研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  福田恆存 >  『福田恆存著作集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『福田恆存著作集』全8巻

『福田恆存著作集』全8巻(新潮社、1957.9~1958.6)



第1巻 創作編 1 1958.4.30
 
ホレイショー日記…………………………… 7
明暗……………………………………………91
明智光秀…………………………………… 197
*解説……………………………………… 277
*上演記録………………………………… 287
 

第2巻 創作編 2 1958.5.30
 
龍を撫でた男………………………………… 7
現代の英雄………………………………… 113
一族再会…………………………………… 251
*解説……………………………………… 283
*上演記録………………………………… 290
 

第3巻 創作編 3 1958.6.30
 
キティ颱風…………………………………… 7
最後の切札………………………………… 145
堅壘奪取…………………………………… 247
*解説……………………………………… 289
*上演記録………………………………… 301
 

第4巻 評論編 1 1957.12.25
 
芸術とはなにか……………………………… 7
1 呪術について…………………………… 9
2 呪術の現代的考察………………………21
3 演戯といふこと…………………………26
4 演劇精神の衰退…………………………36
5 選民の芸術………………………………44
6 弁証の芸術………………………………56
7 意匠の芸術………………………………61
8 視覚の優位………………………………67
9 カタルシスといふこと…………………78
10 ふたゝびカタルシスについて ………93
11 芸術とはなにか―結論として …… 107
諷刺文学について………………………… 117
ふたたび諷刺文学について…………… 129
私小説のために…………………………… 137
素材について……………………………… 155
職業としての作家………………………… 167
表現の倫理………………………………… 187
作品のリアリテイについて……………… 203
芸術の転落………………………………… 225
理解といふこと…………………………… 241
告白といふこと…………………………… 257
自己劇化と告白…………………………… 269
*解説……………………………………… 289
 

第5巻 評論編 2 1958.1.30
 
人間・この劇的なるもの…………………… 7
シェイクスピア…………………………… 123
チェーホフ………………………………… 153
ロレンス…………………………………… 195
ガーネット………………………………… 223
サルトル…………………………………… 243
エリオット………………………………… 299
*解説……………………………………… 315
 

第6巻 評論編 3 1958.3.25
 
芥川龍之介…………………………………… 7
嘉村礒多…………………………………… 137
横光利一…………………………………… 165
太宰治……………………………………… 193
石川淳……………………………………… 249
中野重治…………………………………… 273
大岡昇平…………………………………… 303
*解説……………………………………… 339
 

第7巻 評論編 4 1957.10.30
 
日本および日本人…………………………… 7
文化とはなにか………………………………77
愛とはなにか……………………………… 105
民衆の心…………………………………… 209
一匹と九十九匹と………………………… 225
理想人間像について……………………… 247
人間の名において………………………… 263
*解説……………………………………… 281
 

第8巻 評論編 5 1957.9.30
 
一度は考へておくべき事…………………… 5
性の意識について………………………… 7
好色文学論…………………………………35
良識家の特権意識…………………………59
教育・その現象……………………………81
教育・その本質……………………………97
自由と進歩……………………………… 119
戦争責任といふこと…………………… 139
自己批判といふこと…………………… 153
国家的エゴイズム……………………… 175
少数派と多数派………………………… 199
個人主義からの逃避…………………… 213
西欧精神について……………………… 233
絶対者の役割…………………………… 251
*解説……………………………………… 269
*年譜……………………………………… 276
[ 2011/03/22 07:18 ] 福田恆存 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。