研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  松谷みよ子 >  『松谷みよ子の本』全11巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『松谷みよ子の本』全11巻

『松谷みよ子の本』全11巻(講談社、1994.10~1997.4)



1 モモちゃんとアカネちゃんのお話 1994.10.25
 
第I部 モモちゃんとアカネちゃんシリーズ
ちいさいモモちゃん………………………17
モモちゃんとプー…………………………99
モモちゃんとアカネちゃん…………… 205
ちいさいアカネちゃん………………… 297
アカネちゃんとお客さんのパパ……… 407
アカネちゃんのなみだの海…………… 515
第II部 シリーズ外のモモちゃんのお話…… 609
三つになったモモ……………………… 611
ロロには税金がかかっています……… 617
とおりゃんせ、とおりゃんせ………… 620
ある日、ねずみのチュッチュは……… 622
ハナタカ博士のさいばん……………… 625
モモちゃんとこ屋……………………… 627
しっぽのあるおひめさま……………… 629
モモちゃんの魔法……………………… 631
おいしいものがすきなくまさん……… 636
ソースなんてこわくない……………… 638
モモちゃんちは水びたし……………… 644
きつねのうえたコスモス……………… 648
夜ですよう……………………………… 652
一本のろうそく………………………… 656
ぽんぽのいたいくまさん……………… 660
ちいさなもぐら………………………… 665
オバケとモモちゃん…………………… 670
ぞうさんとお人形……………………… 674
おんにょろにょろ……………………… 678
まねっこぞうさん……………………… 683
ちょうちょホテル……………………… 689
ルウのおうち…………………………… 692
もうひとつのおうち…………………… 695
モモちゃんねずみの国へ……………… 703
*初出と底本……………………………… 711
*あとがき………………………………… 720
*解説:大河幼年文学の誕生(山下明生)…… 726
 

2 太郎の物語・民話系創作文学 1994.12.25
 
第I部 太郎の物語
龍の子太郎…………………………………11
まえがみ太郎…………………………… 111
ちびっこ太郎…………………………… 209
第II部 民話系創作文学1
おしになった娘………………………… 289
おおかみのまゆ毛……………………… 301
お月さんももいろ……………………… 332
つつじの娘……………………………… 340
茂吉のねこ……………………………… 343
ねずみのお正月………………………… 349
ごんじいさんとかっぱの子…………… 351
かっぱとほうせんか…………………… 356
きつねのよめいり……………………… 361
おろろんぎつねのまごぎつね………… 363
千代とまり……………………………… 365
たいこのすきな赤鬼…………………… 371
お星さまになったタイコ……………… 378
和平と牛鬼……………………………… 383
泣きだした山んじい…………………… 388
第III部 民話系創作文学2
さぶろべいとコブくま
よじろうさときつね………………… 397
ボケ…………………………………… 406
むささびのコロ……………………… 416
きよばあさまとへび………………… 428
センナじいとくま…………………… 435
ほっかむりたぬきとじっさま……… 446
寝うさぎがり………………………… 459
さぶろべいとコブくま……………… 466
おときときつねと栗の花
おときときつねと栗の花…………… 485
ほたるもみ…………………………… 495
栃の木の洞で………………………… 509
いそどんとオコゲという子ねこ…… 525
いたちと菜の花……………………… 540
矢車草の畑にいるよ………………… 555
みずくも淵…………………………… 570
死人水………………………………… 583
おいでおいで
夢で帰ってきたとうちゃん………… 599
空をゆく魂…………………………… 605
三度きた遺骨………………………… 608
おいでおいで………………………… 611
海になげだされて…………………… 614
トラと泳いだ兵隊…………………… 621
戦争にいったコックさん…………… 624
霜のふる夜…………………………… 627
死体橋………………………………… 635
生きていた兵隊……………………… 640
*初出と底本……………………………… 645
*あとがき………………………………… 649
*解説:松谷民話のゆるぎない魅力(さねとうあきら)…… 656
 

3 直樹とゆう子の物語 1995.12.25
 
ふたりのイーダ……………………………… 7
死の国からのバトン……………………… 147
私のアンネ=フランク…………………… 341
屋根裏部屋の秘密………………………… 527
あの世からの火…………………………… 647
*初出と底本……………………………… 770
*あとがき………………………………… 772
*解説:若い世代への熱いメッセージ(砂田弘)…… 781
 

