研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  堀口大学 >  『堀口大学全集』全9巻・補巻3巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『堀口大学全集』全9巻・補巻3巻・別巻1巻

『堀口大学全集』全9巻・補巻3巻・別巻1巻(小沢書店、1981.10~1988.3)



第1巻 1982.1.20
 
詩集
月光とピエロ………………………………… 5
月光とピエロ序(永井荷風)…………… 7
月光とピエロ……………………………… 8
雪………………………………………… 8
月夜……………………………………… 9
ピエロ…………………………………… 9
秋のピエロ………………………………10
月光とピエロとピエレツトの唐草模様……10
雪の庭……………………………………11
EX‐VOTO ……………………………………12
ピエロの嘆き……………………………12
ポリシネル………………………………12
われ呪ふ…………………………………12
理想………………………………………12
重荷………………………………………13
草の花……………………………………13
彼…………………………………………13
陶器の塔……………………………………14
詩界………………………………………14
室…………………………………………14
われは愛づ………………………………15
夕ぐれの時はよい時……………………15
彼等………………………………………17
女の知慧…………………………………17
わが詩の世界……………………………17
黄昏の薔薇咲く園………………………18
汝とほし…………………………………18
早世………………………………………19
接吻への招待……………………………19
池…………………………………………20
秘密………………………………………20
かなりや…………………………………21
旅愁…………………………………………21
旅愁 その1 ……………………………21
旅愁 その2 ……………………………21
旅愁 その3 ……………………………22
旅愁 その4 ……………………………22
ふる里……………………………………22
わが身の旅路……………………………22
さびしさ…………………………………23
橇の音……………………………………23
かなしみ…………………………………23
一私窩児の死………………………………24
一私窩児の死……………………………24
秋……………………………………………27
十一月にふる雨…………………………27
初秋の歌…………………………………28
心の落葉…………………………………28
雨の言葉…………………………………29
ヱ゛ルハアレンの死……………………29
落葉………………………………………30
寒園低唱…………………………………31
冬の欲念…………………………………32
秋よ!……………………………………33
秋…………………………………………33
受胎…………………………………………34
受胎………………………………………34
看護婦……………………………………35
辻占うり…………………………………35
騾馬の涙……………………………………36
騾馬の涙…………………………………36
落葉………………………………………36
楽器………………………………………36
渡り鳥……………………………………37
夏の思出…………………………………37
狐…………………………………………37
峠…………………………………………37
蟲のいのち………………………………38
首環………………………………………38
スペクトル…………………………………38
朝のスペクトル…………………………38
遠き恋人…………………………………40
目…………………………………………41
夕ぐれ……………………………………42
夏の日のなまけもの……………………42
夏日海景…………………………………43
秋の春……………………………………44
名の無き墓…………………………………46
なげき(愛せらるるは……)…………46
なげき(恋のよろこび……)…………46
なげき(かなしからずや、……)……46
星を見て…………………………………46
秋の花束…………………………………47
かめれおん………………………………47
思出………………………………………47
菩提樹……………………………………47
松脂………………………………………48
女のこころ………………………………48
肺病院夜曲…………………………………49
肺病院夜曲………………………………49
ひとよぎり…………………………………51
ふところ手………………………………51
あゆみぶり………………………………51
水の面に書きて………………………………53
空中寺院……………………………………55
椰子の木…………………………………55
河流………………………………………56
冬 或は日夏の転身……………………57
獅子宮………………………………………58
古風な幻影………………………………58
史的幻想…………………………………59
鴉…………………………………………59
獅子宮……………………………………60
婦人室………………………………………61
恋ぶみ……………………………………61
影と光……………………………………62
室内………………………………………62
猫…………………………………………63
知られざる海港の一角…………………63
十一月の夜………………………………64
夜の白鳥…………………………………66
涼み芝居…………………………………66
眠る前に…………………………………67
催眠歌……………………………………67
月下の噴水…………………………………68
噴水 その1 ……………………………68
噴水 その2 ……………………………68
噴水 その3 ……………………………69
噴水 その4 ……………………………70
赤き月……………………………………71
水の面に書きて……………………………72
私は何も願はない………………………72
秋に与ふ…………………………………74
過ぎ来し方へ……………………………75
黄昏………………………………………76
水の面に書く……………………………76
落葉………………………………………77
仙人掌春秋………………………………78
その日……………………………………78
沈黙………………………………………79
死に告げる………………………………79
晩秋………………………………………80
罔象………………………………………81
月の招待…………………………………81
現在教秘義………………………………82
水族館……………………………………83
言葉は神の類……………………………84
ポオル・フオルの不幸…………………84
かけおち…………………………………86
四月の政治…………………………………87
四月の政治………………………………87
日曜日……………………………………87
六月の一夜………………………………88
秋…………………………………………89
夕逍遥……………………………………89
トレド旅愁曲……………………………90
夏の夜曲…………………………………91
天国へ………………………………………92
天国へ……………………………………92
金色のアポロ……………………………93
遠い薔薇……………………………………94
遠い薔薇…………………………………94
墓の上に…………………………………94
予言………………………………………94
小鳥………………………………………95
朝顔………………………………………95
雪…………………………………………95
詩人………………………………………95
惜春………………………………………96
海の声……………………………………96
五月………………………………………96
浮萍………………………………………96
二日月……………………………………97
哀歌………………………………………97
新しき小径……………………………………99
私………………………………………… 101
泥鼠……………………………………… 101
記憶……………………………………… 102
橋の上…………………………………… 103
記憶の女………………………………… 103
死後……………………………………… 104
彼女の靴下……………………………… 105
水浴女人………………………………… 105
流星……………………………………… 106
湖………………………………………… 107
梨甫……………………………………… 107
食人競技………………………………… 108
秋の夕…………………………………… 108
恋のない日……………………………… 109
人生は何か……………………………… 109
風景……………………………………… 110
恋の熊蜂………………………………… 111
恋愛三角術……………………………… 111
一人の夜半……………………………… 112
化粧……………………………………… 112
ハンモツク……………………………… 113
待つ間の心……………………………… 113
即事……………………………………… 114
冬の太陽………………………………… 114
二重の接吻……………………………… 115
窓………………………………………… 115
灰色の壁………………………………… 115
驪人……………………………………… 116
黄眠歌…………………………………… 116
踊る女…………………………………… 117
星を釣る………………………………… 117
口………………………………………… 117
唇………………………………………… 117
夕顔……………………………………… 118
燈台……………………………………… 118
黒少女…………………………………… 118
黄顔猿…………………………………… 119
犬………………………………………… 119
弥撒果てぬ……………………………… 119
パステル………………………………… 120
昔の雪…………………………………… 120
月夜の園………………………………… 121
夏の夜の夢……………………………… 121
秋の庭…………………………………… 121
肖像……………………………………… 122
月光……………………………………… 123
老水夫…………………………………… 123
墓地の散歩……………………………… 124
沙時圭…………………………………… 125
愛惜……………………………………… 125
悔恨……………………………………… 125
バヴロオヴア…………………………… 126
知らぬホテル…………………………… 126
詩法……………………………………… 127
砂の枕……………………………………… 129
慇懃……………………………………… 131
砂の枕………………………………… 131
ラインの岸…………………………… 131
気候…………………………………… 131
拷問…………………………………… 132
幻の散歩……………………………… 132
射的…………………………………… 133
扇子…………………………………… 133
人魚…………………………………… 133
小学生………………………………… 134
虹……………………………………… 134
思ひ出の諸相………………………… 135
文がら………………………………… 135
毛蟲…………………………………… 136
百合…………………………………… 136
若鳥の死……………………………… 136
ジユリエツト………………………… 137
路上…………………………………… 137
明け方………………………………… 137
まひる………………………………… 138
かくれんぼ…………………………… 138
祈る少女……………………………… 138
極楽の夢……………………………… 139
凱歌…………………………………… 139
半巾の雲……………………………… 139
ばらの季節…………………………… 140
若しもお前が………………………… 140
次第…………………………………… 141
シヤンパンの泡……………………… 141
飴の心臓……………………………… 141
鰯の鑵………………………………… 142
比喩…………………………………… 142
月夜…………………………………… 143
燕……………………………………… 143
マリイ・ロオランサンの扇………… 143
花少女………………………………… 144
芝居…………………………………… 144
夜半…………………………………… 145
その目………………………………… 145
星のない空…………………………… 145
秋の空………………………………… 146
少女がマリアにする祈り…………… 146
アンチミテ…………………………… 146
クレオパトラ…………………………… 147
アスピツク…………………………… 147
釣魚…………………………………… 147
逢曳…………………………………… 148
鼻……………………………………… 148
暑中休暇………………………………… 149
入日…………………………………… 149
団欒…………………………………… 149
海水浴………………………………… 149
午後…………………………………… 150
貝拾ひ………………………………… 150
海の羊………………………………… 150
海の風景……………………………… 151
要……………………………………… 151
感覚の花火……………………………… 152
鳩……………………………………… 152
感覚の花火…………………………… 152
瓦……………………………………… 153
忘却…………………………………… 153
嫁ぐ少女……………………………… 155
レダ…………………………………… 155
春と夏………………………………… 156
月光をのむ…………………………… 156
太陽と蛇……………………………… 156
晩秋哀歌……………………………… 157
毛蟲…………………………………… 157
十字語………………………………… 158
ステイプル・チエズ………………… 158
詩……………………………………… 158
待つ間 逢ふ間……………………… 159
十分が………………………………… 159
五厘の笛………………………………… 160
うそ字………………………………… 160
詩姿…………………………………… 160
李太白………………………………… 160
身の上………………………………… 160
涙……………………………………… 161
カイヤムよ…………………………… 161
私は歌ふ……………………………… 162
慰め…………………………………… 162
その日暮し…………………………… 162
鏡……………………………………… 163
漱石…………………………………… 163
昇降機………………………………… 163
凧……………………………………… 164
私の嘆き……………………………… 164
私の詩の中に………………………… 165
船出の唄……………………………… 165
キヤンデイ…………………………… 166
ロシアの入日………………………… 166
キユピドの矢………………………… 166
禍……………………………………… 166
人間よ………………………………… 167
震災詩集『災禍の上に』の扉に題す…… 167
太公望………………………………… 167
五厘の笛……………………………… 168
人間の歌…………………………………… 169
涙の塩…………………………………… 171
母の声………………………………… 171
性……………………………………… 171
性 又………………………………… 172
涙の塩………………………………… 172
隕石…………………………………… 173
真砂子………………………………… 173
葦……………………………………… 174
わが秋の歌…………………………… 175
ふるさと……………………………… 175
解……………………………………… 176
夏の思ひ出…………………………… 176
浜の足跡……………………………… 177
譬うた………………………………… 177
時の色………………………………… 178
『火あぶり』………………………… 178
カラヴァン…………………………… 179
また一つ……………………………… 179
縫ひつける…………………………… 179
年の別れ……………………………… 180
乳房……………………………………… 181
ヴェニュス生誕……………………… 181
帯……………………………………… 181
手風琴………………………………… 181
飛行絨毯……………………………… 182
恋愛…………………………………… 182
乳房…………………………………… 182
山巓の気………………………………… 185
山巓の気……………………………… 185
冬日抄………………………………… 186
凍える星……………………………… 186
岡崎清一郎君に……………………… 187
石……………………………………… 188
友……………………………………… 188
死者に告ぐ…………………………… 189
初秋ぶみ……………………………… 189
蝉……………………………………… 190
燕……………………………………… 190
山……………………………………… 190
鎖……………………………………… 191
蛇……………………………………… 191
掌酌子の歌…………………………… 191
魂よ…………………………………… 192
蝶よ…………………………………… 193
不可能も……………………………… 193
人の扇にしるす……………………… 193
人の扇にしるす 又………………… 193
人の扇にしるす 又又……………… 194
乙女…………………………………… 194
遠くかそけく………………………… 194
或る時………………………………… 195
価……………………………………… 195
春の消息………………………………… 196
あめりか文…………………………… 196
るまにあ文…………………………… 196
ぶらじる文…………………………… 197
ニコの返事…………………………… 197
ラグビイ………………………………… 198
ラグビイ……………………………… 198
謡の章…………………………………… 200
宮城野ぶみ…………………………… 200
青い鳥………………………………… 200
奥ゆかしき岩清水…………………… 201
夢への招待…………………………… 201
九月の海辺にて……………………… 202
木がらし……………………………… 203
森の小径にて………………………… 203
月と風…………………………………… 204
月と風………………………………… 204
熱海懐古……………………………… 204
花……………………………………… 205
祇園鹿島屋履物店…………………… 205
秋……………………………………… 205
海水浴場……………………………… 205
海の二階……………………………… 206
地平線………………………………… 206
形見草………………………………… 206
人に…………………………………… 206
愛……………………………………… 207
手……………………………………… 207
あとがき………………………………… 207
白い花束…………………………………… 209
蜜の牢獄………………………………… 211
人生…………………………………… 211
罰せられた詩人……………………… 211
飢餓…………………………………… 212
墓……………………………………… 212
自らに………………………………… 212
海辺の足跡…………………………… 213
朝……………………………………… 213
『こころ』を共に仏訳しつつ……… 213
私の春の歌…………………………… 214
興津懐古……………………………… 215
或る挽歌……………………………… 215
朱卓を前に…………………………… 216
詩集『魔女』の序詩………………… 217
蜜の牢獄……………………………… 218
扉……………………………………… 218
悔い…………………………………… 219
諺……………………………………… 219
マルヌの野に立ちて………………… 220
イヴの装ひ…………………………… 221
歴史…………………………………… 222
『山鴫』……………………………… 223
パラレリズム………………………… 223
空の国旗……………………………… 224
十字架上のジャン・コクトオ……… 224
眠る女…………………………………… 226
眠る女………………………………… 226
体温のある静物……………………… 227
アレゴリイ…………………………… 227
マルセル……………………………… 227
三面鏡………………………………… 228
退場の歌……………………………… 228
海の廃墟……………………………… 229
河口湖………………………………… 229
目白…………………………………… 229
ねざめ………………………………… 230
よごす………………………………… 230
ふたりの国……………………………… 231
二人…………………………………… 231
「炬燵」……………………………… 232
道行…………………………………… 232
無駄な疲れ…………………………… 233
彦星の歌へる………………………… 233
コンフィダンス……………………… 233
思ひ出………………………………… 234
朝の化粧……………………………… 235
別れぎは……………………………… 235
恋……………………………………… 236
手のすぢ……………………………… 236
痴語…………………………………… 237
快よき死……………………………… 237
オノマトペ…………………………… 238
かうして……………………………… 238
ひげ時計……………………………… 239
夜……………………………………… 239
舟……………………………………… 239
鏡……………………………………… 239
時の章…………………………………… 240
時……………………………………… 240
ばらの花……………………………… 241
離別…………………………………… 241
果実…………………………………… 241
鳩の居る家…………………………… 241
山腹の暁……………………………… 242
或る誕生……………………………… 242
早春歓喜……………………………… 243
九月の言葉…………………………… 244
十月の言葉…………………………… 244
乙女の春の歌………………………… 245
心がはり……………………………… 245
あとがき………………………………… 247
夕の虹……………………………………… 249
冬心抄…………………………………… 251
白い一輪……………………………… 251
私の詩………………………………… 251
詩……………………………………… 252
声とこだま…………………………… 252
祝婚歌………………………………… 253
冬心抄………………………………… 253
夢のあと……………………………… 254
性……………………………………… 254
生ひ立ち……………………………… 254
ありやう……………………………… 254
末路…………………………………… 255
白ばら………………………………… 255
菊……………………………………… 255
政体論………………………………… 255
政体論 又…………………………… 256
漫画の大臣…………………………… 256
農家一家言…………………………… 256
恐怖…………………………………… 256
日本人………………………………… 257
公園で………………………………… 257
詩 又………………………………… 257
念ひ邪なる者に禍あれ……………… 257
妙高山………………………………… 258
雪国にて………………………………… 258
ある序詩……………………………… 258
「春」のショール…………………… 259
乙女子に……………………………… 259
乙女子に 又………………………… 259
はつ潮………………………………… 259
踏青…………………………………… 260
日傘のかげで………………………… 260
季節病………………………………… 260
秋波…………………………………… 261
草じとね……………………………… 261
紫外線………………………………… 261
手……………………………………… 261
万物の霊長…………………………… 262
散りぎは……………………………… 262
八月十五日…………………………… 262
猿芝居………………………………… 262
悪名…………………………………… 263
火打石………………………………… 263
政治…………………………………… 263
馬……………………………………… 263
今を昔に……………………………… 264
鉄道を軌道に………………………… 264
年齢…………………………………… 264
白と黒………………………………… 264
白と黒 又…………………………… 265
鞭……………………………………… 265
国民感情……………………………… 265
雪女…………………………………… 265
杉の森………………………………… 266
まむしぐさ…………………………… 266
まむしぐさ 又……………………… 266
野尻湖………………………………… 266
同い年………………………………… 267
病身…………………………………… 268
白と黒 又又………………………… 268
光太郎詩人の写真に題す…………… 268
雪の中の春…………………………… 268
乙女子………………………………… 269
ばら…………………………………… 269
雪国の暦……………………………… 270
関川の里……………………………… 270
自戒…………………………………… 270
詩人に………………………………… 270
栄養報告……………………………… 271
脚韻…………………………………… 271
お七の火……………………………… 271
才能…………………………………… 272
雪の中の歌…………………………… 272
城……………………………………… 272
天童 高祖保哀悼詩篇……………… 273
雪…………………………………… 273
独楽………………………………… 273
紙鳶………………………………… 273
そら耳……………………………… 274
復員者………………………………… 274
生存者………………………………… 274
負けるは勝ち………………………… 275
四等国………………………………… 275
天使たち……………………………… 275
