研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  松永伍一 >  『松永伍一著作集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『松永伍一著作集』全6巻

『松永伍一著作集』全6巻(法政大学出版局、1972.2~1975.3)



第1巻 1972.2.25
 
詩集 凍える木
I 悪い夢……………………………………… 1
掌にあふれる空虚を……………………… 3
厳粛なる企み……………………………… 6
わが呪文……………………………………11
転換期あるいは鴬…………………………14
凍える木……………………………………17
流砂の街……………………………………20
悪い夢………………………………………24
狂い鳥………………………………………28
幻鳥…………………………………………30
あさ眼がひらくとき………………………32
一枚の木の葉が……………………………34
肥満した湖…………………………………37
道の上………………………………………39
一九六〇年夜の議論………………………41
首あるいは菅生事件………………………45
新島にて……………………………………48
死者たちの街………………………………53
II エロチカの船 ……………………………65
在ること……………………………………67
水のなかのギター…………………………71
石棺…………………………………………73
樹の愛のように……………………………74
鏡のなか……………………………………77
三月…………………………………………78
五月…………………………………………79
鏡面論………………………………………80
愛の実存……………………………………82
卑弥乎………………………………………83
秋断章………………………………………85
ぶらんこの詩………………………………87
若い樹が翼になる夜………………………89
蝶がくれた幻想……………………………93
紫の蝶はわるい奴…………………………95
荒野…………………………………………97
白の蝶…………………………………… 102
墓………………………………………… 104
水子……………………………………… 107
III 恐山…………………………………… 111
阿蘇1 …………………………………… 113
阿蘇2 …………………………………… 114
阿蘇3 …………………………………… 115
阿蘇4 …………………………………… 116
阿蘇5 …………………………………… 117
阿蘇6 …………………………………… 118
阿蘇7 …………………………………… 119
阿蘇8 …………………………………… 120
阿蘇9 …………………………………… 121
阿蘇10…………………………………… 122
阿蘇11…………………………………… 123
阿蘇12…………………………………… 124
阿蘇13…………………………………… 125
阿蘇14…………………………………… 126
阿蘇15…………………………………… 127
麦藁帽子の海女………………………… 129
恐山……………………………………… 133
呪われの鬼歯…………………………… 140
流人の島………………………………… 147
新野断片………………………………… 159
松山城にて……………………………… 161
夜の河…………………………………… 163
五家荘…………………………………… 167
IV 内部の村 ……………………………… 171
街・ひとつの愛………………………… 173
炭焼き唄………………………………… 176
靴底の地図……………………………… 180
主題……………………………………… 183
帰郷……………………………………… 186
内部の村………………………………… 189
破れた空に……………………………… 192
旱魃記…………………………………… 194
誕生……………………………………… 196
亡霊生還………………………………… 199
石臼……………………………………… 203
メカニズム……………………………… 205
木枯し…………………………………… 208
墓地にて………………………………… 209
あんどんの眼…………………………… 210
発掘……………………………………… 213
米を搗く………………………………… 215
谷………………………………………… 216
崖の仏…………………………………… 219
滝………………………………………… 222
薬師さんのある村……………………… 224
あんずの実……………………………… 225
織工……………………………………… 226
道………………………………………… 229
V 貧困の土地……………………………… 233
土語……………………………………… 235
貧困の土地……………………………… 239
糞尿と父娘……………………………… 243
農民祭…………………………………… 247
倒産……………………………………… 249
馬小屋…………………………………… 251
ゆうひ…………………………………… 253
展望……………………………………… 255
伐採……………………………………… 257
暑中郵便………………………………… 259
養老院…………………………………… 262
飛んでいく胞子………………………… 264
老婆抄…………………………………… 266
ある海岸………………………………… 268
漁女……………………………………… 271
兄の死…………………………………… 273
八月の亡霊……………………………… 275
燃える砂………………………………… 277
徒刑……………………………………… 279
傷兵抒情………………………………… 281
椿………………………………………… 283
歌にならぬ歌…………………………… 285
掌………………………………………… 287
早春書翰………………………………… 289
手帖……………………………………… 291
冬物語…………………………………… 293
旅………………………………………… 295
にじ……………………………………… 296
終りの火………………………………… 297
夜韻……………………………………… 299
坑夫……………………………………… 301
青天井…………………………………… 303
VI 少年期 ………………………………… 305
死せる生者の祈りの歌………………… 307
いけにえの火祭………………………… 309
麦酒と手紙……………………………… 310
少年……………………………………… 312
プロヴァンス…………………………… 313
ある夜の童話…………………………… 314
蛇………………………………………… 315
冬鴨のいる絵本………………………… 317
土断章…………………………………… 319
隊商……………………………………… 320
雑草原…………………………………… 322
岬にて…………………………………… 323
望春……………………………………… 325
黒猫……………………………………… 326
出発と方向……………………………… 328
夏の光よ………………………………… 330
野兎……………………………………… 332
起きよ牛………………………………… 333
黒い土…………………………………… 334
せきれい………………………………… 335
薔薇……………………………………… 336
*解題・詩的年譜………………………… 339
解題…………………………………… 341
詩的年譜……………………………… 363
 

