研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  正宗白鳥 >  『正宗白鳥全集』全13巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『正宗白鳥全集』全13巻

『正宗白鳥全集』全13巻(新潮社、1965.5~1968.12)
※他に『正宗白鳥全集』全30巻(福武書店)がある。


第1巻 小説 1 1966.10.30
 
寂寞…………………………………………… 9
塵埃……………………………………………28
妖怪画…………………………………………35
玉突屋…………………………………………45
何処へ…………………………………………48
五月幟…………………………………………97
村塾………………………………………… 109
二家族……………………………………… 115
明日………………………………………… 173
命の綱……………………………………… 194
地獄………………………………………… 200
悪縁………………………………………… 219
落日………………………………………… 253
名残………………………………………… 333
徒労………………………………………… 340
微光………………………………………… 363
波の音……………………………………… 403
泥人形……………………………………… 412
口入宿……………………………………… 449
窒息………………………………………… 458
*解題(中島河太郎)…………………… 501

 


第2巻 小説 2 1967.9.30
 
毒……………………………………………… 9
お今……………………………………………95
心中未遂…………………………………… 109
半生を顧みて……………………………… 155
まぼろし…………………………………… 202
入江のほとり……………………………… 232
催眠薬を飲むまで………………………… 257
牛部屋の臭ひ……………………………… 296
死者生者…………………………………… 324
老婆殺し…………………………………… 348
すべての終り……………………………… 366
白昼夢……………………………………… 428
毒婦のやうな女…………………………… 458
*解題(中島河太郎)…………………… 507
 


第3巻 小説 3 1965.10.30
 
悪夢…………………………………………… 9
尾花の蔭………………………………………28
人さまざま……………………………………33
団菊死後………………………………………73
栴檀木橋………………………………………80
冬の日…………………………………………87
迷妄………………………………………… 102
馬鹿の清吉………………………………… 107
亡夫の情人………………………………… 137
生まざりしならば………………………… 172
江島の墓…………………………………… 200
人を殺したが……………………………… 207
衰頽時代…………………………………… 303
ある日本宿………………………………… 334
コロン寺縁起……………………………… 348
六十の手習ひ……………………………… 364
世界人……………………………………… 377
髑髏と酒場………………………………… 384
故郷………………………………………… 396
二人の楽天家……………………………… 404
薮睨み?…………………………………… 428
今年の春…………………………………… 443
陳腐なる浮世……………………………… 447
絶望から希望へ…………………………… 462
かかづらひ………………………………… 472
等々力通ひ………………………………… 479
*解題(中島河太郎)…………………… 485
 


第4巻 小説 4 1966.4.25
 
高原の怪談…………………………………… 9
一日の苦労……………………………………28
根無し草………………………………………37
今年の初夏……………………………………96
戦災者の悲しみ…………………………… 106
「新」に惹かれて………………………… 116
変る世の中………………………………… 124
空想の天国………………………………… 130
日本脱出…………………………………… 140
人間嫌ひ…………………………………… 391
一しづくの涙……………………………… 470
銀座風景…………………………………… 484
近松秋江…………………………………… 488
猫切丸……………………………………… 553
青春つぶれ………………………………… 561
本能寺の信長……………………………… 571
今年の秋…………………………………… 584
リー兄さん………………………………… 593
*解題(中島河太郎)…………………… 601
 


第5巻 戯曲 1966.7.30
 
白壁…………………………………………… 9
秘密……………………………………………31
影法師…………………………………………64
人生の幸福……………………………………89
ある心の影………………………………… 110
梅雨の頃…………………………………… 136
農村二日の出来事………………………… 147
隣家の夫婦………………………………… 173
一日の平和………………………………… 198
柿の木……………………………………… 215
安土の春…………………………………… 219
勝頼の最後………………………………… 239
歓迎されぬ男……………………………… 259
光秀と紹巴………………………………… 288
みんな出鱈目……………………………… 305
天使捕獲…………………………………… 330
江島生島…………………………………… 343
死んだやうな平和………………………… 360

演芸時評…………………………………… 375
マクベスを観て………………………… 377
「児島高徳」の芝居…………………… 379
吉右衛門について……………………… 380
平将門…………………………………… 383
劇評について…………………………… 384
法成寺物語……………………………… 386
市村座の沢田…………………………… 389
菊吉合同劇……………………………… 391
断片録…………………………………… 393
ラヂオ演芸……………………………… 395
歌舞伎座の立見………………………… 397
露西亜歌劇……………………………… 401
曽我の家の喜劇………………………… 402
尾上松助について……………………… 403
新劇協会の芝居………………………… 405
「日本戯曲集」について……………… 407
「空気饅頭」について………………… 409
「毛猿」について……………………… 410
「心座」見物…………………………… 412
「歌舞伎座」の六月…………………… 414
「演舞場」の六月……………………… 420
「松竹座」の三時間…………………… 421
帝劇の女優劇…………………………… 425
南北と春水と…………………………… 428
沢田の「金色夜叉」…………………… 433
「演舞場」の八月……………………… 437
錦絵美謳歌を嗤ふ……………………… 439
「桐一葉」について…………………… 442
菊五郎の舞踊…………………………… 445
ブルジヨア、シツペル………………… 447
春昇氏の「鳥辺山」…………………… 447
思ひ出すまゝに………………………… 450
「相馬の金さん」……………………… 454
「坊つちやん」………………………… 456
竹の屋劇評集…………………………… 458
我が饒舌録……………………………… 459
*解題(中島河太郎)…………………… 467
 