あまい囁き……………………………… 276
新居 時……………………………… 276
どん底で……………………………… 276
現代史………………………………… 277
年頭…………………………………… 278
すみれ子命名………………………… 278
雪につぶやく………………………… 278
塘亭…………………………………… 279
雪中越冬……………………………… 279
一本松………………………………… 280
若き人への答………………………… 280
国歌…………………………………… 280
一壷天………………………………… 281
古梅…………………………………… 281
日本の冬……………………………… 282
某亡八に与ふ………………………… 283
夕の虹…………………………………… 283
数へうた……………………………… 283
世相…………………………………… 284
老雪…………………………………… 284
テニス………………………………… 284
幸福のかけら………………………… 285
裸の年………………………………… 286
ひるの星……………………………… 286
砂あそび……………………………… 286
座右銘………………………………… 287
おしやれな秋………………………… 287
鹿……………………………………… 287
二羽のうづら………………………… 287
夕空の虹……………………………… 288
清秋…………………………………… 288
美しい夢……………………………… 288
エロスの詩法………………………… 289
凌宵花………………………………… 289
宇宙の理法…………………………… 289
新憲法………………………………… 290
本能進化……………………………… 290
玉音…………………………………… 290
旭橋某日……………………………… 291
高田師走初旬………………………… 291
郷愁の虹……………………………… 291
初雪…………………………………… 292
代つて灰皿に題し春夫に贈る……… 292
回想…………………………………… 292
老いた詩人の春の歌………………… 293
焼山…………………………………… 293
こころ………………………………… 293
老鴬囀………………………………… 294
深間歌………………………………… 294
梛の庭………………………………… 295
心機一転……………………………… 295
高原新春……………………………… 296
高田に残す…………………………… 296
追ひ立てられた疎開者の歌………… 297
自像…………………………………… 297
木町美容室…………………………… 298
童心…………………………………… 298
即事…………………………………… 298
橋……………………………………… 298
定義…………………………………… 299
霊媒…………………………………… 299
詩人 又……………………………… 299
或る訳詩集の扉に題す……………… 300
理事会欠席…………………………… 300
少年…………………………………… 301
目・耳・口…………………………… 301
車中偶成……………………………… 302
ひとみ………………………………… 302
詩 又又又…………………………… 303
敵……………………………………… 303
傷……………………………………… 303
小鳥のテレビ………………………… 303
呪咀の歌……………………………… 304
病身 又……………………………… 304
灰の水曜日…………………………… 304
『海軟風』の扉に題し青柳瑞穂君に贈る…… 305
酒のいろいろ………………………… 305
『青い麦』のヴァンカ……………… 305
徳沢園で……………………………… 306
落首…………………………………… 306
不眠…………………………………… 307
水のエチケット……………………… 307
巻のはじめに題す…………………… 307
夕の虹………………………………… 308
祝婚歌 又…………………………… 308
酒中吟………………………………… 308
春……………………………………… 308
室内…………………………………… 309
海の七月……………………………… 309
在所の家……………………………… 310
告白…………………………………… 310
ファンテジー………………………… 310
あとがき………………………………… 311
月かげの虹………………………………… 313
花と動物………………………………… 315
老いたカマキリ……………………… 315
松……………………………………… 315
くるみ………………………………… 315
やどり木……………………………… 316
水ぐも………………………………… 316
百足…………………………………… 316
地衣…………………………………… 317
ものの名……………………………… 317
ヘリオトロープ……………………… 317
アネモネ……………………………… 317
まむし草……………………………… 318
たんぽぽ……………………………… 318
鬼蓮…………………………………… 319
芝えび………………………………… 319
ざとう蜘蛛…………………………… 319
紫陽花………………………………… 320
月かげの虹……………………………… 321
こけし………………………………… 321
越びと………………………………… 321
箱がき………………………………… 321
こころ 二題………………………… 322
源氏の君 又………………………… 322
親馬鹿 二題………………………… 322
口寄せて私語するひとに…………… 323
広津和郎氏に………………………… 323
越びとに……………………………… 323
海べ…………………………………… 324
秋の小径……………………………… 324
秋夜吟………………………………… 325
筆……………………………………… 325
人生…………………………………… 325
舞扇…………………………………… 326
女の一生……………………………… 326
筆 又………………………………… 326
美は人間だけのもの………………… 326
昔の月………………………………… 327
老いてすこやか……………………… 328
恋・なか空…………………………… 328
ね年の春の歌………………………… 329
幻露抄…………………………………… 330
野分の風が見て来たもの…………… 330
詩人の死……………………………… 331
或る誕生日に………………………… 332
松崎守男哀悼………………………… 332
同じく 又…………………………… 332
犀星詩人昇天の日に………………… 333
超地院殿追慕………………………… 337
享年二十一…………………………… 337
三好達治……………………………… 337
達治詩人百朝忌に…………………… 338
同じく 又…………………………… 338
泣き虫詩人…………………………… 339
他界の春夫に………………………… 339
出現…………………………………… 340
詩の友………………………………… 340
たままつり…………………………… 341
わが山………………………………… 341
妻よ…………………………………… 342
軟光院釈妙馨大姉…………………… 342
弔意…………………………………… 342
田川憲君のみたまに………………… 343
「美」の復讐………………………… 344
松岡譲君を偲ぶ会に寄せて………… 344
同じく 又…………………………… 344
白い曼珠沙華………………………… 345
詩の周囲………………………………… 346
詩神との対話………………………… 346
自嘲…………………………………… 346
S・O・S ……………………………… 346
アンリ・ミショーに………………… 347
凹凸人生……………………………… 347
詩人全集……………………………… 347
或る詩人……………………………… 347
詩と現実……………………………… 348
初夢…………………………………… 348
わが詩法……………………………… 348
詩 又又又又………………………… 349
詩を語る……………………………… 349
詩を語る 又………………………… 349
蝶も詩人も…………………………… 350
中国名陶百選展……………………… 351
月の裏側……………………………… 351
慶雲館即事…………………………… 352
時間の川……………………………… 352
わが詩碑に題す……………………… 352
『灰の詩』序詩……………………… 353
詩法の両極…………………………… 353
詩の夢………………………………… 354
旅 他国………………………………… 354
法華寺………………………………… 354
秋篠寺………………………………… 355
最上川………………………………… 356
羽黒山………………………………… 356
小原温泉附近………………………… 357
越後岩沢……………………………… 357
越後十日町所見……………………… 357
しぐれ………………………………… 358
日記…………………………………… 358
エロチック……………………………… 359
初夜…………………………………… 359
冬の祝婚歌…………………………… 359
指の記憶……………………………… 359
源氏の君……………………………… 360
好愛…………………………………… 360
つぼみ………………………………… 361
代用品………………………………… 361
火口調査……………………………… 361
ファンタジア………………………… 361
ウェットな浜辺……………………… 362
ひるのゆめ…………………………… 362
淳風美俗……………………………… 363
接吻…………………………………… 363
人さまざま…………………………… 363
マシマロ……………………………… 364
人に…………………………………… 364
シャッター・チャンス……………… 364
海ぬるむ……………………………… 364
ユモレスク……………………………… 365
屏風を叱る…………………………… 365
詩生晩酌……………………………… 366
油蝉…………………………………… 366
因果…………………………………… 367
ゆめみるひと………………………… 367
蚊の場合……………………………… 368
木を移して…………………………… 368
二君に示す…………………………… 368
奈良のお寺で………………………… 369
散人讃歌……………………………… 369
ある軍記……………………………… 369
仏家と詩人…………………………… 369
段違い平行棒………………………… 370
『梁塵秘抄』異文…………………… 370
佐藤春夫……………………………… 370
城左門………………………………… 370
岩佐東一郎…………………………… 371
言葉の比重…………………………… 371
浮世…………………………………… 371
わが時点……………………………… 371
ざれ句………………………………… 372
夕日の中で…………………………… 372
海馬のサーカス……………………… 372
近況…………………………………… 373
隅田川………………………………… 373
当世男子の本懐……………………… 374
母と娘………………………………… 374
A君に ………………………………… 374
コマーシャル…………………………… 375
錆びた祖国の土の上………………… 375
越路の春……………………………… 376
美の処方……………………………… 376
野点…………………………………… 377
はつ日の光景'63 …………………… 378
武蔵野斜陽…………………………… 379
初日の頌……………………………… 379
季節の交代…………………………… 380
燃えろ東京精神……………………… 381
霊園霊歌……………………………… 382
ファンタジア・酉の正月…………… 383
希望の年一九六五…………………… 385
島の十一月…………………………… 386
夢介のあすの夢……………………… 387
救世主………………………………… 388
馬 又………………………………… 388
国守る長者の山……………………… 389
富士のいろいろ……………………… 391
日本五月歌…………………………… 392
水上スキー…………………………… 392
日本新頌……………………………… 393
第1部 建国神話 ………………… 393
第2部 富士点描 ………………… 394
あとがき………………………………… 397
消えがての虹……………………………… 399
序の歌…………………………………… 401
沖に立つ虹……………………………… 401
余生…………………………………… 401
山湖消息……………………………… 401
焼死体………………………………… 402
モナリザ……………………………… 403
再遊長良川…………………………… 403
言葉の味……………………………… 404
子の真珠……………………………… 405
大仏次郎の大帰郷…………………… 405
屏風に詫びる………………………… 407
わびごとうた………………………… 408
北の逆縁……………………………… 409
僕と明治……………………………… 409
わが冥利……………………………… 410
良寛さま……………………………… 410
願い…………………………………… 411
『野火』の時間……………………… 411
ドンゲ頌……………………………… 412
横綱相撲……………………………… 412
石ころの歌…………………………… 412
富士山………………………………… 413
立って眠る…………………………… 413
葉山町 二題………………………… 414
道路………………………………… 414
河川………………………………… 414
両手で………………………………… 414
おまつり……………………………… 414
上と下………………………………… 415
山火事………………………………… 415
富士あざみ…………………………… 415
家紋…………………………………… 416
三位一体……………………………… 416
片肺飛天……………………………… 416
湖岸の乙女…………………………… 417
わたしのレディー・ハミルトン…… 417
温胎の時間…………………………… 418
質疑…………………………………… 418
佐世保狂詩曲………………………… 419
東天の虹………………………………… 422
解題…………………………………… 422
旅の果て……………………………… 422
問いかけ……………………………… 422
バイコロジー………………………… 423
勇短歌との出会い…………………… 423
この詩人……………………………… 425
念じていれば………………………… 425
箴言…………………………………… 425
ひとりごと…………………………… 425
敵……………………………………… 426
墓掘りの歌…………………………… 426
リオの時間…………………………… 428
富士三連譜…………………………… 429
水車富士……………………………… 429
富士山………………………………… 430
源氏口説……………………………… 430
彼女の実印…………………………… 431
お富士さん…………………………… 431
基本的人権論………………………… 431
流人木偶……………………………… 432
初夢…………………………………… 432
青銅の亀に添えて…………………… 433
虹児画伯頌…………………………… 433
岩佐東一郎君逝去…………………… 433
長寿…………………………………… 434
昔と今………………………………… 434
自殺の理由…………………………… 435
西村一平君に………………………… 435
『野火』のつどいに寄せる………… 436
地口…………………………………… 436
語呂合せ……………………………… 436
若い日………………………………… 437
無残…………………………………… 437
歌のいずみ…………………………… 437
鈴や主人に…………………………… 437
狂人と葉山町………………………… 438
ご時世………………………………… 438
消えがての虹…………………………… 439
以遠の旅……………………………… 439
母のいた日…………………………… 439
母の遺産……………………………… 439
羅漢の歌……………………………… 440
命の舟路……………………………… 440
今昔…………………………………… 440
以上のもの…………………………… 441
老後…………………………………… 441
長寿…………………………………… 442
長寿 又……………………………… 443
行き止り……………………………… 443
時間の重さ…………………………… 443
僕の文法……………………………… 444
勝手口………………………………… 444
地口…………………………………… 444
おとぼけ 二題……………………… 444
僕の先代萩…………………………… 444
出現二態……………………………… 445
異同…………………………………… 445
人間…………………………………… 446
氷河時代……………………………… 446
女菩薩への感謝……………………… 446
二つなき山…………………………… 446
おしゃれ富士山……………………… 447
アサトヤユンタ……………………… 447
この頃詩ということ………………… 448
某氏の一生…………………………… 448
これ石巌々…………………………… 448
サロメのワレメ……………………… 448
杉原玲子の君に……………………… 449
しのぶ………………………………… 449
蝉の言葉……………………………… 450
西海橋………………………………… 450
師のみ声……………………………… 450
敬語の乱れ…………………………… 451
比目魚の横顔………………………… 451
歳末某日……………………………… 452
あわび………………………………… 452
一本入手……………………………… 452
不順…………………………………… 453
今年の花冷え………………………… 453
禿のいろいろ………………………… 454
自戒…………………………………… 454
無題…………………………………… 454
上野の山の西郷さん………………… 454
もう一人のドン・キホーテ………… 455
城左門君を送る……………………… 456
光の声………………………………… 457
自問…………………………………… 458
あとがき………………………………… 458
秋黄昏……………………………………… 461
かすみ網………………………………… 463
詩の道…………………………………… 463
詩歌両刀………………………………… 464
お目あて………………………………… 464
日本語…………………………………… 464
ルーマニア語…………………………… 465
母を焼く………………………………… 465
或る写真………………………………… 466
そして今………………………………… 467
珍獣……………………………………… 467
富士山 この山………………………… 468
富士の山………………………………… 469
月は知らない…………………………… 469
五月の足おと…………………………… 470
老いの六月……………………………… 470
命の名残………………………………… 471
わけても老人…………………………… 471
泰山木…………………………………… 472
バラと椿………………………………… 472
人間……………………………………… 473
芳々閨経………………………………… 473
風俗今と昔……………………………… 473
拈香序列………………………………… 474
『鴉猫』の著者へ……………………… 474
愛のあかし……………………………… 475
至福の時………………………………… 475
聖賢の語………………………………… 476
コクトー伝……………………………… 476
武田豊君遠来…………………………… 476
おかえし………………………………… 478
関野君画集の序………………………… 479
杉原玲子の女たち……………………… 479
理合の歌………………………………… 480
横田君へ………………………………… 480
今村君へ………………………………… 481
父の遺訓………………………………… 481
骨の山…………………………………… 482
五十年一日の如く……………………… 483
川勝堅一君を送る弔詩………………… 483
あとがき………………………………… 485
拾遺
月夜の園…………………………………… 489
夜更……………………………………… 489
龍宮……………………………………… 489
唄………………………………………… 489
珍竹林…………………………………… 490
小鳥……………………………………… 490
草苺……………………………………… 490
懶獣……………………………………… 490
針ねずみ………………………………… 491
豚………………………………………… 491
鸚鵡……………………………………… 491
黒ン坊…………………………………… 491
遠き薔薇…………………………………… 492
遠き薔薇序詩…………………………… 492
小引(石上好古)……………………… 492
堀口大学詩集(第一書房版)…………… 493
堀口大学詩集序(日夏耿之介)……… 493
頌………………………………………… 495
堀口大学集(新潮社『現代詩人全集』)…… 496
海の唄…………………………………… 496
ヴェニュス生誕…………………………… 497
地震……………………………………… 497
手風琴 又……………………………… 498
或る数字………………………………… 498
聯立方程式……………………………… 498
寓話……………………………………… 499
あそび…………………………………… 499
ダンテルの渚…………………………… 499
接吻……………………………………… 500
接吻 又………………………………… 500
断章……………………………………… 500
溺死……………………………………… 500
ヴィオロン……………………………… 501
冬心抄……………………………………… 501
序にかへて……………………………… 501
父の手紙1 …………………………… 501
父の手紙2 …………………………… 503
新日本…………………………………… 504
健剛院中陰……………………………… 505
挽歌1 …………………………………… 506
挽歌2 …………………………………… 506
後記……………………………………… 506
あまい囁き………………………………… 507
まへがき………………………………… 507
旅情……………………………………… 508
一夜……………………………………… 508
雪国にて…………………………………… 509
凹凸欄開設……………………………… 509
白………………………………………… 509
子安貝…………………………………… 509
あとがき………………………………… 509
エロチック………………………………… 510
貴人……………………………………… 510
月………………………………………… 511
すきまの寸法…………………………… 511
筆のうた………………………………… 511
無法者…………………………………… 512
昔………………………………………… 512
ヴィナス幻想…………………………… 512
ユモレスク………………………………… 513
もとこれ画人…………………………… 513
微粒詩……………………………………… 513
におい…………………………………… 513
花と動物…………………………………… 514
向日葵…………………………………… 514
貝がら草………………………………… 514
河原撫子………………………………… 514
雁来紅…………………………………… 515
パンジー………………………………… 515
鈴蘭……………………………………… 515
呼びかけ………………………………… 516
水仙……………………………………… 516
えにしだ………………………………… 516
勿忘草…………………………………… 517
金魚草…………………………………… 517
林檎の花………………………………… 518
さんざし………………………………… 518
車中……………………………………… 518
朱唇紅臉抄………………………………… 519
序にかえる……………………………… 519
告期の花園……………………………… 520
『つづれさせ』序詩…………………… 520
冬の小道………………………………… 521
虹の花粉…………………………………… 522
序………………………………………… 522
後記……………………………………… 522
歌集
パンの笛…………………………………… 527
序(与謝野寛)………………………… 529
序に代へて(与謝野晶子)…………… 532
パンの笛………………………………… 532
風と落葉………………………………… 540
旅びと…………………………………… 545
海と女…………………………………… 550
死と運命………………………………… 555
女の園…………………………………… 558
太陽と薔薇……………………………… 564
手………………………………………… 567
友………………………………………… 568
少年の日………………………………… 570
東帰雑詠………………………………… 572
男ごころ…………………………………… 575
あとがき………………………………… 593
涙の念珠…………………………………… 595
場合の歌…………………………………… 603
詩歌集序跋補遺
『堀口大学詩集』(吉田精一編)序に代へて…… 673
『飛花落葉抄』小序……………………… 674
『堀口大学全詩集』(筑摩書房版)あとがき…… 674
『沖に立つ虹』あとがき………………… 676
『東天の虹』あとがき…………………… 676
『月光とピエロ』(草原社版)あとがき…… 676
『堀口大学全歌集』(五月書房版)あとがき…… 677
『遠くかそけく』あとがき……………… 678
『富士山』あとがき……………………… 679
『堀口大学詩集』(五月書房版)あとがき…… 679
『念慈抄』ご案内………………………… 680
『ははこぐさ』ご案内…………………… 680
*作品細目………………………………… 681
*校異・校註……………………………… 715
*解題……………………………………… 731
 

