研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  牧野信一 >  『牧野信一全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『牧野信一全集』全3巻

『牧野信一全集』全3巻(人文書院、1962.3~1962.9)



第1巻 1962.3.20
 
はじめに(河上徹太郎)………………… 9
創作I
公園へ行く道…………………………………13
鞭撻……………………………………………27
熱海へ…………………………………………30
スプリングコート……………………………41
父を売る子……………………………………56
渚………………………………………………67
或る五月の朝の話……………………………73
F村での春 ……………………………………79
西瓜喰ふ人……………………………………94
鱗雲………………………………………… 107
山を越えて………………………………… 127
雪景色……………………………………… 141
村のストア派……………………………… 153
小川の流れ………………………………… 171
競馬の日…………………………………… 193
熱い風……………………………………… 204
円卓子での話……………………………… 226
山彦の街…………………………………… 249
山を降る一隊……………………………… 265
鶴がゐた家………………………………… 267
ラガド大学参観記………………………… 287
吊篭と月光と……………………………… 297
西部劇通信………………………………… 310
歌へる日まで……………………………… 316
川を遡りて………………………………… 333
パンアテナイア祭の夢…………………… 338
サンニー・サイド・ハウス……………… 344
出発………………………………………… 349
ゼーロン…………………………………… 354
バラルダ物語……………………………… 367
酒盗人……………………………………… 386
鬼の門……………………………………… 399
泉岳寺附近………………………………… 414
心象風景…………………………………… 425
心象風景(続)…………………………… 440
疑惑の城…………………………………… 470
天狗洞食客記……………………………… 474
夜見の巻…………………………………… 492
月あかり…………………………………… 502
病状………………………………………… 516
木枯の吹くころ…………………………… 527
剥製………………………………………… 537
痴日………………………………………… 553
裸蟲抄……………………………………… 568
繰舟で往く家……………………………… 580
鬼涙村……………………………………… 585
好色夢……………………………………… 598
淡雪………………………………………… 604
熱海線私語………………………………… 619
 

第2巻 1962.5.20
 
創作II
爪………………………………………………11
ランプの明滅…………………………………17
若い作家と蝿…………………………………20
凸面鏡…………………………………………24
蚊………………………………………………31
闘戦勝仏………………………………………35
失題……………………………………………49
白明……………………………………………52
愚かな朝の話…………………………………64
坂道の孤独参昧………………………………72
痴想……………………………………………89
砂浜……………………………………………97
妄想患者…………………………………… 107
眠い一日…………………………………… 136
地球儀……………………………………… 154
再婚………………………………………… 159
父の百ヶ日前後…………………………… 161
蝉…………………………………………… 187
秋・二日の話……………………………… 204
或る日の運動……………………………… 212
「或る日の運動」の続き………………… 227
「悪」の同意語…………………………… 235
貧しき日録………………………………… 273
観魚洞風景………………………………… 290
鏡地獄……………………………………… 306
秋晴れの日………………………………… 357
極夜の記…………………………………… 371
毒気………………………………………… 377
悪筆………………………………………… 414
冬の風鈴…………………………………… 424
蔭・ひなた………………………………… 435
お蝶の訪れ………………………………… 451
夏ちかきころ……………………………… 457
断唱………………………………………… 474
素書………………………………………… 478
海棠の家…………………………………… 494
昔の歌留多………………………………… 501
薮のほとり………………………………… 510
舞踏会余話………………………………… 526
ダニューヴの花嫁………………………… 536
センチメンタル・ドライヴ……………… 548
ランプの便り……………………………… 553
陽に酔つた風景…………………………… 558
駈ける朝…………………………………… 566
黄昏の堤…………………………………… 570
くもり日つづき…………………………… 575
R漁場と都の酒場で ……………………… 581
変装綺譚…………………………………… 598
ダイアナの馬……………………………… 611
馬車の歌…………………………………… 627
鸚鵡のゐる部屋…………………………… 632
 

