研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  福士幸次郎 >  『福士幸次郎著作集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『福士幸次郎著作集』全2巻

『福士幸次郎著作集』全2巻(津軽書房、1967)



上 1967.3.1
 

白の微動………………………………………13
錘………………………………………………13
落葉……………………………………………14
窓から…………………………………………15
POEに献ず ……………………………………16
南の海岸………………………………………17
記憶……………………………………………18
情話……………………………………………18
花の絵画………………………………………19
忙しい沈黙……………………………………19
夜半の工場町…………………………………20
夜の林…………………………………………21
温室の内………………………………………21
幼年と野………………………………………22
薄白いともしび………………………………22
冬………………………………………………23
冬………………………………………………23
安息日の晩れがた……………………………25
娼婦……………………………………………25
心………………………………………………26
音楽師…………………………………………26
幻覚の月夜……………………………………27
幽霊……………………………………………27
FANTASIA………………………………………28
墓標……………………………………………28
洪水前の夜のReverie ………………………29
発車前…………………………………………31
春………………………………………………32
一生……………………………………………33
智慧の実を食べてより………………………34
鍛冶屋のポカンさん…………………………35
扇を持つみなしごの娘………………………36
風見の鶏………………………………………36
幸福の日………………………………………37
風景……………………………………………37
原始……………………………………………38
哀憐……………………………………………38
すべての友達に送る手紙……………………39
発生……………………………………………41
遠い故郷………………………………………42
冬の日暮………………………………………42
PROMENADE ……………………………………43
友情……………………………………………43
日の子…………………………………………44
ボヘミアンの歌………………………………47
あらし…………………………………………48
断へず恋してる如く…………………………49
もつと溌剌と…………………………………51
自分のものにする女に送る歌………………52
ああLOVEよ……………………………………55
労働者に与ふ…………………………………57
航海の歌………………………………………59
太陽崇拝………………………………………62
私は太陽の子である…………………………65
木村荘八君に送る……………………………66
ああ私のぼんやりした夢を…………………67
ひかりを慕ふ歌………………………………67
日本の文学者に与ふる歌……………………68
わがまま者の歌………………………………75
山上の火よ……………………………………75
ああ平原のかなたに…………………………77
白い蛆虫の歌…………………………………77
男性の歌………………………………………78
昏睡……………………………………………78
恵まれない善…………………………………79
霊を照らす光…………………………………80
夜曲……………………………………………81
誰が知つてる…………………………………81
死の歌…………………………………………82
熱を病んでる星………………………………84
泣けよ…………………………………………85
嵐の中で………………………………………86
幸福……………………………………………86
冬越しの牧場…………………………………87
曲つた木………………………………………87
被虐待者………………………………………88
無視……………………………………………90
古い古い追憶…………………………………90
信仰……………………………………………90
小さい花………………………………………91
天上の恋………………………………………92
番人の娘を恋ふ………………………………93
現実……………………………………………94
Cr ature………………………………………95
悩み……………………………………………96
独りの旅人……………………………………96
猟師……………………………………………97
驢馬の皮………………………………………98
この残酷は何処から来る………………… 103
荒廃………………………………………… 104
船乗の歌…………………………………… 104
折れ重なる木……………………………… 108
無心の散歩………………………………… 109
感謝………………………………………… 110
感激………………………………………… 110
礼儀………………………………………… 111
発狂者の独り言…………………………… 112
狼…………………………………………… 113
名もない墓石に…………………………… 113
恢復………………………………………… 114
罪ある身…………………………………… 115
季節の恵み………………………………… 116
哀歌………………………………………… 117
Knight……………………………………… 118
鵠…………………………………………… 119
出発………………………………………… 119
夢…………………………………………… 120
東京の街を歩いて………………………… 121
展望………………………………………… 121
夜語り……………………………………… 125
無題………………………………………… 126
舗道の上…………………………………… 127
五月………………………………………… 127
おさない春………………………………… 128
灰色の風景………………………………… 128
死の叫び…………………………………… 129
乞食の唄…………………………………… 130
地方主義篇(散文詩)…………………… 131
最初の時代……………………………… 131
親の土地………………………………… 136
土地の愛………………………………… 146
土地の愛………………………………… 148
田舎唄の風景画………………………… 148
早春の花………………………………… 149
処女性の海……………………………… 150
百姓女の酔つぱらひ…………………… 152
雪の回想………………………………… 155
評論I
詩に就て雑感……………………………… 163
近頃の「詩」に就て……………………… 167
三木露風君に送る………………………… 171
詩に就て独断……………………………… 177
詩集『太陽の子』自序…………………… 190
詩に就ての感想…………………………… 194
生きる言葉と生きる詩…………………… 199
神のないものの宗教心…………………… 223
苦痛の実在………………………………… 253
詩人と知識………………………………… 264
詩壇毎月評論……………………………… 269
詩壇月評…………………………………… 273
詩壇月評…………………………………… 280
現今詩壇の背景…………………………… 285
川路君に答ふ……………………………… 290
再び川路君に答ふ………………………… 298
神秘主義の決定…………………………… 304
今井君の追憶……………………………… 309
批評と主義と定説………………………… 313
トルストイとその諸問題………………… 319
有島武郎論………………………………… 351
リズム論の新提議………………………… 362
定形詩と自由詩との差違………………… 368
音律論……………………………………… 376
抒情詩主義の宣言………………………… 382
詩集『展望』自序………………………… 386
詩壇月評…………………………………… 388
詩壇よりの警告…………………………… 396
詩壇月評…………………………………… 405
現下批評壇に対する批判………………… 411
私の批評について………………………… 424
文学馬鹿話………………………………… 428
自由詩音律論……………………………… 441
二月詩壇月評……………………………… 461
四月詩壇月評……………………………… 469
現在日本の英雄主義……………………… 477
新詩歌評論………………………………… 483
反社会主義の精髄思想…………………… 499
*解題(小山内時雄)…………………… 505
*詩作品年表稿…………………………… 515
 