第2巻 1981.10.30
 
訳詩I
月下の一群…………………………………… 5
序…………………………………………… 7
ポオル・ヴアレリイ
蜂………………………………………… 8
風神……………………………………… 8
慇懃……………………………………… 9
失はれた美酒…………………………… 9
眠る女……………………………………10
仮死女……………………………………11
ポオル・クロオデル
真昼の聖母………………………………12
断章………………………………………13
ギイヨオム・アポリネエル
毛蟲………………………………………14
蝗…………………………………………14
孔雀………………………………………15
蛸…………………………………………15
蛇…………………………………………15
野兎………………………………………15
二十日鼠…………………………………16
象…………………………………………16
蚤…………………………………………16
海猪………………………………………16
海月………………………………………17
海老………………………………………17
鯉…………………………………………17
人魚………………………………………17
鳩…………………………………………18
ミラボオ橋………………………………18
サロメ……………………………………19
雪…………………………………………20
一九〇九年………………………………20
秋…………………………………………21
69…………………………………………22
村娘………………………………………22
出発………………………………………23
鐘…………………………………………23
病める秋…………………………………24
獄中歌……………………………………25
小鳥が歌ふ………………………………27
変化………………………………………28
未来………………………………………28
消えゆく韻致……………………………29
露営のともし灯…………………………29
狩の角笛…………………………………30
昨日………………………………………30
思ひ出……………………………………30
刺殺された鳩と噴水……………………31
シヤルル・ヴヰルドラツク
兵卒の歌…………………………………32
酒を飲んでゐる二人の男………………33
訪問………………………………………35
アンドレ・サルモン
土耳古うた………………………………36
川…………………………………………38
夏の死……………………………………39
桃色の受領証とプチイ・ジユウルナル……39
ダンス……………………………………40
ジユウル・ロオメエン
恋は巴里の色……………………………41
マツクス・ジヤコブ
石を前に歌へる…………………………42
火事………………………………………43
地平線……………………………………43
牧歌………………………………………43
ナポリの女乞食…………………………44
強者の秘伝及び他人の弱点……………44
レエモン・ラジゲ
昆蟲あみ…………………………………45
ドミノ……………………………………45
木像崇拝…………………………………46
軍服………………………………………46
窓硝子……………………………………46
屏風………………………………………46
頭文字……………………………………47
新聞………………………………………47
軍帽………………………………………47
ばらの花…………………………………47
石榴水……………………………………48
貯金箱……………………………………48
ジヤン・コクトオ
シヤボン玉………………………………48
犬は近くで吠え…………………………48
手風琴……………………………………49
甲胄………………………………………49
グレコ……………………………………49
偶作………………………………………50
バットリイ(断章)……………………50
三十歳になつた詩人……………………51
耳…………………………………………51
踊り子……………………………………51
ポオル・モオラン
恋慕流し…………………………………52
ジヤツク・バロン
黒つぐみ…………………………………54
人生万歳…………………………………54
ロオヂエ・アラアル
クラリス…………………………………55
懶惰………………………………………56
吝嗇………………………………………56
淫佚………………………………………56
慢心………………………………………56
ロオラ……………………………………57
ヂオルヂ・ガボリイ
酔つた小鳥………………………………58
海景………………………………………58
海洋………………………………………59
ハムレツトの影…………………………59
落葉の上に書く…………………………60
同じ落葉の上に書く……………………60
造花………………………………………61
オペラ・コミツク………………………61
フイリツプ・スウポオル
生きてる友の墓誌銘……………………62
ほのほ……………………………………65
フランシス・ピカビア
黒奴………………………………………66
イヴアン・ゴオル
太陽………………………………………68
時計塔……………………………………68
日ごと……………………………………68
出発………………………………………68
フランシス・カルコ
ああ! 私は……………………………69
嘆き………………………………………70
ロマンチツク……………………………70
ヴエルレエヌぶり………………………71
身振狂言…………………………………71
女たち……………………………………72
ギイ・シヤルル・クロス
男ごころ…………………………………73
レキサンブルグ公園で…………………73
十一月……………………………………74
黄昏………………………………………75
河岸で……………………………………76
昨夜私は飲み過ぎたらしい……………76
雨がふつてゐる…………………………77
五月の夕…………………………………78
遺言の代りに……………………………79
光が空に消える…………………………80
沈黙が……………………………………81
さびしさ…………………………………81
かの女が云ふ……………………………82
小唄………………………………………82
リイド……………………………………83
五月の朝…………………………………83
後にまで…………………………………84
流れ………………………………………85
さわやかな春夜…………………………85
画家マリイ・ロオランサン
鎮静剤……………………………………87
馬…………………………………………88
虎…………………………………………88
小鳥………………………………………88
画家モオリス・ヴラマンク
踊り場……………………………………89
詩…………………………………………89
冬…………………………………………89
ヴアンサン・ミユズリ
白鳥………………………………………90
河流………………………………………90
去り行く夏………………………………91
蛇…………………………………………91
アンドレ・スピイル
公園へ……………………………………92
私の犬……………………………………92
聯想………………………………………93
催眠歌……………………………………94
人間、あまりに人間……………………95
朝…………………………………………96
頬白鳥……………………………………96
太陽………………………………………97
春…………………………………………97
雨…………………………………………98
鴉…………………………………………98
夕暮だ……………………………………99
トリスタン・クリングソオル
野ばら………………………………… 100
ボヘミヤ歌…………………………… 101
窓かけ………………………………… 101
鴉……………………………………… 102
鵲……………………………………… 102
死んだ薔薇…………………………… 103
アンリイ・ド・レニエ
思ひ出………………………………… 104
唄(野山の上に……)……………… 106
唄(暗い林の……)………………… 106
唄(お前は思ひ出すか……)……… 107
唄(明日はやがて……)…………… 108
唄(それは只の……)……………… 109
唄(かしこ声高き……)…………… 109
唄(若しも私が……)……………… 110
唄(歌ひながら流れる……)……… 111
唄(私は何も持たない……)……… 112
黄色い月……………………………… 113
エミル・ヴエルアアレン
風車…………………………………… 114
今日の人に…………………………… 115
ジヤン・モレアス
われ身を比ぶ………………………… 116
また秋の来て………………………… 116
小唄…………………………………… 116
ねがひ………………………………… 117
ジユウル・ラフオルグ
新月の連祷…………………………… 118
最後の一つ手前の言葉……………… 119
ピエロの言葉………………………… 120
五分間写生…………………………… 121
ボオドレエル
秋の歌………………………………… 122
幽霊…………………………………… 123
ヴエルレエン
秋の歌………………………………… 124
われの心に涙ふる…………………… 124
暗く果なき死のねむり……………… 125
風……………………………………… 125
若い哀れな牧人……………………… 126
青空…………………………………… 127
あかつきの星に……………………… 128
哀歌…………………………………… 128
倫敦ブリッヂ………………………… 129
フイリツプ・ヴアンデルピル
死人の弥撒…………………………… 130
プロロオグ…………………………… 130
アリエツト…………………………… 131
途上の歌……………………………… 131
ルミ・ド・グウルモン
微笑…………………………………… 132
ブロンドの林………………………… 134
毛……………………………………… 135
柊……………………………………… 136
霧……………………………………… 137
雪……………………………………… 138
落葉…………………………………… 139
果樹園………………………………… 139
庭……………………………………… 140
水車…………………………………… 141
寺……………………………………… 142
秋の歌………………………………… 144
秋の女………………………………… 145
レダ…………………………………… 146
あらしの薔薇………………………… 147
黄昏…………………………………… 147
手(断章)…………………………… 149
鎖……………………………………… 150
首環…………………………………… 150
腕環…………………………………… 150
指環…………………………………… 150
時計…………………………………… 151
女騎士への歌………………………… 151
十月の薔薇…………………………… 152
白薔薇を歌へる……………………… 152
ポオル・フオル
地上礼讃……………………………… 153
この娘………………………………… 156
やさしい歌…………………………… 157
仏蘭西………………………………… 158
輪踊り………………………………… 159
幸福…………………………………… 159
夜明の歌……………………………… 160
わが肖像……………………………… 162
私は青い花を持つてゐる…………… 163
巴里橋づくし………………………… 163
人の一生……………………………… 166
見かけ………………………………… 166
ルミ・ド・グウルモン……………… 167
行つておいで………………………… 167
空の色さへ陽気です 時は楽しい五月です…… 168
エブリンのわれ等が茅屋…………… 169
宵の歌………………………………… 170
聖ドオニの頭………………………… 170
雨……………………………………… 172
何故に我等の子等は英雄であるか(断章)…… 172
巴里の一室…………………………… 173
舟……………………………………… 174
フランシス・ジヤム
哀歌 第一…………………………… 176
哀歌 第七…………………………… 178
哀歌 第十四………………………… 180
哀歌 第十七………………………… 181
去年のものが………………………… 182
私に彼等が云ふた…………………… 183
ブリユウジ市………………………… 184
他人が幸福である為の祈り………… 185
星を得る為の祈り…………………… 186
児の死なぬ為の祈り………………… 187
苦痛を愛する為の祈り……………… 188
驢馬と連れ立つて天国へ行く為の祈り…… 188
家は薔薇の花で……………………… 190
私は驢馬を好きだ…………………… 191
古びた村……………………………… 193
その頃………………………………… 195
緑の水の岸…………………………… 196
少女…………………………………… 197
人は云ふ……………………………… 198
哀憐が私を殺す……………………… 199
雲が一線に…………………………… 200
樹脂が流れる その1 ……………… 201
樹脂が流れる その2 ……………… 202
正午の村……………………………… 202
お前は書いてよこした……………… 203
雪のふる頃…………………………… 204
聞け…………………………………… 205
雨の一滴が…………………………… 207
人の云ふことを信ずるな…………… 208
私を慰めて呉れるな………………… 208
炉ばたに足を投げ出して…………… 209
アルベエル・サマン
水上奏楽……………………………… 210
相伴…………………………………… 210
池畔逍遥……………………………… 211
秋……………………………………… 212
涙……………………………………… 213
好愛…………………………………… 214
われは夢む…………………………… 215
クレオパトラ………………………… 215
夕暮 その1 ………………………… 217
夕暮 その2 ………………………… 217
夕暮 その3 ………………………… 218
死市…………………………………… 218
真昼…………………………………… 219
村景…………………………………… 219
港の朝………………………………… 220
小市夜景……………………………… 221
秋……………………………………… 223
ルネ・ヂオルヂヤン
水辺悲歌……………………………… 225
シヤルル・ゲエラン
円き月………………………………… 228
夕暮の戸口…………………………… 228
心……………………………………… 229
形と影………………………………… 229
詩家の嘆き…………………………… 230
シヤルル・ヴアン・レルベルグ
夕暮の時が来ると…………………… 231
輪踊…………………………………… 232
私は君たちであり…………………… 232
フイリツプ・シヤヴアネエ
田舎…………………………………… 233
小曲…………………………………… 234
ルネ・シヤリユ
ロマノフ大佐………………………… 234
ルヴエル・レニエ
私は苦しむ…………………………… 234
ピエル・ルヴエルヂイ
旅人とその影………………………… 237
シヤルル・アドルフ・カンタキユゼエン人の一生…… 238
碑銘…………………………………… 238
ガブリエル・ムウレイ
熱の枕………………………………… 239
病の日………………………………… 239
アドルフ・レツテ
夜曲…………………………………… 241
ルヰ・マンダン
女性…………………………………… 242
秋の夕暮の黎明……………………… 242
抒情発生……………………………… 243
音楽と舞踏…………………………… 243
ジヨセフ・リヴイエエル
私は一人ぽつち……………………… 244
フエルヂナン・エロル
雪……………………………………… 245
エプレエム・ミカエル
雨の薄暮……………………………… 245
レオン・ヂエルス
新月…………………………………… 246
ル・ラツスウル・ド・ロンゼエ
お月さま……………………………… 246
アンリ・ド・ボルニエ
風景…………………………………… 247
ジヤンヌ・カチウル・メンデス
螢……………………………………… 247
ロオラン・タイラツド
尼の如くに青ざめて………………… 248
ピエエル・ルヰス
最後の恋人(ビリチス)…………… 249
朝の雨(ビリチス)………………… 250
ジユリアン・ボカンス
俳体小詩……………………………… 251
エドモン・ロスタン
失題…………………………………… 252
ノワイユ夫人
幻影…………………………………… 253
若さ…………………………………… 254
ヂヨオルヂ・ヂユアメエル
介在の王国…………………………… 255
ジヤン・ラオオル
さびしき小唄………………………… 256
月の中の漂泊人……………………… 257
ジヤン・マルク・ベルナアル
今宵また(カイヤム)……………… 258
モオリス・マグル
詩集のはじめに……………………… 258
ポオル・ヂエラルデイ
二元論………………………………… 259
アンドレ・ミレ
音楽…………………………………… 259
ギイ・ロベエル・コスタル
衝立…………………………………… 260
フエルナン・グレツヒ
解脱…………………………………… 261
午後の月……………………………… 262
ステフアン・マラルメ
フオオヌの午後(断章)…………… 262
幽霊…………………………………… 263
ためいき……………………………… 264
空しき花束………………………………… 265
序………………………………………… 267
マラルメ
扇子…………………………………… 268
ジヤン・コクトオ
山鳩…………………………………… 269
うろこ雲……………………………… 269
五月の朝……………………………… 269
レア…………………………………… 269
人魚…………………………………… 270
黒奴と美人…………………………… 270
ユウリスの一党……………………… 270
オルタンス…………………………… 270
少年水夫……………………………… 271
黒奴美人……………………………… 271
エリック・サテイ礼讃……………… 271
レエモン・ラジゲ
ヴエニュスの墓……………………… 272
ポオルとヴヰルジニイ……………… 273
巴里の河岸…………………………… 273
結婚式………………………………… 273
名詞の複数…………………………… 274
目かくし鬼(断章)………………… 274
FAC・SIMILE ………………………… 274
コオト・ダジュウル………………… 275
舟……………………………………… 275
踊り靴………………………………… 276
四行詩………………………………… 276
日傘…………………………………… 276
ゼロ…………………………………… 276
ポオル・モオラン
公衆浴場……………………………… 277
敬礼…………………………………… 278
夜に対峙するホテル………………… 278
西の公園で…………………………… 280
ギイヨオム・アポリネエル
真夜中………………………………… 281
贈物…………………………………… 281
丘……………………………………… 282
ポオル・フイレンス
自転車散策…………………………… 290
張見世………………………………… 291
ヂオルヂ・ガボリイ
恋のなやみ…………………………… 292
恋歌…………………………………… 292
夜曲…………………………………… 293
消えた燈篭…………………………… 294
ルネ・モオブラン
動物と人間…………………………… 295
自然…………………………………… 296
四季…………………………………… 297
海……………………………………… 298
恋愛…………………………………… 299
死……………………………………… 300
シヤルル・ヴイルドラツク
真夜中………………………………… 301
帰りがけに…………………………… 302
若しも人たちが……………………… 304
ポオル・フオル
山上天を眺めて……………………… 306
恋人…………………………………… 311
催眠歌………………………………… 312
寺の絵硝子障子の歌………………… 312
二つの心……………………………… 313
久遠の冒険 第3巻第2章…………… 313
日に焦けた水夫……………………… 314
リユシエンヌ 第21唱……………… 314
リユシエンヌ 第45唱……………… 316
静かな細い街路……………………… 316
黎明と夜との追唱…………………… 317
フランシス・ジヤム
序詞…………………………………… 318
哀歌 第二…………………………… 318
哀歌 第九…………………………… 319
お気の毒な校長さん………………… 320
私が死んだなら……………………… 321
若しもお前が………………………… 322
平和は森に…………………………… 322
お前は退屈してゐるか……………… 323
私は古びた 亭でものを書いてゐる…… 324
雨後 その1 ………………………… 326
雨後 その2 ………………………… 326
雨後 その3 ………………………… 327
ルウルド霊験由来…………………… 327
ヴイクトオル・キノン
森のねざめ…………………………… 354
ヴエルレエヌ
グリイン……………………………… 369
傀儡…………………………………… 370
月の光………………………………… 370
ボオドレエル
旅へのいざなひ……………………… 371
ルコント・ド・リイル
エスパハンの薔薇…………………… 372
アンリ・ド・レニエ
雨の庭………………………………… 373
アルフオンス・セエシエエ
どの篭の中にも……………………… 374
マルセル・アツシヤアル
伝説…………………………………… 375
ジユウル・ドパケ
土耳古の王妃より王への手紙……… 376
フランシス・カルコ
死んだ女たち………………………… 378
ポオル・ヴアレリイ
足音…………………………………… 379
紡ぐ少女……………………………… 379
エンリコ・カステロ・ボカルド
ニコ大学堀口に与ふる詩章………… 381
モオリス・メエテルリンク
小唄 第一…………………………… 383
小唄 第二…………………………… 384
小唄 第三…………………………… 385
小唄 第四…………………………… 385
小唄 第五…………………………… 386
小唄 第六…………………………… 386
小唄 第七…………………………… 387
小唄 第八…………………………… 388
小唄 第九…………………………… 388
小唄 第一〇………………………… 389
小唄 第一一………………………… 390
小唄 第一二………………………… 391
小唄 第一三………………………… 391
小唄 第一四………………………… 392
小唄 第一五………………………… 393
ルミ・ド・グウルモン
夢の面影……………………………… 394
汝が手をば讃へしめよ……………… 394
汝が目をば讃へしめよ……………… 394
汝が乳房を讃へしめよ……………… 395
汝が腹を讃へしめよ………………… 395
汝が口を讃へしめよ………………… 395
汝が足を讃へしめよ………………… 396
汝が魂を讃へしめよ………………… 396
野ばら………………………………… 396
川……………………………………… 397
白百合………………………………… 399
博物館黄昏…………………………… 400
抒情詩………………………………… 400
田園四季……………………………… 401
奉納…………………………………… 402
アンヂエル…………………………… 402
アガアト……………………………… 403
アニヱス……………………………… 403
カセエリイヌ………………………… 404
コレツト……………………………… 404
フランソアアズ……………………… 404
ヂエヌヴヰエヴ……………………… 405
ヂエルトリユウド…………………… 405
エレエヌ……………………………… 406
ジヤンヌ……………………………… 406
ギユデユウル………………………… 407
ジユリイ……………………………… 407
マルゲエリツト……………………… 407
マルセル……………………………… 408
マリイ………………………………… 408
マツチルド…………………………… 409
ナタリイ……………………………… 409
ポオル………………………………… 410
ユルジユル…………………………… 410
ジット………………………………… 411
クレマン・マロ
雪だま………………………………… 411
小瑟…………………………………… 412
仏蘭西民謡
羊飼ふ娘のなげき…………………… 413
少女子よ……………………………… 413
トリスタン・レルミツト
時の訓誨……………………………… 415
恋人の遊歩場………………………… 415
エヴアリスト・パルニイ
マダカスカル土蠻歌………………… 419
青白赤……………………………………… 431
ポオル・ヴァレリイ
石榴…………………………………… 433
ポオル・フィレンス
コックテェル………………………… 434
窓の外では…………………………… 434
さうです 奥さん…………………… 435
冬のスポォツ………………………… 436
神さま………………………………… 440
眠られぬ夜…………………………… 441
フィリップ・シャバネ
明けがた……………………………… 443
恋ぶみ………………………………… 443
花絡…………………………………… 443
思ひ出………………………………… 444
ルネ・ビゼ
サクソフォン………………………… 444
フランソワ・ベルノワァル
フュチル……………………………… 445
ギイ・シャルル・クロス
あの初恋の…………………………… 445
ジャン・コクトオ
複葉機・朝…………………………… 446
眠る人達のモデル…………………… 447
旅の詩 その3 ……………………… 447
旅の詩 その9 ……………………… 448
アンリ・ルゥソオの肖像…………… 448
ジョオルジュ・ガボリイ
ヴェニュスとナルシス……………… 449
詩人の疲れ…………………………… 456
虹……………………………………… 457
はかなごと…………………………… 457
ブレエズ・サンドラルス
お前は空よりも海よりももつともつと美しい…… 458
月光…………………………………… 459
手紙…………………………………… 460
島々…………………………………… 461
蝶……………………………………… 461
ペドロ・アルヴァレス・カブラル… 462
フェルナンド・ノロニャ…………… 462
オリオン……………………………… 462
十九時四十分の急行に乗つて……… 463
ねざめ………………………………… 464
ライネル・マリア・リルケ
掌……………………………………… 465
ヴェネチヤ玻璃の…………………… 465
エロス その1 ……………………… 466
どの道すべてが……………………… 466
白鳥…………………………………… 467
眠る女………………………………… 467
ロオジェ・アラァル
妬まなければ………………………… 468
恋の天使よ…………………………… 468
ポオル・エリュワァル
僕が君に云ふことは………………… 469
恋の女………………………………… 469
裸にした真実………………………… 469
わたしのありか……………………… 470
マルセル・ラヴァル
向ふ側へ……………………………… 471
相対して……………………………… 471
かうきめる…………………………… 471
二つづつ……………………………… 471
踪跡…………………………………… 472
ジョオルジュ・シェンヌヴィエェル
お極り………………………………… 472
シャルル・ゲエラン
ジャムにおくる詩…………………… 473
あとがき………………………………… 476
檳榔樹……………………………………… 479
ポオル・ヴェルレエヌ
後光の中の…………………………… 481
冬は終りに…………………………… 481
アルテュウル・ラムボオ
酔ひどれ舟…………………………… 482
ポオル・ヴァレリイ
檳榔樹………………………………… 486
有情の森……………………………… 488
ポオル・フォル
びい玉………………………………… 489
フェルナン・グレエグ
私は生きて…………………………… 490
ライナア・マリア・リルケ
夏……………………………………… 492
ばらよ、おそくも…………………… 492
窓……………………………………… 493
朝の窓………………………………… 493
孤独…………………………………… 494
老いる………………………………… 494
汝に礼す……………………………… 495
ノワイユ夫人
今日はいつまでも…………………… 496
ガブリエル・ボアシイ
暁……………………………………… 497
質問…………………………………… 497
ジャン・マルク・ベルナアル
わが眠り……………………………… 497
アンドレ・サルモン
うた…………………………………… 497
ジョオルジュ・シュヌヴィエエル
低唱…………………………………… 498
ジュウル・シュペルヴィエル
椰子の木影で………………………… 499
難破…………………………………… 499
花々と………………………………… 499
神さまが仰しやる…………………… 500
未知なる神への祈り………………… 501
ジョオルジュ・デュアメル
フロランタン・プリュニエの譚詩… 505
アンドレ・スピイル
詩法…………………………………… 507
雲……………………………………… 508
地衣…………………………………… 508
ピエエル・ルヴェルデイ
すべてが……………………………… 510
トリスタン・ドレエム
川辺の柳……………………………… 510
銭もなく……………………………… 511
イヴァン・ゴル
小さな溜息…………………………… 511
眠る人々……………………………… 511
個人…………………………………… 512
自転車のり…………………………… 512
手……………………………………… 512
心のなやみ…………………………… 513
乗客…………………………………… 513
不幸にも……………………………… 514
頭……………………………………… 514
運転休止……………………………… 514
十三歳………………………………… 515
マルセル・ラヴァル
声……………………………………… 515
ジャック・ティソオル
シンガポオルで……………………… 515
フィリップ・スウポオ
後を向くな…………………………… 516
メロ・デュ・デイ
読書…………………………………… 517
不可能………………………………… 517
J・プウルタアル・ド・ラドヴェズ
リイド………………………………… 518
マリイ・アントワネット・マルタン
朝……………………………………… 518
アリエット・オドラ
一九三六年十月……………………… 519
リルケの死…………………………… 520
リルケの墓を訪れて………………… 521
わたしは兄を………………………… 522
立つて死ぬ…………………………… 523
お手紙はもう………………………… 523
約条…………………………………… 524
わたしはばらの……………………… 525
夢の国………………………………… 526
すべては貧しいが…………………… 526
生者たち……………………………… 527
オムスク国の伝説…………………… 527
「熟せ、木のやうに」……………… 529
白い菫………………………………… 529
或る詩人が…………………………… 530
訳者あとがき…………………………… 531
拾遺
昨日の花…………………………………… 535
詩集昨日の花のはじめに(永井荷風)…… 535
サマン
失題…………………………………… 536
グウルモン
メエテルリンクの芝居……………… 536
失はれた宝玉……………………………… 538
失はれた宝玉の序……………………… 538
失はれた宝玉の序詩…………………… 539
エミル・ヴエルハアレン
新らしき市…………………………… 539
アルベエル・サマン
夕暮の二処女………………………… 541
銅色の月……………………………… 542
ゴウチエ・フエリエエル
彼が書き得た最後の歌……………… 542
ギリヨオム・アポリネエル
猫……………………………………… 543
A・E・トロンブレイ
私は風に心を掛けた………………… 543
月夜の園 附刊 仏蘭西近代抒情小曲集…… 544
アンリ・ド・レニエ
歌(まことの賢者は……)………… 544
新編 月下の一群………………………… 545
新編 月下の一群の序………………… 545
アポリネエル
アンニイ……………………………… 546
アンドレ・サルモン
ガンベッタ広場……………………… 546
マリイ・ロオランサン
日本の鴬……………………………… 547
ジヤン・モレアス
森の中………………………………… 547
モオリス・ブウシヨオル
夜曲…………………………………… 548
リラのさかり………………………… 548
ルコント・ド・リイル
ネル…………………………………… 549
ボオドレエル
夕のしらべ…………………………… 549
前世…………………………………… 550
ヴエルレエヌ
草の上………………………………… 551
マンドリン…………………………… 551
かなしき対話………………………… 552
白き月かげ…………………………… 552
マルク・モニエ
ヴヱニスの舟唄……………………… 553
十八世紀仏蘭西民謡
いいえわたしは信じません………… 554
聖クルウ女舟子たちのはやり歌…… 555
読人不知
ヘブライ歌…………………………… 556
ユダヤの祈り………………………… 557
恋の歌………………………………… 557
キユピドの箙……………………………… 558
ジャン・コクトオ
手風琴………………………………… 558
あとがき………………………………… 559
フランス詩集(創芸社刊)……………… 559
まへがき………………………………… 559
クレマン・マロ
女あるじ……………………………… 560
女あるじ 又………………………… 561
女あるじ 又又……………………… 561
ルヰィズ・ラベ
春……………………………………… 562
君とゐて……………………………… 562
フェリックス・アルヴェル
秘密…………………………………… 563
テオフィル・ゴオチエ
海辺にて……………………………… 563
シャルル・ボオドレエル
信天翁………………………………… 564
呼応…………………………………… 565
悪僧…………………………………… 565
ドン・ファン地獄へ行く…………… 566
美……………………………………… 567
巨女…………………………………… 567
異なにほひ…………………………… 568
髪……………………………………… 568
波かとうねり………………………… 570
踊る蛇………………………………… 570
腐肉…………………………………… 572
吸血鬼………………………………… 573
おばしま……………………………… 574
美しき舟……………………………… 575
猫たち………………………………… 577
盲人たち……………………………… 577
浮世はなれて………………………… 578
ステファヌ・マラルメ
パイプ………………………………… 579
ポォル・ヴェルレエヌ
Nevermore …………………………… 580
三とせの後…………………………… 580
よく見る夢…………………………… 581
煩悶…………………………………… 582
女と牝猫……………………………… 582
小径…………………………………… 583
そぞろあるき………………………… 583
舟の上………………………………… 584
フォオヌ……………………………… 585
呑気な恋人…………………………… 585
忍び音に……………………………… 586
やさしい歌…………………………… 587
3 心わびしい六月の……………… 587
4 黎明がひろがり………………… 587
7 汽車の窓から見える…………… 588
14 炉のほとり …………………… 589
15 本当を言へば…… …………… 589
16 酒場のもの音 ………………… 590
17 さうしませうね? …………… 590
20 つれない世路を ……………… 591
忘れた短章…………………………… 592
5 白魚の纖き……………………… 592
8 広い野にみなぎり渡る………… 592
9 川ぎりとざす…………………… 593
Birds in the night(断章)……… 594
Spleen………………………………… 595
知慧 巻の一………………………… 596
5 女たちの美しさ………………… 596
16 君が為めにと…… …………… 597
知慧 巻の二………………………… 598
1 おお、わが神よ………………… 598
4 その1 神われに宣ひぬ………… 600
4 その2 われ答へて言ひぬ……… 600
4 その3 ――われを愛せ!……… 601
4 その4 ――主よ、そは過ぎたり!…… 602
4 その5 ――われを愛せ………… 602
4 その6 ――主よ、われ怖る…… 603
4 その7 ――そは可能なり……… 604
4 その8 ――ああ、主よ………… 605
4 その9 ――哀れなる魂よ……… 606
アルチュール・ランボオ
感覚…………………………………… 606
オフェリア…………………………… 607
偽善者の天罰………………………… 608
ヴィナス水浴………………………… 609
三度接吻のある喜劇………………… 609
のぞき見する子等…………………… 611
「居酒屋みどり」で………………… 612
谷間に眠る者………………………… 613
おませな娘…………………………… 613
わが放浪……………………………… 614
虱さがしの娘たち…………………… 614
母音…………………………………… 615
ジャンヌ・マリイの手……………… 616
アルベエル・サマン
夏の時 1 …………………………… 618
夏の時 2 …………………………… 619
十月…………………………………… 619
海軟風……………………………………… 620
エレーヌ・ヴァカレスコ
何も知らずに………………………… 620
ポール・ヴァレリイ
帯……………………………………… 621
ポール・フォール
あきらめの歌………………………… 621
フェルナン・グレーグ
夜の花………………………………… 622
トリスタン・クリングソール
恋のよろこび………………………… 623
ライナア・マリア・リルケ
夏姿…………………………………… 623
誰が…………………………………… 624
墓地…………………………………… 624
疑義…………………………………… 625
神の不実……………………………… 625
泉……………………………………… 626
マックス・ジャコブ
断頭台………………………………… 626
ノワイユ伯爵夫人
恋……………………………………… 626
O・V・de・L・ミロッス
その年………………………………… 627
レオン・ドゥベル
美しき乙女の歌へる………………… 628
ヴァンサン・ミュゼリ
瞬間…………………………………… 629
ギイ・シャルル・クロス
両のこの手…………………………… 630
春……………………………………… 631
詩……………………………………… 631
ギィヨーム・アポリネール
獄中歌(拾遺)……………………… 632
見棄てた僕の青春よ………………… 633
蛙の住む沼…………………………… 633
シネマへ行く前……………………… 634
シャンソン…………………………… 634
雨がふつてゐる……………………… 635
ヴァルリイ・ラルボオ
『腹鳴り』の序詞…………………… 635
ALMA PERDIDA………………………… 636
MERS‐EL‐KEBIR ……………………… 637
姿絵 その1 ………………………… 638
姿絵 その2 ………………………… 638
姿絵 その3 ………………………… 639
姿絵 その4 ………………………… 639
ヨーロッパ その1 ………………… 640
ヨーロッパ その5 ………………… 642
ジャン・マルク・ベルナール
つらい恋の歌………………………… 642
涙をお拭き…………………………… 643
情艶綺語……………………………… 643
シャルル・ヴィルドラック
僕の敵手は死んだ…………………… 644
ジュール・シュペルヴィエル
森の奥………………………………… 645
炎の尖端……………………………… 645
それ…………………………………… 646
沖の下………………………………… 646
上甲板………………………………… 647
交換…………………………………… 647
灰色の………………………………… 648
動作…………………………………… 648
出帆…………………………………… 649
沖合…………………………………… 649
魂……………………………………… 650
舟あと………………………………… 650
太陽が………………………………… 651
ロジェ・アラール
アデライド…………………………… 652
画家マリイ・ローランサン
犬……………………………………… 653
ライオン……………………………… 653
斑驢…………………………………… 653
女たちの肖像………………………… 653
神秘な人……………………………… 654
ノエル・ヌエット
月光…………………………………… 655
ねざめ………………………………… 656
日本風な小詩篇三…………………… 656
フランシス・カルコ
秋の歎き……………………………… 657
ポール・モーラン
ビジネス……………………………… 657
わるい多くのものが………………… 658
ジャン・コクトオ
腕……………………………………… 658
寓話…………………………………… 658
夜半…………………………………… 658
塑像に落書する危険………………… 659
僕は眠りが…………………………… 659
ばらの花びら………………………… 660
この集の……………………………… 660
イヴァン・ゴル
母性…………………………………… 661
無線電話……………………………… 662
馬来乙女マニヤナの歌へる………… 662
ポール・エリュアール
禁奢法………………………………… 677
既製品………………………………… 677
孤独の宇宙 第十五………………… 678
マルセル・ラヴァル
節度なき人…………………………… 678
僕は書く……………………………… 678
彼女の裸の手を前に………………… 678
影……………………………………… 679
フィリップ・スーポオ
黄昏…………………………………… 679
ジョオルジア………………………… 679
日曜日………………………………… 680
シャンソン 第七…………………… 680
ジョオルジュ・ボノオ
接吻…………………………………… 681
蝉……………………………………… 681
フィリップ・シャバネックス
デルフィーヌ………………………… 682
落葉…………………………………… 682
ポール・フィレンス
由比ヶ浜……………………………… 683
鏡よ、窓よ…………………………… 684
レイモン・ラディゲ
褪せやすき…………………………… 685
休暇の宿題…………………………… 685
福引…………………………………… 686
アメリイ……………………………… 687
始末に終へないいたづら子(書取)…… 687
八月の一夜…………………………… 688
模写…………………………………… 688
アルバム……………………………… 689
花結び………………………………… 689
勾ひ袋………………………………… 689
ヨット………………………………… 689
マラルメ……………………………… 690
吊籃…………………………………… 690
狼……………………………………… 690
ハンカチ……………………………… 690
燕……………………………………… 691
アリエット・オドラ
あたし達は湖の……………………… 691
私は苦痛の…………………………… 691
父もなく……………………………… 692
ジャン・デボルド
僕は羞しい…………………………… 693
ストップ……………………………… 693
エマニュエル・エジェルテ
僕の胸の思ひは……………………… 694
アンドレ・フーロン・ド・ヴォ
静かな宵……………………………… 694
ロベール・ウードロ
うた…………………………………… 695
訳者のあとがき………………………… 695
*作品細目………………………………… 699
*校異・校註……………………………… 735
*解題……………………………………… 749
 

