研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  堀田善衛 >  『堀田善衛全集』全16巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『堀田善衛全集』全16巻

『堀田善衛全集』全16巻(筑摩書房、1974.6~1979.6)



第1巻 1974.6.20
 
詩篇
今宵何を語らう……………………………… 4
祈り…………………………………………… 4
挽歌―みまかれる美しき詩人に―………… 5
明るく歌のやうに…………………………… 6
高原…………………………………………… 7
水のほとり…………………………………… 9
故里…………………………………………… 9
潟の風景………………………………………10
朝………………………………………………12
断章……………………………………………13
しづかに雪が…………………………………13
今日……………………………………………14
暗い夜道で……………………………………14
戦争……………………………………………15
野辺……………………………………………16
夕照から………………………………………17
風………………………………………………18
無題……………………………………………18
哀歌……………………………………………19
白鳥……………………………………………20
序の歌…………………………………………21
ジェスフィールド公園にて…………………24
天の誘ひ………………………………………25
暗黒の詠唱と合唱……………………………26
沈黙……………………………………………30
Nel mezzo della nostra vita…… ………31
海景……………………………………………32
現代史…………………………………………33
庭………………………………………………35
冷いなぎさ……………………………………36
二十歳…………………………………………36
高岡大仏寺の写真に寄す……………………37
モスクワデ……………………………………37
毛皮ヤ…………………………………………38
マドリッド……………………………………39
コロンボ………………………………………39
岬の墓…………………………………………40
黄浦灘花園にて―一九四六年春・上海―…41
M……嬢に―一九六二年冬・モスクワ― …42
風はどこから吹いて来る―伏木中学校の歌―……43
小説
或る公爵の話…………………………………46
国なき人々……………………………………50
祖国喪失………………………………………60
波の下………………………………………60
共犯者………………………………………85
暗峡……………………………………… 110
彷徨える猶太人………………………… 125
祖国喪失………………………………… 145
被革命者………………………………… 168
十二月八日………………………………… 196
捜索………………………………………… 213
夜来香……………………………………… 224
歯車………………………………………… 240
広場の孤独………………………………… 293
漢奸………………………………………… 363
断層………………………………………… 394
潜函………………………………………… 408
燈台へ……………………………………… 422
影の部分…………………………………… 458
『広場の孤独』あとがき………………… 479
『祖国喪失』あとがき…………………… 480
*解説 典型的人間、典型的文学者(大江健三郎)…… 481
*解題(栗原幸夫)……………………… 495
 

第2巻 1974.7.20
 
歴史…………………………………………… 3
国境………………………………………… 266
砕かれた顔………………………………… 282
工場のなかの橋…………………………… 314
囚われて…………………………………… 345
水際の人…………………………………… 366
隠者の罪悪………………………………… 385
短篇集『砕かれた顔』あとがき………… 405
*解説 水平志向の成熟(埴谷雄高)… 409
*解題(栗原幸夫)……………………… 417
 

第3巻 1974.8.20
 
時間…………………………………………… 3
夜の森……………………………………… 147
はやりうた………………………………… 284
「ねんげん」のこと……………………… 297
曇り日……………………………………… 312
G・D・からの呼出状……………………… 335
どす黒い川………………………………… 351
神と宇宙と淫慾と………………………… 366
王国の鍵…………………………………… 381
もりかえす………………………………… 391
*解説 歴史的現実とモノローグの世界(菊地昌典)…… 403
*解題(栗原幸夫)……………………… 417
 

第4巻 1974.9.20
 
記念碑………………………………………… 3
奇妙な青春―『記念碑』第2部― ……… 175
鬼無鬼島…………………………………… 342
*解説 日本的心性との対峙―「記念碑」「奇妙な青春」「鬼無鬼島」論―(真継伸彦)…… 445
*解題(栗原幸夫)……………………… 455
 

第5巻 1974.10.20
 
鶴のいた庭…………………………………… 3
黄金の悲しみ…………………………………17
明日、泣け……………………………………32
背景……………………………………………44
香港にて………………………………………64
主題と変奏……………………………………88
河…………………………………………… 105
零から数えて……………………………… 171
その姿……………………………………… 307
黄塵………………………………………… 315
戯曲
運命………………………………………… 332
*解説 昭和三十年代の苦渋と苛立ち(佐々木基一)…… 385
*解題(栗原幸夫)……………………… 393
 

