研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  堀辰雄 >  『堀辰雄全集』全8巻・別巻2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『堀辰雄全集』全8巻・別巻2巻

『堀辰雄全集』全8巻・別巻2巻(筑摩書房、1977.5~1980.10)



第1巻 1977.5.28
 
小説 上
不器用な天使………………………………… 5
眠れる人………………………………………33
風景……………………………………………47
水族館…………………………………………55
死の素描………………………………………75
ルウベンスの偽画……………………………85
鼠…………………………………………… 107
窓…………………………………………… 115
聖家族……………………………………… 123
羽ばたき…………………………………… 155
あひびき…………………………………… 171
快復期……………………………………… 179
燃ゆる頬…………………………………… 207
馬車を待つ間……………………………… 223
麦藁帽子…………………………………… 239
顔…………………………………………… 267
旅の絵……………………………………… 289
鳥料理……………………………………… 311
美しい村…………………………………… 329
序曲……………………………………… 331
美しい村 或は 小遁走曲…………… 337
夏………………………………………… 369
暗い道…………………………………… 389
物語の女…………………………………… 397
生者と死者………………………………… 425
閑古鳥…………………………………… 427
山茶花など……………………………… 437
風立ちぬ…………………………………… 449
序曲……………………………………… 451
春………………………………………… 459
風立ちぬ………………………………… 473
冬………………………………………… 507
死のかげの谷…………………………… 529
*校異……………………………………… 551
*解題(郡司勝義)……………………… 673
 

第2巻 1977.8.30
 
小説 下
かげろふの日記……………………………… 5
かげろふの日記…………………………… 7
ほととぎす…………………………………55
幼年時代…………………………………… 101
幼年時代………………………………… 103
三つの挿話……………………………… 163
墓畔の家……………………………… 164
昼顔…………………………………… 168
秋……………………………………… 178
花を持てる女…………………………… 189
巣立ち……………………………………… 219
おもかげ…………………………………… 237
姨捨………………………………………… 251
晩夏………………………………………… 269
朴の咲く頃………………………………… 293
菜穂子……………………………………… 317
楡の家…………………………………… 319
菜穂子…………………………………… 367
曠野………………………………………… 459
ふるさとびと……………………………… 479
*校異……………………………………… 503
*解題(郡司勝義)……………………… 649
 

第3巻 1977.11.30
 
小品
手紙…………………………………………… 5
匈奴の森など…………………………………17
雉子日記………………………………………31
雉子日記……………………………………32
続雉子日記…………………………………39
ノオト………………………………………43
山の家にて……………………………………45
卜居…………………………………………46
雨後…………………………………………50
山日記 その1 ……………………………52
山日記 その2 ……………………………57
七つの手紙……………………………………59
木の十字架……………………………………77
四葉の苜蓿……………………………………89
大和路・信濃路…………………………… 101
樹下……………………………………… 102
十月……………………………………… 107
古墳……………………………………… 136
斑雪……………………………………… 148
辛夷の花………………………………… 162
浄瑠璃寺の春…………………………… 167
橇の上にて……………………………… 175
「死者の書」…………………………… 181
雪の上の足跡……………………………… 189
エッセイ
詩人も計算する…………………………… 201
レエモン ラジィゲ……………………… 210
室生さんへの手紙………………………… 217
小説のことなど…………………………… 224
更級日記など……………………………… 235
ヴェランダにて…………………………… 238
春日遅々…………………………………… 247
伊勢物語など……………………………… 255
若菜の巻など……………………………… 261
黒髪山……………………………………… 267
姨捨記……………………………………… 274
萩原朔太郎………………………………… 284
「古代感愛集」読後……………………… 304
狐の手套…………………………………… 307
1 (ポオル・モオランの「タンドル・ストック」)…… 308
2 (芥川龍之介の書簡に就いて)…… 313
3 (アンデルゼンの「即興詩人」)… 316
4 色褪せた書簡箋に…………………… 319
5 「文芸林泉」読後…………………… 324
6 クロオデルの「能」………………… 329
7 ハイネが何処かで…………………… 333
8 Ombra di Venezia…………………… 337
9 ゲエテの「冬のハルツに旅す」…… 340
五つの書物………………………………… 345
「鉄集」………………………………… 346
「貝の穴に河童がゐる」……………… 347
「馬車」………………………………… 348
「絵本」………………………………… 349
「神々のへど」………………………… 353
マルセル・プルウスト…………………… 357
プルウスト雑記………………………… 358
文学的散歩……………………………… 379
続プルウスト雑記……………………… 384
フローラとフォーナ…………………… 400
プルウストの文体について…………… 404
リルケ雑記………………………………… 411
「マルテ・ロオリッツ・ブリッゲの手記」から…… 412
巴里の手紙……………………………… 428
日時計の天使…………………………… 444
或女友達への手紙……………………… 450
リルケ書翰(ロダン宛)……………… 457
「旗手クリストフ・リルケの愛と死の歌」…… 459
夢………………………………………… 461
冬………………………………………… 464
「鎮魂曲」……………………………… 466
トレドの風景…………………………… 471
詩集「窓」……………………………… 473
「マルテの手記」……………………… 483
或外国の公園で………………………… 485
一挿話…………………………………… 488
心の仕事を……………………………… 492
窓………………………………………… 495
ノオト………………………………… 504
モオリス・ド・ゲラン………………… 506
さらにふたたび………………………… 509
旗手クリストフ・リルケ抄…………… 510
ドゥイノ悲歌…………………………… 528
ジャム、君の家は……………………… 535
リルケ年譜……………………………… 538
*校異……………………………………… 551
*解題(郡司勝義)……………………… 695
 

