研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  福田恆存 >  『福田恆存全集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『福田恆存全集』全8巻

『福田恆存全集』全8巻(文芸春秋、1987.1~1988.7)



第1巻 1987.1.30
 
I
近代日本文学の系譜………………………11
現代日本文学の諸問題……………………57
横光利一……………………………………75
嘉村礒多……………………………………97
芥川龍之介 I ………………………… 114
芥川龍之介 II………………………… 179
志賀直哉………………………………… 201
永井荷風………………………………… 210
宮本百合子……………………………… 256
萩原朔太郎……………………………… 267
石川淳…………………………………… 276
坂口安吾………………………………… 291
太宰治…………………………………… 310
中野重治………………………………… 345
伊藤整…………………………………… 365
石川啄木………………………………… 376
小林秀雄………………………………… 386
谷崎潤一郎……………………………… 405
国木田独歩……………………………… 414
田山花袋………………………………… 430
大岡昇平………………………………… 445
岸田国士………………………………… 458
II
批評家と作家との乖離について……… 469
諷刺文学について……………………… 473
ふたたび諷刺文学について…………… 480
日本語普及の問題……………………… 485
私小説のために………………………… 490
批評の正しき読み方…………………… 501
素材について…………………………… 509
文芸批評の態度………………………… 515
国運……………………………………… 521
同時代の意義…………………………… 526
荷物疎開………………………………… 531
民衆の心………………………………… 536
職業としての作家……………………… 545
表現の倫理……………………………… 558
私小説的現実について………………… 567
人間の名において……………………… 578
文学と戦争責任………………………… 588
小説の運命 I ………………………… 596
小説の運命 II………………………… 605
世代の対立……………………………… 621
現代人の救ひといふこと……………… 632
一匹と九十九匹と……………………… 640
*覚書 一………………………………… 655
 

第2巻 1987.3.30
 
I
シェイクスピア……………………………11
ロレンス I ………………………………30
ロレンス II………………………………42
ロレンス III ……………………………46
サルトル………………………………… 116
ジョイス………………………………… 152
チェーホフ……………………………… 160
ガーネット……………………………… 187
エリオット……………………………… 199
ヘミングウェイ………………………… 219
II
文学に固執する心……………………… 233
批評の非運……………………………… 241
文学の効用……………………………… 251
作品のリアリティについて…………… 266
謎の喪失………………………………… 280
急進的文学論の位置づけ……………… 292
芸術の転落……………………………… 302
職業としての批評家…………………… 312
イギリス文学の可能性………………… 327
批評精神について……………………… 339
文学史観の是正………………………… 348
歌よみに与へたき書…………………… 359
知識階級の敗退………………………… 366
風俗小説について……………………… 381
理解といふこと………………………… 394
告白といふこと………………………… 403
自己劇化と告白………………………… 409
ことばの二重性………………………… 421
III
近代の宿命……………………………… 431
理想人間像について…………………… 469
肉体の自律性…………………………… 478
利休にことよせて……………………… 483
論理の暴力について…………………… 489
白く塗りたる墓………………………… 501
民族の自覚について…………………… 516
観念的な,あまりに観念的な ………… 522
二つの世界のアイロニー……………… 534
文学者の文学的責任…………………… 547
教壇を奪はれた教師…………………… 559
日本人の思想的態度…………………… 567
IV
芸術とはなにか………………………… 583
*覚書 二………………………………… 655
 

