説筆記…… 306
貴顕紳士の婦〔夫〕人内室……………… 308
借家の説…………………………………… 310
品川内務大臣の辞職……………………… 313
副島内務大臣の就任……………………… 314
伊藤枢密院議長…………………………… 315
農商務大臣の交迭………………………… 317
文官試験規則……………………………… 318
文官試験規則(地方官に就て)………… 321
明治二十五年三月十二日慶応義塾演説筆記…… 323
速断を祈る………………………………… 325
日暮れて路遠し…………………………… 327
新議会提出の議案に就て………………… 329
明治二十五年三月二十六日慶応義塾演説筆記…… 332
条約改正…………………………………… 334
安閑として火災を免かるゝの一案〔漫言〕…… 336
山陽鉄道会社……………………………… 338
条約改正も亦難いかな…………………… 344
去つた女房こそ恐ろしけれ〔漫言〕…… 346
婦人社会の近状…………………………… 348
火事と借家………………………………… 350
教育よりも現金の方難有し〔漫言〕…… 352
明治二十五年四月廿四日交詢社第十三回大会に於て演説…… 354
政海の運動尚ほ足らざるものあり……… 356
銀行………………………………………… 359
京都の神社仏閣…………………………… 362
日本国を楽郷として外客を導き来る可し…… 364
停会の後を如何せん……………………… 367
敢て望む…………………………………… 369
京都の一千百年祭〔漫言〕……………… 372
小康策……………………………………… 373
新法典実施………………………………… 384
震災費事後承諾…………………………… 390
漢医復活…………………………………… 393
政界談〔漫言〕…………………………… 396
議会閉会して政府の動静は如何………… 397
朝鮮の変乱………………………………… 400
仏法の盛衰は僧侶の心如何に在り……… 403
政府の威信………………………………… 406
医術開業試験……………………………… 409
一大英断を要す…………………………… 412
兼任主義〔漫言〕(睦樫嘉郎)………… 418
人を知らざるを憂ふ〔漫言〕…………… 419
弄花事件と終身官………………………… 420
日秘鉱業会社事件………………………… 423
鉄道株の未来……………………………… 426
内閣の波瀾、対議会の政策……………… 429
松方内閣の運命…………………………… 432
唯決断に在るのみ………………………… 434
新内閣の組織に望む所あり……………… 437
抵当品は択ぶに及ばず〔漫言〕………… 439
大蔵大臣再任の説に就て〔漫言〕……… 440
新内閣組織成る…………………………… 443
新内閣の方針如何………………………… 445
新大蔵大臣に望む………………………… 448
新内閣の対議会案………………………… 453
新内閣の注意を望む……………………… 455
宿引落胆する勿れ〔漫言〕……………… 458
内閣組織の円満を望む…………………… 459
災難は幸福である〔漫言〕……………… 462
朝鮮政略は他国と共にす可らず………… 463
所属論は論ぜずして可なり……………… 466
理財法の回復……………………………… 468
メートルの種類甚だ多し〔漫言〕……… 483
曹洞宗の紛議……………………………… 485
早く勝負せよ〔漫言〕…………………… 487
阪谷学士の理財法論を読む……………… 489
重ねて阪谷学士の寄書に就て…………… 492
神社仏閣の維持保存……………………… 495
理財法の回復余論………………………… 498
関取シッカリシナセイ〔漫言〕………… 508
東京日日新聞を読む……………………… 508
資本の用法………………………………… 512
先づ天津条約を廃す可し………………… 520
助言の方が面白ひ〔漫言〕……………… 522
医術の新発明……………………………… 524
滅多に饒舌るな〔漫言〕(音無九四郎)…… 528
極端の愛国論者…………………………… 529
天津条約…………………………………… 531
天津条約廃せざる可らず………………… 535
条約改正…………………………………… 538
殖ても損だ〔漫言〕……………………… 540
生糸商売…………………………………… 541
生糸商売の実手段………………………… 544
条約改正の功名は独りす可らず………… 547
政論を静にするの妙法〔漫言〕………… 549
思ふて に到るや到らざるや…………… 550
人力問答〔漫言〕………………………… 552
明治二十五年十月廿三日慶応義塾演説筆記…… 554
交際の簡易にして頻繁ならんことを祈る…… 559
其身構を改む可し………………………… 562
女子教育…………………………………… 564
明治二十五年十一月五日慶応義塾商業倶楽部の演説筆記…… 566
明治二十五年十一月十二日慶応義塾演説筆記…… 572
教育の方針変化の結果…………………… 575
多事万歳〔漫言〕………………………… 578
政府の意見何れに在るや………………… 579
歳入足らざれば如何す可きや…………… 582
工商の実業家は自から謀る所ある可し… 584
他人の犢鼻褌〔漫言〕…………………… 587
富豪の要用………………………………… 588
其非を改むるに吝なる勿れ……………… 597
北里博士の栄誉…………………………… 600
お嬢さんの浮気に証文を取られた〔漫言〕…… 602
聯立内閣行ふ可らざる歟………………… 603
地価修正と貴族院………………………… 605
形勢一変…………………………………… 608
明治26年(1月~2月)
新年と共に商況の繁昌を賀す…………… 613
免老液アベコビンの広告〔漫言〕……… 616
寿命の大小………………………………… 620
老物淘汰…………………………………… 622
軍艦製造費の否決に対する政府の覚悟は如何…… 625
地価修正案に対する政府の意見何れに在りや…… 628
人なきを患へず…………………………… 630
銀貨下落…………………………………… 632
上奏不可…………………………………… 644
国会不成立〔漫言〕……………………… 646
解散の結果如何…………………………… 647
時事新報の官民調和論…………………… 650
熟読速断…………………………………… 677
上奏案に対する伊藤総理の演説………… 679
政府と議会との折合……………………… 682
元老奮発す可し…………………………… 684
官宅売却の好機会………………………… 686
元老の技倆は後の始末を見て知る可し… 688
改革予約の精神は何れに在るや………… 690
*後記(富田正文)……………………… 695
 


第14巻 1970.11.13
 
時事新報論集7 ………………………… 1
明治26年(3月~12月)
議会閉会して後の始末は如何……………… 5
製鑑費献金の許否…………………………… 7
社会の人心は其尚ぶ所に赴く……………… 9
吾は小壮者に与せん…………………………12
司法大臣………………………………………15
対議会策の失敗………………………………16
体育の目的を忘るゝ勿れ……………………18
勅命を煩はし奉る可らず……………………20
献金に就て……………………………………22
築港セメントの亀裂…………………………26
朝鮮の政情……………………………………29
閔族の地位……………………………………31
先進と後進……………………………………34
外国品と日本品………………………………36
明治二十六年四月三十日東京帝国ホテル交詢社大会の演説……38
教育の流行亦可なり…………………………42
目的は則ち同じ………………………………45
政府の地位羨むに足らず……………………47
水力利用………………………………………49
防穀事件の談判………………………………51
防穀の談判急にす可し………………………54
談判の結局如何………………………………56
事件癲癇〔漫言〕……………………………58
両国民相接するの機会を開く可し…………59
朝鮮談判の落着、大石公使の挙動…………61
朝鮮の近情……………………………………66
国交際の療法…………………………………69
新旧両主義……………………………………71
一覚宿昔青雲夢………………………………73
商店と居宅とを別にす可し…………………75
相場所の利用…………………………………77
城郭の保存……………………………………79
士流の本分を忘る可らず……………………82
伝染病研究所に就て…………………………84
鉄道拡張………………………………………91
山陽鉄道の線路………………………………98
元老内閣盍ぞ大に奮はざる……………… 100
相馬家の謀殺事件………………………… 103
伝染病研究所の始末……………………… 106
軽々金本位を語る勿れ…………………… 113
地租論の起源……………………………… 115
農民喜ばず実業家苦しむ………………… 118
通論は愚論なり…………………………… 121
地租減額と三税則の改正………………… 124
相馬事件の被告人………………………… 126
文明世界の道路…………………………… 128
後悔先に立たず…………………………… 131
不人望と不信用…………………………… 134
政府の更迭自から利益なきに非ず……… 136
非内地雑居論に就て……………………… 138
近来の弊事………………………………… 145
無学の弊恐る可し………………………… 147
紳商の生活………………………………… 151
彼を知ること肝要なり…………………… 153
其責に任ずるものある可し……………… 155
早いか晩いか〔漫言〕…………………… 157
横浜メール新聞紙を読む………………… 159
属僚政治…………………………………… 165
天道の機転〔漫言〕……………………… 167
関所の番士長日を消す〔漫言〕………… 168
華族の身代………………………………… 169
南無阿弥陀仏〔漫言〕…………………… 172
商法の経義解釈〔漫言〕………………… 173
非内地雑居に反対の運動は如何………… 174
京都の市民は何して居やはる〔漫言〕… 177
銅像開被に就て…………………………… 179
技師社会…………………………………… 184
漁業法制定の必要………………………… 186
調査や調査〔漫言〕……………………… 189
宗教と慈善………………………………… 190
金儲は大袈裟にす可し〔漫言〕………… 192
人生の楽事………………………………… 195
人心帰一の工風は如何…………………… 199
敢て非内地雑居論者に告ぐ……………… 202
人間の名誉と言論の自由………………… 206
議長不信任の決議に就て………………… 208
家事不取締〔漫言〕……………………… 211
悪縁契り深し〔漫言〕…………………… 212
官紀振粛…………………………………… 213
取て代はるの新妙案〔漫言〕…………… 217
会紀振粛〔漫言〕………………………… 218
地価修正案提出の魂胆如何……………… 219
新曽我の一幕東西東西〔漫言〕………… 222
城内の用心肝要なり……………………… 223
手鍋を打転ばして鼎に及ぶ〔漫言〕…… 225
官紀振粛と地価修正と孰れか重き……… 227
星議員除名………………………………… 229
耳豪傑目臆病〔漫言〕…………………… 232
魂消た魂消た〔漫言〕…………………… 233
官紀振粛に関する勅語に就て…………… 234
解散或は止むを得ざるに至る可し……… 237
必罰………………………………………… 239
又もや十四日間の停会…………………… 241
明治27年(1月~12月)
新年………………………………………… 247
当局者の決断如何に在り………………… 248
開国進取の主義…………………………… 250
政府の責任いよいよ大なり……………… 253
盍ぞ方針を一定せざる…………………… 255
理非を論ずるの時に非ず………………… 257
国会の力、以て大臣を動かす可し……… 260
日本外交の進歩…………………………… 261
宝の持腐れ………………………………… 270
人心既に倦めり…………………………… 273
奢侈の風戒しむ可し……………………… 275
部内の排外論を如何せん………………… 278
目的は好し実行は未だし………………… 280
破鍋に閉蓋………………………………… 282
条約改正の結果如何……………………… 284
支那人の内地雑居………………………… 287
維新以来政界の大勢……………………… 289
東京の地面………………………………… 322
功臣大同の機会…………………………… 324
新聞記者に告ぐ…………………………… 327
金玉均氏…………………………………… 330
紡績業の保護……………………………… 331
海外航路に就ての注意…………………… 333
国民の体格、配偶の撰択………………… 336
金玉均暗殺に付き清韓政府の処置……… 339
小投機を制するは大投機を行ふに在り… 342
山陽鉄道の設計、門司海峡の架橋……… 345
韓人の治安妨害…………………………… 347
日本銀行の金を売る可し………………… 350
僧侶の兵役免除…………………………… 353
明治二十七年四月二十二日交詢社大会にて…… 355
一定の方針なし…………………………… 357
他を頼みにして自から安心す可らず…… 359
新聞紙に対する政府の監督……………… 361
新聞紙記事の手心を忘る可らず………… 363
公議輿論の名実…………………………… 365
日露両国間の航路………………………… 368
議会の排外論……………………………… 370
守らざれば譲る可し……………………… 373
当局者自から悔悟の実を表す可し……… 375
社会の弊習は根底より絶つ可し………… 378
養蚕の奨励………………………………… 381
ペストの防禦に国力を尽す可し………… 384
朝鮮東学党の騒動に就て………………… 386
衆議院又々解散…………………………… 388
衆議院の解散に就て……………………… 390
速に出兵す可し…………………………… 392
計画の密ならんよりも着手の迅速を願ふ…… 393
朝鮮事件と山陽鉄道……………………… 395
支那人の大風呂敷………………………… 397
朝鮮の独立と所属と……………………… 399
提灯唐傘の仕入等閑に附す可らず〔漫言〕…… 401
京城釜山間の通信を自由ならしむ可し… 402
安心しなせい〔漫言〕…………………… 404
彼等の驚駭想ふ可し……………………… 404
支那兵の進退如何………………………… 407
白どんの犬と黒どんの犬と〔漫言〕…… 409
朝鮮の文明事業を助長せしむ可し……… 410
日本兵容易に撤去す可らず……………… 414
白い歯は見せられぬ〔漫言〕…………… 417
支那人の勝利疑なし〔漫言〕…………… 418
国立銀行…………………………………… 419
疫病神の上陸許す可らず〔漫言〕……… 424
殿様将棋〔漫言〕………………………… 425
浮世床の巻舌談〔漫言〕………………… 426
外国新聞の記事に注意す可し…………… 428
速に韓廷と相談を遂ぐ可し……………… 430
大使を清国に派遣するの必要なし……… 432
兵力を用るの必要………………………… 434
土地は併呑す可らず国事は改革す可し… 436
改革の着手は猶予す可らず……………… 439
世界の共有物を私せしむ可らず………… 441
改革の目的を達すること容易ならず…… 444
降参の旗章〔漫言〕……………………… 447
彼に勝算ありや否や……………………… 448
朝鮮の改革は支那人と共にするを得ず… 451
朝鮮の改革掛念す可きものあり………… 454
外国の勧告を拒絶して更に如何せんとするか…… 456
薬用食用都て寸伯老の医案に適したり〔漫言〕…… 458
朝鮮改革の手段…………………………… 460
支那公使と支那兵の退去………………… 462
牙山の支那兵を一掃す可し……………… 465
改革委員の人物如何……………………… 468
改革論果して拒絶せられたり…………… 470
支那政府の長州征伐……………………… 472
居留清国人の保護………………………… 477
支那朝鮮両国に向て直に戦を開く可し… 479
大院君出でたり…………………………… 481
閔族の処分に就て………………………… 483
我に挟む所なし…………………………… 485
支那人に勧告す…………………………… 488
日清の戦争は文野の戦争なり…………… 491
大に軍費を醵出せん……………………… 492
満清政府の滅亡遠きに非ず……………… 494
宣戦の詔勅………………………………… 497
直に北京を衝く可し……………………… 498
教育の改良最も肝要なり………………… 501
支那軍鑑捕獲の簡便法〔漫言〕………… 504
必ずしも北京の占領に限らず…………… 505
改革の結果は多数の幸福なる可し……… 507
取り敢へず満洲の三省を略す可し……… 510
軍資の義捐を祈る………………………… 512
私金義捐に就て…………………………… 514
人心の変化図る可らず…………………… 517
国民一致の実を表す可し………………… 520
曠日瀰久は寧ろ支那人の為めに患ふ可し…… 522
軍費支弁に付き酒税の増加……………… 524
外国の仲裁如何…………………………… 527
砂糖に課税の利害………………………… 530
義金の醵出に就て………………………… 532
酒税増課の程度…………………………… 535
酒税増額の結果は下等人民に及ばず…… 537
英国人の好意……………………………… 540
条約改正の公布…………………………… 542
日本臣民の覚悟…………………………… 545
半軍人の妨は半医の害に異ならず……… 551
平和説発生の機会………………………… 553
朝鮮の改革に因循す可らず……………… 555
富豪大家何を苦んで商売せざる………… 557
商売人は私情を忍ばざる可らず………… 560
半途にして請和の機会を得せしむ可らず…… 562
報国会の目的を如何せん………………… 565
平壌陥りたり……………………………… 568
支那将軍の存命万歳を祈る〔漫言〕…… 570
支那の大なるは恐るゝに足らず………… 572
臨時議会の召集…………………………… 575
税源は清酒に在り………………………… 577
朝鮮の独立………………………………… 580
宗教の効能………………………………… 582
横浜の小新聞……………………………… 584
出藍の事実………………………………… 586
李鴻章の出陣……………………………… 588
商工社会の警戒…………………………… 591
経済の安不安如何………………………… 593
時日の遅速を云ふ勿れ…………………… 595
井上伯の朝鮮行…………………………… 597
井上伯の渡韓を送る……………………… 600
経済の無事を維持して果して無事なるを得るや否や…… 603
経済上の危険……………………………… 605
兌換制度を破るなからんと欲せば銀券の濫発を慎む可し…… 608
内債外債共に紙幣濫発の資に供す可らず…… 611
新公債の利子は人為を用ひずして時勢に任す可し…… 613
臨時議会の閉会…………………………… 616
若しも英国の仲裁談あらば……………… 618
天皇陛下の御聖徳………………………… 621
行在所……………………………………… 622
朝鮮国の革新甚だ疑ふ可し……………… 624
英国人の本色を誤解する勿れ…………… 626
従軍者の家族扶助法……………………… 630
朝鮮政府は何が故に朴徐輩を疎外するや…… 632
朝鮮の改革………………………………… 634
財政の急要………………………………… 637
大本営と行在所…………………………… 642
破壊は建築の手始めなり………………… 644
朝鮮の改革その機会に後るゝ勿れ……… 647
朝鮮国の弊事……………………………… 649
和議と休戦………………………………… 657
台湾割譲を指命するの理由……………… 659
好機会を空ふする勿れ…………………… 661
眼中清国なし……………………………… 663
旅順の殺戮無稽の流言…………………… 666
媾和の申出甚だ覚束なし………………… 669
我豈に戦を好まんや……………………… 672
我軍隊の挙動に関する外人の批評……… 675
軍事商事必ず併行す可し………………… 677
*後記(富田正文)……………………… 683
 


第15巻 1970.12.14
 
時事新報論集8 ………………………… 1
明治28年(1月~12月)
明治二十八年の御年玉〔漫言〕…………… 5
再び全権使節の渡来に就て………………… 6
改革の勧告果して効を奏するや否や……… 8
朝鮮の改革に外国の意向を憚る勿れ………11
兵馬の戦に勝つ者は亦商売の戦に勝つ可し……13
戦勝の大利益…………………………………16
朝鮮の公債は我政府之を貸附す可し………18
商界独立の主義を論じて国立銀行の事に及ぶ……20
容易に和す可らず……………………………23
外国干渉の説、聞くに足らず………………26
福沢先生の演説………………………………28
外債の外に道あり……………………………32
紙幣の汎濫は工業に影響すること大なり…35
媾和の談判如何………………………………37
外戦始末論……………………………………40
国会議員中々以て盲聾に非ず〔漫言〕……60
媾和の談判唯一席に成る〔漫言〕…………61
清廷の意向如何………………………………63
日本銀行論……………………………………65
日本人と西洋人………………………………76
清朝の覆滅は日本の意にあらず……………79
欧洲諸国の忠告………………………………81
責、李鴻章にあり……………………………83
横字新聞一種の論説は信ずるに足らず……84
武士は相見互…………………………………88
使節渡来の実相………………………………90
軍備拡張と外交………………………………91
内戦と外戦と…………………………………93
義侠に非ず自利の為めなり…………………94
償金は何十億にても苦しからず〔漫言〕…96
朝鮮の近況……………………………………98
奉天霊場の安危如何……………………… 100
支那人の骨、硬軟如何…………………… 102
英国軍艦の挙動…………………………… 104
兇漢小山六之助…………………………… 106
私の小義侠に酔ふて公の大事を誤る勿れ…… 110
平和の機会未だ熟せず…………………… 112
戦勝後の日本人…………………………… 116
休戦条約の締結…………………………… 118
休戦と平和とは関係なし………………… 121
非英国感情………………………………… 122
長崎造船所………………………………… 124
外国人の評判……………………………… 126
諾否の二字あるのみ……………………… 128
虎列剌病と軍隊…………………………… 131
平和談判の結局に就て…………………… 132
大に民論者を用ゆ可し…………………… 136
新領地の処分……………………………… 139
明治二十八年四月二十一日交詢社大会演説大意…… 141
発行停止…………………………………… 143
外交官の苦辛……………………………… 145
言行不一致………………………………… 146
日本人の覚悟……………………………… 149
他日を待つ可し…………………………… 151
外交の虚実………………………………… 152
平和条約の発表…………………………… 154
外交の利不利……………………………… 157
台湾割譲の利益…………………………… 159
台湾の処分法……………………………… 161
凱旋を歓迎すべし………………………… 164
在野の元老を入れて事を共にす可し…… 166
同盟国の必要……………………………… 168
製鋼所設立………………………………… 170
御還幸を迎へ奉る………………………… 172
国民の不平………………………………… 173
唯堪忍す可し……………………………… 175
捕虜兵の処分如何………………………… 177
遼東半島の人民を救恤す可し…………… 179
日清同盟到底行はる可らず……………… 181
元老内閣は官民調和の手始めなり……… 183
臨時議会を召集す可し…………………… 185
朝鮮問題…………………………………… 188
国勢の拡張、増税の必要………………… 193
日本の国力は増税の負担に余りあり…… 195
所謂増税の説取るに足らず……………… 197
大に清酒税を増す可し…………………… 200
日本と英国との同盟……………………… 203
今後の酒造業……………………………… 205
酒税の納期と収税吏の人選……………… 207
兵士の恩典………………………………… 210
兵士をして親しく恩典を拝せしむ可し… 212
日英同盟論に就て喜ぶ可き一事………… 214
英国新内閣の外交略如何………………… 216
朝鮮の独立ますます扶植す可し………… 218
明治の一美談を添ふ可し………………… 220
道徳の進歩………………………………… 222
道徳の標準………………………………… 226
忠義の意味………………………………… 228
在韓日本人の取締を厳にす可し………… 230
朝鮮の処分如何…………………………… 232
軍艦製造の目的…………………………… 234
朝鮮人を教育風化す可し………………… 237
増税の決断………………………………… 239
軍備の充実………………………………… 241
支那内地の企業を奨励す可し…………… 244
米国に軍艦を注文す可し………………… 246
日本銀行…………………………………… 248
戦後の経済………………………………… 250
警戒無用…………………………………… 252
鉄道事変に就て…………………………… 254
外交費を増す可し………………………… 257
投機活溌米価騰貴………………………… 259
文部大臣の教育談………………………… 262
台湾永遠の方針…………………………… 264
気候と殖産………………………………… 266
厳重に処分す可し………………………… 269
各地方貯穀の必要………………………… 270
勤倹説を説く勿れ………………………… 273
勤倹は中人以上の事に非ず……………… 274
台湾の豪族………………………………… 277
他の運を羨む勿れ………………………… 279
軍備拡張に対する政府の覚悟如何……… 281
製鋼所並に銑鉄の貯蓄…………………… 282
当局者の進退……………………………… 284
勇を鼓して進む可し……………………… 287
商戦の用意急にす可し…………………… 289
政熱の昇降と世間の景気………………… 291
軍備回復…………………………………… 292
社寺の保存法等閑にす可らず…………… 295
虚栄の煩悩………………………………… 297
進取の方針………………………………… 299
一国の自衛………………………………… 301
事の真相を明にす可し…………………… 304
新外務大臣の任命を望む………………… 306
僧侶の品行………………………………… 307
一日も早く実行す可し…………………… 310
朝鮮の独立………………………………… 312
今日に処する国民の心得………………… 314
日本鋳鉄会社の末路……………………… 315
製艦費奉還………………………………… 317
遼東半島還附……………………………… 319
戦死者の大祭典を挙行す可し…………… 320
外交上の八方美人………………………… 322
技師の徳義………………………………… 324
朝鮮の近事………………………………… 326
技師の信用………………………………… 328
伊藤総理と自由党………………………… 329
二十八日の京城事変……………………… 332
〔還暦寿莚の演説〕……………………… 333
死者に厚くす可し………………………… 339
明治29年(1月~12月)
明治二十九年一月一日…………………… 345
人口の繁殖………………………………… 347
人民の移植………………………………… 350
日本人は移植に適するや否や…………… 352
台湾の騒動………………………………… 354
教育費……………………………………… 356
台湾善後の方針…………………………… 359
移民と宗教………………………………… 361
人民の移住と娼婦の出稼………………… 362
増税法案…………………………………… 365
朝鮮政府に金を貸す可し………………… 367
移民と航海………………………………… 371
移民の保護………………………………… 373
台湾事業の経営…………………………… 375
京城の事変………………………………… 377
朝鮮政府の顛覆…………………………… 379
血清療法の将来…………………………… 381
工業の前途………………………………… 384
朝鮮事変の善後策………………………… 387
朝鮮平和の維持策………………………… 390
対朝鮮の目的……………………………… 392
福沢氏古銭配分の記……………………… 394
欧洲線の初航海…………………………… 398
思切て厚ふす可し………………………… 400
軍備拡張掛念するに足らず……………… 402
海陸並行…………………………………… 407
軍備と実業………………………………… 409
横浜外人の奇話…………………………… 411
板垣伯の入閣に就て……………………… 413
公債証書を外国に売る可し……………… 415
公債を外国に売るの利益………………… 417
公共心の濫用……………………………… 419
一国の隆替偶然に非ず…………………… 420
元老保存…………………………………… 423
外戦と外交………………………………… 425
種痘発明…………………………………… 427
帝室の財産………………………………… 430
神官無用ならず…………………………… 432
帝室所有の株券も売る可し……………… 435
教育普及の実……………………………… 437
女子教育…………………………………… 439
外務の後任に大隈伯……………………… 441
鉱山払下に資格は無用なり……………… 443
貴族の弊害………………………………… 445
維新第一の勲功…………………………… 448
再び帝室の株券に就て…………………… 450
海嘯に就て富豪大家の奮発を望む……… 452
目下の急を救ふ可し……………………… 454
本願寺の授爵……………………………… 456
神社仏閣復活の時機……………………… 458
航海当業者………………………………… 461
台湾の方針一変…………………………… 464
台湾施政の官吏…………………………… 466
他を入れざれば自から当る可し………… 468
断じて在野の元老を入る可し…………… 469
先づ大方針を定む可し…………………… 472
政令に従はざるものは退去せしむ可し… 474
台湾島民の処分甚だ容易なり…………… 476
大阪人……………………………………… 479
軍備拡張に官民一致……………………… 481
非内地雑居の夢…………………………… 483
戦死者遺族の扶助………………………… 485
歳時の行幸………………………………… 487
離宮の経営………………………………… 488
紳士の宴会………………………………… 489
宴会の醜態………………………………… 491
集会と飲食………………………………… 493
集会の趣向………………………………… 494
社会の交際………………………………… 496
社会の交際に官尊民卑の陋習…………… 498
百年の長計を破るものは誰ぞ…………… 500
人造絹糸掛念するに足らず……………… 502
人造糸と天然糸…………………………… 504
果して決断の勇あるや否や……………… 506
新内閣の組織……………………………… 508
文部大臣の後任…………………………… 510
功名大……………………………………… 512
三日天下の覚悟亦悪しからず…………… 514
尚武は日本人固有の性質なり…………… 516
軍備拡張は戦争の用意に非ず…………… 518
軍備は海軍を主とす可し………………… 520
海軍拡張の急要…………………………… 523
海軍拡張の程度と国力…………………… 525
戦時に於ける海軍の効用………………… 528
〔気品の泉源智徳の模範〕……………… 531
国民納税力の程度………………………… 535
大に清酒税を増す可し…………………… 537
増税の結果掛念するに足らず…………… 540
文明世界に国風の独立を許さず………… 542
不徳と云はんより寧ろ無智なり………… 544
酒税増加は貧民を苦しめず……………… 546
自家用酒を禁ず可し……………………… 549
収税吏に高尚の人物を用ふ可し………… 551
酒税の納期を延ばす可し………………… 553
酒税増加の決断如何……………………… 555
歳入の前途甚だ多望なり………………… 558
地租は容易に増す可らず………………… 560
今の長老政客は何故に和せざるか……… 562
官民茶話会………………………………… 565
明治30年(1月~5月)
学生の帰省を送る………………………… 571
新年の心算………………………………… 575
御大葬に就て……………………………… 577
銀行家と企業家と自から区別す可し…… 578
資本主と職工……………………………… 581
大赦特赦に就て…………………………… 584
職工条例制定の必要ありや……………… 586
芸人の救恤………………………………… 589
何ぞ大に人権問題を論ぜざる…………… 591
武辺の心得を奨励す可し………………… 593
空威張を止めて実力を奮ふ可し………… 596
海軍の士気を奮励す可し………………… 598
内国にて軍艦の製造……………………… 600
幣制改革…………………………………… 602
軍備縮小説に就て………………………… 613
金本位案提出……………………………… 615
議会は幣制案を如何せん………………… 618
大儲け〔漫言〕…………………………… 620
人心の不平………………………………… 622
不平破裂の時機…………………………… 624
政治上の不平を如何す可きや…………… 626
海軍当局の人物…………………………… 628
クリート事件の成行如何………………… 630
公債募集と租税増収……………………… 632
水雷艇員の特待法………………………… 634
農商務省の大改革………………………… 636
本願寺騒動の鎮撫策……………………… 639
教科書の編纂検定………………………… 642
女子の本位如何…………………………… 645
政党員の地方官…………………………… 648
内務大臣の鉱毒視察……………………… 649
台湾の軍政民政を区別す可し…………… 651
演劇改良…………………………………… 653
台湾行政の改良…………………………… 655
日米の交際………………………………… 657
日露協商…………………………………… 663
果して愚狂の実を見る可し……………… 664
台湾当局者の人選………………………… 667
足尾銅山鉱毒事件の処分………………… 669
死者の贈位賜金に付き…………………… 671
民力の発達と租税の増徴………………… 673
*後記(富田正文)……………………… 677
 