第4巻 1978.1.30
 
随筆
X氏の手帳 …………………………………… 5
「オルジェル伯爵の舞踏会」………………11
噴水のほとりで――…………………………18
絵はがき………………………………………21
パイプについての雑談………………………25
水のほとり……………………………………28
日付のない日記………………………………32
花を持てる女…………………………………36
エトランジェ…………………………………39
本のこと………………………………………54
春浅き日に……………………………………58
手紙……………………………………………61
「スタヴロギンの告白」の訳者に…………65
嘉村さん………………………………………68
二人の友………………………………………70
萩の花…………………………………………75
高原にて………………………………………78
「浴泉記」など………………………………81
葉桜日記………………………………………85
ランプの下で…………………………………88
モオリアックのこと…………………………92
緑葉歎…………………………………………94
CARTE POSTALE ………………………………97
夏の手紙…………………………………… 100
牧歌………………………………………… 108
辻野久憲君………………………………… 114
初秋の浅間………………………………… 116
「美しかれ、悲しかれ」………………… 120
エマオの旅びと…………………………… 127
端書………………………………………… 128
行く春の記………………………………… 130
我思古人…………………………………… 131
二三の追憶………………………………… 136
「青猫」について………………………… 141
炉辺………………………………………… 148
Ein Zwei Drei …………………………… 152
近況………………………………………… 156
豆自伝……………………………………… 158
「エル・ハヂ」など……………………… 159
わぎもこ…………………………………… 161
雑纂
外国文学について
ジァン・コクトオ………………………… 165
レエモン・ラジゲ………………………… 166
ジァコブの「骰子筒」…………………… 169
「オルフェ」覚書………………………… 171
ラジィゲの「ドニイズ」………………… 174
フランス文学を如何に観るか…………… 174
キリコの夢………………………………… 175
ギヨム・アポリネエル…………………… 177
レエモン・ラジゲ………………………… 178
「田園交響楽」について………………… 179
「二十世紀英文学の新運動」…………… 179
「アムステルダムの水夫」ノオト……… 180
「夜の歌」………………………………… 181
ユウジェニイ・ド・ゲラン「日記」ノオトI…… 182
モオリス・ド・ゲランと姉ユウジェニイ…… 183
ノワイユ伯爵夫人………………………… 189
ユウジェニイ・ド・ゲラン「日記」ノオトII…… 191
(きのふプルウストの……)…………… 201
自作について
(僕は僕自身の作品について……)…… 202
「聖家族」限定版に……………………… 203
「ルウベンスの偽画」に………………… 205
著者から神西清に………………………… 208
著者の言葉………………………………… 209
(私は何かひとつ……)………………… 210
「狐の手套」に就いて…………………… 211
菜穂子覚書………………………………… 211
「挿話」に就いて………………………… 212

出版者への手紙…………………………… 214
「狐の手套」まへがき…………………… 215
「かげろふの日記」あとがき…………… 215
新潮社版「聖家族」序…………………… 217
河出書房版「雉子日記」巻末記………… 219
「堀辰雄詩集」著者の言葉……………… 220
「晩夏」巻末記…………………………… 221
創元社版「菜穂子」追記………………… 225
「幼年時代」あとがき…………………… 226
「曠野」後記……………………………… 229
「花あしび」後記………………………… 232
鎌倉文庫版「菜穂子」あとがき………… 235
「堀辰雄小品集・絵はがき」あとがき… 237
「堀辰雄作品集第3・風立ちぬ」あとがき…… 238
「堀辰雄作品集第4・晩夏」あとがき … 240
「堀辰雄作品集第5・菜穂子」あとがき…… 245
「堀辰雄作品集第6・花を持てる女」あとがき…… 247
「堀辰雄作品集第2・美しい村」あとがき…… 252
「堀辰雄作品集第1・聖家族」あとがき…… 254
「堀辰雄小品集別冊・薔薇」あとがき… 260
編輯後記
編輯の後に………………………………… 263
二つの手紙………………………………… 266
「芥川龍之介全集」を編纂しながら…… 267
文学の正当な方向を……………………… 269
「四季」発刊の辞………………………… 271
「四季」第2冊・編輯後記 ……………… 272
「四季」再刊について…………………… 276
立原道造…………………………………… 277
「四季」第47号・編輯後記……………… 278
「四季」第55号・編輯後記……………… 278
「四季」第63号・編輯後記……………… 280
「四季」第66号・編輯後記……………… 281
「四季」第67号・編輯後記……………… 283
「四季」再刊8月号・編輯後記 ………… 284
「四季」9月号・編輯後記 ……………… 285
追分より…………………………………… 286
序跋・推薦文
「立原道造全集」第1巻・後記 ………… 288
「立原道造全集」第2巻・後記 ………… 290
「立原道造全集」第3巻・後記 ………… 293
童詩「昔話・花花」序…………………… 296
森田勝「巴里の日記」附記……………… 299
「多恵子」追悼…………………………… 300
「野村英夫詩集」跋……………………… 301