第6巻 評論 1 1965.8.25
 
鏡花の註文帳を評す………………………… 9
鏡花作通夜物語評……………………………10
水蔭作『江島道』評…………………………12
風葉作『黒装束』を評す……………………12
花袋作『野の花』……………………………13
西鶴作『おせん長左』………………………14
花袋氏に与ふ…………………………………15
『ゆく春』を読む……………………………17
浦島を読む……………………………………19
漱石と柳村……………………………………20
「独歩集」を読む……………………………24
随感随筆………………………………………25
『破戒』を読む………………………………26
小説「破戒」を評す…………………………27
大学派の文章家………………………………28
漱石と二葉亭…………………………………31
独歩論…………………………………………34
紅葉山人………………………………………35
「蒲団」合評…………………………………36
夏目漱石論……………………………………36
風葉氏…………………………………………38
「田舎教師」合評……………………………38
蘆花氏…………………………………………40
泡鳴氏の「放浪」……………………………40
近松と西鶴との比較…………………………41
島村抱月氏……………………………………44
「黴」の批評…………………………………45
坪内博士………………………………………47
俊子論…………………………………………48
夏目氏について………………………………49
『一兵卒の銃殺』を読んで…………………50
田山花袋氏について…………………………51
加能君の『世の中へ』………………………52
「新生」合評…………………………………53
田山徳田両氏について………………………53
「腕くらべ」その他…………………………55
緑雨について…………………………………58
「暗夜行路」について………………………61
その傑作『疑惑』……………………………63
西鶴について…………………………………65
徳田秋声論……………………………………78
「道草」を読んで……………………………87
有島武郎の「或る女」………………………90
森鴎外の「妄想」……………………………93
芥川氏の文学を評す…………………………96
「天うつ浪」と「大菩薩峠」…………… 103
森鴎外について…………………………… 110
菊池寛論…………………………………… 117
夏目漱石論………………………………… 125
正岡子規について………………………… 146
蘇峰と蘆花………………………………… 148
岩野泡鳴論………………………………… 157
志賀直哉と葛西善蔵……………………… 176
二葉亭について…………………………… 186
明治文壇総評……………………………… 193
文壇縦横の記……………………………… 216
大衆文学論………………………………… 227
島崎藤村論………………………………… 242
永井荷風論………………………………… 256
明治大正文壇回顧………………………… 268
谷崎潤一郎と佐藤春夫…………………… 278
田山花袋論………………………………… 288
久保田万太郎論…………………………… 297
方丈記鑑賞………………………………… 305
横光利一論………………………………… 307
山本有三論………………………………… 315
西鶴について……………………………… 323
宇野浩二論………………………………… 327
「坊つちやん」について………………… 335
久米正雄論………………………………… 337
荷風とチエーホフ………………………… 344
文学者としての逍遥先生………………… 349
龍之介・武郎・抱月……………………… 360
「武州公秘話」跋………………………… 363
綺堂氏の脚本……………………………… 365
緑雨、逍遥、鴎外………………………… 368
「宮本武蔵」読後感……………………… 375
石川達三論………………………………… 380
田村泰次郎論……………………………… 387
幸田露伴…………………………………… 392
近松の心中物……………………………… 399
志賀直哉の文学…………………………… 403
漱石とイブセン…………………………… 412
坪内逍遥…………………………………… 418
現代作家論………………………………… 422
近松について……………………………… 427
藤村と二葉亭……………………………… 430
太宰治小論………………………………… 433
藤村論……………………………………… 437
「楢山節考」……………………………… 457
今の文壇は才女時代か…………………… 458
新人論……………………………………… 462
「腕くらべ」と「妾宅」………………… 464
「夢の浮橋」を読んで…………………… 469
才気ある女性作家の群…………………… 471
*解題(中島河太郎)…………………… 473

 


