研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  正岡子規 >  『子規全集』全22巻・別巻3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『子規全集』全22巻・別巻3巻

『子規全集』全22巻・別巻3巻(講談社、1975.4~1978.10)



第1巻 俳句 1 1975.12.18
 
編注………………………………………… 4
寒山落木 明治18年ヨリ同25年マデ 1 … 5
寒山落木 明治26年 2 ………………… 173
寒山落木抹消句 自明治18年至同26年… 415
参考資料
旧派の俳誌と丈鬼(子規)
1 俳諧明倫雑誌 第1編 ………………… 517
2 俳諧花の曙 第1号 …………………… 523
3 真砂の志良辺 第92号………………… 529
4 真砂の志良辺 第101号 ……………… 534
松宇・子規等共編雑誌「俳諧」
5 俳諧 第1号 …………………………… 536
6 俳諧 第2号 …………………………… 545
7 俳諧 第3号原稿 ……………………… 548
8 椎の友の集団より雑誌「俳諧」を発刊するまで(伊藤松宇)…… 549
9 三人ものがたり(露伴)……………… 551
10 明治二十四五年頃(虚子生) ……… 554
11 明治三十年前後の俳壇〔抄〕(河東碧梧桐)…… 565
12 子規居士の古い時代の句を読む(高浜虚子)…… 568
13 俳壇のおとづれ(無署名) ………… 576
14 俳壇のおとづれ(第二)(無署名)…… 577
*解題(和田茂樹)……………………… 579
*解説 模索の時代(杉浦明平)……… 611
 

第2巻 俳句 2 1975.6.18
 
寒山落木 明治27年 3 …………………… 5
寒山落木 明治28年 4 ………………… 159
寒山落木 明治29年 5 ………………… 391
寒山落木抹消句 自明治27年至明治29年…… 627
参考資料
同時代俳壇批評
1 近時の俳壇(無署名)………………… 645
2 俳諧風聞記〔抄〕(岡野知十)……… 645
3 俳壇に於ける毎日派と日本派(無署名)…… 647
4 「早稲田文学」彙報欄より(無署名)…… 648
5 俳壇近況(無署名)…………………… 650
6 子規の円満なる俳想(近藤泥牛)…… 651
*解題(和田茂樹)……………………… 655
*解説 従軍発病とその前後(寺田透)…… 685
 

第3巻 俳句 3 1977.11.18
 
俳句稿 明治30年…………………………… 5
俳句稿 明治31年………………………… 125
俳句稿 明治32年………………………… 239
俳句稿 明治33年ヨリ…………………… 313
〔俳句稿以後〕 明治34年……………… 375
〔俳句稿以後〕 明治35年……………… 430
抹消句 自明治30年至明治35年………… 475
拾遺 寒山落木 俳句稿 未収録句 自明治18年至明治33年…… 481
獺祭書屋俳句帖抄 上巻………………… 577
獺祭書屋俳句帖抄上巻を出版するに就きて思ひつきたる所をいふ…… 579
参考資料
獺祭書屋俳句帖抄上巻(碧梧桐)……… 669
*解題(和田茂樹)……………………… 717
*解説 新鮮明快の俳句(滝井孝作)… 739
 

第4巻 俳論俳話 1 1975.11.18
 
自著案山子集はしかき(新海氏及び余の合著)…… 9
〔桜句合せ〕…………………………………10
向井去来………………………………………13
Baseo as a Poet ……………………………16
参考 詩人としての芭蕉三浦清宏〔訳〕……24
訳者附記…………………………………31
水野南河君に質す……………………………34
根岸庵小集の記………………………………36
雪の旅…………………………………………40
〔昔の若草 今の若草〕……………………43
蕪村風十二ケ月………………………………50
俳人の奇行……………………………………52
句合せ鳴雪〔作〕,古白〔作〕,子規〔判者〕……57
贈硯辞…………………………………………59
時雨紀念序……………………………………60
芭蕉翁の一驚…………………………………62
雛の俳句………………………………………64
俳諧一口話……………………………………72
送松宇先生序……………………………… 100
募集発句抜萃……………………………… 101
亡友山寺梅龕……………………………… 105
梅龕遺稿…………………………………… 109
地図的観念と絵画的観念………………… 117
俳諧と武事………………………………… 123
〔『俳諧問答』書入れ評語〕…………… 130
『増補再版 獺祭書屋俳話』…………… 155
獺祭書屋俳話小序……………………… 157
獺祭書屋俳話…………………………… 158
獺祭書屋俳話増補序…………………… 221
芭蕉雑談………………………………… 224
歳晩閑話………………………………… 272
歳旦閑話………………………………… 288
雛祭り…………………………………… 301
菊の園生………………………………… 304
獺祭書屋俳話附録 俳句……………… 308
宗因調………………………………… 308
去来調………………………………… 309
凡兆調………………………………… 310
来山調………………………………… 310
素堂調………………………………… 311
尚白調………………………………… 312
伊丹調………………………………… 313
根岸十二ケ月………………………… 314
貧居八詠……………………………… 315
『増補再版 獺祭書屋俳話』初出表…… 316
〔『増補再版 獺祭書屋俳話』拾遺〕… 319
〔刪正本『増補再版 獺祭書屋俳話』書入れ〕…… 325
〔自著の後に題す〕……………………… 327
獺祭書屋俳話正誤………………………… 328
俳諧大要…………………………………… 342
〔俳句二十四体〕………………………… 415
俳句問答…………………………………… 439
〔『俳句問答』拾遺〕…………………… 462
圭虫句集序………………………………… 470
〔募集発句「水車」に就て〕…………… 472
我が俳句…………………………………… 473
俳句返却届………………………………… 486
質問に答ふ………………………………… 488
〔俳人ヲ戒ムルノ書〕…………………… 492
明治二十九年の俳句界…………………… 498
ほとゝぎすの発刊を祝す………………… 574
俳諧反故篭………………………………… 576
俳句と漢詩………………………………… 590
行脚俳人芭蕉……………………………… 604
吉野拾遺の発句…………………………… 621
俳人蕪村…………………………………… 624
〔『俳人蕪村』補遺〕…………………… 686
一茶の俳句を評す………………………… 691
試問………………………………………… 695
募集句の事………………………………… 758
「与謝蕪村」を評す……………………… 761
俳句分類…………………………………… 769
参考資料
1 獺祭主人の批評を読む(水野南河)… 771
2 俳諧風聞記(其五)(知十坊)……… 773
3 『獺祭書屋俳話』を読む(内田魯庵)…… 776
4 鶴に身をかれ(巨口子)……………… 780
5 巨口子に与ふ(黒雲山人)…………… 781
6 吉野拾遺に就て(引板鳴子)………… 782
7 子規君の十二句(碧梧桐)…………… 783
8 子規君の十二句(虚子)……………… 787
*解題(浅原勝)………………………… 791
*校異表…………………………………… 812
*解説 写生における空間性と時間性(久保田正文)…… 843
 