(「書方草紙」推薦文)………………… 303
ロマネスクな姿…………………………… 303
到達した人………………………………… 304
第1回中原中也賞推薦の言葉 …………… 305
(「現代カトリック文芸叢書」推薦の辞)…… 306
(「リルケ全集」推薦の言葉)………… 307
(小学館版「萩原朔太郎全集」推薦の言葉)…… 308
泉のやうな存在…………………………… 308
(「風土」推薦文)……………………… 309
私のプルースト…………………………… 309
アンケートなど
昭和四年度文士録………………………… 310
推奨する新人……………………………… 310
私の好きな花・土地・人………………… 311
本年度初期の諸家推薦作………………… 311
ジィドの言葉……………………………… 311
昭和五年に発表せる創作・評論に就て… 312
何故詩を書くか…………………………… 313
諸家に聴く………………………………… 313
理想の造本………………………………… 314
最も影響を受けた書籍…………………… 315
何故書くか?……………………………… 315
ドストイエフスキイの作品のうち最も愛読した作品…… 316
吾が企図する長篇小説の内容と抱負…… 316
一、最近注目した長篇(中篇)小説 二、最近感心した短篇小説…… 317
(僕はまだ部屋住み……)……………… 317
推薦する避暑地…………………………… 317
文学賞を与へるとすれば………………… 318
(リルケは大戦当時……)……………… 318
私の好きな詩と言葉……………………… 318
初期作品

詩集………………………………………… 322
少年詩篇…………………………………… 327
神話……………………………………… 327
冬の日…………………………………… 328
帆前船…………………………………… 329
映画館…………………………………… 330
ファンタスチック……………………… 330
離愁……………………………………… 331
絵はがき…………………………………… 333
習作………………………………………… 336
仏蘭西人形……………………………… 336
青つぽい詩稿…………………………… 337
病夢…………………………………… 337
映画館………………………………… 338
銀座喫茶店…………………………… 339
離愁…………………………………… 340
帆前船…………………………………… 341
古足袋…………………………………… 342
書物生活………………………………… 342
一九二四年夏…………………………… 343
ゴミ溜………………………………… 344
ハンモックよ………………………… 345
冬の日…………………………………… 346
田舎道…………………………………… 347
接吻……………………………………… 348
即興小品………………………………… 350
I お嬢さん失礼……………………… 350
II 一人の紳士が二人になつたこと…… 350
III 蜥蜴はゐないよ………………… 351
IV 二人の少女と二人の青年と …… 351
V ある朝目がさめて………………… 352
VI 僕の詩集 ………………………… 353
歩いてゐる紳士………………………… 354
速力……………………………………… 355
やがて冬………………………………… 355
絵はがき………………………………… 356
野いばら………………………………… 357
絵はがき………………………………… 359
愛誦詩句………………………………… 360
小説
清く寂しく………………………………… 368
甘栗………………………………………… 379
土曜日……………………………………… 388
コント……………………………………… 397
眠りながら………………………………… 399
蝶…………………………………………… 403
夕暮………………………………………… 408
刺青した蝶………………………………… 412
ヘリオトロオプ…………………………… 418
ネクタイ難………………………………… 423
手のつけられない子供…………………… 436
ジゴンと僕………………………………… 449
天使にからかふ…………………………… 462
音楽のなかで……………………………… 466
末摘花……………………………………… 469
Say it with Flowers …………………… 477
とらんぷ…………………………………… 485
ビツコの昇天……………………………… 491
魔法のかかつた丘………………………… 498
エッセイ
快適主義…………………………………… 512
第一散歩…………………………………… 521
ハイカラ考………………………………… 527
石鹸玉の詩人……………………………… 529
アルテュル・ランボオ…………………… 535
貝殻と薔薇………………………………… 542
アポリネエルの事………………………… 551
女性の雑誌「火の鳥」に――…………… 557
芥川龍之介論……………………………… 559
芸術のための芸術について……………… 610
二三の作品に就いて……………………… 622
短文
僕の趣味でない詩………………………… 626
宗瑛………………………………………… 627
僕一個の見地から………………………… 629
川端康成…………………………………… 630
「時の外何物もなし」…………………… 631
バルベツト………………………………… 633
五月風景…………………………………… 635
軽井沢にて………………………………… 636
吉村鉄太郎………………………………… 637
病床雑記…………………………………… 637
女の首……………………………………… 639
二月の作品………………………………… 640
室生犀星氏………………………………… 641
ネクタイ…………………………………… 641
*校異……………………………………… 647
*解題(郡司勝義)……………………… 715
 