4 童話・詩 1995.2.25
 
第I部 童話
短編
貝になった子ども………………………21
スカイの金メダル………………………25
ポプラのかげで…………………………37
お日さまお日さま………………………41
机といす…………………………………49
三つの色…………………………………56
白いお部屋………………………………70
五郎のおつかい…………………………78
こけしの歌………………………………89
なまこの時計屋……………………… 103
花びら………………………………… 108
夜のいちご…………………………… 121
灰色の国へきた老人の話…………… 138
カナリヤと雀………………………… 148
黒い蝶………………………………… 152
夜……………………………………… 160
赤ちゃんのおへや…………………… 165
はと…………………………………… 171
かあちゃん…………………………… 189
草原…………………………………… 192
朝鮮の子……………………………… 201
指きり………………………………… 206
いたずらっ子テレビにでる………… 209
火星のりんご………………………… 241
かっこう……………………………… 244
とりかえっ子………………………… 247
おせんべちょうだいね……………… 250
東京っ子……………………………… 253
赤ちゃんネコ………………………… 255
ばあちゃんの大切なもの…………… 258
黒ねこ四代…………………………… 260
ヤッホーさそりくん………………… 283
コッペパンはきつねいろ…………… 286
日本は二十四時間…………………… 344
雪……………………………………… 352
ねこの幼稚園………………………… 357
りゅうになりたかったへび………… 361
キママ・ハラヘッタというヒツジの話…… 370
ベトちゃんドクちゃんからのてがみ…… 385
鯨小学校―おじさんの話……………… 395
鯨小学校……………………………… 397
こうもりがさのてんぐさん………… 402
おせん………………………………… 410
木やりをうたうきつね……………… 418
油あげときつね……………………… 423
べにつばき…………………………… 427
洪水の話……………………………… 433
くちびるをぬう……………………… 441
日本のおおかみ……………………… 446
おじさんとうりん坊………………… 451
銀の矢くるみの木の矢……………… 455
くまの鳴く声………………………… 459
からすの話…………………………… 463
サンコ………………………………… 468
山のかっぱ…………………………… 472
年神さまとびんぼう神さま………… 477
ウメボシだぬき……………………… 483
ある池のほとりで…………………… 487
鳥が鳴く……………………………… 492
若葉のころ…………………………… 497
嫁さんのみやげ……………………… 502
ネス湖の竜は………………………… 506
ゆうれい……………………………… 510
かえってこないねこ………………… 516
黄金の沼……………………………… 520
おしるこの煮えるまで……………… 525
仙人の話……………………………… 529
雪おなご……………………………… 535
かわいそうなきつね………………… 539
こわい話
紙の城………………………………… 547
ねこのソコイラ……………………… 551
なおちゃんがほしい………………… 558
青い目の人形………………………… 562
卒業式にでたたましい……………… 569
蝶の標本……………………………… 572
夕ぐれの訪問者……………………… 576
先生、ダイキライ…………………… 578
学生寮の幽霊………………………… 583
ねこ・ねこ・ねこ…………………… 587
帰ってきたゆうれいたち…………… 591
三十七年目のハンカチ……………… 594
鏡に映った顔………………………… 598
第II部 詩
詩集『とまり木をください』………… 605
とまり木をください………………… 605
仮面…………………………………… 606
黒人のうた…………………………… 606
地獄…………………………………… 607
わらい………………………………… 608
墓……………………………………… 608
カエル………………………………… 609
檻のなかのくまのように…………… 609
こころもことばも…………………… 610
おねがい……………………………… 610
芽……………………………………… 611
いま生きていて……………………… 612
生きる………………………………… 613
若き日のうた1―信州時代 …………… 616
水仙…………………………………… 616
たそがれ……………………………… 616
蛙……………………………………… 617
ありあけ……………………………… 617
今日の雲は…………………………… 617
無題…………………………………… 618
思い…………………………………… 618
願い…………………………………… 619
火でも焚こうよ……………………… 620
りんご………………………………… 620
無題…………………………………… 621
草むしり……………………………… 621
こころは……………………………… 622
星川の堰……………………………… 623
夜明けの歌…………………………… 623
ポプラのなかで……………………… 623
金いろの木の葉……………………… 624
あなたは……………………………… 625
霧……………………………………… 626
生まれる……………………………… 626
ねこやなぎの芽のように…………… 627
ストーブよ…………………………… 628
若き日のうた2―焼けあとの東京で … 629
パンのうた…………………………… 629
病床にて……………………………… 629
全身ハ矛盾ヲモッテ………………… 630
白い石………………………………… 632
霧……………………………………… 632
雲……………………………………… 634
みどりいろのぶどうは……………… 635
窓に映る頬…………………………… 635
娘たち………………………………… 637
熱発…………………………………… 638
若ものよ、ひるむことなく………… 639
五月…………………………………… 641
ナムチンカラ………………………… 642
徒労…………………………………… 643
冬の太陽……………………………… 645
絵本とメルヘン……………………… 645
ノート………………………………… 646
子どもたちへの季節のうた…………… 648
花つみ………………………………… 648
てんとうむし………………………… 648
おろろんやぶの……………………… 649
ほおずき……………………………… 649
夜……………………………………… 650
ねこのおつかい……………………… 650
雨……………………………………… 651
雪……………………………………… 651
ねんねのゆめ………………………… 652
二月…………………………………… 652
春……………………………………… 653
たんぽぽ……………………………… 653
葉げいとう…………………………… 654
ほうせんか…………………………… 654
うるしの木…………………………… 655
ときどきのうた………………………… 656
夜……………………………………… 656
こんこんや…………………………… 656
三日月………………………………… 657
ちいさな子と母親と………………… 657
ふくろうのエレベーター…………… 658
わるいおばさんのうた……………… 659
カラスの独白―こんな夜明けに…… 660
平和のうた……………………………… 661
まちんと……………………………… 661
ぼうさまになったからす…………… 662
とうろうながし……………………… 664
わたしのいもうと…………………… 668
*初出と底本……………………………… 672
*あとがき………………………………… 686
*解説:松谷さんの詩(うた)(今西祐行)…… 693
 