下 1967.3.1
 
評論II
大杉君の労働文学観より得たる印象………11
プロレタリヤ文学への挑戦…………………14
詩壇近事………………………………………27
社会主義と文学………………………………31
郷土文学主張の基礎…………………………65
文学的生涯の回想……………………………70
地方主義者は一国の首府を何とみる………72
地方主義の哲学………………………………74
文化主義と伝統主義…………………………86
エスペラント反対者…………………………91
詩に関する思索………………………………97
佐藤紅緑伝………………………………… 100
田舎での瞑想……………………………… 109
自由詩の発達とその研究………………… 112
日本音数律論……………………………… 141
科学的批評の一アウトライン…………… 222
三富朽葉の〈感性論〉について………… 229
郷土思想の根柢…………………………… 233
『まるめろ』序…………………………… 253
フアッシスト百言………………………… 256
詩となる極限の一線……………………… 260
蒲原有明研究……………………………… 273
地方主義前論……………………………… 285
伝統主義…………………………………… 301
多磨短歌の形式…………………………… 304
縺れる思惟………………………………… 345
椎の小枝…………………………………… 351
一つの錯誤………………………………… 374
記録………………………………………… 380
郷土愛の話………………………………… 384
日本文学に関する随想…………………… 390
理外の理の怪……………………………… 394
聯詩の発生と其根拠に就いて…………… 402
『原日本考』序…………………………… 413
『原日本考』序章………………………… 425
日本語の特質……………………………… 432
鉄の存在を探る…………………………… 439
津軽地方特有の俚諺……………………… 446
地方主義者としての回想………………… 451
*解題(小山内時雄)…………………… 465
*年譜小山内時雄〔編〕………………… 473
*参考文献………………………………… 521
*あとがき(小山内時雄)……………… 529
[ 2011/03/22 06:52 ] 福士幸次郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。