第5巻 1978.3.30
 
翻訳
ジァン・コクトオ
コクトオ抄………………………………… 7
ジァン コクトオ(ジァン・デボルド)…… 7
ポトマック………………………………10
役に立たぬもの………………………10
喜望岬……………………………………18
死への誘ひ……………………………18
鶏とアルルカン…………………………21
エリック サティ………………………33
詩集………………………………………40
スペイン………………………………40
バットリイ……………………………41
羅馬……………………………………43
フェアリイ……………………………47
熟語……………………………………48
海底の春………………………………49
備忘録…………………………………49
太陽……………………………………50
換言すべきもの………………………51
コント…………………………………52
職業の秘密………………………………53
マルセル・プルウストの声……………64
語彙………………………………………67
トリル…………………………………67
浴女……………………………………68
海泡石・魔法のかかつたパン………69
薔薇の木………………………………70
果実……………………………………70
トルウヴィル…………………………70
パリジァン……………………………71
夜曲……………………………………71
村のガブリエル………………………72
グラン テカアル………………………73
第1章 …………………………………73
第9章 …………………………………77
聖歌………………………………………83
ピカソ……………………………………88
無秩序と考へられた秩序について……95
「山師トオマ」について…………… 115
オペラ………………………………… 122
眠られぬ夜………………………… 122
スフィンクスの足の発見………… 123
睡眠者の標本……………………… 124
巴里の街の中の一本の腕の出現… 125
赤い袋……………………………… 126
OH! LA LA! …………………… 127
空虚な町のなかの電話の音……… 127
春…………………………………… 128
アレゴリイ………………………… 129
十月二十四日夜の奇蹟の説明…… 129
ジァン コクトオの劇…………… 130
詩人の死…………………………… 132
俗な神秘……………………………… 133
ジァン コクトオの作品………… 141
マリタンへの手紙(抄訳)………… 144
悪い旅人……………………………… 160
瑠璃草…………………………………… 161
寓話……………………………………… 162
ドン・ジュアン………………………… 163
海景……………………………………… 163
ヴェニスの恋人達……………………… 164
一 二 三……………………………… 165
天使の毛髪……………………………… 166
青の神秘………………………………… 167
無題(二篇)…………………………… 167
独逸語で書いた詩(五篇)…………… 169
お前…………………………………… 170
空を飛ぶ子…………………………… 170
人が私に語るには…………………… 171
刑罰…………………………………… 172
血……………………………………… 172
鶏とアルルカン(削除分)…………… 174
機械……………………………………… 180
コクトオの詩から……………………… 181
俗な神秘(削除分)…………………… 182
ギヨオム・アポリネエル
アムステルダムの水夫………………… 205
死後の許嫁……………………………… 212
ヒルデスハイムの薔薇………………… 219
青い眼…………………………………… 228
ドルムザン男爵冒険譚………………… 233
I 案内人……………………………… 233
II 美しい映画 ……………………… 238
III ロマネスクな葉巻……………… 242
IV 癩病 ……………………………… 247
V コックス市………………………… 252
ジョヴァンニ・モロニ………………… 258
影の分離………………………………… 274
聖女アドラタ…………………………… 281
ギヨム・アポリネエル詩抄…………… 287
風景…………………………………… 287
ネクタイ……………………………… 288
鏡……………………………………… 288
小隊長………………………………… 289
シャンパアニュの葡萄作り………… 290
感謝…………………………………… 291
一九一五年四月の夜………………… 292
影法師………………………………… 292
サン・メリイの音楽家……………… 294
雲の化身……………………………… 300
窓……………………………………… 308
アンドレ・サルモンの結婚式にて朗読したる詩…… 310
水彩画家……………………………… 313
アンドレ・サルモン
エピグラム……………………………… 317
無題……………………………………… 317
マックス・ジャコブ
僕の一生は三行だつた………………… 321
ボオドレエルぶり……………………… 322
寓意のない寓話………………………… 323
神秘的な空……………………………… 324
牝鶏と真珠から………………………… 324
フランシス・カルコ
大通り…………………………………… 329
ジュウル・ルナアル
雪………………………………………… 333
世界的寓話の改訂……………………… 335
桃色の風船……………………………… 336
アルテュル・ランボオ
曙………………………………………… 341
BOTTOM…………………………………… 342
労働者達………………………………… 343
フランシス・ジャム
四行詩集………………………………… 347
忘恩…………………………………… 347
ガンの丘にて………………………… 347
存在…………………………………… 348
ヱリコの薔薇………………………… 348
幻……………………………………… 349
算術の稽古…………………………… 349
農耕…………………………………… 350
乾いた雨……………………………… 350
六歳の肖像…………………………… 351
二十歳の肖像………………………… 351
五十五歳の肖像……………………… 352
慎重…………………………………… 352
哭ける母……………………………… 353
女嫌ひ………………………………… 353
唖の神様……………………………… 354
レエモン・ラジゲ
花あるひは星の言葉…………………… 357
引越と田舎暮し………………………… 358
1789年以来僕は考へることを強ひられてゐる。僕はそのため頭痛がする。…… 359
ヴィナスの墓…………………………… 360
フィリップ・スウポオ
SAY IT WITH MUSIC …………………… 365
WESTWEGO………………………………… 367
SWANEE…………………………………… 369
ラッグ・タイム………………………… 371
登攀……………………………………… 373
アンドレ・ジィド
エル・ハヂ……………………………… 377
プロスペル・メリメエ
マダマ・ルクレチア小路……………… 413
ユウジェニイ・ド・ゲラン
日記……………………………………… 449
日記(削除分)………………………… 469
ノワイユ伯爵夫人
生けるものと死せるものと…………… 501
ルイズ・ラベ
ソネット集(1555年)………………… 511
第八歌………………………………… 511
第九歌………………………………… 512
第十三歌……………………………… 513
第十四歌……………………………… 514
第二十四歌…………………………… 515
モオリス・ド・ゲラン
日記(1833年)………………………… 519
*解題(郡司勝義)……………………… 523
 