5 幼い子への文学 1995.4.25
 
初期短編
1 書きはじめたころ
とかげのぼうや…………………………17
じょうろになったお姫さま……………19
おふろやさんへいく道…………………33
かきのはっぱのてがみ…………………38
黒いきんぎょと赤いそり………………41
こじきのこけし…………………………45
王さまのぼうし…………………………48
2 ななちゃんのおはなし
にんじんさんはみそっかす……………65
おるすばん………………………………68
おせんたく………………………………72
どっちがまっしろ………………………75
うさぎのてぶくろ………………………77
ねずみのおはなし………………………81
野原の花にも……………………………84
すずめのおにわ…………………………87
すずめの日記……………………………90
ねむっていたかえる……………………94
3 チブのおはなし
チブがお日さまにもらったもの…… 100
チブがお日さまのところへいくとき…… 104
動物たちのおはなし
1 うさぎのおはなし
うさぎの残念賞……………………… 109
高原にとまった汽車………………… 115
うさぎさんの冬服…………………… 120
うさことちいこ……………………… 123
ねぼすけうさぎボンのやくそく…… 126
2 りすのさんたのおはなし
お日さまはいつでも………………… 133
りすのわすれもの…………………… 139
3 そのほかの動物たちのおはなし
黒いおめめとおかあさんうし……… 143
かにのじゃんけん…………………… 149
サンタクロースとワニの子………… 153
白いねずみのチュッチュ…………… 157
ふくろうのエレベーター…………… 161
4 コンの一家のおはなし
子ぎつねコン………………………… 163
テレビにでたコン…………………… 168
ごぜんれじはん……………………… 173
きつねの子のひろった定期券……… 177
コンのおつかい……………………… 183
5 コンとポンのおはなし
ぞうさんのおもり…………………… 186
コンとポン…………………………… 191
子ぎつねコンのてんぐたいじ……… 197
6 ひとりっ子のコンのおはなし
花いっぱいになぁれ………………… 203
コンのしっぱい……………………… 208
おなかのすいたコン………………… 212
子ぎつねコンとサルーモじいさん… 217
7 ジャムねこなどのおはなし
にげだしたジャムパンさん………… 221
ジャムねこさん……………………… 225
クーとジャム………………………… 230
どうしてそういう名まえなの……… 235
あかちゃんのおはなしとうた
1 あかちゃんの本
いないいないばあ…………………… 241
いいおかお…………………………… 242
もうねんね…………………………… 243
あなたはだあれ……………………… 244
おさじさん…………………………… 246
のせてのせて………………………… 248
もしもしおでんわ…………………… 250
おふろでちゃぷちゃぷ……………… 252
2 あかちゃんのうた
おむつをかえましょう……………… 255
木の葉が……………………………… 255
うちのにゃあにゃ…………………… 256
おひさまこんにちは………………… 256
おでことおでこが…………………… 257
おつむてんてん……………………… 257
ここはおじいちゃんに……………… 258
こうちゃんのじどうしゃ…………… 258
おふろのなかで……………………… 259
うさぎ………………………………… 260
ののさまだいすき…………………… 260
ねんねのおはなし…………………… 260
子もりうた…………………………… 261
3 あかちゃんのわらべうた
あそびましょ………………………… 262
いたいいたいはとんでいけ………… 263
ぼうしをとってちょうだいな……… 265
えんやらりんごの木………………… 267
さよならさんかくまたきてしかく… 268
おおさむこさむ……………………… 270
うちのねこちゃん…………………… 271
かえるがなくからかーえろ………… 273
あのやまこえてかわこえて………… 276
にゃーう……………………………… 279
4 あかちゃんのむかしむかし
にんじんさんがあかいわけ………… 282
きつねとたぬきのばけくらべ……… 284
くつがじまんのむかでさん………… 287
おんぶおばけ………………………… 289
おとうふさんとこんにゃくさん…… 292
ふくろうのそめものや……………… 295
だんごころころ……………………… 298
やまんじいとたろう………………… 301
幼い子どものおはなし
1 ふうちゃんのおはなし
ふうちゃんとねずみ………………… 305
ふうちゃんのおたんじょうび……… 310
ふうちゃんのプレゼント…………… 316
ふうちゃんのねんがじょう………… 320
ふうちゃんのしっぽ………………… 323
もしもしとんとん…………………… 326
ねないこだあれ……………………… 330
ふうちゃんみてごらん……………… 332
ふうちゃんおおきくなったら……… 335
おかあさんのにおい………………… 337
ふうちゃんうみへいく……………… 340
ふうちゃんの大りょこう…………… 344
2 キコちゃんまこちゃんなどなどのおはなし
おひさまどうしたの………………… 379
まこちゃんしってるよ……………… 394
てぶくろ……………………………… 410
おかあさんのお誕生日……………… 412
太郎とねずみ………………………… 416
ぞうとりんご………………………… 420
りんごのおうち……………………… 426
くいしんぼうのタロウのおはなし… 430
おかあさんになったタロウ………… 435
めがねをなくしたぞうさん………… 438
はとのおつかい……………………… 444
おじさんだいすき…………………… 448
きつねとたんぽぽ…………………… 452
バブとのんちゃん…………………… 456
ケンちゃんとポポ…………………… 463
オバケちゃんシリーズ
オバケちゃん…………………………… 469
オバケちゃんねこによろしく………… 517
オバケちゃんとむわむわむう………… 572
オバケちゃんとおこりんぼママ……… 581
オバケちゃんといそがしおばさん…… 591
オバケちゃんアカオニにあう………… 604
オバケちゃん学校へいく……………… 615
学校おばけのおひっこし……………… 636
*初出と底本……………………………… 653
*あとがき………………………………… 668
*解説:幼年童話の魅力(佐藤さとる)…… 676
 