第5巻 俳論俳話 2 1976.5.18
 
明治三十年の俳句界………………………… 9
「ほとゝぎす」の一周年に際して…………15
蕪村忌…………………………………………17
曝背 話………………………………………20
「新俳句」のはじめに題す…………………23
卜筮十句集を評す……………………………26
或問……………………………………………46
俳人の手蹟……………………………………60
第十七号募集句に就きて……………………64
「べく」………………………………………65
雑感……………………………………………67
ほとゝぎす発行処を東京へ遷す事…………70
立待月…………………………………………73
俳句分類(乙号)……………………………80
朝顔句合………………………………………89
古池の句の弁…………………………………94
俳諧無門関………………………………… 121
蕪村と几董………………………………… 131
俳諧かるた………………………………… 143
明治三十一年の俳句界…………………… 153
俳句新派の傾向…………………………… 158
俳句の初歩………………………………… 175
募集俳句「凍」に就きて………………… 187
梅…………………………………………… 189
「中興俳諧五傑集」敍…………………… 199
俳人太祇…………………………………… 203
幻住庵の事………………………………… 216
募集句「手」に就きて…………………… 224
募集句「木の芽」に就きて……………… 230
俳句と声…………………………………… 233
随問随答…………………………………… 245
募集句「妻」に就きて…………………… 323
俳句評釈を読む…………………………… 326
楢の雫……………………………………… 342
〔朝顔句評〕……………………………… 348
発兌保等登芸須第3巻第1号祝詞………… 351
雅号に就きて……………………………… 353
蕪村句集講義に就きて…………………… 363
柚味噌の事………………………………… 366
車百合に就きて…………………………… 368
俳諧三佳書序……………………………… 374
明治三十二年の俳句界…………………… 385
附記……………………………………… 388
糞の句……………………………………… 392
奇想変調録………………………………… 407
一句二題…………………………………… 411
俳句上の京と江戸………………………… 415
召波樗良句集序…………………………… 428
ホトトギス第4巻第1号のはじめに……… 432
俳話 病牀問答 病牀俳話……………… 440
俳諧新旧派の異同………………………… 447
「春夏秋冬」序(獺祭書屋主人)……… 455
獺祭書屋俳句帖抄上巻を出版するに就きて思ひつきたる所をいふ…… 457
発句ハ丁寧ニ取扱フベシ………………… 473
句合評……………………………………… 475
二日相撲………………………………… 475
四季句合五十番………………………… 479
俳句稿評…………………………………… 490
〔夏目漱石俳句稿評〕………………… 490
俳三年〔佐藤紅緑俳句稿評〕………… 507
旅中駄句〔勝田主計俳句稿評〕……… 550
〔野間叟柳俳句稿評〕………………… 565
〔桜田大我俳句稿評〕………………… 572
俳句選評…………………………………… 573
手まくらの巻…………………………… 573
秋期五題句集…………………………… 575
狂歌………………………………………… 583
夢の浮橋菊池寿人〔狂文狂歌〕,正岡子規〔評答句〕…… 583
参考資料
1 帝国文学・雑報(無署名)…………… 597
2 〔俳諧十傑・十二俳仙〕……………… 601
3 俳声を読む(一菜庵)………………… 603
4 江戸庵句集跋〔抄〕(籾山庭後〔仁三郎〕)…… 605
5 〔「ほとゝぎす」社告〕……………… 608
6 ほとゝぎす(××坊)………………… 610
7 俳壇の新声(無署名)………………… 611
8 新刊雑書(無署名)…………………… 611
9 時報(無署名)………………………… 612
10 新刊批評(無署名) ………………… 612
11 新刊(無署名) ……………………… 612
12 子規子の遺訓 ………………………… 613
13 「車百合」に就て(亀田小蛄) …… 613
*解題(尾形仂)………………………… 617
*校異表…………………………………… 637
*解説 実践批評家としての子規(篠田一士)…… 659
 

第6巻 短歌 歌会稿 1977.5.18
 
短歌
竹乃里歌……………………………………… 9
編注…………………………………………10
明治15年……………………………………11
明治17年……………………………………12
明治18年……………………………………14
明治19年……………………………………32
明治20年……………………………………38
明治21年……………………………………41
明治23年……………………………………45
明治23年……………………………………48
明治24年……………………………………50
明治25年……………………………………65
明治26年……………………………………73
明治27年……………………………………79
明治28年……………………………………83
明治30年………………………………… 114
明治31年………………………………… 115
明治32年………………………………… 209
明治33年………………………………… 256
「竹乃里歌」拾遺………………………… 349
明治15年以前…………………………… 349
明治16年………………………………… 350
明治17年………………………………… 351
明治18年………………………………… 351
明治21年………………………………… 355
明治22年………………………………… 372
明治23年………………………………… 374
明治24年………………………………… 383
明治25年………………………………… 387
明治26年………………………………… 387
明治27年………………………………… 388
明治28年………………………………… 388
明治30年………………………………… 390
明治31年………………………………… 390
明治32年………………………………… 391
明治33年………………………………… 397
明治34年………………………………… 407
明治35年………………………………… 422
年代不明………………………………… 436
歌会稿………………………………… 441
明治31年…………………………………… 443
明治32年…………………………………… 454
明治33年…………………………………… 622
補注……………………………………… 645
初句索引………………………………… 653
参考資料
1 〔明星先生添削詠草〕………………… 697
2 『野菊集』より(菊池寿人)………… 700
3 はがきノ歌(竹の里人)……………… 701
4 アイヌの争論と決闘(坪井正五郎)… 703
5 和歌の新調(田岡嶺雲)……………… 705
6 続新歌論(4)連作之趣味(伊藤左千夫)…… 706
7 短歌会の起り(秀真〔香取秀真〕)… 712
8 短歌小観(5)(柿村舎〔島木赤彦〕)…… 715
9 根岸短歌会(赤木格堂)……………… 717
10 子規幼時の和歌(正岡忠三郎) …… 722
*解題(蒲池文雄)……………………… 725
*解説 革新家子規と歌人子規(大岡信)…… 753
 

第7巻 歌論 選歌 1975.7.18
 
歌論
字余りの和歌俳句……………………………13
東西南北序……………………………………16
〔海上胤平の歌評の評〕……………………17
歌よみに与ふる書……………………………20
再び歌よみに与ふる書………………………23
三たび歌よみに与ふる書……………………26
四たび歌よみに与ふる書……………………29
五たび歌よみに与ふる書……………………32
六たび歌よみに与ふる書……………………35
七たび歌よみに与ふる書……………………39
八たび歌よみに与ふる書……………………42
九たび歌よみに与ふる書……………………45
十たび歌よみに与ふる書……………………48
あきまろに答ふ………………………………51
人々に答ふ……………………………………54
歌の題…………………………………………87
五七五七七……………………………………90
短歌の調子……………………………………96
一つ二つ…………………………………… 101
賀の歌……………………………………… 111
〔「佐佐木信綱の詠歌磯うつ浪の評」の評〕…… 115
万葉集巻十六……………………………… 128
曙覧の歌…………………………………… 135
短歌小会…………………………………… 157
歌話………………………………………… 162
短歌第二会………………………………… 189
〔新月会詠草 歌評〕…………………… 199
短歌第三会………………………………… 201
短歌第四会………………………………… 207
短歌第五会………………………………… 218
鹿の巻抄…………………………………… 222
短歌を募る辞……………………………… 227
短歌第六会………………………………… 230
落葉の巻抄………………………………… 233
鶴物語……………………………………… 236
再び短歌を募る辞………………………… 244
一月短歌会………………………………… 246
短歌愚考…………………………………… 250
笠の巻抄…………………………………… 264
〔七日会咏艸 歌評〕…………………… 266
二月短歌会………………………………… 268
三月短歌会………………………………… 271
三たび短歌を募る辞……………………… 273
陶器の巻抄………………………………… 275
草径集を読む……………………………… 278
春夜の巻抄………………………………… 281
磐之屋歌集を読む………………………… 284
四月短歌会………………………………… 288
「こやす」といふ動詞…………………… 291
第三回募集短歌に就きて………………… 294
短歌第二句切の一種……………………… 297
鎌倉懐古の巻抄…………………………… 300
竹里歌話…………………………………… 305
万葉集を読む……………………………… 311
五月短歌会………………………………… 321
〔「竹の里人君へ」に答ふ〕…………… 323
入獄談を聴く……………………………… 326
芝居の巻抄………………………………… 330
線香の煙…………………………………… 333
募集歌「読平家物語」に就きて………… 335
六月第二会………………………………… 339
報東々幾数の巻抄………………………… 342
七月短歌会………………………………… 345
七月第二会………………………………… 348
星の巻抄…………………………………… 351
八月短歌会………………………………… 354
八月短歌第二会…………………………… 356
九月短歌会………………………………… 358
九月短歌第二会…………………………… 360
〔無題〕…………………………………… 362
鬼の巻抄…………………………………… 364
十月短歌会………………………………… 368
橋の巻抄…………………………………… 371
十一月短歌会の歌………………………… 374
旋頭歌を募る……………………………… 377
御題の短歌を新年の紙上に載することに就きて…… 380
病牀歌話…………………………………… 382
〔『本居宣長翁全集』書入れ評語〕…… 385
選歌
編注……………………………………… 396
竹の里人選歌……………………………… 397
竹の里人選歌(伊藤左千夫)………… 397
『竹の里人選歌』補遺………………… 581
参考資料
1 竹の里人梔の花続篇撰抜の歌を評すほつま〔香取秀真〕〔記〕…… 589
2 根岸夜話断片秀真〔記〕……………… 596
3 根岸庵夜話義郎〔森田義郎〕〔謹記〕…… 598
4 追懐記(義郎)………………………… 599
5 竹の里人節〔長塚節〕〔記〕………… 605
6 歌評を謝す(坂正臣)………………… 612
7 竹の里人に(秋麿)…………………… 612
8 竹の里人へ白す(阪上野毛村)……… 613
9 竹の里人に一筆参らせ候(千葉稲城)…… 614
10 竹の里人に申す(あきまろ) ……… 616
11 〔竹の里人とは〕(無署名) ……… 617
12 〔陸羯南宛天田愚庵書簡〕 ………… 619
13 再び竹の里人に寄語す(千葉稲城)…… 620
14 動詞「こやす」に就き(堀田治郎)…… 623
15 歌壇小観〔抄〕(鉄幹〔与謝野鉄幹〕)…… 624
16 竹の里人に与ふる書(心の華一記者)…… 626
17 〔子規子の重患は〕(瑞霊〔阪井久良岐〕)…… 628
18 竹の里人左千夫〔伊藤左千夫〕〔記〕…… 629
19 竹の里人選歌に就て(節〔長塚節〕)…… 632
20 「明星」所載資料1…………………… 636
子規子来書(正岡常規)……………… 636
子規子に与ふ(与謝野鉄幹)………… 637
21 〔無題1〕(伊藤左千夫)…………… 639
22 歌壇放言(1)新歌界の新消息(くちあみ〔坂井久良岐〕)…… 641
23 国詩革新の歴史与謝野鉄幹〔談話〕…… 644
24 〔無題2〕(伊藤左千夫)…………… 649
25 子規子と鉄幹子(無署名) ………… 651
26 「明星」所載資料2…………………… 652
子規子来書(正岡常規)……………… 652
坂井氏来書(坂井弁)………………… 652
鉄幹復書(与謝野寛)………………… 653
鉄幹復書(与謝野寛)………………… 653
坂井氏来書(坂井弁)………………… 654
鉄幹開書(与謝野寛)………………… 656
27 歌壇放言(2)明星の気 に就いて(くちあみ)…… 657
28 子規と鉄幹(無署名) ……………… 659
29 わが病室の障子にガラスを張りてガラス障子の歌よみける中に(竹の里人)…… 660
30 根岸草廬臨時短歌会々稿(無署名)…… 660
31 新聞「日本」の頃葯房主人〔談〕 … 662
*解題(蒲池文雄)……………………… 663
*校異表…………………………………… 679
*解説 破壊への情熱(杉浦明平)…… 683
 