第7巻 評論 2 1967.5.30
 
作品の健不健…………………………………11
瑣言……………………………………………12
読書余感………………………………………13
現代の新体詩人………………………………14
文士劇を起すべし……………………………15
文壇片々録……………………………………17
小説界新陳代謝の期…………………………18
文士と虚栄心…………………………………19
文壇所感………………………………………19
ゲーテ…………………………………………20
戦時の文学……………………………………22
小説家の盛衰…………………………………23
年少者に小説を読ましむる可否……………24
感じたるまゝ…………………………………25
ダンテ…………………………………………26
感想録…………………………………………30
エミール、ゾラ………………………………34
虚無思想の発芽………………………………39
随感録(A) …………………………………41
随感録(B) …………………………………42
机上雑感………………………………………43
発売禁止………………………………………45
新聞と文学……………………………………46
静的に物を観る………………………………48
芸術上の懐疑…………………………………50
人物を描く用意………………………………51
「死の如く強し」……………………………53
『サアニン』雑感……………………………55
今年の小説について…………………………56
文芸雑話(A) ………………………………58
文芸雑話(B) ………………………………61
最近の文壇について…………………………63
雑文(シエークスピア)……………………64
批評と出世……………………………………67
ポーについて…………………………………68
桜の園など……………………………………70
通俗文学その他………………………………73
白鳥雑筆………………………………………78
天分と修養……………………………………81
民衆芸術雑言…………………………………83
他人の目と自分の目と………………………86
発売禁止について……………………………88
明治の基督教文学……………………………89
探偵小説雑感…………………………………91
ダンテについて………………………………93
緑蔭閑語…………………………………… 106
フローベルについて……………………… 111
肺患に倒れた明治の文人………………… 113
イブセン劇………………………………… 114
雑感………………………………………… 116
読後感……………………………………… 117
明治劇壇総評……………………………… 121
銷夏雑記…………………………………… 139
『試嘗』感………………………………… 141
西洋の文豪と女性………………………… 145
芸術界の回顧と展望……………………… 162
文学雑感…………………………………… 165
漱石と潤一郎……………………………… 172
「明治文学研究」………………………… 174
沙翁から日本へ…………………………… 181
最近の収穫………………………………… 184
文学評論…………………………………… 189
明治文学概説(後期)…………………… 196
諷刺小説について………………………… 209
チエーホフ論……………………………… 216
「悲劇の哲学」解説……………………… 220
「死」を描いた文学……………………… 228
季冬の戯曲………………………………… 231
史記について……………………………… 233
不安の文学………………………………… 235
歴史を読んで……………………………… 238
回顧一年…………………………………… 242
天才の作品………………………………… 246
「日本浪曼派」その他…………………… 249
アミエルの日記…………………………… 252
文芸随筆…………………………………… 253
少数の読者………………………………… 256
「悪霊」について………………………… 257
ニイチエについて………………………… 264
生田長江の「谷崎論」…………………… 265
ユーゴー追憶……………………………… 267
『オセロ』について……………………… 268
モラエスと魯迅…………………………… 272
文学の萎縮………………………………… 273
諷刺文学…………………………………… 275
志賀氏と萩原氏の感想…………………… 282
トルストイについて……………………… 285
机の上……………………………………… 287
コクトオの世界一周……………………… 290
小説の将来………………………………… 291
イブセン劇を見て………………………… 292
古典の現代化……………………………… 293
批評数片…………………………………… 297
外国文学鑑賞……………………………… 301
文学と精神修養…………………………… 307
個性の強い文学…………………………… 311
空想と現実(人麿)……………………… 315
『守銭奴』その他………………………… 319
古典の鑑賞………………………………… 323
二葉亭四迷に関連して…………………… 328
読書雑感(A) …………………………… 332
読書雑感(B) …………………………… 336
文学人の態度……………………………… 340
文学に於ける「解決」是非……………… 343
モウパツサン(1) ……………………… 349
モウパツサン(2)―「女の一生」― … 358
モウパツサン(3)―「死の如く強し」―…… 365
モウパツサン(4)―「ベラミ」に就いて―…… 370
私小説の魅力……………………………… 377
批評について……………………………… 382
小説の魅力………………………………… 386
文学放談…………………………………… 393
小人の文学と人生………………………… 399
小説の大道………………………………… 401
政治と文学………………………………… 413
批評家無力………………………………… 420
ノーベル賞と日本の文学………………… 422
実名使用小説……………………………… 424
芸術の魅力………………………………… 429
ワイセツ文学など………………………… 436
「没理想」論争…………………………… 442
愛山と透谷………………………………… 449
文学批判…………………………………… 455
文学の行衛………………………………… 462
歴史小説をめぐつて……………………… 480
端物小説の衰退…………………………… 484
小説是非…………………………………… 486
*解題(中島河太郎)…………………… 491
 