第16巻 1971.1.13
 
時事新報論集9 ………………………… 1
明治30年(6月~12月)
税法の改正と租税の増徴…………………… 5
学術進歩の賜として見る可し……………… 8
台湾施政の革新………………………………10
当局者の抱負如何……………………………12
拓殖務無用……………………………………14
米布合併に付き日本の異議…………………17
対外前途の困難………………………………19
容易に用兵を談ず可らず……………………25
国を開かば大に開く可し……………………28
戦勝の虚栄に誇る可らず……………………30
腹を切らざれば坊主と為る可し……………33
老後の思出でに奮発す可し…………………35
軍備は無用を目的とす可し…………………37
台湾を如何せん………………………………39
西洋書生の共同力……………………………42
財政の始末を如何せん………………………44
速に伊藤を召還す可し………………………46
古物保存の要不要……………………………48
西洋書生油断す可らず………………………50
形勢更らに急なり……………………………53
外患未だ去らず内憂来る……………………55
宗教は経世の要具なり………………………58
議会に弄ばるゝのみ…………………………61
日英同盟の説に就て…………………………63
自から決せざれば自から倒る可し…………66
後藤伯…………………………………………68
新聞紙の外交論………………………………70
政府の病症如何………………………………72
政府の破壊も止む可らず……………………74
伊藤板垣を入閣せしむ可し…………………76
伊藤の帰朝……………………………………79
外交の危機……………………………………81
国民の覚悟……………………………………84
時事新報第五千号……………………………86
宗教は茶の如し………………………………91
政府果して決断するか………………………93
内地雑居の覚悟………………………………95
外国人の内地旅行に付き警察の取締………98
伊藤の入閣を望む………………………… 100
選挙干渉の程度…………………………… 102
明治三十年九月十八日慶応義塾演説館にて学事改革の旨を本塾の学生に告ぐ…… 105
宗教論に付外国人の誤解………………… 113
元老合同の実を収む可し………………… 115
眼前に事の切迫を如何せん……………… 118
職工条例は翻訳条例なる可し…………… 121
翻訳条例は断じて思ひ止まる可し……… 124
開国同化は日本の国体に差支なし……… 127
事実を見る可し…………………………… 132
人を御する馬を御するが如し…………… 134
鉄工事業に着手す可し…………………… 136
教育流毒の結果を如何す可きや………… 139
古毒治療の手段如何……………………… 141
文明先輩の功労忘る可らず……………… 143
大隈の進退………………………………… 147
実業家の軍備縮少運動に就て…………… 151
決断の足らざるを掛念するのみ………… 154
政界の進歩………………………………… 156
独逸の挙動………………………………… 157
今の政府に対外の覚悟ありや…………… 160
対外の進退………………………………… 163
元老の責任………………………………… 165
本願寺の処分……………………………… 167
血脈と法脈との分離……………………… 169
法運万歳の道なきに非ず………………… 172
条約実施と法典…………………………… 177
当局者に誠意誠心ありや………………… 181
今日は只対外の一事あるのみ…………… 183
更らに当局者の決断を望む……………… 185
政府の解散………………………………… 187
速に決す可し……………………………… 189
日本の政界既に薩長なし………………… 191
明治31年(1月~9月)
明治三十一年……………………………… 197
同盟罷工の真相…………………………… 199
大に外資を入る可し……………………… 202
十四年前の支那分割論…………………… 204
支那分割今更驚くに足らず……………… 208
新内閣の組織……………………………… 211
支那分割到底免る可らず………………… 213
支那分割後の腕前は如何………………… 216
海軍拡張の外ある可らず………………… 220
二億円吝しむに足らず…………………… 223
増税の程度………………………………… 225
納税力の余裕……………………………… 227
増税の方略………………………………… 230
専ら酒税に取る可し……………………… 232
何故に酒税増加を断ぜざるか…………… 235
増税と減税………………………………… 238
如何にして二億円を得べきや…………… 240
海軍拡張止む可らず……………………… 242
支那償金の延期を許す可し……………… 246
日本の農業………………………………… 248
日本の米…………………………………… 251
豈に啻、米のみならんや………………… 254
商工立国の外に道なし…………………… 256
大院君薨ず………………………………… 259
航海奨励の必要…………………………… 262
海軍拡張の必要…………………………… 264
同盟罷工に処するの道如何……………… 266
内地雑居掛念に堪へず…………………… 268
排外思想の系統…………………………… 270
排外思想と儒教主義……………………… 273
儒教主義の害は其腐敗に在り…………… 276
儒教復活の責は今の当局者に在り……… 278
我輩は寧ろ古主義の主張者なり………… 281
支那人親しむ可し………………………… 284
政変………………………………………… 287
宗教に内外を区別す可らず……………… 289
今の外交の心得は如何す可きや………… 291
清麿朝臣の神託〔漫言〕………………… 294
豊太閤紀念祭〔漫言〕…………………… 295
奠都の法事〔漫言〕(神田熊八)……… 297
空論の時に非ず…………………………… 299
支那兵大に用ふ可し……………………… 301
支那人失望す可らず……………………… 303
外交問題に対する政客の挙動…………… 306
大声の相談は止して貰ひませう〔漫言〕…… 308
富豪家自から慎しむ可し………………… 310
対外の硬軟………………………………… 312
宗教上に統計の必要……………………… 314
米西両国の開戦…………………………… 316
交詢社大会席上に於ける演説…………… 319
支那に対して更らに要求す可きものあり…… 324
対韓の方針………………………………… 326
対韓の方略………………………………… 329
対清要求の理由…………………………… 331
止むを得ざれば威力を用ふべし………… 334
亡命人を帰国せしむ可し………………… 336
増税の断行に躊躇す可らず……………… 338
当局者大に奮発す可し…………………… 340
澎湖島の防備を厳にす可し……………… 343
朝鮮移民に付き僧侶の奮発を望む……… 344
所得税は断じて増す可らず……………… 346
老偉人グラッドストーン………………… 348
増税案の廃棄……………………………… 350
威海衛の引揚……………………………… 352
外資輸入の道……………………………… 354
鉄道国有の理由如何……………………… 357
飽くまでも酒税増加……………………… 360
税源保護…………………………………… 362
清酒の保護………………………………… 364
収税吏の人選最も肝要なり……………… 367
増税案は死活問題に非ず………………… 369
老壮起伏間一髪…………………………… 371
密造防遏の方法…………………………… 374
地価修正…………………………………… 378
政権の維持は政党に依るの外なし……… 380
政党内閣の初幕を開く可し……………… 382
官民尊卑の考を脱す可し………………… 385
政府党組織の好機会……………………… 387
槙田ノブの犯罪に就て…………………… 390
平均政略の妄想…………………………… 396
朝野共に決断す可し……………………… 399
ノブの控訴に就て………………………… 403
税源選択の順序…………………………… 405
藩閥征伐の成行如何……………………… 408
米西戦争及びフヰリッピン島の始末…… 412
伊藤総理の辞表…………………………… 415
民党員注意す可し………………………… 418
飽くまでも伊藤氏の決心を望む………… 420
新内閣の新色……………………………… 423
新政府は自から立脚の地を認む可し…… 425
内助の功を没す可らず…………………… 428
伊藤氏の心事……………………………… 430
東京市長…………………………………… 433
経世家の事を行ふ可し…………………… 436
爵位勲章の用不用………………………… 439
新内閣の内情易からず…………………… 441
政府の基礎甚だ危険なり………………… 444
政党の輩自から憚る所を知る可し……… 446
党員輩は単に党内のみを見る可らず…… 449
外務大臣問題……………………………… 451
憲政党員に告ぐ…………………………… 454
官有鉄道論………………………………… 456
自家の台所より始末す可し……………… 465
世間の鉄道論……………………………… 468
官有とす可きもの豈に啻鉄道のみならんや…… 470
責任内閣の実を明にす可し……………… 472
貴族院議員の本分………………………… 475
支那の改革に就て………………………… 478
一切反対…………………………………… 483
売薬税……………………………………… 485
奉祝長与専斎先生還暦…………………… 487
明治32年(1月~12月)
差当り遊廓の始末を如何………………… 493
先づ表面の醜態を慎む可し……………… 495
銭の軽重…………………………………… 498
東西同化…………………………………… 500
表面の体裁より始む可し………………… 502
口を外国に藉る可らず…………………… 505
女大学の流毒……………………………… 507
女子教育の方法…………………………… 509
外交上に警しむる所を知る可し………… 512
税源保護の手段に注意す可し…………… 514
婦人の懐剣………………………………… 519
社会の品位………………………………… 520
法典研究の必要…………………………… 521
国民の体力………………………………… 524
一歩を退く可し…………………………… 526
婦人の生意気は鳥なき里の蝙蝠のみ…… 527
日本流か西洋流か………………………… 529
西洋流か日本流か………………………… 531
庶子私生児を厚遇す可し………………… 534
国法を励行す可し………………………… 536
宮内大臣の告諭に就て…………………… 538
幼弱者の保護に注意す可し……………… 540
人の妾たるものも大に考へざる可らず… 543
男子たるものも大に注意す可し………… 545
清僧大に奮発す可し……………………… 547
地主の覚悟如何…………………………… 550
各宗の腐敗孰れか最も甚だしきや……… 552
醜行男子に告ぐ…………………………… 554
農業の前途………………………………… 555
盃の献酬を止めにす可し………………… 557
醜行男子尚ほ悟らざるか………………… 558
明治33年(1月~12月)
僧侶の運動………………………………… 563
親鸞主義の復活…………………………… 565
墓地の膨脹………………………………… 567
爵位の利用………………………………… 569
日本人の品行……………………………… 572
断じて恕す可らず………………………… 575
今の宴会は封建時代の陋習なり………… 577
所謂勤倹貯蓄の説………………………… 581
勤倹貯蓄の人民…………………………… 584
老論跋扈…………………………………… 586
一種の鎖国論……………………………… 588
近時の流行………………………………… 592
寺と檀家との関係………………………… 594
猫の同類たる勿れ………………………… 596
地方に於ける元老の挙動………………… 598
今回の恩賜に付き福沢先生の所感石河幹明〔記〕…… 600
修身道徳の主義…………………………… 607
元老に望む………………………………… 609
更らに元老に望む………………………… 612
政界の動揺其原因何くに在るや………… 615
元老既に老いたり………………………… 618
国の為めに戦死者に謝す………………… 620
漫に一兵をも損ず可らず………………… 623
国民自衛の覚悟…………………………… 625
商売人失望す可らず……………………… 627
政府に責任あり…………………………… 629
花柳界の成行……………………………… 633
団菊の後に団菊なきか…………………… 637
徐々に改む可し…………………………… 639
梅を見て桃を問はず……………………… 642
文明の政と教育の振作…………………… 644
福沢先生の演説(ビヤヅリー氏歓迎会に於て)…… 648
親の非行その子に報う…………………… 653
只その不幸を憐れむのみ………………… 656
婦人も亦その責を免かれず……………… 658
日本の金満家は多々ますます利すること易し…… 660
西洋富豪の事情は我国に異なり………… 663
我国に於ける貧富の衝突は極めて激烈なる可し…… 665
今の富豪家に自衛の覚悟ありや否や…… 667
明治34年(1月~11月)
姑息の増税断じて不可なり……………… 673
男女同罪…………………………………… 676
婦人と衣服………………………………… 678
殺人事件と宗教…………………………… 680
帝室の財産………………………………… 683
酒税の納期及び酒造家の注意…………… 686
医風矯正…………………………………… 689
平素の注意大切なり……………………… 692
補遺
海軍省所管………………………………… 697
*後記(富田正文)……………………… 699
 