6 絵本 1995.8.25
 
ちいさいモモちゃんあめこんこん(中谷千代子絵)…… 7
*ちいさいモモちゃんえほん………………19
きつねのよめいり(瀬川康男絵)…………20
つとむくんのかばみがき(かなざわゆうこう絵)……32
てんぐとアジャ(井口文秀絵)……………50
ふうちゃんとチャチャ(遠藤てるよ絵)…68
ばけくらべ(瀬川康男絵)…………………86
いないいないばあ(瀬川康男絵)……… 102
おふろでちゃぷちゃぷ(岩崎ちひろ絵)…… 109
*あかちゃんの本………………………… 116
あそびましょ(丸木俊絵)……………… 117
さよならさんかくまたきてしかく(上野紀子絵)…… 124
*あかちゃんのわらべうた……………… 131
ぼうさまになったからす(司修絵)…… 132
まちんと(司修絵)……………………… 150
わたしのいもうと(味戸ケイコ絵)…… 168
ねないこだあれ(さとうわきこ絵)…… 178
*ふうちゃんえほん……………………… 185
ぼうさまの木(瀬川康男絵)…………… 186
にんじんさんがあかいわけ(ひらやまえいぞう絵)…… 209
おんぶおばけ(ひらやまえいぞう絵)… 216
おとうふさんとこんにゃくさん(にしまきかやこ絵)…… 223
*あかちゃんのむかしむかし…………… 230
一まいのクリスマス・カード(小沢良吉絵)…… 231
鯉にょうぼう(西山三郎絵)…………… 241
海にしずんだ鬼(斎藤博之絵)………… 252
ゆきおんな(あさくらせつ絵)………… 263
さるかに(滝平二郎絵)………………… 272
とうきちとむじな(村上勉絵)………… 283
いたちのこもりうた(石倉欣二絵)…… 290
山おとこのてぶくろ(田島征三絵)…… 300
こめんぶくあわんぶく(太田大八絵)… 310
ももたろう(和歌山静子絵)…………… 319
*初出と底本……………………………… 329
*あとがき………………………………… 332
*解説:松谷作品が触発するもの(寺村輝夫)…… 340
*松谷みよ子絵本目録…………………… 357
 