第8巻 評論 3 1968.5.30
 
文芸時評………………………………………11
(将来の脚本他)…………………………11
文芸時評………………………………………12
(「太陽」6月号他) ……………………12
文芸時評………………………………………13
(鏡花、鬼太郎他)………………………13
文芸時評………………………………………14
(独歩、鬼太郎他)………………………14
文芸時評………………………………………16
(「睡玉集」他)…………………………16
文芸時評………………………………………17
(「趣味」11月号他)……………………17
文芸時評
九月の小説など……………………………18
芸術の力……………………………………23
読後の雑感…………………………………27
田舎より……………………………………30
病床月評………………………………………34
文芸時評
文芸雑感……………………………………37
新年号の創作その他………………………45
「土」と「荷風集」………………………53
観劇雑感……………………………………60
文学と宗教…………………………………70
演劇と通俗性………………………………71
荷風氏の反問について……………………74
四月号の創作………………………………79
「殴られるあいつ」………………………82
雑誌の五月号………………………………86
「書生気質」以来…………………………88
批評について………………………………89
断片録………………………………………92
トルストイについて………………………93
二つの長篇…………………………………99
淡島寒月氏……………………………… 101
断片録…………………………………… 101
古典を読んで…………………………… 103
藤森氏の戯曲…………………………… 108
断片語…………………………………… 111
一葉と樗牛……………………………… 114
青野氏・岸田氏・谷崎氏……………… 121
軽井沢所感……………………………… 126
追加「自己弁護」……………………… 127
島崎藤村氏について…………………… 129
懺悔文学………………………………… 135
「嵐」と「元の枝へ」………………… 137
森戸氏の譬喩…………………………… 139
藤森氏へ………………………………… 141
尾崎紅葉について……………………… 143
「タイタス、アンドロニカス」と「絵本合法衢」…… 153
断片語…………………………………… 157
黙阿弥について………………………… 160
新劇協会について……………………… 165
わが文学小観…………………………… 166
読書余録………………………………… 169
文芸時評
「阪本龍馬」…………………………… 173
新作家としての用意…………………… 178
文芸時評…………………………………… 182
(春夫、天外、潤一郎)……………… 182
(トーキー、成吉、無想庵)………… 188
「赤穂浪士」その他…………………… 194
(大宅壮一その他)…………………… 201
花袋氏について、飢渇信、四月号の雑誌…… 208
(緑雨、清次郎)……………………… 216
(雪夫、百合子)……………………… 222
(長江、千秋)………………………… 229
(「真理の春」その他)……………… 235
(「ゴーストップ」その他)………… 242
(明治の政治小説)…………………… 247
文芸時評
小山内氏について……………………… 252
北村喜八氏の所論……………………… 254
里見氏の感想…………………………… 256
『お蝶夫人』…………………………… 257
『邦文外国雑誌』……………………… 258
三月の雑誌……………………………… 259
(四月の雑誌)………………………… 259
横光氏の小説…………………………… 260
谷氏の戯曲……………………………… 261
雑文……………………………………… 263
「ルンペン」小説……………………… 265
「安城家の兄弟」……………………… 266
雑誌五月号の小説……………………… 269
貴族的文学……………………………… 270
川端氏の所説…………………………… 271
「蝶つがひ」…………………………… 273
古典の現代訳…………………………… 274
論さまざま……………………………… 276
岸田氏の戯曲…………………………… 280
「歌舞伎王国」………………………… 282
「トパーズ」…………………………… 283
「ニユーヨーク・ナンセンス」……… 284
「小妖精伝」…………………………… 286
ボードレヱール曰く…………………… 287
再び「トパーズ」について…………… 287
宗教について…………………………… 288
「丸橋忠弥」…………………………… 289
雑誌八月号……………………………… 290
「築地小劇場史」……………………… 292
避暑地にて……………………………… 293
「盲目物語」…………………………… 295
類型芸術………………………………… 297
雑誌の小説その他……………………… 298
小説讃美………………………………… 300
十月号の雑誌…………………………… 305
作家志望者へ…………………………… 306
雑誌十一月号…………………………… 311
文芸時評
「刈草」、「首斬」、「泡鳴」……… 313
文芸時評
「ゲヨエテ研究」と「ヒマラヤ」の旅…… 320
十二月の雑誌…………………………… 324
明治文学史……………………………… 327
嘉村氏の小説…………………………… 327
その他の雑誌小説……………………… 329
天才人…………………………………… 331
日本文学について……………………… 332
批評について…………………………… 333
孤影悄然………………………………… 334
「人情馬鹿」と「二十歳」…………… 337
作家生活の苦境………………………… 339
大仏次郎氏の小説……………………… 341
文芸時評…………………………………… 343
(「春琴抄」と「和解」)…………… 343
文芸時評
英訳「源氏物語」……………………… 349
「顔世」と「無法人」………………… 353
田舎新聞の文芸時評…………………… 355
「不安の文学」………………………… 356
「女性の心」…………………………… 359
文芸時評
或文学論………………………………… 360
戯曲数種………………………………… 364
新しい文学雑誌………………………… 366
新進作家論―文芸時評―………………… 367
文芸時評…………………………………… 375
(「紋章」「色ざんげ」他)………… 375
文芸時評
「夜明け前」…………………………… 382
フロオベルの書簡……………………… 386
ゴーリキーの「文学論」……………… 389
菊五郎の「仁木」……………………… 389
シーボルトと宣長……………………… 392
「若さ」と「苦しさ」………………… 394
「別れも……?」……………………… 395
逞ましい創作慾………………………… 396
「罪と罰」……………………………… 398
「抽象的煩悶」………………………… 401
武田・島木・丹羽氏等の力作………… 403
文学的愚痴……………………………… 405
殉教の精神……………………………… 409
優越的傍観……………………………… 411
思想と新生活…………………………… 412
漢字のラテン化………………………… 417
「裸の町」など………………………… 418
洋学年代記……………………………… 420
思想と技巧……………………………… 422
文芸時評…………………………………… 425
(成吉、綺堂その他)………………… 425
文芸時評
「細雪」………………………………… 430
新年の雑誌……………………………… 434
永井荷風の新作………………………… 436
田山花袋について……………………… 439
福沢諭吉………………………………… 441
歌舞伎排斥……………………………… 442
里見 論………………………………… 443
人世の指導者…………………………… 446
日本の小説の弱点……………………… 448
「毒」と「嘘」………………………… 449
上林暁…………………………………… 452
島木健作………………………………… 454
甘いと辛い……………………………… 455
詩の流行………………………………… 459
春来る…………………………………… 460
文芸時評…………………………………… 462
(石川・尾崎・宮内・舟橋他)……… 462
太宰氏と川端氏………………………… 467
高木氏の「血筋」……………………… 469
女流作家………………………………… 470
サルトルの作品………………………… 471
明治文学の新観察……………………… 473
本格小説………………………………… 474
里見と久米……………………………… 475
坂口と石川……………………………… 476
その他の二三…………………………… 477
戦敗国の小説(文芸時評)……………… 478
批評日記(文芸時評)…………………… 484
歴史小説など(文芸時評)……………… 491
新聞小説について(文芸時評)………… 496
運命を恐れる(文芸時評)……………… 502
二つの反戦小説(文芸時評)…………… 510
新年号読後感(文芸時評)……………… 517
雑誌的小説の見本(文芸時評)………… 519
新人作家に努力のあと(文芸時評)…… 521
二人の女流作家(文芸時評)…………… 523
作家は人気商売か(文芸時評)………… 525
日付のある作品(文芸時評)…………… 527
*解題(中島河太郎)…………………… 531
 