第3巻 1982.4.30
 
訳詩II
ヴェルレーヌ詩集…………………………… 5
土星の子の歌……………………………… 7
ウーゼェヌ・カリエールに(序詞)… 7
かえらぬ昔……………………………… 7
三年後…………………………………… 8
ねがい…………………………………… 9
倦怠……………………………………… 9
よく見る夢………………………………10
ある女に…………………………………11
パリ・スケッチ…………………………11
煩悶………………………………………12
夜の印象…………………………………12
グロテスクな人たち……………………13
沈む日……………………………………14
センチメンタルな散歩…………………15
歌垣夜宴…………………………………16
秋の歌……………………………………17
女と牝猫…………………………………18
おぼこ娘の歌……………………………18
夕ぐれの時………………………………19
地下の市…………………………………20
あるダリア………………………………21
接吻………………………………………22
パリの夜…………………………………22
艶かしきうたげ……………………………26
月の光……………………………………26
パントマイム……………………………27
草の上……………………………………27
小道………………………………………28
そぞろあるき……………………………28
洞窟のなか………………………………29
初々しい人たち…………………………29
お供のものども…………………………30
貝がら……………………………………31
スケートしながら(別題 氷上四季)……31
傀儡………………………………………34
恋びとの国………………………………34
舟の上……………………………………35
フォーヌ…………………………………35
マンドリン………………………………36
クリメーヌに……………………………36
ふみ………………………………………37
呑気な恋人たち…………………………38
コロンビーヌ……………………………39
地に堕ちたキュピド……………………40
忍び音に…………………………………41
わびしい対話……………………………42
やさしい歌…………………………………43
沈みがちな気持の………………………43
黎明がひろがり…………………………43
消え行く前に……………………………44
白き月かげ………………………………45
汽車の窓から……………………………46
後光の中の………………………………47
炉のほとり………………………………47
本当を言えば……………………………48
酒場のもの音……………………………49
そうしましょうね?……………………49
それは夏の明るい………………………50
つれない世路を…………………………50
冬は終りに………………………………51
無言の恋歌…………………………………52
忘れた小曲………………………………52
その1 そはやるせなの………………52
その2 ささめきの声は………………53
その3 巷に雨の降るごとく…………54
その4 そうなの、赦しあうのが……54
その5 白魚の細き指の………………55
その7 たったひとりの………………55
その8 広い野にみなぎり渡る………56
その9 川ぎりとざす…………………57
ベルギー風景……………………………57
ワルクール……………………………57
シャルルロア…………………………58
ブリュッセル その1 ………………59
ブリュッセル その2 ………………60
マリーヌ………………………………61
夜の鳥……………………………………62
水彩画の章の内…………………………66
グリーン………………………………66
スプリーン……………………………66
ストリーツ その1 …………………67
ストリーツ その2 …………………68
乙女妻…………………………………68
若い哀れな羊飼い……………………69
ビーム…………………………………70
ロンドン・ブリッジ…………………70
知恵…………………………………………71
初版の自序………………………………71
知恵 巻の一……………………………72
1 黙々と馬を駆る……………………72
5 女たちの美しさ……………………73
6 おお、君たち………………………74
7 終日照り続けた……………………75
8 安易ながらも………………………75
16 君がためにと ……………………76
17 いとも小さく ……………………77
22 わが魂よ、なぜ悲しんだり ……78
知恵 巻の二……………………………79
1 おお、わが神よ……………………79
4 その1 神われに宣いぬ……………81
4 その2 われ答えて言いぬ…………82
4 その3 ――われを愛せ!…………83
4 その4 ――主よ、そは過ぎたり…83
4 その5 ――われを愛せ……………84
4 その6 ――主よ、われ怖る………85
4 その7 ――そは可能なり…………86
4 その8 ――ああ、主よ……………87
4 その9 ――哀れなる魂よ…………88
知恵 巻の三……………………………88
3 希望は家畜小屋の…………………88
4 おとなしい孤児として……………89
5 暗く果てなき………………………90
6 屋根の向うに………………………90
7 なぜかは知らぬが…………………91
9 とぎれとぎれに吠えながら………92
13 生垣はむっくりした ……………92
15 大寺院よりも ……………………93
昔と今………………………………………94
巻頭前口上………………………………94
ピエロ……………………………………95
詩法………………………………………96
おかしな忠告……………………………97
厭な奴……………………………………99
愛………………………………………… 100
X夫人に ……………………………… 100
或るやもめの言葉…………………… 101
ヴィクトル・ユーゴーに…………… 102
リュシアン・レチノア詩篇………… 103
1 私の息子は……………………… 103
5 愛に夢中になる(断章)……… 104
10 彼、スケートが ……………… 105
13 よかった、やっと …………… 105
20 慈善病院の一室で …………… 106
平行して………………………………… 107
無実の印象…………………………… 107
同じく又……………………………… 108
バルコンの上………………………… 109
奉献……………………………………… 110
E……に与う ………………………… 110
幸福……………………………………… 111
この陽気すぎる男に………………… 111
正直な貧乏人よ……………………… 113
靄こめて……………………………… 113
一生がもし…………………………… 114
彼女を讃える頌歌……………………… 115
心しずかに…………………………… 115
罵詈……………………………………… 117
メッツ(断章)……………………… 117
旧稿拾遺………………………………… 118
PER AMICA SILENTIA………………… 118
公立病院医員ドクトルグマムメ氏に与ふる嘲罵…… 118
ランボー詩集……………………………… 121
初期詩篇………………………………… 123
みなし児たちのお年玉……………… 123
感触…………………………………… 127
太陽と肉体…………………………… 127
オフェリア…………………………… 132
偽善者の天罰………………………… 133
ヴィナス水浴………………………… 134
音楽につれて………………………… 135
何がニナを引止める………………… 136
三度接吻のある喜劇………………… 140
小説…………………………………… 141
のぞき見する子どもたち…………… 143
七歳の詩人たち……………………… 144
冬のための夢………………………… 146
「居酒屋みどり」で………………… 147
谷間に眠る者………………………… 148
おませな娘…………………………… 148
戸棚…………………………………… 149
わが放浪……………………………… 150
戦禍…………………………………… 150
裏切られた心臓……………………… 151
夕べの祈り…………………………… 152
ジャンヌ・マリーの手……………… 152
虱さがしの娘たち…………………… 155
母音…………………………………… 155
四行詩(別題 ヴィナス生誕)…… 156
酔いどれ船…………………………… 156
後期詩篇………………………………… 160
なみだ………………………………… 160
鴉たち………………………………… 161
愛の沙漠……………………………… 162
渇きの喜劇…………………………… 164
新所帯………………………………… 168
永遠…………………………………… 168
最高の塔の歌………………………… 169
幸福…………………………………… 171
アルメであるか……………………… 171
黄金時代……………………………… 172
饑餓の祝祭…………………………… 173
地獄の一季……………………………… 174
うわごと その2 …………………… 174
イリュミナシヨン……………………… 181
つくり話……………………………… 181
大洪水の直後………………………… 182
王威…………………………………… 183
或る理性に…………………………… 184
ミスチック…………………………… 184
花たち………………………………… 185
黎明…………………………………… 185
海景…………………………………… 186
精霊…………………………………… 186
グールモン詩集…………………………… 189
シモーヌ 田園詩……………………… 191
1 毛…………………………………… 191
2 野ばら……………………………… 192
3 柊…………………………………… 193
4 霧…………………………………… 194
5 雪…………………………………… 195
6 落葉………………………………… 195
7 川…………………………………… 196
8 果樹園……………………………… 198
9 庭…………………………………… 199
10 水車 ……………………………… 200
11 寺 ………………………………… 201
心の風景………………………………… 203
夏の夫人……………………………… 203
秋の歌………………………………… 203
秋の夫人……………………………… 205
大白百合……………………………… 206
ペルシャ唄…………………………… 207
レダ…………………………………… 207
博物館黄昏…………………………… 208
抒情小曲……………………………… 209
あらしの薔薇………………………… 209
田園四季……………………………… 210
黄昏…………………………………… 211
邪祷……………………………………… 212
1 汝が手をば讃えさせよ…………… 212
2 汝が目をば讃えさせよ…………… 212
3 汝が乳房を讃えさせよ…………… 213
4 汝が下腹部を讃えさせよ………… 213
5 汝が口を讃えさせよ……………… 213
6 汝が足を讃えさせよ……………… 214
7 汝が魂を讃えさせよ……………… 214
象形文字………………………………… 215
夢の面影……………………………… 215
微笑…………………………………… 215
ブロンドの林………………………… 217
古びた手箱……………………………… 219
夢……………………………………… 219
羊歯…………………………………… 219
宝石箱………………………………… 220
ネックレス………………………… 220
ブレスレット……………………… 220
指輪………………………………… 220
時計………………………………… 221
鎖…………………………………… 221
在天の諸聖女…………………………… 221
献呈文………………………………… 221
奉納文………………………………… 221
アガート……………………………… 222
アニエス……………………………… 223
アンジェール………………………… 223
カセリーヌ…………………………… 223
コレット……………………………… 224
フランソアーズ……………………… 224
ジュヌヴィエーヴ…………………… 224
ジェルトリュード…………………… 225
ギュデュル…………………………… 225
エレーヌ……………………………… 225
ジャンヌ……………………………… 226
ジュリー……………………………… 226
マルセル……………………………… 227
マルグリット………………………… 227
マリー………………………………… 227
マッチルド…………………………… 228
ナタリー……………………………… 228
ポール………………………………… 228
ユルジュル…………………………… 229
ジット………………………………… 229
手………………………………………… 230
手……………………………………… 230
遺稿……………………………………… 231
アマゾーヌに与える歌……………… 231
十月のばら…………………………… 232
白ばらの歌…………………………… 233
散文詩…………………………………… 234
かの女には肉体がある……………… 234
声……………………………………… 245
幻……………………………………… 245
アポリネール詩集………………………… 247
動物詩集 又はオルフェ様の供揃い… 249
獣……………………………………… 249
オルフェの詠唱…………………… 249
亀…………………………………… 249
馬…………………………………… 249
チベット山羊……………………… 250
蛇…………………………………… 250
猫…………………………………… 250
ライオン…………………………… 250
野うさぎ…………………………… 251
家うさぎ…………………………… 251
駱駝………………………………… 251
はつか鼠…………………………… 251
象…………………………………… 252
虫……………………………………… 252
オルフェの詠唱…………………… 252
毛虫………………………………… 252
はえ………………………………… 253
蚤…………………………………… 253
いなご……………………………… 253
毛虱………………………………… 253
魚……………………………………… 254
オルフェの詠唱…………………… 254
イルカ……………………………… 254
蛸…………………………………… 254
くらげ……………………………… 255
ざりがに…………………………… 255
鯉…………………………………… 255
鳥……………………………………… 256
オルフェの詠唱…………………… 256
人魚たち…………………………… 256
白鳩………………………………… 256
孔雀………………………………… 257
みみずく…………………………… 257
アイビス…………………………… 257
牡牛………………………………… 257
注解…………………………………… 258
アルコール……………………………… 262
地帯…………………………………… 262
ミラボー橋…………………………… 268
いぬさふらん………………………… 269
アンニー……………………………… 270
クロチルド…………………………… 271
マリジビル…………………………… 271
マリー………………………………… 272
白雪…………………………………… 273
サロメ………………………………… 273
辻芸人………………………………… 274
ジプシー女…………………………… 275
秋……………………………………… 275
ロズモンド…………………………… 276
ラインの夜…………………………… 276
鐘……………………………………… 277
ローレライ…………………………… 277
一九〇九年…………………………… 280
獄中歌………………………………… 281
病める秋……………………………… 283
狩の角笛……………………………… 284
Vitam Impendere Amori ……………… 285
恋は死んだ…………………………… 285
色の褪せた夕ぐれの中で…………… 285
見棄てた僕の青春よ………………… 286
カリグラム……………………………… 287
雲の幽霊……………………………… 287
雨がふる……………………………… 290
刺殺された鳩と噴水………………… 290
彼女の名はルー……………………… 291
はがき………………………………… 292
交代…………………………………… 292
消えた美女…………………………… 293
見つかった捲毛……………………… 293
露営のともしび……………………… 294
騎兵のお別れ………………………… 294
演習行………………………………… 295
出発…………………………………… 295
未来…………………………………… 296
小鳥が歌う…………………………… 296
詩人名誉を歌う……………………… 297
或る星の悲哀………………………… 299
手紙…………………………………… 300
詩集……………………………………… 302
祝婚歌………………………………… 302
或る詩………………………………… 303
もっと速く行こう…………………… 303
出鱈目集………………………………… 305
星……………………………………… 305
帽子‐墓……………………………… 305
雑集……………………………………… 306
贈物…………………………………… 306
シャンソン…………………………… 306
昨日…………………………………… 307
蛙の住む沼…………………………… 307
シネマへ行く前……………………… 308
村娘…………………………………… 308
ムールムロン‐ル‐グランから…… 309
万一僕が戦線で死んだとしたら…… 310
69(696666……69)………………… 312
真夜中………………………………… 313
ワセリン……………………………… 313
双生児………………………………… 314
懺悔…………………………………… 314
わびしい監視兵………………………… 316
心臓よ………………………………… 316
やれいいの やれわりいの………… 316
自殺者………………………………… 317
シャンソン…………………………… 317
花の裸体……………………………… 318
葬式…………………………………… 318
お祈り………………………………… 319
ヘレナ………………………………… 320
恋人よ 僕は知らない……………… 321
当部隊では…………………………… 322
秋の悲哀……………………………… 323
最後の一章…………………………… 323
スタヴロ詩篇…………………………… 324
恋……………………………………… 324
白鳥…………………………………… 324
恋びと………………………………… 324
僕はもう知らない…………………… 324
マレイ………………………………… 325
熟睡…………………………………… 326
ライン詩篇……………………………… 327
或る夏の夕…………………………… 327
悲歌…………………………………… 327
受難…………………………………… 328
日ぐれ時……………………………… 329
いんげんの花をお持ちのケルンのお寺の聖母像…… 329
ホテル………………………………… 330
ダイヴィング………………………… 330
渡船…………………………………… 331
イヴォンヌ詩篇………………………… 332
となりの女よ………………………… 332
あなたは果樹園……………………… 333
詩ぶみ………………………………… 334
詩ぶみ 又…………………………… 335
イヴォンヌ…………………………… 335
秘帖……………………………………… 335
秘めごと歌 第1番 ………………… 335
秘めごと歌 第4番 ………………… 338
秘めごと歌 第9番 ………………… 339
秘めごと歌 第11番………………… 339
秘めごと歌 欠番…………………… 340
696666……69(別稿)……………… 341
旧稿拾遺………………………………… 342
ふられた男の歌……………………… 342
行列…………………………………… 352
旅行者………………………………… 354
盗賊…………………………………… 356
ランドア・ロードの移民…………… 361
婚約(抜萃)………………………… 363
窓……………………………………… 365
丘……………………………………… 366
木……………………………………… 373
月曜日クリスティーヌ街…………… 375
サン‐メリーの音楽師……………… 376
何時だつて…………………………… 380
勝利…………………………………… 381
赤毛の美人…………………………… 384
思ひ出………………………………… 386
アンナの園生で……………………… 387
一九〇四年…………………………… 388
鰻……………………………………… 389
信号火箭……………………………… 390
夢判断………………………………… 390
海豹…………………………………… 393
峡湾…………………………………… 394
ルーの花絡…………………………… 394
恋と侮蔑と希望と…………………… 396
戦ふ薔薇……………………………… 399
飛行機………………………………… 399
殺人犯………………………………… 401
ありのまま…………………………… 401
一九一五……………………………… 402
シュペルヴィエル詩集…………………… 403
荷揚場…………………………………… 405
死を待ちながら……………………… 405
林……………………………………… 405
あのどんよりした雲のうしろ……… 406
ブラジルの寄港地…………………… 407
闘牛…………………………………… 408
戦友…………………………………… 408
乗込み………………………………… 409
椰子の木影で………………………… 409
逃走…………………………………… 410
引力……………………………………… 410
肖像…………………………………… 410
生存者………………………………… 413
炎の尖端……………………………… 414
ロートレアモンに…………………… 415
海へ投身した男……………………… 417
生きる………………………………… 419
一つの声が…………………………… 419
死美人………………………………… 420
昨日と今日…………………………… 420
動作…………………………………… 420
沖合…………………………………… 421
出帆…………………………………… 421
上甲板………………………………… 422
沖の下………………………………… 423
交換…………………………………… 423
巡回の道……………………………… 424
無実の囚人……………………………… 424
囚人…………………………………… 424
心臓…………………………………… 428
据える………………………………… 430
据える……………………………… 430
煙と叫喚の………………………… 430
この顔の…………………………… 431
平野の女よ………………………… 431
あらゆるものが…………………… 432
或る顔が…………………………… 432
しばらくひとりで…………………… 433
分散…………………………………… 434
おきき………………………………… 434