第2巻 1973.4.5
 
絶望の砂時計
I
殺児論………………………………………… 2
子消し曼陀羅…………………………………50
恐山の女たち…………………………………62
上州自殺考……………………………………72
絶望の砂時計 辺境の性の重み……………88
牙をぬかれた民衆のさまよい…………… 100
II
被害の傷み 民謡における脱出の夢について…… 118
敗者の美学 落人と平家伝説…………… 132
怨刺の謡…………………………………… 146
闇を抱えた遊芸女人……………………… 154
北方の悲歌………………………………… 179
夕鶴の羽ばたき…………………………… 183
逃散怨情…………………………………… 192
鬼の復権…………………………………… 209
肉いろの秘祭……………………………… 220
III
わが怨念、または無名農民歌人の死…… 248
軍人・歌人斎藤瀏の激情と農の認識…… 262
ストイシズムと偽善の鞭………………… 279
島崎藤村の救いと困惑…………………… 284
消された足跡 大塚甲山………………… 297
円谷幸吉の遺書…………………………… 313
状況のなかの死 私にとっての二・二六事件…… 321
IV
流浪の原型 三角寛著『サンカの社会』…… 330
無音の洞 森崎和江著『まっくら』…… 339
伝承形成と受容者の救い………………… 345
風景の痛み 自然・文明・農民意識…… 357
自然無視と愛着の間……………………… 379
落魄の里程 『義経記』幻想紀行……… 391
*解題……………………………………… 401
 

第3巻 1972.7.10
 
地図と呪文
I
保田与重郎「農村記」批判………………… 2
農民自治思想の動と静………………………23
陰影のない実像 〈農民哀史〉の存在感について……42
加藤一夫における農本思想の原理と現実…52
延原大川の道…………………………………62
農への献身 鈴木勝の施回と非転向意識…77
農民の記録と沈黙……………………………95
II
稗田阿礼の転向…………………………… 136
古代の日向………………………………… 155
1 神々の領域…………………………… 155
2 高千穂の幻影………………………… 163
初瀬という空間…………………………… 171
1 長谷寺考……………………………… 171
2 貫之の梅と鬼………………………… 188
3 大津皇子への賜死…………………… 195
III
郷愁の内面………………………………… 208
望郷感覚と民衆意識……………………… 225
土着の偽装劇 民謡における大地主義の罪状…… 235
暗夜の越境………………………………… 247
子守奉公論………………………………… 262
運命共同観と祭りの復権………………… 287
IV
五家荘探訪………………………………… 300
1 夜の吊橋……………………………… 300
2 平家伝説……………………………… 307
3 五家荘の女…………………………… 314
椎葉への道………………………………… 321
1 山中の闇……………………………… 321
2 鶴富姫異説…………………………… 327
3 駄賃つけ節…………………………… 334
刈干切り唄………………………………… 342
五木の子守唄……………………………… 350
こけし幻想行……………………………… 365
辺境の老木地師…………………………… 375
タイ紀行…………………………………… 385
1 農の断面……………………………… 385
2 風景と想像力………………………… 388
3 メナム・デルタの遺跡……………… 393
4 幻域を縫う…………………………… 405
*解題……………………………………… 413
 

