研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  福原麟太郎 >  『福原麟太郎随想全集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『福原麟太郎随想全集』全8巻

『福原麟太郎随想全集』全8巻(福武書店、1982.2~1982.9)



第1巻 1982.2.15
 
I
交友について………………………………… 7
天才について…………………………………17
金銭について…………………………………21
失敗について…………………………………31
顔について……………………………………41
タイミングについて…………………………51
II
秀才論…………………………………………63
限りなき浪曼…………………………………65
志を立てること………………………………75
人生の幸福……………………………………86
人の一生………………………………………98
女流学者の五つの型……………………… 103
文壇人たち………………………………… 110
ほんとうの人間…………………………… 113
泣き笑いの哲学…………………………… 117
老自由主義者……………………………… 131
古典と人間の知恵………………………… 135
III
四十歳の歌………………………………… 143
中流の生活………………………………… 151
鎮魂の賦…………………………………… 154
虚栄について……………………………… 163
好色の戒め………………………………… 174
伝統について……………………………… 185
ハムレット的青年像……………………… 196
IV
この世に生きること……………………… 209
一片の赤誠ということ…………………… 271
*解説(庄野潤三)……………………… 297
*初出一覧………………………………… 301
 

第2巻 1982.3.15
 
I
読書の愉しみ………………………………… 9
読書と私………………………………………10
読書の目的……………………………………11
読書の方法……………………………………19
日向の読書……………………………………30
夏に読みたい本………………………………33
読書週間に寄せて……………………………39
読書有閑………………………………………42
雑書のヂャングル……………………………46
雑誌を読む楽しみ……………………………53
読書の味………………………………………57
人間・世間の書を……………………………60
書物と人生……………………………………64
書斎……………………………………………67
文学の書………………………………………74
古典の道しるべ………………………………77
随筆について…………………………………81
辞書のこと……………………………………84
書斎にて………………………………………94
読書ということ…………………………… 105
II
上等兵の日記……………………………… 129
なずなとむくげ…………………………… 131
史伝の美しさ……………………………… 135
岩田さんのこと…………………………… 140
太宰治……………………………………… 142
谷崎潤一郎………………………………… 146
文体革命の時代…………………………… 153
饗庭篁村…………………………………… 157
うしろ姿…………………………………… 164
表現の深浅………………………………… 179
吉田健一・人と作品……………………… 193
III
わが読書…………………………………… 217
少年の日に………………………………… 228
東京の本屋………………………………… 232
変奏曲……………………………………… 236
本を売る…………………………………… 242
人を羨む…………………………………… 252
悲しき蔵書………………………………… 259
自費出版…………………………………… 267
稀覯本の条件……………………………… 270
風はなぜ吹くのだ………………………… 278
*解説(河盛好蔵)……………………… 283
*初出一覧………………………………… 287
 

第3巻 1982.4.15
 
I
プログラム……………………………………11
自慢……………………………………………13
某月某日(一九五二年)……………………14
小春日和………………………………………16
六月の季節……………………………………18
秋の空は澄んで………………………………22
三つの願い……………………………………27
気を紛らされること…………………………30
春の日抄………………………………………35
秋………………………………………………38
歳末閑あり……………………………………40
この空しき日々………………………………44
「鎮れ、鎮れ」………………………………48
春のてまり……………………………………52
母………………………………………………56
おばあさんの願い……………………………60
II
治水……………………………………………65
書籍と職業……………………………………69
音楽会の後……………………………………72
騒音を楽しむ…………………………………74
おつりのこと…………………………………79
犬の話…………………………………………81
猫………………………………………………84
緑の思い………………………………………90
早春の花々……………………………………94
こども……………………………………… 109
好意というもの…………………………… 112
セロファン・テープ……………………… 115
進歩の時代………………………………… 120
和紙………………………………………… 123
郵便………………………………………… 125
富貴の家…………………………………… 139
世界の旅を思う…………………………… 141
煙草をやめる話…………………………… 144
かくし芸大会……………………………… 146
流感………………………………………… 154
号外 号外………………………………… 156
新興宗教…………………………………… 158
虫鳥草木譜………………………………… 160
スズメ……………………………………… 163
希望をもって生きよう…………………… 165
たべものを禁ず…………………………… 168
女性四題…………………………………… 172
妻………………………………………… 172
女あるじ………………………………… 173
大使夫人………………………………… 174
フロア・ディレクター………………… 175
書き初め…………………………………… 177
歌がるた…………………………………… 180
光琳………………………………………… 183
墓標………………………………………… 186
新しい家…………………………………… 190
家を建てて………………………………… 194
源の融の予言に従って…………………… 199
小鳥の家…………………………………… 202
柿の木……………………………………… 205
むかし男ありけり………………………… 208
III
二塁手……………………………………… 215
日本野球…………………………………… 218
英文学的野球……………………………… 221
野球場で…………………………………… 223
スポーツの本質…………………………… 225
精神の問題………………………………… 227
不幸なスポーツマン……………………… 229
検査役の服装……………………………… 231
小さんの昔………………………………… 233
「雪」……………………………………… 235
芸…………………………………………… 238
能―うつくしいもの……………………… 240
能楽………………………………………… 242
世阿弥六百年……………………………… 246
狂言のこと………………………………… 249
その各々の時代…………………………… 252
助高屋高助………………………………… 253
熊谷文……………………………………… 256
つらあかり………………………………… 260
舞台の記憶………………………………… 262
俳優修業注文状…………………………… 267
見物の立場から…………………………… 272
日本の芝居………………………………… 277
歌舞伎芝居好き…………………………… 280
北州千年寿………………………………… 286
京舞………………………………………… 290
忘れ得ぬ断章……………………………… 292
チャップリン……………………………… 296
ミカド……………………………………… 298
軍艦ピナフォア…………………………… 302
芸能人の洪水……………………………… 309
*解説(庄野潤三)……………………… 315
*初出一覧………………………………… 319
 

