研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  二葉亭四迷 >  『二葉亭四迷全集』全9巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『二葉亭四迷全集』全9巻

『二葉亭四迷全集』全9巻(岩波書店、1964.9~1965.5)



第1巻 創作 翻訳 1 1964.9.26
 
浮雲…………………………………………… 3
あひゞき(ツルゲーネフ)……………… 157
めぐりあひ(ツルゲーネフ)…………… 171
片恋(ツルゲーネフ)…………………… 209
奇遇(ツルゲーネフ)…………………… 269
あひゞき(ツルゲーネフ)……………… 303
肖像画(ゴーゴリ)……………………… 315
夢かたり(ツルゲーネフ)……………… 375
*「浮雲」「あひゞき」「めぐりあひ」(奇遇)「片恋」の反響…… 397
*解説……………………………………… 417
 

第2巻 創作 翻訳 2 1964.10.26
 
うき草(ツルゲーネフ)…………………… 3
猶太人(ツルゲーネフ)………………… 153
親こゝろ(作者不詳)…………………… 175
くされ縁(ツルゲーネフ)……………… 205
酒袋(作者不詳)………………………… 257
黒龍江畔の勇婦(作者不詳)…………… 305
四人共産団(ポタアペンコー)………… 329
*「うき草」の反響……………………… 375
*解説……………………………………… 377
 

第3巻 創作 翻訳 3 1964.11.26
 
つゝを枕(トルストイ)…………………… 3
四日間(ガルシン)…………………………45
猶太人の浮世(ゴーリキイ)………………61
ふさぎの蟲(ゴーリキイ)……………… 103
根無し草(ガルシン)…………………… 167
小按摩……………………………………… 175
灰色人(ゴーリキイ)…………………… 181
むかしの人(ゴーゴリ)………………… 187
はきちがへ………………………………… 213
其面影……………………………………… 221
*「ふさぎの蟲」「其面影」の反響…… 383
*解説……………………………………… 415
 

第4巻 創作 翻訳 4 1964.12.23
 
二狂人(ゴーリキイ)……………………… 3
狂人日記(ゴーゴリ)………………………37
出産……………………………………………61
閑人……………………………………………67
乞食(ゴーリキイ)…………………………71
平凡……………………………………………99
志士の末期(ポリワーノフ)…………… 205
椋のミハイロ(ボレスラーフ、プルース)…… 221
愛(ネモエフスキイ)…………………… 231
血笑記(アンドレーエフ)……………… 235
おひたち(ゴンチャローフ)…………… 307
けふり(ツルゲーネフ)………………… 319
茶筅髪……………………………………… 399
*「平凡」「血笑記」の反響…………… 423
*解説……………………………………… 439
 

第5巻 評論 感想 その他 1965.1.26
 
評論
小説総論……………………………………… 8
カートコフ氏美術俗解………………………12
学術と美術との差別(パアヴロフ)………21
文学の本色及び平民と文学との関係(ドブロリウボフ)……26
国民之友夏期大附録「略評」………………41
偏見心理論(ジー、テー、ダブリュー、パトリック)……42
「アリストーテリ」悲壮体院劇論解釈……58
小説文体意見…………………………………66
露西亜の婦人界………………………………68
ひとりごと……………………………………77
昨今のウヰッテ………………………………83
其後のウヰッテ………………………………90
某政治家の「かぐや姫」評……………… 100
老の繰言…………………………………… 107
そゞろ言…………………………………… 111
新聞紙の懸賞小説の鑑査に就て………… 112
ダンチェンコ翁と語る…………………… 116
入露記……………………………………… 118
露都雑記…………………………………… 126
雑談………………………………………… 130
美術の本義(ベーリンスキー)………… 136
米氏文辞の類別(ベーリンスキー)…… 155
感想
作家苦心談………………………………… 162
予の愛読書………………………………… 167
余が言文一致の由来……………………… 170
余が翻訳の標準…………………………… 173
露西亜文学談……………………………… 178
エスペラントの話………………………… 183
エスペラント講義………………………… 188
世界語エスペラントの研究法…………… 195
未亡人と人道問題………………………… 199
二葉亭主人を訪ふ………………………… 202
露国文学談片……………………………… 204
巨匠談片…………………………………… 208
写生文に就いての工夫…………………… 208
『少年行』に就て………………………… 210
小説家の好む小説………………………… 215
露国の象徴派……………………………… 216
ゴーリキイとアンドレーエフの近業…… 220
文談五則…………………………………… 224
私は懐疑派だ……………………………… 230
露国現代文士の癖………………………… 236
文壇を警醒す……………………………… 238
『平凡』物語……………………………… 244
露西亜文壇の傾向………………………… 249
酒余茶間…………………………………… 253
暗中摸索の片影…………………………… 257
文芸坐談…………………………………… 261
眼前口頭…………………………………… 262
予が半生の懺悔…………………………… 265
送別会席上の答辞………………………… 275
小説の題のつけ方………………………… 277
法帖を習ひ連句を読む…………………… 281
露国文学の日本文学に及ぼしたる影響… 283
余の思想史………………………………… 285

