研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  丸山健二 >  『丸山健二自選短篇集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『丸山健二自選短篇集』

『丸山健二自選短篇集』全1巻(文芸春秋、1989)



1989.6.30
 
雪間…………………………………………… 7
その日は船で…………………………………29
バス停…………………………………………53
夜釣り…………………………………………64
河………………………………………………79
天翔ける農夫……………………………… 101
ヒマラヤの青いケシ……………………… 117
霧と桜……………………………………… 141
海…………………………………………… 160
水に映す…………………………………… 179
鷽の昼下り………………………………… 191
血と水の匂い……………………………… 203
僕たちの休日……………………………… 224
海の鐘……………………………………… 245
火山,午前零時 …………………………… 257
火口湖の辺りで…………………………… 267
雨の火山…………………………………… 277
寂滅の火山………………………………… 288
レッド・サンド・モーテル……………… 299
オパール…………………………………… 312
アラフラ海………………………………… 324
唐獅子のような犬………………………… 336
ましらの肖像……………………………… 358
牛と太鼓…………………………………… 387
刺青の秋…………………………………… 400
夜は真夜中………………………………… 425
雁風呂……………………………………… 444
青色の深い帽子…………………………… 453
チャボと湖………………………………… 464
谷底………………………………………… 474
夕べのラーガ……………………………… 506
雪の走者…………………………………… 540
ペンフレンド……………………………… 552
稲妻の鳥…………………………………… 565
カラチ……………………………………… 575
誰もいない町……………………………… 597
緑のカーテン……………………………… 619
滝…………………………………………… 629
十年後の一夜……………………………… 640
満月の詩…………………………………… 659
森まで追って……………………………… 679
日曜日は休息を…………………………… 690
穴と海……………………………………… 706
トカゲ色の耳飾り………………………… 727
月と花火…………………………………… 740
吊り橋を渡る……………………………… 756
峠を越えて………………………………… 769
トライアルのテーマ……………………… 780
スパンコールの雪………………………… 792
焚火にしては……………………………… 802
*解説(川村二郎)……………………… 815
[ 2011/03/25 06:19 ] 丸山健二 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。