ドアよ、ドアよ……………………… 435
僕は一本のポプラを………………… 435
オロロン‐サント‐マリー………… 435
Whisper in agony…………………… 439
請願書………………………………… 439
無神…………………………………… 440
カルナヴァレ博物館………………… 442
天の火………………………………… 443
ねざめ………………………………… 445
光りが……………………………… 445
夜の斜面に………………………… 445
自分さえない……………………… 445
モンテヴィデオの………………… 446
それ…………………………………… 446
それは……………………………… 446
今日の一日が……………………… 447
この沈黙のうしろ…………………… 447
夕ぐれ……………………………… 447
明るい鐘の音を…………………… 448
厳めしい肩つきの………………… 448
君の心臓……………………………… 449
天空…………………………………… 449
仔鹿…………………………………… 450
灰色の支那の牛が…………………… 451
太陽が………………………………… 451
森の奥………………………………… 452
眠る湖………………………………… 452
未知の友ら……………………………… 453
時間の馬たち………………………… 453
顔……………………………………… 453
呼びかけ……………………………… 454
魂……………………………………… 454
舟あと………………………………… 455
この手………………………………… 455
恋愛…………………………………… 456
或る詩人……………………………… 456
すると物体が………………………… 457
ドア…………………………………… 457
犬……………………………………… 458
追従者………………………………… 458
魚……………………………………… 458
羚羊…………………………………… 459
漂泊びと……………………………… 459
彼ひとり……………………………… 460
第二の自我…………………………… 460
難破…………………………………… 461
他界の忍者…………………………… 461
川と一緒に歌うには………………… 461
席を譲る……………………………… 462
その他の詩篇(落穂集)……………… 463
古参の地平線………………………… 463
この孤独の…………………………… 463
旧稿拾遺………………………………… 464
知られぬ海…………………………… 464
僕は一人海上に……………………… 464
闇が渇きを…………………………… 465
コクトー詩集……………………………… 467
序………………………………………… 469
永眠論…………………………………… 469
月桂樹への呪い(断章)…………… 469
ポエジー………………………………… 471
マリー・ローランサン……………… 471
言葉の放列…………………………… 472
港……………………………………… 474
正午…………………………………… 474
踊子…………………………………… 475
耳……………………………………… 475
無韻詩………………………………… 475
ロマンス……………………………… 476
お伽の国……………………………… 476
言い回し……………………………… 477
かわいそうなジャン………………… 477
ピカソに捧げるオード……………… 478
1 正座の人………………………… 478
2 九人の美神……………………… 479
海底の春……………………………… 481
モンマルトルのお祭り……………… 482
芝居…………………………………… 482
シャボン玉…………………………… 483
自然界の驚異………………………… 483
みかけ………………………………… 484
アイン ズワイ ドライ…………… 484
翻訳向きの詩………………………… 485
呉須の秘密…………………………… 486
朝のマルセイユ……………………… 486
心臓の由々しさ……………………… 487
島々…………………………………… 487
地球…………………………………… 488
オリーヴの木を賛める……………… 489
ハンカチ……………………………… 489
空気息子……………………………… 490
おせじ………………………………… 491
港町……………………………………… 492
海よ…………………………………… 492
帆船…………………………………… 493
娼家…………………………………… 493
出船…………………………………… 493
唄……………………………………… 493
レア…………………………………… 494
メルセデス…………………………… 494
港の景色……………………………… 494
五月の朝……………………………… 495
さとり………………………………… 495
人魚…………………………………… 495
山鳩…………………………………… 495
よいもの……………………………… 496
ギター………………………………… 496
娼婦たち……………………………… 497
黒人と美女…………………………… 497
腕章…………………………………… 497
ユリシスの一党……………………… 497
オルタンス…………………………… 498
落書…………………………………… 498
女たち………………………………… 498
少年水夫……………………………… 499
手風琴………………………………… 499
酒場…………………………………… 499
黒奴美人……………………………… 500
蝿……………………………………… 500
いい男………………………………… 500
ホームシック………………………… 501
うろこ雲……………………………… 501
いい気候……………………………… 501
用語集…………………………………… 502
場合の作……………………………… 502
ヴェニスの恋人たち………………… 502
ミス・アエロジーヌ、飛女………… 502
水浴女人……………………………… 503
或る白鳥の死………………………… 503
偶像…………………………………… 505
北の風習……………………………… 505
猫……………………………………… 506
活火山ヴェスヴィアス……………… 507
海水浴場トルーヴィル……………… 507
現行犯………………………………… 507
手風琴 又…………………………… 507
ま夜半………………………………… 508
銀髪も、若々しさが戴くと………… 508
天使の背中…………………………… 508
犬は近くで吠え……………………… 509
三十になった詩人…………………… 509
夜曲…………………………………… 510
嬉しいことも………………………… 510
サフォの墓…………………………… 512
ソクラテスの墓……………………… 513
ナルシスの墓………………………… 513
或る川の墓…………………………… 513
ドン・ファンの墓…………………… 514
アルキビアデスの犬の墓…………… 514
朝の鐘………………………………… 514
武器飾………………………………… 514
奇蹟…………………………………… 515
村へ来た天使ガブリエル…………… 515
小鳥は雪で…………………………… 516
野ばら………………………………… 516
不器用な天使たちが………………… 517
グレコ………………………………… 517
こうと私を?………………………… 518
平調曲…………………………………… 519
第1部 ………………………………… 519
時間という………………………… 519
絶えず文なしの…………………… 520
僕の天使よ、願わくは…………… 520
僕が楽しんだり…………………… 520
やがてして後世が………………… 521
僕の天使よ、ごらん……………… 521
第2部 ………………………………… 522
僕はすべてが忘れたい…………… 522
僕は眠りたくない………………… 523
夢から半ば醒めかけて…………… 524
たよりない伴侶…………………… 524
恋のベッドよ……………………… 525
眠る顔の上の詐の………………… 525
僕らの恋の組紐は………………… 525
僕はいつも驚きの目を…………… 526
いざまさに夢の波間に…………… 526
僕らふたりが……………………… 527
僕は太陽がまともに……………… 527
ばらの花びらそっくりの………… 528
傲慢が僕には崇る………………… 528
僕は房事へと戻り………………… 529
僕はもうしないつもりだ………… 530
僕はたまにしか旅行は…………… 530
正直に僕は信じて………………… 531
急ぐべきだ………………………… 531
さっそくもう僕は………………… 532
第3部 ………………………………… 532
植木が回るあれに似て…………… 532
博物館の金ぴかの………………… 533
オーリックよ、ミローよ………… 533
この集の僕の詩風が……………… 533
吊燭台と同じに…………………… 534
僕にはもう訊いて下さるな……… 534
あの姉妹たちも…………………… 535
人の気になぞ入るまいと………… 535
天使ウルトビーズ……………………… 536
1 天使ウルトビーズ、桟敷の……… 536
2 天使ウルトビーズ、信じ難い…… 536
3 天使ウルトビーズが僕を………… 537
4 天使ウルトビーズと戦争で……… 537
5 天使ウルトビーズよ、僕の……… 537
6 水を衣裳の天使…………………… 538
7 天使ウルトビーズ、富め………… 538
8 天使ウルトビーズが、動物の…… 538
9 天使ウルトビーズよ、僕は……… 539
10 天使ウルトビーズよ、『天使祝詞』を…… 539
11 天使ウルトビーズ、ダンジュー街…… 540
12 天使ウルトビーズの死は ……… 540
13 ウルトビーズ、おお、僕の …… 540
14 ウルトビーズよ、僕の魂から … 541
15 天使ウルトビーズよ、蝶たちは…… 541
調書…………………………………… 541
オペラ…………………………………… 542
自画像………………………………… 542
傷ついた祈り………………………… 544
スペインがるたをしながら眠る人たち…… 547
悪い生徒……………………………… 548
舌出し天使…………………………… 549
いたずらながら素晴しい…………… 549
日曜の朝……………………………… 550
日曜の夕……………………………… 550
軽い牧場……………………………… 551
胸像…………………………………… 552
ギリシャ劇…………………………… 552
青い錨亭……………………………… 553
マルタンガル………………………… 554
No man's land ……………………… 554
睡眠者のモデル……………………… 555
結婚指輪……………………………… 555
探偵…………………………………… 556
音楽列車……………………………… 557
眠る若い娘さん……………………… 558
最重要な忠告………………………… 558
赤面する……………………………… 559
ひとかどい…………………………… 560
赤い包み……………………………… 561
塑像に落書する危険………………… 562
寓意詩………………………………… 562
学友…………………………………… 562
旅中作 その11……………………… 563
はりつけ………………………………… 563
1 晴朗無上のお方様………………… 563
2 簀…………………………………… 564
3 晴朗無上のお方様………………… 564
4 リンネルがひろげてある………… 565
5 おっしゃって下さい……………… 565
6 四角な立木………………………… 566
7 それは色褪せ……………………… 566
8 地獄のような道具だては………… 567
9 かつて一度でも…………………… 567
10 真赤な梯子から ………………… 568
11 打撃があった …………………… 568
12 ひどいことさね ………………… 569
13 この極度の混乱の ……………… 569
14 あまりにも有名な ……………… 570
15 たいそう不機嫌な ……………… 570
16 難 ………………………………… 570
17 怪我をするのは ………………… 571
18 晴朗無上のお方様 ……………… 571
19 黄金虫を飼っておく …………… 571
20 すべておったまげた …………… 572
21 言うに言われない事は ………… 573
22 ここに側面の一つは …………… 573
23 リボンをつけた ………………… 573
24 それは沈黙の布を ……………… 574
25 ひざまずいて右に ……………… 574
幽明集…………………………………… 575
序……………………………………… 575
暗号通信……………………………… 575
一人一党…………………………… 575
つまらぬ硝子の…………………… 576
ゼノアの牢獄に…………………… 576
我を張り続けて…………………… 577
道は短い…………………………… 578
嘲けられ…………………………… 578
あの当時…………………………… 578
君は信じた………………………… 579
睡眠と死とが……………………… 580
残念だ……………………………… 580
逝ったみたいな…………………… 581
かつては睡眠を…………………… 581
人は出て…………………………… 582
何ひとつ終りはしない…………… 582
生きていれば……………………… 583
この変てこな……………………… 584
裸体以上に………………………… 585
死神よ……………………………… 585
ジプシー…………………………… 586
拭かずにおく……………………… 586
どの指で…………………………… 587
見るから似合いの………………… 587
庭よ………………………………… 588
枝先に……………………………… 589
エロスよ…………………………… 589
雑詩篇…………………………………… 590
若い女………………………………… 590
部屋…………………………………… 590
せんたく……………………………… 591
中国の死刑執行人…………………… 591
プラド美術館のゴヤ………………… 591
旧稿拾遺………………………………… 592
バットリイ…………………………… 592
新婚旅行……………………………… 593
空の遊戯……………………………… 593
裏と表………………………………… 594
原罪…………………………………… 596
不眠の夜 或ひは恐怖鳩…………… 597
旅の詩 その3 ……………………… 598
旅の詩 その9 ……………………… 598
数学…………………………………… 598
アポロを探せ………………………… 599
解答…………………………………… 601
エリック・サティ礼讃……………… 602
驟雨模様……………………………… 602
写真…………………………………… 603
郵便切手……………………………… 603
血……………………………………… 603
生徒ダルジュロス…………………… 604
雪…………………………………… 604
鶏…………………………………… 604
学芸会……………………………… 605
美しさ……………………………… 605
悪党面……………………………… 606
貂のお手柄…………………………… 606
イヴァン・ゴル詩集……………………… 607
新オルフェ……………………………… 609
太陽…………………………………… 609
出発…………………………………… 609
時計塔………………………………… 610
日ごと………………………………… 610
無線電話……………………………… 610
死の地下鉄……………………………… 611
小さな溜息…………………………… 611
十二歳………………………………… 611
乗客…………………………………… 611
自転車のり…………………………… 612
頭……………………………………… 612
運転休止……………………………… 612
手……………………………………… 613
不幸にも……………………………… 613
個人…………………………………… 614
心のなやみ…………………………… 614
母性…………………………………… 614
眠る人々……………………………… 615
馬来乙女マニヤナの歌える…………… 616
1 あなたの舟が……………………… 616
2 籐の若芽の………………………… 616
3 雷さまが…………………………… 616
4 あなたが近づいて………………… 617
5 茴香のように……………………… 617
6 生れた時から……………………… 617
7 あの楠の木の……………………… 618
8 あたしがなりたく思うのは……… 619
9 赤胡椒の木が……………………… 619
10 百本のレモンの…… …………… 619
11 あなたに知っていただいて………… 620
12 あたしは壷…… ………………… 620
13 王様の道を…… ………………… 621
14 あたしは土地…… ……………… 621
15 あたしが誰だか…… …………… 621
16 火山が唇を…… ………………… 621
17 あたしはあなたの…… ………… 622
18 あたしの乳房の…… …………… 622
19 主よ おんみ…… ……………… 623
20 死よりも深いあなたの…… …… 623
21 あたしの門の…… ……………… 623
22 あたしは砂でしか…… ………… 623
23 昨夜一羽の…… ………………… 624
24 鈍重な水牛たちに…… ………… 625
25 あたしの恋人は…… …………… 625
26 あなたを迷わす…… …………… 625
27 あたしは七つの…… …………… 626
28 あなたを思って…… …………… 626
29 あなたは貪婪な…… …………… 626
30 あたしの恋人は漁師…… ……… 627
31 あたしは無花果の…… ………… 627
32 いつもの朝と…… ……………… 628
33 香ばしい雪の…… ……………… 628
34 魔法使の…… …………………… 629
35 神々よ…… ……………………… 629
36 素馨の白い…… ………………… 629
37 どこやらで生姜の…… ………… 630
38 あたしの肉の…… ……………… 630
39 死んだ女の肉体に…… ………… 630
40 あらゆる花を…… ……………… 631
宿なしジャンの歌……………………… 631
地球のまわりを七まわり…………… 631
宿なしジャンは独り行く………… 631
橋の上の宿なしジャン…………… 633
山巓の宿なしジャン……………… 636
鏡の前の宿なしジャン…………… 638
宿なしジャン………………………… 641
さすらいのユダヤ人と出合う…… 641
ドン・ファン宿なし………………… 645
妻もなし…………………………… 645
春と死に真向きの宿なしジャン… 647
宿なしジャンの地獄めぐり……… 650
宿なしジャンの未来宣言………… 653
反ばら…………………………………… 656
彼女たちは…………………………… 656
ソロモンによれば…………………… 656
夜の映写幕の上に…………………… 657
こわがるな…………………………… 657
魔女見習……………………………… 658
君の夢たちを牧場へ連れ出す……… 658
いやだ 僕は死にたくない………… 659
君を愛してた………………………… 659
詩人の職業…………………………… 660
旧稿拾遺………………………………… 661
アルプス小三部曲…………………… 661
1 谷………………………………… 661
2 山………………………………… 661
3 氷河……………………………… 662
クレール・ゴル詩集……………………… 663
一万回の朝ぼらけ……………………… 665
ありとあらゆる軟水は……………… 665
あたし怖いの………………………… 665
どこにあたしが居ようとも………… 666
今夜は外出なさらないで…………… 666
ご自分の頭の上を…………………… 667
あたしを引裂いておくれ…………… 668
あなたに愛されて十年ね…………… 668
以前あなたはあたしの名を………… 668
春です………………………………… 669
なぜしておかなかったのでしょう… 670
あたし一生…………………………… 670
あたし街にも………………………… 671
反ばら…………………………………… 672
五月よ やさしい革命家よ………… 672
電気ショート………………………… 672
時間の貯金…………………………… 673
女奴隷………………………………… 674
赦せ! とあなたはおっしゃるが… 675
額の裏を映写幕に…………………… 676
容赦…………………………………… 676
子守唄………………………………… 677
L'Ignif re(火を導くもの)………… 678
ヨカナン……………………………… 678
大晦日の思い………………………… 679
浸蝕作用……………………………… 680
未刊詩篇………………………………… 681
地震…………………………………… 681
デスノス詩集……………………………… 683
おお、恋の苦悩よ……………………… 685
眠りの空間……………………………… 686
余りに君を夢みたので………………… 689
夜陰に乗じて…………………………… 690
運天自在………………………………… 691
まほろばの人生行路…………………… 692
涸れた泉………………………………… 694
人魚……………………………………… 695
狼………………………………………… 696
文学……………………………………… 697
見たことない…………………………… 697
僕の人魚………………………………… 698
断腸花第二歌…………………………… 700
睡蓮の花咲く川………………………… 700
日ごと夜ごとの歌……………………… 702
水浴……………………………………… 703
浦島太郎の身の上ばなし……………… 706
首無し四人組…………………………… 708
お伽ばなし……………………………… 710
失題……………………………………… 710
深夜に目ざめて………………………… 711
雲………………………………………… 712
端唄……………………………………… 712
1 いつまでも………………………… 712
2 ふたりが…………………………… 712
3 僕の嫉妬は………………………… 713
お靴の裂けた蛙さん…………………… 713
どうどうめぐり………………………… 714
尖った正方形…………………………… 714
あの角度………………………………… 714
今日僕は昔の友と……………………… 715
或る駱駝の身の上ばなし……………… 716
朝の五時………………………………… 717
大木戸サン‐マルタンとサン‐ドニ大木戸の唄…… 717
谷底からの叫び声……………………… 718
夏の歩道の唄…………………………… 719
天主閣の昔を偲び 今の虜囚が自ら傷む歌…… 719
かつては戦争を………………………… 720
四季……………………………………… 721
両替橋の夜警番………………………… 722
墓所……………………………………… 726
蟻………………………………………… 727
訳註・註解………………………………… 729
*作品細目………………………………… 765
*校異・校註……………………………… 795
*解題……………………………………… 805
 