第8巻 漢詩 新体詩 1976.7.20
 
漢詩
漢詩稿…………………………………………15
莞爾先生詩稿 自明治11年至同15年……16
咏稿 自明治16年至同18年………………59
吟草 自明治19年至同21年…………… 116
明治廿二己丑年………………………… 144
明治二十三庚寅年……………………… 154
明治廿四辛卯年………………………… 169
明治廿五壬辰年………………………… 178
明治廿六癸巳年………………………… 192
明治廿七甲午年………………………… 193
明治廿八乙未年………………………… 194
明治二十九年丙申……………………… 207
「漢詩稿」以後…………………………… 227
書き下し文……………………………… 231
新体詩
時鳥………………………………………… 363
床待の歎…………………………………… 365
床夏………………………………………… 366
月下聞蟲…………………………………… 367
朝顔………………………………………… 368
左 自動鉄道 右 凌雲閣……………… 369
金州城……………………………………… 370
鹿笛………………………………………… 371
父の墓……………………………………… 379
小蟲………………………………………… 384
胡蝶……………………………………… 384
虻………………………………………… 384
蜻 ……………………………………… 385
蜂………………………………………… 386
戈…………………………………………… 387
筆…………………………………………… 390
四季………………………………………… 393
春………………………………………… 393
夏………………………………………… 395
秋………………………………………… 398
冬………………………………………… 401
音頭の瀬戸………………………………… 404
園の秋……………………………………… 411
萩薄……………………………………… 411
鶏頭……………………………………… 412
蝉蜩……………………………………… 412
蟲声……………………………………… 413
白菊……………………………………… 414
金州雑詩…………………………………… 415
金州城…………………………………… 415
三崎山…………………………………… 415
髑髏……………………………………… 417
空村……………………………………… 417
空屋……………………………………… 417
若菜……………………………………… 418
胡弓……………………………………… 419
洪水………………………………………… 424
病の窓……………………………………… 444
明治29年…………………………………… 455
三浦出獄………………………………… 455
政党合同………………………………… 456
朝鮮紛乱………………………………… 456
従軍紀章………………………………… 457
板伯入閣………………………………… 458
償金収容………………………………… 459
露帝戴冠………………………………… 459
三陸海嘯………………………………… 461
馬匹天覧………………………………… 461
紀念郵券………………………………… 462
皆既日蝕………………………………… 463
東北地震………………………………… 463
府下出水………………………………… 464
内閣新成………………………………… 464
演習天覧………………………………… 465
日清条約………………………………… 465
仏林俗議………………………………… 466
蓮宗訴訟………………………………… 466
宮相事件………………………………… 467
軍艦派遣………………………………… 467
端艇競漕………………………………… 468
筆はじめ…………………………………… 470
 一声…………………………………… 470
松影映水………………………………… 470
人一人…………………………………… 471
新年雑興…………………………………… 473
新年………………………………………… 476
老嫗某の墓に詣づ………………………… 485
田中舘甲子郎を悼む……………………… 487
少年香庵を悼む…………………………… 489
古白の墓に詣づ…………………………… 491
皇太后陛下の崩御遊ばされたるをいたみたてまつる…… 498
蒼苔を憶ふ………………………………… 502
子の愛……………………………………… 513
花四種……………………………………… 526
梅………………………………………… 526
紅梅……………………………………… 527
海棠……………………………………… 527
桜………………………………………… 528
俚歌に擬す………………………………… 529
おもかげ…………………………………… 536
花草………………………………………… 542
山吹……………………………………… 542
牡丹……………………………………… 542
朝顔……………………………………… 543
水仙……………………………………… 544
奈翁仮面の図を見る……………………… 545
微笑………………………………………… 548
病中新年…………………………………… 557
花売る歌…………………………………… 565
豊年の歌…………………………………… 568
菊合せ……………………………………… 570
猩々………………………………………… 577
村の光……………………………………… 581
芒老ゆ……………………………………… 584
内地雑居の歌……………………………… 585
富士山……………………………………… 587
ラフイング、ソング(笑歌)…………… 589
俚歌ニ擬ス………………………………… 590
古城の月…………………………………… 591
田植の歌…………………………………… 592
月と星……………………………………… 594
七草………………………………………… 596

新体詩押韻の事(越智処之助)………… 597
正岡子規氏『新体詩に就て』の談話…… 607
参考資料
漢詩
1 新聞「日本」文苑欄より……………… 613
2 『木屑録』より(夏目漱石)………… 619
3 『漱石漢詩集』より…………………… 619
4 『拓川集・随筆 上』より…………… 620
5 『雲林遺稿』より……………………… 620
6 転和子規子(霽月)…………………… 623
7 子規居士に就て思出ること(村上霽月)…… 629
8 私に寄越した子規の漢詩(大谷是空)…… 631
9 子規居士の追憶(鈴木虎雄)………… 636
新体詩
1 新体詩に付て(露伴)………………… 637
2 〔「日本人」評〕……………………… 639
竹の里人(蟲の声喞喞・大嶽生)…… 639
竹の里人(古茅庵)…………………… 639
子規(無署名)………………………… 640
日本人(白雲)………………………… 640
3 新体詩家に告ぐ(無署名)…………… 641
4 詩と古語(無署名)…………………… 641
5 竹の里人の『洪水』(田岡嶺雲)…… 642
6 新体詩界のくさくさ(無署名)……… 644
7 〔「早稲田文学」彙報より〕(無署名)…… 645
8 叙事新体詩の近状(無署名)………… 647
9 竹の里人の新体詩(無署名)………… 649
10 新体詩(無署名) …………………… 650
11 無名の作者(露伴) ………………… 654
12 新体詩と俗謡(無署名) …………… 655
13 〔文壇雑爼〕(泥牛) ……………… 658
〔文壇雑俎〕(鉄幹)…………………… 659
14 新体詩の韻律(抱月子) …………… 659
15 新体詩人を罵る(俳諧師) ………… 660
16 〔『この花』評〕 …………………… 664
17 昨年の新体詩壇(無署名) ………… 672
18 新体詩壇(無署名) ………………… 675
19 俳諧雑誌ほとゝぎす(某) ………… 677
*解題……………………………………… 679
漢詩(渡部勝己)…………………… 679
新体詩(長谷川孝士)……………… 699
*新体詩校異表…………………………… 727
*解説 子規の漢詩と新体詩(富士川英郎)…… 735
 