第17巻 1971.2.13
 
書翰集1
安政6年
岡本七太郎宛 安政6年11月5日…………… 1
附 岡本七太郎宛岡本節蔵書翰………… 2
万延元年
土岐太郎八宛 万延元年3月9日…………… 5
文久2年
島津祐太郎宛 文久2年4月11日…………… 7
今泉郡司宛 文久2年5月8日 ……………… 9
古田権次郎宛 文久2年5月8日 ……………11
大橋栄次宛 文久2年8月21日………………11
文久3年
古田権次郎宛 年月日未詳…………………13
大槻磐渓宛 文久3年4月1日 ………………13
隈川宗悦 南条公健宛 文久3年?月日未詳……15
慶応元年
大童信太夫宛 慶応元年閏5月13日 ………19
大童信太夫宛 慶応元年閏5月27日 ………20
多田平次宛 慶応元年7月14日 ……………20
大童信太夫宛 慶応元年月日未詳…………21
南条公健宛 慶応元年8月16日 ……………22
隈川宗悦宛 慶応元年10月19日……………23
大童信太夫宛 慶応元年?10月24日………24
大童信太夫宛 慶応元年12月6日 …………25
鈴木力兵衛宛 年未詳12月20日……………25
慶応2年
大童信太夫宛 慶応2年3月12日……………27
大童信太夫宛 慶応2〔元〕年?4月10日…28
小幡玄厚宛 慶応2年?5月9日 ……………28
横尾東作宛 慶応2年6月16日………………29
福沢英之助宛 慶応2年11月7日……………30
隈川宗悦宛 慶応2年?12月7日……………32
大童信太夫宛 慶応2年12月23日 …………32
大童信太夫宛 慶応2年12月26日 …………33
慶応3年
川路太郎 中村敬輔宛 慶応3年1月7日 …35
島津祐太郎宛 慶応3〔2〕年2月6日………36
大童信太夫宛 慶応3年6月12日……………38
大童信太夫宛 慶応3年6月29日……………39
大童信太夫宛 慶応3年9月5日 ……………40
山口良蔵宛 慶応3年9月7日 ………………41
大童信太夫宛 慶応3年9月24日……………43
井上従吾右衛門宛 慶応3年10月26日 ……43
福沢英之助宛 慶応3年12月16日 …………44
大橋栄次宛 年未詳〔慶応3年〕9月5日 …46
桂川甫周宛 年月日未詳……………………46
明治元年(慶応4年)
大童信太夫宛 明治元年(慶応4年)3月6日……49
山口良蔵宛 明治元年(慶応4年)閏4月10日……50
大童信太夫宛 明治元年(慶応4年)閏4月?……53
大童信太夫宛 明治元年(慶応4年)5月16日……54
山口良蔵宛 明治元年(慶応4年)6月7日……55
福沢英之助宛 明治元年(慶応4年)8月13日……57
福沢英之助宛 明治元年(慶応4年)8月頃?……57
山口寛斎宛 明治元年9月11日 ……………58
福沢英之助宛 明治元年9月25日 …………59
山口良蔵宛 明治元年12月8日 ……………60
明治2年
松山棟庵宛 明治2年2月2日 ………………63
浜口儀兵衛宛 明治2年2月20日……………66
山口良蔵宛 明治2年2月20日………………67
東条利八 藤本元岱 渡辺弥一宛 明治2年2月22日……69
山口良蔵宛 明治2年4月4日 ………………71
浜口儀兵衛宛 明治2年?〔7年頃?〕4月8日……72
藤本元岱宛 明治2年4月17日………………73
福沢英之助宛 明治2年頃?5月15日………74
山口良蔵宛 明治2年5月23日………………75
簗紀平宛 明治2年?6月19日………………76
浜口儀兵衛宛 明治2年7月9日 ……………78
鈴木力兵衛宛 明治2年8月4日 ……………79
服部五郎兵衛宛 明治2年8月24日…………80
江連尭則宛 明治2年9月2日 ………………82
宛名不明 明治2、3年頃?9月29日 ………85
山口良蔵宛 明治2年?10月14日 …………85
黒川剛 熱海貞爾宛 明治2年10月28日 …86
箕作秋坪宛 明治2年10月28日 ……………87
藤本箭山宛 明治2年11月5日………………87
九鬼隆義宛 明治2年11月6日………………88
明治3年
九鬼隆義宛 明治3年1月22日………………91
九鬼隆義宛 明治3年2月15日………………92
附 福沢宛早矢仕有的書翰 3通 ………94
九鬼隆義宛 明治3年2月20日………………96
九鬼隆義宛 明治3年4月25日………………97
藤野善蔵宛 明治3年5月7日 ………………99
牛馬会社宛 明治3年8月………………… 100
九鬼隆義宛 明治3年10月14日 ………… 101
熱海貞爾宛 明治3年閏10月10日 ……… 103
九鬼隆義宛 明治3年11月2日…………… 103
九鬼隆義宛 明治3年11月2日…………… 104
山口寛斎 山口良蔵宛 明治3年11月2日…… 105
九鬼隆義宛 明治3年12月13日 ………… 106
東条利八宛 明治3年12月28日 ………… 107
明治4年
藤本箭山宛 明治4年?1月2日 ………… 109
東条利八宛 明治4年1月28日…………… 110
九鬼隆義宛 明治4年1月29日…………… 110
山口良蔵宛 明治4年1月30日…………… 112
海老名晋 荘田平五郎宛 明治4年2月10日…… 113
内田晋斎宛 明治4年2月13日…………… 114
木村芥舟宛 明治4年?6月14日………… 115
島津祐太郎宛 明治4年?10月27日 …… 116
石井謙道宛 明治4年?10月27日 ……… 118
杉山新十郎宛 明治4年月日未詳 ……… 120
山口良蔵宛 明治4年頃?月日未詳 …… 121
明治5年
星野康斎宛 明治5〔3〕年頃?2月9日… 123
九鬼隆義宛 明治5年2月15日…………… 123
福沢英之助宛 明治5年2月20日………… 124
杉山新十郎宛 明治5年2月……………… 125
高力衛門宛 明治5年3月23日…………… 126
九鬼隆義宛 明治5年4月3日 …………… 127
前田兵蔵 松本平之丞宛 明治5年4月15日…… 128
丸屋善蔵宛 明治5年4月15日…………… 129
九鬼隆義宛 明治5年4月18日…………… 130
福沢英之助宛 明治5年4月28日………… 131
福沢英之助宛 明治5年5月11日………… 133
中村恭三郎宛 明治5、6〔12、3〕年頃?5月23日…… 134
小幡篤次郎宛 明治5年?6月4日 ……… 135
福沢英之助宛 明治5年7月7日 ………… 136
丸屋善蔵宛 明治5年7月12日…………… 137
山口良蔵宛 明治5年7月12日…………… 138
千曲屋宛 明治5年7月19日……………… 138
山本拙太郎宛 明治5年8月6日 ………… 139
山本拙太郎宛 明治5年8月11日………… 140
山口良蔵宛 明治5年頃?11月1日……… 140
早矢仕有的宛 明治5、6年頃?11月7日…… 141
高橋岩路宛 明治5年11月24日 ………… 142
附 福沢宛槙村正直書翰並に電報…… 142
明治6年
山口良蔵宛 明治6、7年頃?2月16日 … 145
島津復生宛 明治6年4月15日…………… 145
島津復生宛 明治6年5月25日…………… 148
中上川彦次郎宛 明治6年7月20日……… 149
平山良斎宛 明治6年7月24日…………… 151
杉孫七郎宛 明治6年7月30日…………… 153
九鬼隆義 白洲退蔵宛 明治6年8月21日…… 154
附 福沢宛九鬼隆一書翰……………… 155
黒川剛宛 明治6年8月31日……………… 155
九鬼隆義 白洲退蔵宛 明治6年10月11日…… 156
九鬼隆義宛 明治6年11月1日…………… 157
松田道之宛 明治6年11月6日…………… 158
東条利八宛 明治6、7年頃?12月13日… 159
明治7年
荘田平五郎 名児耶六都宛 明治7年1月4日…… 161
上野景範 森有礼宛 明治7、8年頃?2月15日…… 162
荘田平五郎宛 明治7年2月23日………… 163
附 福沢宛荘田平五郎書翰…………… 165
小田部武宛 明治7年3月20日…………… 166
荘田平五郎宛 明治7年4月4日 ………… 168
慶応義塾塾監局宛 明治7年?5月1日 … 169
桜井恆次郎宛 明治7年5月2日 ………… 170
高橋岩路宛 明治7年5月16日…………… 171
九鬼隆義宛 明治7、8年頃?5月21日 … 171
南貞助宛 明治7年8月7日 ……………… 172
西村茂樹宛 明治7年?9月4日 ………… 173
池善平宛 明治7年?9月14日…………… 173
三浦久太郎宛 明治7年9月21日………… 174
馬場辰猪宛 明治7年10月12日 ………… 175
柴原和宛 明治7年12月25日 …………… 176
附 福沢宛柴原和書翰………………… 177
明治8年
束原熊次郎宛 明治8年4月18日………… 179
島津復生宛 明治8年4月24日…………… 179
附 福沢宛島津復生書翰 福沢宛橋本塩巌書翰…… 182
富田鉄之助宛 明治8年4月29日………… 183
高力衛門宛 明治8、9年頃?5月2日…… 185
柴原和宛 明治8年8月26日……………… 185
富田鉄之助宛 明治8年8月31日………… 186
高木三郎宛 明治8年9月8日 …………… 187
小川武平宛 明治8年9月20日…………… 189
鈴木 雲宛 明治8年頃?9月25日……… 190
富田鉄之助宛 明治8年11月22日 ……… 190
明治9年
富田鉄之助宛 明治9年3月3日 ………… 193
早矢仕有的宛 明治9年?6月29日……… 194
富田鉄之助宛 明治9年7月8日 ………… 194
三浦安宛 明治9年?7月20日…………… 195
中島精一宛 明治9年9月5日 …………… 196
大野粛章宛 明治9年12月2日…………… 197
山口広江宛 明治9年12月20日 ………… 197
明治10年
三浦安宛 明治10年2月3日……………… 201
藤本菅太郎宛 明治10年頃?2月7日…… 202
宛名不明 明治10〔12〕年頃?3月11日…… 202
早矢仕有的宛 明治10年3月22日 ……… 203
早矢仕有的宛 明治10年4月2日………… 204
寺島宗則宛 明治10年4月5日…………… 204
吉岡密乗宛 明治10年6月12日 ………… 205
山田 馬宛 明治10年頃?7月5日……… 206
早矢仕有的 中村道太宛 明治10年?8月28日…… 207
中島精一宛 明治10年頃?8月31日 …… 208
松方正義宛 明治10年10月10日………… 208
長沼村民宛 明治10年11月1日 ………… 210
肥田昭作宛 明治10年?11月6日 ……… 210
長沼村民宛 明治10年11月14日………… 211
俣野景明宛 明治10年頃?11月21日…… 212
穂積寅九郎宛 明治10年頃?11月26日… 213
島津祐太郎宛 明治10年11月26日……… 214
白洲退蔵宛 明治10年11月26日………… 215
藤本菅太郎宛 明治10年?11月29日…… 216
明治11年
島津復生宛? 明治11年1月3日………… 219
東条利八宛 明治11年1月3日…………… 220
宛名不明 明治11年頃?1月8日………… 220
松倉恂宛 明治11年1月10日 …………… 221
本山彦一宛 明治11年1月13日 ………… 222
平野富二宛 明治11〔14〕年?1月14日…… 224
中村栗園宛 明治11年1月21日 ………… 225
福沢英之助宛 明治11年1月22日 ……… 226
浜野定四郎宛 明治11年?2月7日……… 227
香川真一宛 明治11年2月8日…………… 227
柴原和宛 明治11年2月10日 …………… 228
大隈重信宛 明治11年2月28日 ………… 230
大隈重信宛 明治11年3月3日…………… 231
浜野定四郎宛 明治11年3月16日 ……… 232
早矢仕有的宛 明治11年3月18日 ……… 232
大隈重信宛 明治11年3月19日 ………… 233
浜野定四郎宛 明治11年4月1日………… 234
中川横太郎宛 明治11年4月6日………… 234
香川真一宛 明治11年?4月12日 ……… 235
神津吉助宛 明治11年4月21日 ………… 236
田中秀作宛 明治11年4月22日 ………… 238
薄衣光親宛 明治11年4月22日 ………… 238
大隈重信宛 明治11年5月5日…………… 239
松木直己宛 明治11年5月10日 ………… 240
伊藤博文宛 明治11年5月16日 ………… 240
大隈重信宛 明治11年5、6月頃?27日… 241
田中秀作宛 明治11年5月31日 ………… 242
大久保一翁宛 明治11年6月1日………… 243
金子弥平宛 明治11年6月13日 ………… 243
大隈重信宛 明治11年6月21日 ………… 244
大隈重信宛 明治11年7月8日…………… 245
島津万次郎宛 明治11年7月14日 ……… 246
藤野善蔵宛 明治11年7月16日 ………… 246
二木政佑宛 明治11年8月6日…………… 248
金子弥平宛 明治11年9月12日 ………… 249
小泉信吉 中上川彦次郎宛 明治11年9月16日…… 249
宇都宮三郎宛 明治11年?9月18日 …… 251
富田鉄之助宛 明治11年?9月25日 …… 251
笠原恵宛 明治11年10月3日 …………… 252
香川真一宛 明治11年10月9日 ………… 252
和田義郎宛 明治11年10月10日?……… 255
高木喜一郎宛 明治11年10月11日……… 255
林金兵衛宛 明治11年10月15日………… 256
浜野定四郎宛 明治11年10月26日……… 257
笠原恵宛 明治11年10月31日…………… 257
上野景範宛 明治11年11月16日………… 259
前島密宛 明治11年11月17日…………… 259
黒川剛宛 明治11年?11月20日………… 260
大隈重信宛 明治11年11月29日………… 261
附 私塾維持之為資本拝借之願……… 262
大隈重信宛 明治11年12月2日 ………… 266
安場末喜宛 明治11年12月6日 ………… 267
大隈重信宛 明治11年12月12日………… 268
附 製茶輸出ニ付資本拝借之願……… 268
大隈重信宛 明治11年12月22日………… 270
田中米作宛 明治11年12月24日………… 271
明治12年
原時行宛 明治12年1月7日……………… 273
和久正辰宛 明治12年頃?1月9日……… 273
松倉恂宛 明治12年頃?1月9日………… 274
大隈重信宛 明治12年1月12日 ………… 275
広沢安任宛 明治12年1月23日 ………… 275
中村正直宛 明治12年1月27日 ………… 276
牛場卓蔵宛 明治12年1月29日 ………… 277
岡本貞烋宛 明治12年1月29日 ………… 278
丸善仕立局宛 明治12、3〔7、8〕年頃1月?30日…… 279
大隈重信宛 明治12年1月31日 ………… 279
大隈重信宛 明治12年?月日未詳……… 281
藤野善蔵宛 明治12年2月4日…………… 282
岩倉具視宛 明治12年2月7日…………… 283
井上馨宛 明治12年2月10日 …………… 284
伊藤博文宛 明治12年2月10日 ………… 286
大隈重信宛 明治12年2月10日 ………… 287
岩倉具視宛 明治12年2月12日 ………… 289
島津万次郎宛 明治12年2月14日 ……… 290
大隈重信宛 明治12年2月16日 ………… 291
二木政佑宛 明治12、3年頃?2月24日… 292
大隈重信宛 明治12年?2月27日 ……… 293
大隈重信宛 明治12年3月1日…………… 294
林金兵衛宛 明治12年3月3日…………… 294
松田道之宛 明治12年3月4日…………… 295
中野松三郎宛 明治12年3月7日………… 296
大隈重信宛 明治12年3月15日 ………… 297
北辺田村有志宛 明治12、3年頃?3月18日…… 298
宛名不明 明治12年3月19日 …………… 299
宛名不明 明治12年3月21日 …………… 302
島津万次郎宛 明治12年3月25日 ……… 302
猪飼麻次郎 渡部久馬八宛 明治12年〔11年〕頃?3月27日…… 304
伊藤博文宛 明治12年4月3日…………… 304
西郷従道宛 明治12年4月3日…………… 306
川村純義宛 明治12年4月4日…………… 307
黒田清隆宛 明治12年4月4日…………… 309
伊藤博文宛 明治12年4月8日…………… 310
早矢仕有的宛 明治12年4月9日………… 311
大久保一翁宛 明治12年4月12日 ……… 311
森有礼宛 明治12年4月16日 …………… 313
慶応義塾教員宛 明治12、3年頃?4月27日…… 313
和田義郎宛 明治12年頃?4月30日 …… 314
猪飼麻次郎宛 明治12年5月8日………… 314
香川真一宛 明治12年5月8日…………… 316
楠本正隆宛 明治12年5月11日 ………… 317
村井保固宛 明治12年?5月22日 ……… 318
河野捨三宛 明治12年?5月31日 ……… 319
中島精一 飯田平作宛 明治12年頃?6月6日…… 319
菅沼新宛 明治12年6月11日 …………… 320
大隈重信宛 明治12年?6月17日 ……… 320
楠本正隆宛 明治12年6月20日 ………… 321
高橋岩路宛 明治12年頃?7月7日……… 322
浜野定四郎宛 明治12、3年頃?7月8日…… 323
石黒磐宛 明治12年頃?7月11日 ……… 324
木村浩吉宛 明治12年7月17日 ………… 324
野手一郎宛 明治12年7月20日 ………… 325
松田道之宛 明治12年7月30日 ………… 326
阿部泰蔵宛 明治12年頃?7月31日 …… 327
楠本正隆宛 明治12年8月2日…………… 327
大隈重信宛 明治12年8月2日…………… 328
松木直己宛 明治12年8月6日…………… 329
五代友厚宛 明治12年?8月8日………… 330
香川真一宛 明治12年8月13日 ………… 331
山東直砥宛 明治12年8月15日 ………… 332
猪飼麻次郎宛 明治12年8月15日 ……… 333
原時行宛 明治12年8月25日 …………… 334
小幡篤次郎宛 明治12年?8月28日 …… 335
奥平毎次郎宛 明治12年8月28日 ……… 335
松平忠敬宛 明治12年9月5日…………… 336
附 福沢宛松平忠敬書翰 3通 ……… 337
林金兵衛宛 明治12年9月7日…………… 340
大隈重信宛 明治12年9月12日 ………… 341
鈴木長蔵宛 明治12年9月18日 ………… 342
原時行宛 明治12年9月22日 …………… 343
草間時福宛 明治12年頃?9月25日 …… 344
竹谷俊一宛 明治12年9月28日 ………… 344
大隈重信宛 明治12年10月5日 ………… 345
岩橋謹次郎宛 明治12年10月7日 ……… 346
荘田平五郎宛 明治12年10月7日 ……… 347
原時行宛 明治12年10月8日 …………… 348
武田正規宛 明治12年10月9日 ………… 349
荘田平五郎宛 明治12年10月10日……… 350
長沢理三郎宛 明治12年10月10日……… 351
林金兵衛宛 明治12年10月11日………… 351
大石勉吉宛 明治12年10月12日………… 352
田中米作宛 明治12年10月12日………… 353
森春吉宛 明治12年10月12日…………… 353
大隈重信宛 明治12年10月13日………… 354
林金兵衛宛 明治12年10月15日………… 355
佐野常民宛 明治12、3年頃?10月19日…… 356
中島精一 藤本菅太郎宛 明治12年10月24日…… 356
大隈重信宛 明治12年10月24日………… 357
大隈重信宛 明治12年?月日未詳……… 358
俣野景明宛 明治12年頃?11月2日 …… 358
菅治兵衛宛 明治12年頃?11月3日 …… 359
林金兵衛宛 明治12年11月10日………… 359
塚本定右衛門宛 明治12年11月11日…… 360
酒井良明宛 明治12年11月13日………… 361
早矢仕有的宛 明治12、3年頃?11月17日…… 362
岡本貞烋宛 明治12年12月14日………… 363
小幡篤次郎宛 明治12年?12月19日…… 364
猪飼麻次郎宛 明治12年12月22日……… 365
慶応義塾塾監局宛 明治12、3年頃?月未詳10日…… 366
明治13年
小野清宛 明治13年1月8日……………… 367
浜野定四郎 渡部久馬八宛 明治13年頃?1月16日…… 367
岩橋謹次郎宛 明治13年1月17日 ……… 368
小野清宛 明治13年1月22日 …………… 369
土岐寿橘宛 明治13年1月22日 ………… 369
浜野定四郎 渡部久馬八宛 明治13年頃?1月25日…… 370
田中米作宛 明治13年2月4日…………… 371
神津慎吉宛 明治13年?2月5日………… 371
浜野定四郎宛 明治13年頃?2月8日…… 372
松倉恂宛 明治13年?2月8日…………… 372
香川真一宛 明治13年2月8日…………… 373
森春吉宛 明治13年2月14日 …………… 374
井上馨宛 明治13年2月22日 …………… 374
鎌田栄吉宛 明治13年2月22日 ………… 377
西周宛 明治13年2月27日 ……………… 378
山東直砥宛 明治13年頃?3月1日……… 379
浜野定四郎宛 明治13年?3月3日……… 380
森下岩楠宛 明治13年?3月5日………… 381
林金兵衛宛 明治13年3月6日…………… 381
島津万次郎宛 明治13、4年頃?3月14日…… 382
猪飼麻次郎宛 明治13年?3月14日 …… 383
大隈重信宛 明治13年3月16日 ………… 383
田中米作宛 明治13年3月17日 ………… 385
武田正規宛 明治13、4年?4月8日 …… 386
小野清宛 明治13年4月12日 …………… 386
江口高邦宛 明治13年?4月12日 ……… 387
岡本貞烋宛 明治13年頃?4月22日 …… 388
島津万次郎宛 明治13〔12、3〕年?4月23日…… 388
土持高宛 明治13年?4月24日 ………… 389
荘田平五郎宛 明治13年4月30日 ……… 390
酒井良明宛 明治13〔12〕年5月18日 … 390
勝安房宛 明治13年5月29日 …………… 391
中川横太郎宛 明治13年?6月1日……… 392
安藤正胤宛 明治12、3年頃?6月5日 … 392
附 横山 宛島村鼎甫書翰(福沢代筆)…… 393
森春吉宛 明治13年6月6日……………… 393
慶応義塾出版局宛 明治13年頃?6月6日…… 394
島津万次郎宛 明治13〔12、3〕年?6月7日…… 394
森春吉宛 明治13年6月12日 …………… 396
大江卓宛 明治13年6月17日 …………… 397
江口高寛宛 明治13年6月18日 ………… 398
酒井良明宛 明治13年6月18日 ………… 399
森下岩楠宛 明治13年6月29日 ………… 400
馬場辰猪宛 明治13年6月29日 ………… 400
荘田平五郎宛 明治13年6月29日 ……… 401
宛名不明 明治13年6月29日 …………… 401
朝吹英二宛 明治13年6月30日 ………… 402
荘田平五郎宛 明治13年7月9日………… 403
白洲退蔵宛 明治13年?7月14日 ……… 403
酒井良明宛 明治13年7月16日 ………… 404
神津慎吉宛 明治13年?7月16日 ……… 405
神津慎吉宛 明治13年?7月23日 ……… 406
福沢一太郎宛 明治13年8月3日………… 406
林金兵衛宛 明治13年8月12日 ………… 407
竹谷俊一宛 明治13年8月12日 ………… 408
木暮篤太郎宛 明治13年?8月12日 …… 408
浜野定四郎宛 明治13年8月14日 ……… 409
野田鷹雄宛 明治13年?8月20日 ……… 409
中村裳吉宛 明治13年8月25日 ………… 410
尾崎行雄宛 明治13年8月25日 ………… 410
浜野定四郎宛 明治13年頃?8月29日 … 411
渡部久馬八宛 明治13年頃?8月29日 … 412
藤井清宛 明治13年頃?8月29日 ……… 412
肥田昭作宛 明治13年8月31日 ………… 413
村井保固宛 明治13年9月3日…………… 413
杉本正徳宛 明治13年9月4日…………… 414
肥田昭作宛 明治13年9月7日…………… 415
庵地保宛 明治13年?9月12日 ………… 415
松岡文吉宛 明治13年?9月17日 ……… 416
小幡篤次郎宛 明治13年?9月30日 …… 417
永井好信宛 明治13年10月12日………… 417
浜野定四郎宛 明治13年10月24日……… 418
白洲退蔵宛 明治13年10月24日………… 420
森春吉宛 明治13年?10月25日………… 421
山口広江宛 明治13年11月4日 ………… 422
荘田平五郎宛 明治13年11月8日 ……… 422
宛名不明 明治13年11月16日…………… 423
永井好信宛 明治13年11月19日………… 424
福見常白宛 明治13年11月20日………… 424
大隈重信宛 明治13年11月24日………… 426
菅治兵衛宛 明治13年11月25日………… 426
浜野定四郎宛 明治13年?11月25日…… 427
荘田平五郎宛 明治13年11月26日……… 427
菅友輔宛 明治13年11月27日…………… 428
神津慎吉宛 明治13年12月9日 ………… 429
菅治兵衛宛 明治13年12月15日………… 430
小幡篤次郎宛 明治13、4年〔12年〕頃?12月16日…… 430
酒井良明宛 明治13年12月21日………… 431
塚田七郎二宛 明治13年12月21日……… 432
西周宛 明治13〔11〕年頃?12月21日… 433
鹿島秀麿宛 明治13年12月24日………… 434
岡本貞烋宛 明治13年月日未詳………… 435
長沢理三郎父宛 明治13年頃?月日未詳…… 436
明治14年
広沢安任宛 明治14年1月3日…………… 437
松木直己宛 明治14年1月13日 ………… 438
松岡文吉宛 明治14年1月19日 ………… 438
荘田平五郎宛 明治14年?1月20日 …… 439
酒井良明宛 明治14年1月22日 ………… 440
中野松三郎宛 明治14年2月2日………… 441
岩橋謹次郎宛 明治14年2月14日 ……… 442
大隈重信宛 明治14年3月10日 ………… 442
田中米作宛 明治14年?3月18日 ……… 443
大隈重信宛 明治14年3月19日 ………… 443
森春吉宛 明治14年3月29日 …………… 444
槙村正直宛 明治14年3月31日 ………… 445
森春吉宛 明治14年4月1日……………… 446
中島精一宛 明治14年?4月6日………… 446
山東直砥宛 明治14年4月10日 ………… 447
海東某宛 明治14、5年頃?4月12日…… 447
浜野定四郎宛 明治14年4月29日 ……… 448
穂積寅九郎宛 明治14、5年頃?5月7日…… 448
大隈重信宛 明治14年?5月10日 ……… 449
田中米作宛 明治14年頃?5月19日 …… 449
渡部久馬八宛 明治14年5月23日 ……… 450
中島精一宛 明治14年6月3日…………… 451
附 慶応義塾出版社活字買入資金借入に関する書翰案文…… 451
野村彦四郎宛 明治14年頃?6月13日 … 452
小泉信吉 日原昌造宛 明治14年6月17日…… 453
中村正雄 中山平吉宛 明治14年6月23日…… 455
野村彦四郎宛 明治14年頃?7月7日…… 456
小泉信吉 日原昌造宛 明治14年7月8日…… 456
中島精一宛 明治14年?8月2日………… 458
松木直己宛 明治14年8月9日…………… 458
永井好信宛 明治14年8月19日 ………… 459
中野松三郎宛 明治14、5年頃?8月29日…… 460
飯田平作宛 明治14年?8月29日 ……… 461
小川武平宛 明治14年8月31日 ………… 461
附 小川武平宛書翰別本……………… 462
中島精一宛 明治14年?9月3日………… 462
小幡篤次郎宛 明治14年9月13日 ……… 463
飯田平作宛 明治14年?月未詳19日…… 464
鎌田栄吉 市来七之助 藤野近昌宛 明治14年9月19日…… 464
鎌田栄吉宛 明治14年9月22日 ………… 466
大隈重信宛 明治14年10月1日 ………… 467
伊集院兼寛宛 明治14年10月9日 ……… 469
丸善書店宛 明治14年10月9日 ………… 470
盛田命稘宛 明治14年10月10日………… 470
附 福沢宛盛田命稘書翰……………… 471
井上馨 伊藤博文宛 明治14年10月14日…… 471
井上馨宛 明治14年10月15日…………… 480
附 福沢宛井上馨書翰………………… 481
井上馨 伊藤博文宛 明治14年10月29日…… 482
附 福沢宛井上馨書翰………………… 483
黒川正宛 明治14、5年頃?11月2日…… 484
奥平毎次郎宛 明治14年?11月4日 …… 484
角利助宛 明治14年11月10日…………… 485
川北元立宛 明治14年11月20日………… 485
石坂専之介宛 明治14年11月23日……… 486
長沼村民宛 明治14年11月30日………… 487
長沼村民宛 年月日未詳………………… 488
角利助宛 明治14年12月4日 …………… 488
慶応義塾出版社宛 明治14年12月4日 … 489
俣野景明宛 明治14、5年頃?12月10日…… 489
神津吉助宛 明治14年12月12日………… 490
井上馨宛 明治14年12月25日…………… 491
島津万次郎宛 明治14年12月26日……… 492
中島精一宛 明治14年?12月27日……… 493
明治15年
荘田平五郎宛 明治15年1月24日 ……… 495
島津万次郎宛 明治15年2月14日 ……… 496
宛名不明 明治15年2月16日 …………… 496
本山彦一宛 明治15年2月21日 ………… 498
中村道太宛 明治15、6年頃?2月24日… 499
中村道太宛 明治15年3月1日…………… 499
中村道太宛 明治15年?3月7日………… 500
寺島宗則宛 明治15年3月14日 ………… 501
牛場卓蔵宛 明治15年?3月25日 ……… 502
中村道太宛 明治15年?3月31日 ……… 503
高橋岩路宛 明治15年4月7日…………… 503
笠原恵宛 明治15年4月16日 …………… 504
印東玄得宛 明治15年4月16日 ………… 504
福沢英之助宛 明治15年?4月18日 …… 504
渋江保宛 明治15年4月20日 …………… 505
久保扶桑宛 明治15年頃?4月28日 …… 505
荘田平五郎宛 明治15年5月3日………… 506
田中米作宛 明治15年5月29日 ………… 507
中村道太宛 明治15年5月30日 ………… 508
神津国助宛 明治15年6月7日…………… 509
本山彦一宛 明治15年6月19日 ………… 510
附 福沢宛本山彦一書翰……………… 511
山口広江宛 明治15年6月24日 ………… 512
金井又二宛 明治15年〔19年〕?7月5日…… 513
松田道之遺族宛 明治15年7月7日……… 513
中村道太宛 明治15年頃?7月9日……… 514
白洲退蔵宛 明治15年7月15日 ………… 515
雨山達也宛 明治15年7月23日 ………… 515
岩倉具視宛 明治15年8月6日…………… 516
大塚茂平宛 明治15年8〔4〕月26日…… 518
田中信吾宛 明治15年8月30日 ………… 518
浜野定四郎宛 明治15年頃?9月8日…… 519
渡部久馬八宛 明治15年9月16日 ……… 519
阿部泰蔵 物集女清久宛 明治15年9月28日…… 521
穂積寅九郎宛 明治15、6年頃?10月1日…… 522
穂積寅九郎宛 明治15、6年頃?10月3日…… 522
岩橋謹次郎宛 明治15年10月29日……… 523
山県有朋宛 明治15年11月8日 ………… 523
荘田平五郎宛 明治15年11月27日……… 524
中村裳吉宛 明治15年12月14日………… 525
杉本正徳宛 明治15年頃?12月16日…… 526
杉本正徳宛 年未詳12月16日…………… 526
大隈重信宛 明治15年12月26日………… 527
明治16年
大隈重信宛 明治16年?1月10日 ……… 529
早矢仕有的宛 明治16年?1月14日 …… 529
荘田平五郎宛 明治16年2月1日………… 530
岩谷彦三郎宛 明治16年2月5日………… 531
小幡篤次郎宛 明治16年2月6日………… 532
阿部泰蔵宛 明治16年2月7日…………… 532
小川武平宛 明治16年2月7日…………… 533
浜野定四郎宛 明治16年2月8日………… 534
阿部泰蔵宛 明治16年2月12日 ………… 534
笠原恵宛 明治16年頃?2月13日 ……… 535
阿部泰蔵宛 明治16年2月14日 ………… 536
阿部泰蔵宛 明治16年2月22日 ………… 537
高橋岩路宛 明治16年2月22日 ………… 538
島津万次郎宛 明治16年2月22日 ……… 538
阿部泰蔵宛 明治16年2月27日 ………… 539
笠原恵宛 明治16年3月4日……………… 539
阿部泰蔵宛 明治16年3月6日…………… 540
荘田平五郎宛 明治16年3月16日 ……… 540
笠原文平宛 明治16年3月19日 ………… 541
鈴木 雲宛 明治16年?3月30日 ……… 543
岩橋謹次郎宛 明治16年4月2日………… 544
笠原克太郎 笠原恵宛 明治16年4月2日…… 544
小浦 三郎宛 明治16年4月3日………… 544
徳田しほ宛 明治16年4月24日 ………… 545
金子弥平宛 明治16年5月5日…………… 545
井上馨宛 明治16年5月13日 …………… 546
村井保固宛 明治16年5月17日 ………… 547
川村純義宛 明治16年?5月22日 ……… 548
杉本恆吉宛 明治16年?5月24日 ……… 549
福沢英之助宛 明治16年?5月26日 …… 549
森春吉宛 明治16年5月27日 …………… 550
浜野定四郎宛 明治16年5月31日 ……… 551
高橋岩路宛 明治16年6月9日…………… 551
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年6月10日…… 552
浜野定四郎宛 明治16年6月11日 ……… 553
村井保固宛 明治16年6月19日 ………… 553
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年6月19日…… 555
浜野定四郎宛 明治16年?6月22日 …… 557
川村純義宛 明治16年6月25日 ………… 558
浅岡満俊宛 明治16年6月26日 ………… 558
浜野定四郎宛 明治16年?6月27日 …… 558
小泉信吉宛 明治16年6月29日 ………… 559
井上角五郎宛 明治16年7月1日………… 559
白洲退蔵宛 明治16年7月3日…………… 561
森村豊 村井保固宛 明治16年7月4日… 562
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年7月4日…… 563
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年7月19日…… 565
草郷清四郎宛 明治16年7月19日 ……… 566
東条軍平宛 明治16、7年頃?7月19日… 567
福沢英之助宛 明治16年7月24日 ……… 568
福沢英之助宛 明治16年7月25日 ……… 568
福沢英之助宛 明治16年7月26日 ……… 569
坂田実宛 明治16年7月30日 …………… 569
笠原恵宛 明治16年7月31日 …………… 570
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年8月17日…… 571
永井好信宛 明治16年8月21日 ………… 573
松岡文吉宛 明治16年8月21日 ………… 574
田中米作宛 明治16年8月22日 ………… 574
福沢英之助宛 明治16年8月24日 ……… 575
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年8月27日…… 575
附 福沢一太郎宛浜野定四郎書翰…… 578
村井保固宛 明治16年8月27日 ………… 579
福沢英之助宛 明治16年8月30日 ……… 580
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年9月7日…… 581
朝吹英二宛 明治16年9月11日 ………… 582
武部兵治宛 明治16年9月19日 ………… 583
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年9月21日…… 583
附 福沢一太郎捨次郎宛福沢里書翰… 584
中村道太宛 明治16年?9月26日 ……… 585
鈴木 雲宛 明治16年9月28日 ………… 586
逸見蘭  鈴木 雲 山口広江宛 明治16年10月3日…… 587
附 天保義社紛擾ニ関スル山口半七ノ意見書…… 588
福沢英之助宛 明治16年10月5日 ……… 589
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年10月17日…… 590
ドクター・シモンズ宛 明治16年10月20日…… 592
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年10月21日…… 594
森村豊 村井保固宛 明治16年10月21日…… 596
朝吹英二宛 明治16年10月28日………… 596
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年11月4日…… 598
丸善書店宛 明治16年?11月8日 ……… 601
福沢英之助宛 明治16年11月8日 ……… 602
福沢英之助宛 明治16年11月10日……… 602
井上角五郎宛 明治16年11月21日……… 603
朝吹英二宛 明治16年11月24日………… 604
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年11月24日…… 606
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年12月4日…… 608
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年12月11日…… 611
福沢一太郎宛 明治16年12月12日……… 612
真浄寺宛 明治16年12月13日…………… 613
朝吹英二宛 明治16年?12月13日……… 614
朝吹英二宛 明治16年12月14日………… 614
福沢英之助宛 明治16年12月14〔4〕日…… 615
井上角五郎宛 明治16年12月15日……… 615
笠原恵宛 明治16年12月15日…………… 616
桜井恆次郎宛 明治16年12月15日……… 617
朝吹英二宛 明治16年?12月20日……… 620
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治16年12月22日…… 621
福沢英之助宛 明治16年12月25日……… 623
桜井恆次郎宛 明治16年12月30日……… 624
明治17年
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年1月4日…… 627
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年1月16日…… 630
白洲退蔵宛 明治17年1月22日 ………… 632
渡部久馬八宛 明治17年1月22日 ……… 633
甲賀信郎宛 明治17年1月22日 ………… 633
福沢英之助宛 明治17年1月25日 ……… 634
山県有朋宛 明治17年1月29日 ………… 635
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年2月1日…… 637
福沢英之助宛 明治17年2月1日………… 640
福沢英之助宛 明治17年2月2日………… 640
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年2月12日…… 642
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年2月22日…… 642
後藤牧太宛 明治17年2月28日 ………… 645
山口広江宛 明治17年3月4日…………… 645
後藤牧太宛 明治17年3月6日…………… 646
荘田平五郎宛 明治17年3月6日………… 647
久保扶桑宛 明治17年3月7日…………… 647
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年3月7日…… 648
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年3月11日…… 650
後藤牧太宛 明治17年3月12日 ………… 652
谷井保宛 明治17年3月12日 …………… 652
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年3月26日…… 653
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年4月8日…… 654
小幡篤次郎宛 明治17年4月12日 ……… 656
矢田績宛 明治17年4月14日 …………… 656
粕川守平宛 明治17年4月13日 ………… 657
前田助作 清水広博宛 明治17年4月15日…… 658
飯田三治宛 明治17年4月17日 ………… 658
松村録次郎宛 明治17年4月23日 ……… 659
福沢一太郎宛 明治17年4月24日 ……… 659
内田全作宛 明治17年?4月24日 ……… 662
金子弥平宛 明治17年4月25日 ………… 662
富田鉄之助宛 明治17年5月6日………… 663
福沢一太郎宛 明治17年5月12日 ……… 663
福沢一太郎宛 明治17年5月12日 ……… 665
神津国助宛 明治17年5月19日 ………… 667
村井保固宛 明治17年5月27日 ………… 668
福沢一太郎宛 明治17年5月27日 ……… 670
附 福沢一太郎宛福沢錦書翰………… 671
馬場辰猪宛 明治17年5月29日 ………… 672
飯田三治宛 明治17年?6月1日………… 673
福沢一太郎宛 明治17年6月6日………… 673
荘田平五郎宛 明治17年6月8日………… 675
浜野定四郎宛 明治17年?6月15日 …… 675
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治17年6月19日…… 676
小田部武宛 明治17年?6月22日 ……… 678
荘田平五郎宛 明治17年頃?7月1日…… 679
福沢一太郎宛 明治17年7月7日………… 680
福沢一太郎宛 明治17年7月20日 ……… 681
福沢一太郎宛 明治17年7月29日 ……… 683
荘田平五郎宛 明治17年8月2日………… 684
森春吉宛 明治17年8月9日……………… 685
辻寛宛 明治17年8月13日 ……………… 685
福沢一太郎宛 明治17年?8月15日 …… 686
荘田平五郎宛 明治17年8月24日 ……… 686
荘田平五郎宛 明治17年8月25日 ……… 687
福沢一太郎宛 明治17年9月8日………… 688
村井保固宛 明治17年9月11日 ………… 689
真浄寺宛 明治17年9月25日 …………… 691
野田佐三郎宛 明治17年10月3日 ……… 692
荘田平五郎宛 明治17年10月4日 ……… 692
森春吉宛 明治17年10月9日 …………… 693
谷井保宛 明治17年10月14日…………… 694
久米弘行宛 明治17年10月14日………… 695
牛場卓蔵宛 明治17年11月1日 ………… 695
富田鉄之助宛 明治17年?11月3日 …… 696
ドクター・シモンズ宛 明治17年11月3日…… 698
福沢一太郎宛 明治17年11月4日 ……… 700
松村録次郎宛 明治17年11月4日 ……… 704
美沢進宛 明治17年11月14日…………… 706
日原昌造宛 明治17年11月19日………… 707
荘田平五郎宛 明治17年12月9日 ……… 708
福沢一太郎宛 明治17年12月21日……… 708
三菱為替店宛 明治17年12月25日……… 709
荘田平五郎宛 明治17年12月29日……… 710
肥田昭作宛 明治17年12月30日………… 710
小幡篤次郎宛 明治17年12月30日……… 712
福沢一太郎宛 明治17年12月31日……… 712
宛名不明 明治17年?月未詳13日……… 714
早矢仕有的宛 明治17、8年頃?月未詳15日…… 714
明治18年
丸善書店宛 明治18年1月7日…………… 717
福沢一太郎宛 明治18年1月12日 ……… 717
川村純義宛 明治18年1月21日 ………… 719
奥村伊栄門宛 明治18年2月4日………… 721
明治生命保険会社宛 明治18年2月4日… 723
福沢一太郎宛 明治18年2月6日………… 723
岡本貞烋宛 明治18年頃?2月7日……… 724
川村惇宛 明治18年2月11日 …………… 725
堀田瑞松宛 明治18、9年頃?2月19日… 726
榎本武揚宛 明治18年2月25日 ………… 727
浅岡満俊宛 明治18年3月3日…………… 728
久米弘行宛 明治18年3月11日 ………… 729
高橋岩路宛 明治18年3月11日 ………… 729
岩橋謹次郎宛 明治18年3月11日 ……… 730
金井又二宛 明治18年〔17年〕?3月12日…… 730
荘田平五郎宛 明治18年?3月17日 …… 731
福沢一太郎宛 明治18年3月30日 ……… 732
三菱為替店宛 明治18年3月31日 ……… 734
浜野定四郎宛 明治18年4月2日………… 734
小田部武宛 明治18年4月8日…………… 735
福沢一太郎宛 明治18年4月10日 ……… 735
福沢一太郎宛 明治18年4月14日 ……… 736
小田部武宛 明治18年4月16日 ………… 737
山口広江宛 明治18年4月16日 ………… 738
浅岡満俊宛 明治18年4月16日 ………… 738
中村英吉宛 明治18年4月18日 ………… 739
井上角五郎宛 明治18年4月18日 ……… 740
福沢一太郎宛 明治18年4月25日 ……… 741
中村道太宛 明治18年4月25日 ………… 742
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治18年6月4日…… 743
荘田平五郎宛 明治18年6月16日 ……… 745
牛場卓蔵宛 明治18年?6月20日 ……… 745
小田部武宛 明治18年6月27日 ………… 746
佐藤弥六宛 明治18年6月28日 ………… 747
三島徳蔵宛 明治18年7月10日 ………… 747
真浄寺宛 明治18年7月11日 …………… 748
谷井保 矢田績宛 明治18年7月17日 … 749
吉川泰次郎宛 明治18年7月18日 ……… 750
真浄寺宛 明治18年7月20日 …………… 751
三菱為替店宛 明治18年7月21日 ……… 751
小野恆剛宛 明治18年7月27日 ………… 752
松岡文吉宛 明治18年8月7日…………… 753
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治18年8月29日…… 753
名越時孝宛 明治18年9月2日…………… 755
荘田平五郎宛 明治18年9月18日 ……… 756
永井好信宛 明治18年9月21日 ………… 756
福沢捨次郎宛 明治18年10月1日 ……… 757
福沢一太郎宛 明治18年10月2日 ……… 758
福沢一太郎宛 明治18年10月2日 12日…… 760
藤本寿吉宛 明治18年10月7日 ………… 762
小田部武宛 明治18年10月9日 ………… 763
藤本寿吉宛 明治18年10月21日………… 764
須田辰次郎宛 明治18年10月24日……… 766
福沢一太郎宛 明治18年10月22日 11月10日…… 766
北原直次郎宛 明治18〔20?〕年?11月18日…… 770
福沢捨次郎宛 明治18、9年頃?11月22日…… 771
白洲退蔵宛 明治18年11月29日………… 771
福沢一太郎宛 明治18年12月1日 ……… 772
柏本太門宛 明治18年12月11日………… 773
荘田平五郎宛 明治18年12月26日……… 774
山口広江宛 明治18年?12月29日……… 775
浜野定四郎宛 明治18年月未詳28日…… 776
*後記(富田正文)……………………… 777
 