第6巻 1978.5.30
 
プレオリジナル
I
風景…………………………………………… 7
土曜日…………………………………………15
ルウベンスの偽画……………………………25
即興……………………………………………35
眠り……………………………………………43
1924……………………………………………49
聖家族…………………………………………57
恢復期…………………………………………85
燃ゆる頬…………………………………… 109
麦藁帽子…………………………………… 123
美しい村…………………………………… 147
山からの手紙…………………………… 148
美しい村 或は小遁走曲……………… 153
夏………………………………………… 183
暗い道…………………………………… 205
風立ちぬ…………………………………… 211
風立ちぬ………………………………… 212
冬………………………………………… 247
婚約……………………………………… 265
死のかげの谷…………………………… 277
幼年時代…………………………………… 293
幼年時代…………………………………… 353
向島………………………………………… 411
墓畔の家…………………………………… 419
II
匈奴の森など……………………………… 427
〈詩人も計算する〉……………………… 443
詩的精神………………………………… 444
超現実主義……………………………… 446
すこし独断的に………………………… 448
プルウスト雑記…………………………… 453
リルケ年譜………………………………… 477
(初出誌)……………………………… 478
(初収本)……………………………… 478
III
不器用な天使 原稿……………………… 497
刺青した蝶 原稿………………………… 541
炉辺 原稿………………………………… 553
*解題(郡司勝義)……………………… 561
 

7(上) 1979.6.30
 
ノオト 上
プルウストI ………………………………… 5
プルウストII…………………………………33
プルウストIII ………………………………55
プルウストIV…………………………………65
プルウストV …………………………………75
プルウストVI……………………………… 141
プルウストVII …………………………… 153
プルウストVIII…………………………… 157
プルウストIX……………………………… 161
リルケI NEUE GEDICHTE ………………… 163
リルケII Malte…………………………… 181
リルケIII 〔「マルテの手記」研究断片〕…… 191
リルケIV ROBERT PITROU………………… 195
リルケV 〔神から事物へ、そして事物から神へ〕…… 207
リルケVI 〔Musique de Rilke〕 ……… 213
リルケVII Souvenirs de Rilke〔1〕 … 217
リルケVIII Souvenirs de Rilke〔2〕… 229
リルケIX MISCELLANEA…………………… 237
リルケX ELEGIES ………………………… 269
リルケXI 《 L GIES》の名称・構成…… 281
リルケXII Elegies解説Pickman………… 285
リルケXIII 〔最初の2つの悲歌〕……… 319
リルケXIV 「第3悲歌」解説 …………… 331
リルケXV 第4悲歌………………………… 337
リルケXVI 〔ドゥイノ悲歌〕…………… 343
リルケXVII 「ドゥイノ悲歌」に就いてヴィトルト・フォン・ヒュレヴィツに宛てたライナア・マリア・リルケの手紙…… 383
リルケXVIII Rilkeに於ける“Schau”日時計の天使…… 409
リルケXIX 〔リルケ年譜〕……………… 411
リルケXX Briefe aus Muzot …………… 417
リルケXXI 〔Angelloz“RILKE”目次〕…… 421
リルケXXII 死 彷徨 再びまた ……… 429
ルイズ・ラベ……………………………… 435
モオリス・ド・ゲラン…………………… 439
ユウジェニイ・ド・ゲラン……………… 461
ノワイユ伯爵夫人………………………… 465
シャルル・デュ・ボス…………………… 485
モオリアック……………………………… 491
ジュリアン・グリイン…………………… 497
デ・ラ・メアI …………………………… 505
デ・ラ・メアII…………………………… 523
*解題(郡司勝義)……………………… 527
 