第3巻 1987.6.25
 
I
平和論にたいする疑問……………………13
平和論と民衆の心理………………………27
ふたたび平和論者に送る…………………30
戦争と平和と………………………………52
個人と社会…………………………………65
II
漢字恐怖症を排す…………………………83
国語問題と国民の熱意……………………90
「国語改良論」に再考をうながす………97
再び「国語改良論」に猛省をうながす…… 112
金田一老のかなづかひ論を憐れむ…… 129
III
日本および日本人……………………… 161
文化とはなにか………………………… 207
文化の博物館化………………………… 225
指定席の自由…………………………… 228
民衆の生きかた………………………… 237
自己抹殺病といふこと………………… 255
俗物論…………………………………… 264
IV
恋愛の幻滅……………………………… 279
現代狐物語……………………………… 291
性的好奇心について…………………… 297
現代人は愛しうるか…………………… 303
愛の混乱………………………………… 314
恋愛と人生……………………………… 320
V
旅情……………………………………… 373
ギリシアの金…………………………… 378
喧嘩を吹つかけられた話……………… 380
高所恐怖症……………………………… 402
味は二の次……………………………… 404
アメリカの米の飯……………………… 407
あなたまかせのカメラマン…………… 411
ニュー・ヨークの焼豆腐……………… 416
ニュー・ヨークの魚料理……………… 421
悪魔……………………………………… 424
慾望といふ町名………………………… 426
アメリカの貧しさ……………………… 429
ステュアデスの微笑…………………… 432
イギリスの茶…………………………… 436
ピカデリーのスコッツ………………… 441
牛肉の品さだめ………………………… 444
日本の金………………………………… 448
一つ下のでございます………………… 450
ホーム・グラウンドの味……………… 453
西洋料理のメニュー…………………… 457
アメリカの自然と生活………………… 460
エリオット会見記……………………… 469
フィリプス・コレクションへの招待… 480
牛に牽かれて…………………………… 488
怖いニュース解説……………………… 493
私は真相を知りたい…………………… 495
比喩的俗語の濫用……………………… 497
与論を強ひる新聞……………………… 500
新聞と運動神経………………………… 508
素顔のないもののみが風潮を作る…… 511
氷山の頭だけの報道…………………… 514
VI
人間・この劇的なるもの……………… 519
*覚書 三………………………………… 595
 

第4巻 1987.8.25
 
I
私の幸福論…………………………………11
誤まれる女性解放論…………………… 117
日本家庭論……………………………… 125
恋愛狂時代……………………………… 134
II
自由と唯物思想………………………… 145
自由と進歩……………………………… 151
性の意識について……………………… 163
戦争責任といふこと…………………… 180
自己批判といふこと…………………… 188
個人主義からの逃避…………………… 201
西欧精神について……………………… 214
国家的エゴイズム……………………… 224
少数派と多数派………………………… 239
好色文学論……………………………… 247
良識家の特権意識……………………… 261
絶対者の役割…………………………… 275
教育・その現象………………………… 287
教育・その本質………………………… 297
「宇宙ぼけ」の科学教育論議………… 311
III
日本新劇史概観………………………… 319
芸術と政治……………………………… 341
文芸批評家失格………………………… 356
文壇的な,余りに文壇的な …………… 362
芸術至上主義について………………… 372
文学以前………………………………… 383
IV
きのふけふ……………………………… 411
寸感……………………………………… 428
私情でも筋を通せ……………………… 435
悪党にバツジはない…………………… 438
V
私の国語教室…………………………… 443
*覚書 四………………………………… 631
 

第5巻 1987.11.25
 
I
批評家の手帖………………………………13
翻訳論………………………………………85
漢字は必要である……………………… 111
国語審議会の愚民政策………………… 114
言葉と文字……………………………… 117
陪審員に訴ふ…………………………… 120
新国語審議会採点……………………… 136
言葉は教師である……………………… 144
日本語は病んでゐないか……………… 148
世俗化に抗す…………………………… 153
II
文化破壊の文化政策…………………… 161
進歩主義の自己欺瞞…………………… 165
伝統にたいする心構…………………… 180
政治主義の悪…………………………… 210
常識に還れ……………………………… 219
常識に還れ・続………………………… 235
大衆は信じうるか……………………… 240
論争のすすめ…………………………… 244
消費ブームを論ず……………………… 262
革命夢譚………………………………… 268
独学で出る大学………………………… 274
附合ふといふ事………………………… 280
自然の教育……………………………… 286
現代の悪魔……………………………… 291
自由と平和……………………………… 297
道徳は変らない………………………… 311
平和の理念……………………………… 321
日本共産党礼讃………………………… 334
III
ライシャワー攻勢といふ事…………… 347
適応異常について……………………… 359
日本の知識階級………………………… 368
人間不在の歴史観……………………… 376
軍の独走について……………………… 383
近代化を阻むもの……………………… 393
演劇的文化論…………………………… 402
IV
象徴を論ず……………………………… 423
私の保守主義観………………………… 437
現代青年気質…………………………… 440
五箇條の注文…………………………… 443
民主主義を疑ふ………………………… 448
マス・コミといふ言葉………………… 455
歴史教育について……………………… 458
暗殺の暴力と言論の暴力……………… 461
言論の自由について…………………… 464
言葉の魔術・プライヴァシー………… 473
言論の自由の効用……………………… 479
教育制度の改革を促す………………… 481
物を惜しむ心…………………………… 481
V
天邪鬼…………………………………… 491
愚者の楽園……………………………… 526
きのふけふ……………………………… 577
VI
シャーロック・ホームズ鳳凰堂本尊修理に挑む…… 597
*覚書 五………………………………… 619
 