第6巻 1975.2.20
 
審判…………………………………………… 3
*解説 現代における個人の責任(平野謙)…… 517
*解題(栗原幸夫)……………………… 527
 

第7巻 1975.1.20
 
海鳴りの底から……………………………… 3
*解説 状況の全体にむけて(松原新一)…… 443
*解題(栗原幸夫)……………………… 455
 

第8巻 1975.3.20
 
スフィンクス………………………………… 3
*解説 エピキュリアンの悲しみ(開高健)…… 403
*解題(栗原幸夫)……………………… 407
 

第9巻 1975.7.20
 
若き日の詩人たちの肖像…………………… 3
*解説 青春自伝長篇についてのノート(本多秋五)…… 481
*解題(栗原幸夫)……………………… 493
 

第10巻 1979.6.20
 
黒い旗………………………………………… 3
風景異色………………………………………32
あるヴェトナム人……………………………53
水牛の話………………………………………68
ルイス・カトウ・カトウ君…………………82
墓をめぐる………………………………… 100
橋上幻像…………………………………… 117
聖者の行進………………………………… 240
酔漢………………………………………… 252
19階日本横丁……………………………… 258
*解説 「一期一会」(小田実)……… 445
*解題(栗原幸夫)……………………… 453
 

第11巻 1974.11.20
 
インドで考えたこと………………………… 3
はじめに…………………………………… 3
I インドへ?!…………………………… 4
II アジアがアジアをなんにも知らない……12
III 抽象的第一日…………………………24
IV 日本のイメージ ………………………28
V 無慈悲な自然から思想が生れた………41
VI 「怪奇にして異様なるもの」 ………49
VII ことば・ことば・ことば……………57
VIII 山羊の脳味噌 ………………………72
IX 「インドは貧しい国ではない」 ……80
X 修身斉家治国平天下……………………87
XI 連射連撃大エンゼツ会 ………………95
XII 洞窟の思想………………………… 101
XIII おれは生きたい ………………… 108
後進国の未来像…………………………… 118
後進国の未来像―常識について―…… 118
中央アジアの草原にて………………… 139
ソヴェトところどころ………………… 157
アラブ人の疑問から…………………… 185
インドは心臓である―アジァンタ壁画集によせて―…… 188
後進国のエネルギー…………………… 192
ソ連の保守主義………………………… 195
先進国とは何か?……………………… 200
後進する先進国―ソ連からヨーロッパへ―…… 203
東と西の亡命…………………………… 208
キューバ紀行……………………………… 215
I 苦い砂糖……………………………… 215
II 植民地の宿命からの脱出 ………… 237
III キューバの内側から……………… 279
IV シエラマエストラ山にて ………… 304
アジア・アフリカ・ラテンアメリカの旅から…… 322
ソ連の新しい目「タシュケント」…… 322
ナイル川のほとり……………………… 328
盃の行方………………………………… 330
キューバ・ソ連・中国………………… 338
セイロン―もっと知ってよい国―…… 342
ネルーの思い出………………………… 350
ある感想………………………………… 352
人種差別………………………………… 356
カストロ………………………………… 357
我慢について―インターナショナリズムというもの―…… 360
インドの旅から………………………… 375
思痛記―一九六五・七・三 アルジェにて―…… 376
インド・パキスタンの友人を思う…… 394
ヨーロッパで考えたこと……………… 396
歴史と運命―後進諸国の道―………… 398
抵抗と政治のなかのデーモン―「アルジェの戦い」のわれわれの受けとり方―…… 407
紅砂 雪山 宿命―レバノン、シリアを回って―…… 411
インドという国―私と世界史―……… 414
アフリカ文芸復興……………………… 415
アジア・アフリカ作家会議より………… 417
第一回アジア作家会議に出席して…… 417
アジアの詩人たち……………………… 421
アジアの中の日本―アジア作家会議に出席して―…… 423
胎動するアジア―第一回アジア作家会議に出席して―…… 427
インド・中国・日本…………………… 445
東風西風………………………………… 458
A・A・時代と文学者…………………… 463
二十一世紀をめざして―AA作家会議をおわり―…… 466
国際準備委員会報告…………………… 468
遠慮深くかつ大胆に―「東京大会の反省と今後の課題」を特集するにあたって―…… 470
徹底した人民間の交流………………… 471
A・A作家会議裏方の弁………………… 472
カイロ大会報告―タシケント―東京―カイロ―…… 477
短い個人的感想一つ二つ……………… 481
コロンボ国際書記局会議にて―日本代表挨拶―…… 482
ハノイからの手紙……………………… 485
アジア・アフリカ作家会議日本協議会の現状及び運営について…… 487
ニューデリー大会日本代表団団長の挨拶…… 489
*解説 第三世界とのかけ橋―堀田善衛(西川潤)…… 493
*解題(栗原幸夫)……………………… 505
 