第4巻 1982.12.30
 
訳詩III
アンドレ・ワルテルの詩(アンドレ・ジイド)…… 5
まへがき…………………………………… 7
アンドレ・ワルテルの詩………………… 8
1 愛人よ………………………………… 8
2 新しいラムプが……………………… 9
3 或る晩のこと…………………………10
4 月触……………………………………11
5 わたし達が眠つてゐて………………11
6 私は知つてゐる………………………12
7 夜曲……………………………………13
8 わたし達は、すでに幸福が…………14
9 以前わたし達には……………………15
10 或る朝、つひにわたし達の部屋の……15
11 或る朝、つひに ……………………16
12 並木道 ………………………………16
13 浄めの水 ……………………………17
14 至 ……………………………………18
15 庭 ……………………………………19
16 山嶽 …………………………………19
17 埋立地 ………………………………20
18 二重の曠野 …………………………20
19 海角 …………………………………21
20 小山の間に長く続いて ……………21
果樹園(ライナア・マリア・リルケ)……23
果樹園………………………………………25
1 今宵わたしの心は歌はせる…………25
2 宵のランプ、わたしの打明け話のしとやかな聴き手よ……25
3 静にしておいで、もし不意に………25
4 幾たび人は花たちに向つて…………26
5 大ていがまづ林檎に向つて…………26
6 誰も知らない…………………………27
7 掌………………………………………27
8 最後の一つ手前のわれ等の言葉は…27
9 或る神を讃めたたへると……………28
10 彼が自力で満した …………………28
11 豊穣の角 ……………………………28
12 ヴェネチヤ玻璃の酒杯が …………29
13 象牙彫りの断片 ……………………29
14 夏姿 …………………………………30
15 愛する人のため息のまはりに ……30
16 陶物の可愛い天使よ ………………31
17 誰が恋の寺院を損ひ果したか? …31
18 忙しく走る水よ ……………………31
19 エロス ………………………………32
20 悪戯好きの波が来て ………………34
21 複雑な機智に隠れた ………………34
22 天使たち、この頃大そう遠慮勝ち!……34
23 豪奢の奥にをさまつた羅馬法王 …35
24 あらゆる外力を受け容れる ………35
25 互に拒み合ふ神々と ………………36
26 噴上げ ………………………………36
27 お前の意に従ふのが時あつて何と気楽なこと……37
28 女神 …………………………………37
29 果樹園 ………………………………37
30 祖先の歓びのすべてが ……………41
31 内面肖像 ……………………………42
32 楽しい生活がどのやうだつたか …42
33 究竟は一種の出発です ……………42
34 どれだけの港が果して ……………43
35 悲しいことではないですか、僕等の眼がとぢるのは?……43
36 どのみちすべてが過ぎるのだ ……44
37 しばしば僕等に先んじて …………44
38 天使たちから眺めたら ……………44
39 おお、わが友どちよ ………………45
40 水に浮んだ白鳥が …………………45
41 かつてかりそめに通り過ぎた折 …46
42 この夕何ものか空気の中を通り過ぎ……46
43 或る馬は泉へ来て水を飲む ………47
44 春 ……………………………………47
45 この光線にあるのだらうか ………50
46 ブロンドの日光の中を ……………50
47 冬の間の無地の沈黙が ……………50
48 春の霞の仮面から …………………51
49 国旗 …………………………………51
50 窓 ……………………………………52
51 蝋燭を吹き消すと …………………53
52 それは何時までも続く風景です …53
53 さまざまに人は言葉を組み合せ …54
54 僕はその動物の目の中に …………54
55 つまらないことにまで、何故このやうに……54
56 眠る女 ………………………………55
57 牝鹿 …………………………………55
58 暫く足を休めませう、お話しませう……55
59 僕のすべての離別は遂げられた …56
ヴァレの四行詩……………………………56
1 小さな滝………………………………56
2 山腹に…………………………………57
3 光のばら………………………………57
4 年ふりた在所…………………………57
5 蔦かづらに沿ふ………………………58
6 予言者たちももの言はぬ静かな土地……58
7 君に見えるか、黒ずんだあの松の間の……58
8 おお、夏の日は楽し…………………59
9 天へ舞ひ立ちさうなあの斜面の上に……59
10 果物に、見事なテレビンの枝や …59
11 とにかくに、捧げ持つて行きませう、あのお堂の中へ……60
12 鐘楼が歌ひます ……………………60
13 農民の誠実な心を心棒に …………61
14 高茂る草野には紫に近いばらいろ……61
15 ここの一切は過ぎた昔の生活を歌ひつづける……61
16 何と静かな夜気が、何といふ静けさが……62
17 君が十まで数へ終るより先に ……62
18 傾斜のある葡萄畠に沿うて ………63
19 黒つぽい地味な身装が ……………63
20 可憐な一輪の鉄線花 ………………63
21 一日ぢゆう吹いた大風のあとの …64
22 母のことを語ると …………………64
23 ここで大地は、惑星としての ……64
24 またしても、おだやかな夕ぐれに交つた……65
25 埃つぽい道ぞひの …………………65
26 廃れしままに矜りかの ……………66
27 このあたり、塔も、茅屋も、石垣も……66
28 働きながら歌ふ土地 ………………66
29 多年手慣れた自分の材料を心得た……67
30 逃げたり隠れたりはせず …………67
31 牧原と牧原をつなぐだけで ………67
32 どんな女神が ………………………68
33 この空、永遠にそれを崇め ………68
34 ただに野に耕し培ふ人々の ………69
35 注意してものに聴き入る大空に …69
36 美しい蝶が地面に近く ……………69
訳者あとがき………………………………70
悪の華(シャルル・ボオドレエル)………73
読者に………………………………………75
憂鬱と理想…………………………………77
1 祝祷……………………………………77
2 信天翁…………………………………80
3 高翔……………………………………80
4 呼応……………………………………81
5 僕は好きさ……………………………82
6 燈台……………………………………83
7 病む詩神………………………………85
8 身売する詩神…………………………85
9 悪僧……………………………………86
10 敵 ……………………………………86
11 不運 …………………………………87
12 前生 …………………………………87
13 旅ゆくジプシー ……………………88
14 人間と海 ……………………………89
15 ドン・ファン地獄へ行く …………89
16 慢心の罰 ……………………………90
17 美 ……………………………………91
18 理想 …………………………………92
19 巨女 …………………………………92
20 仮面 …………………………………93
21 美への讃歌 …………………………94
22 異なにほひ …………………………96
23 髪 ……………………………………96
24 悲しみの壷よ ………………………97
25 お前は自分の閏房に ………………98
26 それでも足りない …………………98
27 波かとうねり ………………………99
28 踊る蛇 …………………………… 100
29 腐肉 ……………………………… 101
30 深淵より呼びぬ ………………… 103
31 吸血鬼 …………………………… 103
32 死体に添寝する ………………… 104
33 死後の悔恨 ……………………… 105
34 猫 ………………………………… 105
35 決闘 ……………………………… 106
36 おばしま ………………………… 107
37 憑かれた男 ……………………… 108
38 或る幽霊 ………………………… 108
1 暗闇……………………………… 108
2 香………………………………… 109
3 額縁……………………………… 109
4 肖像……………………………… 110
39 そなたにこれ等の詩篇を ……… 111
40 相も変らず ……………………… 111
41 彼女のなべて …………………… 112
42 今宵、何をか告げんとや ……… 113
43 生きた炬火 ……………………… 113
44 肩がはり ………………………… 114
45 告白 ……………………………… 115
46 心の夜明け ……………………… 116
47 夕べのしらべ …………………… 117
48 香水の壜 ………………………… 118
49 毒 ………………………………… 119
50 かげる空 ………………………… 120
51 猫 ………………………………… 120
52 美しき舟 ………………………… 122
53 旅へのいざなひ ………………… 123
54 取返へしのつかないもの ……… 125
55 おしやべり ……………………… 127
56 秋の歌 …………………………… 127
57 或るマドンナに ………………… 128
58 午後の歌 ………………………… 130
59 シジナ …………………………… 131
60 僕のフランシスカを讃める歌 … 132
61 植民地生れの或る御婦人に …… 133
62 憂鬱と放浪 ……………………… 134
63 幽霊 ……………………………… 135
64 秋の小曲 ………………………… 135
65 月の悲哀 ………………………… 136
66 猫たち …………………………… 137
67 梟 ………………………………… 137
68 パイプ …………………………… 138
69 音楽 ……………………………… 138
70 墓 ………………………………… 139
71 或る版画の幻想 ………………… 139
72 陽気な死人 ……………………… 140
73 憎しみの樽 ……………………… 141
74 破れ鐘 …………………………… 141
75 憂鬱(雨ふり月奴) …………… 142
76 憂鬱(千年も) ………………… 142
77 憂鬱(われは、雨国の……) … 143
78 憂鬱(重き空) ………………… 144
79 魔攻め …………………………… 145
80 虚無の味 ………………………… 145
81 苦悩の錬金術 …………………… 146
82 恐怖の感応 ……………………… 146
83 われとわが身を罰する者 ……… 147
84 救ひがたいもの ………………… 148
85 時計 ……………………………… 150
パリ描景………………………………… 151
86 風景 ……………………………… 151
87 太陽 ……………………………… 152
88 赭毛の乞食娘に ………………… 153
89 白鳥 ……………………………… 155
90 七人の老爺 ……………………… 157
91 小さく萎んだ老婆達 …………… 159
92 盲人たち ………………………… 163
93 行きずりの女に ………………… 163
94 耕す骸骨 ………………………… 164
95 たそがれ時 ……………………… 165
96 賭博 ……………………………… 167
97 死の舞踏 ………………………… 168
98 偽りの恋 ………………………… 170
99 僕はまだ忘れずにゐる ………… 171
100 あなたが羨望されたほど……… 171
101 霧と雨…………………………… 172
102 パリの夢………………………… 173
103 かはたれ時……………………… 175
酒………………………………………… 176
104 葡萄酒の魂……………………… 176
105 屑屋さん達の酒………………… 177
106 人殺しの酒……………………… 178
107 孤独者の酒……………………… 180
108 愛し合ふ男女の酒……………… 181
悪の華…………………………………… 182
109 破壊……………………………… 182
110 或る受難の女…………………… 182
111 呪はれた女達…………………… 185
112 仲のいい姉妹…………………… 186
113 血の泉…………………………… 186
114 寓意……………………………… 187
115 ベアトリス……………………… 188
116 シテールへの或る旅…………… 189
117 「愛の神」と髑髏……………… 191
叛逆……………………………………… 192
118 聖ペテロの否認………………… 192
119 アベルとカイン………………… 194
120 悪魔への連祷…………………… 195
死………………………………………… 198
121 愛し合ふ男女の死……………… 198
122 貧しい人たちの死……………… 198
123 芸術家の死……………………… 199
124 一日の終り……………………… 200
125 或る物好き男の夢……………… 200
126 旅………………………………… 201
漂着詩篇………………………………… 208
1 浪曼派の落日……………………… 208
『悪の華』より削除された禁断詩篇…… 208
2 レスボス………………………… 208
3 呪はれた女達(デルフィーヌとイポリト)…… 211
4 忘却の河………………………… 215
5 陽気過ぎる女に………………… 216
6 宝玉……………………………… 217
7 吸血鬼の転身…………………… 219
慇懃…………………………………… 220
8 噴水……………………………… 220
9 ベルトの眼……………………… 221
10 讃歌 …………………………… 222
11 或る顔の約束 ………………… 222
12 怪物 …………………………… 223
13 僕のフランシスカを讃める歌…… 226
題詠…………………………………… 226
14 オノレ・ドーミエ氏の肖像に寄せた詩篇…… 226
15 ローラ・ド・ヴァランス …… 227
16 『獄中のタッソー』に題す … 227
雑篇…………………………………… 228
17 声 ……………………………… 228
18 意外な事 ……………………… 229
19 あがなひ ……………………… 231
20 或るマラバル生れの女に …… 232
戯作…………………………………… 233
21 アミナ・ボシェッティの初舞台を歌ふ…… 233
22 ウジューヌ・フロマンタン氏に…… 233
23 ふざけた居酒屋 ……………… 235
悪の華 補遺…………………………… 236
続悪の華……………………………… 236
1 真夜中の反省…………………… 236
2 或る禁断の書の為めの題詞…… 237
3 悲しい恋歌……………………… 237
4 警告者…………………………… 239
5 叛逆者…………………………… 239
6 浮世はなれて…………………… 240
7 沈思……………………………… 241
8 深淵……………………………… 241
9 或るイカルスの嘆き…………… 242
10 蓋 ……………………………… 243
作者の死後の版に増補された詩篇(1868年版)…… 243
11 平和のパイプ ………………… 243
12 或る異教徒の祈り …………… 247
13 気嫌を損じた月 ……………… 247
14 テオドール・ド・バンヴィルに…… 248
註……………………………………… 249
あとがき(上巻所収)……………… 282
『悪の華』に就いて(下巻所収)… 283
ジャム詩集………………………………… 285
夜明けの鐘から日暮れの鐘まで……… 287
序詞…………………………………… 287
僕は驢馬が好きだ…………………… 287
静寂…………………………………… 289
鶴の渡りの…………………………… 291
午後…………………………………… 292
同情と愛情と嘲笑が………………… 293
少女…………………………………… 294
棚雲ひとはけ………………………… 295
過疎の村……………………………… 296
西インド諸島を……………………… 298
村の真昼どき………………………… 299
あなたは手紙で……………………… 300
古参の海軍さん……………………… 301
食堂…………………………………… 303
また秋の季節だ……………………… 304
僕は陽気だった……………………… 305
人は言う……………………………… 306
雪がふるだろう……………………… 307
昔、僕好きだった…………………… 308
昔風な東屋で………………………… 309
聞け…………………………………… 311
家うちじゅうばらと………………… 313
雨傘と………………………………… 313
お可哀いそうな校長さん…………… 314
みどりの水辺………………………… 315
君が貧しいと………………………… 316
僕が死んだとしたらその時………… 317
貧乏靴屋……………………………… 317
君も退屈か?………………………… 319
偉大なのは人間の…………………… 320
もし君に……………………………… 321
果樹園へ僕はよく…………………… 321
白雲は………………………………… 322
篩の埃………………………………… 323
やにが流れる………………………… 324
1 やにが流れる…………………… 324
2 君の見ている…………………… 324
お百姓さんは………………………… 325
水が流れてる………………………… 326
平和は森に…………………………… 327
桜草の喪………………………………… 328
驢馬と連れ立って天国へ行くための祈り…… 328
他人を幸福にするための祈り……… 329
星が一つ欲しいための祈り………… 331
子供の命乞いのための祈り………… 332
苦痛を愛するための祈り…………… 332
純真であらんがための祈り………… 333
あの連中が言ったものだ…………… 334
去年のものが………………………… 335
ブリュージ市………………………… 336
哀歌 第一…………………………… 337
哀歌 第二(断章)………………… 339
哀歌 第三…………………………… 340
哀歌 第七…………………………… 341
哀歌 第十四………………………… 342
庭のおもい……………………………… 343
博士驢馬……………………………… 343
結論…………………………………… 344
雲の切れ目……………………………… 345
秋が更けると………………………… 345
女の子が家庭年鑑を読んでいる…… 346
炉端に足を…………………………… 347
夜の沈黙の中で……………………… 347
慰めないでくれ……………………… 348
人の言葉を信じるな………………… 349
雨の雫が……………………………… 349
或る詩人が言った…………………… 350
旧稿拾遺………………………………… 350
日曜日には…………………………… 350
哀歌 第九…………………………… 351
哀歌 第十七………………………… 352
宇宙…………………………………… 354
そしりをゆるす……………………… 354
流動性………………………………… 354
二つの嘆き…………………………… 354
児等に与ふる父の言葉……………… 355
ある詩人の妻に与ふ………………… 355
うまい返答…………………………… 355
行程…………………………………… 355
踏切…………………………………… 356
牧歌…………………………………… 356
雨後…………………………………… 356
1 雨上りの壁の上に……………… 356
2 道の側に………………………… 357
3 天気は灰色だ…………………… 357
ルウルド霊験由来…………………… 357
私は忘れずに………………………… 384
時……………………………………… 385
訳詩集拾遺
サマン選集………………………………… 389
はしがき………………………………… 389
夏の時 その4 ………………………… 389
夏の時 その5 ………………………… 390
夏の時 その6 ………………………… 390
悲歌……………………………………… 391
徹夜……………………………………… 392
思ひ出…………………………………… 393
音楽……………………………………… 394
エルミオンヌ…………………………… 394
友情……………………………………… 396
夜曲……………………………………… 396
急奏……………………………………… 397
招待……………………………………… 398
冬………………………………………… 399
人魚……………………………………… 400
極東 その1 …………………………… 402
極東 その2 …………………………… 403
菫いろの歌……………………………… 403
胡弓……………………………………… 405
沈黙……………………………………… 406
ヴエルサイユ…………………………… 407
重きに過ぎた大きな花………………… 408
遠く霞に被はれた園のうち…………… 408
星空の下に……………………………… 409
すべては眠つてゐる…………………… 410
遠くで一時の鐘が鳴る………………… 411
小鳥のやうに跼蹐つて………………… 412
私はお前を愛す………………………… 413
私は尋ねる……………………………… 414
お前の足元に私がある時……………… 414
愛人よ、あの晩に……………………… 416
フアウスト……………………………… 417
エメラルド……………………………… 418
埃及の息ひ……………………………… 418
動物小詩集(マリイ・ロオランサン)… 419
ロオランサン(ジャン・モレアス)… 419
ボオドレエル詩集(講談社版)………… 419
異人……………………………………… 419
婆さんの絶望…………………………… 420
芸術家の告白の祈……………………… 420
夢は誰にも……………………………… 421
けしからぬ硝子屋……………………… 422
朝の一時に……………………………… 425
時計……………………………………… 427
堀口大学全詩集(筑摩書房刊)………… 428
雨がしっぽり(ポール・ジャン・ツーレ)…… 428
エピグラム(トリスタン・ドレーム)…… 428
星……………………………………… 428
ばら…………………………………… 428
夢……………………………………… 429
ねがい………………………………… 429
やわ肌………………………………… 429
月……………………………………… 429
苦汁…………………………………… 429
夕日…………………………………… 429
まぼろし……………………………… 429
時間の砂糖…………………………… 429
にがり………………………………… 430
得意…………………………………… 430
ひとみ………………………………… 430
秋日和………………………………… 430
恋……………………………………… 431
日本の詩 堀口大学平田文也〔編〕…… 431
愚痴(クレール・ゴル)……………… 431
未刊訳詩
フルチニオの歌(ミユツセエ)………… 435
ニノンさん(ミユツセエ)……………… 435
人に告げざれ(シャルル・フュステル)…… 436
匂ひと音楽と色の記憶(MAURICE AAUCAIR)…… 437
みせしめの空(カチユル・メンデス)… 438
胡蝶(ジユウル・ルナアル)…………… 439
小唄(その2)(ジヤン・モレアス) … 439
巴里風景(ペエ・ベエ・パツサン)…… 440
プウルギニヨン節(フイリッツ・ヴァンデルピル)…… 441
肖像(マックス・ジャコブ)…………… 441
羨望(ロオヂエ・アラアル)…………… 442
昔ある所に(GUILHERME DE ALMEIDA)… 442
夕暮(アルベエル・サマン)…………… 443
波と鐘(フランソワ・コツペエ)……… 443
プツフ(ルネ・シヤリユ)……………… 444
森の中で道に迷つた猟人(ポオル・フオオル)…… 445
暮の鐘(ポオル・フオオル)…………… 445
水車(アストリアナ)(スペイン民謡風歌謡曲)…… 446
忘れ得ずかの時の(ポロ)(スペイン民謡風歌謡曲)…… 447
君がいとしき(アンダルシヤの歌)(スペイン民謡風歌謡曲)…… 447
よき人よ(スペイン民謡風歌謡曲)…… 448
恋人よ(ポロ)(スペイン民謡風歌謡曲)…… 449
清浄無垢(ジョオルジュ・ガボリイ)… 449
手品(ジョオルジュ・ガボリイ)……… 450
断章(ブレエズ・サンドラルス)……… 450
リオ・デ・ジャネエロ(ブレエズ・サンドラルス)…… 451
出発(シャバネ)………………………… 452
終曲(ポオル・ヂエラルディ)………… 452
手紙(ポオル・ヂエラルディ)………… 454
疑ひ(ポオル・ヂエラルディ)………… 456
馬(ポオル・エリュウァル)…………… 457
牝牛(ポオル・エリュウァル)………… 458
小鳥(ポオル・エリュウァル)………… 458
犬(ポオル・エリュウァル)…………… 458
猫(ポオル・エリュウァル)…………… 459
牝鶏(ポオル・エリュウァル)………… 459
豚(ポオル・エリュウァル)…………… 459
ロンドオ(アレフレ・ド・ミユッセ)… 460
唄(アレフレ・ド・ミユッセ)………… 460
隣の女の窓掛(アレフレ・ド・ミユッセ)…… 461
人魚の唄(ルネ・モラ)………………… 461
人魚の子守唄(ルネ・モラ)…………… 462
梨の唄(ルネ・モラ)…………………… 462
アダムの嘆き(レオン・シャンスレル)…… 463
意地の悪い旅篭屋(レオン・シャンスレル)…… 463
牧人の礼讃(レオン・シャンスレル)… 465
海のあかつき(ポオル・ブウルジエ)… 466
躊躇する女に(カテユウル・マンデス)…… 467
序曲(フィリップ・シャバネ)………… 467
『共同墓穴』序詩(リル・ベル)……… 468
ひとりぽっちでありながら……(クリティヌ・ド・ピザン)…… 468
黄金の宮居(オスニックの詩)………… 469
世智辛い酒場(イヴァン・ゴル)……… 469
写真家イジスに与ふ(ジャック・プレヴェール)…… 470
ブリーズ・ミッシュ街(ジャック・プレヴェール)…… 471
落書(ジャック・プレヴェール)……… 472
トローヌ通り(ジャック・プレヴェール)…… 472
オペラ座へ行く途中の車窓から(ジャック・プレヴェール)…… 472
リュー・ド・リヴォリ・リュー・ド・ラ・ベイ(ジャック・プレヴェール)…… 473
トローヌの市のサーカス(リルケ)…… 474
鳥の展覧会(ポール・フィーレンス)… 474
四行詩(マラルメ)……………………… 476
コモ湖の四羽の鴨(ジュール・ロマン)…… 476
『ゼノア頌歌』(断章)(ジュール・ロマン)…… 477
僕はわが都市の一住民……(ジュール・ロマン)…… 478
愛すとは(フランス民謡)……………… 479
内縁関係(アンドレ・ブルトン)……… 479
思うのは君のことだけ(イヴァン・ゴル)…… 481
バッハ作二部合奏(イヴァン・ゴル)… 482
上等な恋人はどんな職業も厭いません(イヴァン・ゴル)…… 482
幽霊(クレール・ゴル夫人)…………… 483
或るアルバムに書いた詩(ラマルチーヌ)…… 484
かえらぬ昔(クレマン・マロ)………… 484
冬の漫画(リュトブフ)………………… 485
ロンド(シャルル・ドルレアン)……… 486
人里遠く(ド・ヴィオー)……………… 487
断章二篇(サン‐タマン)……………… 488
夜………………………………………… 488
嘆き……………………………………… 488
キリストのまね(コルネイユ)………… 489
ピレーネの地に平和を(ラ・フォンテーヌ)…… 490
最後の哀歌(ラトゥシュ)……………… 491
宵の明星(『柳』の断章)(ド・ミュッセ)…… 492
書物(ジャン・ピエール・モロー)…… 493
人間と自然(ジャン・ピエール・モロー)…… 495
枯れ葉(A・V・アルノール)…………… 495
なんとなさって下さいましたの(M・デボルド‐ヴァルモール夫人)…… 495
駱駝(フラン‐ノアン)………………… 497
時あって、無惨な時間よ……(ジャン・コクトー)…… 498
詩神たち(ジャン・コクトー)………… 498
メートル法(G・アポリネール) ……… 499
河口ほど……(G・アポリネール) …… 500
雨(ジャン・ピエール・モロー)……… 501
恋はパリーの町の色(ジュール・ロマン)…… 502
ロズモンド(G・アポリネール) ……… 503
日本の鴬(マリー・ローランサン)…… 504
春の閨(韓 )…………………………… 505
補遺
註と解 仏蘭西現代詩の読み方………… 509
序………………………………………… 511
ポオル・ヴァレリイ(Paul Val ry)
LA DORMEUSE(眠る女) …………… 515
L'ABEILLE(蜂) …………………… 518
LE VIN PERDU(失はれた美酒)…… 521
L'INSINUANT(慇懃) ……………… 522
LA FAUSSE MORTE(仮死女) ……… 525
LES PAS(足音) …………………… 527
LE SYLPHE(風神) ………………… 529
ジャン・コクトオ(Jean Cocteau)
MARIE LAURENCIN(マリイ・ロオランサン)…… 532
MARSEILLE LE MATIN(朝のマルセイユ)…… 534
V SUVE(ヴェスヴィアス)………… 536
DANSEUSE(踊子)…………………… 537
VOYAGE DE NOCES(新婚旅行) …… 538
TROMPE‐L'OEIL(みかけ) ………… 540
TROUVILLE(トルウ・ヴィル) …… 542
LOUANGE DE L'OLIVIER(橄欖樹礼讃)…… 544
LOCUTIONS(ロキュッション) …… 545
COMPLIMENT(おせじ)……………… 547
PANOPLIE(甲胄)…………………… 548
ANG LUS(朝の鐘) ………………… 549
TOMBEAU DE DON JUAN(ドン・フアンの墓)…… 550
TOMBEAU D'UN FLEUVE(或る川の墓)…… 551
PRISE SUR LE FAIT(現行犯) …… 552
GANNES(カンヌ)…………………… 553
POLAIRE BIEN NETTE……(はつきり見える……)…… 555
LE BON TIRAILLEUR……(黒奴の兵隊さんが……)…… 557
VOILIERS……(胸をはだけた……)…… 558
PLUS D'UN……(一人ならず……)…… 559
VOICI LES……(あはれ哀れな……)…… 560
POMPON(軍帽の毛ぶさ……)……… 561
PREMIER BEAU MATIN……(よく晴れた五月の……)…… 563
ANTINO S……(白い牡牛の……)… 565
FOLLES MOUCHES……(気軽な蝿……)…… 566
MAL DU PAYS……(ホーム・シックは……)…… 567
LA N GRESSE……(黒奴美人……)…… 568
GENOUX……(膝の上……)………… 569
PALMIER……(さびしいパアムの……)…… 570
GUSTAVE……(ギュスタァヴ……)…… 571
JE N'AIME PAS……(私は眠ることを……)…… 573
MAUVAISE COMPAGNE……(たよりない匹偶……)…… 576
QUAND JE TE……(夢から半ば……)…… 578
RIEN NE M'EFFRAYE PLUS……(眠ってゐる顔に……)…… 580
TES RIRES……(薔薇の花弁の……)…… 582
SI MA FA ON……(この集の……)…… 583
LES MUSES SONT……(吊燭台と……)…… 585
MUSES QUI NE SONGEZ……(人の気に……)…… 586
ジョオルジュ・ガボリイ(Georges Gabory)
V NUS ET NARCISSE I(ヴェニュスとナルシスI)…… 590
V NUS ET NARCISSE II(ヴェニュスとナルシスII)…… 592
OC AN(海洋) ……………………… 593
フィリップ・シャバネ(Philippe Chabaneix)
SOUVENIR(思ひ出)………………… 597
DELPHINE(デルフィヌ)…………… 598
FEUILLE MORTE(落葉) …………… 600
ポオル・フィレンス(Paul Fierens)
LIGNE DE VIE(生命線)…………… 603
LIGNE DE VIE(生命線)…………… 606
LIGNE DE VIE(生命線)…………… 610
SPORTS D'HIVER(冬のスポオツ)… 612
SPORTS D'HIVER(冬のスポオツ)… 615
ギイ・シャルル・クロス(Guy‐Charles Cros)
DE CETTE PETITE IDYLLE(あの初恋の……)…… 618
ブレエズ・サンドラアルス(Blaise Cendrars)
LETTRE(手紙)……………………… 621
DANS LE RAPIDE DE 19H.40(十九時四十分の急行に乗つて)…… 622
ギイヨオム・アポリネール(Guillaume Apollinaire)
LE PONT MIRABEAU(ミラボオ橋)… 626
A LA SANT (獄中歌)……………… 628
ルネ・ビゼ(Ren  Bizet)
SAXOPHONE……(サクソフォン) … 635
附録
ポオル・ヴェルレエヌ(Paul Verlaine)
FANTOCHES(傀儡) ………………… 637
SUR L'HERBE(草の上) …………… 639
MANDOLINE(マンドリン) ………… 641
LES INDOLENTS(呑気な恋人) …… 643
長城詩抄堀口九万〔著〕,堀口大学〔訳〕…… 647
韓国之変………………………………… 649
南米使館漫吟…………………………… 650
南米雑吟………………………………… 651
梨浦竹枝………………………………… 653
漫吟……………………………………… 654
伯国記事詩……………………………… 654
帰朝雑詩………………………………… 656
寄懐張公使……………………………… 657
墨国有変………………………………… 657
大久保卜居偶得………………………… 658
五年前…………………………………… 658
京都円山村井氏別邸…………………… 659
癸丑七月帰展先墓……………………… 659
船発敦賀………………………………… 659
女花枝曩嫁秋山氏……………………… 660
日本海偶占……………………………… 660
哈爾賓…………………………………… 660
西比利亜途中…………………………… 661
貝加爾湖………………………………… 661
烏拉山頭………………………………… 662
莫斯科府………………………………… 662
馬徳里都雑詠…………………………… 663
五十自述………………………………… 663
秋妃……………………………………… 665
秋詞……………………………………… 667
将発馬徳里賦此留別…………………… 670
西班牙途中矚目………………………… 671
過塞維里亜……………………………… 671
船発加的斯至紐育……………………… 671
杜海懐古………………………………… 672
宿広路街十二層客桟…………………… 673
登摩天樓………………………………… 674
汽車過落機山…………………………… 674
太平洋上迎天長佳節書感……………… 674
大森望翠樓客桟迎年…………………… 675
賦得海辺松用伊東君韻………………… 675
偶吟次酒井君戊午元旦詩韻…………… 676
与僚友騎馬遊習志野…………………… 676
偶感……………………………………… 676
永井荷風君辱恵賦謝…………………… 677
会津八朔郎兄…………………………… 677
南平台寓樓雑詩………………………… 678
赴長岡展先墓…………………………… 679
題南平台僑居壁………………………… 679
拝伯国駐剳命書感……………………… 680
到新嘉坡………………………………… 680
船着梨浦………………………………… 681
書樓漫吟………………………………… 682
聖州移民地所見………………………… 683
逸山原首相斃凶手……………………… 684
伯国百年祭……………………………… 685
将去伯国得数絶………………………… 686
嘲解……………………………………… 688
新潟即事………………………………… 688
新発田所見……………………………… 689
游十和田湖……………………………… 689
望翠樓寓居即事………………………… 690
過改羅…………………………………… 691
羅都賞莉羅……………………………… 691
奉国書赴 国所得……………………… 691
次女嫁羅国麻氏………………………… 692
大正乙丑三月帰臥故山 書感………… 692
子のあとがき…………………………… 693
詩人略伝…………………………………… 697
*作品細目………………………………… 721
*校異・校註……………………………… 745
*解題……………………………………… 757
*訳詩総索引………………………………… 1
 