第4巻 1982.5.15
 
I
学問のすがた………………………………… 9
文学の学問……………………………………14
土の性…………………………………………20
イギリスの雪…………………………………24
御車代…………………………………………28
サー・ハーバート・リード来日……………31
外国の詩文……………………………………38
日本人についての文明論……………………44
人間的なものへの興味………………………49
II
くすりゆび……………………………………67
批判と評価……………………………………72
濡れた文体……………………………………74
悪文礼讃………………………………………81
文体の問題……………………………………89
漱石についての私見…………………………94
文学から遠ざかる……………………………99
III
叡智の文学………………………………… 109
大人の文学………………………………… 119
イギリスのヒウマー……………………… 129
シェイクスピア的ということ…………… 141
シェイクスピアの人間観………………… 148
シェイクスピアの時代…………………… 152
幸福について……………………………… 157
柳…………………………………………… 179
シェイクスピア劇の解釈………………… 185
「嵐が丘」について……………………… 196
IV
われとともに老いよ……………………… 205
アンドレアに……………………………… 221
フラ・リッポ・リッピとともに………… 236
アプト・フォーグラー…………………… 257
無名の画家(Pictor Ignotus)………… 268
ロバート・ブラウニング………………… 278
プレイフェア先生―続ロバート・ブラウニング―…… 286
*解説(河盛好蔵)……………………… 299
*初出一覧………………………………… 303
 

第5巻 1982.6.15
 
I
A Sentimental Journey …………………… 9
メリ・イングランド…………………………14
倫敦消息より…………………………………19
倫敦所見より…………………………………27
ロンドンに住む………………………………36
ロンドンの宿…………………………………40
霧のロンドン…………………………………46
ロンドンの霧…………………………………50
ロンドンの古本屋……………………………55
続メリ・イングランド………………………60
クリスマス風景………………………………65
続々メリ・イングランド……………………68
主知主義的会食………………………………74
Express Dairy ………………………………80
英京七日………………………………………85
昔の町にて……………………………………88
II
パリ……………………………………………93
リヨン…………………………………………99
街…………………………………………… 103
白蘭記……………………………………… 106
ハイデルベルヒ…………………………… 111
スペインの旅……………………………… 116
ナポリ出港………………………………… 123
地中海……………………………………… 129
ギリシャ語………………………………… 134
多島海にて………………………………… 138
ミノアン文化……………………………… 158
アメリカまで帰る………………………… 163
III
ぼくの大学………………………………… 183
河…………………………………………… 188
でんぱち笠………………………………… 192
イギリスの春……………………………… 194
イギリス気質……………………………… 203
花のパリ…………………………………… 207
フランスの思い出………………………… 209
惜春賦……………………………………… 215
イギリス人………………………………… 221
IV
イギリスの古さと新しさ………………… 229
ロンドンの学校…………………………… 236
大英博物館………………………………… 247
英国的笑い………………………………… 253
イギリスの乳離れ………………………… 261
日常性……………………………………… 271
英国の文化………………………………… 285
*解説(庄野潤三)……………………… 297
*初出一覧………………………………… 301
 

