研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  古井由吉 >  『古井由吉作品』全7巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『古井由吉作品』全7巻

『古井由吉作品』全7巻(河出書房新社、1982.9~1983.3)



第1巻 1982.9.30
 
木曜日に……………………………………… 5
先導獣の話……………………………………31
円陣を組む女たち……………………………51
不眠の祭り……………………………………79
菫色の空に………………………………… 113
雪の下の蟹………………………………… 161
子供たちの道……………………………… 187
男たちの円居……………………………… 229
*著者ノート―初めの頃………………… 292
*発表誌…………………………………… 305
 

第2巻 1982.10.30
 
杳子…………………………………………… 5
妻隠……………………………………………87
行隠れ……………………………………… 131
行隠れ…………………………………… 132
嫁入り…………………………………… 160
旅立ち…………………………………… 190
落合い…………………………………… 216
夢語り…………………………………… 254
*著者ノート―駆出しの喘ぎ…………… 284
*発表誌…………………………………… 297
 

第3巻 1982.11.10
 
櫛の火………………………………………… 5
影…………………………………………… 217
水…………………………………………… 232
狐…………………………………………… 251
衣…………………………………………… 272
弟…………………………………………… 302
谷…………………………………………… 333
*著者ノート―やや鬱の頃……………… 348
*発表誌…………………………………… 361
 

第4巻 1982.12.10
 
女たちの家…………………………………… 5
街道の際…………………………………… 147
畑の声……………………………………… 179
駆ける女…………………………………… 213
夜の香り…………………………………… 249
*著者ノート―場末の風………………… 292
*発表誌…………………………………… 307
 

第5巻 1983.1.10
 
聖……………………………………………… 5
栖………………………………………………97
栖……………………………………………98
肌………………………………………… 128
湯………………………………………… 154
背………………………………………… 176
首………………………………………… 201
子………………………………………… 225
哀原………………………………………… 253
雫石………………………………………… 270
仁摩………………………………………… 286
人形………………………………………… 299
櫟馬………………………………………… 313
赤牛………………………………………… 328
安堵………………………………………… 347
女人………………………………………… 365
池沼………………………………………… 376
*著者ノート―聖の崇り………………… 394
*発表誌…………………………………… 407
 

第6巻 1983.2.10
 
親……………………………………………… 5
道…………………………………………… 6
葛……………………………………………36
宿……………………………………………67
雨……………………………………………96
声………………………………………… 123
親………………………………………… 152
椋鳥………………………………………… 183
親坂………………………………………… 197
子安………………………………………… 214
咳花………………………………………… 231
牛男………………………………………… 246
痩女………………………………………… 264
あなたのし………………………………… 281
あなおもしろ……………………………… 299
*著者ノート―厄年の頃………………… 320
*発表誌…………………………………… 335
 

第7巻 1983.3.25
 
エッセイ
I
実体のない影―或る数学入門書を読んで… 8
私のエッセイズム……………………………13
職業人と作家…………………………………15
私の文学的立場………………………………17
最後の一周……………………………………21
群れの中の自我………………………………23
表現ということ………………………………25
翻訳から創作へ………………………………28
杳子のいる谷…………………………………30
本との出会い…………………………………32
言葉の呪術……………………………………34
読書遍歴………………………………………39
通俗ということ………………………………41
文体について…………………………………43
楽天家のつぶやき……………………………45
緊密で清潔……………………………………48
死者のごとく…………………………………50
私の選んだ道…………………………………52
貧しき時代に…………………………………54
II
もうひとつの先導獣…………………………57
力の世界にあること…………………………59
常套句…………………………………………62
死の方角から…………………………………63
誕生の時から…………………………………63
霊異……………………………………………64
往生話…………………………………………65
聖たち…………………………………………66
前の入水上人…………………………………66
人生の両端から………………………………67
驚愕と笑い―「信貴山縁起絵巻」に触れて……68
広い目…………………………………………70
格子の外から…………………………………72
ひとつの諧謔の予感…………………………74
滅亡とのたわむれ……………………………77
祈祷師たち……………………………………79
興奮と冷静さの時代…………………………81
責任回避………………………………………84
辻占……………………………………………86
山上に聖ありて………………………………88
北上の古き仏たち……………………………90
テレビ観猿記…………………………………98
人稚くして………………………………… 101
さて八十年代……………………………… 103
早すぎる知識……………………………… 104
面と声……………………………………… 105
分別盛り…………………………………… 107
家の顔……………………………………… 108
徒然の時代へ……………………………… 109
III
積み重ねられた暮らし…………………… 112
動物園の豚………………………………… 114
山に行く心………………………………… 117
男の中の母親……………………………… 120
もうひとつの怖さ………………………… 122
海の魚ども………………………………… 124
すさまじきもの…………………………… 125
ああ、恋文………………………………… 128
橙色の帽子を追って―第41回日本ダービー観戦記…… 134
樹の上の酔っぱらい……………………… 138
はじめに悪意ありき……………………… 140
英雄の出現………………………………… 146
貧乏暇ありのころ………………………… 148
幾らの春ぞ………………………………… 149
正月の憂鬱………………………………… 151
失語症のような酒………………………… 153
日常の中の荒涼…………………………… 154
単独行の夜………………………………… 156
湯の思い出………………………………… 157
睡気について……………………………… 161
優しい客人………………………………… 163
何を疎んで………………………………… 164
早足のそぞろ歩き………………………… 167
椅子の上にも十年………………………… 170
書店との出会い…………………………… 171
十年ひと暮し……………………………… 173
樹は楽し…………………………………… 175
書く、住まう、読む……………………… 177
IV
《神童》をめぐるやるせなさ…………… 181
ムーシル…………………………………… 183
ブロッホと「誘惑者」…………………… 191
認識の翻訳者……………………………… 201
日常の“変身”…………………………… 206
「死刑判決」に至るまでのカフカ―ある詩人の「絶望」に至る過程…… 208
翻訳
愛の完成(ロベルト・ムーシル)……… 224
誘惑者―第6章 不安(ヘルマン・ブロッホ)…… 273
*著者ノート 秋のあはれも身につかず…… 330
*発表誌・紙……………………………… 343
*年譜……………………………………… 345
*著書目録………………………………… 350
[ 2011/03/23 06:35 ] 古井由吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。