第12巻 1974.12.20
 
上海にて……………………………………… 3
はじめに…………………………………… 3
I
回想・特務機関………………………… 5
戦争と哲学………………………………13
町の名の歴史……………………………16
II
忘れることと忘れられないこと………19
再び忘れることと忘れられないことについて……26
「冒険家的楽園」………………………31
たとえばサッスーン卿という男について……46
III
町あるき…………………………………49
異民族交渉について……………………60
魯迅の墓…………………………………63
暴動と流行歌……………………………66
王孝和という労働者……………………73
IV
自殺する文学者と殺される文学者……78
V
様々な日本人……………………………86
VI
死刑執行…………………………………91
腰巻き横町・裂け目横町・血の雨横町……93
惨勝・解放・基本建設……………………95
惨勝とはなにか…………………………95
解放ということ……………………… 101
基本建設・未来・歴史……………… 112
中国を考える……………………………… 118
反省と希望……………………………… 118
上海で考えたこと……………………… 124
暗い暗い地下工作……………………… 129
個人的な記憶二つ……………………… 133
魯迅の墓その他………………………… 136
中国の未来に待つもの………………… 141
難関にきた日中問題…………………… 146
中国を見つめる二つの目―元軍人の報告から「現代中国論」まで―……… 147
上海……………………………………… 151
忘れ得ぬ断章 魯迅の『希望』……… 153
中国問題とは何か……………………… 155
まわりと外について―日中国交回復の意味するもの―…… 165
毛沢東と永遠の思想…………………… 175
中国を考える…………………………… 178
中国を考える…………………………… 183
小国の運命・大国の運命………………… 188
はじめに………………………………… 188
小国の運命・大国の運命……………… 190
第三世界の栄光と悲惨について……… 315
エルネスト・“チェ”・ゲヴァラと現代世界―インタナショナリズムの前途―…… 348
静かなヨーロッパ………………………… 371
*解説 批評家としての堀田善衛(竹内好)…… 415
*解題(栗原幸夫)……………………… 425
 

第13巻 1975.4.20
 
美しきもの見し人は………………………… 3
序…………………………………………… 3
1 アルハンブラ宮殿……………………… 5
2 ガウディのお寺…………………………11
3 天壇をめぐって…………………………19
4 異民族交渉について……………………27
5 アフリカの影……………………………35
6 黙示録について…………………………42
7 F TE GALANTE ワットオの黄昏 ………51
8 ヴェラスケスの仕事場に私の派遣したスパイ……60
9 楽園追放 アダムとイヴ………………68
10 ヴェネツィア画派の栄枯盛衰について……77
11 アルビにて 陸上軍艦とロオトレック……85
12 美し、フランス LA DOUCE FRANCE…94
13 間奏楽 人と馬 …………………… 103
14 クロード・ロラン 泰西名画について…… 111
15 二つのドイツ ……………………… 119
16 一つの極限について フランシスコ・デ・スルバラン…… 127
17 夜の王国、あるいは乱世の画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール…… 134
18 モナ・リザには眉がない ………… 142
19 肖像画 対話あるいは弁証法について…… 150
20 常識のために 絵の具の話 ……… 158
21 AVE MARIA 受胎告知画 …………… 165
あとがき………………………………… 172
方丈記私記………………………………… 174
1 その中の人、現し心あらむや……… 174
2 世の乱るゝ瑞相とか………………… 186
3 羽なければ、空をも飛ぶべからず… 202
4 古京はすでに荒れて、新都はいまだ成らず…… 210
5 風のけしきにつひにまけぬる……… 228
6 あはれ無益の事かな………………… 244
7 世にしたがえば、身くるし………… 261
8 世中にある人と栖と………………… 266
9 夫、三界は只心ひとつなり………… 277
10 阿弥陀仏、両三遍申してやみぬ … 288
初期文芸評論……………………………… 307
未来について…………………………… 307
「何処へ?」―立原道造論―………… 311
覚書……………………………………… 315
ハイリゲンシュタットの遺書………… 320
「批評と信仰」に就て………………… 330
西行……………………………………… 334
*解説 同時代者堀田善衛(中村真一郎)…… 375
*解題(栗原幸夫)……………………… 385
 