第9巻 評論 4 1965.5.10
 
哀れなる芸術界………………………………11
漫言……………………………………………12
寧ろモーメントに生くるに若かんや………13
国人にふさはしからぬ煩悶…………………14
今日の音楽と絵画……………………………15
放言……………………………………………16
片々録…………………………………………17
美術界小言……………………………………18
西洋崇拝は凡て是なるか……………………19
宗教小観………………………………………20
芸苑雑録………………………………………20
絵画小論………………………………………21
洋行の価値……………………………………22
毀誉褒貶………………………………………23
大器晩成………………………………………24
論語とバイブル………………………………25
通人……………………………………………28
菊人形…………………………………………29
死………………………………………………30
田舎……………………………………………31
批評……………………………………………32
優劣高下の標準………………………………33
未亡人再婚論…………………………………34
孟子を読む……………………………………35
古を師とせず…………………………………36
青年と宗教……………………………………40
青年の勝利……………………………………42
懶惰主義………………………………………43
守田勘弥の伝を読みて………………………45
美術界雑観……………………………………47
美術界雑感……………………………………48
唯昔からの約束………………………………50
内村全集を読む………………………………51
死に対する恐怖と不安………………………53
人とその著作…………………………………55
安楽に死ぬこと………………………………60
英雄論…………………………………………61
西園寺公の心境………………………………76
福沢翁自伝読後感……………………………85
読書について…………………………………89
「蘇峰自伝」…………………………………92
自主的文化……………………………………93
人物評論………………………………………95
アパート住ひ…………………………………96
和蘭人「伏拝時代」…………………………97
予の偉人崇拝経路……………………………98
景教の研究………………………………… 103
性の満足…………………………………… 106
独身論……………………………………… 109
老人心理…………………………………… 114
嫉妬について……………………………… 119
精神の貧困………………………………… 124
老人の恋…………………………………… 126
内村鑑三…………………………………… 131
姑息な人生………………………………… 194
新聞と文化………………………………… 195
都会の孤独………………………………… 196
老翁の女性愛慕…………………………… 226
握手とお辞儀……………………………… 227
親子心中…………………………………… 229
神秘の弁…………………………………… 230
ハダカの絵………………………………… 232
映画と文楽………………………………… 233
翻訳時代…………………………………… 234
『自殺』変り種…………………………… 236
曲学阿世…………………………………… 237
我が人世観………………………………… 239
文芸作品賞と税金………………………… 243
私の信条…………………………………… 245
歌舞伎座復興……………………………… 250
読書雑記…………………………………… 251
文か武か…………………………………… 332
集団的「死の舞踏」……………………… 333
我も亦国を憂ふ…………………………… 334
注射ばやり………………………………… 336
洋行ばやり………………………………… 337
憐れなる山羊……………………………… 338
音楽………………………………………… 339
人生如何に生くべきか…………………… 340
苦言甘語…………………………………… 344
団十郎襲名………………………………… 345
黙阿弥六十年祭…………………………… 346
始めての放送……………………………… 347
講和偶感…………………………………… 348
君が代……………………………………… 350
勝負ごと…………………………………… 351
暗中のもがき……………………………… 352
宗教と文学………………………………… 356
どぶ泥世界………………………………… 359
いとはしい夏……………………………… 360
隣組と隣人愛……………………………… 360
評論とは…………………………………… 362
戦争愚痴…………………………………… 365
徳富蘇峰…………………………………… 366
再軍備について…………………………… 371
郷里に帰りて(社会時評1) …………… 373
都会の声(社会時評2) ………………… 379
試験地獄(社会時評3) ………………… 383
知識の過剰(社会時評4) ……………… 388
英雄崇拝(社会時評5) ………………… 393
空論の自由(社会時評完)……………… 397
二つの全集(社会時評1) ……………… 402
大衆雑誌など(社会時評2) …………… 408
江戸趣味と現代(社会時評3) ………… 414
菊池賞その他(社会時評4) …………… 421
色の世界(社会時評5) ………………… 428
洋行流行(社会時評完)………………… 435
入試の理窟………………………………… 442
政治家是非………………………………… 443
恐妻病……………………………………… 445
幼少者の心理……………………………… 450
日本と西洋………………………………… 452
仮装独談会………………………………… 453
通俗非通俗………………………………… 461
真偽の鑑定………………………………… 463
権威に対する疑ひ………………………… 464
新しくもならぬ人生……………………… 466
今日は無事………………………………… 468
欲望は死より強し………………………… 469
科学と宗教………………………………… 474
戦争を廃止せよ…………………………… 476
女とは何ぞや……………………………… 478
政変もまた愉しからずや………………… 484
私の一票…………………………………… 489
不良出版物の排斥………………………… 492
魅力ある説教者…………………………… 493
スターリン様……………………………… 495
私も世界の真相を知りたい……………… 496
天皇制下・三代に生く…………………… 500
受賞辞退…………………………………… 505
沈黙と饒舌………………………………… 507
「神これをよしと見給ふ」か…………… 509
生きるといふこと………………………… 510
木に據つて魚を求める…………………… 518
*解題(中島河太郎)…………………… 521
 