第18巻 1971.3.13
 
書翰集2
明治19年
三島徳蔵宛 明治19年1月16日 …………… 1
小田部武宛 明治19年?1月18日 ………… 1
島津万次郎宛 明治19年?〔12年?〕1月19日…… 2
須田辰次郎宛 明治19年?1月30日 ……… 3
福沢一太郎宛 明治19年1月31日 ………… 3
山口広江宛 明治19年2月8日……………… 5
福沢英之助宛 明治19年?2月21日 ……… 6
福沢英之助宛 明治19年?2月23日 ……… 7
福沢英之助宛 明治19年?2月24日 ……… 7
中村道太宛 明治19年2月27日 …………… 8
福沢錦宛 明治19年3月17日 ……………… 9
浜野定四郎宛 明治19年3月19日 …………10
福沢錦宛 明治19年3月21日 ………………11
浜野定四郎宛 明治19年3月21日 …………11
飯田三治宛 明治19年3月23日 ……………12
福沢錦宛 明治19年3月28日 ………………13
福沢錦宛 明治19年4月1日…………………14
伊東要蔵宛 明治19年4月6日………………14
角利助宛 明治19年4月6日…………………15
鶴見信平宛 明治19年4月6日………………15
伊東要蔵宛 明治19年4月9日………………15
宇佐美祐次宛 明治19年4月9日……………16
黒川正宛 明治19年4月9日…………………17
白洲退蔵宛 明治19年4月9日………………17
長屋喜弥太宛 明治19年4月9日……………18
福沢一太郎宛 明治19年4月9日……………19
附 福沢宛ドクター・シモンズ書翰……21
真浄寺宛 明治19年4月10日 ………………22
染井宛 明治19年4月11日 …………………23
下里貞吉宛 明治19年4月13日 ……………23
辻寛宛 明治19年4月13日 …………………24
榛葉元三郎宛 明治19年4月17日 …………24
嵯峨浦二郎宛 明治19年4月18日 …………25
肥田昭作宛 明治19年頃?4月20日 ………25
須田辰次郎宛 明治19年4月22日 …………26
福沢一太郎宛 明治19年4月22日 …………27
山崎新太郎宛 明治19年4月23日 …………28
小田部礼宛 明治19年4月24日 ……………28
小田部武宛 明治19年?4月24日 …………29
荘田平五郎宛 明治19年4月25日 …………30
福沢一太郎宛 明治19年5月2日……………31
真浄寺宛 明治19年5月2日…………………32
藤本菅太郎宛 明治19年?〔年未詳〕5月4日……32
福沢一太郎宛 明治19年5月12日 …………33
附 福沢一太郎宛福沢錦書翰 2通 ……34
山口広江宛 明治19年5月14日 ……………35
成瀬岩太郎宛 明治19年5月27日 …………36
染井宛 明治19年?5月31日 ………………36
福沢一太郎宛 明治19年6月1日……………37
桜井恆次郎宛 明治19年6月20日 …………38
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治19年7月1日……40
矢田績宛 明治19年頃?7月14日 …………41
ドクター・シモンズ宛 明治19年7月15日……42
岡本貞烋宛 明治19年7月18日 ……………43
阿原左金吾宛 明治19年7月31日 …………44
相島佐兵衛宛 明治19年7月31日 …………44
須田辰次郎宛 明治19年7月31日 …………45
藤井清宛 明治19年7月31日 ………………46
馬場辰猪宛 明治19年7月31日 ……………47
猪飼麻次郎宛 明治19年7月31日 …………47
福沢一太郎宛 明治19年7月31日 …………48
中村道太宛 明治19年8月1日………………49
福沢英之助宛 明治19年8月17日 …………50
岩橋謹次郎宛 明治19年8月25日 …………51
榛葉元三郎宛 明治19年8月25日 …………51
森常樹宛 明治19年8月25日 ………………52
西松常三郎宛 明治19年8月28日 …………52
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治19年9月1日……53
原時行宛 明治19年9月8日…………………54
永井好信宛 明治19年9月25日 ……………55
小田部武右衛門宛 明治19年9月26日 ……55
松平春嶽宛 明治19年9月26日 ……………56
真浄寺宛 明治19年10月1日 ………………57
福沢英之助宛 明治19年頃?10月3日 ……58
福沢英之助宛 明治19年10月17日…………58
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治19年10月25日……59
菅治兵衛宛 明治19年10月29日……………60
服部鐘宛 明治19年11月?日未詳…………60
福沢一太郎宛 明治19年11月11日…………61
真浄寺宛 明治19年11月14日………………62
真浄寺宛 明治19年11月15日………………63
附 ノルマントン号遭難者追弔法会案内状案文……64
服部鐘宛 明治19年11月15日………………64
和田義郎宛 明治19年11月15日……………65
滝口吉良宛 明治19年?11月18日…………65
永井好信宛 明治19年11月21日……………66
時事新報社宛 明治19年12月1日 …………67
本山彦一宛 明治19年12月1日 ……………67
小松彰宛 明治19年頃?12月20日…………69
福沢英之助宛 明治19年12月25日…………69
小田部武宛 明治19年12月29日……………71
小松彰宛 明治19年頃?12月29日…………71
明治20年
福沢一太郎宛 明治20年1月6日……………73
成瀬岩太郎宛 明治20年1月16日 …………74
福沢一太郎宛 明治20年1月16日 …………75
本山彦一宛 明治20年1月25日 ……………76
寺崎常五郎宛 明治20年1月25日 …………77
阿部泰蔵宛 明治20年1月26日 ……………78
ドクター・ヨングハンス宛 明治20年1月30日……78
福沢一太郎宛 明治20年2月1日……………79
岩崎紀一宛 明治20年2月2日………………81
福沢桃介宛 明治20年2月9日………………82
福沢一太郎宛 明治20年2月9日……………82
真浄寺宛 明治20年2月13日 ………………84
本山彦一宛 明治20年2月13日 ……………84
益田英次宛 明治20年頃?2月26日 ………86
浜野定四郎宛 明治20年3月3日……………87
福沢一太郎宛 明治20年3月7日……………88
岩崎紀一宛 明治20年3月9日………………89
菅友輔宛 明治20年頃?3月10日 …………90
浜野定四郎 門野幾之進 益田英次宛 明治20年頃?3月14日……91
福沢英之助宛 明治20年3月15日 …………92
福沢一太郎宛 明治20年3月16日 …………93
福沢捨次郎宛 明治20年3月16日 …………95
荘田平五郎宛 明治20年3月25日 …………96
猪飼麻次郎宛 明治20年3月28日 …………96
福沢一太郎宛 明治20年4月1日……………98
岩崎紀一宛 明治20年4月7日………………98
福沢一太郎宛 明治20年4月13日 …………99
福沢一太郎宛 明治20年4月14日 ……… 100
中上川彦次郎宛 明治20年4月23日 …… 101
福沢一太郎宛 明治20年4月28日 ……… 102
福沢桃介宛 明治20年4月28日 ………… 102
小田部武宛 明治20年5月12日 ………… 103
福沢捨次郎宛 明治20年5月12日 ……… 104
山口良蔵遺族宛 明治20年5月24日 …… 104
福沢一太郎宛 明治20年5月21日 ……… 105
福沢捨次郎宛 明治20年5月21日 ……… 106
森有礼宛 明治20年5月 ………………… 109
中村正直宛 明治20年5月22日 ………… 109
森有礼宛 明治20年頃?5月27日 ……… 110
中村道太宛 明治20年5月30日 ………… 110
ドクター・ヨングハンス宛 明治20年6月1日…… 111
真浄寺宛 明治20年6月2日……………… 112
福沢英之助宛 明治20年6月3日………… 112
福沢英之助宛 明治20年6月6日………… 113
伊吹雷太宛 明治20年6月11日 ………… 113
荘田平五郎宛 明治20年6月16日 ……… 114
肥田昭作宛 明治20年6月16日 ………… 115
阿部泰蔵宛 明治20年6月16日 ………… 115
中上川彦次郎宛 明治20年6月24日 …… 115
中上川彦次郎宛 明治20年6月25日 …… 116
福沢一太郎宛 明治20年6月29日 ……… 118
福沢捨次郎宛 明治20年6月29日 ……… 120
白洲退蔵宛 明治20年6月29日 ………… 121
中上川彦次郎宛 明治20年6月30日 …… 123
中上川彦次郎宛 明治20年6月30日〔7月1日〕…… 124
牛場卓蔵宛 明治20年6月30日 ………… 125
福沢一太郎宛 明治20年6月 …………… 125
中上川彦次郎宛 明治20年7月2日……… 126
木村芥舟宛 明治20年頃?7月6日……… 127
福沢一太郎宛 明治20年7月9日………… 128
附 福沢一太郎宛福沢錦書翰………… 129
福沢捨次郎宛 明治20年7月9日………… 130
附 福沢捨次郎宛福沢錦書翰………… 130
榛葉元三郎宛 明治20年7月10日 ……… 131
中上川彦次郎宛 明治20年7月11日 …… 132
福沢一太郎宛 明治20年7月18日 ……… 133
猪飼麻次郎宛 明治20年7月20日 ……… 135
伊吹雷太宛 明治20年7月20日 ………… 136
牛場卓蔵宛 明治20年7月24日 ………… 137
中上川彦次郎宛 明治20年7月27日 …… 138
伊吹雷太宛 明治20年7月28日 ………… 139
福沢一太郎宛 明治20年7月29日 ……… 140
中上川彦次郎宛 明治20年8月4日……… 142
岩崎紀一宛 明治20年8月4日…………… 143
伊吹雷太宛 明治20年8月5日…………… 144
飯田三治宛 明治20年?8月7日………… 145
岡本貞烋宛 明治20年?8月10日 ……… 146
浜野定四郎宛 明治20年8月10日 ……… 147
岡本貞烋宛 明治20年8月15日 ………… 148
中上川彦次郎宛 明治20年8月15日 …… 148
中上川彦次郎宛 明治20年8月21日 …… 150
江南哲夫宛 明治20年8月22日 ………… 150
中上川彦次郎宛 明治20年8月26日 …… 151
伊吹雷太宛 明治20年8月26日 ………… 152
村井保固宛 明治20年8月26日 ………… 153
伊吹雷太宛 明治20年8月27日 ………… 153
伊吹雷太宛 明治20年8月31日 ………… 155
日原昌造宛 明治20年9月1日…………… 156
福沢一太郎宛 明治20年9月1日………… 156
中村道太宛 明治20年9月12日 ………… 157
福沢一太郎宛 明治20年9月14日 ……… 158
福沢捨次郎宛 明治20年9月14日 ……… 159
安藤正胤宛 明治20年?9月15日 ……… 160
中上川彦次郎宛 明治20年9月15日 …… 160
中上川彦次郎宛 明治20年9月17日 …… 161
中上川彦次郎宛 明治20年9月18日 …… 163
中上川彦次郎宛 明治20年9月21日 …… 163
中上川彦次郎宛 明治20年9月26日 …… 165
中上川彦次郎宛 明治20年9月27日 …… 166
中上川彦次郎宛 明治20年10月1日 …… 167
福沢英之助宛 明治20年10月1日 ……… 169
伊吹雷太宛 明治20年10月5日 ………… 169
福沢一太郎 福沢捨次郎 福沢桃介宛 明治20年10月8日…… 170
日原昌造宛 明治20年10月13日………… 171
福沢一太郎宛 明治20年10月13日……… 172
服部鐘宛 明治20年10月14日…………… 172
吉川泰次郎宛 明治20年10月23日……… 174
福沢捨次郎宛 明治20年10月28日……… 174
福沢一太郎宛 明治20年11月9日 ……… 176
福沢一太郎宛 明治20年11月29日……… 176
福沢捨次郎宛 明治20年11月29日……… 177
高橋義雄宛 明治20年11月29日………… 178
福沢一太郎宛 明治20年12月7日 ……… 179
福沢捨次郎宛 明治20年12月7日 ……… 180
福沢桃介宛 明治20年12月7日 ………… 181
中上川彦次郎宛 明治20年12月11日…… 182
小泉信吉宛 明治20年?12月13日……… 183
岩崎育太郎宛 明治20年12月14日……… 184
福沢一太郎宛 明治20年12月19日……… 185
福沢捨次郎宛 明治20年12月19日……… 186
柳田藤吉宛 明治20年12月28日………… 186
高木喜一郎宛 明治20年前後?月日未詳…… 187
明治21年
中村道太宛 明治21年1月4日…………… 189
附 鈴木玄仲宛中村道太書翰………… 190
福沢一太郎宛 明治21年1月6日………… 191
原時行宛 明治21年1月15日 …………… 192
福沢一太郎宛 明治21年1月16日 ……… 193
福沢捨次郎宛 明治21年1月16日 ……… 194
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治21年1月?16日…… 196
附 福沢一太郎捨次郎宛福沢錦書翰… 197
小田部武宛 明治21年1月18日 ………… 198
小泉信吉宛 明治21年1月19日 ………… 199
岩崎育太郎宛 明治21年1月19日 ……… 199
福沢一太郎宛 明治21年1月23日 ……… 200
福沢捨次郎宛 明治21年1月23日 ……… 201
阿部泰蔵宛 明治21年1月25日 ………… 202
福沢一太郎 福沢捨次郎 福沢桃介宛 明治21年1月29日…… 202
小泉信吉宛 明治21年?2月2日………… 203
岩崎育太郎 岩崎紀博宛 明治21年2月9日…… 204
福沢桃介宛 明治21年2月9日…………… 205
福沢一太郎宛 明治21年2月21日 ……… 206
中上川彦次郎宛 明治21年2月27日 …… 206
福沢一太郎 福沢捨次郎 福沢桃介宛 明治21年3月2日…… 208
福沢一太郎宛 明治21年3月2日………… 210
福沢捨次郎宛 明治21年3月12日 ……… 210
神津国助宛 明治21年3月13日 ………… 211
大隈重信宛 明治21年3月16日 ………… 212
附 大隈重信宛矢野文雄書翰………… 212
日原昌造宛 明治21年3月23日 ………… 213
福沢一太郎宛 明治21年3月23日 ……… 214
福沢捨次郎宛 明治21年3月23日 ……… 216
印東玄得宛 明治21年頃?4月4日……… 216
山口広江宛 明治21年4月5日…………… 217
松山棟庵宛 明治21年頃?4月12日 …… 219
荘田平五郎宛 明治21年頃?4月18日 … 220
福沢一太郎宛 明治21年4月25日 ……… 220
福沢一太郎 福沢捨次郎 福沢桃介宛 明治21年5月9日…… 221
猪飼麻次郎宛 明治21年5月11日 ……… 223
小田部礼 服部鐘宛 明治21年5月14日…… 224
奥平九八郎宛 明治21年5月14日 ……… 224
福沢一太郎宛 明治21年5月19日 ……… 226
村井保固宛 明治21年5月28日 ………… 226
福沢捨次郎宛 明治21年5月29日 ……… 228
中村道太宛 明治21年5月29日 ………… 229
中上川彦次郎宛 明治21年5月31日 …… 230
木村利右衛門宛 明治21年6月8日……… 230
牛場卓蔵宛 明治21年6月26日 ………… 231
中上川彦次郎宛 明治21年7月1日……… 232
福沢桃介宛 明治21年7月9日…………… 238
福沢桃介宛 明治21年7月18日 ………… 239
堀越角次郎宛 明治21年?7月23日 …… 239
高橋義雄宛 明治21年7月25日 ………… 240
土方金之丞宛 明治21年?8月13日 …… 242
日原昌造宛 明治21年8月17日 ………… 243
福沢桃介宛 明治21年8月17日 ………… 244
門野幾之進宛 明治21年8月18日 ……… 245
浜野定四郎 益田英次宛 明治21年頃?8月19日…… 246
中上川彦次郎宛 明治21年8月27日 …… 247
福沢桃介宛 明治21年8月27日 ………… 248
真浄寺宛 明治21年?9月16日 ………… 249
矢田績宛 明治21年10月7日 …………… 250
中上川彦次郎宛 明治21年10月22日…… 251
中上川彦次郎宛 明治21年10月24日…… 253
益田英次宛 明治21年10月31日………… 253
中上川彦次郎宛 明治21年11月5日 …… 254
高木喜一郎宛 明治21年11月5日 ……… 255
森村豊 村井保固 岩橋謹次郎宛 明治21年11月6日…… 256
慶応義塾塾監局宛 明治21年?11月10日…… 257
中村道太宛 明治21年11月14日………… 257
印東玄得宛 明治21年?11月16日……… 258
森田文蔵宛 明治21年11月17日………… 258
笠原恵宛 明治21年11月17日…………… 259
印東玄得宛 明治21年?11月19日……… 259
榛葉元三郎宛 明治21年11月20日……… 260
神津国助宛 明治21年11月20日………… 260
小田部武宛 明治21年11月20日………… 261
松岡文吉宛 明治21年11月20日………… 262
福沢桃介宛 明治21年11月26日………… 262
印東玄得宛 明治21年?11月30日……… 264
中上川彦次郎宛 明治21年12月2日 …… 264
福沢桃介宛 明治21年12月6日 ………… 266
飯田三治宛 明治21、2年頃?12月10日…… 266
成瀬岩太郎宛 明治21年12月18日……… 267
黒川正宛 明治21年12月21日…………… 268
明治22年
石河幹明宛 明治22年1月6日…………… 269
中上川彦次郎宛 明治22年1月7日……… 269
福沢桃介宛 明治22年1月7日…………… 270
小林梅四郎宛 明治22年1月7日………… 271
小泉信吉宛 明治22年頃?1月9日……… 272
中上川彦次郎宛 明治22年1月23日 …… 272
滝口吉良宛 明治22年1月23日 ………… 273
中上川彦次郎宛 明治22年1月26日 …… 274
高木喜一郎宛 明治22年1月26日 ……… 275
中上川彦次郎宛 明治22年1月30日 …… 275
日原昌造宛 明治22年2月2日…………… 277
福沢桃介宛 明治22年2月20日 ………… 278
小泉信吉宛 明治22年3月1日…………… 279
牛場卓蔵宛 明治22年3月4日…………… 280
石河幹明宛 明治22年3月5日…………… 281
日原昌造宛 明治22年3月10日 ………… 281
肥田昭作宛 明治22年3月14日 ………… 282
福沢桃介宛 明治22年3月18日 ………… 283
福沢桃介宛 明治22年3月19日 ………… 285
中村道太宛 明治22年3月24日 ………… 286
福沢桃介宛 明治22年3月29日 ………… 288
福沢桃介宛 明治22年3月31日 ………… 289
小泉信吉宛 明治22年4月12日 ………… 290
益田英次宛 明治22、3年頃?4月21日… 290
中上川彦次郎宛 明治22年4月24日 …… 293
福沢桃介宛 明治22年4月24日 ………… 294
福沢桃介宛 明治22年5月2日…………… 295
益田英次宛 明治22、3年頃?5月2日 … 296
益田英次宛 明治22、3年頃?5月7日 … 296
福沢桃介宛 明治22年5月18日 ………… 297
東京地学協会宛 明治22年?5月19日 … 298
小寺泰蔵宛 明治22年5月22日 ………… 298
福沢桃介宛 明治22年5月27日 ………… 299
益田英次宛 明治22、3年頃?5月31日… 301
益田英次宛 明治22、3年頃?6月1日 … 302
高崎五六宛 明治22年6月10日 ………… 302
高崎五六宛 明治22年6月15日 ………… 303
中上川彦次郎宛 明治22年6月21日 …… 304
第六銀行支店宛 明治22年6月29日 …… 306
益田英次宛 明治22、3年頃?7月2日 … 307
小林梅四郎宛 明治22年7月3日………… 308
福沢捨次郎宛 明治22年7月5日………… 308
中上川彦次郎宛 明治22年7月17日 …… 309
益田英次宛 明治22、3年頃?7月18日… 310
福沢捨次郎宛 明治22年7月19日 ……… 311
益田英次宛 明治22、3年頃?7月19日… 312
益田英次宛 明治22、3年頃?7月26日… 312
中上川彦次郎宛 明治22年8月1日……… 313
永井好信宛 明治22年8月5日…………… 313
福沢捨次郎宛 明治22年8月10日 ……… 314
猪飼麻次郎宛 明治22年8月12日 ……… 315
浅岡満俊宛 明治22年8月21日 ………… 316
小泉信吉宛 明治22年9月3日…………… 317
福沢捨次郎宛 明治22年9月7日………… 318
益田英次宛 明治22年9月26日 ………… 319
湊直江宛 明治22年9月29日 …………… 320
渡辺治 高木喜一郎宛 明治22年10月8日?…… 321
本山彦一宛 明治22年10月9日 ………… 321
福沢捨次郎宛 明治22年10月15日……… 322
藤野近昌宛 明治22年10月18日………… 323
印東玄得宛 明治22年10月21日………… 324
福沢捨次郎宛 明治22年10月25日……… 324
福沢捨次郎宛 明治22年10月27日……… 326
福沢捨次郎宛 明治22年10月28日……… 326
近藤良薫宛 明治22年11月7日 ………… 327
福沢捨次郎宛 明治22年11月9日 ……… 330
近藤良薫宛 明治22年11月11日………… 331
近藤良薫宛 明治22年11月12日………… 333
近藤良薫宛 明治22年11月15日………… 335
白洲退蔵宛 明治22年11月25日………… 337
福沢捨次郎宛 明治22年11月25日……… 338
附 福沢捨次郎宛福沢錦書翰………… 340
小田部礼 服部鐘宛 明治22年12月9日…… 341
藤本寿吉宛 明治22年12月12日………… 342
近藤良薫宛 明治22年12月13日………… 343
中村道太宛 明治22年12月15日………… 345
近藤良薫宛 明治22年12月22日………… 346
荘田平五郎宛 明治22年12月25日……… 347
附 福沢宛荘田平五郎書翰…………… 348
白洲退蔵宛 明治22年12月31日………… 349
小林梅四郎宛 明治22年12月31日……… 349
藤野近昌宛 明治22年12月31日………… 350
明治23年
中上川彦次郎宛 明治23年1月8日……… 353
小林梅四郎宛 明治23年1月8日………… 354
浜野定四郎宛 明治23年1月14日 ……… 354
福沢英之助宛 明治23年1月14日 ……… 355
高田源次郎宛 明治23年1月15日 ……… 355
福沢捨次郎宛 明治23年1月19日 ……… 356
小田部武宛 明治23年1月19日 ………… 356
山口広江宛 明治23年1月19日 ………… 357
中川横太郎宛 明治23年1月22日 ……… 358
真浄寺宛 明治23年2月10日 …………… 359
小林梅四郎宛 明治23年2月14日 ……… 359
安場末喜宛 明治23年2月20日 ………… 360
近藤良薫宛 明治23年2月25日 ………… 360
福沢捨次郎宛 明治23年3月6日………… 361
下村善右衛門宛 明治23年3月13日 …… 362
下村善右衛門宛 明治23年3月13日 …… 363
猪飼麻次郎宛 明治23年3月23日 ……… 363
山口広江宛 明治23年3月23日 ………… 364
滝沢直作宛 明治23年3月29日 ………… 365
近藤良薫宛 明治23年3月31日 ………… 365
