研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  藤沢周平 >  『藤沢周平全集』全23巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『藤沢周平全集』全23巻

『藤沢周平全集』全23巻(文芸春秋、1992.6~1994.4)



1 1992.6.10
 
溟(くら)い海……………………………… 5
囮………………………………………………39
賽子無宿(さいころむしゆく)……………77
黒い縄……………………………………… 109
帰郷………………………………………… 153
恐喝………………………………………… 188
夜が軋む…………………………………… 217
割れた月…………………………………… 239
闇の梯子…………………………………… 269
父(ちやん)と呼べ……………………… 313
疑惑………………………………………… 338
密告………………………………………… 356
入墨………………………………………… 377
馬五郎焼身………………………………… 415
旅の誘(いざな)い……………………… 439
鬼…………………………………………… 457
おふく……………………………………… 472
霜の朝……………………………………… 496
時雨のあと………………………………… 514
穴熊………………………………………… 534
冬の終りに………………………………… 562
*解説 一作一作が勝負(向井敏)…… 587
 

2 1992.10.10
 
冬の潮(うしお)…………………………… 7
意気地なし……………………………………35
秘密……………………………………………54
しぶとい連中…………………………………68
石を抱く………………………………………96
暁のひかり………………………………… 119
龍を見た男………………………………… 145
夜の橋……………………………………… 164
拐し………………………………………… 183
神隠し……………………………………… 197
閉ざされた口……………………………… 219
闇の穴……………………………………… 242
三年目……………………………………… 270
狂気………………………………………… 274
荒れ野……………………………………… 289
春の雪……………………………………… 302
遠い少女…………………………………… 328
昔の仲間…………………………………… 350
疫病神……………………………………… 363
裏切り……………………………………… 381
夕べの光…………………………………… 404
冬の足音…………………………………… 427
暗い渦……………………………………… 445
うしろ姿…………………………………… 468
告白………………………………………… 490
捨てた女…………………………………… 499
夜の雷雨…………………………………… 521
暗い鏡……………………………………… 537
人殺し……………………………………… 560
朝焼け……………………………………… 574
*解説 物語上手の面目(向井敏)…… 597
 

3 1992.12.10
 
驟(はし)り雨……………………………… 7
遅いしあわせ…………………………………20
泣かない女……………………………………38
贈り物…………………………………………52
歳月……………………………………………74
ちきしょう!…………………………………88
虹の空……………………………………… 101
運の尽き…………………………………… 119
おばさん…………………………………… 133
亭主の仲間………………………………… 151
時雨みち…………………………………… 174
幼い声……………………………………… 189
夜の道……………………………………… 203
怠け者……………………………………… 222
盗み喰い…………………………………… 241
滴る汗……………………………………… 255
追われる男………………………………… 268
おさんが呼ぶ……………………………… 281
禍福………………………………………… 300
おとくの神………………………………… 314
失踪………………………………………… 328
帰って来た女……………………………… 350
おつぎ……………………………………… 375
逃走………………………………………… 398
夜消える…………………………………… 417
女下駄……………………………………… 431
遠い別れ…………………………………… 448
鬼ごっこ…………………………………… 470
冬の日……………………………………… 494
寒い灯……………………………………… 512
にがい再会………………………………… 526
永代橋……………………………………… 540
踊る手……………………………………… 554
消息………………………………………… 568
初つばめ…………………………………… 587
遠ざかる声………………………………… 603
*解説 二人のおつぎ(向井敏)……… 621
 

4 1992.8.10
 
暗殺の年輪…………………………………… 7
ただ一撃………………………………………39
紅の記憶………………………………………68
証拠人…………………………………………96
唆す………………………………………… 124
恐妻の剣…………………………………… 152
潮田伝五郎置文…………………………… 175
密夫の顔…………………………………… 196
嚔(くしやみ)…………………………… 221
十四人目の男……………………………… 239
桃の木の下で……………………………… 266
臍曲がり新左……………………………… 285
夜の城……………………………………… 315
冤罪………………………………………… 345
一顆の瓜…………………………………… 374
鱗雲………………………………………… 406
鬼気………………………………………… 424
竹光始末…………………………………… 437
果し合い…………………………………… 462
遠方より来る……………………………… 481
乱心………………………………………… 511
雪明かり…………………………………… 533
*解説 凛として端正な文体(向井敏)…… 549
 