第10巻 随筆 1 1967.2.28
 
観劇余録………………………………………11
歌舞伎座評判記………………………………13
真砂座評………………………………………15
劇評について…………………………………16
歌舞伎座評……………………………………17
年の暮…………………………………………18
東京座「乳兄弟」……………………………19
新演劇及旧演劇………………………………21
侭になるなら…………………………………22
酒………………………………………………23
娯楽……………………………………………24
手紙(A) ……………………………………26
小説劇と素人芝居……………………………27
劇界の趨勢……………………………………29
平凡なる劇壇…………………………………31
騙されて中禅寺へ上るの記…………………34
平泉の三時間…………………………………36
飯坂と東山……………………………………39
京都の朝………………………………………42
好きと嫌ひ……………………………………46
奈良の古仏……………………………………47
寝ころんで……………………………………49
演劇雑感………………………………………50
行く処が無い…………………………………51
二十四日………………………………………52
岡山より………………………………………53
吉野山…………………………………………55
追懐……………………………………………59
談片……………………………………………61
感想漫録………………………………………62
手帳より………………………………………64
思ひ浮ぶまゝ…………………………………67
観劇雑感………………………………………68
京都より………………………………………70
自分の日記……………………………………72
「百物語」……………………………………73
夏の旅…………………………………………75
赤倉温泉より…………………………………76
和倉より………………………………………78
和倉にて………………………………………79
散歩して………………………………………81
浴泉雑記………………………………………82
落語研究会……………………………………86
木曽より………………………………………87
宿屋の二階より………………………………89
我善坊にて(A) ……………………………90
我善坊にて(B) ……………………………92
俳諧……………………………………………96
我善坊にて(C) ……………………………96
我善坊にて(D) ………………………… 100
泉のほとり………………………………… 102
田園雑記…………………………………… 105
軽井沢より………………………………… 108
浅間登山記………………………………… 109
軽井沢にて(A) ………………………… 114
退屈さましに……………………………… 116
ある日の感想……………………………… 118
大磯にて(A) …………………………… 121
大磯にて(B) …………………………… 124
演劇雑話…………………………………… 126
退屈………………………………………… 128
影…………………………………………… 132
クリスマスとお正月……………………… 135
大磯にて(C) …………………………… 140
初夏の頃…………………………………… 142
随感随記…………………………………… 146
暑い一日…………………………………… 149
蝋燭の光にて……………………………… 153
歳晩の感想………………………………… 155
私と雑誌…………………………………… 158
郷里にて…………………………………… 160
思出すまゝ………………………………… 161
脚本について(A) ……………………… 165
この頃の事………………………………… 166
あの夜の感想……………………………… 170
大地は揺らぐ……………………………… 173
思ひ出……………………………………… 174
夏の夜……………………………………… 177
脚本について(B) ……………………… 178
雑感(A) ………………………………… 180
雑感(B) ………………………………… 182
自作の上演について……………………… 185
歳晩の感(A) …………………………… 187
手紙(B) ………………………………… 190
春の花の印象……………………………… 192
幽寂の境に触れた時……………………… 194
演劇雑記…………………………………… 195
魯庵氏の「思ひ出す人々」……………… 200
歳晩の感(B) …………………………… 203
贔屓………………………………………… 205
「安土の春」に就いて…………………… 207
春について………………………………… 208
虚名………………………………………… 210
散歩の途上………………………………… 213
一日の旅…………………………………… 217
所感断片…………………………………… 220
隠されたる美……………………………… 225
『光秀と紹巴」に就いて………………… 227
雑感(C) ………………………………… 228
軽井沢にて(B) ………………………… 230
食後の一睡………………………………… 232
軽井沢にて(C) ………………………… 233
軽井沢にて(D) ………………………… 234
軽井沢雑録………………………………… 236
雑感(D) ………………………………… 239
雑感二三(A) …………………………… 240
精進湖畔にて……………………………… 242
雑感二三(B) …………………………… 243
故郷にて…………………………………… 245
白鳥随筆…………………………………… 247
感想録(A) ……………………………… 253
雑感雑話…………………………………… 255
雑感集……………………………………… 258
この頃……………………………………… 260
最近の感想………………………………… 263
寒山の詩…………………………………… 267
ある円本…………………………………… 269
奈翁の述懐………………………………… 270
海外にてのある日ある夜(第一、二信)…… 271
桑港より…………………………………… 274
ハリウツド一瞥…………………………… 275
海外にてのある日ある夜(第三信)…… 278
海外にてのある日ある夜(第四信)…… 279
加州南端の小都会にて…………………… 281
海外にてのある日ある夜(第五、六信)…… 284
海外にてのある日ある夜(第七信)…… 287
大陸横断の車中にて……………………… 289
ある歓楽境………………………………… 291
冬のヨセミテ……………………………… 297
寒いシカゴからナイヤガラ瀑布へ……… 303
ニユーヨークより………………………… 306
海外にてのある日ある夜………………… 309
ニユーヨークにて………………………… 310
巴里へ……………………………………… 315
伊太利旅情………………………………… 322
伊太利見物………………………………… 323
二三の見聞………………………………… 326
「最後の晩餐」など……………………… 328
ロンドンにて……………………………… 330
英吉利にて………………………………… 332
沙翁の故郷………………………………… 334
ベルリンより……………………………… 336
英国の田舎………………………………… 338
巴里より…………………………………… 342
ある感想…………………………………… 344
帰路………………………………………… 347
老眼境……………………………………… 350
女連れの旅………………………………… 352
最近の感想………………………………… 356
昼寝の後…………………………………… 361
散文的に見て……………………………… 364
銀座界隈…………………………………… 367
海岸から山上へ…………………………… 369
感想二三…………………………………… 375
感想………………………………………… 377
「銀座」散歩……………………………… 379
新劇雑感…………………………………… 382
所感二三…………………………………… 386
私も講演をした…………………………… 388
高野山……………………………………… 390
大磯にて(D) …………………………… 391
憂欝なる田園と谷崎氏の「芸」に就いて…… 394
ロビーの夜………………………………… 397
ヘルンの旧居……………………………… 404
軽井沢にて(E) ………………………… 410
旅人の心…………………………………… 416
銷夏雑談…………………………………… 420
身辺小景…………………………………… 423
感想録(B) ……………………………… 426
劇場風景…………………………………… 429
墓…………………………………………… 435
「新劇」見物記…………………………… 437
登山趣味…………………………………… 441
詩吟時代…………………………………… 442
樺太より…………………………………… 446
樺太にて…………………………………… 447
北遊記……………………………………… 448
新京一瞥…………………………………… 457
北平にて…………………………………… 458
支那の映画館……………………………… 460
映画「地獄篇」…………………………… 461
北京印象記………………………………… 462
*解題(中島河太郎)…………………… 471