長与専斎宛 明治23年4月1日…………… 366
長与専斎宛 明治23年4月1日…………… 366
高橋忠太郎宛 明治23、4年頃?4月8日…… 367
肥田昭作宛 明治23年4月8日…………… 367
肥田昭作宛 明治23年4月9日…………… 368
宛名不明福沢房書翰案文 明治23年4月初旬頃?…… 369
山田季治宛 明治23年4月13日 ………… 369
北海道出身塾生宛 明治23年4月13日 … 370
近藤良薫宛 明治23年4月15日 ………… 371
藤野近昌宛 明治23年4月16日 ………… 372
肥田昭作宛 明治23年4月18日 ………… 373
近藤良薫宛 明治23年4月18日 ………… 373
福沢英之助宛 明治23年4月19日 ……… 374
福沢捨次郎宛 明治23年4月20日 ……… 375
中上川彦次郎宛 明治23年4月20日 …… 375
中村道太宛 明治23年4月21日 ………… 376
福沢桃介 福沢房宛 明治23年5月6日… 377
永井好信宛 明治23年5月6日…………… 378
第六銀行宛 明治23年5月8日…………… 378
福沢桃介 福沢房宛 明治23年5月8日… 379
小田部礼宛 明治23年5月9日…………… 380
福沢桃介 福沢房宛 明治23年5月11日…… 382
高橋達宛 明治23年5月19日 …………… 383
福沢桃介 福沢房宛 明治23年5月19日…… 384
肥田昭作宛 明治23年5月21日 ………… 386
間淵俊次郎宛 明治23年5月24日 ……… 387
和田義郎宛 明治23年6月3日…………… 388
清岡邦之助宛 明治23年6月11日 ……… 388
肥田昭作宛 明治23年6月15日 ………… 389
真浄寺宛 明治23年6月15日 …………… 390
福沢捨次郎宛 明治23年6月19日 ……… 391
肥田昭作宛 明治23年6月22日 ………… 392
中村貞吉宛 明治23年6月23日 ………… 392
福沢房宛 明治23年6月24日 …………… 394
坂田実宛 明治23年6月25日 …………… 395
福沢捨次郎宛 明治23年6月29日 ……… 396
清岡邦之助宛 明治23年6月29日 ……… 396
田端重晟宛 明治23年7月3日…………… 397
福沢桃介 福沢房宛 明治23年7月3日… 398
山名次郎宛 明治23年7月3日…………… 399
山口広江宛 明治23年7月8日…………… 400
成瀬岩太郎宛 明治23年7月13日 ……… 402
肥田昭作宛 明治23年7月15日 ………… 403
山県有朋宛 明治23年7月18日 ………… 404
中上川彦次郎宛 明治23年7月18日 …… 404
清岡邦之助宛 明治23年7月18日 ……… 405
福沢捨次郎宛 明治23年7月19日 ……… 406
福沢桃介 福沢房宛 明治23年7月24日…… 407
福沢桃介 福沢房宛 明治23年8月1日… 408
山名次郎宛 明治23年8月1日…………… 409
第六銀行支店宛 明治23年8月7日……… 410
福沢捨次郎宛 明治23年8月26日 ……… 411
福沢桃介 福沢房宛 明治23年8月26日…… 413
清岡邦之助宛 明治23年8月26日 ……… 414
福沢捨次郎宛 明治23年8月30日 ……… 415
清岡邦之助宛 明治23年8月30日 ……… 416
肥田昭作宛 明治23年9月1日…………… 417
肥田昭作宛 明治23年9月4日…………… 418
福沢捨次郎宛 明治23年9月11日 ……… 418
小田部武宛 明治23年9月22日 ………… 419
清岡邦之助宛 明治23年9月25日 ……… 420
浜野定四郎宛 明治23年9月25日 ……… 421
浜野定四郎宛 明治23年9月26日 ……… 421
益田英次宛 明治23年10月8日 ………… 422
中村道太宛 明治23年?10月9日 ……… 422
清岡邦之助宛 明治23年10月14日……… 423
福沢捨次郎宛 明治23年10月24日……… 424
福沢捨次郎宛 明治23年11月4日 ……… 425
猪飼麻次郎宛 明治23年11月8日 ……… 426
中村道太宛 明治23年11月18日………… 427
清岡邦之助宛 明治23年11月21日……… 427
宇都宮三郎宛 明治23年?11月29日…… 428
石河幹明宛 明治23年12月4日 ………… 429
松山棟庵宛 明治23年12月8日 ………… 430
阿部泰蔵宛 明治23年?12月18日……… 430
明治24年
木村芥舟宛 明治24年1月6日…………… 433
福沢捨次郎宛 明治24年1月7日………… 434
中上川彦次郎宛 明治24年1月7日……… 435
宛名不明 明治24年?1月11日 ………… 436
阿部泰蔵宛 明治24年1月12日 ………… 436
中村道太宛 明治24年?1月13日 ……… 437
福沢捨次郎宛 明治24年1月14日 ……… 438
浜野定四郎宛 明治24年?1月17日 …… 440
福沢捨次郎宛 明治24年1月21日 ……… 441
福沢英之助宛 明治24年1月24日 ……… 441
福沢捨次郎宛 明治24年1月24日 ……… 442
清岡邦之助宛 明治24年1月24日 ……… 443
中村道太宛 明治24年1月24日 ………… 445
中上川彦次郎宛 明治24年1月27日 …… 446
山口広江宛 明治24年1月28日 ………… 447
肥田昭作宛 明治24年2月1日…………… 448
肥田昭作宛 明治24年2月2日…………… 449
中上川彦次郎宛 明治24年2月2日……… 450
福沢捨次郎宛 明治24年2月3日………… 451
小田部礼 服部鐘宛 明治24年2月10日…… 452
福沢一太郎宛 明治24年2月12日 ……… 453
林董宛 明治24年2月15日 ……………… 454
清岡邦之助宛 明治24年3月7日………… 454
中村道太宛 明治24年3月11日 ………… 456
清岡邦之助宛 明治24年3月17日 ……… 456
清岡邦之助宛 明治24年3月24日 ……… 457
印東玄得宛 明治24年3月26日 ………… 458
松山棟庵宛 明治24年3月28日 ………… 459
柳琢蔵宛 明治24年3月28日 …………… 459
松山棟庵宛 明治24年4月2日…………… 460
金杉大五郎宛 明治24年4月2日………… 460
印東玄得宛 明治24年4月5日…………… 461
金杉大五郎宛 明治24年4月8日………… 462
松山棟庵宛 明治24年4月21日 ………… 462
福沢捨次郎宛 明治24年4月23日 ……… 463
浅岡満俊宛 明治24年頃?4月25日 …… 464
印東玄得宛 明治24年?4月27日 ……… 465
中津親睦会幹事宛 明治24年5月1日…… 466
福沢一太郎宛 明治24年5月9日………… 466
福沢捨次郎宛 明治24年5月15日 ……… 467
神津国助宛 明治23、4年頃?5月16日… 468
印東玄得宛 明治24年?5月18日 ……… 469
福沢捨次郎宛 明治24年5月22日 ……… 469
清岡邦之助宛 明治24年5月22日 ……… 471
渡辺修宛 明治24年5月22日 …………… 472
印東玄得宛 明治24年5月22日 ………… 472
福沢捨次郎宛 明治24年5月24日 ……… 473
清岡邦之助宛 明治24年6月6日………… 474
大槻文彦宛 明治24年6月13日 ………… 475
美沢進宛 明治24年6月16日 …………… 475
肥田昭作宛 明治24年6月17日 ………… 476
富田鉄之助宛 明治24年6月21日 ……… 476
富田鉄之助宛 明治24年6月21日 ……… 478
堀越角次郎宛 明治24年6月23日 ……… 479
福沢捨次郎宛 明治24年6月24日 ……… 480
中上川彦次郎宛 明治24年6月24日 …… 481
松山棟庵宛 明治24年?6月26日 ……… 482
堀越角次郎宛 明治24年?7月15日 …… 483
神津国助宛 明治24年7月25日 ………… 483
菅治兵衛宛 明治24年8月14日 ………… 484
光永寺宛 明治24年?8月17日 ………… 485
猪飼麻次郎宛 明治24年8月18日 ……… 485
清岡邦之助宛 明治24年8月18日 ……… 486
藤野近昌宛 明治24年8月22日 ………… 488
阿部泰蔵宛 明治24年8月23日 ………… 488
菅治兵衛宛 明治24年9月1日…………… 489
菅治兵衛宛 明治24年9月17日 ………… 490
木村芥舟宛 明治24年?9月26日 ……… 491
藤野近昌宛 明治24年9月27日 ………… 491
清岡邦之助宛 明治24年9月29日 ……… 492
猪飼麻次郎宛 明治24年10月2日 ……… 493
本山彦一宛 明治24、5年頃?10月5日… 494
木村芥舟宛 明治24年10月16日………… 494
菅治兵衛宛 明治24年10月22日………… 495
山口広江宛 明治24年10月30日………… 495
松山棟庵宛 明治24年11月2日 ………… 496
金杉大五郎宛 明治24年11月4日 ……… 497
鹿島秀麿宛 明治24年11月12日………… 498
浜野定四郎 門野幾之進 益田英次宛 明治24年11月16日…… 498
小泉信吉宛 明治24年11月16日………… 499
福沢捨次郎宛 明治24〔23〕年11月18日…… 499
金杉大五郎宛 明治24年11月20日……… 500
真浄寺宛 明治24年11月30日…………… 501
肥田昭作宛 明治24年12月6日 ………… 501
松山棟庵宛 明治24年12月6日 ………… 502
清岡邦之助宛 明治24年12月17日……… 502
清岡邦之助宛 明治24年12月18日……… 503
金森吉次郎宛 明治24年12月22日……… 504
福沢俊宛 明治24年頃?月未詳17日…… 504
明治25年
金森吉次郎宛 明治25年1月15日 ……… 507
清岡邦之助宛 明治25年1月17日 ……… 507
榎本武揚宛 明治25年1月27日 ………… 508
榎本武揚宛 明治25年2月5日…………… 509
栗本鋤雲宛 明治25年2月7日…………… 509
高木喜一郎宛 明治25年2月7日………… 510
金杉大五郎宛 明治25年2月9日………… 511
柏村信宛 明治25年2月15日 …………… 511
高木喜一郎宛 明治25年2月29日 ……… 512
阿部泰蔵宛 明治25年3月19日 ………… 512
清岡邦之助宛 明治25年3月25日 ……… 513
山口広江宛 明治25年3月25日 ………… 514
荘田平五郎宛 明治25年3月27日 ……… 515
三島徳蔵宛 明治25年3月28日 ………… 516
清岡邦之助宛 明治25年4月5日………… 516
石川信宛 明治25年?4月11日 ………… 518
柴林宗太郎宛 明治25年4月18日 ……… 518
渡辺文三宛 明治25年4月18日 ………… 520
福沢一太郎宛 明治25年4月26日 ……… 520
福沢一太郎宛 明治25年4月27日 ……… 521
福沢一太郎宛 明治25年4月28日 ……… 521
水谷六郎宛 明治25年4月28日 ………… 522
福沢一太郎宛 明治25年5月2日………… 522
福沢一太郎宛 明治25年5月3日………… 523
福沢一太郎宛 明治25年5月5日………… 523
福沢一太郎宛 明治25年5月10日 ……… 524
大洲鉄然 小田仏乗宛 明治25年5月12日…… 525
石河幹明宛 明治25年5月19日 ………… 526
高橋岩路宛? 明治25年5月20日 ……… 527
金杉大五郎宛 明治25年6月4日………… 527
早川政太郎宛 明治25年6月24日 ……… 528
清岡邦之助宛 明治25年6月26日 ……… 528
肥田昭作宛 明治25年7月19日 ………… 529
中村道太宛 明治25年?7月22日 ……… 530
井上馨宛 明治25年8月24日 …………… 532
服部鐘宛 明治25年9月1日……………… 532
服部鐘宛 明治25年9月7日……………… 533
服部鐘宛 明治25年9月11日 …………… 534
服部鐘宛 明治25年9月13日 …………… 535
中上川彦次郎宛 明治25年9月20日 …… 535
石河幹明宛 明治25年9月27日 ………… 536
清岡邦之助宛 明治25年10月8日 ……… 537
井上馨宛 明治25年10月14日…………… 538
福島作次郎宛 明治25年10月16日……… 538
弓削俊澄宛 明治25年11月2日 ………… 539
清岡邦之助宛 明治25年11月28日……… 540
金杉大五郎宛 明治25年11月30日……… 540
門野幾之進 益田英次宛 明治25年12月12日…… 541
服部鐘宛 明治25年12月12日…………… 541
福沢英之助宛 明治25年12月21日……… 542
清岡邦之助宛 明治25年12月21日……… 543
清岡邦之助宛 明治25年12月28日……… 544
明治26年
佐藤弥六宛 明治26年1月18日 ………… 545
桜井恆次郎宛 明治26年1月30日 ……… 545
中村貞吉宛 明治26年2月2日…………… 546
福沢俊宛 明治26年頃?2月7日………… 547
坂田実宛 明治26年2月21日 …………… 548
服部鐘宛 明治26年3月4日……………… 548
神津国助宛 明治26年3月14日 ………… 549
松山棟庵宛 明治26年3月15日 ………… 550
間淵俊次郎宛 明治26年3月27日 ……… 551
清岡邦之助宛 明治26年3月28日 ……… 551
後藤象二郎宛 明治26年3月29日 ……… 552
富田鉄之助宛 明治26年4月7日………… 552
富田鉄之助宛 明治26年4月7日………… 553
小泉信吉宛 明治26、7年頃?4月8日 … 554
堀越角次郎宛 明治26年?4月11日 …… 554
金杉大五郎宛 明治26年4月14日 ……… 555
金杉大五郎宛 明治26年4月19日 ……… 555
服部鐘宛 明治26年4月21日 …………… 556
北里柴三郎宛 明治26年5月16日 ……… 557
田端重晟宛 明治26年5月18日 ………… 558
菅治兵衛宛 明治26年5月21日 ………… 558
益田英次宛 明治26年?5月26日 ……… 558
松山棟庵宛 明治26年5月29日 ………… 559
井上角五郎宛 明治26年5月31日 ……… 560
坂田実宛 明治26年6月28日 …………… 561
松岡勇記宛 明治26年7月2日…………… 561
堀越角次郎宛 明治26年7月9日………… 562
清岡邦之助宛 明治26年7月25日 ……… 563
木村芥舟宛 明治26年7月30日 ………… 564
清岡邦之助宛 明治26年8月9日………… 564
福沢一太郎 福沢捨次郎宛 明治26年8月22日…… 565
日原昌造宛 明治26年8月24日 ………… 566
猪飼麻次郎宛 明治26年8月25日 ……… 567
堀越角次郎宛 明治26年8月26日 ……… 568
金杉大五郎宛 明治26年10月20日……… 568
小田部武宛 明治26年10月23日………… 569
山口広江宛 明治26年10月23日………… 570
小泉信吉宛 明治26年10月31日………… 570
高橋達宛 明治26年11月4日 …………… 571
柴林宗太郎宛 明治26年11月4日 ……… 571
真浄寺宛 明治26年11月7日 …………… 572
西松喬宛 明治26年11月9日 …………… 572
藤野近昌宛 明治26年11月9日 ………… 573
田端重晟宛 明治26年?11月11日……… 573
荘田平五郎宛 明治26年11月15日……… 574
井上馨宛 明治26年11月15日…………… 575
金森吉次郎宛 明治26年11月15日……… 576
真浄寺宛 明治26年11月19日…………… 576
真浄寺宛 明治26年11月21日…………… 577
阿部泰蔵宛 明治26年11月30日………… 578
牛場卓蔵宛 明治26年11月30日………… 578
荘田平五郎宛 明治26年12月7日 ……… 578
清岡邦之助母宛清岡俊書翰案文 明治26年月日未詳…… 579
清岡邦之助宛 明治26年頃?月未詳19日…… 580
宛名不明〔吉川泰次郎宛〕 明治26、7年頃〔28年?〕月日未詳…… 580
明治27年
荘田平五郎宛 明治27年1月22日 ……… 583
水谷六郎宛 明治27年1月23日 ………… 584
金杉大五郎宛 明治27年1月23日 ……… 584
小泉信吉宛 明治27年2月1日…………… 585
菅治兵衛宛 明治27年2月5日…………… 586
中川横太郎宛 明治27年2月5日………… 586
益田英次宛 明治27年2月26日 ………… 587
山口広江宛 明治27年3月16日 ………… 588
日原昌造宛 明治27年3月18日 ………… 589
玉江東五郎宛 明治27年3月20日 ……… 590
日本郵船会社宛 明治27年3月23日 …… 590
日本郵船会社宛 明治27年3月24日 …… 591
金杉大五郎宛 明治27年3月24日 ……… 591
高橋岩路宛 明治27年?3月29日 ……… 591
曽木円治宛 明治27年4月4日…………… 592
清岡邦之助宛 明治27年頃?4月5日…… 593
阿部吉助宛 明治27年4月13日 ………… 593
梅田才三郎宛 明治27年4月13日 ……… 594
松山棟庵宛 明治27年4月13日 ………… 595
真浄寺宛 明治27年4月13日 …………… 595
中上川彦次郎宛 明治27年4月18日 …… 596
真浄寺宛 明治27年4月19日 …………… 597
益田英次宛 明治27年4月24日? ……… 598
小野友次郎宛 明治27年5月13日 ……… 598
山名次郎宛 明治27年5月16日 ………… 599
村井保固宛 明治27年5月28日 ………… 599
荘田平五郎宛 明治27年6月2日………… 600
池田富太郎宛 明治27年6月3日………… 601
岡本貞烋宛 明治27年6月3日…………… 602
小泉信吉宛 明治27年6月3日…………… 602
浜野定四郎 門野幾之進 益田英次宛 明治27年6月3日…… 602
坂田実宛 明治27年6月4日……………… 603
福沢捨次郎宛 明治27年6月29日 ……… 603
小田部武宛 明治27年7月8日…………… 604
岩崎久弥 荘田平五郎宛 明治27年?8月1日…… 605
梅田才三郎宛 明治27年8月8日………… 605
曽木円治宛 明治27年8月9日…………… 606
森村市左衛門宛 明治27年8月13日 …… 607
堀越角次郎宛 明治27年8月13日 ……… 608
福沢桃介宛 明治27年?〔26年?〕8月13日…… 609
真中直道宛 明治27年8月20日 ………… 610
清岡邦之助宛 明治27年8月21日 ……… 610
戸田春三 棚橋新策 渡辺祝三宛 明治27年8月26日…… 611
後藤象二郎宛 明治27年9月1日………… 612
静浦字志下村若者中宛 明治27年9月8日…… 613
曽木円治宛 明治27年9月13日 ………… 613
宛名不明 年月日未詳…………………… 614
杉浦福太郎宛 明治27年9月25日 ……… 615
堀越角次郎宛 明治27年9月25日 ……… 615
下村善右衛門宛 明治27年9月27日 …… 616
浜野定四郎宛 明治27年9月28日 ……… 616
木村浩吉宛 明治27年10月5日 ………… 617
鏑木誠宛 明治27年10月5日 …………… 617
成瀬正恭宛 明治27年10月10日………… 618
津田興二宛 明治27年10月19日………… 619
清岡邦之助宛 明治27年10月26日……… 620
田端重晟宛 明治27年11月3日 ………… 622
中上川彦次郎宛 明治27年11月15日…… 623
井上角五郎宛 明治27年11月15日……… 624
井上角五郎宛 明治27年11月16日……… 625
清岡邦之助宛 明治27年11月20日……… 625
井上角五郎宛 明治27年11月24日……… 626
荘田平五郎宛 明治27年12月3日 ……… 627
福井秀吉宛 明治27年12月5日 ………… 628
日原昌造宛 明治27年12月6日 ………… 629
小川駒橘宛 明治27年12月9日 ………… 629
小田部礼宛 明治27年12月14日………… 630
山口喜十郎宛 明治27年12月15日……… 631
桜井恆次郎宛 明治27年12月19日……… 631
水谷六郎宛 明治27年12月28日………… 632
荘田平五郎宛 明治27年12月28日……… 632
宛名不明 明治27年12月、日未詳……… 633
明治28年
清岡邦之助宛 明治28年1月4日………… 635
小田部武宛 明治28年1月5日…………… 636
小田部武宛 明治28年1月17日 ………… 637
山口広江宛 明治28年1月17日 ………… 637
猪飼麻次郎宛 明治28年1月17日 ……… 638
中上川彦次郎宛 明治28年1月19日 …… 639
滝口吉良宛 明治28年1月20日 ………… 640
清岡邦之助宛 明治28年1月22日 ……… 640
高見亀宛 明治28年1月28日 …………… 642
附 福沢宛兪吉濬書翰 福沢宛徐光範書翰…… 644
森村明六宛 明治28年2月4日…………… 647
依田繁太宛 明治28年2月9日…………… 648
清岡邦之助宛 明治28年2月25日 ……… 649
中上川彦次郎宛 明治28年2月26日 …… 650
森村市左衛門宛 明治28年3月12日 …… 651
清岡邦之助宛 明治28年3月23日 ……… 651
木村芥舟宛 明治28年3月23日 ………… 652
飯田三治宛 明治28年3月30日 ………… 652
飯田三治宛 明治28年4月2日…………… 654
飯田三治宛 明治28年4月11日 ………… 654
井原市次郎宛 明治28年4月11日 ……… 655
牛場卓蔵宛 明治28年4月11日 ………… 656
梅田又八宛 明治28年4月11日 ………… 657
清岡邦之助宛 明治28年4月13日 ……… 657
井上馨宛 明治28年4月13日 …………… 659
高見亀宛 明治28年4月13日 …………… 660
神津国助宛 明治28年4月14日 ………… 662
清岡邦之助宛 明治28年月日未詳……… 662
清岡邦之助宛 明治28年4月15日 ……… 663
清岡邦之助宛 明治28年月日未詳……… 663
井上馨宛 明治28年4月19日 …………… 664
益田英次宛 年月日未詳………………… 665
高見亀宛 明治28年4月19日 …………… 665
森村市左衛門宛 明治28年4月19日 …… 666
清岡邦之助宛 明治28年4月20日 ……… 667
清岡邦之助 清岡俊宛 明治28年4月28日…… 668
清岡俊宛 明治28年5月10日 …………… 669
清岡俊宛 明治28年5月22日 …………… 670
清岡俊宛 明治28年5月23日 …………… 672
福沢英之助宛 明治28年5月27日 ……… 673
梅田又八宛 明治28年5月27日 ………… 673
森村市左衛門宛 明治28年6月1日……… 674
林董宛 明治28年6月3日………………… 674
楠本武俊宛 明治28年?6月10日 ……… 675
飯田三治宛 明治28年7月5日…………… 676
高見亀宛 明治28年7月5日……………… 677
菅学応宛 明治28年7月12日 …………… 678
田端重晟宛 明治28年7月17日 ………… 679
清岡邦之助宛 明治28年7月18日 ……… 679
清岡邦之助宛 明治28年7月27日 ……… 680
小田部武宛 明治28年7月27日 ………… 681
田端重晟宛 明治28年7月28日 ………… 681
西原真月宛 明治28年8月4日…………… 682
佐野藤作宛 明治28年8月5日…………… 683
飯田平作宛 明治28年8月11日 ………… 683
白山謙致宛 明治28年8月18日 ………… 684
益田英次宛 明治28年?8月19日 ……… 684
鎌田栄吉宛 明治28年8月22日 ………… 685