5 1993.2.10
 
闇の顔………………………………………… 7
小川の辺(ほとり)…………………………42
木綿触れ………………………………………64
夢ぞ見し………………………………………87
一夢の敗北………………………………… 109
小鶴………………………………………… 120
梅薫る……………………………………… 143
孫十の逆襲………………………………… 156
泣くな、けい……………………………… 181
泣く母……………………………………… 204
飛べ、佐五郎……………………………… 224
山桜………………………………………… 239
帰還せず…………………………………… 252
報復………………………………………… 271
弾む声……………………………………… 285
切腹………………………………………… 298
花のあと―以登女(いとじよ)お物語… 323
雪間草……………………………………… 348
悪癖………………………………………… 372
麦屋町昼下がり…………………………… 386
三ノ丸広場下城どき……………………… 426
山姥橋夜五ツ……………………………… 467
榎屋敷宵の春月…………………………… 510
*解説 海坂藩由来(向井敏)………… 563
 

6 1993.11.10
 
玄鳥…………………………………………… 5
三月の鮠(はや)……………………………24
闇討ち…………………………………………51
浦島……………………………………………75
鷦鷯(みそさざい)…………………………95
又蔵の火…………………………………… 119
逆軍の旗…………………………………… 170
相模守は無害……………………………… 209
二人の失踪人……………………………… 242
上意改まる………………………………… 266
幻にあらず………………………………… 307
長門守の陰謀……………………………… 360
振子の城…………………………………… 380
決闘の辻 新剣客伝……………………… 395
二天の窟(あなぐら)―宮本武蔵…… 397
死闘―神子上典膳……………………… 426
夜明けの月影―柳生但馬守宗矩……… 459
師弟剣―諸岡一羽斎と弟子たち……… 492
飛ぶ猿―愛洲移香斎…………………… 526
*解説 時代小説作法を一新した剣技描写(向井敏)…… 565
 

7 1993.10.10
 
雲奔る―小説・雲井龍雄…………………… 7
回天の門…………………………………… 181
*解説 早く来すぎた男と遅れて来た男(向井敏)…… 581
 

8 1993.7.10
 
一茶…………………………………………… 5
白き瓶―小説長塚節……………………… 219
*解説 伝説小説をめぐる二つの試み(向井敏)…… 591
 

9 1992.9.10
 
用心棒日月抄………………………………… 5
犬を飼う女………………………………… 7
娘が消えた…………………………………29
梶川の姪……………………………………55
夜鷹斬り……………………………………84
夜の老中………………………………… 110
内儀の腕………………………………… 137
代稽古…………………………………… 164
内蔵助の宿……………………………… 193
吉良邸の前日…………………………… 219
最後の用心棒…………………………… 247
孤剣―用心棒日月抄……………………… 275
*解説 贅をつくした構成(向井敏)… 515
 

10 1993.12.10
 
刺客―用心棒日月抄………………………… 5
凶刃―用心棒日月抄……………………… 213
*解説 波瀾の日月への挽歌(向井敏)…… 441
 

11 1993.6.10
 
消えた女―彫師伊之助捕物覚え…………… 7
漆黒の霧の中で―彫師伊之助捕物覚え… 227
ささやく河―彫師伊之助捕物覚え……… 393
*解説 平次から伊之助まで(向井敏)…… 651
 

12 1993.8.10
 
春秋の檻―獄医立花登手控え……………… 5
雨上がり…………………………………… 7
善人長屋……………………………………29
女牢…………………………………………53
返り花………………………………………77
風の道…………………………………… 101
落葉降る………………………………… 122
牢破り…………………………………… 144
風雪の檻―獄医立花登手控え…………… 181
老賊……………………………………… 183
幻の女…………………………………… 213
押し込み………………………………… 243
化粧する女……………………………… 273
処刑の日………………………………… 304
愛憎の檻―獄医立花登手控え…………… 337
秋風の女………………………………… 339
白い骨…………………………………… 362
みな殺し………………………………… 384
片割れ…………………………………… 415
奈落のおあき…………………………… 438
影法師…………………………………… 469
*解説 二人の「登」(向井敏)……… 499
 

