研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  富士正晴 >  『富士正晴作品集』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『富士正晴作品集』全5巻

『富士正晴作品集』全5巻(岩波書店、1988.7~1988.11)



第1巻 1988.7.6
 
I
帝国軍隊に於ける学習・序……………… 3
一夜の宿……………………………………27
童貞…………………………………………95
崔長英…………………………………… 158
粛正行軍(始興)……………………… 186
ひとこま………………………………… 211
どの日も同じ…………………………… 249
足の裏…………………………………… 262
素直な奴………………………………… 278
死ぬ奴…………………………………… 306
徴用老人列伝…………………………… 322
蟠竜山新春……………………………… 349
II
わたしの戦後…………………………… 365
久坂葉子のこと………………………… 383
私の織田作之助像……………………… 390
私の三十歳……………………………… 401
「花ざかりの森」のころ……………… 404
庄野潤三と島尾敏雄…………………… 408
戦争小説―私の場合…………………… 412
III
同人雑誌四十年………………………… 419
*解説(山田稔)………………………… 461
 

第2巻 1988.8.3
 
I

巷………………………………………… 3
若者……………………………………… 4
海………………………………………… 6
雪晴れの鹿……………………………… 8
人形の午後……………………………… 9
パイプ……………………………………11
春の時計…………………………………12
ハイエナ…………………………………15
日没………………………………………17
愛の歌……………………………………20
彫る人の姿に……………………………23
壷…………………………………………25
椎の若葉…………………………………27
青麦………………………………………29
墓地の春…………………………………31
黒部川……………………………………32
パイプ……………………………………35
老人………………………………………37
身投げ……………………………………39
1st M.G.Company,2nd Class Private said……41
贋訳陶淵明………………………………43
酔余放漫の目乱狐狸・嘗てはカフカの令息により触発し再びはサロイアンが令嬢により発揮す・ざまもないと言可し・もともと無頼の調・世上純正の詩には非ず・只一時の御愛嬌……44
八月の詩…………………………………47
二十年つづきの感想……………………49
好きな花…………………………………51
文明世界の一隅にて(戯詩)…………52
小信………………………………………54
小信………………………………………55
II
竹内勝太郎略伝および後書………………59
同人雑誌「三人」成立……………………72
同人雑誌「三人」について…………… 115
高村光太郎の思い出…………………… 140
美のうちそと―榊原紫峰「雪中孤鹿図」…… 143
道元を読む……………………………… 145
III
游魂……………………………………… 155
吉川幸次郎 游魂の煙草代…………… 187
絶望……………………………………… 203
競輪……………………………………… 233
見殺す…………………………………… 298
あなたはわたし………………………… 347
怯え……………………………………… 376
あひるのドナサン……………………… 403
*解説(杉本秀太郎)…………………… 431
 

第3巻 1988.9.6
 
I
たんぽぽの歌……………………………… 3
織部雑記帳……………………………… 3
ウス雑記帳………………………………98
富田寸意らの昼酒……………………… 198
往生記…………………………………… 228
II
八方やぶれ……………………………… 247
禁欲の思想……………………………… 258
パロディの思想………………………… 268
日本語について………………………… 285
行たとこばったり……………………… 290
正岡子規………………………………… 295
虚子……………………………………… 312
子規と虚子……………………………… 327
伊東静雄………………………………… 330
伊東静雄と日本浪曼派………………… 356
伊東静雄と酒…………………………… 359
伊東静雄の思い出……………………… 361
III
富岡鉄斎について……………………… 367
一休断片………………………………… 373
今昔物語………………………………… 383
小地蔵…………………………………… 393
地蔵はどうして地にもぐる…………… 395
ラッシュ,文芸ラッシュ ……………… 401
恍惚……………………………………… 407
おどろきと羨望―小林太市郎………… 411
好きな人………………………………… 416
司馬遼太郎の世界……………………… 425
IV
極楽人ノート…………………………… 437
高い所…………………………………… 457
不参加ぐらし…………………………… 460
生命の尊厳について…………………… 466
健康けっこう 長寿いや……………… 471
*解説(杉本秀太郎)…………………… 475
 

第4巻 1988.10.6
 
I
桂春団治…………………………………… 3
II
雑談屋…………………………………… 159
愛想のない話…………………………… 186
坐っている……………………………… 197
柴野方彦誄……………………………… 214
死者が立ってくる……………………… 225
老来漫歩自殺行………………………… 241
軽みの死者……………………………… 263
III
日本という国…………………………… 285
女・女・女……………………………… 294
私法・中国遠望………………………… 301
魯迅と私………………………………… 312
台風毛沢東……………………………… 323
いい大阪人……………………………… 328
私の会った人…………………………… 337
心の中の核としてある人々…………… 351
私の絵とその応援団…………………… 356
少年と老人の間………………………… 360
春団治と年上の女……………………… 364
長沖一の死と周辺……………………… 369
風―丸山薫……………………………… 373
貝塚さんはどんな人…………………… 375
大山定一との交際……………………… 384
清輝礼讃………………………………… 390
歌手 野坂昭如の世界………………… 393
富岡多恵子の詩………………………… 399
IV
庭の風景………………………………… 405
私の風土記・鳥………………………… 418
V
VIKING号航海記………………………… 435
*解説(山田稔)………………………… 463
 

第5巻 1988.11.4
 
贋・久坂葉子伝……………………………… 1
*解説(広重聰)………………………… 497
*富士正晴略年譜(広重聰編)………… 505
[ 2011/03/22 07:24 ] 富士正晴 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。