研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  藤原定 >  『藤原定全詩集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『藤原定全詩集』

『藤原定全詩集』全1巻(沖積舎、1992)



1992.10.24
 
天地の間………………………………………15
I
太廟の鶴ら…………………………………19
天壇にて……………………………………21
宋代の壷……………………………………23
杭州某蚕糸工場にて………………………24
新京の夜の霧………………………………25
大連港………………………………………27
北京の伝統…………………………………31
三訪北京……………………………………33
大同石仏寺にて……………………………34
とある胡同にて……………………………35
蒙古…………………………………………37
黄塵の下……………………………………39
流民…………………………………………42
硝子戸の中…………………………………44
夏家河子に潮満ち来たる…………………46
満州の馬……………………………………48
伝家庄のアカシヤ…………………………50
氷点下ノ眩シサ……………………………51
古き牡丹園にて……………………………52
相国寺千手観音……………………………54
II
死に近く……………………………………59
純粋…………………………………………61
虚空雪降る…………………………………62
海辺の神……………………………………63
創痍…………………………………………65
ショパンに…………………………………66
胡桃のやうに………………………………68
その眼に対して……………………………69
赤い浮標……………………………………70
東京の街々…………………………………72
カーレンシーの世界で……………………73
見えた次元…………………………………76
そんな日……………………………………77
こんな日……………………………………78
ごうせいな月………………………………79
社会性………………………………………81
環境…………………………………………82
透明な秋に…………………………………83
航海船………………………………………85
夜明けの汽車の中で………………………87
父の肩………………………………………90
一個の浮標…………………………………92
一夜…………………………………………94
明るい氷盤…………………………………95
倉屋法蔵大姉………………………………97
言葉…………………………………………98
III
波との対話……………………………… 101
その谿間………………………………… 104
嬰児の眠りに…………………………… 105
木の葉の踊り…………………………… 107
旋回……………………………………… 108
跫音……………………………………… 110
諍ひの後………………………………… 112
竜安寺方丈の庭………………………… 113
女の肉体………………………………… 115
夜の蛾…………………………………… 116
夜中の雨が……………………………… 117
私は今夜もお前達を思ひ出す………… 118
時間……………………………………… 120
私………………………………………… 121
君も思つてみたまへ…………………… 124
成熟し来るもの………………………… 127
春の影…………………………………… 129
早春……………………………………… 130
私は野路を……………………………… 131
夜の大空は……………………………… 132
青い海洋は……………………………… 134
亡き母への通信………………………… 135
香厳寺の風鐸…………………………… 139
黒い鳩…………………………………… 141
北京寸説………………………………… 142
黄河……………………………………… 144
自跋……………………………………… 148
距離………………………………………… 153
1
耳………………………………………… 157
ナワ飛びする少女……………………… 159
摩周湖…………………………………… 160
空しいゴルゴダ………………………… 162
時の断層………………………………… 164
トンネルの中…………………………… 167
舗道の上………………………………… 170
たしかな春にむかつて………………… 172
どのようにでも………………………… 174
二十世紀的な人権侵害………………… 176
天のバケツ……………………………… 178
東洋の月………………………………… 180
濾過装置………………………………… 182
男性同盟………………………………… 184
思念する樹木…………………………… 185
VISION…………………………………… 186
MUSE……………………………………… 187
たそがれる湖…………………………… 188
二つの水面……………………………… 190
月寒(ツキサツプ)にて……………… 192
断層の夕暮……………………………… 193
断片……………………………………… 194
瞑れる眼に……………………………… 196
秋の冠…………………………………… 197
眼の呼吸………………………………… 200
線………………………………………… 201
血と血…………………………………… 202
そのひと言が…………………………… 203
秋の掌…………………………………… 205
僕らの晩年……………………………… 206
クロバーの野原………………………… 207
見えない天……………………………… 208
標本の蝶………………………………… 210
夜の烙印………………………………… 211
足コップ………………………………… 213
松露……………………………………… 214
わが家…………………………………… 215
恋の髑髏………………………………… 217
オッパイの丘…………………………… 219
2
エーテルに……………………………… 223
バッハの足音…………………………… 225
讃歌……………………………………… 227
野獣の眼から…………………………… 228
委託……………………………………… 230
渓流の辺りで…………………………… 232
支える翼………………………………… 234
在る停車場で…………………………… 236
測量師と僕……………………………… 239
美徳の街………………………………… 242
谷間で…………………………………… 244
痩せた鳩………………………………… 247
夜………………………………………… 249
波々……………………………………… 251
寒空……………………………………… 253
年賀ハガキ……………………………… 255