13 1993.9.10
 
人間の檻―獄医立花登手控え……………… 5
戻って来た罪……………………………… 7
見張り………………………………………36
待ち伏せ……………………………………65
影の男………………………………………96
女の部屋………………………………… 129
別れゆく季節…………………………… 160
闇の歯車…………………………………… 191
誘う男…………………………………… 193
酒亭おかめ……………………………… 228
押し込み………………………………… 261
ちぎれた鎖……………………………… 289
霧の果て―神谷玄次郎捕物控…………… 325
針の光…………………………………… 327
虚ろな家………………………………… 349
春の闇…………………………………… 377
酔いどれ死体…………………………… 399
青い卵…………………………………… 422
日照雨(そばえ)……………………… 446
出合茶屋………………………………… 468
霧の果て………………………………… 491
*解説 時代小説を変えた三田村鳶魚(向井敏)…… 523
 

14 1993.3.10
 
橋ものがたり………………………………… 7
本所しぐれ町物語………………………… 201
喜多川歌麿女絵草紙……………………… 393
*解説 下町抒情(向井敏)…………… 535
 

15 1993.5.10
 
闇の傀儡師…………………………………… 5
春秋山伏記………………………………… 381
*解説 伝奇の世界に遊ぶ(向井敏)… 543
 

16 1992.7.10
 
隠し剣孤影抄………………………………… 7
邪剣竜尾返し……………………………… 9
臆病剣松風…………………………………33
暗殺剣虎ノ眼………………………………56
必死剣鳥刺し………………………………79
隠し剣鬼ノ爪…………………………… 103
女人剣さざ波…………………………… 127
悲運剣芦刈り…………………………… 151
宿命剣鬼走り…………………………… 174
隠し剣秋風抄……………………………… 227
酒乱剣石割り…………………………… 229
汚名剣双燕……………………………… 253
女難剣雷切り…………………………… 276
陽狂剣かげろう………………………… 294
偏屈剣蟇ノ舌…………………………… 316
好色剣流水……………………………… 338
暗黒剣千鳥……………………………… 362
孤立剣残月……………………………… 389
盲目剣谺返し…………………………… 411
たそがれ清兵衛…………………………… 437
たそがれ清兵衛………………………… 439
うらなり与右衛門……………………… 462
ごますり甚内…………………………… 486
ど忘れ万六……………………………… 508
だんまり弥助…………………………… 523
かが泣き半平…………………………… 548
日和見与次郎…………………………… 575
祝い人助八……………………………… 604
*解説 自刃一門の爽快(向井敏)…… 627
 

17 1993.1.10
 
密謀…………………………………………… 7
義民が駆ける……………………………… 409
*解説 歴史小説への挑戦(向井敏)… 619
 

18 1993.4.10
 
よろずや平四郎活人剣……………………… 3
*解説 青江又八郎と神名平四郎(向井敏)…… 565
 

19 1994.1.10
 
海鳴り………………………………………… 7
天保悪党伝………………………………… 379
蚊喰鳥(かくいどり)………………… 380
闇のつぶて……………………………… 409
赤い狐…………………………………… 440
泣き虫小僧……………………………… 463
三千歳(みちとせ)たそがれ………… 488
悪党の秋………………………………… 512
*解説 たちこめる悲劇の匂い(向井敏)…… 541
 

20 1992.11.10
 
風の果て……………………………………… 7
蝉しぐれ…………………………………… 335
*解説 権力の甘い匂い(向井敏)…… 639
 

21 1994.2.10
 
三屋清左衛門残日録………………………… 7
秘太刀(ひだち)馬の骨………………… 263
*解説 青春の激情と老年の知恵(向井敏)…… 441
 

22 1994.4.10
 
市塵(しじん)……………………………… 5
江戸おんな絵姿十二景…………………… 331
広重「名所江戸百景」より……………… 393
わが思い出の山形………………………… 435
*解説 やわらかい白石像(向井敏)… 483
 