第5巻 1983.5.30
 
評論・研究
ヴエルレエヌ研究…………………………… 5
はしがき…………………………………… 7
昭森社版のはしがき……………………… 7
第1章 生ひ立ち ………………………… 8
第2章 習作時代 …………………………34
第3章 市役所時代 ………………………49
第4章 『土星びとの歌』 ………………62
第5章 『なまめかしき讌』 ……………86
第6章 結婚 …………………………… 110
第7章 『やさしき歌』 ……………… 126
第8章 ラムボオ ……………………… 148
第9章 入獄 …………………………… 170
第10章 『言葉なきロオマンス』…… 192
第11章 教師となり農夫となる……… 217
第12章 『智慧』及び文学生活……… 227
第13章 『昔と今』、『愛』、『平行して』、『幸福』及び末年の詩集…… 264
第14章 病院及びカッフエ時代……… 306
第15章 その末年……………………… 340
第16章 ポオル・ヴエルレエヌ書史… 359
第17章 ポオル・ヴエルレエヌの生涯及び作品に関する主なる文献…… 436
西欧詩人作家論…………………………… 443
オノレ・ド・バルザック
『天上の花・シャベェル大佐』(訳者のあとがき)…… 445
プロスペル・メリメ
人と作品……………………………… 447
収録作品について…………………… 449
ポール・ヴェルレーヌ
ポール・ヴェルレーヌの生涯……… 453
ポール・ヴェルレーヌの詩業……… 464
ピエール・ロチ
ピエエル・ロチと死………………… 471
アルベール・サマン
サマン評伝…………………………… 477
ルミ・ド・グールモン
ルミイ・ド・グウルモン小伝……… 484
モーリス・メーテルリンク
『青い鳥』(あとがき)…………… 492
マルグリット・オード
『光ほのか』(はしがき)………… 494
モーリス・ルブラン
『813』(あとがき) ……………… 499
『ルパンの告白』(あとがき)…… 503
アンリ・ド・レニエ
レニエとその作品…………………… 506
ガストン・ルルー
『黄色い部屋の秘密』(解説)…… 509
フランシス・ジャム
『新訳ジャム詩集』(あとがき)… 513
アンドレ・ジイド
人と作品……………………………… 519
『新しき糧』(後記)……………… 525
『田園交響楽』について…………… 530
『パリュウド』について…………… 536
『架空会見記』……………………… 539
『贋金つくりの日記』(あとがき)…… 541
『ソヴィエト紀行修正』…………… 542
『地上の糧』について……………… 549
『一粒の麦もし死なずば』(あとがき)…… 554
『女の学校』『ロベール』『未完の告白』について…… 557
ポール・ヴァレリー
人と作品……………………………… 562
『文学論』(再刊の序)…………… 567
『文学論』について………………… 569
ポール・フォール
ポオル・フオル……………………… 573
ポール・レオトー
『恋愛』(あとがき)……………… 584
シドニー・ガブリエル・コレット
『青い麦』(あとがき)…………… 588
シャルル・ルイ・フィリップ
『ビュビュ・ド・モンパルナス、朝のコント』(解説)…… 592
クロード・ファレール
クロオド・フアレエルの芸術……… 601
エドモン・ジャルー
『セシル夫人の恋』(あとがき)… 606
ギヨーム・アポリネール
人と作品……………………………… 609
ジャン・ポーラン
『嶮しき快癒』(あとがき)……… 620
ジュール・ロマン
詩人ジュール・ロマン……………… 622
ポール・モーラン
ポオル・モオランに就いて………… 628
ジャン・コクトー
ジャン・コクトオの事……………… 634
『コクトー詩集』(あとがき)…… 643
コクトオのデッサンに就いて……… 648
『白紙』(訳者のノオト)………… 650
『わが青春記』(訳者のノオト)… 652
『阿片』(あとがき)……………… 654
『わが魂の告白』(あとがき)…… 655
『オルフェ』(あとがき)………… 659
イヴァン・ゴル クレール・ゴル
『鴛鴦集』(解説)………………… 661
ピエール・ドリュー・ラ・ロッシェル
『夢見るブゥルジョア娘』(あとがき)…… 674
アンリ・ド・モンテルラン
アンリ・ド・モンテルラン………… 677
ジョセフ・ケッセル
ケッセルの人と作品………………… 683
マルセル・アルラン
『強く生きんとて』(あとがき)… 696
アンドレ・シャンソン
『青春の四つの要素』(訳者あとがき)…… 700
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリサン=テグジュペリと収録の二作品について…… 702
ロベール・デスノス
『デスノス詩集』(あとがき)…… 714
レーモン・ラディゲ
人と作品……………………………… 717
『ドルジェル伯の舞踏会』について…… 719
ジョルジュ・シムノン
『ある男の首』(解説)…………… 727
ジャン・ジュネ
原作者について……………………… 731
『花のノートルダム』について…… 733
ピエール・ダニノス
『へそ曲りのフランス探訪』(あとがき)…… 736
ジャン‐マリー・カプラン
『誘惑者』(訳者のあとがき)…… 739
セルバンテス
『ドン・キホーテ』(まえがき)… 741
リューベン・ダリオ
リュウベン・ダリオ………………… 750
ラモン・ゴメス・デ・ラ・セルナ
『乳房新抄』(訳者のあとがき)… 759
*作品細目………………………………… 763
*校異・校註……………………………… 771
*解題……………………………………… 793
 

第6巻 1982.8.30
 
随想
季節と詩心…………………………………… 5
序…………………………………………… 7
自画像……………………………………… 8
日記……………………………………… 8
唇を噛む…………………………………10
バナナ……………………………………12
初恋以前の恋……………………………14
最初の記憶………………………………16
小さな自敍伝……………………………20
小鳥………………………………………21
初飛行……………………………………28
南米と西班牙………………………………29
ブラジルの女……………………………29
南米記……………………………………33
アマゾン紀行の序………………………43
西班牙気質………………………………44
西班牙の夜………………………………46
西班牙女…………………………………49
西班牙だより……………………………54
季節の構図…………………………………58
初の秋風…………………………………58
冬の田園…………………………………59
おそ夏はや秋……………………………60
秋の食欲…………………………………62
雑記帳から………………………………65
海の仏蘭西近代詩………………………68
雀・いかる・川烏………………………75
巴里の橋の下……………………………80
花のことなど……………………………86
花氷………………………………………88
エスキモオ………………………………90
夜の歩道…………………………………92
海水浴場…………………………………95
驪人漫語…………………………………97
望翠楼雑記…………………………… 112
女人群像………………………………… 119
ディトリッヒ………………………… 119
ノオマ・タルマッヂ私見…………… 122
妖花アラウネ………………………… 126
『メトロポリス』その他…………… 139
キュビズムの女神…………………… 148
或る日のマリイ・ロオランサン…… 158
文学…………………………………… 165
衣は女を移す………………………… 168
裸体のエステチック………………… 170
熱帯圏内の大都会…………………… 176
白い花束…………………………………… 187
外国の思ひ出…………………………… 189
1 ハワイ印象記 その1 …………… 189
2 ハワイ印象記 その2 …………… 197
3 暴風にあふ………………………… 206
4 アカプルコ………………………… 215
5 メキシコ風俗……………………… 221
6 メキシコの話……………………… 230
7 悲劇週間 その1 ………………… 239
8 悲劇週間 その2 ………………… 248
9 メキシコの人と自然……………… 257
詩と詩人…………………………………… 269
序に代ふる書翰(佐藤春夫)………… 271
I
ジャン・コクトオ……………………… 273
1 コクトオ・ノオト………………… 273
2 コクトオの見た日本……………… 286
3 コクトオの見た中国……………… 299
ランボオ三章…………………………… 302
オフェリア…………………………… 302
幸福…………………………………… 304
鴉……………………………………… 304
ボオドレエル三章……………………… 305
踊る蛇………………………………… 305
旅へのいざなひ……………………… 306
讃歌…………………………………… 308
ギイヨオム・アポリネエル…………… 308
レイモン・ラディゲ…………………… 320
フランシス・ジャム―蜜蜂の喪……… 322
ポオル・フオル―詩王と島へ………… 330
ルミ・ド・グウルモン………………… 334
1 思考の性格………………………… 334
2 グウルモンの旧居………………… 339
恋と死の女詩人―ノワイユ夫人……… 340
マリイ・ロオランサン………………… 346
1 ロオランサン・ノオト…………… 346
II
饗宴にエロスを招いて………………… 352
『月下の一群』の頃…………………… 364
私の好きなフランス詩………………… 370
詩の鑑賞について……………………… 375
女性と国文学…………………………… 377
驪人漫語………………………………… 383
方丈記………………………………… 383
カサノヴァ…………………………… 384
危険な株……………………………… 384
読書病………………………………… 385
III
北原白秋………………………………… 387
与謝野晶子……………………………… 403
佐藤春夫………………………………… 408
萩原朔太郎……………………………… 413
『青猫』について……………………… 418
六つの詩集について…………………… 419
三好達治の『測量船』……………… 419
菱山修三の『懸崖』………………… 420
城左門の『近世無頼』……………… 422
岩佐東一郎の『航空術』…………… 422
田中冬二の『海の見える石段』…… 424
青柳瑞穂の『睡眠』………………… 425
IV
西条八十への手紙……………………… 428
青柳瑞穂への手紙……………………… 431
佐藤春夫への手紙……………………… 434
あとがき………………………………… 440
街に見た蝶………………………………… 443
まへがき………………………………… 445
街に見た蝶……………………………… 445
人工楽園………………………………… 449
右か左か………………………………… 450
海………………………………………… 452
捨菜篭……………………………………… 459
まえがき………………………………… 461
念慈歌…………………………………… 461
浄瑠璃寺の秋…………………………… 464
父と読書………………………………… 467
白い曼珠沙華…………………………… 469
耳………………………………………… 473
スピーチぎらい………………………… 475
三代目の健啖家………………………… 478
父祖三代の胃について………………… 480
口腹のたのしみ………………………… 482
酒………………………………………… 484
詩の味・酒の味………………………… 487
酒の飲みよう…………………………… 490
帯まつりと酒桶塀……………………… 493
オムレツ礼讃…………………………… 494
青春の詩情……………………………… 495
柚子の話………………………………… 505
詩と金銭………………………………… 508
勇気あることば………………………… 510
馬………………………………………… 511
グレーのエスプリ……………………… 512
名のこと………………………………… 514
山菜の旅………………………………… 517
海と僕…………………………………… 520
芸ごとばやり…………………………… 525
狩の獲物………………………………… 526
姫小百合………………………………… 529
雪国雑記………………………………… 530
健康報告………………………………… 533
湘南春景………………………………… 535
山の石…………………………………… 538
花と少年………………………………… 540
仮装舞踏会……………………………… 542
僕の銀行員……………………………… 544
私と外国語……………………………… 546
不可だったフランス語………………… 547
翻訳こぼれ話…………………………… 550
私の近況………………………………… 552
マリーとの散歩………………………… 553
人間の皮………………………………… 556
秋黄昏……………………………………… 561
師恩の章………………………………… 563
師恩に思う……………………………… 566
思い出のコクトー……………………… 569
コクトーの個人紙『雄鶏』のこと…… 572
ゴヤのマハの思い出…………………… 576
ローランサンと『月下の一群』……… 577
里見先生あれやこれや………………… 580
師恩の記………………………………… 583
山湖消息………………………………… 587
僕と書物………………………………… 589
「幻の門」の思い出…………………… 591
拾遺
水かがみ…………………………………… 597
年寄りの冷水…………………………… 597
永井荷風………………………………… 600
二詩人の死……………………………… 602
ポール・モーラン……………………… 603
マリー・ローランサン………………… 606
波すれすれに…………………………… 614
ジュネを訳して………………………… 617
「三田文学」の思い出………………… 619
わが半生の記―最初の外遊前後……… 621
わが半生の記―ブリュッセルにいた頃…… 635
詩に於けるエロスの領分……………… 646
あとがき………………………………… 655
*作品細目………………………………… 657
*校異・校註……………………………… 665
*解題……………………………………… 679
 