福沢捨次郎宛 明治28年?9月4日……… 686
岡本武次宛 明治28年9月9日…………… 687
笠原恵宛 明治28年9月10日 …………… 687
細貝順吉宛 明治28年9月25日 ………… 688
杉本正徳宛 明治28年10月5日 ………… 688
杉本正徳宛 明治28年10月6日 ………… 689
清岡邦之助宛 明治28年10月13日……… 690
飯田三治宛 明治28年10月15日………… 691
高見亀宛 明治28年10月18日…………… 691
石河幹明宛 明治27、8年頃?10月29日…… 692
林釟蔵宛 明治28年10月29日…………… 693
大久保文輔宛 明治28年11月3日 ……… 694
村井保固宛 明治28年11月4日 ………… 695
笠原恵宛 明治28年11月21日…………… 696
益田英次宛 明治28年12月6日 ………… 697
益田英次宛 明治28年12月6日 ………… 697
神津邦太郎宛 明治28年12月15日……… 698
清岡邦之助宛 明治28年12月17日……… 699
清岡俊宛中村愛作書翰案文 明治28年12月17日…… 700
小田部武 小田部菊市宛 明治28年12月17日…… 700
田中一貞宛 明治28年12月24日………… 701
釈宗演宛 明治28年12月25日…………… 702
西原真月宛 明治28年12月25日………… 703
清岡邦之助 清岡俊宛 明治28年12月27日…… 704
石田友吉宛 明治28年12月27日………… 705
松山棟庵宛 明治28年12月28日………… 705
養生園会計局宛 明治28年12月28日…… 706
病気見舞状案文 明治28年頃?月日未詳…… 706
明治29年
森村明六宛 明治29年1月11日 ………… 707
村井保固宛 明治29年1月11日 ………… 708
菅治兵衛宛 明治29年1月12日 ………… 709
笠原恵宛 明治29年1月12日 …………… 709
村上守倫宛 明治29年1月13日 ………… 710
岡本貞烋宛 明治29年1月15日 ………… 710
飯田広助宛 明治29年1月16日 ………… 712
飯田三治宛 明治29年1月17日 ………… 712
井上角五郎宛 明治29年1月22日 ……… 713
中川横太郎宛 明治29年1月22日 ……… 714
飯田三治宛 明治29年1月29日 ………… 714
兪吉濬宛 明治29年2月4日……………… 715
兪吉濬宛 明治29年2月4日……………… 716
石井甲子五郎宛 明治29年2月6日……… 719
石河幹明宛 明治29年2月18日 ………… 719
石河幹明宛 明治29年2月22日 ………… 720
森村明六 森村開作宛 明治29年2月25日…… 720
高橋岩路宛 明治29年?3月1日………… 721
鎌田栄吉宛 明治29年?3月1日………… 721
鎌田栄吉宛 明治29年3月6日…………… 722
石河幹明宛 明治29年3月6日…………… 723
神津邦太郎宛 明治29年3月10日 ……… 724
望月小太郎宛 明治29年3月10日 ……… 724
木村浩吉宛 明治29年3月13日 ………… 725
中村恭三郎宛 明治29年?3月19日 …… 725
柳田藤吉宛 明治29年3月27日 ………… 726
日原昌造宛 明治29年3月31日 ………… 726
水谷六郎宛 明治29年4月8日…………… 727
真中直道宛 明治29年4月10日 ………… 728
石河幹明宛 明治29年4月14日 ………… 728
渡辺修宛 明治29年4月17日 …………… 729
金杉大五郎宛 明治29年4月19日 ……… 729
石黒重煕遺族宛 明治29年4月21日 …… 730
小幡篤次郎宛 明治29年4月23日 ……… 730
飯田平作宛 明治29年5月4日…………… 732
飯田三治宛 明治29年5月4日…………… 733
朴泳孝宛 明治29年5月7日……………… 733
菅治兵衛宛 明治29年5月10日 ………… 735
谷井保宛 明治29年5月17日 …………… 735
今井喜治郎宛 明治29年6月8日………… 736
村井保固宛 明治29年6月14日 ………… 736
益田英次宛 明治29年?7月1日………… 737
白石広造宛 明治29年7月3日…………… 739
坂田実宛 明治29年頃?7月18日 ……… 740
潮田伝五郎潮田光結婚披露会案内状案文 明治29年7〔10〕月頃?…… 740
小出収宛 明治29年8月10日 …………… 741
佐野藤作宛 明治29年8月12日 ………… 741
堀井卯之助宛 明治29年8月13日 ……… 742
成瀬正恭宛 明治29年8月13日 ………… 743
田端重晟宛 明治29年頃?8月15日 …… 743
牛場卓蔵宛 明治29年8月15日 ………… 744
長谷川数衛宛 明治29年8月16日 ……… 744
高見亀宛 明治29年8月25日 …………… 745
長谷川数衛宛 明治29年8月27日 ……… 746
日原昌造宛 明治29年9月4日…………… 746
茶話会案内状案文 明治29年9月6日…… 747
飯田三治宛 明治29年9月7日…………… 748
山名次郎宛 明治29年9月7日…………… 749
小泉ちか 鈴木きくゑ宛 明治29年9月7日…… 749
真野夫人宛 明治29年9月7日…………… 750
渡辺一郎宛 明治29年9月8日…………… 750
神津邦太郎宛 明治29年9月?8日……… 750
小田部礼宛 明治29年9月21日 ………… 751
高見亀宛 明治29年9月27日 …………… 752
菅治兵衛宛 明治29年9月29日 ………… 754
坂田実宛 明治29年頃?10月8日 ……… 754
荘田平五郎宛 明治29年10月10日……… 755
田端重晟宛 明治29年10月15日………… 756
松山棟庵宛 明治29年10月20日………… 758
佐藤弥六宛 明治29年10月21日………… 759
荘田平五郎宛 明治29年10月23日……… 759
門野幾之進 益田英次宛 明治29年10月26日…… 760
笠原恵宛 明治29年11月14日…………… 760
大隈重信宛 明治29年11月16日………… 761
神津国助宛 明治29年11月17日………… 761
箕輪五助宛 明治29年11月17日………… 762
柳荘太郎宛 明治29年11月22日………… 763
菅学応宛 明治29年12月15日…………… 764
益田英次宛 明治29年12月27日………… 765
福沢捨次郎宛 明治29年頃?12月29日… 765
明治30年
飯田広助宛 明治30年1月6日…………… 767
小田部礼 服部鐘宛 明治30年1月10日…… 768
川勝貞吉宛 明治30年1月13日 ………… 768
小田部武宛 明治30年1月15日 ………… 769
小田部菊市宛 明治30年1月17日 ……… 769
小田部礼 服部鐘宛 明治30年1月22日…… 770
山根文策宛 明治30年1月30日 ………… 771
田端重晟宛 年月日未詳〔明治30年2月16日?〕…… 771
田端重晟宛 明治30年2月8日…………… 772
潮田伝五郎宛 明治30年2月10日 ……… 772
石河幹明宛 明治30年2月10日 ………… 774
福島作次郎宛 明治30年2月10日 ……… 774
福沢捨次郎宛 明治30年3月7日………… 775
笠原恵宛 明治30年3月7日……………… 776
田中米作宛 明治30年3月11日 ………… 776
石河幹明宛 明治30年3月11日 ………… 777
益田英次宛 明治30年?3月13日 ……… 778
木暮武太夫宛 明治30年3月18日 ……… 778
小幡篤次郎宛 明治30年頃?3月20日 … 779
石河幹明宛 明治30年頃?3月25日 …… 779
梶原某宛 明治30年3月25日 …………… 780
野村新八郎宛 明治30年3月30日 ……… 781
神津国助宛 明治30年4月3日…………… 781
神津国助宛 明治30年4月6日…………… 782
高木喜一郎宛 明治30年4月12日 ……… 783
中川横太郎宛 明治30年4月12日 ……… 783
石河幹明宛 明治30年4月25日 ………… 784
清岡邦之助宛 明治30年5月6日………… 784
永田健助宛 明治30年5月13日 ………… 785
朝鮮国宮内府大臣宛 明治30年5月20日…… 786
西原真月宛 明治30年5月27日 ………… 788
小田部菊市宛 明治30年6月5日………… 788
真中直道宛 明治30年6月7日…………… 789
服部鐘宛 明治30年6月19日 …………… 789
附 服部鐘宛福沢錦書翰……………… 791
荒川まさ宛 明治30年6月21日 ………… 791
服部鐘宛 明治30年6月21日 …………… 791
石河幹明宛 明治30年6月24日 ………… 792
三宅豹三宛 明治30年6月25日 ………… 793
荘田平五郎宛 明治30年6月25日 ……… 793
夏井潔宛 明治30年6月25日 …………… 794
益田英次宛 明治30年?6月25日 ……… 795
永田健助宛 明治30年7月1日…………… 795
永田健助宛 明治30年7月2日…………… 796
木村芥舟宛 明治30年7月2日…………… 796
三宅豹三宛 明治30年7月7日…………… 797
益田英次宛 明治30年頃?7月13日 …… 798
田端重晟 高橋岩路宛 明治30年頃?7月13日…… 799
石河幹明宛 明治30年7月21日 ………… 799
時事新報社宛 明治30年7月28日 ……… 800
日原昌造宛 明治30年8月6日…………… 801
山根文策宛 明治30年8月6日…………… 802
葦原雅亮宛 明治30〔31〕年8月6日…… 803
奥田竹松宛 明治30年8月26日 ………… 803
時事新報編輯局宛 明治30年8月29日 … 804
奥田竹松宛 明治30年9月3日…………… 804
小野友次郎宛 明治30年9月5日………… 805
和田耕月宛 明治30年9月8日…………… 805
奥田竹松宛 明治30年9月10日 ………… 806
奥田竹松宛 明治30年9月10日 ………… 806
奥田竹松宛 明治30年9月11日 ………… 807
滝口吉良宛 明治30年9月12日 ………… 807
園遊会案内状 明治30年10月15日……… 807
牛場卓蔵宛 明治30年10月24日………… 808
石河幹明宛 明治30年11月9日 ………… 809
福沢捨次郎宛 明治30年11月9日 ……… 810
西野恵之助宛 明治30年11月22日……… 810
牛場卓蔵宛 明治30年11月22日?……… 811
福沢英之助宛 明治30年頃?11月27日… 812
岡本貞烋宛 明治30年12月5日 ………… 812
緒方拙斎宛 明治30年12月22日………… 813
石河幹明宛 明治30年12月25日………… 814
笠原恵宛 明治30年12月26日…………… 814
田端重晟宛 明治30年12月27日………… 815
田端重晟宛 明治30年12月28日………… 815
服部鐘宛 明治30年12月16日…………… 816
明治31年
石河幹明宛 明治31年1月3日…………… 817
小田部菊市 小田部礼蔵宛 明治31年1月6日…… 817
松山棟庵宛 明治31年?1月18日 ……… 818
益田英次宛 明治31年?1月22日 ……… 819
安場保和宛 明治31年1月27日 ………… 819
伊東要蔵宛 明治31年2月25日 ………… 820
中川横太郎宛 明治31年3月2日………… 821
菅学応宛 明治31年3月2日……………… 822
石河幹明 北川礼弼宛 明治31年3月8日…… 822
花房義質宛 明治31年3月12日 ………… 823
門野幾之進宛 明治31年4月8日………… 824
門野幾之進宛 明治31年4月10日 ……… 824
服部元治宛 明治31年4月25日 ………… 825
伊藤薫蔵宛 明治31年4月30日 ………… 825
園遊会招待状 明治31年5月 …………… 826
清岡邦之助宛 明治31年5月9日………… 827
中川横太郎宛 明治31年5月23日 ……… 827
鎌田栄吉宛 明治31年?6月7日………… 827
石河幹明宛 明治31年6月10日 ………… 828
土居準平宛 明治31年6月28日 ………… 829
服部鐘宛 明治31年7月20日? ………… 830
佐野藤作宛 明治31年7月30日? ……… 831
伝染病研究所宛 明治31年8月7日……… 832
岩崎育太郎宛 明治31年8月25日 ……… 832
藤山雷太宛 明治31年8月25日 ………… 833
福沢捨次郎宛 明治31年9月4日………… 833
田端重晟宛 明治31年9月23日 ………… 833
明治32年
小田部菊市宛 明治32年1月8日………… 835
中川横太郎宛 明治32年2月22日 ……… 835
服部鐘宛 明治32年8月3日……………… 836
園遊会案内状案文 明治32年10月……… 836
益田英次宛 明治32年10月27日………… 837
笠原恵宛 明治32年10月27日…………… 837
中川横太郎宛 明治32年12月15日……… 838
明治33年
中川横太郎宛 明治33年頃?2月10日 … 839
笠原恵宛 明治33年6月6日……………… 839
服部鐘宛 明治33年10月14日…………… 840
笠原恵宛 明治33年11月12日…………… 840
年未詳
阿部泰蔵宛 年未詳1月12日 …………… 841
木村芥舟宛 年未詳1月20日 …………… 841
浜野定四郎宛 年未詳1月21日 ………… 842
三菱為替店宛 年未詳1月22日 ………… 842
荘田平五郎宛 年未詳1月29日 ………… 843
草郷清四郎宛 年未詳1月30日 ………… 843
大隈重信宛 年未詳2月1日……………… 844
松山棟庵宛 年未詳2月3日……………… 844
浜野定四郎宛 年未詳2月7日…………… 845
浜野定四郎宛 年未詳2月8日…………… 845
木村芥舟宛 年未詳2月12日 …………… 845
滝沢直作宛 年未詳2月25日 …………… 846
阿部泰蔵宛 年未詳2月27日 …………… 846
坂田実宛 年未詳〔明治29年〕3月3日… 847
小幡篤次郎宛 年未詳3月5日…………… 847
江口高邦宛 年未詳3月8日……………… 848
真浄寺宛 年未詳3月12日 ……………… 848
堀越角次郎宛 年未詳3月14日 ………… 849
福沢自宅宛 年未詳3月15日 …………… 849
光永寺宛 年未詳3月21日 ……………… 849
家庭音楽会案内状案文 年未詳3月23日…… 850
中村道太宛 年未詳3月23日 …………… 851
大隈重信宛 年未詳4月4日……………… 851
牛場卓蔵宛 年未詳4月4日……………… 852
小浦 三郎宛 年未詳4月5日…………… 852
中村道太宛 年未詳4月8日……………… 853
石亀福寿宛 年未詳4月9日……………… 854
中村道太宛 年未詳4月12日 …………… 855
堀越角次郎宛 年未詳4月13日 ………… 855
岡本貞烋宛 年未詳4月16日 …………… 856
武部直松宛 年未詳4月21日 …………… 856
武部直松宛 年未詳4月21日 …………… 857
松本福昌宛 年未詳〔明治17年〕4月23日…… 857
堀越角次郎宛 年未詳4月24日 ………… 858
中村道太宛 年未詳4月29日 …………… 858
堀越角次郎宛 年未詳4月30日 ………… 859
藤野近昌宛 年未詳5月2日……………… 860
益田英次宛 年未詳5月5日……………… 860
三輪光五郎宛 年未詳5月5日…………… 861
三輪光五郎宛 年未詳5月6日…………… 861
西蓮寺宛 年未詳5月6日………………… 862
益田英次宛 年未詳5月7日……………… 863
石河幹明宛 年未詳5月?10日 ………… 863
慶応義塾塾監局宛 年未詳5月16日 …… 863
梅木泰造宛 年未詳5月18日 …………… 864
近藤耕太宛 年未詳5月27日 …………… 864
小松屋新助宛 年未詳5月28日 ………… 865
荘田平五郎宛 年未詳5月29日 ………… 865
笠原恵宛 年未詳6月2日………………… 866
鹿島秀麿宛 年未詳〔明治27年〕6月2日…… 866
和田義郎宛 年未詳6月3日……………… 867
山田某〔季治〕留守宅宛 年未詳〔明治21年〕6月3日…… 868
素人音楽会日延通知状案文 年未詳6月3日…… 868
猪飼麻次郎宛 年未詳6月8日…………… 868
石河幹明 石河さと宛 年未詳6月9日… 869
星野康斎宛 年未詳6月12日 …………… 870
高橋達宛 年未詳6月14日 ……………… 870
中島精一宛 年未詳6月17日 …………… 871
高橋岩路宛 年未詳6月21日 …………… 871
小柳津要人宛 年未詳6月24日 ………… 872
木暮篤太郎宛 年未詳〔明治15年〕6月26日…… 872
真浄寺宛 年未詳6月27日 ……………… 873
肥田昭作宛 年未詳6月28日 …………… 873
井上角五郎宛 年未詳〔明治29年?〕6月30日…… 874
島津万次郎宛 年未詳7月1日…………… 874
印東玄得宛 年未詳7月1日……………… 875
伊吹雷太宛 年未詳7月2日……………… 875
堀越角次郎宛 年未詳7月3日…………… 876
小幡篤次郎宛 年未詳7月3日…………… 876
小幡篤次郎宛 年未詳7月6日…………… 877
岡本貞烋宛 年未詳7月11日 …………… 878
印東玄得宛 年未詳7月13日 …………… 878
星野康斎宛 年未詳7月13日 …………… 879
草郷清四郎宛 年未詳7月14日 ………… 880
中村道太宛 年未詳7月15日 …………… 880
印東玄得宛 年未詳7月18日 …………… 881
印東玄得宛 年未詳7月25日 …………… 881
中村道太宛 年未詳7月29日 …………… 882
浜野定四郎宛 年未詳7月29日 ………… 883
浜野定四郎宛 年未詳7月30日 ………… 883
浜野定四郎宛 年未詳7月31日 ………… 884
印東玄得宛 年未詳8月3日……………… 884
益田英次宛 年未詳8月4日……………… 885
中村道太宛 年未詳8月4日……………… 885
中村道太宛 年未詳8月5日……………… 886
小幡篤次郎宛 年未詳8月5日…………… 886
木暮篤太郎宛 年未詳〔明治15年〕8月6日…… 886
田端重晟 高橋岩路宛 年未詳〔明治30年〕8月10日…… 887
真中直道宛 年未詳〔明治20年〕8月14日…… 887
真中直道宛 年未詳〔明治20年〕8月14日…… 888
慶応義塾塾監局宛 年未詳8月18日 …… 889
伊東茂右衛門宛 年未詳8月21日 ……… 889
牛場卓蔵宛 年未詳8月23日 …………… 890
秋山恒太郎宛 年未詳8月23日 ………… 890
松山棟庵宛 年未詳8月28日 …………… 891
美沢進宛 年未詳8月29日 ……………… 891
石河幹明宛 年未詳8月30日 …………… 892
高木喜一郎宛 年未詳9月3日…………… 892
松山棟庵宛 年未詳9月3日……………… 893
鹿島秀麿宛 年未詳9月7日……………… 893
金杉大五郎宛 年未詳〔明治29年?〕9月8日…… 894
金杉大五郎宛 年未詳〔明治29年?〕9月9日…… 894
後藤象二郎宛 年未詳9月19日 ………… 895
真中直道宛 年未詳〔明治27年〕9月22日…… 895
秦勤有宛 年未詳〔明治27年〕9月26日…… 895
岡道亮宛 年未詳9月27日 ……………… 896
田端重晟宛 年未詳〔明治27年〕9月28日…… 897
長与専斎宛 年未詳9月30日 …………… 897
伊東茂右衛門宛 年未詳9月30日 ……… 897
山口広江宛 年未詳10月1日 …………… 898
中村道太宛 年未詳10月7日 …………… 899
酒井良明宛 年未詳10月10日…………… 899
秋葉静宛 年未詳10月11日……………… 900
中村道太宛 年未詳10月20日…………… 901
中村道太宛 年未詳10月21日…………… 901
時事新報編輯局宛 年未詳10月22日…… 901
浜野定四郎宛 年未詳10月25日………… 902
早矢仕有的宛 年未詳10月26日………… 902
真浄寺宛 年未詳10月28日……………… 903
松山棟庵宛 年未詳10月30日…………… 904
真浄寺宛 年未詳11月1日 ……………… 904
浜野定四郎宛 年未詳11月10日………… 905
浜野定四郎宛 年未詳11月11日………… 905
松山棟庵宛 年未詳11月14日…………… 906
中村道太宛 年未詳11月23日…………… 906
山崎英夫宛 年未詳11月28日…………… 907
木村芥舟宛 年未詳11月?30日………… 907
長与専斎宛 年未詳12月1日 …………… 908
和田義郎宛 年未詳12月7日 …………… 908
荘田平五郎宛 年未詳12月8日 ………… 909
須田辰次郎宛 年未詳12月16日………… 910
小幡篤次郎宛 年未詳12月16日………… 910
藤本寿吉宛 年未詳12月17日…………… 911
酒井良明宛 年未詳〔明治15年〕12月18日…… 911
阿部泰蔵宛 年未詳12月24日…………… 912
浜野定四郎宛 年未詳12月25日………… 912
田端重晟 高橋岩路宛 年未詳12月27日…… 912
小泉信吉宛 年未詳12月29日…………… 913
和田義郎宛 年未詳12月30日…………… 913
年月未詳
松山棟庵宛 年月未詳2日 ……………… 915
浜野定四郎宛 年月未詳5日 …………… 915
小幡篤次郎宛 年月未詳17日…………… 916
石河幹明宛 年月未詳19日……………… 916
石河幹明宛 年月未詳19日……………… 917
小幡篤次郎宛 年月未詳19日…………… 917
浜野定四郎宛 年月未詳20日…………… 917
小泉信吉宛 年月未詳26日……………… 918
石河幹明宛 年月未詳29日……………… 918
本多孫四郎宛 年月未詳31日…………… 919
年月日未詳
田端重晟宛 年月日未詳………………… 921
浜野定四郎宛 年月日未詳……………… 921
宛名不明 年月日未詳…………………… 922
宛名不明 年月日未詳…………………… 923
宛名不明 年月日未詳…………………… 923
女義太夫の会案内状案文 年月日未詳… 924
晩餐会案内状案文 年月日未詳………… 924
書翰案文 年月日未詳…………………… 924
宛名不明慶応義塾書翰案文 年月日未詳…… 925
補遺
横瀬文彦宛 明治9年6月14日…………… 927
堀尾重興宛 明治11年1月22日 ………… 928
土宜法龍宛 明治12年?1月9日………… 929
丸屋善八仕立局宛 明治12年6月28日 … 929
森下岩楠宛 明治12年頃?7月31日 …… 929
長島芳次郎宛 明治12年?10月13日…… 930
長沢理三郎宛 明治13年頃?1月14日 … 930
小幡篤次郎宛 明治13年2月28日 ……… 931
西周宛 明治13年12月4日 ……………… 932
附 西周宛小幡篤次郎書翰…………… 932
神津慎吉宛 明治14年5月3日…………… 932
上野景範宛 明治14年6月18日? ……… 933
中村道太宛 明治14年12月15日………… 933
中村道太宛 明治15年2月22日 ………… 934
寺田福寿宛 明治15年10月1日 ………… 935
七十八銀行宛 明治16年2月6日………… 936
阿部泰蔵宛 明治16年4月2日…………… 936
村井保固宛 明治16年8月17日 ………… 936
高橋岩路宛 明治17年3月1日…………… 938
高橋岩路宛 明治17年3月21日 ………… 938
篠原万次郎宛 明治18年頃?1月26日 … 939
益田英次宛 明治23年8月3日…………… 940
山崎英夫宛 明治28年12月20日………… 940
訂正………………………………… 943
*後記(富田正文)……………………… 947
*宛名別書翰索引…………………………… 1
 