 


第11巻 随筆 2 1968.1.25
 
モスクワより………………………………… 9
レニングラードにて………………………… 9
ヘルシンキより………………………………10
旭日のヒトラー………………………………10
北欧の旅より…………………………………11
西洋見物記……………………………………13
巴里より………………………………………24
欧洲を離れる日………………………………25
ボウドレエルの墓とフロオベルの家………25
作家の海外進出を……………………………31
アメリカの芝居………………………………33
隣邦ロシア……………………………………35
郷愁……………………………………………39
演劇雑感………………………………………51
亜米利加素描…………………………………55
独り合点………………………………………63
鍵………………………………………………75
思出すまゝに…………………………………76
無用人…………………………………………89
独断語…………………………………………96
批評難……………………………………… 101
思想・無思想……………………………… 102
劇場にて…………………………………… 115
地獄極楽…………………………………… 119
奇蹟と常識………………………………… 123
老若………………………………………… 129
世渡り上手………………………………… 134
ヨーロッパを想ふ………………………… 139
感想………………………………………… 143
年頭の辞…………………………………… 144
雑文帖……………………………………… 145
市川左団次……………………………… 145
新歴史劇………………………………… 147
小説の快不快…………………………… 148
堅苦しい芝居…………………………… 149
泉鏡花…………………………………… 150
国粋芸術………………………………… 152
自国語と他国語………………………… 154
映画と能楽……………………………… 155
老人の芸術……………………………… 158
詩の弊害………………………………… 159
恐怖心の征服…………………………… 159
翻訳文学の流行………………………… 160
奇蹟の出現……………………………… 161
詩人の詩………………………………… 162
座談会趣味……………………………… 163
午睡の夢………………………………… 165
後藤宙外………………………………… 166
真実と空想……………………………… 168
文学の贅沢……………………………… 169
二三の小説……………………………… 171
退屈な大作……………………………… 173
後世の批判……………………………… 174
沈黙……………………………………… 176
アメリカに関して………………………… 176
所感………………………………………… 181
読後の疑惑………………………………… 182
年末所感…………………………………… 188
高原短信…………………………………… 190
高原生活…………………………………… 192
八月十五日の記…………………………… 196
勧進帳と助六……………………………… 197
ソ連十日…………………………………… 202
北欧の夏…………………………………… 207
中欧の秋…………………………………… 213
晩秋の頃…………………………………… 219
新年の思ひ出……………………………… 224
新年を迎へて……………………………… 227
少しづゝ世にかぶれて…………………… 229
私の書斎…………………………………… 233
忠臣蔵耽溺………………………………… 234
高原にて…………………………………… 236
映画見物…………………………………… 239
すべて路傍の人?………………………… 240
旧劇と新劇………………………………… 245
観劇妄語…………………………………… 251
蘆花と現代………………………………… 252
書斎通信…………………………………… 253
御前座談会の記…………………………… 259
座談会出席の記…………………………… 261
如是我観…………………………………… 267
芸術家の死………………………………… 268
映画“ハムレツト”……………………… 270
秋のドライブ……………………………… 274
閑居妄想…………………………………… 281
円本のことなど…………………………… 282
旅中の印象………………………………… 285
受賞の日…………………………………… 290
正月顔……………………………………… 291
初夢………………………………………… 293
暁の夢……………………………………… 294
東京通ひ五六年間………………………… 296
映画演劇随想……………………………… 299
チヤツプリン所感………………………… 301
軽井沢今昔………………………………… 303
今日は帝劇、明日は三越………………… 305
今年を回顧して…………………………… 309
昭和三十年………………………………… 313
ハムレツト芝居…………………………… 315
芝居ばなし………………………………… 316
人気役者の正体…………………………… 320
テレビジヨン……………………………… 322
ぜいたくな生き甲斐……………………… 323
人生おとぎばなし………………………… 325
炉辺雑感…………………………………… 327
現代つれづれ草…………………………… 331
花より団子………………………………… 393
閑人閑話…………………………………… 395
私とゴルフ………………………………… 398
楽隠居……………………………………… 399
祖先の家…………………………………… 402
私の遺言状………………………………… 404
目がさめたやう…………………………… 410
一つの秘密………………………………… 410
たべ物のさまざま………………………… 413
「歌会始め」陪聴記……………………… 415
白鳥百話…………………………………… 416
何が幸福か……………………………… 416
小説の会話……………………………… 420
犀星・無想庵・清次郎………………… 423
大磯の思ひ出…………………………… 426
森鴎外…………………………………… 429
私の健康………………………………… 433
孤独……………………………………… 436
滅びゆくもの……………………………… 440
*解題(中島河太郎)…………………… 443

