研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  藤枝静男 >  『藤枝静男著作集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『藤枝静男著作集』全6巻

『藤枝静男著作集』全6巻(講談社、1976.7~1977.5)



第1巻 1976.7.20
 
小説
路………………………………………………11
家族歴…………………………………………22
龍の昇天と河童の墜落………………………37
文平と卓と僕…………………………………54
痩我慢の説……………………………………66
雄飛号来たる…………………………………95
阿井さん…………………………………… 106
ヤゴの分際………………………………… 138
鷹のいる村………………………………… 184
わが先生のひとり………………………… 201
魁生老人…………………………………… 223
随筆I
志賀直哉・小林秀雄両氏との初対面…… 245
奈良公園幕営……………………………… 250
奈良の夏休み……………………………… 254
奈良の野猿………………………………… 258
油絵を貰う………………………………… 262
志賀直哉の油絵…………………………… 265
仕事中……………………………………… 266
常盤松で…………………………………… 268
志賀さん来浜……………………………… 269
落第免状…………………………………… 273
志賀さんのこと…………………………… 276
志賀さん一面……………………………… 279
リッチ……………………………………… 284
白柘榴……………………………………… 288
「リッチ」と「留女」のこと…………… 291
志賀直哉と築山殿のこと………………… 292
志賀さんと禅のこと……………………… 294
明治四十三年二十七歳…………………… 295
「座右宝」のことなど…………………… 300
志賀直哉全集第一巻……………………… 307
和解………………………………………… 309
志賀直哉と夢……………………………… 310
播摩………………………………………… 312
志賀直哉紀行……………………………… 314
志賀直哉・天皇・中野重治……………… 338
随筆II
セザンヌの色彩…………………………… 385
ボッシュ…………………………………… 388
ボッシュ画集……………………………… 392
「ゲルニカ」を見て感あり……………… 394
好きな絵…………………………………… 396
空な模倣…………………………………… 397
版画の値段………………………………… 398
*解説1 作家の郷里(小川国夫)……… 399
*初出一覧………………………………… 408
 

第2巻 1976.9.12
 
小説
壜の中の水……………………………………11
硝酸銀…………………………………………70
冬の虹……………………………………… 123
私々小説…………………………………… 142
盆切り……………………………………… 153
一枚の油絵………………………………… 162
山川草木…………………………………… 176
風景小説…………………………………… 192
接吻………………………………………… 205
しもやけ・あかぎれ・ひび・飛行機…… 224
随筆I
滝井孝作氏のこと………………………… 237
尾崎一雄氏との初対面…………………… 242
埴谷氏のこと……………………………… 245
小川国夫のこと…………………………… 248
アポロンの島……………………………… 261
海からの光………………………………… 262
気楽なことを……………………………… 264
古山氏のこと……………………………… 268
プレオー8の夜明け ……………………… 270
若い小説家たち…………………………… 272
三好十郎氏のこと………………………… 274
三好十郎著作集第三十四巻……………… 276
上司海雲氏のこと………………………… 278
園池さんのこと…………………………… 282
原勝四郎氏のこと………………………… 284
曽宮氏のこと……………………………… 287
「曽宮一念の画業展」を見る…………… 292
内田六郎さんのこと……………………… 293
救世主K先生 ……………………………… 296
先生………………………………………… 299
三好君に…………………………………… 301
随筆II
日野市大谷古墓出土蔵骨器……………… 307
阿弥陀如来下向す………………………… 311
偽仏真仏…………………………………… 314
薬師寺東院聖観音………………………… 325
弥生式小壷………………………………… 326
法隆寺と私………………………………… 327
奈良・飛鳥日記…………………………… 329
当麻寺……………………………………… 331
横好き……………………………………… 333
ケチな横好き……………………………… 358
当てずっぽう……………………………… 360
わからぬこと……………………………… 363
似たようなこと…………………………… 365
他称大家…………………………………… 369
あやふやな思い出………………………… 371
大正十一年三月八日……………………… 373
孫びき二つ………………………………… 377
庭の皮はぎ………………………………… 382
火事と泥棒………………………………… 384
選挙………………………………………… 386
明治村……………………………………… 389
カツギ屋…………………………………… 395
スッポン…………………………………… 399
気になる傾向……………………………… 400
*解説2 肉体とは何か(小川国夫)…… 403
*初出一覧………………………………… 412
 