23 1994.3.10
 
周平独言………………………………………11
時代のぬくもり……………………………13
鳥居元忠の奮戦…………………………13
荘内藩主酒井忠発の明暗………………21
大石内蔵助の真意………………………29
一茶という人……………………………38
成美・一茶交際の一面…………………38
一茶の雪…………………………………45
遅れてきた志士―雲井龍雄……………51
三人の予見者……………………………60
悪七兵衛景清……………………………80
寺坂吉右衛門の憂いと翳………………82
歴史のわからなさ………………………85
時代小説と私……………………………87
周五郎さんのこと………………………90
忠実と想像力……………………………92
時代のぬくもり…………………………95
時代小説の可能性………………………98
謎の写楽……………………………… 101
三つの城下町…………………………… 104
羽黒の呪術者たち…………………… 104
出羽三山……………………………… 106
帰郷して……………………………… 110
初冬の鶴岡…………………………… 113
三つの城下町………………………… 115
ある講演……………………………… 118
日本海の魚…………………………… 120
荘内の酒と肴………………………… 122
ふるさとの民具……………………… 126
周平独言………………………………… 133
一杯のコーヒー……………………… 133
流行嫌い……………………………… 136
小さな親切…………………………… 139
えらい人……………………………… 142
宮崎先生……………………………… 146
村に来た人たち……………………… 152
陸羽東線……………………………… 158
今年の夏……………………………… 162
まるめろ……………………………… 165
書斎のことなど……………………… 168
侮るべからず………………………… 171
汗だくの格闘…………………………… 175
ハタ迷惑なジンクス………………… 175
木瓜との出会い……………………… 177
天皇の映像…………………………… 179
散歩するあたり……………………… 181
コンニチハ赤チャン………………… 183
幻の歌人……………………………… 186
未熟児………………………………… 187
さらば夏のめまいよ………………… 190
林にくる鳥たち……………………… 192
ことばの味…………………………… 194
賭けごと……………………………… 196
汗だくの格闘………………………… 199
土地の言葉…………………………… 200
母系の血……………………………… 202
六月の赤い鳥………………………… 207
行倒れ寸前…………………………… 209
人なみの人間に……………………… 210
日程表………………………………… 213
集票能力……………………………… 216
母の顔………………………………… 217
頭髪無情……………………………… 219
銀座の背中…………………………… 221
テレビ小景…………………………… 224
偏った記憶…………………………… 226
押し売り……………………………… 228
初夏の庭……………………………… 231
静かな世界…………………………… 234
風景と人物…………………………… 236
展覧会の絵…………………………… 238
小説の周辺………………………………… 241
1 ………………………………………… 243
「どうだん」の花…………………… 243
のど自慢風景………………………… 245
狼……………………………………… 246
暑い夜………………………………… 247
冬籠り………………………………… 249
正月はぼんやりと…………………… 252
碁の個性……………………………… 255
生きていることば…………………… 257
小川町………………………………… 258
乗除価値……………………………… 260
歯痛とスポーツ……………………… 262
野口昂明さんの碁…………………… 265
駅前旅館……………………………… 267
森林浴………………………………… 269
三軒目の先生………………………… 271
笑う写真……………………………… 273
屋根の雪……………………………… 274
郵便局の角で………………………… 276
山峡の道……………………………… 279
歳末の身辺…………………………… 280
江戸崎まで…………………………… 283
ポーのこと…………………………… 286
冬の散歩道…………………………… 287
2 ………………………………………… 288
アップアップ………………………… 288
「都市」と「農村」………………… 291
心に残る人びと……………………… 296
鈍行列車……………………………… 299
霧の羽黒山…………………………… 300
再会…………………………………… 301
町角の本屋さん……………………… 304
村の遊び……………………………… 306
サチコ………………………………… 308
帰郷…………………………………… 311
緑の大地……………………………… 313
雑煮のこと…………………………… 317
U理髪店 ……………………………… 319
ボレロ………………………………… 320
3 ………………………………………… 323
長塚節・生活と作品………………… 323