距離……………………………………… 256
ナルチス悲歌…………………………… 259
梅一枝…………………………………… 261
感傷の鳥………………………………… 262
行く果てに……………………………… 263
傾く海…………………………………… 265
船上の歌………………………………… 266
街角……………………………………… 268
在る碁会所……………………………… 272
融けていつた兄貴……………………… 274
靖国神社―一九四八年秋……………… 280
後記……………………………………… 283
僕はいる 僕はいない…………………… 285
僕はいる 僕はいない………………… 287
僕はいない 僕はいる………………… 291
ノック…………………………………… 294
火………………………………………… 299
盟約……………………………………… 302
お前の自由……………………………… 306
不信……………………………………… 308
うつくしい格闘………………………… 313
樅の空間………………………………… 316
夏のおわりの汀亭……………………… 320
放心の横顔……………………………… 323
暗号解読………………………………… 328
不眠の海………………………………… 331
足………………………………………… 334
弾力……………………………………… 338
夜の中へ………………………………… 340
野獣の前肢……………………………… 342
吸景………………………………………… 345
序詩 老いたる太陽…………………… 347
海………………………………………… 355
いやな思いよ………………………… 353
人間は海から生れたという………… 354
海は波々のするどい歯で…………… 355
海はいつも若い血に………………… 356
来ませんか ぼくの海へ…………… 357
海は荒れているのではない………… 359
外は明るい満月の夜だ……………… 359
言葉のきれぎれ波頭………………… 361
満天の星空が………………………… 362
空からしきりに落ちてくる………… 364
影………………………………………… 365
山道を曲がったとたん……………… 367
山道の上の…………………………… 367
夕暮れ………………………………… 367
帰ってゆくところが………………… 368
夜更けの街角の……………………… 368
金ぴかで宝石づくめの……………… 368
影は無益にあるのではない………… 369
名指揮者というものは……………… 369
捨子するように……………………… 369
ご存知のように……………………… 370
最後の暗闇は………………………… 370
むなしさの空の……………………… 371
石………………………………………… 373
太初に音楽ありき…………………… 375
秋のいく夜か………………………… 375
すべての硬さは……………………… 376
石の無表情の中の…………………… 376
鳥のつぎに…………………………… 377
一心に石仏を………………………… 377
母は背負いきれない………………… 378
秋風がしきりに……………………… 379
山………………………………………… 381
誰が最初に原始の森の……………… 383
山の林のむこうで…………………… 384
道をたずねたいと…………………… 385
かすかにせせらぎの音が…………… 388
みんなぼくの知らないところから… 389
そうだ ぼくも……………………… 390
山の道では…………………………… 391
ふいに気がついた…………………… 391
夜中に 鹿の鳴き声が……………… 392
山の上で観望している……………… 394
朝……………………………………… 395
日が翳ってくると…………………… 397
山の中では…………………………… 397
山は夜になると……………………… 399
山の天気は気まぐれだ……………… 401
いちめんのシダの…………………… 402
黄昏の茫漠が………………………… 403
山道のこのあたりは………………… 404
コブシの白い花びらを……………… 404
あとがき……………………………… 406
環…………………………………………… 409
背中の湖………………………………… 411
かがやく忘却…………………………… 413
花の遠近………………………………… 415
志野の茶碗……………………………… 417
さらに奥の方に………………………… 420
山の隣人………………………………… 422
甲斐駒のうしろから…………………… 424
かがやく天がぐらっと揺れ…………… 428
冬の白樺林……………………………… 430
雷鳥……………………………………… 433
山にしたって…………………………… 434
山道……………………………………… 435
静かさ…………………………………… 437
虫食い葉………………………………… 439
ROSE ISLAND …………………………… 441
若い漁師Kの挽歌 ……………………… 445
夜に言う………………………………… 449
遠のいてゆく海………………………… 452
老人の日に……………………………… 454
感謝……………………………………… 456
噛む……………………………………… 458
襟首を…………………………………… 461
不眠の夜………………………………… 464
夢のルーツ……………………………… 466
陳弁・詭弁……………………………… 469
言葉………………………………………… 475
奪い そして与える…………………… 477
言葉は橋に成る………………………… 479
物と言葉………………………………… 480
言葉の塔………………………………… 481
あの言葉………………………………… 482
言葉舟…………………………………… 485
言葉蔭…………………………………… 487
言葉波止場……………………………… 489
言葉天使………………………………… 491
呼ぶ言葉………………………………… 493
身替り言葉……………………………… 495
夜の言葉………………………………… 498
言葉は人間に似ている………………… 501
物と言葉の対話から…………………… 502
山の沈黙………………………………… 507
森の沈黙………………………………… 510
言葉並木………………………………… 513
トン トン トン……………………… 515
あとがき………………………………… 522
*藤原定年譜……………………………… 525
*藤原定著作一覧(清藤碌郎編)……… 533
[ 2011/03/22 07:34 ] 藤原定 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。