第3巻 1976.11.12
 
小説
凶徒津田三蔵…………………………………13
「凶徒津田三蔵」のこと……………… 113
愛国者たち………………………………… 116
孫引き一つ―二人の愛国無関係者―… 170
大津事件手記―児島惟謙……………… 177
キエフの海………………………………… 180
老友………………………………………… 198
プラハの案内人…………………………… 218
随筆I
ヨーロッパ寓目…………………………… 233
あれもロシアこれもロシア……………… 257
ちょっと感じたこと……………………… 265
ヤスナヤ・ポリャーナへ………………… 267
ウラジミールの壷………………………… 278
また接吻された…………………………… 289
北欧の風物など…………………………… 293
ガンジス河・ヒマラヤ…………………… 298
インド瞥見………………………………… 301
インドの弥生壷…………………………… 303
フランクフルトのルクレツィア………… 306
随筆II
落第仲間…………………………………… 317
落第坊主…………………………………… 320
三度目の勝負……………………………… 323
同級会……………………………………… 325
みんな同じ………………………………… 327
日記………………………………………… 328
日曜小説家………………………………… 332
隠居の弁…………………………………… 334
筆一本……………………………………… 339
廃業正月…………………………………… 341
隠居の弁…………………………………… 345
筆まかせ…………………………………… 348
原稿料についてのアンケート…………… 353
遠望軽談…………………………………… 354
憎まれ口…………………………………… 359
虚子のレコード…………………………… 362
旧街道……………………………………… 365
わが家の夕めし(写真にそえて)……… 368
髭を生やしたがすぐ剃った……………… 369
ドック入り………………………………… 371
随筆III
果たし合い………………………………… 377
洋服屋ほか………………………………… 378
昭和五十年………………………………… 381
歳末………………………………………… 383
晴着………………………………………… 385
家の外のこと……………………………… 387
季節………………………………………… 392
養老………………………………………… 393
緑の光……………………………………… 395
道具屋の親爺……………………………… 398
二人組強盗………………………………… 400
泥棒三題…………………………………… 404
今朝の泥棒………………………………… 411
感あり……………………………………… 415
食物のこと………………………………… 416
金庫の始末………………………………… 418
判彫り正月………………………………… 421
趣味としての篆刻………………………… 424
宇布見山崎………………………………… 427
異郷の友…………………………………… 429
田沢の自動車……………………………… 431
*解説3 歴史小説(小川国夫)………… 440
*初出一覧………………………………… 448
 