第7巻 1983.9.30
 
未刊作品I
随想
I 『季節と詩心』追補……………………… 7
久世山閑記………………………………… 9
文化学院の思ひ出…………………………12
混線南米の嵐………………………………13
四月・円タク・花束………………………16
リュクサンブウルの小舟…………………18
村の肉屋……………………………………20
五月の詩……………………………………22
冬たけなは…………………………………26
七月の田園…………………………………29
秋の木の葉…………………………………31
ドオヴィルの夏……………………………33
夏・女・脚…………………………………36
女及び恋愛について(部分)……………39
風のたより…………………………………42
II 文人交遊 …………………………………47
日夏耿之介
詩集『転身の頌』………………………49
詩集『黒衣聖母』の事…………………52
岩佐東一郎
詩集『ぷろむなあど』…………………58
若い神々の世界…………………………62
岩佐東一郎君を思う……………………63
与謝野晶子
晶子先生…………………………………65
みこころ―晶子先生のことども………67
晶子肖像…………………………………71
河井酔茗
詩壇の父…………………………………73
『真賢木』を読む………………………74
詩壇の母…………………………………76
生田春月
生田春月君の死…………………………77
柳原 子
柳原 子女史へ…………………………79
松岡譲
松岡譲の事など…………………………81
鴉山人……………………………………85
与謝野寛
死の現像液………………………………87
松本泰
松本泰君の思ひ出………………………89
岡本かの子
若き日の岡本かの子……………………92
北原白秋
表現の鬼…………………………………94
淵上毛銭
小さなアンケート………………………94
永井荷風
恩師永井荷風先生………………………96
賜った序文………………………………98
坪田譲治
坪田さんのカンカン帽……………… 103
柳沢健
快活な水先案内……………………… 104
佐藤春夫
『自選佐藤春夫全集』(第1巻)解説…… 113
『自選佐藤春夫全集』(第2巻)解説…… 118
佐藤春夫君の文化勲章……………… 122
親交半世紀…………………………… 125
二顆の陶印…………………………… 127
西村勝子、鈴木梅子
二人の女詩人………………………… 132
会津八一
追想・会津八一―秋艸道人の排他と不安…… 137
芥川龍之介
龍之介の詩…………………………… 141
中原綾子
中原綾子女史の新詩社時代………… 144
絶世の詩才…………………………… 146
綾子女史を思う……………………… 149
綾子女史の才気……………………… 150
三好達治
『三好達治全詩集』………………… 151
木下夕爾
一びんの紫インク…………………… 152
『木下夕爾詩集』…………………… 154
那珂太郎
『音楽』……………………………… 154
井上多喜三郎
多喜さん追悼………………………… 155
山宮允
頒つよろこびの人…………………… 158
正富汪洋
汪洋追想……………………………… 159
吉野弘
『感傷旅行』………………………… 162
III 文芸雑考……………………………… 163
短詩型流行と産詩制限………………… 165
エロスの息吹…………………………… 169
第三の声―川路日夏二氏論争の傍に… 175
エキゾチズムに関するノオト………… 178
新油絵展を見る………………………… 180
翻訳権の問題…………………………… 182
短歌寸言………………………………… 188
春の詩歌………………………………… 189
菅公を憶ふ……………………………… 191
文章とリズム…………………………… 195
一つの石………………………………… 201
楽しい苦労……………………………… 203
この頃読んだもの―『赤と黒』……… 207
未知の友………………………………… 208
装幀東西語……………………………… 209
漱石碑…………………………………… 210
修善寺の漱石碑………………………… 213
小感……………………………………… 216
「詩人懇話会賞」決定について……… 217
審査言―第十回文芸汎論詩集賞……… 220
豆花……………………………………… 221
翻訳三十年……………………………… 227
良寛遺珠………………………………… 228
文学志望者に与へる言葉……………… 231
私の処女出版…………………………… 232
G・H・Qの事前検閲 …………………… 232
若い詩人への断章……………………… 235
青春の詩情(続)……………………… 235
良寛和讃………………………………… 245
海の詩のふる里………………………… 246
駑馬……………………………………… 249
『月光とピエロ』……………………… 252
『月下の一群』を訳した頃…………… 254
『月下の一群』………………………… 257
発見者の光栄と悲惨…………………… 258
宿世……………………………………… 259
東明詩人と円吉学長…………………… 262
詩六十年………………………………… 263
鯨と微風………………………………… 265
横浜の詩………………………………… 267
座右の書………………………………… 268
新詩社ロマンチスムとの出会い……… 269
「洗濯船」展に『月下の一群』をなつかしむ…… 271
表題あれこれ…………………………… 274
「アポリネールとその仲間達展」に思う…… 276
IV 海外見聞 ……………………………… 279
メキシコ小景…………………………… 281
メキシカン・インデアン…………… 281
闘牛場より…………………………… 283
公園のベンチより…………………… 284
狆……………………………………… 284
西班牙だより…………………………… 287
ロダン博物館…………………………… 291
『戦士の手帖』………………………… 293
西班牙の闘牛戯………………………… 296
閑人閑語 1 …………………………… 299
閑人閑語 2 …………………………… 304
閑人閑語 3 …………………………… 307
驪人漫語………………………………… 315
梨甫の夏………………………………… 321
伊太利の新野外劇……………………… 322
音楽と舞踊の好きなブラジル婦人…… 326
その頃の日記…………………………… 331
セヴイヤの一夜………………………… 333
リオ・デ・ジヤネエロ………………… 338
異国の新春……………………………… 339
フェネルウの秘密……………………… 341
西洋夢判断……………………………… 347
西洋猥談………………………………… 360
外国婦人と読書………………………… 364
百年前の学説…………………………… 366
リオの思ひ出…………………………… 367
メキシコ革命戦の中で………………… 369
巴里の横顔……………………………… 371
マドリッドの本通……………………… 377
祭………………………………………… 380
巴里の歩道……………………………… 386
仏蘭西の文学賞………………………… 392
コロンボ港頭の日章旗………………… 393
アカデミイ・マラルメ………………… 395
ブラジル文学の興味…………………… 396
泉よ、どこから………………………… 398
烏賊の墨煮……………………………… 401
メリイ・ウィドウ……………………… 403
V 西欧文人録……………………………… 409
ポール・フォール
ポオル・フオルと翰林院…………… 411
ポオル・フオルの貧困……………… 414
ポオル・フオルとの初対面………… 418
詩王を思う…………………………… 421
ポール・モーラン
ポオル・モオラン…………………… 424
誤られたるモオラン………………… 426
ポオル・モオランの文章…………… 430
『1/4秒に生きる男』(あとがき)…… 435
ポール・レオトー
レオトオ綺語………………………… 437
レオトオ逸話………………………… 438
ポール・ヴェルレーヌ
ヴエルレエヌを憶ふ………………… 440
ヴェルレエヌとその夫人…………… 442
シャルル・ルイ・フィリップ
フィリップの死……………………… 451
ルミ・ド・グールモン
グウルモンの事……………………… 452
アンリ・ド・レニエ
『燃え上る青春』の思ひ出………… 453
ポール・ヴァレリー
ポオル・ヴアレリイの『文学』…… 455
ポオル・ヴァレリイの死…………… 456
アントワーヌ・サン=テグジュペリ『夜間飛行』を翻訳して…… 459
ジャン・コクトー
コクトオ口気………………………… 461
コクトオの世界一周………………… 466
詩人コクトー………………………… 470
コクトー晩年の一詩集……………… 472
コクトオよ 女神とつれだって…… 480
ジャン・コクトーのこと…………… 482
ギヨーム・アポリネール
アポリネエル―主として詩人として…… 485
レーモン・ラディゲ
翻訳者のよろこび…………………… 489
『花売り娘』雑感…………………… 490
クロード・ファレール
フアレエルの講演―ピエエル・ロチの復権…… 492
ファアレエル片影…………………… 495
マックス・ジャコブ
マツクス・ジヤコブ………………… 503
ジョセフ・ケッセル
体験と作品…………………………… 504
セシル・サン=ローラン
『オデットの男友だち』(あとがき)…… 506
プレヴォ、デュマ・フィス、メリメ文学と音楽―オペラの供給源として…… 507
ジュール・シュペルヴィエル
シユペルヴイエルの死に思う……… 511
VI 映画・演芸 …………………………… 515
常設館風景―邦楽座のことなど……… 517
映画に求める詩………………………… 523
キネマよせ鍋…………………………… 525
『アッシャア家の末裔』……………… 528
アベル・ガンスの意見………………… 530
仏蘭西映画芸術………………………… 531
『ロベルト』の印象…………………… 545
グレタ・ガルボオ……………………… 547
ジヤズの女王ジヨゼフイン・バアケル…… 548
文学の見地から見た『モロッコ』…… 552
ジヨゼフイン・バアケル……………… 557
シネマの秋……………………………… 562
グレタ・ガルボ 又…………………… 565
記録映画の提唱………………………… 569
映画になつた『夜間飛行』…………… 571
P・C・L撮影所の午後 ………………… 573
トオキイの不幸………………………… 576
或日の対話……………………………… 578
表情の立体性…………………………… 581
タアキイ・オリエ……………………… 581
『女は夜の匂い』……………………… 583
春の歌舞伎の…………………………… 584
コクトーと歌舞伎……………………… 585
VII 身辺雑録……………………………… 589
消息(与謝野寛宛)…………………… 591
リオから(平野万里氏宛)…………… 591
「エスペラントに就て」に就て……… 592
リオより………………………………… 594
輪のつながり…………………………… 595
春のなまけもの………………………… 597
六つの感情……………………………… 598
他所に在り度い………………………… 602
上海娘…………………………………… 605
親ごころ………………………………… 608
炉辺の幻影……………………………… 610
ホテル漫談……………………………… 612
カンブロンヌ…………………………… 614
ジャック・ダイヤモンド……………… 616
指定席から……………………………… 617
五月の女………………………………… 621
早春小旅………………………………… 625
仲秋随筆………………………………… 627
熱帯魚…………………………………… 637
僕のネクタイ…………………………… 644
梅の花と近代性………………………… 645
三月の霙………………………………… 646
旅十年分………………………………… 649
母が隠れてゐる………………………… 651
浜の女王………………………………… 652
煙草ぎらひ……………………………… 654
冬のスポーツ…………………………… 655
心の若水………………………………… 657
蝶を恨む………………………………… 658
花束は薔薇の季節……………………… 659
五月の言葉……………………………… 660
六月の言葉……………………………… 661
浅間のけむり…………………………… 662
海とポエジイ…………………………… 663
死者の食器……………………………… 663
師走の譜………………………………… 665
夢三ツ…………………………………… 666
若葉五月………………………………… 667
明石の名月……………………………… 671
流行漫言………………………………… 673
流行……………………………………… 676
静な反乱―二月二十六日の日記……… 678
随筆三題………………………………… 679
日本人………………………………… 679
父の話………………………………… 680
松尾大佐の場合……………………… 681
空地……………………………………… 682
美しき自殺……………………………… 684
朝顔……………………………………… 689
もろこし村……………………………… 691
暗箱いぢり……………………………… 693
仔犬……………………………………… 696
第二校歌を作詞して…………………… 698
“螢雪”後退…………………………… 704
新緑の記………………………………… 705
こぞことし……………………………… 712
武士道精神の消極性…………………… 715
葉山へ移って…………………………… 716
女性と流行……………………………… 717
匂う夫人―浜谷朝子さん……………… 719
読書の秋に……………………………… 720
和服の新味……………………………… 721
千尺のダム……………………………… 723
柚の香…………………………………… 724
アフリカの黒人彫刻…………………… 725
好きな食べもの………………………… 726
Tに対するPの感謝……………………… 727
葉山は楽し……………………………… 728
ラジオを好きな文鳥…………………… 730
子の命…………………………………… 731
作詞者の思い出………………………… 732
僕の洋行支度…………………………… 733
蝕まれた青春…………………………… 737
僕の魯山人コレクション……………… 741
アンドレ・シャンソンの新作………… 742
大友―行きつけの店…………………… 743
越後女…………………………………… 744
母を語る………………………………… 745
高田旧年………………………………… 746
年頭高田を思う………………………… 747
ある曲芸師……………………………… 750
悪筆の弁………………………………… 751
年末高田を思う………………………… 752
ぼくの富士山…………………………… 755
母校の思い出―旧長岡阪之上尋常小… 756
山は地の………………………………… 758
中津川のキントン……………………… 758
東京駅の精養軒………………………… 759
とっときの話…………………………… 761
故大羊居への手紙……………………… 763
過分な一品……………………………… 764
近況……………………………………… 764
葉山ぐらし……………………………… 765
蝶採りの思い出………………………… 766
故大羊居への第二の手紙……………… 767
日影茶屋―伊勢海老の具足煮………… 768
故大羊居への第三の手紙……………… 769
酒………………………………………… 770
新年のたより…………………………… 771
*作品細目………………………………… 773
*校異・校註……………………………… 785
*解題……………………………………… 803
 

第8巻 1986.3.20
 
未刊作品II
創作・翻案…………………………………… 5
評論……………………………………………83
随想補遺…………………………………… 243
文人交遊………………………………… 245
文芸雑考………………………………… 263
海外見聞………………………………… 281
西欧文人録……………………………… 295
映画・演芸……………………………… 324
身辺雑録………………………………… 327
雑纂………………………………… 347
序跋文……………………………………… 349
書評………………………………………… 413
編輯後記…………………………………… 425
推薦文……………………………………… 434
自著広告…………………………………… 448
宣伝詩文…………………………………… 455
短文集……………………………………… 463
選者の言葉………………………………… 480
講演・談話………………………… 537
翻訳補遺…………………………… 575
*作品細目………………………………… 629
*校異・校註……………………………… 643
*解題……………………………………… 667
 

第9巻 1987.12.20
 
未刊作品III
詩……………………………………… 3
I (明治43年~大正7年) ………………… 5
II (大正8年~昭和20年)…………………39
III (昭和20年~昭和55年)…………… 126
IV 遺稿集『虹消えず』 ………………… 253
V 校歌・社歌……………………………… 266
短歌………………………………… 295
I (明治42年~大正7年) ……………… 297
II (大正8年~昭和17年)……………… 339
III (昭和23年~昭和45年)…………… 356
追補………………………………………… 359
拾遺………………………………… 361
訳詞補遺…………………………………… 363
随想補遺II………………………………… 372
雑纂補遺…………………………………… 394
*作品細目………………………………… 405
*校異・校註……………………………… 429
*解題……………………………………… 443
*年譜……………………………………… 523
欧文作品
TANKAS………………………………………… 3
PO MES DE KONOSOUK  HINATZ………………67
未刊欧文作品……………………… 103
TEMPLES A RIENS ………………………… 105
THE LYRIC GARLAND ……………………… 216
*欧文作品細目…………………………… 227
*欧文作品校異・校註…………………… 245
*欧文作品解題…………………………… 249
 

補巻1 1984.1.30
 
翻訳作品I
燃え上る青春(アンリ・ド・レニエ)…… 5
夜ひらく(ポオル・モオラン)………… 213
夜とざす(ポオル・モオラン)………… 317
ドルヂェル伯の舞踏会(レイモン・ラディゲ)…… 431
夜間飛行(サン・テグジュペリ)……… 539
ノアの方舟(ジュウル・シュペルヴィエル)…… 601
*作品細目………………………………… 689
*校異・校註……………………………… 693
*解題……………………………………… 731
 

補巻2 1984.6.30
 
翻訳作品II
詩人のナプキン 仏蘭西短篇小説十一人集…… 5
ギイヨオム・アポリネエル
オレノ・シユブラツク滅形…………… 7
詩人のナプキン…………………………12
アナトオル・フランス
聖母の曲芸師……………………………15
クロオド・フアレエル
颶風………………………………………20
冷たい恋人………………………………25
萎れた手…………………………………30
メデロ・エ・アブルケルク
五寸釘……………………………………49
フイツシエ兄弟
エステル…………………………………54
アンリイ・バルビユス
三日月……………………………………58
フレデリツク・ブウテ
嫉妬………………………………………62
モオリス・メエテルリンク
幼童殺戮…………………………………73
アンリイ・ド・レニエ
青髯の結婚………………………………81
ルミ・ド・グウルモン
水いろの目………………………………92
ドン・フアンの秘密……………………96
マルセル・シユオブ
遊行僧の話…………………………… 100
モネルの言葉………………………… 102
花売り娘…………………………………… 111
はしがき………………………………… 113
レイモン・ラディゲ
ドニイズ……………………………… 113
花売り娘……………………………… 124
マルセル・ジュアンドオ
人殺しのクロドミイル……………… 125
マルセル・アルナック
無人島………………………………… 134
ポオル・モオラン
エグゼルショオル…………………… 137
吝嗇…………………………………… 151
ジャック・ド・ラックルテエル
書物と恋愛…………………………… 160
アンドレ・ジイド
自像…………………………………… 166
アルベルト・インスゥア
いまはの夢…………………………… 167
ジョセフ・ケッセル
懶惰の賦……………………………… 182
ギイヨオム・アポリネエル
アポリネエルの手紙………………… 197
ウラディミル・ポズネル
マヤコォフスキイの死……………… 202
アンリ・ド・レニエ
半面の真理…………………………… 211
レオン・ポオル・ファルグ
ファルグ一家言……………………… 221
ヴィクトオル・ユゥゴォ
ユゥゴォ一家言……………………… 232
ジヤン・ポオラン
嶮しき快癒…………………………… 237
毛蟲の舞踏会……………………………… 255
はしがき………………………………… 257
ジョルジュ・デュアメル
世代の争ひ…………………………… 257
モオリス・ブデル
毛蟲の舞踏会………………………… 261
クロオド・アヴリン
海中を翔ける鳥の話………………… 270
ガブリエル・ルイヤアル
母親…………………………………… 273
ロオラン・ドルジュレス
鵞鳥の話……………………………… 279
トリスタン・ドレエム
少年パタシュ………………………… 283
ピエエル・ミル
象の墓地……………………………… 291
J・H・ロニイ兄
獅子の屠所…………………………… 294
ガブリエル・シドニイ・コレット
栗鼠…………………………………… 298
マルセル・ティナイエェル
キリアキ……………………………… 302
シャルル・ヴィルドラック
水泡と蜘蛛…………………………… 306
ジュウル・シュペルヴィエル
秣槽の牡牛と驢馬…………………… 308
追補(毛虫の舞踏会〔講談社版〕)… 324
ジュール・シュペルヴィエル……… 324
シャルル・ルイ・フィリップ……… 324
アンドレ・シャンソン……………… 324
白い獣……………………………… 324
拾遺
水色の目…………………………………… 337
はしがき………………………………… 337
パルド・バザン侯爵夫人
基督の渇……………………………… 338
MEDEIROS E ALBUQUERQUE
「五寸釘」作者の小伝(堀口大学)…… 342
アンリ・デユベルノア
詩……………………………………… 343
ヂエラルド・ハアレイ
亡霊…………………………………… 348
シヤルル・ヴアン・レルベルヂユ
嗅ぎつける人々……………………… 368
「嗅ぎつける人々」及び原作者について(堀口大学)…… 376
ミツシエル・プロヴアンス
知らぬ女……………………………… 377
七福神会議…………………………… 385
アンリ・ラヴウダン
幸福な不幸…………………………… 389
シヤルル・ルイ・フィイリツプ
邂逅…………………………………… 393
聖母の曲芸師……………………………… 397
小引……………………………………… 397
シヤルル・ルイ・フイリツプ
友の中………………………………… 398
訪問…………………………………… 402
黌を逃れて…………………………… 406

現代ブラジル文学代表作選……………… 411
はしがき………………………………… 413
マシャド・デ・アシス
寓話…………………………………… 416
アリュエジオ・アゼヴェド
親ゆづり……………………………… 419
カルロス・マガヤエンス・デ・アゼレド
思ひ出の頁…………………………… 425
ジュリア・ロペス・デ・アルメイダ
五八七号の出物……………………… 433
アントニオ・オストロジェジロ
ドナ・フロオルの狂乱……………… 438
メディイロス・エ・アルブケルケ
押し花………………………………… 442
オラヴォ・ビラック
罪……………………………………… 450
パウロ・バレト
ボオル紙頭の男……………………… 458
ギュスタヴォ・バロソ
サビアグヮバのノルウェイ人達…… 465
コエリョ・ネット
牛飼ひフィルモ……………………… 470
ウンベルト・デ・カンポス
カティンバウ………………………… 475
アフォンソ・セルソ
スマアト船長………………………… 480
ヴィリアト・コレア
係蹄…………………………………… 484
リベイロ・クウト
嬉蝶連………………………………… 488
レヴィ・カルネイロ
或る宿無し犬の影法師……………… 498
ヴィセンテ・デ・カルヴァヨ
焚火のまはりで……………………… 500
リュヰス・ギマラエス・フィイヨ
風車…………………………………… 508
アルセウ・アモロソ・リマ
天使長さん(或ひは失楽園)……… 510
ムシオ・レオン
空しき祈願…………………………… 521
バルボサ・リマ・ソブリニョ
革命の日の或る花束の冒険………… 534
アルシデス・マイア
標的…………………………………… 537
アルカンタラ・マシャド
博士達の帰還………………………… 545
ザヴィエエル・マルケス
人間の一生…………………………… 547
ロドリゴ・オクタヴィオ
コンゴ古川(昔の話)……………… 548
オスワルド・オリコ
護府の鳥……………………………… 555
ロケット・ピント
独木舟………………………………… 559
ジュアン・リベイロ
ボエモン聖者………………………… 563
クラウディオ・デ・ソオザ
賭けをする神秘な女………………… 568
パウロ・セトパル
血の解決……………………………… 575
アデルマアル・タヴァレス
美しき偽り…………………………… 578
セルソ・ヴィエイラ
マラバ………………………………… 581
シャルル・ルヰ・フィリップ短篇集…… 585
シャルル・ルヰ・フイリツプ―訳者の序―…… 587
フイリツプ短篇集……………………… 598
慈善…………………………………… 598
獅子狩………………………………… 602
チエンヌ……………………………… 606
食人人種の話………………………… 610
遺言状………………………………… 614
娘の嫉妬……………………………… 619
二人の正直者………………………… 623
殺人犯………………………………… 627
燐寸…………………………………… 631
仔犬…………………………………… 635
悪魔の敗北…………………………… 639
来訪者………………………………… 644
告白…………………………………… 647
恋の一頁……………………………… 651
二人の破落戸………………………… 654
チエンネツトの脚…………………… 657
牛酪の中の猫………………………… 662
ロメオとジユリエツト……………… 666
酔漢…………………………………… 671
三人の死刑囚………………………… 674
乳房考(ラモン・ゴメス・デ・ラ・セルナ)…… 679
乳房雑考………………………………… 681
原作者について(堀口大学)……… 686
乳房抄…………………………………… 687
窓の乳房……………………………… 687
近東の乳房商人……………………… 689
世捨人………………………………… 690
ばらばらな思いつき三……………… 690
告白…………………………………… 691
宗教裁判官の妻の乳房……………… 692
階段での乳房狩り…………………… 693
花乳房………………………………… 694
ピラールの乳房……………………… 694
乳房のための決闘…………………… 695
童話の乳房…………………………… 696
無数に乳房のある偶像……………… 696
乳房の香気…………………………… 697
サン‐タラマント夫人の乳房……… 697
乳房新抄………………………………… 698
著者のまえがき……………………… 698
本もののセーヴル焼の乳房………… 701
蛇と乳房……………………………… 702
女城主の乳房………………………… 702
法衣のかげの乳房…………………… 703
天使童子の乳房……………………… 704
天使童女の乳房……………………… 705
アンダルシア女の乳房……………… 705
美術の乳房…………………………… 706
乳房島………………………………… 708
乳房木琴の演奏者…………………… 709
大伽藍の乳房………………………… 710
アベイ地方の乳房…………………… 711
右乳房と左乳房……………………… 711
尼さん達の乳房……………………… 712
彼女には乳房がなかった…………… 713
海水浴場の乳房……………………… 714
愚劣な乳房…………………………… 714
親切な乳房の巨女…………………… 715
めざめ………………………………… 716
秘密…………………………………… 716
朝食をとってくる女たちの乳房…… 717
乳房のヘレミア哀歌………………… 717
別荘の乳房…………………………… 717
人魚の乳房…………………………… 718
アメリカの乳房……………………… 718
垂れ乳房の若い娘…………………… 719
煉獄の死者たちの手が求めるもの… 719
玄関番の娘たちの乳房……………… 719
ワルツの時の乳房…………………… 720
乳房の故に殺された女たち………… 721
訳者のあとがき……………………… 722
*作品細目………………………………… 725
*校異・校註……………………………… 737
*解題……………………………………… 763
 

補巻3 1985.2.20
 
翻訳作品III
沙上の足跡…………………………………… 5
グウルモンの言葉……………………………63
文学論……………………………………… 123
ジャック・マリタンへの手紙…………… 183
阿片………………………………………… 217
白紙………………………………………… 301
詩法………………………………………… 363
感想私録…………………………………… 395
思考の表裏………………………………… 457
恋愛………………………………………… 475
未刊作品…………………………………… 493
ロオトレアモン………………………… 495
近代劇全集抄……………………………… 519
タンタジイルの死……………………… 521
潜み入る者……………………………… 538
ペレアスとメリザンド………………… 554
エッフエル塔の花嫁花婿……………… 605
オルフェ…………………………………… 619
十三本目の木……………………………… 665
*作品細目………………………………… 687
*校異・校註……………………………… 691
*解題……………………………………… 727
 

別巻 1988.3.10
 
資料・索引
*著述発表一覧……………………………… 5
*刊行書目及び書誌索引………………… 129
*詩篇索引………………………………… 145
*短歌索引………………………………… 167
*散文索引………………………………… 193
*訳文索引………………………………… 207
*訳詩総索引……………………………… 213
[ 2011/03/23 06:47 ] 堀口大学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。