第9巻 初期文集 1977.9.20
 
文集
編注…………………………………………12
自笑文草………………………………………13
文稿〔1〕 ……………………………………30
文稿〔3〕 ……………………………………39
文稿〔4〕 ……………………………………55
東海紀行………………………………………96
無花果艸紙………………………………… 112
無何有洲 七草集………………………… 194
批評集
子規子……………………………………… 289
手つくりの菜……………………………… 315
補遺 文稿〔2〕ほか …………………… 336
文稿〔2〕 ……………………………… 336
贈氷魂書………………………………… 337
論文 雑篇
編注……………………………………… 340
海南新聞ノ発兌ヲ賀ス…………………… 341
〔相原野水評〕…………………………… 344
郷党人物月旦評論………………………… 345
膾残録 附随録…………………………… 363
詩歌の起源及び変遷……………………… 381
『木屑録』評……………………………… 388
THE COMPARISON OF THE ENGLISH AND JAPANESE CIVILIZATION IN 16TH CENTURY … 390
荘子ヲ読ム………………………………… 393
詩稿
編注……………………………………… 404
同親会詩鈔………………………………… 405
秀頴詩鈔…………………………………… 409
同親会温知社吟稿………………………… 417
同親会記簿……………………………… 472
吟稿………………………………………… 479
詩稿………………………………………… 489
諸先生刪正 詩稿………………………… 499
「道後叢誌」所載………………………… 588
補遺 莫逆詩集 ほか…………………… 590
回覧雑誌
編注……………………………………… 598
桜亭雑誌…………………………………… 599
松山雑誌…………………………………… 614
弁論雑誌…………………………………… 622
五友雑誌・五友詩文……………………… 626
莫逆詩文・近世 雅懐詩文・近世 雅感詩文…… 637
明新社会稿………………………………… 697
戯多々々珍誌……………………………… 707
北予 青年学術雑誌……………………… 719
つゝれの錦………………………………… 729
補遺 余興新誌…………………………… 804
参考資料
1 『華亭随筆』より(村井俊明)……… 805
2 『四十年前之恩師草間先生』より…… 806
3 『拓川集 日記篇』より(加藤拓川)…… 807
4 少年時代の正岡子規(森知之)……… 808
5 「河東静渓日記」より(河東静渓)… 810
6 十六世紀における英国及び日本の文明の比較三浦清宏〔訳〕…… 810
7 永田村菅公祠松(天神松)(相原賢)…… 817
8 『蕉鹿窩遺稿』〔大原観山詩集〕より…… 817
9 未発表の子規青年時代の漢詩(高木梅軒)…… 817
10 「旅中収穫の二三」より(河東碧梧桐)…… 819
*解題(渡部勝己)……………………… 823
*子規少年時代詩稿・回覧雑誌署名雅号一覧表…… 845
*本巻所収少年時代(松山時代)の文集・詩稿・回覧雑誌各作の執筆年代一覧表… 848
*解説 若い子規が精神を活性化させる(大江健三郎)…… 851
 

第10巻 初期随筆 1975.5.20
 
筆まか勢 第1編 …………………………… 5
筆任勢 第2編 …………………………… 215
筆まかせ 第3編 ………………………… 369
筆まかせ 第4編 ………………………… 523
参考資料
1 子規の「下宿がへ」に就て(柳原極堂)…… 635
2 常盤会及常盤会寄宿舎史 抜萃……… 707
附録 現行舎則、役員、舎生及舎友名簿〔抜萃〕…… 722
*解題(和田茂樹)……………………… 729
*解説 『筆まかせ』について(久保田正文)…… 747
 

第11巻 随筆 1 1975.4.18
 
松蘿玉液……………………………………… 5
墨汁一滴………………………………………91
病牀六尺…………………………………… 229
「病牀六尺」未定稿…………………… 381
仰臥漫録…………………………………… 383
仰臥漫録2 ………………………………… 469
参考資料
1 野球の来歴好球生〔投〕……………… 533
2 『湘烟日記』〔抄〕(中島湘烟)…… 534
『子規随筆』に対する各新聞の評…… 535
3 万朝報…………………………………… 535
4 中央新聞………………………………… 537
5 横浜貿易新聞…………………………… 537
6 秋田魁新報……………………………… 538
7 河北新報………………………………… 540
8 奥羽日日新聞…………………………… 541
9 青森時事新報…………………………… 544
10 鎮西日報 ……………………………… 545
11 関門新報 ……………………………… 545

12 「仰臥漫録」の後に(寒川鼠骨) … 547
13 仰臥漫録に就て(岡麓) …………… 548
14 子規子の近状(左千夫) …………… 551
15 〔無題〕(星野麦人) ……………… 554
16 正岡子規先生(無署名) …………… 555
17 病牀日詩虚子,左千夫,碧梧桐〔記〕…… 556
18 〔子規子終焉の記〕虚子〔記〕 …… 559
*解題(蒲池文雄)……………………… 563
*校異表…………………………………… 581
*解説 子規の根源的主題系(大江健三郎)…… 599
 

第12巻 随筆 2 1975.10.20
 
刺客蚊公之墓碑銘……………………………11
旧都の秋光……………………………………12
〔俳句時事評〕………………………………15
ひとへ桜臭遺…………………………………54
伊予の一奇儒…………………………………60
野のわかくさ…………………………………62
不忍十景に題す………………………………69
羽林一枝………………………………………74
陣中日記………………………………………77
思出るまゝ……………………………………99
養痾雑記…………………………………… 102
棒三昧……………………………………… 118
秋のはじめ讃評…………………………… 138
新年二十九度……………………………… 147
従軍紀事…………………………………… 154
三十棒……………………………………… 172
天長節の曲………………………………… 178
賎の涙……………………………………… 180
風流の冤罪………………………………… 187
東洋八景…………………………………… 188
 人 話…………………………………… 200
国都………………………………………… 208
拝啓………………………………………… 212
すゞし……………………………………… 219
十年前の夏………………………………… 224
土達磨を毀つ辞…………………………… 233
小園の記(小園の図入)………………… 235
車上所見…………………………………… 240
句合の月…………………………………… 247
雲…………………………………………… 252
山…………………………………………… 254
吾幼時の美感……………………………… 255
四百年前の東京…………………………… 260
四百年後の東京…………………………… 265
雲の日記…………………………………… 269
夢…………………………………………… 271
燈…………………………………………… 272
恋…………………………………………… 274
病牀譫語…………………………………… 277
室内の什物………………………………… 289
蝶…………………………………………… 292
赤…………………………………………… 295
酒…………………………………………… 298
牡丹句録…………………………………… 299
夏の夜の音………………………………… 302
旅…………………………………………… 306
夏の草の花………………………………… 308
庭…………………………………………… 311
病牀瑣事…………………………………… 316
ゐざり車…………………………………… 319
墓…………………………………………… 324
星…………………………………………… 333
飯待つ間…………………………………… 335
夜寒十句…………………………………… 338
柚味噌会…………………………………… 341
闇汁図解…………………………………… 345
佐藤宏君…………………………………… 349
病…………………………………………… 352
熊手と提灯………………………………… 358
根岸草廬記事……………………………… 363
附 子規補・碧梧桐記「根岸草廬記事」…… 367
新刊〔『紅葉青山』紹介〕……………… 371
消息………………………………………… 373
銅像雑感…………………………………… 419
新年雑記…………………………………… 422
ラムプの影………………………………… 427
犬…………………………………………… 431
権助の恋…………………………………… 433
画…………………………………………… 435
我室………………………………………… 439
我家の長物………………………………… 442
春浅き庵…………………………………… 444
車上の春光………………………………… 447
明治三十三年十月十五日記事…………… 453
人の紅葉狩………………………………… 468
書中の新年………………………………… 475
初夢………………………………………… 491
蕪村寺再建縁起…………………………… 499
吾寒園の首に書す………………………… 507
死後………………………………………… 510
一日記事につきて………………………… 520
くだもの…………………………………… 522
命のあまり………………………………… 534
〔蕪村忌の写真の裏に〕………………… 540
病牀苦語…………………………………… 541
徒歩旅行を読む…………………………… 557
自ら枕辺にある画三種を写して賛をつくる…… 561
天王寺畔の蝸牛廬………………………… 562
九月十四日の朝…………………………… 570
煩悶………………………………………… 573
発句経譬喩品……………………………… 576
〔根岸座芝居番附〕……………………… 578
〔歌会仲間の顔〕………………………… 580
補遺
〔従軍書類〕……………………………… 581
〔小日本俳句時事評〕…………………… 590
参考資料
1 「刺客蚊公之墓碑銘」参考…………… 597
正岡子規の俳文(松亭生)…………… 597
子規の文章池内信嘉〔述〕,池内たけし〔記〕…… 597
2 〔俳句時事評〕参考…………………… 598
日比谷八景(無署名)………………… 598
日比谷八景笑歌(青山秡天子)……… 599
新動物の分類(青山秡天子)………… 599
笑語十種(無署名)…………………… 600
3 「伊予の一奇儒」参考………………… 601
手紙の端(笑男)……………………… 601
4 「不忍十景に題す」参考……………… 601
不忍十景(不折生〔中村不折〕)…… 601
5 「羽林一枝」「陣中日記」「従軍記者」「病」参考…… 602
『日本』の従軍記(無署名)………… 602
戦雲日録(西河通徹)………………… 602
6 「三十棒」参考………………………… 611
対三十棒(鈴木醇菴)………………… 611
「三十棒」の君へ(『醇菴なる人』)…… 611
7 「吾寒園の首に書す」参考…………… 612
吾寒園(黄塔)………………………… 612
8 「くだもの」参考……………………… 613
子規居士の「覆盆子を食ひし事」といふ文章(高浜虚子)…… 613
9 「命のあまり」参考…………………… 616
落葉片々(有情漢)…………………… 616
「命のあまり」を読みて(大キニヲセワ生)…… 617
「命のあまり」を読む(入らぬをせわ子)…… 618
命のあまりに就て(黒天童)………… 619
落葉片々(武行生)…………………… 622
「命のあまり」に付ての後(大キニオセワ生)…… 623
落葉片々(雲突坊)…………………… 623
落葉片々(○○道人)………………… 624
10 「病牀苦語」参考 …………………… 624
俳諧評判記(同人数名)……………… 624
11 「発句経譬喩品」参考 ……………… 626
発句経譬喩品(墨水)………………… 626
12 子規に関する消息 …………………… 628
ほとゝぎす「消息欄」所載のもの…… 628
俳生(明治34年8月号)所載のもの … 682
*解題(長谷川孝士)…………………… 685
*校異表…………………………………… 710
*解説 子規における散文文学革新の仕事(猪野謙二)…… 715
 