北ホテル……………………………… 324
耿 「秋日」………………………… 325
グレアム・グリーン………………… 331
読書日記……………………………… 332
ミステリイ読書日記………………… 336
わが青春の映画館…………………… 339
映像と原作…………………………… 342
芝居と私……………………………… 343
混沌の世界…………………………… 345
徳川家康の徳………………………… 346
大石内蔵助随想……………………… 348
寺坂伝説の周辺……………………… 351
「溟い海」の背景…………………… 355
一枚の写真から……………………… 357
転機の作物…………………………… 358
「密謀」を終えて…………………… 361
「海鳴り」の執筆を終えて………… 363
書きにくい事実……………………… 364
間違い………………………………… 366
小説「一茶」の背景………………… 367
一茶とその妻たち…………………… 373
「海坂」、節のことなど…………… 376
心に残る秀句………………………… 385
稀有の俳句世界……………………… 387
青春と成熟…………………………… 389
小説「白き瓶」の周囲……………… 392
ふるさとへ廻る六部の…………………… 399
1 ………………………………………… 401
宿題…………………………………… 401
やわらのこと………………………… 404
自作再見……………………………… 406
面白い舞台を期待…………………… 407
近況…………………………………… 409
時代小説の状況……………………… 410
「橋ものがたり」について………… 412
たとえば人生派……………………… 413
新聞小説と私………………………… 414
「美徳」の敬遠……………………… 416
市井の人びと(一)………………… 421
市井の人びと(二)………………… 425
試行のたのしみ……………………… 429
大衆文学偶感………………………… 433
豊年満作……………………………… 435
2 ………………………………………… 439
歩きはじめて………………………… 439
夏休み………………………………… 440
役に立つ言葉………………………… 442
ずれて来た…………………………… 444
私の休日……………………………… 446
大阪への手紙………………………… 448
啄木展………………………………… 449
ふるさとへ廻る六部の……………… 453
雪が降る家…………………………… 455
岩手夢幻紀行………………………… 457
夕の祈り……………………………… 466
車窓の風景…………………………… 468
明治のおかあさん…………………… 468
出発点だった受賞…………………… 470
二つ目の業界紙……………………… 472
青春の一冊…………………………… 474
元日の光景…………………………… 476
腰痛と散歩…………………………… 478
私の修業時代………………………… 481
電車の中で…………………………… 482
プロの仕事…………………………… 484
老年…………………………………… 486
昭和の行方…………………………… 488
さまざまな夏の音…………………… 490
混沌の歌集…………………………… 494
「冬から春へ」思うこと…………… 497
信長ぎらい…………………………… 499
晩秋の光景…………………………… 502
涙の披露宴…………………………… 505
日日片片……………………………… 506
3 ………………………………………… 508
日本海の落日………………………… 508
旧友再会……………………………… 509
郷里の昨今…………………………… 511
冬の鮫………………………………… 513
聖なる部分…………………………… 516
村の学校……………………………… 520
乳のごとき故郷……………………… 522
二月の声……………………………… 525
近所の桜並木………………………… 527
月山のこと…………………………… 529
似て非なるもの……………………… 530
農業の未来…………………………… 532
塩ジャケの話………………………… 534
ふるさと讃歌………………………… 537
自己主張と寛容さと………………… 539
変貌する村…………………………… 541
高速道路がくる……………………… 546
孟宗汁とニシン……………………… 548
ある思い出…………………………… 549
4 ………………………………………… 551
なみなみならぬ情熱………………… 551
熱狂の日日…………………………… 552
立ちどまる絵………………………… 554
忙しい一日…………………………… 557
ハンク・ウィリアムス……………… 559
胸さわぐルソー……………………… 561
ブラマンクの微光…………………… 562
演歌もあるテープ…………………… 564
好きこそものの……………………… 565
私の名探偵…………………………… 567
芳醇な美酒…………………………… 568
推理小説が一番……………………… 569
魅力的なコンビ……………………… 570
*年譜……………………………………… 573
*解説 英雄ぎらい(向井敏)………… 611
[ 2011/03/22 07:27 ] 藤沢周平 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。