7 小説・評論 1996.2.25
 
第I部 小説
小説・捨てていく話………………………15
1 薔薇の家………………………………17
2 電気釜のうた…………………………23
3 猫の会議………………………………29
4 靴………………………………………35
5 滝………………………………………41
6 死の仮面………………………………47
7 親指姫…………………………………53
8 二つの縁側……………………………59
9 雨………………………………………65
10 山姥の林 ……………………………71
11 狼 ……………………………………77
12 踏切 …………………………………83
13 二つの手紙 …………………………90
14 モスクワにて ………………………96
15 夫婦漫才 ………………………… 102
16 死 ………………………………… 108
17 ストップウォッチ ……………… 114
18 人形 ……………………………… 120
19 ある埋葬 ………………………… 126
20 葬式泥棒 ………………………… 133
21 蝋燭 ……………………………… 140
あの世からのことづて―私の遠野物語…… 147
1 死者からの知らせ………………… 149
2 吹雪の夜ばなし…………………… 150
3 ヘチマ模様の浴衣の女…………… 152
4 湯をもらいにくる………………… 154
5 故郷へ帰る死者…………………… 156
6 寺へいく死者……………………… 158
7 洗濯屋のお婆さん………………… 159
8 ああ、らくらくした……………… 161
9 赤ちゃんの棺えらび……………… 163
10 百日紅の花の上で ……………… 165
11 あの世の川へ出る ……………… 167
12 イミズガヤリ …………………… 168
13 花野 ……………………………… 170
14 川と花野と ……………………… 172
15 あの世からのことづて ………… 174
16 死者からのたのみ ……………… 176
17 悦子ちゃんと人形 ……………… 178
18 卒業式に出た魂 ………………… 180
19 夢の鉢 …………………………… 182
20 病気を持っていく ……………… 184
21 クリームパン …………………… 186
22 山での失くしもの ……………… 188
23 列車を止めた熊 ………………… 190
24 六人の小坊主 …………………… 192
25 死んだ自分を見る ……………… 194
26 蛍とりと火の玉 ………………… 195
27 田芋畑で ………………………… 197
28 死人道 …………………………… 199
29 指ノ浜の漁夫たち ……………… 201
30 火にあたる死者 ………………… 203
31 天雄寺の行列 …………………… 205
32 園どんの火の玉 ………………… 206
33 産婆嫁ごも見た火の玉 ………… 208
34 火の玉の閲兵 …………………… 210
35 火の玉の案内 …………………… 212
36 火の玉に救われる ……………… 214
37 父ちゃんの内緒ごと …………… 216
38 蛍もみ …………………………… 218
39 天狗の花火 ……………………… 220
40 天狗の神かくし ………………… 222
41 天狗の酒買い …………………… 224
42 天狗のかかになった娘 ………… 226
43 いなくなった女の子 …………… 228
44 狐の提灯 ………………………… 230
45 狐の魔術師 ……………………… 232
46 五代目の子にたたった狐 ……… 234
47 大蛇に呑まれた子 ……………… 236
48 大蛇を焼く ……………………… 238
49 灰きのこ ………………………… 240
50 カラスの八卦 …………………… 242
51 夢枕 ……………………………… 244
52 死を告げにきた英霊 …………… 246
53 カヤのすみで …………………… 248
54 夢で帰る ………………………… 249
55 私におくれ ……………………… 253
56 夢の足袋 ………………………… 255
57 夢の風景 ………………………… 257
58 蛇皮線が鳴る …………………… 259
59 馬の夢知らせ …………………… 260
60 馬に生まれ変わる ……………… 263
61 夢の幽霊 ………………………… 265
62 五人目の客 ……………………… 267
りえ覚書………………………………… 269
短編小説………………………………… 361
小説 坪田譲治 雲煙模糊たり…… 363
馬流…………………………………… 381
トランプ占い………………………… 387
芥子の花曼陀羅……………………… 406
花さん………………………………… 415
舞踊台本 鯉女房……………………… 425
第II部 評論……………………………… 439
民話の世界……………………………… 441
現代民話考……………………………… 601
*初出と底本……………………………… 743
*あとがき………………………………… 750
*解説:そだつ木(増田みず子)……… 757
 