第13巻 小説 紀行 1976.9.20
 
小説
龍門…………………………………………… 9
銀世界…………………………………………25
山吹の一枝……………………………………65
月の都……………………………………… 125
一日物語…………………………………… 163
当世媛鏡…………………………………… 209
月見草……………………………………… 273
花枕………………………………………… 281
曼珠沙華…………………………………… 297
我が病……………………………………… 347
〔レ・ミゼラブル〕(翻訳)…………… 371
紀行
水戸紀行…………………………………… 377
水戸紀行自序…………………………… 377
水戸紀行 裏 四日大尽………………… 412
しやくられの記…………………………… 429
かくれみの………………………………… 455
山路の秋…………………………………… 470
かけはしの記……………………………… 472
大磯の月見………………………………… 486
大磯に引網を見る記……………………… 490
旅の旅の旅………………………………… 493
第六回文科大学遠足会の記……………… 505
日光の紅葉………………………………… 515
高尾紀行…………………………………… 521
鎌倉一見の記……………………………… 526
はて知らずの記…………………………… 530
三方旅行…………………………………… 576
発句を拾ふの記…………………………… 586
上野紀行…………………………………… 589
そゞろありき……………………………… 592
王子紀行…………………………………… 595
 遊半日…………………………………… 598
総武鉄道…………………………………… 605
散策集……………………………………… 609
夕涼み……………………………………… 623
道潅山……………………………………… 627
本郷まで…………………………………… 632
小石川まで………………………………… 635
亀戸まで…………………………………… 638
小説草稿
月の都 上巻……………………………… 643
月の都 かつら男(子規子未定稿)…… 659
月の都 下巻……………………………… 661
曼珠沙華…………………………………… 680
参考資料
小説
1 明治20年初秋子規宛大谷是空書簡…… 705
2 〔「銀世界」評〕……………………… 706
3 明治25年2月下旬子規宛幸田露伴書簡…… 709
4 子規に関し露伴翁に聴く(碧梧桐)… 709
5 子規の『花枕』(浩々歌閣)………… 721
6 「日本人」斯晨斯夕欄より(橘花生)…… 722
7 「新小説第4巻を評す」より(寿老人)…… 723
8 「雲中語」より………………………… 723
9 「江湖 語」欄「思ふまゝ」より(如泥生)…… 724
10 子規小説集凡例虚子〔識〕 ………… 724
紀行
1 〔「水戸紀行」評〕…………………… 726
2 〔「四日大尽」評〕…………………… 726
3 〔「しやくられの記」評〕…………… 727
4 〔夏目漱石「かくれみの」評〕……… 728
5 同窓余影(幣原坦)…………………… 729
6 明治二十五年十一月(高浜虚子)…… 731
*解題(蒲池文雄)……………………… 733
*解説……………………………………… 773
「曼珠沙華」について(野間宏)… 773
文章日本語の成立と子規(司馬遼太郎)…… 785
 

第14巻 評論 日記 1976.1.20
 
評論
我邦に短篇韻文の起りし所以を論ず……… 9
文学雑談………………………………………17
文界八つあたり………………………………21
緒言…………………………………………21
1 和歌………………………………………23
2 俳諧………………………………………25
3 新体詩……………………………………29
4 小説………………………………………31
5 院本………………………………………38
6 新聞雑誌…………………………………41
7 学校………………………………………43
8 文章………………………………………46
結論…………………………………………48
春色秋光………………………………………51
文学漫言………………………………………75
1 外に対する文学…………………………75
2 内に於ける文学…………………………77
3 文学の本分………………………………79
4 文学の種類第一(内国と外国)………81
5 文学の種類第二(古文と今文)………84
6 文学の種類第三(韻文と散文)………87
7 文学の種類第四(天然と人事)………90
8 和歌………………………………………92
9 俳諧………………………………………95
10 和歌と俳句(上) ……………………97
11 和歌と俳句(下) ………………… 100
朗詠に就きて……………………………… 104
再び朗詠に就きて………………………… 105
五大画家盲評……………………………… 107
逍遥遺稿の後に題す……………………… 110
めさまし草巻一批評……………………… 111
桐一葉……………………………………… 115
作家評家…………………………………… 118
戯曲類と四季……………………………… 121
文学………………………………………… 128
服制と美術………………………………… 193
詩董狐を読む……………………………… 196
若菜集の詩と画…………………………… 199
墨のあまり………………………………… 202
美術学校を如何すべき…………………… 207
美術学校に就きて………………………… 211
文学美術評論……………………………… 214
強き和文…………………………………… 231
「我国の絵画に就きて」を読む………… 234
「我国の絵画に就きて(再)」を読む… 238
叙事文……………………………………… 241
有神疑義を読む…………………………… 250
水滸伝と八犬伝…………………………… 253
日記
獺祭書屋日記……………………………… 295
病床日誌…………………………………… 357
病牀手記…………………………………… 401
病牀読書日記……………………………… 461
〔断片〕…………………………………… 469
〔手記〕…………………………………… 471
〔病床の芍薬〕…………………………… 473
菓物帖……………………………………… 474
草花帖……………………………………… 478
〔玩具帖〕………………………………… 482
蔵書目録…………………………………… 483
参考資料
1 「早稲田文学」文界現象欄より鄭澳生〔稿〕…… 599
2 「早稲田文界」現象欄より(無署名)…… 603
3 京都博覧会●美術館妄評〔抄〕……… 605
4 金剛杵〔抄〕(正太夫)……………… 609
5 鷸 掻〔抄〕(帰休庵)……………… 610
6 詠養蚕歌(小杉榲邨)………………… 611
7 つなみ(伏龍)………………………… 611
8 魂まつり(武島羽衣)………………… 612
9 「東西南北」(無署名)……………… 615
10 『東西南北』(螽湖) ……………… 615
11 草堂自適(洒竹) …………………… 617
12 八声(洒竹) ………………………… 617
13 〔俳諧百韻評〕(幸田露伴) ……… 617
14 為売醤浜口氏題美人夢商標図(森槐南)…… 618
15 『鳴雪句集』緒言(内藤鳴雪) …… 619
16 俳句 三稿 …………………………… 620
17 俳句の題詠嶺雲〔稿〕 ……………… 621
18 越智処之助氏に答ふ(嶺雲) ……… 621
19 歌評(槙園のあるじ) ……………… 624
20 一般士民の礼服を制定す可きの議(日南)…… 627
21 若菜集の挿画(無署名) …………… 629
22 美術学校紛議魂胆の次第(紛々子)…… 631
23 廃刊の辞(早稲田文学記者) ……… 633
24 青年日本画家に告ぐ(無署名) …… 633
25 我国の絵画に就きて(雪嶺) ……… 636
26 我国の絵画に就きて(再)(雪嶺)…… 639
27 〔明治三十年 病牀日誌〕虚子,肋骨〔他〕…… 641
28 俳話断片(22)(碧梧桐) ………… 643
*解題(本林勝夫)……………………… 645
*校異表…………………………………… 664
*解説 子規の評論(大岡昇平)……… 683
 