第4巻 1977.1.16
 
小説
イペリット眼…………………………………13
犬の血…………………………………………64
掌中果―ある黄檗僧の話………………… 111
異物………………………………………… 121
明かるい場所……………………………… 130
うじ虫……………………………………… 178
武井衛生二等兵の証言…………………… 192
異床同夢…………………………………… 251
書評
遁走―安岡章太郎………………………… 265
長い谷間―椎名麟三……………………… 266
甲州子守唄―深沢七郎…………………… 268
青梅雨その他―永井龍男………………… 270
懐胎―耕治人……………………………… 273
島尾敏雄作品集第五巻…………………… 275
一条の光―耕治人………………………… 277
新・東海道五十三次―武田泰淳………… 280
灰皿抄―永井龍男/冬眠居閑談―尾崎一雄…… 282
発掘―伊藤整……………………………… 285
虚実―中村光夫…………………………… 288
遠山の雪―網野菊………………………… 291
一人の男上・下―武者小路実篤………… 293
原民喜のこと……………………………… 295
瑠璃庵雑記―谷口健……………………… 298
小説渡辺崋山―杉浦明平………………… 299
崋山探索―杉浦明平……………………… 303
繭となった女―小林美代子……………… 306
雀の卵その他―永井龍男………………… 308
父・広津和郎―広津桃子………………… 310
木の文化―小原二郎……………………… 312
一族再会〈第一部〉―江藤淳…………… 313
雑談衣食住―永井龍男…………………… 319
田螺の唄―石塚友二……………………… 320
批評家の気侭な散歩―江藤淳…………… 322
雪晴れ(志賀直哉先生の思い出)―網野菊…… 325
俳人仲間―滝井孝作……………………… 327
田園組曲―杉浦明平……………………… 331
木下杢太郎―杉山二郎…………………… 333
中野重治「わが読書案内」について…… 334
志賀さんの生活など―滝井孝作………… 335
冬の鷹―吉村昭…………………………… 336
無縁の生活―阿部昭……………………… 339
文芸時評……………………………… 343
随筆
利己主義の小説…………………………… 387
私小説家の不平…………………………… 389
作品の背景………………………………… 392
勝手な読書………………………………… 394
今昔物語集………………………………… 396
わたくしの敬愛する文章………………… 397
ある姿勢…………………………………… 400
学者まかせ………………………………… 404
実作者と鑑賞家…………………………… 407
二流品を好く理由………………………… 410
読書と創作―わが町・わが本…………… 412
追憶………………………………………… 416
「眼は心の窓か」………………………… 421
昔の道……………………………………… 428
詔勅と占領との間………………………… 432
戦後ということ…………………………… 433
*解説4 戦争・憎みと愛(小川国夫)… 436
*初出一覧………………………………… 445
 

第5巻 1977.3.12
 
小説
春の水………………………………………… 9
或る年の冬 或る年の夏……………………49
疎遠の友…………………………………… 228
聖ヨハネ教会堂…………………………… 251
随筆
少年時代のこと…………………………… 263
青春愚談…………………………………… 278
弔辞―敬愛する北川静男君……………… 325
四年間……………………………………… 326
添田紀三郎のこと………………………… 344
平野断片…………………………………… 347
平野のこと………………………………… 350
古本屋ケメトス…………………………… 353
泥棒女中…………………………………… 355
平野謙のこと―歴史一巡の文学的経験… 359
随筆集 はじめとおわり―平野謙……… 366
本多秋五…………………………………… 368
書きはじめた頃…………………………… 388
わが「近代文学」………………………… 390
年齢………………………………………… 396
馬篭行き…………………………………… 398
四国・九州行き…………………………… 401
小豆島文学散歩…………………………… 403
西国三ヵ所………………………………… 407
明治村行き………………………………… 410
*解説5 学生時代(小川国夫)………… 414
*初出一覧………………………………… 423
 

第6巻 1977.5.28
 
小説
空気頭(初稿)……………………………… 9
空気頭…………………………………………38
欣求浄土…………………………………… 130
欣求浄土………………………………… 130
土中の庭………………………………… 147
沼と洞穴………………………………… 170
木と虫と山……………………………… 180
天女御座………………………………… 196
厭離穢土………………………………… 214
一家団欒………………………………… 230
田紳有楽…………………………………… 244
自著後記……………………………… 349
犬の血……………………………………… 351
凶徒津田三蔵……………………………… 353
ヤゴの分際………………………………… 354
壜の中の水………………………………… 355
空気頭……………………………………… 356
落第免状…………………………………… 358
欣求浄土…………………………………… 358
或る年の冬 或る年の夏………………… 360
寓目愚談…………………………………… 361
愛国者たち………………………………… 362
藤枝静男作品集…………………………… 363
小感軽談…………………………………… 364
異床同夢…………………………………… 365
田紳有楽…………………………………… 366
*解説6 風狂(小川国夫)……………… 368
*初出一覧………………………………… 378
*藤枝静男年譜・解題・参考文献一覧… 379
藤枝静男年譜(伊東康雄)………… 381
解題…………………………………… 395
参考文献一覧(川西政明)………… 419
*著作集を終えて(藤枝静男)………… 452
[ 2011/03/22 07:25 ] 藤枝静男 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。