第14巻 1975.8.20
 
批評…………………………………………… 3
ボオドレエル覚書………………………… 3
音楽について―『ハイドン』―………… 8
グレアム・グリーンの恐怖省……………17
アンドレ・マルロオ『人間の条件』……27
グレアム・グリーン『密使』……………31
現代の帰結…………………………………34
流血…………………………………………36
母なる思想―Une Conf ssion―…………40
覚書…………………………………………47
物質化………………………………………50
文芸時評……………………………………55
私の創作体験………………………………60
現代をどう生きるか―椎名麟三氏との往復書簡―……72
堀辰雄のこと………………………………87
闇のなかで―映画―………………………90
暗礁の世代…………………………………94
文学とルポルタージュ………………… 104
現代文学と宗教………………………… 121
彼岸繚乱―チャールズ・モーガンについて―…… 126
倖せか?―安部公房氏に―…………… 131
文芸時評………………………………… 133
教養という尺度………………………… 138
日本文学の怪談師たち………………… 143
存在の機軸……………………………… 152
「うああ……」―「杏つ子」論―…… 156
現在の小説と“私”―なぜエッセイばかり書くか―…… 159
「大菩薩峠」とその周辺……………… 162
恐怖の障壁……………………………… 199
良平と重治―『梨の花』中野重治―… 202
萩原朔太郎と金子光晴………………… 210
日本文学の若き獅子たち……………… 218
下駄を引取る…………………………… 238
三人の作家―倉橋由美子、井上光晴、北杜夫―…… 241
短い挨拶………………………………… 254
神のある文学者と 神のない文学者と…… 259
旅行者の文学・定住者の文学………… 264
井伏鱒二作「屋根の上のサワン」鑑賞―横浜国立大学学芸学部附属中学校国語教室のために―…… 268
余裕なき批評への不満………………… 275
欄外の私的な註若干―大江健三郎「万延元年のフットボール」―…… 283
犀星詩を愛す…………………………… 290
詩人の肖像……………………………… 294
宇宙空間からの問い―『月にともる火』について―…… 305
回想・作家茅盾………………………… 310
裏切者と純潔者―グスターフ・ヤノーホ著「ハシェクの生涯」について―…… 317
人間の条件………………………………… 325
戦争……………………………………… 325
革命……………………………………… 328
ニヒリズム?…………………………… 331
宇宙像…………………………………… 333
道具について…………………………… 336
方丈記その他について………………… 338
祝婚歌…………………………………… 343
海・空と人……………………………… 346
視点……………………………………… 349
土方と原子力…………………………… 352
旅と死と………………………………… 355
なかじきり………………………………… 358
極北か、なれの果てか………………… 358
胡志明と井伏鱒二……………………… 366
訓詁の学………………………………… 375
語学の話、それから…………………… 382
森の話…………………………………… 389
フランス不在…………………………… 397
バッカリ喰い…………………………… 404
中村君の回想について………………… 412
古今化物評判…………………………… 420
松川判決………………………………… 428
今年の秋………………………………… 435
*解説 拡張者の誇りと困難(久保田正文)…… 443
*解題(栗原幸夫)……………………… 451
 