7(下) 1980.6.10
 
ノオト 下
I
古代研究(1) ……………………………… 7
古代研究(2) ………………………………15
(国文学の発生)……………………………31
東歌……………………………………………39
(万葉集抄1) ………………………………51
(万葉集抄2) ………………………………59
(伊勢物語1) ………………………………65
(伊勢物語2) ………………………………95
伊勢物語抄………………………………… 103
業平集 古今集抄出……………………… 129
蜻蛉日記・更級日記……………………… 137
(蜻蛉日記)……………………………… 151
和泉式部集………………………………… 159
古典………………………………………… 173
希臘悲劇、能・謡曲……………………… 189
(芭蕉集抄)……………………………… 199
七部集……………………………………… 219
荷風抄……………………………………… 229
芥川龍之介の読書………………………… 245
明治文学…………………………………… 287
II
十九世紀文学史…………………………… 307
PO SIE象徴派以後………………………… 343
PATER ……………………………………… 365
LOUISE LAB :SONNETS…………………… 377
マラルメ詩………………………………… 389
マラルメ詩I …………………………… 390
マラルメ詩II…………………………… 395
訳詩………………………………………… 399
わがもの書くは……(ノワイユ伯爵夫人)…… 400
フランシス・ジャムに(シャルル・ゲラン)…… 401
かたわな祈り(ジャン・コクトオ)… 402
詩人の一生……………………………… 405
心臓の重味……………………………… 407
(イエス伝)……………………………… 409
支那古詩(1) …………………………… 415
支那古詩(2) …………………………… 419
(杜甫訳詩)……………………………… 433
(支那古詩抄)…………………………… 441
III
(「美しい村」ノオト)………………… 453
軽井沢(1) ……………………………… 457
軽井沢(2) ……………………………… 471
別荘番……………………………………… 479
(『物語の女』書込)…………………… 483
菜穂子……………………………………… 495
「菜穂子」覚書…………………………… 503
木曽路……………………………………… 507
大和路(1) ……………………………… 515
大和路(2) ……………………………… 523

(出帆)…………………………………… 537
(水のうへ)……………………………… 545
(軽の里)………………………………… 557
(杜)……………………………………… 565
(妣の国)………………………………… 569
(春日野)………………………………… 573
(花の話・詩経)………………………… 577
随筆ノオト………………………………… 591
かげろふの日記残闕……………………… 599
日記…………………………………… 611
(1929年)………………………………… 613
1935年……………………………………… 615
日記 千九百三十六年…………………… 617
(1942年)………………………………… 618
(1946年)………………………………… 621
(年代未詳)……………………………… 622
○読書の一日……………………………… 623
補遺
断片………………………………………… 627
鶏とアルルカン(削除分)……………… 630
「芥川龍之介全集」第6巻編纂・校正覚書…… 631
良書紹介…………………………………… 639
私のアルバム……………………………… 640
(未送書簡)……………………………… 642
*解題(郡司勝義)……………………… 645
 

第8巻 1978.8.30
 
書簡……………………………………… 3
大正11年(1922)…………………………… 5
大正12年(1923)…………………………… 6
大正14年(1925)……………………………17
大正15年(1926)……………………………37
昭和2年(1927) ……………………………45
昭和3年(1928) ……………………………46
昭和4年(1929) ……………………………56
昭和5年(1930) ……………………………63
昭和6年(1931) ……………………………66
昭和7年(1932) ……………………………79
昭和8年(1933) ……………………………84
昭和9年(1934) ……………………………90
昭和10年(1935)………………………… 105
昭和11年(1936)………………………… 115
昭和12年(1937)………………………… 124
昭和13年(1938)………………………… 170
昭和14年(1939)………………………… 199
昭和15年(1940)………………………… 214
昭和16年(1941)………………………… 233
昭和17年(1942)………………………… 273
昭和18年(1943)………………………… 306
昭和19年(1944)………………………… 319
昭和20年(1945)………………………… 332
昭和21年(1946)………………………… 355
昭和22年(1947)………………………… 389
昭和23年(1948)………………………… 393
昭和24年(1949)………………………… 395
昭和25年(1950)………………………… 398
昭和26年(1951)………………………… 412
昭和27年(1952)………………………… 430
昭和28年(1953)………………………… 436
補遺………………………………………… 438
*解題(郡司勝義)……………………… 441
*書簡索引………………………………… 462
 