ロシア事情
摩天嶺逆襲(敵方戦報)………………… 294
岫巌の役(六月八日敵方従軍記)……… 296
哈爾賓通信………………………………… 301
欧露鉄道輸送力の大減殺………………… 305
満州実業案内……………………………… 307
必々親展(クロパトキンの評判)……… 333
結局如何…………………………………… 339
樺太の森林………………………………… 357
樺太の炭砿………………………………… 363
露国革命党………………………………… 366
亜細亜ニ於ケル英露ノ関係ヲ論ス……… 372
露国ノ造船業ヲ論ス(闕文)(イー、レオンチェフ)…… 377
佚題(闕文)……………………………… 381
露都より朝日新聞への電報控(1) …… 400
露都より朝日新聞への電報控(2) …… 402
官報局時代の仕事………………… 427
*官報局と二葉亭………………………… 461
*評論の翻訳について…………………… 463
*解説……………………………………… 469
 

第6巻 日記 手帳 1 1965.2.26
 
くち葉集 ひとかごめ……………………… 7
落葉のはきよせ 二篭め……………………49
落葉のはきよせ 三篭め………………… 109
遊外紀行…………………………………… 165
日記・手帳 1
明治34、5年 ……………………………… 207
明治35年(手帳1) ……………………… 211
明治35年(手帳2) ……………………… 213
明治35年(手帳3) ……………………… 214
明治35年(手帳4) ……………………… 218
明治36年(光緒廿九年2月中紀事) …… 235
明治36年…………………………………… 282
明治36、7、9年(手帳5) ……………… 286
明治37年…………………………………… 301
対外時事抜萃(手帳6) ………………… 302
明治37、8年(手帳7)…………………… 311
明治37年(手帳8) ……………………… 318
露国政情詳細(手帳9) ………………… 322
明治38年(手帳10)……………………… 360
明治37、8年(手帳11) ………………… 368
明治37年(手帳12)……………………… 377
明治37、8年(手帳13) ………………… 386
明治37、8年(手帳14) ………………… 389
明治38、9年(手帳15) ………………… 401
*解説……………………………………… 421
 

第7巻 日記 手帳 2 書簡 1965.3.26
 
日記・手帳 2
明治38、9年(手帳16) …………………… 7
明治39年………………………………………11
明治40年………………………………………18
明治41年………………………………………32
明治41年(手帳17)…………………………55
露都打電控(手帳18)………………………56
明治42年………………………………………66
発病当時体温日記 明治42年2月1日ヨリ3月20日マデ……85
帰途体温日記…………………………………93
露国事情 軍事(手帳19)…………………97
俳諧日録 明治35年より明治41年迄…… 127
書簡………………………………… 155
明治13年…………………………………… 157
明治17年…………………………………… 158
明治19年…………………………………… 158
明治20年…………………………………… 159
明治21年…………………………………… 163
明治23年…………………………………… 163
明治24年…………………………………… 166
明治25年…………………………………… 168
明治26年…………………………………… 184
明治27年…………………………………… 190
明治28年…………………………………… 193
明治29年…………………………………… 196
明治30年…………………………………… 198
明治31年…………………………………… 204
明治32年…………………………………… 218
明治33年…………………………………… 219
明治34年…………………………………… 220
明治35年…………………………………… 222
明治36年…………………………………… 238
明治37年…………………………………… 267
明治38年…………………………………… 276
明治39年…………………………………… 341
明治40年…………………………………… 354
明治41年…………………………………… 362
明治42年…………………………………… 381
追録書簡…………………………………… 391
書簡草稿…………………………………… 397
*書簡索引………………………………… 407
*解説……………………………………… 411
 