第15巻 俳句会稿 1977.7.18
 
明治24年……………………………………… 7
明治25年………………………………………69
明治26年…………………………………… 100
明治27年…………………………………… 268
明治28年…………………………………… 371
明治29年…………………………………… 411
明治30年…………………………………… 552
明治31年…………………………………… 611
明治32年…………………………………… 656
明治33年…………………………………… 721
明治35年…………………………………… 807
参考資料
1 松風会の経歴(入谷生)……………… 813
2 吾々の俳句会の変遷(鳴雪)………… 814
3 根岸庵の追懐と現時の俳句会(若尾瀾水)…… 819
*解題(和田茂樹)……………………… 823
*解説 実験、エクササイズ、そして解放(寺田透)…… 847
 

第16巻 俳句選集 1975.8.18
 
俳句 二葉集 春の部……………………… 5
承露盤…………………………………………21
例言…………………………………………23
新俳句正岡子規〔閲〕,上原三川,直野碧玲瓏〔共編〕…… 235
『新俳句』のはじめに題す…………… 237
春夏秋冬正岡子規〔編〕,河東碧梧桐,高浜虚子〔共編〕…… 387
春夏秋冬序……………………………… 389
案山子集………………………………… 497
刪正本 増補再版「獺祭書屋俳話」附録俳句 選句集…… 563
参考資料
1 選句発表誌紙参考……………………… 577
2 「二葉集」参考………………………… 587
3 「新俳句」参考………………………… 589
4 「春夏秋冬」参考……………………… 597
5 「案山子集」参考……………………… 608
6 地方消息………………………………… 611
*解題(池上浩山人)…………………… 617
*校異表…………………………………… 639
*解説 子規とその世界観についての覚書(ぬやまひろし)…… 649
 

第17巻 俳諧研究 1976.2.18
 
蕪村句集講義 冬之部……………………… 5
蕪村句集講義 春之部…………………… 177
蕪村句集講義 夏之部…………………… 325
蕪村句集講義 秋之部…………………… 537
参考資料
1 鳴雪自叙伝(抄)(内藤鳴雪)……… 731
2 新刊広告より…………………………… 732
3  元禄調と天明調(指頭庵)………… 733
4 蕪村句集私議(碧梧桐〔河東碧梧桐〕)…… 739
5 雑筆(芥川龍之介)…………………… 742
6 蕪村講義に就いて(裸馬〔菅礼之助〕)…… 742
7 子規居士筆「輪講摘録」について(亀田小蛄〔亀田喜一〕)…… 750
8 子規庵の蕪村忌(冬篝〔茂野吉之助〕)…… 753
9 子規庵最後の蕪村忌・俳句寄せ書…… 757
蕪村句初句索引長谷川孝士〔作成〕…… 759
*解題(長谷川孝士)…………………… 779
*校異表…………………………………… 812
*解説 享受・批評・解釈(北住敏夫)…… 823
 

第18巻 書簡 1 1977.1.18
 
明治13年……………………………………… 7
明治15年……………………………………… 9
明治16年………………………………………35
明治17年………………………………………53
明治18年………………………………………71
明治19年………………………………………78
明治20年…………………………………… 105
明治21年…………………………………… 108
明治22年…………………………………… 113
明治23年…………………………………… 123
明治24年…………………………………… 183
明治25年…………………………………… 230
明治26年…………………………………… 396
明治27年…………………………………… 455
明治28年…………………………………… 513
参考資料
1 子規居士の書簡(極堂)……………… 647
2 子規居士の書簡柳原極堂〔註〕……… 647
3 追憶(三並良)………………………… 648
4 河東静渓の鍛・銓あて書簡…………… 649
5 河東碧梧桐の竹村鍛あて書簡………… 650
6 鬼城より子規あて書簡の草稿………… 652
7 子規の評したる余が句(内藤鳴雪)… 654
8 下村牛伴書簡…………………………… 655
9 子規遺稿 子規書簡集(上冊)高浜虚子〔編輯〕…… 655
*解題(和田茂樹)……………………… 657
*解説 子規書簡の肌ざわり(小島信夫)…… 675
 

第19巻 書簡 2 1978.1.18
 
明治29年……………………………………… 7
明治30年………………………………………97
明治31年…………………………………… 227
明治32年…………………………………… 370
明治33年…………………………………… 467
明治34年…………………………………… 596
明治35年…………………………………… 632
年次不詳…………………………………… 670
補遺………………………………………… 675
書簡索引………………………………… 697
参考資料
1 明治30年5月29日大原恆徳宛虚子書簡…… 737
2 一話一言(驢背居主人)……………… 737
3 明治〔30〕年7月13日内藤世南宛極堂書簡…… 739
4 明治30年〔 〕月内藤五郎宛子規書簡…… 740
5 明治33年10月19日大原恆徳宛拓川書簡…… 741
6 明治34年2月14日長塚節宛左千夫書簡…… 741
7 明治35年9月18日大原恆徳宛虚子書簡…… 741
8 明治35年9月19日大原恆徳宛虚子書簡…… 742
9 明治35年10月3日漱石宛虚子書簡 …… 743
10 明治35年12月1日漱石書簡…………… 746
*解題(和田茂樹)……………………… 749
*解説 私信にして文学そのもの(小田切秀雄)…… 771
 

第20巻 研究編著 1976.3.18
 
ふしのよせ書1鉄面生,馬骨生〔編〕……… 5
富士のよせかき2 ………………………… 135
富士のよせ書3瓢亭〔編輯〕,西子〔補助〕…… 185
えりぬき…………………………………… 263
日本の諺…………………………………… 295
かさねこと葉……………………………… 321
たね本……………………………………… 351
日本人物過去帳…………………………… 401
韻さぐり…………………………………… 509
飲食考……………………………………… 579
橘曙覧遺稿志濃夫廼舎歌集 手抄……… 593
古白遺稿…………………………………… 617
俳句……………………………………… 619
新年…………………………………… 619
春……………………………………… 619
夏……………………………………… 622
秋……………………………………… 623
冬……………………………………… 626
雑……………………………………… 628
和歌……………………………………… 628
情鬼……………………………………… 629
人柱築島由来…………………………… 633
藤野潔の伝……………………………… 693
〔遺稿跋並追弔詩文〕………………… 709
参考資料
1 語末辞書として見た「韻さぐり」(改稿)(山田忠雄)…… 717
2 明治28年4月14日子規宛碧梧桐書簡 … 725
3 「日本人」斯晨斯夕欄より(半壷斗)…… 729
4 〔古白遺稿寄附者及び金額〕………… 729
5 古白遺稿(河東碧梧桐)……………… 732
*解題(蒲池文雄,白方勝) …………… 735
*解説(服部嘉香)……………………… 759
*解説 事典的方法(上田三四二)…… 775
 

第21巻 草稿 ノート 1976.11.18
 
草稿
寒山落木抄…………………………………… 7
病余漫吟………………………………………39
〔附明治28年俳句草稿補遺〕………… 128
俳諧十六家………………………………… 141
一家二十句………………………………… 161
句調類集(俳句分類集丁号)…………… 389
俳諧系統…………………………………… 423
俳書年表…………………………………… 441
評語集録…………………………………… 523
ノート
ノート(1~27) ………………………… 545
参考資料
1 子規の回想(河東碧梧桐)…………… 703
2 ノート1 所載大学要覧………………… 710
3 明治18年3月(第2学期)東京大学予備門前本黌生徒及改正学科生徒試業優劣表… 715
4 ノート 所載時間割…………………… 716
5 椎の影(四方太)……………………… 718
*解題(和田茂樹,和田克司) ………… 723
*解説 子規と芭蕉・蕪村(井本農一)…… 769
 

第22巻 年譜 資料 1978.10.30
 
年譜……………………………………… 7
慶応3年 ……………………………………… 9
慶応4 明治元年………………………………14
明治2年 ………………………………………16
明治3年 ………………………………………19
明治4年 ………………………………………21
明治5年 ………………………………………22
明治6年 ………………………………………25
明治7年 ………………………………………27
明治8年 ………………………………………29
明治9年 ………………………………………31
明治10年………………………………………33
明治11年………………………………………35
明治12年………………………………………38
明治13年………………………………………42
明治14年………………………………………45
明治15年………………………………………51
明治16年………………………………………59
明治17年………………………………………67
明治18年………………………………………74
明治19年………………………………………83
明治20年………………………………………92
明治21年…………………………………… 100
明治22年…………………………………… 111
明治23年…………………………………… 128
明治24年…………………………………… 149
明治25年…………………………………… 169
明治26年…………………………………… 205
明治27年…………………………………… 236
明治28年…………………………………… 258
明治29年…………………………………… 300
明治30年…………………………………… 321
明治31年…………………………………… 356
明治32年…………………………………… 386
明治33年…………………………………… 415
明治34年…………………………………… 457
明治35年…………………………………… 494
明治36年以後……………………………… 534
著作年表………………………………… 537
「年譜」「著作年表」編纂摘記…… 722
資料
松山市街子規関係建物位置図…………… 724
正岡家戸籍………………………………… 725
正岡家系図………………………………… 728
正岡家資料………………………………… 730
小中学校関係資料………………………… 737
子規門結社・俳人・歌人一覧…………… 745
追補………………………………………… 783
子規著作題目索引………………………… 807
*解題(和田茂樹,柳生四郎) ………… 828
*解説 「年譜」の大躍進(荒正人)… 842
 

