研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  藤田三四郎 >  『藤田三四郎散文集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『藤田三四郎散文集』全2巻

『藤田三四郎散文集』全2巻(青磁社、1993.2~1994.6)



 マーガレットの思い出 1993.2.1
 
*序(上妻昭典)…………………………… 2
*文集刊行に感あり(小林茂信)………… 4
敬老の日の日記から…………………………12
母代り―宮崎ミヤ先生を偲んで……………16
草津町老人大会に参加して思う……………19
故ステパノ滝田早苗兄を偲んで……………23
草津町福祉大会に参加して…………………28
海野宿を訪ねて………………………………34
日本聖公会「聖慰主教会」概況……………48
ショッピングセンター随想…………………51
札幌伝道会に参加雑感………………………55
若さとは無心になること……………………65
北方医務局陳情雑感…………………………68
いま一つの夏―天理大学成人会一行を迎えて……75
夏の随想………………………………………80
人間性回復の橋を渡って……………………88
根強い偏見 今も残る………………………95
年頭にあたって………………………………99
過去の実績を踏まえて行動を…………… 104
小林茂信園長の退官に思う……………… 106
第九回目郷土訪問………………………… 110
合同礼拝雑感……………………………… 119
目白の思い出……………………………… 125
高松宮妃殿下をお迎えして……………… 128
小林記念公園開園に思う………………… 134
餅搗今昔記………………………………… 138
わたしの聖歌四百五十八………………… 146
第三十三回東部ブロック協議会報告…… 152
偏見の壁厚く……………………………… 159
マーガレットの思い出…………………… 167
栗生楽泉園の将来像について…………… 170
草津の地に福音の種を蒔かれた三姉妹を思いつつ…… 177
郷土訪問雑感……………………………… 189
第三四回東部ブロック協議会報告……… 196
焼きいものささやき……………………… 204
愛されて尊敬されて皺が生き…………… 208
食搬今昔記………………………………… 212
第十一回栗生高齢者会総会雑感………… 219
盆栽会、社会見学雑感…………………… 227
五二年ぶりのプラット・ホーム………… 231
詩 匂い…………………………………… 238
*解説 栗生楽泉園六十年の歩み貴重な記録文集(斎田朋雄)…… 242
*あとがき………………………………… 246
 

続 水仙の花を手にして 1994.6.30
 
*序(小林茂信)…………………………… 2
*序にかえて(田中淳)…………………… 6
出逢い…………………………………………13
記念すべき里帰りに思う……………………18
九州三園教会訪問記…………………………27
高齢者会バスレクに参加して………………43
三代目「しらね」号試乗に同乗して………47
日本聖公会組織成立百年記念式典に参加して……53
継先生のご逝去を悼んで……………………66
藤原時雄氏を偲んで…………………………72
第二病棟更新について………………………77
福祉棟更新雑感………………………………81
小林茂信著『中居屋重兵衛とらい』出版記念に思う……86
香川の松由来について………………………91
秋色の想い出…………………………………93
栗生カラオケ愛好会一〇周年の足跡………96
創立六〇周年の重みを刻む……………… 101
水仙の花を手にして……………………… 114
湯ノ沢部落と栗生楽泉園の沿革とハンセン病…… 110
第三五回東部ブロック協議会雑感……… 142
ひな祭り随想……………………………… 151
箕郷観梅雑感……………………………… 155
二つの出会い……………………………… 160
九三年ひとつの夏が終る………………… 166
ホオジロとの出逢い……………………… 172
四十雀との出逢い………………………… 175
北関東教区合同礼拝雑感………………… 178
第九回全国友園カラオケ交歓会に出席して…… 186
長野市松代名所を訪ねて………………… 194
ハンセン病資料館落成式に出席して…… 203
栗生楽泉園将来像私見直言……………… 212
栗生楽泉園看護員養成所・准看護学校回顧…… 217
第一三回栗生・多磨カラオケ交歓会を振り返って…… 224
迦葉山見学雑感…………………………… 229
*解説 実践的な記録性―続散文集を編んで(斎田朋雄)…… 234
*あとがき………………………………… 238
[ 2011/03/22 07:29 ] 藤田三四郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。