研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  藤森成吉 >  『藤森成吉全集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『藤森成吉全集』

『藤森成吉全集』全1巻(改造社、1932)



 1932.2.5
 
序(藤森成吉)…………………………… 1
長篇小説
若き日の悩み………………………………… 1
妹の結婚………………………………………69
短篇小説
雲雀………………………………………… 121
造花………………………………………… 127
研究室で…………………………………… 143
湖水の彼方………………………………… 155
子供………………………………………… 160
旧先生……………………………………… 173
母…………………………………………… 202
床甚………………………………………… 212
祭の夜……………………………………… 236
故郷を去るまで…………………………… 240
盗人………………………………………… 256
雀の来る家………………………………… 267
日傘………………………………………… 272
ある体操教師の死………………………… 275
古匣二篇…………………………………… 279
鴨………………………………………… 279
雀………………………………………… 280
鳩を放つ…………………………………… 282
脱走者……………………………………… 292
地主………………………………………… 303
東京へ……………………………………… 312
逃れたる人々……………………………… 333
暖き手紙…………………………………… 356
北見………………………………………… 357
青ちやん………………………………… 357
種つけ…………………………………… 362
雨乞ひ…………………………………… 363
京洛の秋…………………………………… 366
時雨……………………………………… 366
雀の御宿………………………………… 371
祖母………………………………………… 373
箱馬車……………………………………… 379
迎え俥……………………………………… 380
とぼける子供達…………………………… 385
魚音………………………………………… 388
友人と下駄の記憶………………………… 389
散弾………………………………………… 393
拍手しない男…………………………… 393
尾の裂けた雀…………………………… 394
山蟹………………………………………… 396
こほろぎ…………………………………… 402
同志………………………………………… 405
鈴の感謝…………………………………… 409
放す………………………………………… 415
貧乏な兵士………………………………… 416
草間中尉…………………………………… 417
潮の音……………………………………… 419
土堤の大会………………………………… 421
ツバサ……………………………………… 425
戯曲
犠牲………………………………………… 435
何が彼女をそうさせたか………………… 457
親友………………………………………… 483
十万円事件………………………………… 489
蜂起………………………………………… 503
光と闇……………………………………… 534
磔茂左衛門………………………………… 556
急行列車…………………………………… 574
随筆・感想
叛逆芸術家………………………………… 578
裂片……………………………………… 578
反動運動を撃つ………………………… 579
有島氏について………………………… 581
土肥雑記………………………………… 590
銷夏漫筆………………………………… 591
震災……………………………………… 592
歳晩雑感………………………………… 595
自然への思慕…………………………… 596
雑感……………………………………… 598
婦人と読書……………………………… 598
社会的虚偽の寛例……………………… 599
チユリツプ会の女達…………………… 601
母性保護………………………………… 602
思ひ出づるまゝ………………………… 603
処女作発表当時………………………… 605
歌集序…………………………………… 606
インテリゲンチヤについて一言……… 607
インテリゲンチヤとプロレタリア文学…… 607
試験制度に就いて……………………… 608
自慢咄…………………………………… 609
ガサツの弁その他……………………… 610
文壇批評………………………………… 610
闘志……………………………………… 611
友情のうれしかつた時………………… 612
太田氏を推す…………………………… 613
小品と詩と追憶………………………… 614
母の憶ひ出…………………………… 614
花の精………………………………… 615
老小使………………………………… 616
明暗(古き手帳より)……………… 616
五月(若き日の手帳より)………… 617
1 五月(手紙)…………………… 617
2 魔月……………………………… 617
3 赤い月(手紙)………………… 618
4 狐の額(手紙)………………… 618
5 あこがれ………………………… 619
6 同夜……………………………… 619
伊香保の憶ひ出……………………… 619
狼へ………………………………………… 621
序言……………………………………… 621
石鹸工場………………………………… 624
牧場その他……………………………… 635
豚飼ひ…………………………………… 639
織物工場………………………………… 641
鉄工場…………………………………… 648
製糸工場………………………………… 652
結末に…………………………………… 655
評論と思索………………………………… 657
婦人と労働………………………………… 659
細井和喜蔵君……………………………… 668
無産階級文芸論…………………………… 670
[ 2011/03/22 07:30 ] 藤森成吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。