8 昔話 1995.6.25
 
人間界のむかし
1 嫁とり婿入りのむかし…………………21
子守歌の知らせ…………………………21
歌詠み婿…………………………………27
ぼっこ食い姉コ…………………………31
三年寝太郎(一)………………………34
三年寝太郎(二)………………………37
死人の嫁さん……………………………41
灰坊の嫁とり……………………………44
七男太郎の嫁……………………………48
2 夫婦のむかし……………………………56
月の夜ざらし……………………………56
玉のみの姫………………………………58
天の庭……………………………………68
屁っぷり嫁さま…………………………76
絵に描いた嫁さま………………………80
天にがんがん地にどうどう……………85
話を買った話……………………………89
3 子どものむかし…………………………93
桃太郎(一)……………………………93
桃太郎(二)……………………………99
力太郎………………………………… 104
一寸法師……………………………… 109
瓜子姫とあまのじゃく……………… 116
雪娘…………………………………… 123
絵に描いた猫………………………… 126
小判の虫干し………………………… 129
童子丸………………………………… 131
4 母と子、兄弟のむかし……………… 140
麦のクダマチ………………………… 140
雪姫…………………………………… 143
いたちの子守唄……………………… 147
鐘つき鳥……………………………… 150
無筆の手紙…………………………… 153
三人兄弟……………………………… 156
なら梨とり…………………………… 162
海の水がからいわけ………………… 169
泥棒と三人の兄弟…………………… 173
5 継子ばなし
お月とお星…………………………… 176
米福粟福(一)……………………… 179
米福粟福(二)……………………… 185
六月の息子…………………………… 190
6 じいさまとばあさまのむかし……… 196
若がえりの水………………………… 196
まめなじいさまと背病みじいさま… 201
鳥呑みじい…………………………… 210
後生買い……………………………… 215
じいよ、じいよ……………………… 219
しわだらけのばあさん……………… 223
打ち出の小槌………………………… 226
蛙になったぼた餅…………………… 230
豆こばなし…………………………… 231
いまわのきわ………………………… 234
7 長者のむかし
うばっかわ…………………………… 236
ふくろう神が物語った話…………… 245
乞食のくれた手ぬぐい……………… 253
夢買い長者…………………………… 256
たにし長者…………………………… 258
8 愉快な男たちのむかし
もとの平六…………………………… 268
気のいい泥棒………………………… 270
どもどんこもどん…………………… 273
天から落ちた源五郎………………… 278
百田話………………………………… 285
旅学問………………………………… 289
祝言の裸踊り………………………… 292
糸の合図……………………………… 295
鶴亀の歌……………………………… 301
9 坊さまや座頭などのむかし………… 304
弘法さまの万年機…………………… 304
三味線の木…………………………… 305
座頭の木……………………………… 309
娘の寿命延ばし……………………… 314
和尚さんと小僧……………………… 318
夜遊びの好きな和尚さん…………… 327
日や月、動植物のむかし………………… 333
1 日や月、植物のむかし……………… 335
お日さんとお月さん………………… 335
お日さんとお月さんと雷さんの旅… 336
雷さんの忘れもの…………………… 337
ほおずきの赤いわけ………………… 340
瓢箪の始まり………………………… 342
豆の口が黒いわけ…………………… 343
にんじんさんが赤いわけ…………… 344
豆腐の病気…………………………… 346
大根どのむかし……………………… 347
ばあさまと踊る娘たち……………… 352
菊のお嫁さん………………………… 356
柳の木の化けもん…………………… 358
2 鳥のむかし…………………………… 362
雀とつばめ…………………………… 362
山鳩…………………………………… 363
ひばりとお日さま…………………… 365
呼ぶ子鳥……………………………… 367
からすとたにし……………………… 368
ふくろうの染め物屋………………… 370
大鳥とえびと亀……………………… 372
白鳥の娘……………………………… 376
山鳥の恩返し………………………… 378
ピピンピヨドリ……………………… 382
舌切り雀……………………………… 385
雉になったとっさま………………… 393
サンザイモと嫁さん………………… 396
見るなの花座敷……………………… 401
3 犬、猫、鼠のむかし………………… 406
花咲かじい…………………………… 406
しっぺい太郎………………………… 413
犬こむかし…………………………… 419
犬と茶椀……………………………… 421
オンゴロとネンゴロとノロ………… 422
猫の嫁さま…………………………… 427
猫檀家………………………………… 430
猫と南瓜……………………………… 435
たこと猫……………………………… 437
鼠浄土………………………………… 438
鼠のくれたふくべっこ……………… 443
4 猿のむかし…………………………… 447
猿と蟹のより合い餅………………… 447
猿のひとりごと……………………… 450
猿の聟どの…………………………… 454
猿の地蔵さま………………………… 458
5 狐、狸のむかし……………………… 462
狐とかわうそ………………………… 462
狐の嫁とり…………………………… 466
狐と小僧の化けくらべ……………… 472
狐と坊さま…………………………… 476
狐のお礼……………………………… 481
お尻をあぶられた狐………………… 482
化けくらべ…………………………… 485
むじなと猿…………………………… 488
とうきちとむじな…………………… 491
かちかち山…………………………… 494
山伏とちっこ狸……………………… 503
6 蛙、蟹、さかな、蛇などのむかし… 506
蛙の坊さま…………………………… 506
蛙の京参り…………………………… 510
蛙の嫁さま…………………………… 511
蛙とたまごととっくり……………… 515
猿蟹…………………………………… 515
はなと沢蟹…………………………… 522
鮒と鯉と鯊…………………………… 526
蛇の嫁さん…………………………… 527
逃げだしたこもんさん……………… 530
しらみたばこ………………………… 532
むかでのお使い……………………… 538
馬とぼた餅…………………………… 539
異界のむかし……………………………… 541
1 年とり、正月のむかし……………… 543
笠地蔵………………………………… 543
ものいう亀…………………………… 547
大年の火……………………………… 552
逃げだした貧乏神…………………… 554
貧乏神………………………………… 557
貧乏神と福の神……………………… 561
おやじの初夢………………………… 566
2 天狗と河童のむかし
百曲がりの河童……………………… 569
河童のお宝…………………………… 571
水の神の手紙………………………… 574
こぶとり……………………………… 577
天狗の隠れ蓑………………………… 582
3 鬼、山んば、山んじいのむかし…… 588
山んばの錦…………………………… 588
山男の手ぶくろ……………………… 595
鬼の目玉……………………………… 600
一つ目一本足の山んじい…………… 606
牛方と山んば………………………… 609
弥三郎ばさ…………………………… 613
大工と鬼……………………………… 618
鬼の子小綱…………………………… 621
妹は鬼………………………………… 627
食わず女房…………………………… 635
食べられた山んば…………………… 638
4 異郷のむかし………………………… 647
七夕さんの話………………………… 647
天人の嫁さま………………………… 652
桶屋の源五郎の天上り……………… 655
竜宮の嫁さま………………………… 658
はなたれ小僧さま…………………… 666
竜宮の姫さんのおくりもの………… 669
山の神と乙姫さん…………………… 673
沼の主の嫁コ………………………… 676
金の斧銀の斧………………………… 678
沼神の使い…………………………… 682
5 あの世のむかし……………………… 688
寿命のろうそく……………………… 688
閻魔さまと団十郎…………………… 691
死んだ子……………………………… 694
三途の川のばばさ、後家入り……… 697
地獄に落ちた欲ばりばあさま……… 702
6 幽霊、化け物のむかし……………… 706
女房の首……………………………… 706
鍛冶屋のばば………………………… 709
うたうされこうべ…………………… 713
娘の骸骨……………………………… 718
旅人馬………………………………… 723
あずきとぎのお化け………………… 727
背中あぶり…………………………… 731
トーツポテンの化け物……………… 732
*初出と底本……………………………… 735
*あとがき………………………………… 756
*解説:再話の新しい地平を拓く(吉沢和夫)…… 764
 