別巻1 子規あての書簡 1977.3.18
 
秋山真之より…………………………………11
浅井忠(黙語)より…………………………14
浅水南八(又次郎)より……………………19
天岸一順より…………………………………20
天草種庚より…………………………………21
天田愚庵(五郎)より………………………21
五百木瓢亭(良三)より……………………24
石井八万次郎より……………………………76
石井露月(祐治)より………………………76
石川鴬洲より…………………………………78
一本松啓より…………………………………79
伊藤松宇(半次郎)より……………………82
乾狙酔(真澄)より…………………………89
井林広政より…………………………………96
今川虚空(氏嗣)より………………………97
今成無事庵(文平)より……………………98
浦屋雲林(寛制)より…………………… 100
大久保慎二より…………………………… 101
大嶋梅屋(嘉泰)より…………………… 102
太田正躬(柴洲)より…………………… 103
大谷是空(藤治郎)より………………… 105
大原其戎(沢右衛門)より……………… 110
大原其然(林三郎)より………………… 117
小川尚義より……………………………… 117
岡野知十(敬胤)より…………………… 119
岡村恆元(三鼠)より…………………… 121
小此木信一郎より………………………… 122
片山桃雨(久)より……………………… 124
加藤拓川(恆忠)より…………………… 125
加藤安太郎(文魔)より………………… 137
河東静渓(坤)より……………………… 138
河東銓(可全)より……………………… 138
河東碧梧桐(秉五郎)より……………… 139
菊池謙二郎(仙湖)より………………… 245
菊池寿人(馬革斎)より………………… 250
陸羯南(実)より………………………… 251
栗田淳綱より……………………………… 255
黒田勝〔女〕より………………………… 256
幸田露伴(成行)より…………………… 259
幸堂得知(鈴木利平)より……………… 260
古島一雄(古洲)より…………………… 261
権藤〔震二〕より………………………… 261
佐伯蛙泡(伝蔵)より…………………… 262
佐伯政直より……………………………… 263
斎藤緑雨(賢)より……………………… 268
佐々田八次郎より………………………… 269
佐藤紅緑(洽六)より…………………… 274
佐藤肋骨(安之助)より………………… 286
寒川鼠骨(陽光)より…………………… 289
島崎霊子より……………………………… 290
清水則遠より……………………………… 291
下村牛伴(純孝)より…………………… 292
釈一宿(仏海)より……………………… 311
勝田主計(明庵)より…………………… 312
仙田重邦(土仏)より…………………… 317
〔園田〕重賢より………………………… 318
〔高川〕信一より………………………… 320
高浜虚子(清)より……………………… 322
武市庫太(蟠松・雪燈)より…………… 414
武市守衛より……………………………… 418
竹村錬卿(鍛)より……………………… 419
蔦太郎より………………………………… 431
豊島昌義(天外)より…………………… 432
鳥居〔素川〕(赫雄)より……………… 434
内藤鳴雪(素行)より…………………… 434
永井英次郎(破笛)より………………… 454
中根重一より……………………………… 455
中野逍遥(重太郎)より………………… 456
中村不折(鉾太郎)より………………… 459
夏目漱石(金之助)より………………… 462
新海非風(正行)より…………………… 551
西芳菲(松二郎)より…………………… 556
西原義任より……………………………… 560
二宮孤松(熊次郎)より………………… 562
野口寧斎(一太郎)より………………… 563
服部嘉陳(楠谷)より…………………… 566
林江左(和一)より……………………… 567
藤井乙男(紫影)より…………………… 573
藤野磯子より……………………………… 575
藤野古白(潔)より……………………… 576
藤野洋々(漸)より……………………… 618
不破信一郎より…………………………… 618
細井岩弥より……………………………… 620
松田甲より………………………………… 624
松田半粋(芳次郎)より………………… 625
松浦政泰より……………………………… 628
道山壮山(芳種)より…………………… 629
三井〔駒治〕より………………………… 630
水落露石(義一)より…………………… 631
三並良より………………………………… 641
宮崎梅塘(国太郎)より………………… 645
森鴎外(林太郎)より…………………… 646
森河北(荘之助)より…………………… 648
森猿男(廉次郎)より…………………… 649
森松南(知之・貢)より………………… 650
物集高見より……………………………… 652
桃沢茂春(重治)より…………………… 653
矢ケ崎奇峰(栄次郎)より……………… 654
柳原極堂(正之)より…………………… 656
山川信次郎より…………………………… 660
山崎馬骨(精一郎)より………………… 662
山田鹿次郎より…………………………… 663
山田烈盛より……………………………… 664
山寺梅龕(清三郎)より………………… 665
山本忠彰より……………………………… 669
与謝野鉄幹(寛)より…………………… 670
〔吉野〕左衛門(太左衛門)より……… 670
渡辺香墨(助治郎)より………………… 671
渡部正綱より……………………………… 672
参考資料
1 明治27年1月24日飄亭宛碧梧桐書簡 … 675
2 明治〔35〕年9月21日野口寧斎書簡 … 677
3 明治 年5月19日内藤鳴雪書簡 ……… 677
4 明治 年12月3日内藤鳴雪書簡 ……… 677
5 子規の委嘱を辞退(高浜虚子)……… 678
6 病後の焦燥(河東碧梧桐)…………… 680
*解題(和田茂樹)……………………… 685
*解説 子規への書簡(正岡忠三郎)… 713
補説(和田茂樹)…………………… 713
 

別巻2 回想の子規 1 1975.9.18
 
夜長の欠び(飄亭茶話)…………………… 9
師走日記〔抄〕(月兎生)…………………46
正岡子規(無名氏)…………………………55
子規氏の塑像(碧梧桐)……………………69
根岸庵を訪ふ(不可得)……………………73
〔糸瓜の辞世〕俳話断片の内(碧梧桐)…77
正岡子規君……………………………………87
(古洲)……………………………………87
(是空)……………………………………91
(左千夫)…………………………………98
(紫影生)……………………………… 104
(葯房)………………………………… 109
(極堂生)……………………………… 111
(秋虎)………………………………… 123
(千代女)……………………………… 125
(芳菲山人)…………………………… 129
正岡子規氏を悼む(子介生)…………… 135
〔子規逝く〕八面鋒の内(桂月)……… 139
子規子の死(瀾水)……………………… 142
正岡子規君………………………………… 155
犬骨坊…………………………………… 155
母堂の談話碧梧桐〔記〕……………… 181
子規正岡先生を哭す(久良岐)………… 186
子規言行録序(羯南)…………………… 192
君が絶筆(碧梧桐)……………………… 196
日本新聞に於ける正岡子規君(古島一念)…… 199
〔血汁一滴〕(しぐれ庵)……………… 224
〔中秋の満月の夜〕(中川四明)……… 228
悼子規君(橡面坊)……………………… 230
〔子規居士の霊柩を送る〕(牧野望東)…… 232
平凡なる偉人(桑村竹子)……………… 234
三年前の根岸庵(瀾水)………………… 236
師を失ひたる吾々(伊藤左千夫)……… 249
余の知れる子規君(土仏生)…………… 252
糸瓜仏(露石)…………………………… 259
吾家の子規居士(露月生)……………… 268
子規翁終焉後記(紅緑)………………… 291
夢の如し(月兎)………………………… 304
俳諧空談〔抄〕(城北隠士)…………… 311
追懐雑記(鳴雪)………………………… 314
思ひ出づるまゝ(四方太)……………… 330
写生文の事(四方太)…………………… 348
短歌会の起り(秀真)…………………… 354
子規翁(紅緑)…………………………… 358
子規君に関する記憶(霽月)…………… 373
六年有余(香墨)………………………… 378
子規先生(抱琴)………………………… 385
先生の南岳草花画巻を得給ひし事(芒生)…… 387
子規先生を追想す(月我)……………… 394
子規先生追懐記(花笠)………………… 399
子規先生訪問に就きての記(梧月)…… 407
遺髪埋葬式の記(淡紅)………………… 410
獺祭書屋主人(鹿嶺)…………………… 414
子規先生を訪ふ(梅塘)………………… 420
正岡子規子烏山生〔記〕………………… 424
来るべき俳壇(矢ヶ崎奇峰)…………… 428
故正岡子規氏(碧玲瓏)………………… 433
竹の里人(森田義郎)…………………… 444
竹乃里人左千夫〔記〕…………………… 447
竹の里人節〔記〕………………………… 468
正岡子規と秋山参謀(虚子)…………… 483
言志集 老梅居雑話の内(鳴雪)……… 494
絶対的人格 正岡先生論(伊藤左千夫)…… 510
透谷全集と子規随筆(小島烏水)……… 516
「吾輩ハ猫デアル」中篇序(夏目漱石)…… 526
子規先生(佐藤紅緑)…………………… 530
子規論(佐々醒雪)……………………… 540
正岡子規の人物(内藤鳴雪)…………… 546
子規と和歌(伊藤左千夫)……………… 550
子規氏につき(知十)…………………… 556
故子規氏について(春葉生)…………… 561
子規氏に対する雑感(戸川残花)……… 563
子規氏(角田竹冷)……………………… 567
正岡子規君(伊藤松宇)………………… 570
子規書簡集を読む(沼波瓊音)………… 573
正岡さん(大谷繞石)…………………… 576
正岡子規漱石〔談〕……………………… 583
子規追想(中村不折)…………………… 589
子規子と新文芸(文泉子)……………… 595
子規居士幼時子規母堂〔談〕…………… 600
芭蕉と蕪村と子規(乙字)……………… 609
常識的革命者 正岡子規論(服部嘉香)…… 616
子規の画(漱石)………………………… 635
参考資料
1 村上霽月宛碧梧桐書簡………………… 639
2 村上霽月宛虚子書簡…………………… 640
3 消息……………………………………… 640
4 口絵の書簡(伊藤牛歩)……………… 641
5 主要新聞・雑誌の子規訃報…………… 645
6 主要新聞・雑誌の子規追悼句・歌・漢詩抜萃…… 654
7 各地における子規門俳句会の主要追悼句…… 658
8 緒言〔『子規言行録』〕(古洲生)… 662
*解題(柳生四郎)……………………… 665
*校異表…………………………………… 680
*解説 同時代諸家の証言(稲垣達郎)…… 683
 