第19巻 1971.4.13
 
諸文集1
内外旅行記録
万延元年アメリカハワイ見聞報告書……… 3
西航記………………………………………… 6
西航手帳………………………………………66
慶応三年日記……………………………… 146
道中日記…………………………………… 165
著訳書関係文書並に遺稿類
万国政表出版願…………………………… 175
写本「西洋事情」………………………… 176
経済全書巻之一…………………………… 204
書物問屋組合加入証文…………………… 215
「帳合之法」商店名訳例控……………… 216
一身の自由を論ず………………………… 218
内は忍ぶ可し外は忍ぶ可らず…………… 222
「文字之教」草案その1 ………………… 227
「文字之教」草案その2 ………………… 244
「学者安心論」検閲願…………………… 252
「通俗民権論」第二編原稿……………… 253
「民情一新」補遺………………………… 259
「局外窺見」第四章原稿………………… 265
「品行論」執筆メモ……………………… 268
「福翁自伝」に関するメモ……………… 269
備忘録
慶応三年の備忘録………………………… 281
明治二年以降の備忘録…………………… 293
明治四年以降の備忘録…………………… 316
年代不明の備忘録………………………… 321
明治十年以降の備忘録…………………… 323
明治十年以降の知友名簿………………… 332
明治十七年以降の知友名簿……………… 349
土曜会名簿………………………………… 352
問合せに関する要件覚…………………… 355
明治二十四、五年頃の備忘録…………… 355
腸チフスに関する覚書…………………… 358
明治二十六、七年頃の備忘録…………… 358
日清戦争勃発直前の覚書………………… 360
明治二十七、八年頃塾生求職者の覚…… 361
次男捨次郎赤痢病状記録………………… 364
慶応義塾関係文書
慶応義塾之記……………………………… 367
中元祝酒之記……………………………… 369
慶応義塾新議……………………………… 370
学校之説…………………………………… 373
入塾の人に告る文………………………… 381
三田慶応義塾塾生心得…………………… 384
私塾生徒へ公費給与廃止の布達に対する上申書…… 385
慶応義塾衣服仕立局開業引札…………… 386
慶応義塾教則変更に関する告示………… 388
外人教師雇入れの願書…………………… 390
慶応義塾改革の議案……………………… 391
塾生身分別統計表………………………… 394
私塾維持の為資本拝借の追願…………… 395
道聴途説抄………………………………… 396
慶応義塾社中集会の趣意書……………… 401
慶応義塾会議講習会規則………………… 402
慶応義塾維持資金募集趣旨……………… 404
慶応義塾維持法案………………………… 405
慶応義塾紀事……………………………… 408
慶応義塾概要報告書……………………… 422
慶応義塾生徒徴兵免役に関する願書…… 425
慶応義塾督買法…………………………… 428
慶応義塾の小改革学生諸氏に告ぐ……… 430
塾友選定に就いて………………………… 434
慶応義塾資本金募集の趣旨及び寄附金方法…… 434
金巻名誉録………………………………… 436
明治二十五年一月二十五日慶応義塾幼稚舎にて…… 437
慶応義塾基本金募集の趣旨……………… 439
偽版取締関係文書
偽版取締に関する願書…………………… 441
偽版取締を訴ふる文……………………… 445
偽版に関する訴訟書類…………………… 446
長沼事件に関する願書案文……… 479
民間雑誌
緒言………………………………………… 507
発端………………………………………… 508
農に告るの文……………………………… 510
旧発明の器械……………………………… 512
人の説を咎む可らざるの論……………… 512
未来平均の論……………………………… 515
外国人の内地雑居許す可らざるの論…… 518
国権可分の説……………………………… 525
明六雑誌
征台和議の演説…………………………… 539
内地旅行西先生の説を駁す……………… 542
男女同数論………………………………… 552
明六雑誌の出版を止るの議案…………… 553
家庭叢談
緒言………………………………………… 557
字を知る乞食……………………………… 558
家庭習慣の教へを論ず…………………… 560
女子教育の事……………………………… 563
力のなひ有力者の説……………………… 566
人の言行は情慾に制せらるゝことを解す…… 569
商牌の事…………………………………… 572
釣合の事…………………………………… 575
要知論……………………………………… 577
売薬の事(古川清)……………………… 581
宗教の必用なるを論ず…………………… 585
学校資金の内に芸娼妓の寄附を受く可らざるの論…… 588
青物魚類市場の事………………………… 589
宗教論の弁解……………………………… 591
新橋横浜間の鉄道を切売す可きを論ず… 593
「滔々たる天下横着者の遁辞」を読みて感あり…… 596
故緒方洪庵先生懐旧集の文……………… 598
因果応報の妨げらるゝ由縁を論ず……… 599
進歩と変化との区別を知らざれば大なる間違を生ずるを論ず…… 602
系統論……………………………………… 606
過去現在未来の関係……………………… 608
漫りに森林を伐倒すの害………………… 612
繁を省くは今の世帯の要事なるを論ず… 615
朝鮮は退歩にあらずして停滞なるの説… 617
雇主と被雇者は利益を一にするの説…… 619
三種人民の長短所を論ず………………… 622
国民三種論の二…………………………… 624
汝自から之を為よ………………………… 626
明治十年三月十日開成学校講義室開席の祝詞…… 628
再刊「民間雑誌」
私の利を営む可き事……………………… 633
小学維持の事……………………………… 635
著述の説…………………………………… 639
門閥論……………………………………… 642
上国某氏に贈る…………………………… 645
天理人儀生力建白願……………………… 647
明治十一年三月廿七日東京府庁議事堂演説…… 650
婦人養生の事(慶応義塾医学所一医生)…… 652
社告………………………………………… 654
内務卿の凶聞……………………………… 655
護衛を設るの説…………………………… 657
交詢雑誌
交詢社発会の演説………………………… 659
明治十三年二月七日東京築地寿美屋に於て演説…… 662
明治十三年二月二十九日愛宕下青松寺に於ける交詢社定期小会演説…… 664
明治十三年四月二十五日両国中村楼に於ける交詢社第一回大会演説…… 665
交通論……………………………………… 666
明治十四年一月二十五日木挽町明治会堂に於ける交詢社第一紀年会演説…… 669
明治十五年四月二十二日木挽町明治会堂に於ける交詢社第三回大会演説…… 671
明治十六年四月二十一日両国中村楼に於ける交詢社第四回大会演説…… 672
明治十六年十二月九日熊谷町談話会に於ける演説…… 674
商工社会に所望あり……………………… 676
坐して窮する勿れ………………………… 682
明治十七年四月二十六日両国中村楼に於ける交詢社第五回大会演説…… 684
明治十八年四月廿五日交詢社大会の席にて演説…… 687
人生の寿命の事…………………………… 689
交詢社に新年を賀す……………………… 692
明治十九年四月二十四日交詢社第七大会にて演ぶる所あり…… 693
明治二十一年四月十五日交詢社会堂に於ける交詢社第九回大会演説…… 695
明治二十四年四月二十六日両国中村楼に於ける交詢社第十二回大会演説…… 698
明治三十年四月十八日東京帝国ホテル交詢社第十八大会の演説…… 699
演説
遊楽風韻に就いて………………………… 701
富豪の子弟教育の事……………………… 703
明治十二年十月十八日東京大学医学部学位授与式の祝詞…… 703
貿易商会開業の演説……………………… 705
学者出身の法……………………………… 708
宗教の説…………………………………… 710
緒方維準氏の別宴………………………… 712
長男一太郎結婚披露の席上に於ける演説…… 714
明治二十七年八月軍資醵集相談会に於ける演説…… 717
昔話………………………………………… 720
明治三十年十一月六日大阪慶応義塾同窓会に於ける演説筆記…… 723
明治三十年十一月十四日京都懇親会に於ける演説筆記…… 725
明治三十一年一月二十八日三田演説会に於ける演説…… 728
明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説…… 736
門野幾之進氏を送る……………………… 742
バクテリアの説…………………………… 743
地方の富豪………………………………… 747
法律と時勢………………………………… 753
法律の事…………………………………… 758
一般教育に就て…………………………… 759
序文跋文
窮理捷径十二月帖序……………………… 761
傑氏万邦史略序…………………………… 762
弥爾氏宗教三論緒言……………………… 763
三府五港細見全図序……………………… 763
豊橋煙火目録序…………………………… 764
開牧五年紀事序…………………………… 766
本朝政体序………………………………… 767
簿記活法序………………………………… 768
蘭学事始再版の序………………………… 769
大槻磐水先生の誡語その子孫を輝かす… 771
三十年史序………………………………… 772
開口笑話序………………………………… 773
金子弥平宛書翰集序……………………… 774
少年修業立志編緒言……………………… 775
碑文弔詞
福沢氏記念之碑…………………………… 777
伊藤猛太郎氏墓誌………………………… 778
岡田泰次郎氏墓誌………………………… 779
初代堀越角次郎君墓誌…………………… 779
ドクター・シモンズ墓碑銘……………… 780
肥田浜五郎君墓誌………………………… 782
和田義郎君墓誌…………………………… 784
小泉信吉君を弔す………………………… 784
故中村貞吉略歴…………………………… 785
二世堀越角次郎君を弔す………………… 786
二世堀越角次郎君墓誌…………………… 787
馬場辰猪君八周年祭追弔詞……………… 788
山形県北村山郡山口村開田記念碑誌…… 789
広告文
西洋料理千里軒の開店披露文…………… 791
西洋衣服類商柳屋店の広告……………… 792
木造建物取崩売払広告…………………… 793
接客日時の広告…………………………… 794
接客日時変更の広告……………………… 794
「文明論之概略」講義の広告…………… 795
慶応義塾幼童演説会の広告文案………… 795
南洲西郷隆盛翁銅像石碑建設主意……… 796
近火見舞謝礼広告………………………… 797
近火見舞謝礼広告………………………… 797
福沢諭吉接客の広告……………………… 798
冬物洋服新調広告………………………… 798
近火見舞謝礼広告………………………… 799
箱根塔の沢温泉旅館福住の案内文案…… 799
演説予告の掲示文………………………… 800
株式仲買店の広告文案…………………… 800
「日本国会縁起」掲載社告……………… 801
投票辞退の広告…………………………… 802
大地震に付義捐金募集広告……………… 802
時事新報の実業論………………………… 803
表誠義金募集……………………………… 804
救災義金募集……………………………… 806
福沢全集緒言の掲載……………………… 808
「福翁自伝」掲載社告…………………… 809
近火見舞謝礼広告………………………… 810
近火見舞謝礼広告………………………… 810
*後記(富田正文)……………………… 813
 