第6巻 1982.7.15
 
I
身近にある政治……………………………… 9
投票にゆく前…………………………………13
世の中をよくするために……………………17
憲法前文………………………………………20
保守党…………………………………………22
政治と文化人…………………………………23
毅然とした新聞………………………………28
新聞について…………………………………31
度合いの感覚…………………………………36
新聞配達の少年たち…………………………38
近ごろ迷惑な話………………………………41
カード攻勢……………………………………44
放送に難あり…………………………………49
司会者なるもの………………………………54
閑暇の自主性…………………………………58
空飛ぶ犬………………………………………61
老人の日………………………………………63
大学生たち……………………………………66
大学の自由と自治……………………………70
教師という職業………………………………76
新旧の学校教師………………………………81
教師論…………………………………………84
大学教授………………………………………90
「学問」はどこへ行ったのか………………97
学校と人間形成…………………………… 112
日本人の英会話…………………………… 125
日本人と外国語…………………………… 128
日本人と英語……………………………… 134
英語上達の法……………………………… 139
続英語上達の法…………………………… 150
II
怒りに値するもの………………………… 167
現代の病根………………………………… 171
街頭見聞…………………………………… 177
火事・どろぼう…………………………… 179
クリスマス………………………………… 182
都市美について…………………………… 185
銀座………………………………………… 187
アマチュアリズム………………………… 190
責任………………………………………… 193
稀少価値…………………………………… 195
お正月の旧風景…………………………… 198
中流家庭の幸福…………………………… 202
現代に住む幸福…………………………… 206
老大国……………………………………… 210
日本はどこへ行くか……………………… 213
この国を見よ……………………………… 217
III
偏見について……………………………… 223
紹介ということ…………………………… 227
うつろな言葉について…………………… 232
国民の勇気とは何か……………………… 236
良識を育てるもの………………………… 245
新しい戦争………………………………… 249
転入出来ない階級………………………… 253
エリートの責任…………………………… 262
*解説(河盛好蔵)……………………… 281
*初出一覧………………………………… 285
 

第7巻 1982.8.15
 
I
わが身の上をきかれて……………………… 9
夏の序曲………………………………………12
樽干し場………………………………………16
亥の子…………………………………………19
おさなき日々に………………………………22
バンコの子供…………………………………26
祖父母の家……………………………………30
汽車通学………………………………………34
中学生のころ…………………………………36
コスモスの花…………………………………41
故郷……………………………………………51
ふるさと………………………………………55
昔の東京………………………………………60
帰省……………………………………………65
青春記…………………………………………69
わが隅田川……………………………………72
II
鬼の腕相撲……………………………………77
私の中の日本人………………………………79
御講書始………………………………………87
ある学者のこと………………………………89
上田辰之助博士を憶う………………………92
熊本の思い出…………………………………97
鳩山さん…………………………………… 100
安倍能成…………………………………… 103
久保田さん………………………………… 107
中距離選手………………………………… 112
河上大人のこと…………………………… 121
ガン・ブーム……………………………… 126
紳士・吉田健一…………………………… 128
西脇ギャラリー…………………………… 132
日本の秋の空の下………………………… 134
同僚としての藻風………………………… 138
芝居話……………………………………… 143
小野アンナさん…………………………… 147
わが人物ベスト5 ………………………… 149
加藤武雄氏の追憶………………………… 152
グレー墓畔吟……………………………… 157
小林秀雄氏………………………………… 159
佐々醒雪…………………………………… 161
このあらむ命……………………………… 164
北原白秋…………………………………… 169
III
あの頃のこと……………………………… 175
桐の葉は木に朽ちんより………………… 183
椰子林の中の学生たち…………………… 203
防空演習…………………………………… 224
卒業論文…………………………………… 233
口述試験…………………………………… 236
研究室の炉を囲んで……………………… 239
大学学長たる亦難し……………………… 242
この四年間………………………………… 256
われ世にありし頃は……………………… 260
ありし昔…………………………………… 277
鎌倉・逗子………………………………… 279
新潟の港…………………………………… 283
京都………………………………………… 285
宇治………………………………………… 289
*解説(庄野潤三)……………………… 295
*初出一覧………………………………… 299
 

第8巻 1982.9.15
 
日記
読書日記……………………………………… 7
関東大震災日記………………………………51
終戦前後………………………………………77
書簡
書簡………………………………………… 187
書簡番号索引…………………………… 334
*年譜……………………………………… 337
*後記……………………………………… 361
[ 2011/03/22 07:23 ] 福原麟太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。