別巻1 1979.1.30
 
来簡集…………………………………… 3
大正12年(1923)…………………………… 5
大正13年(1924)…………………………… 8
大正14年(1925)……………………………11
大正15年(1926)……………………………14
昭和3年(1928) ……………………………16
昭和4年(1929) ……………………………20
昭和5年(1930) ……………………………23
昭和6年(1931) ……………………………29
昭和7年(1932) ……………………………33
昭和8年(1933) ……………………………38
昭和9年(1934) ……………………………46
昭和10年(1935)……………………………57
昭和11年(1936)……………………………58
昭和12年(1937)……………………………62
昭和13年(1938)……………………………63
昭和14年(1939)……………………………83
昭和15年(1940)……………………………96
昭和16年(1941)………………………… 102
昭和17年(1942)………………………… 130
昭和18年(1943)………………………… 155
昭和19年(1944)………………………… 166
昭和20年(1945)………………………… 192
昭和21年(1946)………………………… 217
昭和22年(1947)………………………… 262
昭和23年(1948)………………………… 315
昭和24年(1949)………………………… 353
昭和25年(1950)………………………… 394
昭和26年(1951)………………………… 480
昭和27年(1952)………………………… 569
昭和28年(1953)………………………… 615
*編輯後記(郡司勝義)………………… 639
*来簡索引………………………………… 641
 