第6巻 1988.3.1
 
I
国語審議会に関し文相に訴ふ……………11
伝統技術保護に関し首相に訴ふ…………27
教育改革に関し首相に訴ふ………………46
祝祭日に関し衆参両院議員に訴ふ………63
紀元節について……………………………76
II
乃木将軍と旅順攻略戦……………………89
III
知識人の政治的言動…………………… 119
アメリカを孤立させるな……………… 124
常用憲法論……………………………… 143
現代国家論……………………………… 164
郭沫若氏の心中を想ふ………………… 171
弱者天国………………………………… 175
世界の孤児・日本……………………… 180
知識人とは何か………………………… 183
非人間的な,余りに非人間的な ……… 191
偽善と感傷の国………………………… 196
私の政治教室…………………………… 207
滅びゆく日本…………………………… 214
「世代の断絶」といふ事……………… 217
真の自由について……………………… 224
民主主義の次に来たるもの…………… 227
反時代的人間…………………………… 231
羽仁五郎を叩く………………………… 240
民主主義の弱点………………………… 272
IV
教育の普及は浮薄の普及なり………… 283
生き甲斐といふ事……………………… 306
続・生き甲斐といふ事………………… 318
外交を内政に利用するな……………… 322
新聞における「甘えの構造」………… 328
新聞の思上り…………………………… 336
新聞への最後通牒……………………… 345
東風西風………………………………… 361
ずばり一言……………………………… 403
V
唯一語の為に…………………………… 421
文学を疑ふ……………………………… 424
自己は何処かに隠さねばならぬ……… 434
「薮の中」について…………………… 440
フィクションといふ事………………… 449
言葉の芸術としての演劇……………… 459
ギリシア劇の明暗……………………… 476
VI
独断的な,余りに独断的な …………… 481
暫く休載の弁…………………………… 571
VII
日米両国民に訴へる…………………… 577
*覚書 六………………………………… 685
 

第7巻 1988.4.30
 
I
私の英国史…………………………………13
英国民主主義の秘密…………………… 137
憲法の絶対視に異議…………………… 139
元号と西暦,両建てにすべし ………… 142
II
私の歴史教室…………………………… 147
孤独の人,朴正煕 ……………………… 167
人権と人格……………………………… 185
III
せりふと動き…………………………… 195
IV
シエイクスピア劇のせりふ…………… 337
日本語はなぜ聴き取りにくいか……… 366
醒めて踊れ……………………………… 387
敬語について…………………………… 402
国語政策に関し総理に訴ふ…………… 417
軽率な言文一致論……………………… 434
悪書追放………………………………… 441
外来語の氾濫…………………………… 450
新漢語の問題…………………………… 455
言葉,言葉,言葉………………………… 464
「私の国語教室」新潮文庫版の後書に藉りて改めて論ず…… 481
「私の国語教室」中公文庫版の後書に藉りて常用漢字を論ず…… 487
言葉は文化ではないのか……………… 489
心の貧しさ……………………………… 492
法界寺の阿弥陀堂……………………… 494
経験としての読書……………………… 497
人が人であることの難しさ…………… 499
V
防衛論の進め方についての疑問……… 503
近代日本知識人の典型 清水幾太郎を論ず…… 542
言論の空しさ…………………………… 579
問ひ質したき事ども…………………… 586
VI
イプセンの「ヘッダ・ガーブラー」… 619
小林秀雄の「考へるヒント」………… 647
小林秀雄の「本居宣長」……………… 652
*年譜……………………………………… 667
*著書目録………………………………… 725
 

第8巻 1988.7.1
 
I
ホレイショー日記………………………… 9
II
キティ台風…………………………………69
堅壘奪取………………………………… 151
龍を撫でた男…………………………… 177
明暗……………………………………… 239
一族再会………………………………… 327
明智光秀………………………………… 347
有間皇子………………………………… 397
億万長者夫人…………………………… 459
解つてたまるか!……………………… 533
総統いまだ死せず……………………… 613
III
蘇我馬子の陰謀………………………… 673
大化改新………………………………… 707
*初演記録………………………………… 741
*全収録作品題名索引…………………… 755
[ 2011/03/22 07:19 ] 福田恆存 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。