9 伝説・神話 1995.10.25
 
第I部 伝説 …………………………………19
狸・狐・蛇などの話………………………21
尻焼きの藤内さん………………………23
蟹の湯治…………………………………27
狸の和尚さん……………………………31
怒った兎怒った狸………………………34
桔梗原の狐………………………………36
ふしぎな馬………………………………42
猫岳の猫…………………………………44
大里峠の大蛇……………………………47
鮒の夢知らせ……………………………51
木やりをうたう狐………………………51
白鳥の関…………………………………56
山犬の話…………………………………61
鮭の大介・小介…………………………63
機の音……………………………………66
かんすに化けた狸………………………70
坊さんに化けた岩魚……………………75
葛の葉……………………………………80
のぶすま…………………………………89
野根山の鍛冶屋のばばさ………………91
伊予の狸…………………………………94
つばめのお礼………………………… 103
灘の豆狸……………………………… 106
狐の飛脚……………………………… 109
白べん黒べん………………………… 111
山に生き、海に生き、土に生きた人びとの話…… 115
平之と与作…………………………… 117
千代とたこ…………………………… 123
磐司と桐の花………………………… 125
つつじの乙女………………………… 131
椿の乙女……………………………… 134
水の種………………………………… 137
浦島太郎……………………………… 142
米良の上漆…………………………… 146
猟師渋右衛門………………………… 150
たこ配り帳…………………………… 157
黒部の木樵源助……………………… 159
仙人の碁打ち………………………… 162
女猟師おかね………………………… 163
人、人を食う………………………… 169
おしになった娘……………………… 173
貝吹き旦次…………………………… 179
山のばばさの里がえり……………… 182
蛇落ち谷の蛇骨……………………… 186
蛇橋…………………………………… 189
かくれ里……………………………… 192
牛首山の娘…………………………… 198
日高の津波…………………………… 203
漁師と鯨……………………………… 205
鯨の夫婦……………………………… 207
糸屋のばあさん……………………… 209
長者・姫君などの話…………………… 213
逃げだしたお姫さま………………… 215
玉屋の椿……………………………… 220
生まれかわった赤ちゃん…………… 224
味噌買い橋…………………………… 226
雪姫・紅葉姫………………………… 229
黒姫と黒竜…………………………… 232
丹鶴姫さんと黒い兎………………… 237
黄金の沼……………………………… 238
三十三の百合の花…………………… 241
姫淵の歌……………………………… 246
首切れ馬……………………………… 251
湖山長者……………………………… 254
榛名湖の主…………………………… 256
炭焼き長者…………………………… 258
金のべここ…………………………… 262
城や武将などの話……………………… 267
按司ニッチェー……………………… 269
首なし行列…………………………… 278
耳なし芳一…………………………… 280
金の瓜………………………………… 287
刑部姫………………………………… 292
金太郎………………………………… 296
鶴の城………………………………… 298
白米城………………………………… 304
松山の洞窟…………………………… 308
川をのぼる首………………………… 311
鬼・河童・天狗や幽霊などの話……… 315
焼棚山の山んば……………………… 317
肥後の河童…………………………… 321
海に沈んだ鬼………………………… 330
吉野でおうた娘……………………… 336
幽霊井戸……………………………… 342
花を舞った天狗さん………………… 346
ケンムンとイッシャ………………… 349
冥土からのことづて………………… 352
雪女…………………………………… 355
天狗壁の天狗さん…………………… 359
船幽霊………………………………… 361
馬右衛門と山んば…………………… 366
鬼の刀鍛冶…………………………… 369
人食い刀……………………………… 373
名刀とかげ丸………………………… 378
幽霊橋………………………………… 381
子育て幽霊…………………………… 382
雷さんの約束………………………… 388
牛鬼淵………………………………… 389
歌詠み幽霊…………………………… 392
湖の主、山のいわれ、木や石などの話でいだらぼっち=でいらんぼう…… 399
背振山に石楠花のないわけ………… 402
山になった鯨………………………… 404
海に沈んだ島………………………… 409
あまんじゃくの星取り石…………… 413
姉鐘・妹鐘…………………………… 415
殺生石………………………………… 417
賢淵…………………………………… 423
どうどうが淵………………………… 424
柳の木と、おこと…………………… 426
百椀とどろ…………………………… 429
正願坊………………………………… 430
たらの木の言葉……………………… 434
余呉湖の天女………………………… 440
島になったおばあさん……………… 443
食いかけの梅の実…………………… 446
身がわりの石櫃……………………… 448
藤槇淵………………………………… 452
寝覚ノ床の主………………………… 454
蕎麦の花を作らないわけ…………… 458
小豆鍋を煮ないわけ………………… 459
岩手山と姫神山……………………… 462
鮫どんとキジムナー………………… 464
ふしぎな茸…………………………… 467
田沢湖の辰子………………………… 469
八郎潟の八郎………………………… 477
池に浮かんだ琵琶…………………… 484
神々・地蔵などの話…………………… 491
鼠になったまたぎ…………………… 493
竜になった三郎……………………… 496
巨鳥退治……………………………… 500
子どもの好きな神様………………… 507
閻魔さまの話………………………… 511
塞の神様の借金……………………… 516
火事の知らせ………………………… 517
雪のサンタ=マルヤ………………… 519
魚洗郷の祈り………………………… 521
ものいう地蔵………………………… 525
鱶になった地蔵さん………………… 526
田植え地蔵…………………………… 530
笑いの主人公などの話
土佐のいごっそう…………………… 535
据え斬りの名人……………………… 538
稲荷藤兵衛ばなし…………………… 539
串柿仙人……………………………… 543
名医十兵衛さま……………………… 547
怪力藤左どん………………………… 549
切明の庄屋…………………………… 555
泰作ばなし…………………………… 560
とんちの繁次郎……………………… 568
第II部 神話……………………………… 575
国生み…………………………………… 577
黄泉比良坂……………………………… 580
三人の神々……………………………… 585
荒れるスサノオ………………………… 589
天の岩戸………………………………… 593
ヤマタノオロチ………………………… 598
国引き…………………………………… 603
袋を背負った神………………………… 608
オオナムジ、根の国へ………………… 612
蛇の室屋………………………………… 616
異国の神アメノヒボコ………………… 622
こびとの神……………………………… 629
天からの使い…………………………… 633
国ゆずり………………………………… 639
ニニギ天くだる………………………… 645
コノハナサクヤヒメ…………………… 649
ウミサチヒコヤマサチヒコ…………… 652
隼人舞のおこり………………………… 657
ワダツミノヒメ………………………… 662
アーマンチュウメーの足形…………… 664
赤神と黒神……………………………… 665
椿の湖…………………………………… 671
ソミンショウライ……………………… 674
白鳥の里………………………………… 676
枯野という舟…………………………… 678
夜刀の神………………………………… 680
刀我野の鹿……………………………… 682
餅のまと………………………………… 683
丹塗りの矢……………………………… 687
わにに食われた娘……………………… 688
小さなオキクルミ……………………… 690
いうことをきかなかった子…………… 693
エゾイタチの女神……………………… 700
疫病神…………………………………… 712
*初出と底本……………………………… 715
*あとがき………………………………… 736
*解説:民話にこめられたもの(常光徹)…… 743
 