第20巻 1971.5.13
 
諸文集2
雑纂
御時務の儀に付申上候書付………………… 3
長州再征に関する建白書…………………… 6
或云随筆………………………………………11
小野友五郎松本寿太夫両人の申立に対する弁明書……15
明治政府の出仕命令を辞する願書…………19
榎本武揚老母の歎願書案文…………………20
丸屋商社之記…………………………………22
明治政府へ旧幕府海軍士官推薦に関する書類……35
洋学私塾を勧奨すべし………………………37
肉食之説………………………………………38
養生の心得……………………………………41
中津留別の書…………………………………49
取締の法………………………………………54
窺理問答の文草稿……………………………62
士族の世禄処分の議…………………………65
ひゞのをしへ…………………………………67
京都学校の記…………………………………77
箒星の弁解……………………………………81
神戸の大井川…………………………………83
日本の歴史……………………………………85
内債論…………………………………………87
帳合之法に関する質問に答ふ………………89
国法と人民の職分……………………………90
童蒙日課………………………………………97
宿題控……………………………………… 118
商学校を建るの主意……………………… 122
附 商法学校科目並要領……………… 125
豊前豊後道普請の説……………………… 128
恩威情実の政は政の美なるものに非ず… 130
おしゅん誕生の記録……………………… 133
明治八年五月一日三田集会所発会の祝詞…… 134
翻訳之文…………………………………… 135
案外論……………………………………… 142
亜細亜諸国との和戦は我栄辱に関するなきの説…… 145
国民兵……………………………………… 152
教育の力…………………………………… 154
政府は人民の何を反射するか…………… 156
政府は人望を収むるの策を講ず可し…… 156
奥平昌邁結婚式祝文……………………… 159
栄辱の念の厚薄…………………………… 161
旧紀州藩士の為の義田結社の趣旨……… 162
自他の弁…………………………………… 164
西南戦争の利害得失……………………… 166
西郷隆盛の処分に関する建白書………… 168
中津福沢旧宅の図に題す………………… 175
試験問題…………………………………… 177
執筆ノート………………………………… 178
原稿断片…………………………………… 179
人事は徐々に非ざれば進まざる事……… 179
賄賂の公行………………………………… 183
通快丸進水祝詞…………………………… 188
地方官会議評価の事……………………… 190
地面貸借之証……………………………… 192
建宮君御遺物の記………………………… 194
春日井事件に関する願書案文…………… 194
東京府会副議長辞任願…………………… 195
華族を武辺に導くの説…………………… 196
教育論……………………………………… 202
在京簿記家名簿…………………………… 213
倹約示談…………………………………… 214
神津家訴訟事件に関する約束書………… 219
国会開設の儀に付建言…………………… 220
慶応義塾出版社に関する会計覚………… 223
試験問題試訳……………………………… 224
埋葬引払控訴補遺………………………… 225
慶応義塾出版局活字買入資金融通依頼… 229
宗教の説…………………………………… 230
明治辛巳紀事……………………………… 232
兵を用るは強大にして速なるを貴ぶ…… 240
掃除破壊と建置経営……………………… 243
乗輿に触るゝの罪人……………………… 254
職掌を守るの気風………………………… 256
履歴書……………………………………… 258
横浜正金銀行別段規則改定議案に就て銀行の当事者に与ふ…… 259
伊太里近報………………………………… 261
三八避難之針……………………………… 263
乳母雇入契約請状案文…………………… 264
福沢大四郎養育に関する取極書………… 265
融智社の略記……………………………… 266
文学会員に告ぐ…………………………… 267
医術の進歩………………………………… 272
明治十六年政党盛なるとき官吏の況情〔情況〕を云ふ…… 274
奥平様御分家約条案……………………… 276
中津市学校残余金貸出に関する文書…… 278
丸家銀行の処置如何……………………… 279
丸家銀行の不始末に就て………………… 281
京城変乱始末……………………………… 285
支那人をして日韓の交際を妨げしむ可らず…… 305
三度目の朝鮮事変………………………… 309
世界中諸王の王(割荷泡内)…………… 311
女子の教育法……………………………… 313
慶応義塾学科課程に就いて……………… 313
明治十八年十二月三国風声始末………… 314
福沢桃介養子縁組に関する覚書………… 322
福沢先生演劇を観る……………………… 324
フヮンシーボールの評…………………… 325
鎌倉近傍の景気…………………………… 326
奴隷について……………………………… 327
同窓相会するの楽み……………………… 330
年間所得の見積りに就いて……………… 331
家族の遠足………………………………… 331
芝区三田の火事…………………………… 332
相場所の存廃如何………………………… 334
四方の暗雲波間の春雨…………………… 335
地方富豪の生活法………………………… 346
乳母の心得の事…………………………… 347
英文笑話の翻訳…………………………… 348
牡丹正宗…………………………………… 364
華族の財産………………………………… 364
ユニテリアン雑誌に寄す………………… 367
工学会と福沢先生………………………… 369
維新党と局外党…………………………… 371
大学病院の手術…………………………… 378
徳風を厚くするには宗教に依頼すべし… 379
子女訓結語………………………………… 382
大磯の恩人………………………………… 383
養生園関係文書…………………………… 384
故金玉均の葬儀…………………………… 386
蘭化堂設立の目論見書…………………… 387
養生園貸地証に題す……………………… 389
松魚節註文の為めの数調べ……………… 390
所要品覚書………………………………… 391
朝鮮人へ貸金の記臆〔憶〕書…………… 392
居合数抜記録……………………………… 395
客集めに関するメモ……………………… 396
揮毫に関するメモ………………………… 397
校正係への注意…………………………… 397
時事新報社員の給料控…………………… 398
時事新報会計メモ………………………… 399
時事新報社の取締に関する注意………… 399
全集原本発売の概数計算………………… 400
福沢全集緒言草稿断片…………………… 401
「福翁百余話」執筆メモ………………… 402
断片メモ…………………………………… 403
慶応義塾の教育の趣旨…………………… 404
各地チンチンモガモガの称呼…………… 406
幕末異人図巻子本題辞…………………… 410
時事新報の経営に就いて………………… 410
官民の差別主義…………………………… 411
勲章などは御免…………………………… 413
狂犬………………………………………… 415
男女論関係メモ…………………………… 416
人口及び金の在高に関するメモ………… 416
断片メモ…………………………………… 417
こゝろのおしえ…………………………… 419
海上公法の序……………………………… 419
詩・歌・語
詩集………………………………………… 425
歌句………………………………………… 468
語…………………………………………… 470
幕末外交文書訳稿………………… 479
1861年(万延元庚申年11月21日~文久元辛酉年12月1日)…… 481
1862年(文久元辛酉年12月2日~文久2壬戌年11月11日)…… 561
1863年(文久2壬戌年11月12日~文久3癸亥年11月21日)…… 563
1864年(文久3癸亥年11月22日~元治元甲子年12月3日)…… 629
1865年(元治元甲子年12月4日~慶応元乙丑年11月14日)…… 669
1866年(慶応元乙丑年11月15日~慶応2丙寅年11月15日)…… 729
1867年(慶応2丙寅年11月26日~慶応3丁卯年12月6日)…… 793
1868年(慶応3丁卯年12月7日~明治元戊辰年11月18日)…… 809
*後記(富田正文)……………………… 815
 


第21巻 1971.6.30
 
終刊の辞(高村象平)…………………… 1
監修者の言葉(小泉信三)……………… 3
福沢家金銭関係諸記録
明治五年家計決算書………………………… 3
地租上納帳(明治5年~8年)……………… 4
総勘定(明治5年~20年) ………………… 6
年中行事(明治11年~12年)………………26
竹田簿記学校の煉瓦建物費用覚(明治12年~14年)……28
中村朝吹の関係勘定書(明治17年4月) …29
中村道太関係勘定書(明治16年7月~明治18年8月)……31
福沢氏口元帳写(明治19年3月) …………32
諸口差引大帳(明治18年~31年)…………35
園遊会費用勘定(明治21年)………………96
借用金証書写し(明治21年)………………98
手許金支出覚(明治23年)…………………99
三女俊入院諸入費控(明治24年)……… 101
金銭出入帳(明治24年~30年)………… 104
三女俊の勘定口の記録(明治24年~30年)…… 174
伊勢参宮旅行入費控(明治29年4月) … 176
京阪山陽方面旅行費用明細書(明治30年11月)…… 179
諸勘定覚書断片(明治14年~31年)…… 183
証書類を納めた封筒の表書(明治29年~31年)…… 185
桃介勘定の覚(明治31年~34年)……… 189
金銭出納簿(明治34年)………………… 192
時事新報金銭関係諸記録
時事新報計算簿(明治17年~29年)…… 201
時事新報関係中上川勘定記録(明治20年~25年)…… 214
時事新報社員賞与記録(明治23年~29年)…… 226
新聞社員定式月俸録(明治29年~31年)…… 235
新聞に関する臨時費其他記事(明治29年~30年)…… 245
新聞社員賞与録(明治30年~31年)…… 247
参考資料
福沢家系図………………………………… 253
福沢諭吉親類名簿………………………… 261
福沢諭吉子孫系図………………………… 262
遣欧使節関係文書(文久元年~2年) … 275
アメリカ及び東洋民族誌学会正会員証(文久2年)…… 277
福沢の幕府出仕関係文書………………… 279
福沢英之助イギリス留学関係文書(慶応2年)…… 281
アメリカ派遣関係文書(慶応2年) …… 282
アメリカ出張中の福沢に対する弾劾の一件書類(慶応3年)…… 283
小幡兄弟開成所出役関係文書(慶応2年12月)…… 290
処剤誌(明治3年5月~6月) …………… 291
旧島原藩邸借地許可書(明治3年11月)…… 294
書物問屋組合加入関係文書(明治5年7月~8月)…… 294
婚姻契約書二件(明治7年~8年)……… 295
明六社会談論筆記(明治8年5月1日) … 296
宮内省の民間雑誌註文書(明治11年2月)…… 299
東京学士会院紀事抜萃(明治11年12月~14年2月)…… 299
老中勝手方任期表(明治12年?)……… 320
末の松山化石硯の記(明治12年1月) … 323
法令公布日誌関係文書(明治14年3月)…… 325
世人の熱心遽に頼む可らず……………… 332
竹村庄八日記抄(明治15年3月) ……… 337
小林義直宛岡田吉顕書翰 (明治16年12月)…… 338
二子アメリカ留学に関する広告(明治16年6月)…… 341
時事新報発行停止通知状(明治16年11月)…… 341
北京夢枕(明治17年9月) ……………… 342
代作序文二編(明治17年)……………… 342
高橋義雄著「日本人種改良論」序…… 343
ハーバート・スペンサー著浜野定四郎・渡辺治共訳 「政法哲学」序…… 343
金玉均作七言古詩(明治17年12月)…… 344
石川謙二親戚名簿(明治19年5月20日)…… 345
恩賜金御沙汰書二件……………………… 345
井上馨宛中上川彦次郎書翰 (明治25年10月10日)…… 346
広尾飲料水試験表(明治30年8月21日)…… 346
時事新報社資産贈与約束書(明治33年1月1日)…… 346
男女道徳論余話(明治33年12月)……… 347
日原昌造関係文書………………………… 349
修身要領(明治33年2月) ……………… 353
植物図説出版目論見書(年月日未詳)… 356
福沢宛書翰………………………………… 357
E・P・スミス書翰 年月日未詳……… 357
西周書翰………………………………… 360
その1 明治4年2月13日……………… 360
その2 明治11年12月26日…………… 361
板垣退助書翰 明治10年?1月6日…… 361
伊藤博文書翰…………………………… 362
福沢諭吉宛 明治11年1月23日 …… 362
小幡篤次郎宛 明治11年2月8日…… 362
柏木忠俊書翰 明治11年2月9日……… 362
中村栗園書翰…………………………… 363
その1 明治11年1月4日……………… 363
その2 明治11年2月11日 …………… 364
その3 ………………………………… 365
その4 明治11年3月8日……………… 366
白石常人書翰 明治12年2月19日 …… 366
ドクトル・シモンズ書翰 明治15年2月16日…… 367
ロレンズ・フォン・スタイン書翰 明治15年6月…… 368
後藤象二郎書翰………………………… 369
その1 明治20年7月26日 …………… 369
その2 年未詳3月24日 ……………… 369
その3 年未詳10月30日……………… 370
大谷光瑩書翰 明治21年9月5日……… 370
所郁太郎関係文書……………………… 370
柏原学而書翰 明治26年11月14日… 371
井上馨書翰 明治26年11月19日…… 372
金森吉次郎書翰 明治31年9月10日…… 372
日清戦争軍費醵出承認状 明治28年5月18日…… 373
桂太郎書翰 明治29年?7月30日 …… 373
朝鮮関係文書…………………………… 374
魚允中書翰 明治14年12月20日…… 374
暗号表………………………………… 374
朝鮮宮内府大臣書翰 明治29年1月28日…… 375
朴泳孝契約書 明治29年6月28日 … 375
義和宮書翰 明治30年5月19日 …… 376
朝鮮宮内府電文写 明治30年6月20日…… 376
吉村寅太郎書翰 明治30年?9月21日…… 376
巡査への見舞金領収書 明治31年6月…… 377
後藤新平書翰 明治31年8月15日 …… 377
無名の一婦人よりの弔詞 明治34年2月…… 378
補遺
緒方塾入門帳署名(安政2年3月9日) … 383
汽船に関する覚え書(慶応3年?) …… 383
偽版取締に関する広告(明治元年〔慶応4年〕4月10日)…… 384
学問のすゝめ重版許可願(明治5年9月3日)…… 385
小幡仁三郎君記念碑誌稿(明治6年4月23日)…… 385
福沢夫妻及び長男の生年月日記録(明治8年4月)…… 388
演説筆記五編(明治8~9年)…………… 389
子供を育るに側の大切なることを論ず…… 389
子供の教育は余り厳ならずしてよき例を示すは則よき教なり…… 391
人意に所有のライトあるを論ず……… 394
書生に職業を授るの急務なるを云ふ… 397
学校の教育の法は国中一様ならざるを欲す…… 398
三田演説会に関するメモ(明治10年4月)…… 399
慶応義塾壱ヶ年会計の見込(明治11年)……… 400
保険申込証書(明治14年7月17日) …… 403
懸直論を恐る(明治15年8月14日) …… 405
海外に日本品売弘の説(明治17年4月18日)…… 406
接客の広告(明治24年5月21日) ……… 410
近火見舞謝礼広告(明治25年4月) …… 410
福沢八十吉命名記(明治26年5月) …… 411
義塾出身両院議員招待会案内名簿(明治27年)…… 412
断簡零墨…………………………………… 414
書翰集補遺
堀源治宛 明治元年(慶応4年)7月6日…… 419
柏木 蔵宛 明治2年3月8日 …………… 420
柏木 蔵宛 明治2年?6月26日………… 421
柏木 蔵宛 明治2年12月25日 ………… 421
阿部泰蔵宛 明治3年10月22日 ………… 422
柏木忠俊宛 明治4年12月2日…………… 425
柏木忠俊宛 明治5年3月27日…………… 426
柏木忠俊宛 明治6年11月1日…………… 427
柏木忠俊宛 明治7年3月20日…………… 428
杉亨二宛 明治10年7月2日……………… 429
荘田平五郎宛 明治11年6月29日 ……… 429
柏木忠俊遺族宛 明治11年11月30日…… 430
雨宮中平宛 明治11年11月30日………… 430
成島柳北宛 明治12年1月23日 ………… 431
堀省三宛 明治12、3年頃?6月4日 …… 432
堀省三宛 明治12年10月24日…………… 432
和田義郎宛 明治12、3年頃?11月19日…… 433
福沢英之助宛 明治12年12月19日……… 433
堀省三宛 明治14、5年頃?10月1日…… 434
堀省三宛 明治16年4月2日……………… 434
物集女清久宛 明治16年4月2日………… 434
福沢英之助宛〔電報〕 明治16年7月24日…… 434
布川末三郎宛 明治16年8月1日………… 435
堀省三宛 明治17年4月6日……………… 435
俣野景次宛 明治18年7月22日 ………… 436
阿原左金吾宛 明治18年10月15日……… 437
中村道太宛 明治18、9年頃?11月10日…… 438
伊藤助右衛門宛 明治19年4月9日……… 438
阿原左金吾宛 明治20年8月2日………… 439
堀省三宛 明治20年8月17日 …………… 439
奥平九八郎宛 明治24年1月28日 ……… 440
矢野文雄宛 明治24年2月9日…………… 441
杉本正徳宛 明治24年7月26日 ………… 441
荘田平五郎宛 明治24年頃?12月23日… 442
小野友次郎宛 明治26年11月1日 ……… 442
向野新造 向野勘三宛 明治27年4月13日…… 443
岡田平太郎宛 明治27年5月14日 ……… 444
後藤象二郎宛 明治27年8月21日 ……… 444
後藤象二郎宛 明治27年8月28日 ……… 444
附 後藤象二郎宛安岡雄吉書翰三通及び電報…… 445
長谷川善太郎宛 明治28年4月11日 …… 447
附 長谷川善太郎宛小幡篤次郎書翰… 448
牛場卓蔵宛電文案 明治28年7月17日 … 448
清岡邦之助宛電文案 明治28年7月17日…… 449
田端重晟 高橋岩路 高橋忠太郎 林某宛 明治28年7月22日…… 449
鏑木誠宛 明治28年9月29日 …………… 450
服部鐘宛 明治29年7月28日 …………… 450
福沢捨次郎宛 明治29年9月17日 ……… 451
服部鐘宛 明治29年12月12日…………… 452
簗貞三郎宛 明治31年1月6日…………… 453
C・W・エリオット宛 明治31年6月4日… 453
英文書翰案文 年未詳1月 ……………… 454
小野友次郎宛 年未詳2月1日…………… 455
高橋岩路娘宛 年未詳3月23日 ………… 455
萱生奉三宛 年未詳4月12日 …………… 456
坂田実宛 年未詳10月17日……………… 456
益田英次宛 年未詳12月4日 …………… 457
中村道太宛 年未詳12月18日…………… 457
森下岩楠宛 年月日未詳………………… 458
*補訂正誤………………………………… 459
*後記(富田正文)……………………… 479
*福沢諭吉年譜…………………………… 483
*総索引…………………………………… 711
福沢諭吉著作索引…………………… 713
書名索引……………………………… 785
人名索引……………………………… 805
*全集の編纂を終つて(富田正文,土橋俊一)…… 933
 


別巻 1971.12.24
 
別巻について……………………………… 1
時事新報論集拾遺…………………… 1
東京米商会所………………………………… 3
枢密院の功用………………………………… 5
相場所営業の延期…………………………… 7
株熱の余症恐る可し………………………… 9
書翰集拾遺
宛名不明 安政5年11月22日 ………………15
山口良蔵宛 慶応元年4月28日 ……………15
大橋栄治宛 慶応2年4月、日未詳…………17
宛名不明 明治元年(慶応4年)5月1日 …18
山口良蔵宛 明治2年頃?月日未詳 ………20
山口良蔵宛 明治3年10月、日未詳 ………21
横山彦三 厩原某宛 明治3年12月26日 …21
内田晋斎宛 明治4年?2月23日……………22
横山彦三宛 明治4年2月29日………………23
早矢仕有的宛 明治4年?6月26日…………24
山口良蔵宛 明治5年頃?2月16日…………25
山口良蔵宛 明治5年頃?月日未詳 ………25
山口良蔵宛 明治6年頃?4月6日 …………26
山口良蔵宛 明治6、7年頃?10月4日 ……26
山口良蔵夫人宛(福沢きん書翰) 明治6年頃?11月5日……27
桂川甫周宛 明治6年頃?月日未詳 ………27
山口良蔵宛 明治6、7年頃?月日未詳……28
大槻磐渓宛 明治7年11月6日………………28
田中不二麿宛 明治10年?10月19日………31
吉良亨 永田一二宛 明治11年2月1日……31
田中不二麿宛 明治11年2月15日 …………32
手島春治宛 明治11、2年頃?9月9日 ……33
渋沢栄一宛 明治11、2年頃?12月5日……34
田中不二麿宛 明治11年12月18日…………35
重野安繹?宛 明治12年3月14日 …………36
児玉淳一郎宛 明治12年3月18日 …………37
宛名不明 明治12年4月10日 ………………38
門田三郎兵衛宛 明治12、3年頃?6月5日……38
服部一三宛 明治12年6月9日………………39
有栖川宮熾仁親王宛 明治12年6月9日……40
中島某宛 明治12年7月15日 ………………40
慶応義塾出版局宛 明治12年8月?2日……41
和田義郎宛 明治12、3年頃?9月5日 ……42
奥平毎次郎宛 明治12年10月24日…………42
草間時福宛 明治12年11月16日……………43
児玉淳一郎宛 明治12年11月18日…………43
橋本塩巌宛 明治13年1月、日未詳 ………44
田中不二麿宛 明治13、4年頃?1月28日…45
宛名不明 明治13年頃?2月8日……………45
岡本貞烋宛 明治13年2月21日 ……………46
村井保固宛 明治13年頃?10月2日 ………46
杉本正徳宛 明治14年頃?5月3日…………47
田中不二麿宛 明治14年5月14日 …………48
穂積寅九郎宛 明治14、5年頃?11月9日…48
松本福昌宛 明治15年1月30日 ……………49
中村五郎左衛門宛 明治15年5月1?日……49
早矢仕有的宛 明治15年8月頃? …………50
杉本正徳宛 明治15年?9月25日 …………50
杉本正徳宛 明治15年?9月28日 …………51
松本福昌宛 明治15年10月16日……………52
是恆真楫宛 明治15年12月25日……………53
和田義郎宛 明治16年4月20日 ……………53
高橋岩路宛 明治16年10月12日……………54
杉本正徳宛 明治17年9月14日 ……………54
早矢仕有的宛 明治17年10月頃?…………55
早矢仕有的宛 明治17年11月2日 …………56
丸家銀行維持社員宛 明治17年11月16日…57
早矢仕有的宛 明治17年12月28日…………59
杉本正徳宛 明治18年?1月22日 …………60
杉本正徳宛 明治18年3月11日 ……………60
丸家銀行維持社中宛 明治18年3月25日 …61
堀田瑞松宛 明治18、9年頃?6月7日 ……61
浜野定四郎宛 明治18年?9月30日 ………63
杉本正徳宛 明治19年3月頃? ……………63
船本龍之助宛 明治19年4月9日……………64
杉本正徳宛 明治19年11月18日……………65
三島億二郎宛 明治20年1月21日 …………65
中村道太?宛 明治20年2月2日……………66
伊藤博文宛 明治20年4月14日 ……………66
福沢一太郎宛 明治20年11月8日 …………67
福沢捨次郎宛 明治20年11月9日 …………68
飯田三治宛 明治21年1月4日………………68
福沢捨次郎宛 明治21年2月21日 …………69
飯田三治宛 明治21年6月14日 ……………70
杉本正徳宛 明治22年頃?2月10日 ………70
杉本正徳宛 明治22年頃?2月12日 ………70
福沢捨次郎宛 明治22年10月23日…………71
鎌田栄吉宛 明治23年1月14日 ……………72
山口広江宛 明治23年1月19日 ……………72
福沢捨次郎宛 明治23年?3月4日…………74
福沢捨次郎宛 明治23年5月5日……………75
福沢捨次郎宛 明治23年?6月10日 ………75
杉本正徳宛 明治24年1月29日 ……………76
松山棟庵宛 明治24年3月23日 ……………77
浜田玄達宛 明治24年4月7日………………77
田中不二麿宛 明治24年4月10日 …………78
杉本正徳宛 明治24年6月2日………………79
堀越角次郎宛 明治24年?9月26日 ………79
小泉信吉宛 明治24年10月1日 ……………80
堀越角次郎宛 明治24年?11月5日 ………81
堀越角次郎宛 明治24年?11月9日 ………81
真中直道宛 明治24年12月31日……………82
花井万吉宛 明治25年3月19日 ……………83
杉本正徳宛 明治25年7月16日 ……………84
杉本正徳宛 明治25、6年頃?10月31日 …84
杉本正徳宛 明治25年11月14日……………85
和田義郎夫人宛 明治26、7年頃1月23日…86
杉本正徳宛 明治26年?4月12日 …………86
飯田三治宛 明治26年4月29日 ……………87
飯田三治宛 明治26年5月16日 ……………88
真中直道宛 明治26年6月23日 ……………89
渋沢栄一宛 明治26年10月31日……………89
真中直道宛 明治27年2月5日………………90
真中直道宛 明治27年2月27日 ……………90
杉本正徳宛 明治27年2月27日 ……………91
中津第七十八国立銀行宛 明治27年3、4月頃?……91
岡本柳之助宛 明治27年8月21日 …………92
真中直道宛 明治27年9月26日 ……………93
岡部喜作宛 明治28年6月1日………………94
小田部武宛 明治28年11月7日 ……………95
竹越与三郎宛 明治29年4月11日 …………96
小島政亨宛 明治30年6月22日 ……………96
福沢捨次郎宛 明治30年頃?6月27日 ……97
渡辺晋三宛 明治30年11月17日……………97
飯田三治宛 明治30年12月20日……………98
福沢捨次郎宛 明治30年頃?月日未詳……99
高木喜一郎宛 明治31年1月 ………………99
堀越角次郎宛 年未詳5月19日 ………… 100
平野暦信宛 年未詳5月25日 …………… 100
杉本正徳宛 年未詳5月31日 …………… 101
木村浩吉宛 年未詳7月18日 …………… 102
中沢周蔵宛 年未詳8月24日 …………… 102
中沢周蔵宛 年未詳11月18日…………… 102
宛名別書翰索引 その2 ……………… 105
諸文集拾遺
翻訳書重版の義に付奉願候書付 明治元年…… 113
福沢諭吉伝後に記す 明治初期………… 118
議事院談後編端書 明治7年9月………… 120
福沢諭吉子女之伝 明治9年 …………… 121
文会規則 明治10年頃?………………… 136
横浜裁決之和解 明治11年……………… 137
慶応義塾維持資金醵集試案 明治13年10月頃…… 140
福沢家勝手向取締心得 明治14年1月 … 141
芳谿内田弥八之碑誌 明治26年………… 142
朝鮮関係メモ 明治30年6月頃 ………… 143
原稿断片 明治30年頃…………………… 144
語(戯去戯来と記しながら……) 明治32年秋…… 145
箱書 年未詳……………………………… 145
福沢家金銭関係記録拾遺………… 147
金銭出入帳 明治30年~33年…………… 149
金銭関係封筒表書 明治21年~31年…… 190
福沢著書売捌勘定書 明治30年~32年… 192
参考資料
理財論 明治2年春 仏蘭西人〔撰〕,福沢諭吉〔訳〕…… 203
山口良蔵宛松田大参事書翰 明治4年頃?2月12日…… 204
山口良蔵宛小幡篤次郎書翰 明治4年7月20日…… 204
大久保利通との会見記録 明治8年6月… 205
政府と人民 明治8年6月………………… 206
東京学士会院紀事抜萃拾遺 明治12年6月…… 209
私塾維持の為資本拝借之願 明治12年?…… 210
福沢捨次郎米国行日記 明治16年6~9月(福沢捨次郎)…… 213
献金領収証書 明治28年5月 …………… 226
堀越角次郎願状 明治29年8月 ………… 226
政党政治論 明治31年6月 ……………… 226
福沢諭吉心訓七則 昭和30年頃………… 228
*再版の補訂正誤………………………… 229
*再版追記再録…………………………… 237
*福沢諭吉年譜(追加)………………… 263
*総索引拾遺……………………………… 279
福沢諭吉著作索引…………………… 281
書名索引……………………………… 284
人名索引……………………………… 288
*再版の刊行を終つて(富田政,土橋俊一)…… 299
[ 2011/03/22 06:51 ] 福沢諭吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。