第15巻 1975.5.20
 
評論…………………………………………… 3
国際情勢…………………………………… 3
米国海軍基地・横須賀…………………… 6
朝霞と立川…………………………………19
幸福への意志………………………………31
過ちは………………………………………33
「終戦」と「進駐軍」……………………34
断想…………………………………………37
鹿地事件に於ける小説的解釈……………41
この悲劇的なもの―メーデー行進の中で―……53
根の方にある考え方………………………60
破滅型―近衛上奏文について―…………62
広場日記……………………………………65
闇黒の生態…………………………………73
二つの衝撃―松川事件第二審判決と加藤道夫の自殺―……76
恐怖について………………………………79
怒ることと呆れること……………………86
“投書夫人”の考え方―抒情から科学へ―……90
より深き生のために―癩者の生活にふれて―……95
砂川からブダペストまで―歴史について―…… 102
日本の知識人―民衆と知識人―……… 113
現代の表情―地下鉄工事……………… 134
歴史と道徳の問題……………………… 137
きのうきょう…………………………… 140
八百屋人民公社……………………… 140
いまさら……………………………… 140
他山の石……………………………… 141
どの面さげて………………………… 142
消防と酒……………………………… 142
暴力音楽……………………………… 143
汚職・汚職…………………………… 144
「火の如く風の如く」……………… 144
安全保障?…………………………… 145
ペン・クラブ………………………… 145
如前として!………………………… 146
民主主義破壊………………………… 147
同人雑誌から………………………… 147
裁判…………………………………… 148
悪夢と記憶…………………………… 148
荷風永眠……………………………… 149
ある会話……………………………… 150
ドイツのグレン隊…………………… 150
記者とスパイ………………………… 151
IOCと大笑い ………………………… 152
韓国からの報道……………………… 152
流れる………………………………… 153
約束と希望…………………………… 153
オンブオバケ………………………… 154
中立についての真剣な研究を………… 155
ドーロと出前持ちについて…………… 157
日本の知識人たち……………………… 161
建設の時代―戦後十五年目の感想―… 164
冷い雨の中で―安保全権団を見送る―…… 168
不安の時代……………………………… 170
危機の中からの未来…………………… 173
新しい日本の出発点…………………… 189
終戦紀行………………………………… 196
自衛隊をみつめる……………………… 202
愚者の視点……………………………… 204
島原半島にて…………………………… 207
政治のなかの「私」…………………… 221
ジャーナリズムをめぐる鬱屈感―録音構成「沖縄の悲劇」を聴いて―…… 233
象徴的な沖縄…………………………… 237
戦後二十年を越えるもの……………… 239
ヴェトナムを黙って見ていられない… 249
雑誌を読んで…………………………… 252
私の引っ越し東京地図………………… 255
新聞好きの新聞読み―二重の立場からの少数意見―…… 262
自己喪失をうながすもの―文明破壊者としての自動車―…… 270
“援助”の哲学 思痛記・続………… 275
突走る“増築文化”…………………… 284
空恐ろしいもの―万国博の終りに―… 287
「教育」問いつめる少年行動隊……… 290
ここしばらくのところ………………… 293
日本を見る………………………………… 301
雪の中に燃える欲望…………………… 301
漁業交渉を見つめる人達……………… 312
映画製作工場…………………………… 324
繁栄する日本…………………………… 335
二重生活の見本市……………………… 345
警察にて………………………………… 358
手帳………………………………………… 380
最大の矛盾について―核爆発と人民戦争―…… 380
航空路の思想…………………………… 386
風邪ッぴきの道化役…………………… 396
中米戦争―一大事はまず避けられるだろう、ですむだろうか…… 402
沖縄の祈り……………………………… 410
紀元節と俳句…………………………… 415
*解説 永遠の螺線形(木下順二)…… 421
*解題(栗原幸夫)……………………… 427
 