別巻2 1980.10.25
 
堀辰雄研究
I
堀辰雄文学入門(神西清)………………… 7
堀辰雄―一つの感謝(中村真一郎)………20
ある文学的系譜―芥川・堀・立原(中村真一郎)……29
私にとっての堀辰雄(福永武彦)…………38
小説の方法への意志(高橋英夫)…………43
同意への脱出―もうひとつの堀辰雄像の素描(清水徹)……54
堀辰雄―その前期の可能性について(中村真一郎)……64
堀辰雄とコクトー(渋沢龍彦)……………89
堀辰雄とプルースト―『美しい村』を中心にして(三輪秀彦)……96
堀辰雄とリルケ(神品芳夫)…………… 101
『幼年時代』考―『内的独白』より(福永武彦)…… 110
『菜穂子』創作ノオト考(福永武彦)… 129
小品と随筆の世界(矢内原伊作)……… 146
『風立ちぬ』の意味(渡辺広士)……… 152
書抜帖を携えて―堀辰雄紀行(串田孫一)…… 163
II
堀辰雄君への手紙(三好達治)………… 179
高原の人(神西清)……………………… 183
堀辰雄君のこと(三好達治)…………… 187
ふたしかな記憶(中野重治)…………… 191
弔詞………………………………………… 195
弔詞(青野季吉)……………………… 195
弔辞(丸岡明)………………………… 196
悼詞(室生犀星)……………………… 196
(釈迢空)……………………………… 197
永き別れの言葉(佐藤春夫)………… 198
堀辰雄君の 前に(三好達治)……… 198
告別式に(中野重治)………………… 199
(中村真一郎)………………………… 200
あいさつ(川端康成)………………… 200
堀辰雄のこと―愛すべき人がら品格ある作品(佐藤春夫)…… 202
静かな強さ(神西清)…………………… 205
おもかげ―友達としての堀辰雄さん(中里恒子)…… 209
乱世文学者(堀田善衛)………………… 213
詩人・堀辰雄(室生犀星)……………… 216
おないどし(舟橋聖一)………………… 226
堀君と将棋の香車(井伏鱒二)………… 227
最後の訪問(佐々木基一)……………… 229
ボールがしたい(永井龍男)…………… 231
思い出の一時期(深田久弥)…………… 233
ひとつの挿話(神保光太郎)…………… 234
白い手紙(恩地孝四郎)………………… 236
「驢馬」時代の堀とのこと(窪川鶴次郎)…… 237
堀辰雄の思い出(伊藤整)……………… 241
詩人の死(加藤道夫)…………………… 243
白い花(神西清)………………………… 245
堀辰雄のこと(中野重治)……………… 247
別れの歌(福永武彦)…………………… 250
京都における堀さんの思い出(大山定一)…… 257
堀君と数学(吉田洋一)………………… 258
二三片(竹中郁)………………………… 260
堀さんの思い出(矢野良子)…………… 261
五月(畑中良輔)………………………… 262
いたわりとさびしさ(山本武夫)……… 263
断片(小山正孝)………………………… 264
少年堀辰雄(西村龍昇)………………… 265
ある日ある時(平木二六)……………… 266
一枚の絵ハガキ(阿比留信)…………… 268
神西清と堀辰雄(大野俊一)…………… 269
晩年の辰雄(堀多恵子)………………… 276
橙色の雁皮の花―浅間山麓の堀辰雄について(丸岡明)…… 284
病床の堀辰雄(矢内原伊作)…………… 290
スケッチブックを頼りに(深沢紅子)… 293
えにし(堀多恵子)……………………… 297
思い出すことなど(対談)(堀多恵子,中村真一郎)…… 301
堀辰雄全集月報(新潮社版全7巻)
浅間のふもと(阿比留信)…………… 322
いまはもう(竹中郁)………………… 323
堀さんのおもい出(佐多稲子)……… 324
堀さんの写真(嘉門安雄)…………… 325
堀辰雄と造本(山本武夫)…………… 327
ノート作りのこと(佐々木基一)…… 328
堀辰雄の文学(河上徹太郎)………… 328
まつりの頃(大山定一)……………… 330
堀辰雄とリルケ(富士川英郎)……… 331
絵のある詩集(深沢紅子)…………… 333
追分と堀先生(小川誠一郎)………… 334
堀辰雄と日本古典(小谷恒)………… 335
堀さんと哲学(矢内原伊作)………… 337
堀さんの思い出(杉山美都枝)……… 337
思い出(田宮虎彦)…………………… 338
霜(北畠八穂)………………………… 340
若き日の堀辰雄(平木二六)………… 341
堀さんの思い出(上司海雲)………… 343
堀さんの旅(日塔聡)………………… 344
堀辰雄と「四季」(神保光太郎)…… 345
堀さんと「四季」(田中克己)……… 347
一身憔悴対花眠(畑中良輔)………… 348
思い出(小山正孝)…………………… 349
堀さんの本づくり(矢倉年)………… 350
横浜山手と堀さん(中里恒子)……… 351
ジード全集のあつまり(河盛好蔵)… 352
「詩と詩論」の時代(春山行夫)…… 353
雑誌「高原」のことなど(山室静)… 354
堀さんと立原と(杉浦明平)………… 356
堀さんと立原道造(生田勉)………… 357
「ヘイコロシ」(橋本福夫)………… 358
人としての堀君(室生犀星)………… 359
地球儀とローラー・スケート(中野重治)…… 361
或想い出すこと(葛巻義敏)………… 363
墓碑銘(永井龍男)…………………… 364
堀さんの横顔(兼子らん子)………… 365
おもいでの記(室生朝子)…………… 366
年少のころ(遺稿)(神西清)……… 367
海龍王寺まで(丸岡明)……………… 369
神西さんと堀さん(中村真一郎)…… 371
全集の終りに(福永武彦)…………… 372
完結にあたって(谷田昌平)………… 374
堀辰雄全集月報(新潮社版全6巻)
堀さんのこと(神西百合子)………… 375
五月の薔薇(窪川鶴次郎)…………… 377
堀辰雄と三中(吉田精一)…………… 378
堀さんのこと(佐多稲子)…………… 379
堀辰雄君と私(竹山道雄)…………… 381
堀さんのこと(楢崎勤)……………… 383
詩のことに触れて(伊藤信吉)……… 384
堀辰雄全集推薦文(新潮社版全7巻)
刊行のことば…………………………… 387
堀辰雄 人・作品(谷田昌平)……… 387
半分づつのいのち(室生犀星)……… 388
沈静に高雅な文学(佐藤春夫)……… 390
Ouerschnitt(中野重治) …………… 390
堀辰雄全集に(葛巻義敏)…………… 391
郷愁(永井龍男)……………………… 392
二つの思い出(河盛好蔵)…………… 392
堀氏と王朝物(吉田精一)…………… 394
堀辰雄全集推薦文(新潮社版全6巻)
刊行の言葉……………………………… 395
生命の声(伊藤整)…………………… 396
堀辰雄の作品(井上靖)……………… 396
堀辰雄の役割(河上徹太郎)………… 396
純粋な天分(竹山道雄)……………… 397
野中の清水(中野重治)……………… 397
瑣事(三好達治)……………………… 397
品格(室生犀星)……………………… 398
小品・随筆の魅力(山本健吉)……… 398
堀辰雄全集推薦文(角川書店版)
刊行のことば(角川源義)…………… 399
堀君の文学(川端康成)……………… 399
堀辰雄全集推薦文(筑摩書房版)
編輯にあたって(中村真一郎)……… 400
編輯にあたって(福永武彦)………… 401
奥行きの姿で(中野重治)…………… 401
青春の讃歌と挽歌(円地文子)……… 401
堀辰雄愛読の弁(加藤周一)………… 402
文学とテキストの間(辻邦生)……… 402
堀文学の形成の秘密(大岡信)……… 403
III
年譜谷田昌平〔編〕……………………… 407
著作年譜郡司勝義〔編〕………………… 423
書誌郡司勝義〔編〕……………………… 440
参考文献目録小久保実〔編〕…………… 470
蔵書目録堀多恵子〔編〕………………… 487
編輯後記(郡司勝義)………………… 545
補遺(続)
一つの指標………………………………… 548
Amielの日記(ノオト) ………………… 549
*作品索引…………………………………… 1
[ 2011/03/23 06:46 ] 堀辰雄 | TB(0) | CM(1)
いつか、欲しい
なんで、こんないいものがあるんだろう⁈予算の都合上、すぐ変えないけど、どうやったら手に入るか、教えて下さい。是非
[ 2013/02/12 13:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。