別巻3 回想の子規 2 附補遺 1978.3.18
 
無題(夏目漱石)…………………………… 7
正岡子規(釈清潭)………………………… 9
子規居士追懐談(高浜虚子)………………11
子規居士の追憶其他(吉野左衛門)………88
初対面の子規先生(矢田挿雲)………… 106
糸瓜仏追懐(島田五工)………………… 112
平凡は怖い(星野麦人)………………… 115
四分五裂せる現時の俳壇(内藤鳴雪)… 119
根岸庵の一夜(青木月斗)……………… 127
子規夜話(赤木格堂)…………………… 134
子規の少年時代(三並良)……………… 166
子規の青年時代(柳原正之)…………… 184
予備門時代の子規(菊池仙湖)………… 193
おもひでの二三(佐佐木信綱)………… 197
正岡さん(陸てつ子)…………………… 199
子規の追憶(吉村冬彦)………………… 202
子規を語る(座談会)(岩崎風雨,景浦稚桃,近藤小南,西原五洲,野間叟柳,藤田杉番,御手洗不迷,森河北,村上霽月,柳原極堂,本社側 曽我松山通信部主任,阿部部員)…… 206
家庭より観たる子規(対談)(正岡律子,河東碧梧桐)…… 280
正岡子規と裸体画事件(後藤宙外)…… 306
私の観た子規(宮本仲)………………… 316
我が見たる子規(五百木飄亭)………… 324
糸瓜棚の下にて(佐藤紅緑)…………… 337
思ひ出すまゝ(佐藤肋骨)……………… 348
子規を憶ふ(勝田主計)………………… 360
子規居士との座談(寒川鼠骨)………… 368
鹿鳴集後記(会津八一)………………… 377
俳句も全生涯から(三宅雄二郎)……… 386
「子規子の死」の反響―付鼠骨君尺牘―(若尾瀾水)…… 389
古島一雄翁の子規談(古島一雄,高浜虚子)…… 397
自由主義の子規居士(和田不可得)…… 407
補遺
第3巻「俳句3」補遺……………………… 417
第5巻「俳論俳話2」補遺………………… 419
〔夏目漱石俳句稿評〕………………… 419
〔河東碧梧桐俳句稿評〕……………… 422
草花十句合……………………………… 427
十句合…………………………………… 429
雑題十句合……………………………… 431
〔妹尾雨燈俳句稿評〕………………… 433
〔蛙友会俳句稿評〕…………………… 434
第6巻「短歌 歌会稿」補遺 …………… 435
芝居廼巻………………………………… 436
ほしのまき……………………………… 449
於仁ノマキ……………………………… 459
橋乃巻…………………………………… 474
第14巻「評論 日記」補遺……………… 484
病牀日記………………………………… 484
一日一詠………………………………… 485
一日一詠………………………………… 487
日記断片………………………………… 488
第15巻「俳句会稿」補遺………………… 490
明治28年………………………………… 491
十句集…………………………………… 501
連句……………………………………… 575
第19巻「書簡2」補遺 …………………… 593
別巻1「子規あての書簡」補遺 ………… 597
秋山真之より…………………………… 598
浅井黙語(忠)より…………………… 603
浅野陽吉より…………………………… 607
天田愚庵(五郎)より………………… 608
五百木飄亭(良三)より……………… 608
石山桂山(重遠)より………………… 620
伊東温より……………………………… 621
伊藤可南(泰)より…………………… 622
伊藤松宇(半次郎)より……………… 623
乾狙酔(真澄)より…………………… 623
井林博政より…………………………… 626
梅沢墨水(喜代太郎)より…………… 627
太田柴洲(正躬)より………………… 628
大谷是空(藤治郎)より……………… 628
片山桃雨(久)より…………………… 634
加藤拓川(恆忠)より………………… 636
香取秀真(秀次郎)より……………… 637
河東静渓(坤)より…………………… 642
河東可全(銓)より…………………… 646
河東碧梧桐(秉)より………………… 648
菊池仙湖(謙二郎)より……………… 650
菊池寿人より…………………………… 652
草野銀太郎より………………………… 652
小杉天外(為造)より………………… 653
権藤震二より…………………………… 655
佐伯伝蔵(蛙泡)より………………… 655
坂本四方太より………………………… 656
桜井庚太郎(静堂)より……………… 657
佐々田八次郎より……………………… 659
佐藤紅緑(洽六)より………………… 665
佐藤野老(終吉)より………………… 668
寒川鼠骨(陽光)より………………… 670
島本青宜より…………………………… 672
清水則遠より…………………………… 672
末永戯道(純一郎)より……………… 674
高津鍬三郎より………………………… 675
高浜虚子(清)より…………………… 675
武市庫太(蟠松・雪燈)より………… 677
武市守衛より…………………………… 679
竹村錬卿(鍛)より…………………… 680
坪内逍遥(雄蔵)より………………… 684
土居薮鴬(辨治郎)より……………… 685
得能秋虎(文)より…………………… 685
豊島天外(昌義)より………………… 687
内藤克家より…………………………… 690
永井政忠より…………………………… 691
中野逍遥(重太郎)より……………… 691
中村不折(鉾太郎)より……………… 692
新海非風(正行)より………………… 697
二宮素香(直方)より………………… 703
芳賀矢一より…………………………… 704
林江左(和一)より…………………… 705
福田把栗(世耕)より………………… 706
藤野古白(潔)より…………………… 707
藤野洋々(漸)より…………………… 709
法然坊(桂湖村 カ)より…………… 709
文之助より……………………………… 711
三並良より……………………………… 711
村上斎月(半太郎)より……………… 716
元良勇次郎より………………………… 727
森猿男(廉次郎)より………………… 728
森知一より……………………………… 732
森松南(安長知之)より……………… 733
柳原極堂(正之)より………………… 734
山川信次郎より………………………… 741
横山正修より…………………………… 742
与謝野鉄幹(寛)より………………… 742
渡辺又次郎より………………………… 746
公的機関等からの通信………………… 747
文科大学より………………………… 747
帝国大学図書館より………………… 747
東京人類学会より…………………… 747
東台一小僧より……………………… 748
愛媛県人会より……………………… 749
参考資料
1 嗽石先生(高浜生,河東生) ………… 751
2 子規の居蹟(古賀蔵人)……………… 752
3 子規一門の連句(柳田国男)………… 774
4 『紙人形』抄(柴田宵曲)…………… 781
5 月次十句集課題………………………… 785
*解題(柳生四郎)……………………… 789
*回想の子規2 校異表…………………… 806
*解説 子規の〈近代〉(三好行雄)… 809
[ 2011/03/23 06:55 ] 正岡子規 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。