10 エッセイ 1996.5.25
 
第I部 エッセイ ……………………………17
出会い………………………………………19
生きること・育てること……………… 127
創作の周辺……………………………… 193
民話と私………………………………… 311
本を読む………………………………… 379
旅に出る………………………………… 445
暮らしのスケッチ……………………… 477
第II部 戦後人形劇史の証言―太郎座の記録…… 533
第III部 昔話十二か月 ………………… 571
*初出と底本……………………………… 728
*あとがき………………………………… 744
*解説:松谷みよ子文学の原点(前川康男)…… 750
 

別巻 松谷みよ子研究資料 1997.4.25
 
*「松谷みよ子の本」編集メモ
*はじめに………………………………… 9
*『第1巻モモちゃんとアカネちゃんのお話・全1冊』〔編集メモ〕……17
*『第2巻太郎の物語・民話系創作文学・全1冊』〔編集メモ〕……30
*『第3巻直樹とゆう子の物語・全1冊』〔編集メモ〕……37
*『第4巻童話・詩・全1冊』〔編集メモ〕……40
*『第5巻幼い子への文学・全1冊』〔編集メモ〕……47
*『第6巻絵本・全1冊』〔編集メモ〕…63
*『第7巻小説・評論・全1冊』〔編集メモ〕……68
*『第8巻昔話・全1冊』〔編集メモ〕…90
*『第9巻伝説・神話・全1冊』〔編集メモ〕…… 105
*『第10巻エッセイ・全1冊』〔編集メモ〕…… 121
*松谷みよ子全著作目録
*単行本
*創作………………………………… 162
*再話………………………………… 188
*絵本………………………………… 227
*詩集………………………………… 238
*評論集・エッセイ集・対談集…… 238
*紙芝居……………………………… 241
*自著「まえがき」「あとがき」「解説」他…… 244
*編纂出版物・雑誌・新聞
*創作(編纂出版物)……………… 259
*創作(雑誌・新聞)……………… 266
*再話(編纂出版物)……………… 291
*再話(雑誌・新聞)……………… 301
*伝記………………………………… 322
*詩・楽譜…………………………… 322
*台本・脚本………………………… 329
*解説・評論・随筆等……………… 329
*座談会・インタビュー…………… 388
*その他の形態
*海外出版・外国語出版…………… 412
*国語科教科書掲載作品…………… 419
*教材・副読本掲載作品等………… 422
*レコード・カセットテープ他…… 433
*主な放送・映画・舞台化作品…… 439
*文学賞受賞作品…………………… 450
*松谷みよ子研究文献目録……………… 453
*松谷みよ子年譜(松谷みよ子)……… 517
*編者あとがき(伊藤英治)…………… 574
*松谷みよ子の本収録作品総索引…… 巻末1
[ 2011/03/23 06:59 ] 松谷みよ子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。