 


第12巻 回想 1966.1.20
 
僕の今昔……………………………………… 9
余が感化を受けたる人々……………………10
如何にして文壇の人となりし乎……………11
勤勉にして着実なる青年……………………13
上京当時の回想………………………………14
「処女作」の回顧……………………………17
父より胃病を母より神経過敏症を…………18
予がよみうり抄記者たりし頃………………18
味方贔負の人…………………………………21
寂しき俤………………………………………21
抱月氏の読売新聞社時代……………………22
「読売」にゐたころ…………………………23
人生五十………………………………………25
追憶記…………………………………………36
有島氏の死……………………………………41
両親の印象……………………………………43
私の文学修業…………………………………46
二人の亡友……………………………………54
滝田君と私……………………………………57
田山花袋氏について…………………………60
文壇生活二十年………………………………63
河上博士のこと………………………………69
物故文人の手紙………………………………75
故人の追憶……………………………………78
残花翁と学海翁………………………………82
文壇的自叙伝…………………………………86
明治時代の外国文学印象………………… 135
故人数人…………………………………… 161
私の青年時代……………………………… 163
十年間……………………………………… 166
島崎藤村追懐……………………………… 168
弔辞………………………………………… 171
秋声氏について…………………………… 172
我が生涯と文学…………………………… 173
東京の五十年……………………………… 204
青春らしくない青春……………………… 244
泡鳴を追憶す……………………………… 251
小山内薫を追想す………………………… 258
小剣氏について…………………………… 264
秋声について……………………………… 264
逍鴎紅露…………………………………… 266
旧友追憶記………………………………… 268
自然主義盛衰史…………………………… 277
漱石と私…………………………………… 381
永井君のこと……………………………… 388
寂寥無限…………………………………… 389
天外翁と私………………………………… 390
幼少の思ひ出……………………………… 399
編集者今昔………………………………… 404
柳田氏について…………………………… 410
「新潮」と私……………………………… 411
私と中央公論……………………………… 415
逍遥先生と私……………………………… 422
菊池君のこと……………………………… 425
独歩と花袋………………………………… 426
空虚なる青春……………………………… 429
嶋中君追悼………………………………… 432
冥途通信…………………………………… 434
老文学者の心境…………………………… 445
馬場恒吾素描……………………………… 449
日露戦争時分の文壇……………………… 454
小山内薫の遺したもの…………………… 460
生残りの記………………………………… 465
荷風追憶…………………………………… 470
逍遥の心理………………………………… 472
舞台で見た自分…………………………… 474
秋風記……………………………………… 481
知人あれど友人なし……………………… 498
弔辞………………………………………… 499
*解題(中島河太郎)…………………… 501
 


第13巻 雑纂 1968.12.20
 

嘘の世界………………………………………11
冬の朝…………………………………………14
冬の夜…………………………………………16
世は五月………………………………………18
これもまことだ………………………………19
古ぼけた羽子板………………………………23
翻訳
イリアツド物語………………………………31
沈黙ポー〔作〕………………………………68
不穏な谷間……………………………………71
講演
イプセンについて……………………………75
わが二十歳の頃………………………………81
文学生活の六十年……………………………82
日記
二十歳の日記 抄 (明治31年)…………93
一週間の日記 (明治42年)…………… 101
八月初旬 (明治44年)………………… 105
日記より (大正2年) ………………… 109
病中日記 (大正4年) ………………… 113
私の一日 (大正15年)………………… 117
日記 抄 (大正15年)………………… 118
日記 抄 (昭和2年) ………………… 126
観劇日記 (昭和2年) ………………… 127
晩春日記 (昭和16年)………………… 128
帰郷日記 (昭和24年)………………… 134
某月某日 (昭和34年)………………… 141
最後の日録 (昭和37年)……………… 142
対談
文芸談論(馬場恒吾,正宗白鳥) ……… 151
大作家論(小林秀雄,正宗白鳥) ……… 179
芸談義(三宅周太郎,正宗白鳥) ……… 206
三代文学談(柳田国男,正宗白鳥) …… 219
一世紀を生き抜く法(徳富蘇峰,正宗白鳥)…… 237
思ひ出す人々(佐藤春夫,正宗白鳥) … 245
書簡………………………………… 267
明治………………………………………… 269
大正………………………………………… 299
昭和………………………………………… 318
補遺
泣菫の「ゆく春」………………………… 341
夏木立……………………………………… 343
雑感集(中)……………………………… 449
*附録
年譜(中島河太郎)………………… 453
著書目録(中島河太郎)…………… 471
全作品年表(中島河太郎)………… 483
*解題(中島河太郎)…………………… 559
[ 2011/03/23 06:56 ] 正宗白鳥 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。