第3巻 1962.9.20
 
創作II 続
痴酔記…………………………………………13
塚越の話………………………………………22
南風譜…………………………………………27
風媒結婚………………………………………77
夜の奇蹟………………………………………84
露路の友………………………………………95
山男と男装の美女………………………… 107
ゾイラス…………………………………… 120
沼辺より…………………………………… 132
まぼろし…………………………………… 144
奇友往来…………………………………… 157
女優………………………………………… 167
真夏の朝のひととき……………………… 176
武者窓日記………………………………… 185
船の中の鼠………………………………… 201
ベツカフ蜂………………………………… 213
女に臆病な男……………………………… 224
二日間のこと……………………………… 237
早春のひところ…………………………… 241
創作生活にて……………………………… 253
海路………………………………………… 265
茜蜻蛉……………………………………… 270
幽霊の出る宮殿…………………………… 284
風流旅行…………………………………… 290
鵞鳥の家…………………………………… 297
タンタレスの春…………………………… 306
サクラの花びら…………………………… 314
作品年譜…………………………… 339
刊行書目録………………………… 342
感想・随筆
(無題)…………………………………… 347
みじめな夜………………………………… 347
海浜日誌…………………………………… 348
努力の不足を痛感す……………………… 354
物草………………………………………… 355
足袋のこと………………………………… 356
余の倅に就いて…………………………… 358
沢山書いた………………………………… 364
思ひ出した事……………………………… 364
松竹座を見て……………………………… 368
S・I生へ…………………………………… 369
余話………………………………………… 370
貧しき文学的経験………………………… 372
吾家の随筆………………………………… 375
晩春日記…………………………………… 377
(無題)…………………………………… 380
消息抄……………………………………… 380
趣味に関して……………………………… 381
五月のはじめ……………………………… 385
どうしたら私は憐れな彼女を悸さずに済せるだらう…… 386
今年発表の作品…………………………… 387
断想的に…………………………………… 387
珠玉の如き………………………………… 389
東中野にて………………………………… 390
秋が深い頃だ……………………………… 391
会話一片…………………………………… 392
熱い砂の上………………………………… 393
ヱハガキの激賞文………………………… 397
娘とドリアン……………………………… 402
ブロンズまで……………………………… 405
同人雑誌的要素…………………………… 410
「山彦の街」に就いて…………………… 410
来年は何をするか………………………… 410
朝居の話…………………………………… 411
初夏通信…………………………………… 413
波の戯れ…………………………………… 416
新興芸術派に就いての雑談……………… 419
附「歌へる日まで」……………………… 423
小林秀雄氏への手紙……………………… 425
推賞寸言…………………………………… 426
喜劇考……………………………………… 427
寄生木と縄梯子…………………………… 432
「吊篭と月光」その他…………………… 434
井伏鱒二…………………………………… 435
真夏の夜の夢……………………………… 438
卓上演説…………………………………… 441
馬上の春…………………………………… 446
三田に来て………………………………… 448
手紙………………………………………… 452
大音寺君!………………………………… 453
山の見える窓にて………………………… 454
私の万年筆………………………………… 456
文学とは何ぞや…………………………… 457
ひとりごと………………………………… 460
嘆きの谷で拾つた懐疑の花びら………… 463
春の手紙…………………………………… 465
五月六日…………………………………… 465
写真に添へて……………………………… 467
「三田文学」と巌谷夫人………………… 468
「学生警鐘」と風………………………… 470
魚籃坂にて………………………………… 476
水車小屋の日誌…………………………… 478
凩日記……………………………………… 481
「尾花」を読みて………………………… 485
その村を憶ひて…………………………… 487
サフランの花……………………………… 491
久保田万太郎……………………………… 493
「樫の芽生え」を読みて………………… 494
読んだ本…………………………………… 495
ペルリ行…………………………………… 496
交遊記……………………………………… 497
岬の春霞…………………………………… 499
好日の記…………………………………… 503
城ヶ島の春………………………………… 507
喧嘩咄……………………………………… 511
痩身記……………………………………… 514
春…………………………………………… 516
半島の果にて……………………………… 518
月評………………………………………… 519
浪曼的月評………………………………… 523
(祝辞)…………………………………… 540
湖の夢……………………………………… 541
書斎を棄てて……………………………… 545
緑の軍港…………………………………… 548
文学的自敍伝……………………………… 552
浅原六朗抄………………………………… 560
浪曼的時評………………………………… 562
わが生活より……………………………… 568
「ユリイカ」解題………………………… 569
「ユリイカ」挿話………………………… 577
ユリイカ・独言…………………………… 578
「好色夢」回想…………………………… 580
「夜見の巻」附記………………………… 580
気狂ひ師匠………………………………… 581
自烈亭……………………………………… 584
或るハイカーの記………………………… 585
山峡の凧…………………………………… 589
Hasty Pudding …………………………… 593
草稿
酒友大風譚………………………………… 597
(無題)…………………………………… 608
書簡…………………………………… 619
*牧野信一(山本健吉)………………… 637
*年譜保昌正夫〔編〕…………………… 653
*後記(牧野英二)……………………… 662
[ 2011/03/23 06:52 ] 牧野信一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。