第16巻 1975.9.20
 
共犯者………………………………………… 3
物いわぬ人…………………………………… 5
歴日…………………………………………… 7
さいはての旅―オホーツクへの情熱―……11
感想『祖国喪失』……………………………13
原民喜碑………………………………………14
原作者とは何か―『広場の孤独』映画化に際して―……15
加藤道夫君……………………………………18
場違いの場から………………………………20
加藤道夫と芥川比呂志………………………22
武田泰淳………………………………………25
戦後十年の忘れられぬ著作…………………26
奇妙な一族の記録……………………………27
『居酒屋』評…………………………………37
誠実の人・榎本健一氏と会う………………39
混沌と欲求―マルクス主義と私―…………41
閑談……………………………………………44
火事の心得……………………………………46
書家に望む……………………………………49
コドモ雑誌……………………………………50
ある時代の死…………………………………51
樹木について…………………………………52
肉体派ロカビリー……………………………53
広津和郎氏……………………………………55
戯曲『運命』について………………………56
室生犀星………………………………………58
考え抜いた作品―『現代ヨーロッパの精神』加藤周一著―……60
結着のつかぬ現実―『敗戦日記』高見順著―……61
本とつきあう…………………………………62
政治の季節に生きる―ゴヤとフォイヒトヴァンガー―……62
荷風日記帳の行方…………………………63
ドン・ファンへの愛―変形された死者招待伝説―……65
火事がツイテイル―『応仁記』(群書類従)のことなど―……67
国と国とのつき合い―浦川和三郎の『朝鮮殉教史』のこと―……68
スターリニズム批判のこと―カミュの脚色した『悪霊』について―……70
海を行く人びと―『航海記』『日本商船隊の崩壊』など―……72
二十四年目の再会―中島健蔵の『懐疑と象徴』―……74
燃ゆる星 空ゆく日―カントの『宇宙論』その他―……75
“風俗詩”を感じる―『悪の華』を再読する―……77
日暮れて道遠し―ギリシャ悲劇を読む―……79
外国文化研究者の道―『中国人日本留学史』をめぐって―……81
生きた小説の秘密―思想は裸では生きられない―……82
国定忠治と次郎長―『一揆・雲助・博徒』を読む―……85
某国の某総理の顔―スウィフトの『奴婢訓』について―……87
一流の切支丹文献―川北温山氏の『原城紀事』のこと―……88
無思想性という“客”―原爆投下の記録『高地なし』を読む―……90
“読み人知らず”のよさ―『梁塵秘抄』を読む―……92
もう一つの日本―憂国の士・中村光夫―……93
人間的で文学的な自伝―内山完造氏の『花甲録』を読む―……95
石碑を思わせる文体―『ミヒャエル・コールハースの運命』について―……97
大切にしたい現代口語―日本訳聖書の文体について―……98
ニワトリ一匹とガラと―『風流夢譚』と『笛吹川』をくらべれば―…… 100
矛盾・美・魅力…………………………… 102
ストックホルム…………………………… 104
金沢にて…………………………………… 106
伊勢神宮にて……………………………… 107
三つの映画をみて………………………… 110
加藤周一君―『ウズベック・クロアチア・ケララ紀行』について―…… 113
感想………………………………………… 115
チェスタートン偏愛党…………………… 116
『鬼無鬼島』について…………………… 117
周而復『上海の朝』……………………… 118
中村真一郎君……………………………… 120
忠義と印税について―通訳落第―……… 122
島尾敏雄『離島の幸福・離島の不幸』… 127
「政治家の文章」の武田泰淳氏………… 128
ルパンとナルシス………………………… 130
義理と人情について……………………… 131
歴史というもの―『祖国喪失』から『奇妙な青春』へ―…… 133
山・スキー・スケート…………………… 135
『村岡伊平治伝』に寄せて……………… 138
書くこと…………………………………… 139
声、三田文学、アサッテ会……………… 141
父・私・芸妓……………………………… 143
『火山灰地』感想………………………… 146
辞書と人生………………………………… 148
私の周辺…………………………………… 150
『時間』…………………………………… 151
中国の酒と料理…………………………… 152
広島………………………………………… 155
『鬼無鬼島』……………………………… 161
私と外国語………………………………… 162
井上靖『洪水』…………………………… 163
長崎………………………………………… 165
田村茂……………………………………… 171
D・D・ダンカン『ピカソの世界』『ピカソのピカソ』…… 174
ゴヤと怪物………………………………… 176
“世界苦”への叫び―『声の狩人』開高健著―…… 180
浅間礼讃…………………………………… 181
優雅とグロと……………………………… 182
宇宙としての死…………………………… 184
オバQ・裸の大将・良平・初心 ………… 188
大江健三郎『叫び声』…………………… 191
核戦争怪談流行―『フェイル・セイフ』その他―…… 193