第8巻 草稿 雑纂 1 1965.4.26
 
「平凡」草稿その他
「平凡」草稿………………………………… 7
草稿(雑)……………………………………66
わからずや(ツルゲーネフ)………………97
露助の妻…………………………………… 134
雑纂
女丈夫伝叙………………………………… 156
ツルゲーネフ『父と子』(虚無党気質) 春廼家朧助訳冷々亭杏雨訳予告文…… 156
FRIENDSHIP………………………………… 157
安心論……………………………………… 158
露西亜小説にあらはるゝ地名、人名、官等、身振…… 159
嫉妬する夫の手記………………………… 161
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」の一部露訳…… 171
曽我兄弟能狂言…………………………… 171
埃…………………………………………… 171
「世界語」の献辞………………………… 172
旅日記(東海道線)……………………… 172
盗難告訴…………………………………… 180
経歴書(草稿)…………………………… 182
情願書……………………………………… 184
情願書……………………………………… 185
住所録……………………………………… 187
遺言状……………………………………… 193
善後策……………………………………… 193
露文
雑纂
嫉妬する夫の手記………………………… 196
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」の一部露訳…… 221
曽我兄弟能狂言…………………………… 230
埃…………………………………………… 245
「世界語」の献辞………………………… 247
「落葉のはきよせ二篭め」表紙裏書込み…… 248
「平凡」露文プラン……………………… 249
露西亜文書簡の草稿……………………… 250
日記・手帳
遊外紀行…………………………………… 256
明治37、8年(手帳14) ………………… 312
明治38、9年(手帳15) ………………… 315
明治40年…………………………………… 330
明治41年…………………………………… 347
明治42年…………………………………… 385
発病当時体温日記………………………… 413
*解説……………………………………… 417
 

第9巻 草稿 雑纂 2 二葉亭案内 1965.5.26
 
「血笑記」翻訳草稿他
「血笑記」翻訳草稿………………………… 9
明治四十一年一月賀詞交換名簿……………74
明治四十二年々始状差出たる知人簿………77
書簡 追録……………………………79

生涯と作品(中村光夫)……………………83
二葉亭の影響(吉田精一)……………… 125
二葉亭の評論(稲垣達郎)……………… 149
二葉亭の翻訳態度―特にツルゲーネフの場合について―(神西清)…… 171
人と作品―同時代人の観た二葉亭四迷―…… 191
竹馬の友たりし長谷川君(中村達太郎)…… 193
卅年前の長谷川君(土屋大夢)……… 194
種々なる思ひ出(大田黒重五郎)…… 195
長谷川君の略歴(桑原謙蔵)………… 200
憂国の志士としての長谷川君(日向利兵衛)…… 203
忠実なる教師(鈴木於菟平)………… 207
北京警務学堂に於ける長谷川君(阿部精一)…… 208
二葉亭先生追想録(松原岩五郎)…… 214
対露西亜の長谷川君(大庭柯公)…… 220
露西亜に於ける長谷川氏(夏秋亀一)…… 224
二葉亭主人と朝日新聞(池辺吉太郎)…… 227
著作に関する計画(西本翠蔭)……… 233
文学嫌の文学者(坪内逍遥)………… 238
二葉亭の人物(内田魯庵)…………… 240
故人と僕(山田美妙)………………… 244
『浮雲』の苦心と思想(矢崎嵯峨の舎)…… 245
長谷川二葉亭君(木下尚江)………… 247
二葉亭氏と独歩氏(吉江孤雁)……… 250
露国に赴かれたる 長谷川二葉亭氏(小栗風葉)…… 254
二葉亭氏(小川未明)………………… 257
官報局時代(横山源之助)…………… 260
長谷川二葉亭氏(蒲原有明)………… 265
二葉亭の文章(大町桂月)…………… 266
二葉亭氏(岩野泡鳴)………………… 272
長谷川二葉亭氏逝く(滝田樗陰)…… 273
吁 長谷川二葉亭(新潮記者)……… 276
真の文芸家(相馬御風)……………… 278
二葉亭四迷論(中村星湖)…………… 281
二葉亭の平生(西海枝静)…………… 286
二葉亭主人の送別会(前田晁)……… 288
二葉亭氏送別会(一記者)…………… 290
長谷川二葉亭送別会出席者…………… 294
二葉亭を倫敦まで見送たる末永の談… 295
船中の二葉亭(賀茂丸事務長の報告)…… 296
賀茂丸船長の報告……………………… 297
二葉亭遺骨到着(長崎)……………… 298
二葉亭の葬儀…………………………… 299
埋骨の地染井…………………………… 302
二葉亭の旧居 露都に於て(老婢・門番)(渋川玄耳)…… 303
主人(二葉亭)の平生に就て 私の悲しき思ひ出(長谷川柳子)…… 311
二葉亭とエスペラント(伊井迂老人)…… 313
逸話(逍遥,魯庵,嵯峨の舎)………… 319
二葉亭の面影―志に殉したる二葉亭―(坪内逍遥)…… 321
二葉亭四迷氏逝く(福田英子)……… 324
外語在学時代成績表及び、寄宿舎に於ける勤惰表…… 325
*早大寄托二葉亭所蔵図書目録………… 326
*参考文献………………………………… 331
*年譜……………………………………… 333
*「世界語読本」凡例…………………… 346
*「世界語」……………………………… 390
*解説……………………………………… 391
*文献解題(玉井乾介)………………… 391
[ 2011/03/22 07:36 ] 二葉亭四迷 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。