第4巻 1972.12.20
 
聖なる地獄
I
影の詩史のニンフたち……………………… 2
荒淫のはての孤独祭 藤田文江……………16
海は凍っていた 長沢延子…………………26
悶絶のうた 竹村浩…………………………40
無声慟哭 宮沢賢治…………………………54
花骸の執念 淵上毛銭………………………67
苦々しき変身 小笠原雄二郎………………84
沈む真珠 浜口長生…………………………96
古賀春江・詩の罪………………………… 111
II
農民短歌試論……………………………… 124
吉植庄亮論………………………………… 179
戦争詩の虚妄……………………………… 192
蔵原伸二郎論……………………………… 228
陀田勘助論………………………………… 253
長沢佑論…………………………………… 276
中野重治断片……………………………… 292
壷井繁治断片……………………………… 316
III
子どもの詩的想像力と嘘………………… 332
土俗詩の地獄的開花 香川弘夫論ノート…… 349
山村信男への嫉妬………………………… 364
幻を買った少年たち……………………… 379
谷川雁との出会い、その他……………… 393
山間のユーモラスな鬼…………………… 409
*解題……………………………………… 417
 

第5巻 1974.10.1
 
グロッタの砦
I
黒鳥の青い軌跡 夭折歌人論……………… 2
私の倭建命……………………………………10
敦盛の笛………………………………………26
殉教と孤独……………………………………36
『葉隠』の秘密………………………………43
悪魔と美少年 村山槐多……………………51
幻想の霊媒 歌川国芳の優雅なる異端……67
「お岩」論ノート……………………………76
II
廃墟について…………………………………82
聖域について…………………………………99
墳墓について……………………………… 118
III
少年期……………………………………… 140
1 私の生家……………………………… 140
2 小さな花火…………………………… 149
3 「留魂録」と戦時体験……………… 157
4 パトスの砦 私説・高杉晋作ノート…… 161
5 夢への疾駆…………………………… 170
うた………………………………………… 177
1 体験とうた…………………………… 177
2 森進一論……………………………… 194
3 歌の慰め……………………………… 202
空間考察…………………………………… 214
1 内在空間としての風土……………… 214
2 いけばなの反自然的空間…………… 220
3 キッチュの魔的空間………………… 228
4 倉敷・父性への旅…………………… 233
本との因縁………………………………… 243
1 『ビルマの竪琴』と私の戦後……… 243
2 寺山修司の歌集……………………… 250
3 岡潔の人生観への怨み……………… 254
4 『春琴抄』との出会い……………… 262
5 師の世界・水晶質の客観…………… 264
6 天竜川へのアダージョ……………… 268
7 古本の値段…………………………… 271
IV
白秋私記…………………………………… 278
独行者の夢幻世界………………………… 302
せんずるところ…………………………… 310
五木寛之への私語………………………… 315
西郷輝彦への手紙………………………… 330
V
小さな修羅・抄…………………………… 346
まずは花………………………………… 346
鳥の自殺………………………………… 348
雄の孤独………………………………… 349
時計との関係…………………………… 351
長い髪…………………………………… 353
自分の顔………………………………… 354
夢の愉しみ……………………………… 356
野蛮なゲーム…………………………… 358
雲の上…………………………………… 359
女形……………………………………… 361
正成幻想………………………………… 363
ヒットラーの心理……………………… 364
ねずみ嫌い……………………………… 366
宝くじと結婚…………………………… 368
死に方について………………………… 369
微笑の別れ……………………………… 371
母守歌…………………………………… 373
箪笥の中………………………………… 375
三島さんと私…………………………… 376
終りも花………………………………… 378
高原の翳り・抄…………………………… 381
ある夏―荘厳なる詩祭………………… 381
肉は原始にうずく……………………… 392
鳥についての断想……………………… 399
夜半に螢が舞う………………………… 408
蝶がくれた幻想………………………… 416
*解題……………………………………… 429
 

第6巻 1975.3.1
 
内面の噴射
I
一揆論………………………………………… 2
1 暴力からの誘惑………………………… 2
2 肉体の解放と群衆心理…………………47
3 指導者の実像と虚像……………………89
4 殉教者と処刑者の確執……………… 141
II
佐倉宗吾論………………………………… 180
天に代りて不義を討つ 国定忠治と義民…… 197
世直しの虚構と現実……………………… 216
白土三平と血の誘惑……………………… 235
III
「篭り」の思想…………………………… 246
存在としての〈大衆〉…………………… 278
祀姦論……………………………………… 291
自我と歴史との融点を求めて…………… 295
呉林俊の内景 詩魂と憤怒の交錯……… 306
子どもにおける反逆性の伝統 伝承童謡の被害的側面…… 321
IV
原初の闇へ 悪と恐怖と法悦に関する私語…… 342
遷宮への視角……………………………… 367
鬼と民衆の情念…………………………… 371
伝説に賭ける日本人……………………… 384
*解題……………………………………… 397
[ 2011/03/23 07:18 ] 松永伍一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。