聖なるものの追求………………………… 195
原民喜の文学と現代……………………… 196
盟神探湯…………………………………… 199
三島由紀夫『林房雄論』………………… 201
西洋美女拝見……………………………… 203
北前船主西村屋の人びと―『海商三代』西村通男著―…… 205
先祖空想…………………………………… 207
ある対話劇………………………………… 208
芸術祭その他……………………………… 210
感想………………………………………… 213
類のない高貴な詩品―『豊島与志雄著作集』―…… 216
ヘミングウェイ旧宅……………………… 217
諸行は無常である………………………… 219
岡村昭彦著『南ヴェトナム戦争従軍記』…… 221
評論ではない作家論―『正宗白鳥』大岩鉱著―…… 222
文学者の現場体験―『ベトナム戦記』開高健著―…… 224
武田泰淳、竹内実著『毛沢東 その詩と人生』…… 226
海老原喜之助……………………………… 227
勇気あることば…………………………… 229
ふるさとを行く―高岡…………………… 231
「こんてむつす、むん地」―私の古典―…… 236
漱石の頭のなかの英語…………………… 241
プラスX・マイナスX―書き下ろし小説について―…… 244
風流とは寒いものなり…………………… 247
日々の死のなかで―『夜と霧』フランクル(霜山徳爾訳)―…… 248
感想一つ…………………………………… 256
セットにて………………………………… 259
大地のうた………………………………… 263
絶叫劇……………………………………… 265
美術出版社版『ゴヤ』…………………… 267
ロマン・キム先生を弔う………………… 269
私と文学…………………………………… 270
パリの海老原喜之助……………………… 274
『汚れた手』―威厳のある舞台に―…… 276
ああわが青春―デュビビエの死―……… 278
ゲヴァラ『革命の回想』………………… 281
ボードレール詩について………………… 282
舞台再訪『海鳴りの底から』…………… 284
“かくれくに”の熊野…………………… 287
「歴史」を志向する「記録」―映画「ベトナムを遠く離れて」を見て―…… 294
軍人勅諭と教育勅語……………………… 297
人間とカニと―『続・鎖の大陸』の感想―…… 298
魯迅存在の凄壮さ―武田泰淳『秋風秋雨人を愁殺す』―…… 301
金沢風物誌………………………………… 304
ことばのことから………………………… 307
沖縄と石川啄木と………………………… 309
映画「キューバの恋人」をめぐって…… 310
ゴヤの墓…………………………………… 313
語学のすすめ……………………………… 317
財産について……………………………… 320
小田実『終結のなかの発端』…………… 322
ゲバラ―現代の偶像―…………………… 324
北の海……………………………………… 332
芥川比呂志著『決められた以外のせりふ』…… 334
ある苦痛―『煉獄のなかで』(ソルジェニーツィン)を読んで―…… 335
トルコについて…………………………… 339
私の近況…………………………………… 341
スペインの沈黙―美術展に寄せて―…… 342
戦争中における「戦後」の一つ………… 345
さらば、海老原喜之助よ………………… 347
埴谷雄高…………………………………… 349
日本政治裁判史録 昭和・後…………… 351
本を焼く…………………………………… 352
わが生涯における失敗…………………… 354
心すべきこと……………………………… 357
ヒッピーその他…………………………… 366
安岡章太郎君……………………………… 368
少年時……………………………………… 370
くりごと…………………………………… 373
中野重治と空気と窓……………………… 375
「戦争の惨禍」について―乾いた眼の告発―…… 376
私の中の日本人―堀田勝文と小泉信三―…… 378
オリンピック雑感………………………… 382
自前の実存主義―椎名麟三君とその文学を悼む―…… 386
告別の辞―明後日会を代表して―……… 389
ヒマラヤを越えインドへ葬式に………… 390
スペイン・四度目のゴヤの旅…………… 392
『世界の名著』より……………………… 398
ガルガンチュワとパンタグリュエル物語…… 398
マノン・レスコオ……………………… 399
アタラ・ルネ…………………………… 401
ウージェニイ・グランデ……………… 402
レ・ミゼラブル………………………… 404
カルメン………………………………… 407
モンテ・クリスト……………………… 408
タイス…………………………………… 411
弟子……………………………………… 412
地獄の季節……………………………… 414
海辺の墓地……………………………… 415
失われた時を求めて…………………… 417
チボー家の人々………………………… 419
人間の条件……………………………… 421
自由への道……………………………… 422
*解説 れぷぶりかの人間(長田弘)… 425
*解題(栗原幸夫)……………………… 437
[ 2011/03/23 06:45 ] 堀田善衛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。