研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  松永延造 >  『松永延造全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『松永延造全集』全3巻

『松永延造全集』全3巻(国書刊行会、1984.7~1984.9)



第1巻 小説 1 1984.7.30
 
夢を喰ふ人…………………………………… 5
目を求める人―夢を喰ふ人続篇………… 212
職工と微笑―詳くは微笑を恐怖するセルロイド職工…… 297
*解説……………………………………… 397
松永延造の人と文学(辻淳)……… 399
*解題・校異……………………………… 412
 

第2巻 小説 2 1984.8.30
 
出獄者品座龍彦の告白……………………… 5
浅倉リン子の告白……………………………88
アリア人の孤独…………………………… 162
不思議な教育……………………………… 173
幼年と老年………………………………… 179
ラ氏の笛…………………………………… 190
船大工の肖像……………………………… 205
ホテル女…………………………………… 212
ミレー……………………………………… 229
公園内の老人……………………………… 236
肋骨の折れた少年………………………… 240
我が無職時代……………………………… 265
漂泊の露人………………………………… 388
狂王ルウドウヰヒ………………………… 397
採薬圃……………………………………… 404
芳香瘤物語………………………………… 409
哀れな者…………………………………… 419
*解説……………………………………… 425
松永文学私論(吉村りゑ)………… 427
*解題・校異……………………………… 441
 

第3巻 詩 戯曲 評論 随筆 雑篇 1984.9.20
 

花の詩………………………………………… 5
大きいものと小さいもの…………………… 7
暁の夢…………………………………………10
二人は必ず相逢はう…………………………14
妖女庭に舞ふ…………………………………16
雪の夕べに……………………………………19
喜悦少なき我への自訓………………………23
希望……………………………………………25
黙想曲…………………………………………26
私の思ひを天に結ばしめよ…………………28
嵐の時に………………………………………32
病みて立ち得ぬ友へ…………………………33
今宵は此処にとどまれ………………………35
宝瓶宮に雲雀を舞はさう……………………38
夜の思ひ………………………………………40
貴方は喜びの日のみを思ひ出す……………43
わづらひを知る時……………………………46
今も忘れずにあるか…………………………48
マンダラ………………………………………50
鈴蟲……………………………………………52
望み……………………………………………56
仕合せな花……………………………………58
月の出の頃に…………………………………59
見えぬ所に起る美しいもの…………………64
半月の女性のたはむれ………………………65
月と子供………………………………………67
しのゝめを呼ぶ………………………………68
冬の夜更………………………………………72
あやふさの中の安けさ………………………74
熟せる秋………………………………………76
夏の夜なるぞ…………………………………78
樹上の吹笛者へ………………………………79
戯曲
時頼と横笛……………………………………85
太子の昼と夜……………………………… 195
評論/随筆/雑篇
感想………………………………………… 253
覚え書き…………………………………… 256
古文異訳…………………………………… 259
諸名士の雑誌新年号観…………………… 263
私の一日…………………………………… 264
古典的短話………………………………… 264
小感一束…………………………………… 268
感想………………………………………… 272
手帳より…………………………………… 275
実用と仮構………………………………… 280
最近の覚え書き…………………………… 283
五大雑誌とその編輯者…………………… 287
偶感………………………………………… 288
私の此頃の生活…………………………… 291
予は何新聞を愛読するか及びその理由… 291
雑感………………………………………… 292
「アリア人の孤独」一篇………………… 295
我が手帳…………………………………… 296
年頭感……………………………………… 300
一、私の余技 二、娯楽に就ての趣味… 301
善なる民衆………………………………… 302
急ぐ蛾……………………………………… 307
大正十五年間に現れたる作品のうち最も記憶に残れるもの…… 316
谷崎潤一郎作「ドリス」………………… 316
好意ある忠言を…………………………… 316
良心の個人差……………………………… 318
現時活躍せる論客に対する一人一評論… 322
文壇悪の改良法―理想郷物語…………… 323
長篇に着手………………………………… 326
耐忍と努力………………………………… 328
本年(昭和3年)の計画・希望など …… 330
自由の気風を願ふ………………………… 330
時評風の感想……………………………… 331
昔の言葉…………………………………… 336
作家の行動―とその個人的利害………… 337
附随的な不用物…………………………… 344
労働者の心性調査………………………… 350
春陽堂版『職工と微笑』序文…………… 354
文壇改革の希望…………………………… 358
何処の国も同じ…………………………… 363
推奨する新人……………………………… 366
私の一日…………………………………… 366
批評の方法………………………………… 367
本年度初期の諸家推薦作………………… 373
二月雑誌月評……………………………… 374
今年発表した一ばん好きな自作について…… 379
海棠………………………………………… 379
31年の清算………………………………… 381
32年と33年………………………………… 382
田舎ぐらし………………………………… 382
夢に於ける願望と憂慮との実現(参考―『心理研究』論文)…… 387
*解説……………………………………… 395
回想の回想―解説に代へて(伊藤信吉)…… 397
*解題……………………………………… 410
*年譜(辻淳)…………………………… 418
*参考資料(吉村りゑ)………………… 428
[ 2011/03/23 06:59 ] 松永延造 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。